?

2018年10月13日

文藝春秋作家原稿流出始末記

今週、杏ちゃんが紹介してくれたのは…こちら!

杏セレクト

1013 an.jpg
著者:青木正美  本の雑誌社

『物の価値は市場を反映する?』

60年代後半の昭和43年にとある百貨店の古書市に、大江健三郎、安部公房、江戸川乱歩、など錚々たる作家の自筆原稿200点以上が並んだ。
なぜ自筆原稿が並んでいるのか・・・。
さらに並んでいる原稿は最初の1ページ目がないいわゆる”首なし原稿”。
そしてその後、安部公房『砂の女』の原稿を落札した著者の青木正美さんの元に数日後、文藝春秋の社員を名乗る男が原稿を買い戻させてほしいと訪ねてくる。
それから青木さんの果てしない”首なし原稿”の作者を特定する日々が始まる。

BOOK BAR staff| 22:08 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー