2016年09月29日

【9/29オンエア曲リスト】 FUTURE LOOKS GOOD - ONEREPUBLIC、ほか


来月ニューアルバム「OH MY MY」をリリースするONEREPUBLICのフロントマン、ライアン・テダーのインタビューをお届けしました♪
------------------------------------------------

ニューアルバム「OH MY MY」を、
来週10月7日にリリースするワンリパブリック。
すでに「Wherever I Go」「Kids」
「Future Looks Good」の3曲が
J-WAVEでもヒット中です。

前作から3年ぶり、4作目となる今作では
更なるブレイクが期待されている彼ら。

というのも、相変わらず、バンドのフロントマンで
ソングライティングを手掛ける
ライアン・テダーの活躍っぷりが半端ないんです!

ADELE、MAROON 5、TAYLOR SWIFT、ZEDD、
BEYONCEなどに提供した曲が次々と大ヒット。
ソングライターとしても大注目の存在となっています。

●来週リリースのニューアルバム「OH MY MY」

今回の制作で今までと違う事は、いろんな音楽のスタイルやテンポで実験をした事かな。というは、今作は踊りたくなるようなアルバムにしたかったんだ。今ではかなり大きな会場で大勢の前で演奏をしているだけど、それだけの大観衆を動かす(躍らせる)というのは、色んな感情というのを受け取ってもらわなきゃいけないと思ったんだ。2016年の今、それだけの観衆をどうやってDJ抜きで躍らせるか、というのを考えてテンポなどを模索したんだ。

●ソングライティングやプロデュースをする上で気をつけている事は?

誠実さ。今を伝える気持ちとエネルギーと雰囲気の良さ。雰囲気の悪い人が一人でも混じっていると、部屋のムードがダウンしてしまうので、みんなが同じ気持ちを持っているというのが大事なんだ。

ソングライターとしての活躍が目覚ましいライアン・テダー。
例えば、テイラー・スウィフトのアルバム
「1989」の冒頭を飾った「WELCOME TO NEW YORK」も
ライアンがソングライティング、
プロデュースで参加しています。

●テイラー・スウィフトについて

テイラーは今まで僕が仕事をした中で、もっとも仕事が早いアーティスト。ものすごい才能の持ち主で、素晴らしいエナジーの持ち主。彼女が仕事を始めたら誰も止めることが出来ないんだ。やる気満々でやって来るから、曲作りとレコーディングが1日で終わったんだ。何事も迷うことなく即決する、という所が本当に素晴らしいと思うよ。

●日本のアーティストにも目をつけている!?

1〜2曲くらい日本の新しいアーティストとコラボレーション出来るんじゃないじゃあないかな?と思っている曲があるんだ。スタッフからサチモスの「ステイチューン」を聴かせて貰ったんだけど、彼らにぴったりな曲が2曲ほどあるから、それがはまるといいなと思っているよ。

次々とヒットチャートに曲を送り続けるライアン・テダー。
そして、自らのバンド、ワンリパブリックの
ニューアルバム「OH MY MY」が
来週10月7日にリリースになります。
このアルバムから何曲をヒットチャートに送り込むのか?
注目です!

【ONEREPUBLIC】

20160929_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/29>

C-H-E-M-I-C-A-L - CHEMICAL BROTHERS
METEORITE - YEARS AND YEARS
LOVE YOU(SHIHO FUJISAWA REMIX) - Q;INDIVI
BLOW YOUR MIND(MWAH) - DUA LIPA
HEAVY ENTERTAINMENT SHOW - ROBIN WILLIAMS
人魚 - 宇多田ヒカル
PERFECT ILLUSION - LADY GAGA
GOLD - KIIARA
恋 - 星野源
MUSIC - 三浦大知
SET ME FREE - HERIZEN GUARDIOLA AS MYLENE CRUZ FEAT.NILE RODGERS AND THE A
THAT'S MY GIRL - FIFTH HARMONY
FADE - KANYE WEST
HEAD - DOTAMA
SIDE TO SIDE - ARIANA GRANDE FEAT.NICKI MINAJ
CLOSER - CHAINSMOKERS FEAT.HALSEY
STARBOY - WEEKND FEAT.DAFT PUNK
BROCCOLI - D.R.A.M. FEAT.LIL YACHTY
FUTURE LOOKS GOOD - ONEREPUBLIC
KIDS - ONEREPUBLIC
BANG! - DAOKO
DIMENSIONS - COMPUTER MAGIC
COLD WATER - MAJOR LAZER FEAT.JUSTIN BIEBER/MO
LOSER - 米津玄師
EMPIRE STATE OF MIND(PART )BROKEN DOWN - ALICIA KEYS
SOMEONE LIKE YOU - ADELE
BELIEVE - MISIA
※「THE」は省略。

STAFF| 19:50 | カテゴリー:Records

2016年09月28日

【9/28オンエア曲リスト】 CRUISIN' CRUISIN' - BONOBOS、ほか

ニューアルバム「23区」をリリースしたばかりのbonobosから、ボーカルの蔡忠浩さんをお迎えしました♪
------------------------------------------------

●結成から15年…変わってきたメンバー

人数は、4から始まり5になり、5から4になり、4から3になって2になりかけて5になったんです(笑)。色々ありました。ここ数年はうわものはオーケストラっぽいことをやっていたんですけど、ライブする時に何十人は連れて行けないので、前のドラムが止めるタイミングでメンバーのことを考えて、もう一度バンド感を大事にするロックバンドらしいありかたを考えようと思ったんですよね。
(メンバー選びは技術面を重視して?)
そうですね。わりと複雑なことをやっているので、やっぱり技術のあるメンバーを集めたいというのはありました。かつ年齢も近くて普段はバカな話もできる、というのも。

●ニューアルバム「23区」

震災以降ポップミュージックをどういう風に作ればいいのか、どういう立ち位置で向かえばいいのかずっと考えてきたんです。それが前作と前々作のアルバムだったんですけど。そして最初今回のアルバムは、その三部作の最後というイメージでした。ですがバンド編成になったことにより、三部作を完結させるよりも、それぞれの個性を活かしたアルバムにしようと方向性を変えたんです。今まで架空の世界をふわふわと漂ってきたbonobosが、ぱっと降り立ったのが東京、というイメージ。それがbonobosの今の体制と、イメージしていたことが交わることが出来ました。
レコーディングは北海道だったんです。新しいバンド編成になったので、いいクオリティのサウンドでどうしても録りたいと思って。最高のスタジオとエンジニアで録ることが出来ました。

【bonobos】

20160928_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/28>

道 - 宇多田ヒカル
STILL FALLING FOR YOU - ELLIE GOULDING
TOOTHBRUSH - DNCE
THEY DON'T KNOW - ARIANA GRANDE
GO - CHEMICAL BROTHERS
COME TO ME - KOOP FEAT.YUKIMI NAGANO
ブラッドサーキュレーター - ASIAN KUNG FU GENERATION
CARRY ON - NORAH JONES
サヨナラホームラン - スガシカオ
<PT> - KILLERS
HUMAN - KILLERS
THE FLARE - YAHEL
恋心よあたしにきっと幸あれ - SOFTLY
EVERYBODY'S CHANGING - KEANE
RUNAWAY - ELCTRIC YOUTH
FAREWELL MY SUMMER LOVE - MICHAEL JACKSON
ALL OF YOU - JAHKOY
恋をしたのは - AIKO
CRUISIN' CRUISIN' - BONOBOS
MAGIC - D INFLUENCE
BURNING LOVE - OKAMOTO'S
LOVIN' YOU - MINNIE RIPERTON
赤い電車 - くるり
PAPER PLANES - M.I.A.
サラバ青春 - チャットモンチー
※「THE」は省略。

STAFF| 16:15 | カテゴリー:Records

2016年09月27日

【9/27オンエア曲リスト】 GIRLS(ボーイズ) - THE BOHEMIANS、ほか

明日9/28(水)にニューアルバム「kaiser strong majestic love」をリリースする5人組ロックンロールバンド「THE BOHEMIANS」から、ボーカルの平田ぱんださん、ギターのビートりょうさんをお迎えしました♪
------------------------------------------------

●ニューアルバム「KAISER STRONG MAJESTIC LOVE」

平田:
だいぶ前に出来上がっていたので、やっと出たという感じです。
(このアルバムはビートりょうさんの挫折スタートだとか?)
りょう:
そうですね、挫折というと大げさですけど、全曲僕の作詞作曲の予定だったのが、そうじゃなくなったという(笑)締切に間に合わなかったという挫折スタート。
平田:
最終的には、最高傑作になりました。ここからTHE BOHEMIANSを知る人は幸せだなというくらい。一番最高の状態から知れてしまうので。ロックもポップもスローもスピードが速いのもあるし、バラエティに富んでいます。THE BOHEMIANSをこれで知ることが出来るし、これが好きじゃないならロックが好きじゃないなというくらい!

●プロデューサー、the pillows山中さわおさんについて

山中さんから学んだことは、ロックンロールはとっても合理的なんだということ。いらないものをいかに選んでいくか、これでいいんだ、これしかやらないんだと決めることがロックンロールなんじゃないかということを学びました。作業工程に関しても時間の進め方に関してもすごい合理的なんですよね。スピードが速くて、いるものといらないものがハッキリしている。僕たちは自分たちの感動に対して、それにどう辿りつくかがあんまりわかってない奴らなんです。きっとこうなんだろうとしか思ってやっていなかったことを、山中さんはこれはこうなんだよとちゃんと説明してくれる方です。余計なものが何にもないのがロックロール、悩んだら終わりなんだなと。

【THE BOHEMIANS】

20160927_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/27>

TITANIUM - DAVID GUETTA FEAT.SIA
FUTURE LOOKS GOOD - ONEREPUBLIC
二時間だけのバカンス - 宇多田ヒカル FEAT.椎名林檎
ナンバーナイン - 米津玄師
LOST ON YOU - LP
PERFECT ILLUSION - LADY GAGA
YOU DON'T KNOW LOVE - OLLY MURS
WAKE UP - KANA BOON
イロトリドリ ノ セカイ - JUDY AND MARY
WHAT WE STARTED - DON DIABLO, STEVE AOKI AND LUSH AND SIMON FEAT.BULLYSONGS
IGNITE(2016 LEAGUE OF LEGENDS WORLD CHAMPIONSHIP) - ZEDD
TOLD U SO - ILLION
YELLOW - COLDPLAY
NEVER GOING HOME - HAZEL ENGLISH
HEART OUT - 1975
CRUISIN' CRUISIN' - BONOBOS
GIRLS(ボーイズ) - THE BOHEMIANS
HOLD ON - ALABAMA SHAKES
IT AIN'T OVER 'TIL IT'S OVER - LENNY KRAVITZ
「天国と地獄」終曲 - キング シンフォネット
RACE FOR THE PRIZE - FLAMING LIPS
DREAMS - FLEETWOOD MAC
タイム トラベル - SPITZ
ハイウェイ - くるり
※「THE」は省略。

STAFF| 20:56 | カテゴリー:Records

2016年09月26日

【9/26オンエア曲リスト】 OVER THE HILLS AND FAR AWAY - LED ZEPAGAIN、ほか

今日は、レッド・ツェッペリンのアメリカで人気No.1のトリビュートバンド、Led Zepagainから、ギターを担当するメンバー唯一の日本人・ジミー桜井さんをお迎えしました!
------------------------------------------------

●世界的なLed Zeppelinのトリビュートバンド、Led Zeppelin

元々は日本でLed Zeppelinのトリビュートバンドをやっていたんですが、2012年にLED Zepagainのツアーに参加するようになって、2014年には渡米しました。日本ではミスタージミーという名前で20年、ツェッペリンのトリビュートバンドをやっていました。LED Zepagainへのヘッドハンティングにはとてもびっくりしました。僕が唯一のアジア人です。やっぱり会話が一番大変で。一旦音を出してしまえば大丈夫なんですけど、細かい説明やトリビュートする上での考え方などを説明するのがなかなか出来なくて…支離滅裂なんだろうなと。頷いてくれますけどね(笑)。でも、皆がLed Zeppelinが好きだという共通の意識のもと一緒にやっていますから、リハーサルや本番などでは言葉の壁は感じません。

●Led Zeppelinとの出会い

ギターは14の時から始めました。Kissをやっていましたね。初来日直後で、クラスの大半が来日公演を見ていまして、必死でカバーしていました。当時はLed Zeppelinは全く理解できなくて。どうやって演奏しているのかも分からず…そこから1年2年経って改めて聴いてみたら、その時はすごく入ってきました。衝撃を受けたんですね。さらに、Led Zeppelinのカバーを続けていると、KissのギタリストもLed Zeppelinに影響を受けていることが分かってくる。そう言う意味ではKissのカバーをやっていたことが活きたと思います。最初はブルースなどは若くて分からなかったので、エネルギーの発散で速い曲ばかりを練習していました。

●当時の音に近づける難しさ

今の機材の音はすごく進化してしまっていて、当時の音に寄せるには逆にとても難しいです。今回のレコーディングもなるべくアナログのアンプを使ったんですけど、結局それが入るのは最終的にデジタルのコンソール。すでにあるものを真似るという作業はとても大変だと思います。アメリカでは60年代、70年代のクラシックロックは、アメリカではまだとても愛されています。日本ではそんなことはないですよね。ロサンゼルスの車の中ではラジオで常にかかっているし、ライブでは4,5歳の男の子、女の子もきたりします。僕たちも夢を壊さないようにしなければいけないという責任は感じますね。

【Led Zepagain】

20160926_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/26>

I CAN'T STOP THINKING ABOUT YOU - STING
COCOA - REI
CLARITY - JOHN MAYER
LABOR OF LOVE - BON JOVI
DAY TO DAY - ROBERT GLASPER EXPERIMENT
RUDE - MAGIC!
THE GREATEST - SIA FEAT.KENDRICK LAMAR
カタオモイ - AIMER
KIND AND GENEROUS - NATALIE MERCHANT
CARRY ON - NORAH JONES
MORE THAN THIS - ROXY MUSIC
70億のピース - 秦基博
MEAN WHAT I MEAN - ALUNAGEORGE FEAT.LEIKELI 47/DREEZY
MY WAY - CALVIN HARRIS
ONCE - YAHYEL
THE REASON - HOOBASTANK
OVER THE HILLS AND FAR AWAY - LED ZEPAGAIN
GIRLS(ボーイズ) - BOHEMIANS
二時間だけのバカンス - 宇多田ヒカル FEAT.椎名林檎
MARRY ME - JASON DERULO
透明人間18号 - RADWIMPS
7 - PRINCE AND THE NEW POWER GENERATION
5% - クリープハイプ
※「THE」は省略。

STAFF| 12:45 | カテゴリー:Records

2016年09月21日

【9/21オンエア曲リスト】 あの雲の向こう側 - K、ほか

今日は、TRICERATOPS、K、藤巻亮太からなるこの番組から始まったバンド「BEAT PLANET BAND」が、この夏に開催された「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2016」に出演した時の、貴重なライブ音源をオンエアしました。さらに、メンバーの一人、Kさんをスタジオにお迎えしました♪

【K】

20160921_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/21>

DAY TO DAY - ROBERT GLASPER EXPERIMENT
NOBODY BUT ME - MICHAEL BUBLE
#WHERESTHELOVE - BLACK EYED PEAS FEAT.WORLD
POSITIVE STRESS - 大森靖子
六本木心中 - JUJU
BURN THE WITCH - RADIOHEAD
5% - クリープハイプ
IN TRANSIT - ALBERT HAMMOND JR.
RASPBERRY(J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2016) - BEAT PLANET BAND
雨上がり(J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2016) - BEAT PLANET BAND
MUSIC IN MY LIFE(J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2016) - BEAT PLANET BAND
大切な人(J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2016) - BEAT PLANET BAND
反省ゼロ〜MIRROR(MASHUP VER.)(J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2016) - BEAT PLANET BAND
ロケットに乗って(J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2016) - BEAT PLANET BAND
あの雲の向こう側 - K
サギグラファー - キュウソネコカミ
トーキョー ドライブ - 土岐麻子
THE GAME OF LOVE - SANTANA FEAT.MICHELLE BRANCH
MEMORIES OF THE PAST - TAHITI 80
STAY WITH ME - SAM SMITH
黄昏サラウンド - RIP SLYME
※「THE」は省略。

STAFF| 15:16 | カテゴリー:Records

2016年09月20日

【9/20オンエア曲リスト】 AUTUMN MOON(STUDIO LIVE) - PREDAWN、ほか

今日は、シンガーソングライターの清水美和子さんによるソロプロジェクト、Predawnをお迎えしました♪
------------------------------------------------

●ニューアルバム「Absence」

(ジャケット写真。花びらで「Absence」を白抜きしたようなデザインですね)
「Absence」って「いない」とか「お休み」とか虚しい言葉なんですけど、上から見ると綺麗に見えることもあるっていうか、そういう意味を込めたくて。花びら一つ一つを人に見立てて、という部分もありました。
(「Autumn Moon」という曲を生演奏してもらいますがこれはどんな曲?)
禅を感じるなと自分では思っています。イメージ的には海で月を眺めているような。時間が早く過ぎて季節があっという間に巡ってしまう感覚を表現しました。秋はすごく好きな季節です。最近は秋がすぐ終わってしまうので寂しい。

●バンド編成によるニューアルバム

今までもライブではバンドでやったりしていたんですけど、だいぶ慣れてきたのでアルバムでもやってもらおうかなと。
(ギターソロもがっつり弾かれていますね)
そうですね、バックがしっかり支えてくれているので。今までエレキのこういうソロは苦手で避けてきたんですけど、チャレンジしてみました。
(初の日本語詞作品「霞草」もありますね)
10曲に1曲くらいは日本語で書きたいものがあるんですど、今までリリースには結びつかなくて。でもこの曲はしっくりきたので、入れました。

【Predawn】
★明日9/21(水)ニューアルバム「Absence」リリース!

20160920_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/20>

METEORITE - YEARS AND YEARS
SIDE TO SIDE - ARIANA GRANDE FEAT.NICKI MINAJ
道 - 宇多田ヒカル
TRUE COLORS - JUSTIN TIMBERLAKE AND ANNA KENDRICK
THINKING OUT LOUD - ED SHEERAN
PERFECT ILLUSION - LADY GAGA
FADE - KANYE WEST FEAT.TY DOLLA SIGN
TAKING OFF - ONE OK ROCK
A MAN AND A WOMAN(UN HOMME ET UNE FEMME) - FRANCIS LAI
WE DON'T TALK ANYMORE - CHARLIE PUTH FEAT.SELENA GOMEZ
THE GREATEST - SIA FEAT.KENDRICK LAMAR
恋をしたのは - AIKO
MY WAY - CALVIN HARRIS
FUTURE LOOKS GOOD - ONEREPUBLIC
IT TOOK ME SO LONG TO GET HERE, BUT HERE I AM - KT TUNSTALL
UNIVERSAL MIND - PREDAWN
AUTUMN MOON(STUDIO LIVE) - PREDAWN
UNSTEADY - X AMBASSADORS
なんでもないや - RADWIMPS
COCOA - REI
I'M YOURS - JASON MRAZ
PANIC CORD - GABRIELLE APLIN
SUNRISE - NORAH JONES
※「THE」は省略。

STAFF| 21:00 | カテゴリー:Records

2016年09月15日

【9/15オンエア曲リスト】 IN MY HEAD - GROWN KIDS、ほか

日本の音楽シーンをリスペクトする、Lafa TaylorとJamil Kazmiのアメリカ人2人組ラップユニット、GROWN KIDSをお迎えしました♪
------------------------------------------------

●2人が出会ったきっかけは?

Jamil:「僕たちは2人組で2人とも外国人ですけど、僕は日本在住で、Lafaはアメリカに住んでいます。工夫を混ぜながらハッピーでピースフルな音楽をやってます。僕、日本に来てから色んなライブに行ってたんですけど、顔が関係ありそうだから勝手に楽屋とか入ってて(笑)。Def Techのライブの時に楽屋に行ったらLafaがいて。話しかけて仲良くなり、曲を一緒に作るようになったんです。」

Lafa:「お互いカルフォルニア出身で英語のアクセントも同じで意気投合しました。HIPHOPが好きなことも一致して瞬間に仲良くなりました。」

●豪華なフィーチャリングアーティストたち

Jamil:「ワンオク(ONE OK ROCK)は本当に仲良しで、困っている時は助けてもらったり。こちらも英語のことで制作を手伝ったりしていて。Def TechはもともとLafaのつながりで仲良しで。Aimerはもともとyoutubeで彼女の曲に出会ってこの声やばい!ってなって、出会うのに数年かかってようやく一緒にやれることになりました。KSUKEはもともと彼のアルバムにGROWN KIDSが参加していて、それを作り直す形でAimerに歌ってもらったという。なんでこんなに豪華なメンバーがこうしてくれるのか僕もわからない、みんな優しい。」

Lafa:「皆素晴らしいアーティストに参加してもらえて嬉しい、中でもtaka(ONE OK ROCK)とかDef Techに参加してもらえたというのは本当に嬉しいですね。」

●日本の音楽シーンは?

Jamil:「やっぱり独特ですよね。でもそれを世界の人は面白がっている。日本人は自分たちの音楽をアメリカなどに紹介するのを不安がるけど、実際紹介するとみんなすごく面白がっているし日本に行きたがる。音楽は世界を一つにするなって思いますね。」

【GROWN KIDS】
★ニューアルバム「「KINGS OF THE PLAYGROUND」」リリース!

20160915_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/15>

RED LIGHTS - TIESTO
SIDE TO SIDE - ARIANA GRANDE FEAT.NICKI MINAJ
MAKE ME... - BRITNEY SPEARS FEAT.G EAZY
カタオモイ - AIMER
HELP!(LIVE) - BEATLES
行き先は未来 - 斉藤和義
FADE - KANYE WEST FEAT.TY DOLLA SIGN
LIFTED - CL
WE DON'T TALK ANYMORE - CHARLIE PUTH FEAT.SELENA GOMEZ
THEME OF LOTION - サイプレス上野
FIRE BIRD - MIYAVI
PERFECT ILLUSION - LADY GAGA
ブラッドサーキュレーター - ASIAN KUNG FU GENERATION
IN MY HEAD - GROWN KIDS
前前前世 - RADWIMPS
FLYING - JOHN WILLIAMS
LET ME LOVE YOU - DJ SNAKE FEAT.JUSTIN BIEBER
FREEDUN - M.I.A. FEAT.ZAYN
FUTURE LOOKS GOOD - ONEREPUBLIC
UNIVERSAL MIND - PREDAWN
ギャグ - 星野源
WAITING FOR LOVE - AVICII
FIND YOU - ZEDD FEAT.MATTHEW KOMA/MIRIAM BRYANT
YOUNG AGAIN - HARDWELL FEAT.CHRIS JONES
STAY - KYGO FEAT.MATY NOYES
※「THE」は省略。

STAFF| 22:30 | カテゴリー:Records

2016年09月14日

【9/14オンエア曲リスト】 霜降り紅白歌合戦 - 安藤裕子とDJみそしるとMCごはん、ほか

今日は、ゲストにシンガーソングライターの安藤裕子さんをお迎えしました♪
------------------------------------------------

●近況は?

(鼻を折っちゃったんですよね。)
そうなんです。春ごろ。娘の頭にぶつかって。もう、くっついてます!
(ここ最近は何を?)
ここしばらくは「自分見つめ期間」みたいになっていて。夏はSalyuちゃんとサーフィンをするという特別企画をたてて、江ノ島に行ったり。立てましたよ!ロングボードで。Salyuちゃんも立てたんですけど、その後海に飛び込んだら脚をつってしまって、寂しそうに浜辺で脚をさすっていました(笑)。
(2時間前のツイートで「きれいになりたい」とつぶやいてましたね)
ここ最近思い悩むことが多くて。こんなうだうだやってないで、残り少ない人生、もっと自分を燃やしたいなと思って。

●錦織圭選手の夢に登場?!

(安藤さんの「The Still Steel Down」という曲が錦織選手の夢に登場したと、本人がブログで書いていたとか!)
そうなんです。最初、マネージャーさんたちと私のグループラインがあるんですけど、開けたら3人のマネージャーが「キャー!」みたいになってて(笑)。その後も家族とかからすごいメールくるんですよ。これはすごいことだなと。ホント、ありがたいなと思いました。
(錦織選手と面識は?)
ないですないです!
(メダルに貢献したかも…?)
きゃー!うれしい(笑)。自分の人間力も、もっとがんばって上げたいです(笑)。

【安藤裕子】
★来週9月19日(月・祝)の神奈川県立音楽堂を皮切りに、アコースティック・ツアーがスタート!

20160914_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/14>

A HEAD FULL OF DREAMS - COLDPLAY
PAST LIVES - BORNS
PAIN FEAT. SNOOP DOGG - DE LA SOUL
THE FLARE - YAHYEL
ALL MY LIFE - 清竜人
BEST TO YOU - BLOOD ORANGE
FEEL SO RIGHT - HOUNDED FT. BAMIYAH
六本木心中 - JUJU
NEW LOOK - 安室奈美恵
サギグラファー - キュウソネコカミ
THINKING OUT LOUD - ED SHEERAN
道 - 宇多田ヒカル
霜降り紅白歌合戦 - 安藤裕子とDJみそしるとMCごはん
RAIDERS OF THE LOST ARK - JOHN WILLIAMS
IN MY HEAD - GROWN KIDS
BARRICADE(MATTER OF FACT) - YUMI ZOUMA
CLOUDS ACROSS THE MOON - RAH BAND
MINT - SUCHMOS
DILEMMA - NELLY FEAT.KELLY ROWLAND
CAN WE TALK - TEVIN CAMPBELL
JUST THE WAY YOU ARE - BRUNO MARS
アイラヴユー,OK - 矢沢永吉
※「THE」は省略。

STAFF| 13:34 | カテゴリー:Records

2016年09月13日

【9/13オンエア曲リスト】 もしも僕らがGAMEの主役で - DAOKO、ほか

今日はゲストに、10代女子ラッパーのDAOKOさんをお迎えしました♪
------------------------------------------------

●ニューシングル「もしも僕らがGAMEの主役で / ダイスキ with TeddyLoid / BANG!」

どの曲も捨てがいたいです。本当は収録されている4曲目もメインに入れたいくらいで。「もしも僕らがGAMEの主役で」は80'sを意識してて、MVもファミコンとかゲーム仕様になってて、あからさまなんですけど(笑)。
(DAOKOさんは若いけど、80年代のことはどう感じるの?)
私は19歳なんですけど、80'sはすごく新しく感じますね。10年遡るだけで音の使い方が全然違うので。シンセの音も今と全然違うので、チープな音がまた斬新というか。「BANG!」の方のビデオでは踊っているんです。最近習い始めて。リズム感を覚えると、歌でもリズム感がついてくるので…あとは体幹を鍛えるためにやってます。
(ラップしたりなどの表現方法も増えてきていますね)
エンターテイメントということで考えるとダンスもだし、やっぱりラップもそうだと思うので。ラップにしか出来ない表現をしたいなと思っています。ダイスキはこの中で一番攻めてる曲です。童謡テイストがあるっていうかメロディが独特で。内容は若者応援ソングなんですけど、歌詞と曲調の差が面白い曲かなと思っています。

【DAOKO】
★9月14日(水)にニューシングル「もしも僕らがGAMEの主役で / ダイスキ with TeddyLoid / BANG!」リリース!

20160913_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/13>

MAYBE IT'S A GOOD THING - KT TUNSTALL
ADRENALINE - ZEDD FEAT.GRAY
REVOLUTION RADIO - GREEN DAY
KNOCK OUT - BON JOVI
眠りの森 - 冨田ラボ FEAT.ハナレグミ
SIDE TO SIDE - ARIANA GRANDE FEAT.NICKI MINAJ
TROUBLE - OFFAIAH
リリリピート - フレデリック
GIGANTIC - PIXIES
LOVE IS STRONG - ROLLING STONES
NO HOLDING BACK - CRAIG DAVID
骨 - 安藤裕子
もしも僕らがGAMEの主役で - DAOKO
GO - CHEMICAL BROTHERS
SOMEONE IN THE DARK - MICHAEL JACKSON
君は天然色 - 大貫妙子
WE DON'T TALK ANYMORE - CHARLIE PUTH FEAT.SELENA GOMEZ
BLUE MOON - BECK
CARRY ME - KYGO FEAT.JULIA MICHAELS
LAY YOUR HANDS ON ME - BOOM BOOM SATELLITES
FOR ME - CHLOE ROSE
7 YEARS - LUKAS GRAHAM
※「THE」は省略。

STAFF| 13:33 | カテゴリー:Records

2016年09月12日

【9/12オンエア曲リスト】 いのちの理由 - CHRIS HART、ほか

今日はゲストに、80年代からJ-POPシーンを見続けている音楽評論家の平山雄一さんお迎えしました♪
------------------------------------------------

●パパになりました!

子供は7か月になりました。あんまり眠れないのも慣れてきましたね。オムツ替えも、お風呂もやります。楽しくやっていますね。出来る限りやりたいなと思っています。今まで、歌においても自分の人生の経験を置き換えてということが多かったんですけど、子供が生まれてからは子供の人生とか、将来のこととかを想像して、希望を持って歌っています。もっといい世界を作りたいという気持ちになりますね。

●ニューシングル「いのちの理由」

さだまさしさんの曲のカバーなんですけど、子供が出来たと分かった時にこの曲を聴いて。たまたま自分の今までの人生辛いこととか楽しいこととかなんのために生まれてきたかとかを考えている時にこの曲出会ったんですよね。色んなことに感謝する気持ちを、皆さんにも伝えたいなと思って。
(さだまさしさんのライブで影響を受けたことは?)
もちろん歌も歌詞も素晴らしい。ですが学んだことは、2時間のライブの間、半分くらいがトークだったこと!(笑)そろそろ歌わなきゃ、とさださんがいうとファンの方が「えー!」って。トークも大事なんだと気づきました。面白い話をした後の感動の曲を聴くと、よりぐっときますね。さださんの曲は日本のソウルミュージックだと思います。カバーするときは、上手さが重要じゃなく、メッセージをちゃんと伝えるかが大事なのでとても難しいです。人生の経験がないと難しいので、大変でしたけどとてもいい勉強になりました。

【Chris Hart】

20160912_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/12>

I CAN'T STOP THINKING ABOUT YOU - STING
恋とマシンガン - チャラン ポ ランタン
ALL I WANNA DO - SHERYL CROW
FUTURE LOOKS GOOD - ONEREPUBLIC
MAYBE - BRIAN THE SUN
CAN'T STOP THE FEELING! - JUSTIN TIMBERLAKE
NOT LETTING GO - TINIE TEMPAH FEAT.JESS GLYNNE
BANG! - DAOKO
FRAGMENTS OF TIME - DAFT PUNK
LOVE MAKES THE WORLD - CAROLE KING
CRUISIN' CRUISIN' - BONOBOS
FREEDUN - M.I.A. FEAT.ZAYN
いのちの理由 - CHRIS HART
CARRY ON - NORAH JONES
MAIN TITLE/REBEL BLOCKADE RUNNER - JOHN WILLIAMS/LONDON SYMPHONY ORCHESTRA
MAKE ME...(CASH CASH REMIX) - BRITNEY SPEARS FEAT.G EAZY
HER FAVORITE SONG - MAYER HAWTHORNE
PERFECT ILLUSION - LADY GAGA
YELLOW - 稲葉浩志
FORMATION - BEYONCE
CUP NOODLE SONG - PINEFOREST CRUNCH
はらいそ - 細野晴臣&イエロー マジック バンド
ギブとテイク - パスピエ
MOVES LIKE JAGGER(STUDIO RECORDING FROM THE VOICE) - MAROON 5 FEAT.CHRISTINA AGUILERA
※「THE」は省略。

