?

2018年06月16日

今週は宮部みゆきさんをお迎えしてのスペシャルエディション!

番組でも杏ちゃんが『レベル7』(2012年5月12日)、
大倉さんが『ソロモンの偽証』(2012年12月1日)など、
度々紹介してきた小説家宮部みゆきさんをゲストにお迎えして
最新刊『あやかし草紙』の創作秘話や普段の執筆スタイルjから宮部さんの選曲などなど
宮部みゆきワールド満載でお送りしました!

大倉さんが初めて読んだ宮部みゆき作品は、『火車』。
「(いい意味で)しつこく書くなあ!」と圧倒されたという大倉さん。
それを耳にした宮部さんも、普段はあまり自分の作品は読み返さないそうですが、映像化されるタイミングで読み返したときに
「若い頃からしつこく書いていたなあ、と思いました(笑)」と話すほど。

■ミステリーについて
ミステリーの新人賞出身の宮部さん。
いまではSFや時代物やジュブナイル、などなど
多岐にわたるジャンルを書きあげているようですが、
そのことを尋ねてみると・・・

「今でも私はジャンルとしてはミステリー作家だと思っていて・・・」

実はどの作品も構成はミステリーの構成なんだと話し、
杏ちゃんと大倉さんを驚かせました。

「ミステリーというジャンルがそれだけ懐が深いっていうんでしょうか、
(エンターテイメントも、重厚なものも)どんなものも入れられる。」

スイッチを切り替えるようにジャンルを書き分けるわけではなく、
全てミステリーというジャンルの中で続いているという宮部さん。
そのため、スイッチを切り替える必要ないので、並行連載している時に、
時代小説の中で現代語で話してしまうこともあったとか(笑)
当時としては若くしてデビューされた宮部さん。
当時は周囲にいろんなジャンルに手を出すことを止められたそうですが、
「(うちで描いている間は)ゆっくりかけばいいから」と、
連載している雑誌の方が手を差し伸べてくれたそうです。


■大好きな作家について
読書家でもある宮部さん。
疲れた時や迷った時は藤沢周平さんの小説を読むそうで、
そんな宮部さんに"藤沢周平さんこの1冊"を尋ねたところ・・・
「2冊あるんですけど・・・(笑)」と返ってきたのが
『隠し剣』シリーズ。
文庫本の9版がボロボロになってしまうほど読み込んだ宮部さん。
あまりにもボロボロになってしまったので新装版を買い直したそう。
そしてもう1冊が『秘太刀 馬の骨』。
完全なるミステリー!
こちらは何も情報なく読んでほしいと話していました。

■『あやかし草紙』について
『あやかし草紙』は「三島屋変調百物語」シリーズの5冊目。
シリーズを書き始めて10年、宮部さんのライフワークとなっている作品で、
江戸、神田の袋物屋である三島屋を舞台にした、短編集。
自分が聞いた恐ろしい話や、してしまった恐ろしい話など、
客の語る風変わりな百物語を聴き続ける娘・おちか。
シリーズには4人の聞き手が登場するが、
この巻で第1期が終了。次からは2人目の聞き手になる。

語られるだけなら早く進むところを"しつこく"書く宮部さん、
季節や、食べもの、周辺の事を書き込んでるうちに
ホームドラマのような、人情話のようなシーン登場する、
大倉さんも「怖い話ばっかりかと思ったら、楽しみ方が複合的で」と絶賛。
百物語ではあるものの、100話まで行くと恐ろしいことになるので
99話まで頑張ります、と話す宮部さん。
実は5冊目ではあるものの、5冊とも違うイラストレーターが装丁を担当。
2人も『あやかし草紙』から手に取って、あっという間に読了。
宮部さんも「どこから読んでも大丈夫になっています」と話していました。

今本屋でも平積みの1冊!単行本は一種の贅沢品と話す宮部さん。
手近に体験できる贅沢を是非あなたも体験してはいかがでしょうか?

20180616_miyabe.jpg

BOOK BAR staff| 22:54 | カテゴリー:BOOK INFOBOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー