?

2018年05月19日

ぬちどぅたから―木の上でくらした二年間

今週、杏ちゃんが紹介してくれたのは…こちら!

杏セレクト

20180519_ann.jpg
著:真鍋和子 イラスト:高村 忠範 汐文社

『聴いても、実際に行ってみても、「えっ、ホントに?」って思ってしまいます。』

1945年、終戦を迎えたことを知らないまま、木の上に2年間、
身を隠し続けた男性2人の実際にあった物語。
この話を耳にしていた杏ちゃんは、最近沖縄を旅した際、
実際にこの木を見に行って来たそうで「大きいけど、風もびゅーびゅー・・・」
とても大人2人が2年間生活するようには見えないことを実感で語っていました。
書籍は字も大きく漢字にもルビがあり、小学生でも手に取ることができますが、
悲惨な描写をごまかすことなく、大人が読んでもぐさぐさくるつらい本。
ですが、こどもから大人まで、1度はこのイラストとともに読んでほしい1冊。

BOOK BAR staff| 22:08 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー