?

2017年12月30日

BOOK BAR 大賞2017

年末恒例のBOOK BAR大賞、今年杏ちゃんと大倉さんが紹介した
それぞれ52冊の中からこれは・・・!という1冊を選出。
2008年から始まり、ついに今年第10回目を迎えました!
そんな記念すべき2017年のBOOK BAR大賞・・・

まずは杏ちゃんが選んだのは…こちら!

■杏セレクト■

20170121_ann.png
『光炎の人』 著: 木内昇 角川書店

2017年1月21日に紹介した1冊。
明治時代、電気技術の開発に挑んだ人びとの熱く重厚な物語。
杏ちゃん曰く「引力がすごい」作品。上下巻組で分厚いにも拘わらず、
最後の1ページまでどうなってしまうのかわからず、手が止まらなかったそう。
なかなか落ち着いて本を読む時間の取れない杏ちゃんですが、
これからも手に取っていきたいという想いと、時代小説に愛をこめて。
来年も杏ちゃんのセレクトに耳が離せません!

そして大倉さんの選んだ大賞作品は・・・こちら!

■大倉眞一郎セレクト■

20170624_okura.jpg
『年月日』 著:閻連科 白水社

2017年6月24日に紹介したこの作品。
杏ちゃんのリアクションからも伝わる2人納得の1冊。
一本のトウモロコシの苗を守るため、村に残った老人と盲目の犬による命の物語。
フランスでは学生の推薦図書に選定されている1冊。
次期ノーベル賞候補の呼び声高い閻連科、自国では発禁に次ぐ発禁。
日本語訳されてもなかなか紹介できるものがなかったのですが、
やっと紹介できると大倉さんも当時意気揚々と本を紹介していました。
大倉さんの熱弁ふるう1冊、来年も注目ですね!

◆◆◆

今年のBOOK BAR大賞、いかがでしたでしょうか?
104冊の中の2冊・・・読書に夢中なあなたも、何を読んだらいいかわからないあなたも、
これを機に、是非手に取ってみてはいかがでしょうか?
本の感想は是非ホームページのメールフォームから送ってくださいね!
今年の放送もありがとうございました。
番組10周年を迎える2018年は遂に番組本も発売されます。
番組本に関する情報は番組でも発表していきますので、お聞き逃しなく!
来年も土曜日の夜22時からのBOOK BARをよろしくお願いいたします。

BOOK BARスタッフ一同
BOOK BAR staff| 22:49 | カテゴリー:BOOKBAR大賞


バックナンバー

カテゴリー