2017年03月30日

【3/30オンエア曲リスト】 VIVA LA VIDA - COLDPLAY、ほか

ついにファイナル! 3月30日(木)のオンエア内容は…
★──────────────────
【 MUSIC SHARE 】
ミュージックシェア・スペシャル!
  ・  ・  ・  ・
リスナーの皆さんへ4年半の感謝の気持ちを込めて、番組でかかる曲をリスナーの皆さんからの「ミュージックシェア」で埋め尽くし。

★──────────────────
【 11:40am頃 - MUSIC EXPRESS 】
最新の音楽ニュースをお届け
  ・  ・  ・  ・
日々世界のどこかで生まれる音楽ニュース、新曲の情報をいち早くキャッチ!

★──────────────────
【 12:15pm頃 - HILLS AGENCY 】
「MARVEL展」
  ・  ・  ・  ・
話題のスポット、近々開催されるイベントなどを紹介! 今回は、日本初となるMARVELの大型総合展「MARVEL展 時代が創造したヒーローの世界」に注目!

★──────────────────
【 1:25pm頃 - BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA 】
亀田誠治さん生出演
  ・  ・  ・  ・
音楽プロデューサー、ベーシストの亀田誠治がナビゲートする「FM KAMEDA」も今日がラスト! と、いうことでご本人をスタジオにお迎え♪

20170330_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2017/3/30>

DON'T STOP THE PARTY - PITBULL FEAT.TJR
LEARN TO FLY - FOO FIGHTERS
PRIVACY - CHRIS BROWN
TAKE ME HIGHER - DIANA ROSS
SO WHAT - PINK
サクラ色 - ANGELA AKI
DON'T LOOK BACK IN ANGER - OASIS
IN MEMORIES - WRETHOV
MAN IN THE MIRROR - MICHAEL JACKSON
CRY AND FIGHT - 三浦大知
ワタリドリ - [ALEXANDROS]
DON'T STOP THE MUSIC - RIHANNA
THE CHOICE IS YOURS - RHYMESTER
NOTHIN' ON YOU - B.O.B FEAT.BRUNO MARS
FLAVOR OF LIFE - 宇多田ヒカル
STAY WITH ME - SAM SMITH
WITH OR WITHOUT YOU - U2
ロケットに乗って - TRICERATOPS
透明人間 - 東京事変
VIDEO KILLED THE RADIO STAR - BUGGLES
CAN'T STOP THE FEELING! - JUSTIN TIMBERLAKE
SEE YOU AGAIN - WIZ KHALIFA FEAT.CHARLIE PUTH
HELLO - ADELE
VIVA LA VIDA - COLDPLAY
※「THE」は省略。

STAFF| 22:28 | カテゴリー:Records

2017年03月29日

【3/29オンエア曲リスト】 GROOVE IS IN THE HEART - DEEE LITE、ほか

3月29日(水)のオンエア内容は…
★──────────────────
【 MUSIC SHARE 】
今週はミュージックシェア・スペシャル!
  ・  ・  ・  ・
3月の最終週は、今月いっぱいのビープラもラストスパート!…ということで、番組でかかる曲を、皆さんからのミュージックシェアで埋め尽くしたいと思います。今、あなたが聴きたい曲、送ってください!

●ミュージックシェアされて、名前を読まれた方【全員】に「番組オリジナル消せるボールペン」をプレゼント!

★──────────────────
【 11:40am頃 - MUSIC EXPRESS 】
最新の音楽ニュースをお届け
  ・  ・  ・  ・
日々世界のどこかで生まれる音楽ニュース、新曲の情報をいち早くキャッチ!

★──────────────────
【 12:15pm頃 - HILLS AGENCY 】
「Spring Love 春風 2017」
  ・  ・  ・  ・
話題のスポット、近々開催されるイベントなどを紹介! 今回は、代々木公園で開催されるフリーパーティ「Spring Love 春風 2017」に注目!

★──────────────────
【 1:25pm頃 - BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA 】
クイズ!カメオネア!〜FM KAMEDA SP!
  ・  ・  ・  ・
音楽プロデューサー、ベーシストの亀田誠治がナビゲート。今回は、恒例企画「クイズ!カメオネア!」スペシャルでお届け♪

20170329_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2017/3/29>

GROOVE IS IN THE HEART - DEEE LITE
THE NIGHTS - AVICII
LIGHT MY BODY UP - DAVID GUETTA FEAT.NICKI MINAJ AND LIL WAYNE
YOU CAN'T STOP THE BEAT - GLEE CAST
強く儚い者たち - COCCO
EVERY TEARDROP IS A WATERFALL - COLDPLAY
STAY GOLD - HI STANDARD
春風 - つじあやの
BETTER WHEN I'M DANCIN' - MEGHAN TRAINOR
春の歌 - SPITZ
TIME OF OUR LIVES - PITBULL FEAT.NE YO
ぼくらが旅に出る理由 - 安藤裕子
LIVE FOREVER - OASIS
ALL MY LIFE - FOO FIGHTERS
美しい棘 - GLIM SPANKY
ORION - 米津玄師
能動的三分間 - 東京事変
CAN'T STOP THE FEELING! - JUSTIN TIMBERLAKE
SHE'S SO(OUTTA CONTROL) - M FLO
※「THE」は省略。

STAFF| 15:03 | カテゴリー:Records

2017年03月28日

【3/28オンエア曲リスト】 STARTIN' LOVIN' - TRICERATOPS/MAY J.、ほか

TRICERATOPSのボーカル、そして我らがBEAT PLANETバンド"カレーなる一族"のリーダーも務めてくれた、和田唱さんが来てくれました♪
------------------------------------------------

●BEAT PLANTファミリー!お世話になりました

ホントに色々やらせていただいて、もうなんていうか、寂しいよ!(笑)でもビープラバンドやカレーなる一族は継続していきたいなと。一緒にステージにやると絆が生まれる感じは、一緒にやった人としか味わえないものがあって。それをあのメンバーと味わえたというのが最高に嬉しいです。それぞれがフロントマンで、出るところと引くところがちゃんとしてるっていうか。フロントマンだけど、引いてる時が楽しいの。コーラスに徹したりとか。
(僕もステージに乗せて頂いて。またやりたい!)
またやろうよ!ジャーマンスピリット見せてよ!(笑)
(あのー、ファンの声を代表して言わせてもらうんですが、曲は作らないんですか?笑)
うわーーー!(笑)いや、あのね、これだけは言わせて!作ってるの(笑)でもオレくらいだよね、新曲を持ってこずにゲストに来るのって!いやほんとすいません!でもいまデモテープを作ってるの。今回はツッパるよ!ツアー5月から始まるから、20周年記念ツアーが。そこで新曲聴かせないとダメでしょ!今回まだメンバーには聴かせてない。まだそのクオリティにはいってないかな。あと2,3回練ってからかな。

(20周年ツアーがあるんですもんね)
そうなんですよ。今回はやっぱり集大成っていうか、いつもそんなにシングルばっかりバンバンやったりはしないけど、そういうのもいいのかなと思ってます。シングルメインになるとアップテンポが多いから、オレ疲れちゃうけど(笑)その中に新曲が入ると尚いいかなと思います!

本当にビープラお疲れ様。いつもサッシャのところにくると安心してしゃべれる。ビープラはなくなっちゃうけど、また違うところでね。これからもよろしく!

【TRICERATOPS】

20170328_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2017/3/28>

FOLLOW ME - MUSE
SHOUT! - TRICERATOPS
MAPS - MAROON 5
THE ONE - CHAINSMOKERS
桜の森 - 星野源
FIREWORK - KATY PERRY
FOREVER - YKIKI BEAT
SOMEONE IN THE CROWD - EMMA STONE/CALLIE HERNANDEZ/SONOYA MIZUNO/JESSICA ROTHE
ハロー ハロー - SUPERFLY
BUILT TO LAST - MELEE
サンキュー。 - 大原櫻子
STARTIN' LOVIN' - TRICERATOPS/MAY J.
CAN'T STOP WON'T STOP LOVING YOU - 三浦大知
FIGHT SONG - RACHEL PLATTEN
明るい未来 - NEVER YOUNG BEACH
MY BEST FRIEND - WEEZER
WE ARE THE CHAMPIONS - QUEEN
YOU WILL RETURN - QUANTIC FEAT.ALICE RUSSELL
ひまわりの約束 - 秦基博
※「THE」は省略。

STAFF| 13:30 | カテゴリー:Records

2017年03月27日

【3/27オンエア曲リスト】 BEAUTIFUL NOW - ZEDD FEAT.JON BELLION、ほか

日本初上陸のダンス・フェスティバル「EDC JAPAN」に出演する、ZEDDへの電話インタビューをお届けしました♪
------------------------------------------------

●ZEDD、「EDC JAPAN」出演!来日前のインタビュー

(インスタによると任天堂スイッチを手に入れたとか!)
手に入れたんだけど、まだ遊んではいないんです。ゼルダっていう曲を作るほどゼルダが大好きなんだけど、あちこちに行く予定が多すぎて、しばらくゆっくり遊べる時間がなさそう。
(アレッシア・カーラとのコラボレーションも話題ですね)
彼女とはテレビの出演で一緒にパフォーマンスをしたのが出会いで、そんな中で「STAY」という曲を作っている途中だったので、ちょっと歌ってみない?と言ったら喜んでくれたんです。そこでロサンゼルスに呼んで、レコーディングをしたという経緯です。
(インスタなどで料理の動画などをあげていますが、趣味なのでしょうか)
実は料理が楽しくて、リラックスにもなっているんですよね。学ぶことも多くて、今ある食材で何を作るかということをやっています。好きなのは寿司とパスタだけれど、昨日はシュニッツェル(ドイツのカツレツ)とポテトサラダ、紫キャベツの酢漬けを食べました。
(「EDC JAPAN」への意気込みを!)
どれだけ僕が日本のことを好きかというのは皆さんご存知だと思います。日本のファンは一番、最も熱いファンは日本なんです。日本に行く時は任天堂スイッチも持っていくよ!(笑)

【ZEDD】

20170327_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2017/3/27>

RESTART - SAM SMITH
TOKYO - 雨のパレード
STEP BY STEP - NEW KIDS ON THE BLOCK
WE GOT THE POWER - GORILLAZ FEAT. JEHNNY BETH
THE GREATEST - KING
ONE FINE DAY - OFFSPRING
SAMURAI DREAMERS(サビレルナ和ヨ) - 東京スカパラダイスオーケストラ FEAT.TAKUMA
THE MOTHER WE SHARE - CHVRCHES
ROLL WITH IT - OASIS
I DON'T TRUST MYSELF(WITH LOVING YOU) - JOHN MAYER
迷子犬と雨のビート - ASIAN KUNG FU GENERATION
STAY - ZEDD/ALESSIA CARA
BEAUTIFUL NOW - ZEDD FEAT.JON BELLION
HELLO,WORLD! - BUMP OF CHICKEN
SMILE - AVRIL LAVIGNE
群青日和 - 東京事変
HOMELY GIRL - SCOTT AND RIVERS
STARDUST - ASGEIR
WHAT A WONDERFUL WORLD - LOUIS ARMSTRONG
花束を君に - 宇多田ヒカル
SEE YOU AGAIN - WIZ KHALIFA FEAT.CHARLIE PUTH
ミュージック - サカナクション
SLIDE - CALVIN HARRIS FEAT.FRANK OCEAN/MIGOS
※「THE」は省略。

STAFF| 15:30 | カテゴリー:Records

2017年03月23日

【3/23オンエア曲リスト】 DARKEST BEFORE DAWN - 三浦大知、ほか

今日は、芸歴20年目に突入! そして、ビープラファミリー! 三浦大知さんがスタジオに来てくれました♪
------------------------------------------------

●ニューアルバム「HIT」

アルバム名は、「THE ENTERTAINER」の時と同じで、自分で言っちゃう面白さみたいなもありつつ、自分が普通に普段聴いている音楽の傾向があるなと思って、そんな意味もあってつけました。今自分が好きなものをナチュラルに入れたところがあるので前作とかよりトレンド感があるのかなと。曲順は、今回は僕の案が採用された形です。今までの曲順より、よりライブっぽいかなと。ライブでこのままの曲順でやっても気持ちいいものになっている感じはしますね。

(曲順やアルバムの流れにストーリーをこめてたりする?)
うーん、今の時代ではどっちでもいいのかなとは思います。もちろん繋がりで聴いてもらえたら、曲間の秒数とかも細かく決めているので一番いいかなと思うんですけど、でも今は自分でプレイリストも作れるし、一番自分の気持ちのいいスタイルで聴いてもらえたらとは思いますけどね。

今回のアルバムではSOIL&"PIMP"SESSIONSさんと一緒にやれたのが楽しかったです。生音で踊りたいと思っていて、それができるのは SOILさんしかないと思って。依頼した時がちょうどリオオリンピックの開幕前で、サンバになっていったという。こういう手法の曲は初めてだったので、とても楽しかった。お互いに、お互いでしかできないことを出来たらいいなと思っていたのでそれができて嬉しかったです。

【三浦大知】

20170323_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2017/3/23>

素晴らしきかな、この世界〜WHAT A WONDERFUL WORLD(DAY2 MIX) - MIYAVI
CHAINED TO THE RHYTHM - KATY PERRY
拝啓グッバイさようなら - DAOKO
ONE TWO - !!!
SPRING - BEN WATT
SUNRISE - NORAH JONES
CLOUD 9(FRED FALKE REMIX) - JAMIROQUAI
GET IT TOGETHER - DRAKE FEAT.BLACK COFFEE AND JORJA SMITH
美しい棘 - GLIM SPANKY
りんごの木 - 大橋トリオ
ROCKABYE - CLEAN BANDIT FEAT.SEAN PAUL/ANNE MARIE
SLIDE - CALVIN HARRIS FEAT.FRANK OCEAN/MIGOS
CRY AND FIGHT - 三浦大知
DARKEST BEFORE DAWN - 三浦大知
SPRING OF LIFE - PERFUME
ADVENTURE OF A LIFETIME - COLDPLAY
前前前世(ORIGINAL VER.) - RADWIMPS
WAITING ON A FEELING - SHAKES
COME TOGETHER - DYGL
人間交差点 - RHYMESTER
BEACH - LOWTIDE
大人の言うことを聞け - NAKAMURAEMI
WHAT YOU WAITING FOR? - GWEN STEFANI
じぶんROCK - ONE OK ROCK
※「THE」は省略。

STAFF| 14:03 | カテゴリー:Records

2017年03月22日

【3/22オンエア曲リスト】 A.G.I.T. - SUCHMOS、ほか

今日は、4月にオープンする銀座エリア最大の商業施設、「GINZA SIX」から出張生放送!
「GINZA SIX」開業に携わったインテリア・デザイナーのグエナエル・ニコラさんにお話を伺いました♪
------------------------------------------------

●GINZA SIXのインテリアデザインを手がけて

3年携わったんですけれどそれがまもなく完成ということでとても楽しみです。私はパブリックスペースを担当しました。いわゆるGINZA SIXの「顔」となる部分です。どんな色を使うのか、どんな要素を取り入れるのか、いかにサプライズを提供するのかというところを元に色々なデザインが決まっていくのです。

始める時には、プロジェクトの大きさを考えるのではなく、一人を考えるのです。ファッションショーで服を作る時に一人の着る人を考えるのと同じです。アイコンになる場所がメディア映えする、写真や映像で見た時に世界中からすぐそこだと分かるような場所になるようになっていると思います。

すごく面白いのは、今回のデザインを日本人に見せると、「日本ぽいですね!」と言うんですけど、外国人に見せると「未来的ですね」と返ってくる。それは日本的なデザインの優れているところで非常にタイムレスであるということです。過去とか未来とかいうものを取っ払って考えられるだけのものを日本の伝統は持っているわけですから、そういうものを取りいれました。

暖簾をモチーフにした外観はおもてなしの心を現していて、中のシャンパンカラーも色ではなく光で歓迎の気持ちを表現しています。実際に中を歩くときを想像し、どのように歩くのか、ステージの振付師のような気分になりデザインをしました。お客さんにどんな驚きを与えることができるのか、そのゲームを楽しむのがデザインだと思います。

【GINZA SIX】

20170322_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2017/3/22>

ANOTHER DAY OF SUN - LA LA LAND CAST
ALWAYS BELONG TO YOU - MICHELLE SHAPROW
I DON'T CARE - EVANTURETIME AND YLLIS
BATTLE SYMPHONY - LINKIN PARK
BECAUSE OF YOU - JUJU
LYING TO YOU(SATIN JACKETS REMIX) - GOLDROOM
I WANT YOU - CEE LO GREEN
TOKYO - 井上陽水
GOT YOUR BACK - CRADLE ORCHESTRA/GIOVANCA
春咲小紅 - 矢野顕子
CASTLE ON THE HILL - ED SHEERAN
COSMIC NIGHT RUN - M FLO LOVES 野宮真貴/CRAZY KEN BAND
SINCE YESTERDAY - STRAWBERRY SWITCHBLADE
キラーチューン - 東京事変
TROPICAL LOVE - 電気グルーヴ
LUCKY - JASON MRAZ FEAT.COLBIE CAILLAT
YOUR KISS IS SWEET - SYREETA
サクラ〜卒業できなかった君へ - 半崎美子
TOKYO GIRL - PERFUME
A.G.I.T. - SUCHMOS
SUIT AND TIE - JUSTIN TIMBERLAKE FEAT.JAY Z
CITY LIGHTS - FANTASTIC PLASTIC MACHINE
※「THE」は省略。

STAFF| 16:11 | カテゴリー:Records

2017年03月21日

【3/21オンエア曲リスト】 樹海の糸 - COCCO、ほか

今日、デビュー20周年を迎えた、COCCOさんがスタジオに来てくれました♪
------------------------------------------------

●デビュー20周年!

デビューした日のこと、何も覚えてない!あ、でもタワレコに、自分のCDが本当に置かれているかどうかマネージャーと一緒に見に行ったと思う。懐かしいね。20年やると思わなかった。みんな驚いた、ビクターも(笑)。結構な中堅にきたんだなと思ったけど、20周年のインタビューとか受けると、インタビューした人が35周年なんだとか言うわけよ(笑)。やってきたぜって気持ちはあるけど、上には上がいるからまだまだなんだろうなと思って。粛々とやっていこうと思ってる。

●記念ベストアルバム 「20周年リクエストベスト+レアトラックス」リリース

ファンのリクエストなんだけどビックリした。ライブの時もファンになにがいいですかとは聞かないし、初めてだったわけ。誰がリクエストしてくれるの?って思ってたけどいっぱいきて、しかも自分たちが忘れてた曲なんかも入ってるのよ。カップリングの曲とか。今は音楽をCDであんまり買わないけど、コウたちがデビューした時って、まだ最後のミリオンセラーとかがあった時代で、CDを聴いてた世代の最後みたいなやつだから3曲入りのCDとかを何度も聴いて頭に戻って、みたいなことをしてくれてる人たち。シングルCDに思い入れがあるっていうのが伝わってくる結果だった。ありがたいねぇって。トリビュートもね、あんまり誘われないわけ。あんまりCOCCOやらないだろうと思われてるみたいで。ガードかたそうなのかな(笑)。バンドやりたいって言っても誰も組んでくれないし。前にビクターのエレベーターに、バンド募集っていうビリって破るスタジオにあるようなヤツ貼ったことがあるんだけど誰も持って行かないわけよ!だからSINGER SONGERっていうのをやった時はとっても嬉しかったの。くるりの岸田が相手にしてくれたから(笑)。
(じゃあ本当はもっと誘って欲しい?)
そう、でも誘われて断るのが女でしょ!(笑)いや〜もう誘われちゃって〜って言って断ってみたいけど、その余裕は今ない(笑)。

【COCCO】
★20周年記念ベストアルバム「20周年リクエストベスト+レアトラックス」リリース!

20170321_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2017/3/21>

SAKURA - レミオロメン
TOUCH - LITTLE MIX FEAT.KID INK
MAGICAL FICTION - チャットモンチー
GLOW - DRAKE FEAT.KANYE WEST
恋をしたのは - AIKO
HUMAN - RAG 'N' BONE MAN
GREEN LIGHT - LORDE
さよならバイスタンダー - YUKI
ACROSS THE UNIVERSE - BEATLES
RAININ'THROUGH MY SUNSHINE - REAL THING
CLOUD 9 - JAMIROQUAI
樹海の糸 - COCCO
初花凛々 - SINGER SONGER
HOW FAR I'LL GO - ALESSIA CARA
GOOD RIDDANCE(TIME OF YOU LIFE) - GREEN DAY
OH! RADIO - 忌野清志郎
ユー メイ ドリーム - SHEENA AND THE ROKKETS
雨は毛布のように - キリンジ
GUN - CHVRCHES
RAINY WALK - 山下達郎
PURPLE RAIN - PRINCE AND THE REVOLUTION
※「THE」は省略。

STAFF| 16:29 | カテゴリー:Records

2017年03月16日

【3/16オンエア曲リスト】 TREAT YOU BETTER - SHAWN MENDES、ほか

今日は注目のシンガー、ショーン・メンデスへのインタビューをお届けしました♪
------------------------------------------------

●初めての日本は?

みんなとても楽しんでいます。とても優しいんですよね。カナダ人も優しいんだけど、日本人はもっと優しいかも!
(なぜカナダは音楽的な才能にあふれている方が多いんでしょうか)
なぜなのかは分からないですが、学校はとても応援してくれます。歌を歌うということに対しても。どこで歌っても恥ずかしい思いをすることなく、歌うことができます。
(そもそものきっかけは?)
13歳の時にギターを弾いて歌っていたのを、友達が「載せたほうがいいよ!」とyoutubeに載せたのがきっかけなんです。載せて良かったです。その頃はまだVINEが登場していなかったのですが、VINEが登場し火が付いたという感じです。夏で、何もやることがなかったのでVINEに載せてみたんです(笑)。最初はプロになりたいとは思っていなかったけど、段々楽しくなってきてこの仕事をやってみようと思いました。
(ご家族も音楽を?)
両親は音楽が好きで、色々な音楽を聴いていました。ジャズやサルサをかけて踊るなんてこともありましたね。僕も色んな音楽を聴いてきました。

●アルバム「イルミネイト」

ついに、という感じです。自分の身体の一部になる作品ができたと思いましたし、音楽をやっている人にとっては夢がかなったということです。どういう曲を作るかというのは考えて作るわけじゃないんですけど、ちょうど「イルミネイト」の時はゆっくりした曲が多かったですね。ここ最近は速めの曲を多く作っていて、そういう流れみたいなものがあるんですよね。ギターは自分にとってとても大事な楽器です。ジョン・メイヤーのように上手く弾きたいけど、なかなか大変です。何年も何年も練習が必要だなと思います。ジョン・メイヤーは、僕の一つの目標ですね!

【Shawn Mendes】
★デビューアルバム「Illuminate」リリース!
★3/25(土)開催の「POPSPRING」にも出演決定!

20170316_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2017/3/16>

SLIDE - CALVIN HARRIS FEAT.FRANK OCEAN/MIGOS
CHAINED TO THE RHYTHM - KATY PERRY
RUNNING OFF - MAGNUS BECHMANN
良すた - きゃりーぱみゅぱみゅ
MARY JANE(ALL NIGHT LONG) - MARY J.BLIGE
THAT'S WHAT I LIKE - BRUNO MARS
LADY - ちゃんみな
赤裸ライアー - GACHARIC SPIN
YOU KNOW I'M NO GOOD - AMY WINEHOUSE
HEAVY - POWERS
DIVIDUAL HEART - SATELLITE YOUNG
I DON'T WANNA LIVE FOREVER(FIFTY SHADES DARKER) - ZAYN/TAYLOR SWIFT
TREAT YOU BETTER - SHAWN MENDES
CLOCKS - COLDPLAY
僕の心をつくってよ - 平井堅
CHANEL - FRANK OCEAN
BABYGIRL - CHARLI XCX FEAT.UFFIE
COLD - MAROON 5 FEAT.FUTURE
#HASHDARK - CHARISMA.COM
染まるよ - チャットモンチー
LIVE WHILE WE'RE YOUNG - ONE DIRECTION
MUSIC - 三浦大知
虹色バス - 宇多田ヒカル
FLOWERS IN THE WINDOW - TRAVIS
春の歌 - SPITZ
※「THE」は省略。

STAFF| 13:51 | カテゴリー:Records

2017年03月15日

【3/15オンエア曲リスト】 アストライド - スガシカオ、ほか

今日は、5月6日(土)にさいたまスーパーアリーナで開催される「スガフェス」のチケット特別予約の受け付けを実施。
さらに、主催者であるスガシカオさんご本人もスタジオに登場してくれました♪
------------------------------------------------

●20周年記念のミラクルフェス「スガフェス!」

今回のフェスに関しては、出演者みんなガチの友達で。いつも仲良くしているメンツを集めたという感じなんです。
(すごいメンバーですよね)
無駄に歴が長いので(笑)20周年ですか。この20年をもう一回やれって言われたら無理です(笑)。この綱渡りをもう一度やり直せって言われたら、もう渡れないかなっていうのが2、3回あったんで。多分強運なんでしょうね。ここはもうダメかなと思うところで、なんとか乗り越えられるんです。
(稲川淳二さんもご出演されると)
稲川さんもガチ友なんで。飲みに行っても、4時間くらいずっと怖い話ですよ。もう、日常会話が怖い(笑)ちょっとどっかに行った話すると、「ああ、あの辺はね…」って怖い話が始まるんですよ。

フェスは、2部に分かれていて、前半はバンドスタイルのアーティスト。で、1回休憩で転換をしてハウスバンドスタイルでボーカルだけがどんどん変わっていくスタイルに変わります。やっぱり色んな人が出ていて面白いんで、その日しか見られないようなコラボレーションをやろうかと思ってます。山村 隆太(flumpool)君と高橋優君と、僕と3人でやる、この日限りのアコースティックユニットがあるんですけど、これはかなりすごいと思う。みんな、この日のMVPを誰が取るかでピリピリしていますから(笑)。僕の所に色んなアーティストから探りが入るので(笑)。

20年に一度のミラクルフェス、ってことなので、次に見られるのは20年後です!ぜひ遊びに来てほしいと思います。

【スガフェス】

20170315_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2017/3/15>

PARIS - CHAINSMOKERS
WHERE U IZ - FATBOY SLIM
愛について - スガシカオ
BECAUSE OF YOU(LIVE VER.) - JUJU
GREEN LIGHT - LORDE
GALWAY GIRL - ED SHEERAN
アストライド - スガシカオ
ザ・ギョウザ - くもゆき
RANDY - JUSTICE
最&高 - きゃりーぱみゅぱみゅ
真夜中の虹 - スガシカオ
CLOUD 9 - JAMIROQUAI
DRIVING(ACOUSTIC MIX) - EVERYTHING BUT THE GIRL
陽 - クリープハイプ×谷口鮪
SWEET THING - RUFUS AND CHAKA KHAN
愛はおしゃれじゃない - 岡村靖幸/小出祐介
WANT TO WANT ME - JASON DERULO
FUX WITH THE TUX - TUXEDO
カジャラのテーマ - 徳澤青弦
GO - CHEMICAL BROTHERS FEAT.Q TIP
ダイヤモンド - BUMP OF CHICKEN
OVERNIGHT SUCCESS - TERI DESARIO
IN MY LIFE - BEATLES
※「THE」は省略。

STAFF| 15:42 | カテゴリー:Records

2017年03月14日

【3/14オンエア曲リスト】 BLACK MAGIC WOMAN - SANTANA、ほか

今日は、来月の4月27日に日本武道館公演を行う伝説のギタリスト、カルロス・サンタナへの電話インタビューをお届けしました♪
------------------------------------------------

【SANTANA】
カルロス・サンタナが率いるラテンロックバンド。1969年にデビューし、 あの伝説のフェス「ウッドストック」へ出演。一躍その名を全国区へ押し上げました。70年代に入り、「ジャズ」「前衛音楽」、そして再び「ラテンロック」へとスタイルを変え、メンバーチェンジを幾度となく繰り返しながら、バンドは存続してゆきます。(バンドを脱退したニールとグレッグ・ローリーは後にジャーニーを結成したことでも有名です。)カルロスサンタナはジョン・マクラフリンやハービー・ハンコック、エアロスミスのスティーヴン・タイラーやメタリカのカーク・ハメットなど、数多くのミュージシャンと共演し、過去、グラミー賞10冠に輝いた、のまさにレジェンドギタリスト。

--------------------

何度も来日しているサンタナ、
過去の来日公演の時の思い出話をきいてみました。
一番、最初に日本に来たことは
覚えているのでしょうか??

--------------------
サッシャ:日本に始めてきた日のこと覚えていますか?

カルロスサンタナ:1973年が一回目で…もう数えてないけど。

サッシャ:初めてのこと覚えていますか?

サンタナ:覚えてますよ、暑くて…当時アメリカとは全く違ったんです。マクドナルドも無かったし、日本は日本だったんです。着物を着ている女性も居ましたし、西洋の影響もそれほど無かったんです。それは今も恋しいですね。庭園に行って…今ももちろん美しいですが、当時も美しくて…「日本に居る」という感じで、LAやNYとは全く違う、日本だったんです。

サッシャ:生まれてきた場所と似ているところがあったんですか?

サンタナ:いや、他のところとは全く違う場所でした。人々が庭園を大事にすること、子どもを大事にすること…「尊敬」が日本では大事なんですよね。それをすごく学んでいますよ。日本人が持っているモノを、アメリカにも欲しいと思います。アメリカは『United States』と云いますが、あまり一つになっていない。ただ、日本ではまとまりを感じるんです。その上、美しいんですよね。
--------------------

サンタナが初来日ライブを行った1973年の
日本ってそんな感じだったんですね!
サンタナよく覚えてる!

子供を大事にする点では、
サンタナは1999年に教育支援組織、
Milagro Foundationを設立し、
教育拡充のための草の根活動を行なっているんですね。
(ライブの売り上げの一部を寄付したり…)

何度も来日をしている、サンタナはやはり、
日本の文化にも精通しているのでしょうか?
どんな言葉が好きかきいてみました。

--------------------
サッシャ:日本の好きな言葉ってありますか??

サンタナ:「もしもし」!「しゃぶしゃぶ」!!しゃぶしゃぶは大好きなスープだし、ハローキティとかにも美しさがありますよね。マスコットも日本では有名ですよね?日本人は「可愛い」で居ることを恐れないですよね。

サッシャ:日本で行かないといけない場所、しないといけない事って何でしょう?

サンタナ:寺院に、静かな所に行きたいんですよね。それを観て…聖なるところを感じたいな。それぞれのお寺に灯(あか)りを感じるんです。内なる光、聖なる光を感じます。コンピューターや衛星、携帯電話よりも大事ですね。
--------------------

お寺!!過去に東洋思想へ影響を受けて、
1979年には「Oneness」という
アルバムも作っていますからね。

実は今回の日本ツアーにあわせ、
1973年サンタナの初来日公演を収めた
3枚組ライヴ・アルバム『ロータスの伝説』の
「完全版」が4月19日に
世界初リリースされることが決定しています。

このライヴ盤は1973年7月3日と4日の
大阪公演を収録してあり、
若きサンタナ・バンドが日本のオーディエンスを前に
凄まじい演奏を繰り広げた、
ライヴ・イン・ジャパンの金字塔的作品。
ぜひ、こちらもチェックしてください!

後半は今の音楽シーンについての質問からスタートします。
「ダンスミュージックがアメリカに来て、
ヒップホップもダンスミュージックの影響も大きいです。
今はジャズの影響を感じたり、
70年台〜90年台の影響を受けている曲も聞こえますが、
今の音楽界について、サンタナは満足しているのでしょうか?

--------------------
サンタナ:
ダンスから戻ってきているのは嬉しいですね。そういう音楽も好きですよ?リップ・シンキングで繋がっているのも、それはそれで良いと思うんです。ただ、本物の声をシェア出来ると良いと思うんです。リアルなミュージシャンがジャズに戻っているのは嬉しいです。日本は常に「本物」を大事にしてくれました。本物を観る…歌舞伎を観たり、シアターロックですよね、演劇。ウェイン・ショーターとかハービー・ハンコックとか、日野皓正とか…日本では素晴らしいものがいっぱいあります。

--------------------

50年近く、活動を続けている
カルロス・サンタナ。
音楽へ向かうモチベーションは
どんなところから生まれるのでしょうか?

--------------------
サッシャ:長く活動を続けれていますが、そのモチベーションはどこから来るものですか?

サンタナ:シンディ(・ブラックマン・サンタナ:Dram)と私は人々の心に届くことを楽しんでいるんです。多くの人々は、色んな所で"被害者"になっていることが多いんです。でも音楽を聞いて、気持ちを奮い立たせて、「自分は素晴らしいんだ、戦士である」ことを目覚めさせる、というか。怪我をした人には色んな理由がありますが、そうじゃなくて、「戦えるんだ!」というポジティブな気持ちを起こさせるってことなんだ。

サッシャ:生きる、ということは「ポジティブだ」ということを伝えたいってことですね?

サンタナ:その通りなんです。神からのギフトなんです。

サッシャ:日本の神道では『全ての物が神』だったりしますが、あなたの音楽や考え方に近いものがありますね?

サンタナ:我々は繋がっているんです。内側で繋がっています。それは必然だったりします。そういったスピリットに手が届く、それに触れることが出来ることをわかっているんです。

サッシャ:今度お会い出来るのを楽しみにしています。

サンタナ:エネルギーたくさんだと思います。シンディがドラムを叩く、最高のバンドだと思います。それを皆さんにシェアできるのを楽しみにしています!
--------------------

では、最後に楽しみにしているファンへ
カルロス・サンタナからメッセージです!

--------------------
サンタナ:
STAY HAPPY & MUSHI MUSHI!!

--------------------

「サンタナ」、4月27日に日本武道館で来日ライブです!
ぜひ、レジェンドが紡ぎ出すステージ、目撃してください。

20170314_bp.jpg
番組でプレゼントした「サンタナのバンダナ」♪

<OA曲目リスト: 2017/3/14>

ERASER - ED SHEERAN
COME TOGETHER - DYGL
SHOW YOU LOVE - KATO AND SIGALA FEAT.HAILEE STEINFELD
3AM(PULL UP) - CHARLI XCX FEAT.MO
HYPNOTISED - COLDPLAY
BLOOD ON ME - SAMPHA
ME AND MY GIRLS - FIFTH HARMONY
人魚 - 宇多田ヒカル
ENGLISHMAN IN NEW YORK - STING
HEAVY - LINKIN PARK FEAT.KIIARA
ハートに火をつけて - 9MM PARABELLUM BULLET
BLACK MAGIC WOMAN - SANTANA
GYPSY QUEEN - SANTANA
STILL FEEL LIKE YOUR MAN - JOHN MAYER
JUST GIVE ME A REASON - PINK FEAT.NATE RUESS
WHEN I WAS A BOY - A GREAT BIG WORLD
アストライド - スガシカオ
LADY MADONNA - BEATLES
LOVE NEVER FELT SO GOOD - MICHAEL JACKSON
ずっと好きだった - 斉藤和義
ONE CALL AWAY - CHARLIE PUTH
SHE - ELVIS COSTELLO
※「THE」は省略。

STAFF| 15:58 | カテゴリー:Records

2017年03月13日

【3/13オンエア曲リスト】 SHELTER - PORTER ROBINSON/MADEON、ほか

先日来日していた夢のコラボ・プロジェクト「ポーターロビンソン&マデオン」へのインタビューをお届けしました♪

【ポーター・ロビンソン&マデオン】
★夢のコラボアルバム「Shelter」リリース!

20170313_bp2.jpg

<OA曲目リスト: 2017/3/13>

SLIDE - CALVIN HARRIS FEAT.FRANK OCEAN/MIGOS
LONELY BOY - BLACK KEYS
トーキョー - カノエラナ
WATERFALL - STARGATE FEAT. P!NK AND SIA
MUSIC - CORNELIUS
TEARS DRY - AMY WINEHOUSE
STILL FEEL LIKE YOUR MAN - JOHN MAYER
BANG! - DAOKO
OXYGEN - COLBIE CAILLAT
HYPNOTIZED - COLDPLAY
サムデイ スマイル - 尾崎裕哉
YES MASTER - STONEFIELD
CHANGE YOUR MIND - 雨のパレード
SHELTER - PORTER ROBINSON/MADEON
THAT'S WHAT I LIKE - BRUNO MARS
CITY OF STARS - RYAN GOSLING/EMMA STONE
TOKYO - OWL CITY FEAT.SEKAI NO OWARI
東京 - MR.CHILDREN
RATHER BE - CLEAN BANDIT FEAT.JESS GLYNNE
SAKURA - いきものがかり
※「THE」は省略。

STAFF| 15:57 | カテゴリー:Records

2017年03月13日

4月に「Chris Peppler Show」開催のクリス・ペプラーさん登場!

今日は、J-WAVEナビゲーターであり、音楽マスター! クリス・ペプラーさんがビープラに降臨♪
------------------------------------------------

●クリス・ペプラー、長年の野望?「J-WAVE the Chris Peppler Show"JAM-O-RAMA"」

やっぱりこの仕事していたら、コンサートのオーガナイザーは長年の夢じゃないですか。昔からずっとやりたいなやりたいなと思っていたら、ちょうどそんなオファーを頂いて、もうぜひ、という感じで。「the Chris Peppler Show」っていうのは仮タイトルで、いくらなんでもこれは無いでしょう、直球すぎてやだな!と言ってたんですよ(笑)。で、突発的にJAM-O-RAMAって思いついて、タイトルコールを録りなおさせて、と。もう色んな所に「the Chris Peppler Show」で出ちゃってたんですけど、でも言って良かった(笑)やっぱり迷惑をかけても、言うべきことは言うべきだなと(笑)。

アーティストに関しては色んな意見もアイデアもあったんですけど、クリス・ペプラーらしいラインナップにしようと。で、「蟹三昧」みたいな感じにしようと思ったの(笑)。色んな料理は出てくるんだけど、全部蟹ではあるという。柱として、全部蟹なんだけど、色んな蟹が出てくる。で、今回は3つの蟹を持ってきたんですよね。「LOVE PSYCHEDELICO」「GLIM SPANKY」。この2つは言わずもがな70'sテイストの女子ボーカルですよ。これをテーマにしようと。で、そしたらダークホースを入れたほうがいいなということで、日本では誰も知らない子たちをいれたくて。「LOVE PSYCHEDELICO」と「GLIM SPANKY」を好きな子たちなら大好きだろうという「STONEFIELD」姉妹バンドをオーストラリアから呼んだんです。「STONEFIELD」は私のカケです。まだ日本でCDも出ていないけど、やっているサウンドが70'sで、オーストラリアのフェスではオオトリ級。絶対間違いないと思います。

●日本の音楽はどうなっていく?

僕は好きなアーティストはたくさんいますよ。個人的にニュージャズ系が好きなので、音楽に命かけている人のライブは素直にズキュンときますし。日本でも良いバンドがたくさん出てきているし、演奏も上手い。日本は音楽がガラパゴス化されてきて他の国の音楽を全く聴かないと言われているけれど、その反面若いアーティストたちはみんな世界を狙っている。
それはとても健全なのかなと思います。僕は開局から28年やっているけど、音楽というのは振り子。揺り戻しがある。何かが流行るとすぐお腹いっぱいになって、グッと逆側に行く。だからこれからは、アイコン的な音楽よりも技術的にも音楽愛みたいな方が時代の主流に戻ってくるんじゃないかな、と思いますけどね。

【SAISON CARD presents J-WAVE the Chris Peppler Show "JAM-O-RAMA"】
★4/22(土)Zepp Tokyoで開催!

20170313_bp1.jpg

STAFF| 15:56 | カテゴリー:Records

2017年03月09日

【3/9オンエア曲リスト】 ラブマゲドン - シナリオアート、ほか

今日は、「シナリオアート」からハヤシコウスケさん、ハットリクミコさんがスタジオに来てくれました♪
------------------------------------------------

●上京の思い出

ちょうど3年前に上京をしてきたんですけど、ちょうど大雪だったんです。滋賀はたくさん降るんですけど、東京は雪が降らないと聞いていたのに、めちゃめちゃ積もってて話が違うと思いました(笑)。膝まで積もって、アパートのドアが開かないくらいに。すごい日に来ちゃったなと思いました!

●2ndフルアルバム『Faction World』

Factionは、「fact」と「fiction」の合成語で、聞く人によってどちらにもとれるような、不思議なアルバムにしたいなと思って。最初からこのコンセプトはあって、このアルバムに入っている曲は一曲一曲を国と見立てて入れているんです。Faction Worldという架空の世界の12カ国という感じです。まずは「エポックパレード」という曲を最後に持ってこようというところから始まって。そこからどうやってたどり着くかというのを描いていったという感じ。

一番苦労したのは……「コールドプラネット」かな。この曲は冷たい国をイメージして作ったんですけど洞窟で録ろうっていうことに最終的になって栃木県の採掘場の地下空間で、氷点下の中にマイクを持って行ってボーカルだけを録りました。ボーカルに関しては音声的な加工は無しで、洞窟のリバーブそのまま。リバーブも冷たい感じになりました。あと変わったレコーディングとしては子供たちにコーラスをしてもらったチャイルドコーラス。「サンライトハーモニー」という曲を30名くらいの子供たちに歌ってもらったんですけど、人前で歌うのって恥ずかしいじゃないですか。だからまず仲良くすることからはじめて、練習してもらって。汗だくになりながら……わりと大変だったかな(笑)。でもすごく浄化されるような、良いものが録れました。子供たちも楽しそうでした!「ラブマゲドン」は元々インディーズ時代からあった曲ですが、それをパワーアップさせてオーケストラの皆さんと作りました。

【シナリオアート】

20170309_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2017/3/9>

CLOUD 9(FRED FALKE REMIX) - JAMIROQUAI
CHAINED TO THE RHYTHM - KATY PERRY
BLACK BEATLES(MADSONIK REMIX) - RAE SREMMURD
LOVE YOURSELF - JUSTIN BIEBER
トモダチ - ケツメイシ
GREEN LIGHT - LORDE
STARBOY(KYGO REMIX) - WEEKND FEAT.DAFT PUNK
HYPNOTISED - COLDPLAY
OPEN BOOK - JOSE GONZALEZ
神の領域 - KREVA
SELFISH - FUTURE FEAT.RIHANNA
BY YOUR SIDE - 1975
ラブマゲドン - シナリオアート
3月9日 - 藤巻亮太
SHINING - DJ KHALED FEAT.BEYONCE/JAY Z
STAY TUNE - SUCHMOS
A FRIEND - FORMATION
REVOLUTION - R3HAB/NERVO/UMMET OZCAN
LAY YOUR HANDS ON ME - BOOM BOOM SATELLITES
EVERYBODY NEEDS A BEST FRIEND - NORAH JONES
YOU'VE GOT A FRIEND IN ME - MICHAEL BUBLE
MAKING LOVE - 宇多田ヒカル
SEE YOU AGAIN - WIZ KHALIFA FEAT.CHARLIE PUTH
※「THE」は省略。

STAFF| 16:10 | カテゴリー:Records

2017年03月08日

【3/8オンエア曲リスト】 大人の言うことを聞け - NAKAMURAEMI、ほか

今日ニューアルバムをリリースした、NakamuraEmiさんがスタジオに来てくれました♪
------------------------------------------------

●ニューアルバム 「NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.4」

最後に収録されている曲が「メジャーデビュー」という曲なんですけれど。色々あったけど、家族みたいなチームも出来たし、辛いというよりも、とにかく楽しかった1年だったので、それが曲になったと思います。今までは自分自分という曲が多かったんですけど、この1年は本当に出会った人がたくさんいたので、その人たちのパワーをすごく感じています。

私は最初から自分のために歌を歌ってしまっていたので、人に聴かせるものじゃないくらいのスタンスでやってしまっていたんです。でも今はたくさんの人が自分の歌を広めてくれている中で、あえて歌詞に色々なことをぶち込んでいくというのをやってもいいのかなって。あまり迷うことはないです。躊躇なくバンバン書いていますね。周りから止められることもあります(笑)。でもほとんど止めることなくやらせてくれるかな。

「メジャーデビュー」という曲も、スタッフに聴かせて終わりかと思っていたんですが「これ良い曲じゃん!」って言ってくれて。ありがたいなと思っています。私は普段口下手で伝えられないことばかりで、家に帰って後悔ばかりで。なのでそれをノートに書いて、いつかはそれをその人に伝えられるようにと。なので自分のはけ口でもあるので恥ずかしいというのはないです。

「大人の言うことを聞け」という曲は、自分が50代60代の人と居て、こういう人になりたいなとかこういう人にはならないように気をつけようとか思うことがあって。自分も35歳で、中高生にとっては立派な大人なわけで、どういう風に思われるのかなというのもあって。10代の子の話を聞いていると色々言いたくなっちゃうんですけど、自分もまたそういう風に大人から言われてきて、ああ、繰り返しなんだなと。そんなことを考えながら作った曲です。

【NakamuraEmi】
★ニューアルバム「NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.4」リリース!

20170308_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2017/3/8>

SLIDE - CALVIN HARRIS FEAT.FRANK OCEAN/MIGOS
U SET ME FREE - FLORIAN BERY
僕の心をつくってよ - 平井堅
GET WILD 2017 TK REMIX - 小室哲哉
歩いて帰ろう - 斉藤和義
2ND TIME AROUND - TUXEDO
ソレデモシタイ - 平井堅
チョコレイト ディスコ - PERFUME
EVERYBODY WANTS TO RULE THE WORLD - TEARS FOR FEARS
晴れた午後は代官山で - DJ HASEBE FEAT.野宮真貴
STARVING - HAILEE STEINFELD/GREY FEAT.ZEDD
大人の言うことを聞け - NAKAMURAEMI
SEXUAL - NEIKED
CHAINED TO THE RHYTHM - KATY PERRY
魔法って言っていいかな? - 平井堅
WHITE FERRARI(JACQUES GREENE EDIT) - FRANK OCEAN
GOT ME A FEELING - MISTY OLDLAND
エポックパレード - シナリオアート
トーキョー - カノエラナ
たのしいバストの数え歌(STUDIO LIVE VER.) - カノエラナ
LEAN ON - MAJOR LAZER FEAT.MO/DJ SNAKE
できっこないを やらなくちゃ - サンボマスター
FIGHT SONG - RACHEL PLATTEN
WE WILL ROCK YOU - QUEEN
※「THE」は省略。

STAFF| 13:24 | カテゴリー:Records

2017年03月07日

【3/7オンエア曲リスト】 王様になれ - the pillows、ほか

今日はスタジオに、the pillowsのボーカル・ギター、山中さわおさんが来てくれました♪
------------------------------------------------

●ニューアルバム『NOOK IN THE BRAIN』

(11か月ぶりの新作ですね)
そうですね。僕はあまり制作に詰まる感じの人間ではなくて。活動して28年になるんですけど、結構どんどん作ってます。初期の頃は結構詰まることもあったんですけど…やはり若者なので、ジャストな自分よりももっと上のものを見せようとするようなところがあって。そうすると苦しみがあったんですけど、途中から自分そのままでいいじゃないかみたいな開き直りがあって、そこからもう長いと思います。

未だに曲作るのが趣味なんですよ。どんな場所にもミニギターを持って行って作っているんです。その時に、今のthe pillowsってどうあるべきなんだろうとかじゃなくて、ただの趣味で曲を作るので……今回アルバム10曲入りなんですけど、それよりもっといっぱい作るんです。その時、ボサノヴァだったり絶対今後しばらくthe pillowsでやるはずのない曲まで作っちゃうんです(笑)。わりと無邪気に、無作為に作るんですよ。メンバーとの相談もしないです。メンバーは僕はシモベだと思ってるので(笑)。でも僕の中で歌詞がサーッと自然に出てきたものはいいものだ、それは優先していいというルールがあって。歌詞が書けたのでそれでいこうという風になる場合が多いです。

(英語の歌詞との使い分けは?)
英語の話をするのはドキドキしちゃうな(笑)。僕は洋楽が好きで育ったので、なんちゃって英語にしてみて、それを日本語にした時、英語の持っている良さが損なわれるような場合は頑張って英詩でやるしかないと思っていて、損なわれないものは日本語でやろうと。英語に関しては音感重視で、自分の憧れているものに近づければという気持ちでやっています。

今まで、「もう過去の自分を超えられないかな」と思ってしまったこともあります。でも今は、正直過去の自分が超えられなくてもいいじゃないかっていう気持ちもあって。そんなことより、音楽が好きか嫌いかといったら好きだし、曲作りたいか作りたくないかって言ったら作りたいし、ライブやりたいかやりたくないかって言ったらやりたい。これだけでいいんじゃないかって思えたんですよね。そんな気持ちで作ってみたら、過去を超えたかどうかは分からないけど、自身を持って誰かに渡せるようなアルバムが出来たと思います。

【the pillows】
★ニューアルバム「NOOK IN THE BRAIN」明日、3/8(水)リリース!

20170307_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2017/3/7>

CERTAINTY - TEMPLES
WHERE U IZ - FATBOY SLIM
DIE YOUNG - KESHA
BESIDE YOU - DRAGON ASH
よー、そこの若いの - 竹原ピストル
GALWAY GIRL - ED SHEERAN
SHOW YOU LOVE - KATO AND SIGALA FEAT.HAILEE STEINFELD
エゴサーチ アンド デストロイ - ドレスコーズ
MESSAGE - VANGELIS
YOU RAISE ME UP - CELTIC WOMAN
SHOW YOU THE WAY - THUNDERCAT FEAT.MICHAEL MCDONALD/KENNY LOGGINS
I'M A LADY - MEGHAN TRAINOR
王様になれ - PILLOWS
BE WILD - PILLOWS
WOMAN - JOHN LENNON
AFTER THE AFTER PARTY(VIP MIX) - CHARLI XCX FEAT.RAYE, STEFFLON DON AND RITA ORA
ON MELANCHOLY HILL - GORILLAZ
大人の言うことを聞け - NAKAMURAEMI
CLOUD 9 - GEORGE HARRISON/ERIC CLAPTON
SING - MY CHEMICAL ROMANCE
浮舟 - GO! GO! 7188
REHAB - AMY WINEHOUSE
デイ ドリーム ビリーバー - TIMERS
NOW - CARPENTERS
※「THE」は省略。

STAFF| 13:55 | カテゴリー:Records

2017年03月06日

【3/6オンエア曲リスト】 3月9日 - 藤巻亮太、ほか

今日は、ゲストに藤巻亮太さんがスタジオにきてくれました♪
------------------------------------------------

●曲作りの方法

(季節的に曲を書きやすいとかってあるんですか?)
そうですね、わりと季節感を歌ったものが多くて。春なら春のことを歌いたいし、夏なら夏の。季節は流れていきますけど。
(リリースを考える時は前の季節に書きますよね)
そうですね、夏なら春の時に書きますし。でも、旅をしていると書けたりするんです。去年チベットに行ったんですけど、車の中に居ることが長くて、その車の中でギターずっと弾いてて曲ができました。今、レコーディングに入る直前なんですけど、チベットで作ったものは、そこでレコーディングする予定です。

●「3月9日」のセルフカバーをリリース

(元々は卒業の曲ではないんですよね?)
そうなんです。レミオロメンの時の曲なんですけど、メンバー3人にとって幼馴染のようなヤツが結婚したんですよ。で、3月9日に結婚すると。サンキューの日、ありがとうの日に結婚するんだよ、というのが印象に残ってて。僕は当時21歳くらいだったからお金もなかったし、プレゼントできるのって曲ぐらいだよねってことになり、作ったんです。だから元々は結婚を祝う歌だったんですよね。で、「1リットルの涙」というドラマがあって、それが高校が舞台だったんですけど、その高校生が合唱を歌うっていうシーンで「3月9日」を使ってもらったんです。それがきっかけじゃないかなと思うんですけど。今は結婚式より卒業式っていうイメージが強いみたいですね。

今回はカロリーメイトのCMのお話をいただいて、カロリーメイトは受験生を応援したいという一貫したテーマがあるんですけど、その中で「3月9日」のセルフカバーをお願いされたんです。そういえば僕も高校の時ブラスバンド部で、野球とかの応援で良く吹いたなと思って。で、この曲をブラスアレンジしたら面白いんじゃないかと思ったんです。色んなことがシンクロして、よし、ブラスアレンジしてセルフカバーしようと。点と点が線でつながった、良い瞬間だったなーと思います。

【藤巻亮太】
★名曲をセルフカバー! 配信シングル「3月9日」リリース

20170306_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2017/3/6>

CHOCOLATE - 1975
STAY - ZEDD/ALESSIA CARA
TOKYO GIRL - PERFUME
HALFWAY THERE - SHERYL CROW
明日も - SHISHAMO
WE ARE - ONE OK ROCK
GREEN LIGHT - LORDE
LIVE YOUR FANTASY - JOSE JAMES
NANDEMONAIYA(ENGLISH VER.) - RADWIMPS
WAKE ME UP(ACOUSTIC) - ALOE BLACC
王様になれ - PILLOWS
ALASKA - MAGGIE ROGERS
3月9日 - 藤巻亮太
BY YOUR SIDE - SADE
ON HOLD - XX
STILL FEEL LIKE YOUR MAN - JOHN MAYER
1979 - SMASHING PUMPKINS
ひらり - 大原櫻子
スロー バラード - RCサクセション
YOU REALLY GOT ME - VAN HALEN
贈る言葉 - 大橋トリオ
PERFUME MEDLEY - PENTATONIX
YOU CAN'T HURRY LOVE - PHIL COLLINS
RAIN - 秦基博
※「THE」は省略。

STAFF| 13:44 | カテゴリー:Records

2017年03月02日

【3/2オンエア曲リスト】 恋のはじまりはいつも突然に(STUDIO LIVE VER.) - CHAY、ほか

今日は、3月29日(水)にニューシングル「恋のはじまりはいつも突然に」をリリースする、chayさんをお迎え。
スタジオライブも披露してくれました♪
------------------------------------------------

●伊勢丹新宿店で開催中!「chay's closet」

自宅のクローゼットを再現した形になるんですけど、今お店としてオープンしているんです。自分がコラボレーションしたワンピースとか、セレクトしたアイテムを飾らせていただいてます。
(chayさんの普段のクローゼットはどんな感じ?)
きったないです(笑)苦手なんです、整理するの……。でも最近はいい年なんで、ちゃんとしなきゃなと思って片づけてます。春夏は、白とかビビッドなカラーが好き。秋冬は黒とかダーク目な色になっちゃいますね。スタイリストさんによって変えられたところもあって、今まではずっと可愛らしいのしか着なかったんですけど雑誌の撮影とかでパンツスタイルだったりカジュアルな洋服を着させていただいてからそっちも好きになって。ジーンズやスニーカーも履きます!

●ニューシングル『恋のはじまりはいつも突然に』

タイトル通り、恋のはじまりはいつも突然だよっねって曲なんですけど(笑)。それが物語、ストーリーになっています。私も主人公のように、運命的な出会いがあると良いなと思いながら歌わせてもらっています。恋愛だけじゃなく、肩をはって頑張ってる時ほどそういう出会いって訪れなかったりして。そういうところから解放された時に意外に巡り合ったりするもんだなぁという話を作詞のいしわたり淳治としていて。自分も、恋愛以外でそういうところもあるのかなって。いしわたりさんの歌詞のマジックは色々あって、例えば今回だと「あのパン屋美味しいですよね」っていう歌詞が歌に出てくるんですけど、この歌詞の選択肢は自分にはなくて。とっても可愛くて、これはいしわたりマジックだなって思いました。

【chay】

20170302_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2017/3/2>

SOMETHING JUST LIKE THIS - CHAINSMOKERS/COLDPLAY
DIRTY WORK - AUSTIN MAHONE
BLOW YOUR MIND(MWAH) - DUA LIPA
DARKEST BEFORE DAWN - 三浦大知
卒業 - 高橋優
CHAINED TO THE RHYTHM - KATY PERRY
BLACK BEATLES(MADSONIK REMIX) - RAE SREMMURD
BY YOUR SIDE - 1975
モノノケダンス - 電気グルーヴ
地獄タクシー - 吉澤嘉代子
ANOTHER DAY OF SUN - LA LA LAND CAST
オドループ - フレデリック
恋のはじまりはいつも突然に(STUDIO LIVE VER.) - CHAY
手紙〜拝啓 十五の君へ〜 - ANGELA AKI
PHOTOGRAPH - NICKELBACK
LOVE - LANA DEL REY
BABY - DONNIE AND JOE EMERSON
IT WILL RAIN - BRUNO MARS
YUMING - 平井堅
WE ARE NEVER EVER GETTING BACK TOGETHER - TAYLOR SWIFT
3月9日 - レミオロメン
SEE YOU AGAIN - WIZ KHALIFA FEAT.CHARLIE PUTH
生まれ変わり - 星野源
※「THE」は省略。

STAFF| 14:01 | カテゴリー:Records

2017年03月01日

【3/1オンエア曲リスト】 CHANGE YOUR MIND - 雨のパレード、ほか

来週ニューアルバム リリースを控えた「雨のパレード」からボーカルの福永浩平さん、ドラムの大澤実音穂さんがスタジオに来てくれました♪
------------------------------------------------

●セカンドアルバム「Change your pops」

(すごいタイトルですよね!)
そうですね(笑)ポップスって時代時代によって変わっていくものだと思っていて。今自分たちがカッコいいと思っているものを、今生きているこの時代にポップスとして認めさせたいという気持ちがあって。僕にとってポップスって何かなと思った時に、自分に寄り添ってくれる曲だったり人生に指針になってくれるものだと思うので、そういう歌詞が多いかなと。自分の経験とかを語ることによって聴いてる人に悟って欲しいという気持ちもあり。

レコーディングはいっせーのせで作ってます。サビメロを僕が作ってきて、そこからセッションで作っていくんです。コード進行、セッション、アプローチを全てその場でディスカッションしながらトライアンドエラーで作っていく。

ライブではドラムはクリックを使ってないんです。だから全てがドラムにかかっていて。バンドマンが憧れるグルーブ感というのは、クリックとか聴かない方が出るとは思うんです。多少テンポがずれても、それが良かったりっていうこともあるので。
(最新の音楽とかは常にチェックするタイプ?)
新しもの好きですね!上京してからはそれがより強くなったかな。

(地元では雨のパレード、大変なことになっているのでは)
いやー(笑)でも、一回、地元の星みたいな扱いをされて!全然まだ星じゃないんですけど…(笑)。もっと輝いて帰ります(笑)。鹿児島は結構ビッグなミュージシャンがいるんですけど。長渕剛さんや中島美嘉さん、AIさんとか。でもバンドだとあんまりないのかもしれない。地元ももちろんもっと盛り上げたいですし、日本全体を盛り上げたい!

【雨のパレード】
★来週3/8(水)ニューアルバム『Change your pops』リリース!

20170301_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2017/3/1>

I FEEL IT COMING - WEEKND FEAT.DAFT PUNK
流動体について - 小沢健二
LYING TO YOU(SATIN JACKETS REMIX) - GOLDROOM
プエルトリコのひとりっ子 - 電気グルーヴ
春なんです - サンボマスター
CLOSER - CHAINSMOKERS FEAT.HALSEY
OVER MY HEAD(CABLE CAR) - FRAY
CALL ME MAYBE - CARLY RAE JEPSEN
LA LA LA LOVE SONG - 久保田利伸/NAOMI CAMPBELL
人魚 - ポルカドットスティングレイ
BACKPACK - PETITE MELLER
SWEET SEASON - CAROLE KING
CHANGE YOUR MIND - 雨のパレード
LOLLIPOP - MIKA
HEAVY - LINKIN PARK FEAT.KIIARA
FACES - CRYSTAL KAY
WE ARE YOU ARE - 藤原さくら
IT AIN'T ME - KYGO/SELENA GOMEZ
恋のはじまりはいつも突然に - CHAY
僕の心をつくってよ - 平井堅
春咲小紅 - 矢野顕子
REHAB - AMY WINEHOUSE
M.I.L.F.$ - FERGIE
PINK - 土岐麻子
※「THE」は省略。

STAFF| 15:05 | カテゴリー:Records


バックナンバー

カテゴリー