?

2018年07月21日

■一冊入魂■

週替りで本のプロフェッショナルである書店員さんに
今読むべき!読んでほしい!オススメの一冊を紹介して頂きます。

今週はTSUTAYA TOKYO ROPPONNGIから
大野静子さんが入魂の一冊を紹介してくれます。
TSUTAYAROPPONGI.jpg
TSUTAYA TOKYO ROPPONNGIさんはJ-WAVEと同じ六本木ヒルズ内に
お店を構えているということもあり、「BOOK BAR お好みの本、あります。」発売直後、1ヶ月にわたって、BOOK BARフェアを展開してくれました!

大野静子さん入魂の一冊はこちら!
20180721_1.jpg
ありがちな女じゃない』 
著:レナ・ダナム 訳:山崎まどか  河出書房新社

女優にして作家、脚本家、プロデューサー、監督と多才な活躍を見せるレナ・ダラム。
この8月に渋谷のイメージフォーラムで上映が決まっている半自伝的映画
「Tiny Furniture」で注目された彼女の初めてのエッセイ。
フェミニズム、セックス、恋、仕事……などなど、ここまで書くのかと思うほど
赤裸々で、彼女らしいブラックなユーモアに富んでいて、面白かったです。
会社員としてこうあらないといけないと思う瞬間はどうしてもありますが、
彼女のように好きなようにやってもいいし、なってもいいし、
そうしているうちになんとかなるんだな、とおもえる1冊でした。
山崎まどかさんの翻訳、是非手に取ってみてください!

BOOK BAR staff| 22:49 | カテゴリー:一冊入魂


バックナンバー

カテゴリー