?

2018年05月19日

BOOK STAND コトリンゴさんが登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。

今週はコトリンゴさんの登場です。
20180519_BS.jpg
コトリンゴさんは5才からピアノを、7才から作曲をはじめた音楽家。
ボストンのバークリー音楽院に留学し、在学中は数々の賞を受賞。
学位を取得したあと、プロとして本格的に音楽活動を開始。
これまでにカヴァー集を含む9枚のソロアルバムをリリースしています。
2年前に公開され、ロングヒットしたアニメーション映画「この世界の片隅に」では、テーマ曲、劇中歌、BGMの全ての音楽を担当し、日本アカデミー賞優秀音楽賞をはじめ数々の賞を受賞されています。

今回BOOKSTANDでは、コトリンゴさんが「植物」をテーマに、オススメの本を紹介してくれます。
今夜はその3冊目です。

植物と生きている

今夜紹介するのは「野草の料理」甘糟幸子さん作、です。
この本はですね、食べられる雑草を紹介している本です。
ただひたすら食べられる野草とどうやって調理したら食べられるとか・・・甘糟さんの食べた味の感想が最後に書いてあるんですけど、「なかなかおいしい」とか「これはちょっと食べられたものではありません」とか、感想のさりげなさが、また、素敵です。で、ちゃんとこの方はお料理して食べていらっしゃるのがすごくて、こんなものを食べたのか!って言うものも食べていらっしゃいます。

例えばカラスノエンドウだと・・・
「意外に食べられていません。山菜や食用植物の本にも殆ど取り上げられていませんし、たまに書いてあるにも、ゆでて浸してあえ物、汁のみなどにする。癖がなくてよい、程度にしか説明してありません。もしかしたらおいしい食べ方を知っている人がいないのかと、ときどき私は首をかしげてしまうのです。」
でも甘糟さんはてんぷらにしたり、バター炒めもおいしいです、って書いてあります!

あ、私はですね、この中にはなぜか出てきてなかったんですけど、
音楽つくらせていただいた「この世界の片隅に」でもスギナとサツマイモをまぜて、丸めて食べるっていうシーンがあって、それをやってみたんですよ。スギナは今どんどん生えてきて草むしりが本当に大変なんですけど、・・・意外とっていうか、サツマイモがおいしかったので、普通に食べられました(笑)スギナは思ったほど苦いとかも全然なくて、ただそれだけでたべると、スジスジしていて・・・まあ、これだけでは食べないだろうなっていう、植物でしたねえ(笑)

===================================================
コトリンゴさんが出演する本と音楽の小さなフェス
Lotus music & book café
開催日時は5月20日(日)午後2時〜
会場は上野公園の野外ステージ水上音楽堂
自由席¥3,800(税込)
※雨天決行荒天中止 ※4歳以上有料
※ご入場時に別途ドリンク代\600必要となります

出演者:コトリンゴ、高田漣、青葉市子、他
会場ではコトリンゴさんにちなんだ本の販売や、
お越しいただいたお客さん同士の本の交換会も開かれるそう。
いよいよ明日の開催、お時間合う方、足を運んでみませんか?

BOOK BAR staff| 22:24 | カテゴリー:BOOK STAND


バックナンバー

カテゴリー