?

2010年02月20日

2.20 OA GIRLS ザ・ブルーハーツ STONES and more

1   LUST FOR LIFE  / GIRLS 

失恋がきっかけで結成されたユニット。
米英日のロック専門誌では、かなりの確率で2009年の
ベストアルバムに選出されていた衝撃のデビュー作より。
とっても「甘酸っぱ痛い」曲です。


2 あ〜よかった / 花*花

兵庫県出身、高校の同級生による女性デュオ。
2000年リリースのこの曲は彼女らにとっての
メジャーデビューヒットシングルでしたね。
結婚、出産を経て、昨年から活動を再開。
現在は無理せずにペースを落としてライヴを楽しんでいる。


3  夢 / ザ・ブルーハーツ

80年代末のバンドブームから出てきたなかで、
あとに続く世代にもっとも大きな影響を与えたのは
ブルハに違いない。
それも影響を受けたのはロッカーだけじゃない。
映画人も、舞台人も、広告屋さんも
みんなブルハをモチーフにして夢を実現しようとしている。


4 I WANT YOU / SOPHIE B. HAWKINS

ボブ・ディランのカバー。
ぼくが知っている限り、ディランのカバーにスカは少ない。
ビートルズのカバーにスカが多いのとは対照的。
誰もが演りたくなってしまうビートルズソングと、
選ばれし人が覚悟をもって歌うディランソングの違いなのかも。


5  HONKY TONK WOMEN /THE ROLLING STONES

ストーンズのライヴでは今も欠かせない
彼らの猥らな一面を的確に表現しているアンセム。
まさに村上龍が佐世保の高校生だった1969年に米英の
チャートで1位を記録しています。


6 CALIFORNICATION/ RED HOT CHILI PEPPERS

ジョンが復帰した1999年のアルバムのタイトルチューン。
物欲とハイプに踊らされている現代社会を描いた狂想曲であり、
戦う相手が見えない世代にとっての鎮魂歌にも聞こえる。

BOOK BAR staff| 14:47 | カテゴリー:SONG LIST

2010年02月20日

69 sixty nine

大倉眞一郎セレクト

     69.jpg

著者:村上 龍    集英社

大倉さんは23年ぶりに読み返したそうですが、
やはり爆笑。とのこと。
全共闘、ビートルズ・・・
著者が1969年、高校3年生の時の出来事を
ほとんどそのまま書いかれた小説です。
「こんなに楽しい小説を書くことはないだろうと思いながら書いた」
(あとがきより)と書き残した一冊。
テレビでもお馴染み村上龍さんの“ルーツ”。

BOOK BAR staff| 14:45 | カテゴリー:BOOK INFO

2010年02月20日

中学生はコーヒー牛乳でテンション上がる

杏セレクト

    tyugakusei.jpg

著者:ワクサカソウヘイ    情報センター出版局

杏ちゃんとは3つほどしか違わない年齢だけど、
友人がほぼみな中学生、というコント作家。
中学生のライフスタイルを綴ったエッセイです。
彼は中学生が好き!と言うか…レベルが一緒…?
中学生は、“おもしろい生き物”。
中学生って、おバカだったなぁ〜でも楽しかったな〜。
淡い思い出、というよりちょっとイタイ思いにも駆られる、
爆笑の実録ドキュメント。

BOOK BAR staff| 14:30 | カテゴリー:BOOK INFO

2010年02月20日

きょうはAMAZONギフト券をプレゼント!!

今夜のテーマは「爆笑本」
思わず声を出して笑ってしまう・・・・・・
そんな電車で読むには危険すぎる本を杏と大倉が紹介します。

そしてプレゼントも用意しました。
AMAZONのギフト券5000円分を5名さまに差し上げます。
ご希望の方は、今夜の番組で発表するキーワードを書いて
ご応募ください。

来週月曜到着分までを有効とさせていただき、
当選者は当番組blogにて発表いたします。

twitterでは「twisongs」企画も進行中。
つぶやき系の方は自由奔放なBOOK BARの選曲に
突っ込んでやってください。

(番組スタッフ)


BOOK BAR staff| 04:37 | カテゴリー:おしらせ


バックナンバー

カテゴリー