STAFF| 17:12 | カテゴリー:Records

2016年09月08日

【9/8オンエア曲リスト】 DOO WOP - SCOTT AND RIVERS FEAT.キヨサク、ほか

今日は、WEEZERのフロントマン、リバース・クオモと、ALLiSTER/MONOEYES等で活躍するスコット・マーフィーによるプロジェクト! アメリカ人なのに日本語で歌っちゃう! 日本大好きな、スコット&リバースをお迎えしました♪
------------------------------------------------

●新曲が配信!

スコット:「今回は日本人のアーティストをフィーチャーして、MONGOL800のキヨサクさんと、RIP SLYMEのPESさんと一緒にやりました。PESさんは夏っぽい、HIPHOPのアーティストと出来るかなと思って提案したらやってくれました。キヨサクさんは、MONGOL800の曲はすごくいいし独特な声しているから、一緒にやったらいいものが出来るんじゃないかなと思って。沖縄は好き。ゆっくり出来る、東京と違って(笑)」

リバース:「この2曲はスコリバ的なポップロックと同時にJ-pop的な楽しい部分も乗せたいと思いました。邦楽的なものに必ず接していたい。なぜなら、渋谷のタワレコの1階(邦楽コーナー)に置いてもらいたいから!(笑)今まではどうしても、5階(洋楽コーナー)に置かれてしまっているんですよね(笑)」

●スコット&リバースでやりたいことは?

スコット:「他のバンドでは英詩で歌っているけれど、ここでは頑張って日本語で詩を書いて、ジャパニーズスタイルでやりたいと思ってます。」

リバース:「そうだな、次は女性ボーカルをフィーチャーしたいと思ってる。だから次はスコットのボーカルを外して僕とその女性だけにしたいな!(笑)」

スコット:「それはスコット&リバースじゃない、ただのリバースだ、最悪だ(笑)」

【スコット&リバース】

20160908_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/8>

HEY BIG STAR - KISHI BASHI
IN THE NAME OF LOVE - MARTIN GARRIX/BEBE REXHA
COCOA - REI
SEE YOU AGAIN - WIZ KHALIFA FEAT.CHARLIE PUTH
DAY TO DAY - ROBERT GLASPER EXPERIMENT
NOBODY BUT ME - MICHAEL BUBLE
恋とマシンガン - チャラン ポ ランタン
RIDE - TWENTY ONE PILOTS
HB 2B 2H - 忌野清志郎
SOMEWHERE ONLY WE KNOW - KEANE
GREATEST - SIA FEAT.KENDRICK LAMAR
STARVING - HAILEE STEINFELD/GREY FEAT.ZEDD
BURNING LOVE - OKAMOTO'S
GOOD GRIEF - BASTILLE
ME AND MY GIRLS - FIFTH HARMONY
GOOD GRIEF - BASTILLE
ワールズエンド スーパーノヴァ - くるり
DOO WOP - SCOTT AND RIVERS FEAT.キヨサク
FUN IN THE SUN - SCOTT AND RIVERS FEAT.PES
SWEET CHILD O'MINE - GUNS N'ROSES
JUST LIKE FIRE - PINK
YOUR BODY IS A WONDERLAND - JOHN MAYER
JUST THE WAY YOU ARE - BILLY JOEL
EAR FOOD - K
くだらないの中に - 星野源
※「THE」は省略。

STAFF| 14:00 | カテゴリー:Records

2016年09月07日

【9/7オンエア曲リスト】 DRAG AND HUG - ハルカトミユキ、ほか

今日はゲストに、ニューアルバム「LOVELESS/ARTLESS」をリリースした女性ユニット、「ハルカトミユキ」のお二人をお迎えしました♪
------------------------------------------------

●ミユキさんは斉藤和義さんが学校の先輩!

ミユキ:「学部は違うんですけど高校の先輩です。作新学院は進学組と就職組に分かれるんです。制服の色が違うんですよ。進学コースが紺で、色が段々薄くなっていくんです(笑)。で、私は色が一番濃かったんです。そして斉藤さん派薄かったと(笑)そんな話を斉藤さんともしたことがあります!」

●ハルカさんは初の舞台も

ハルカ:「舞台がレコーディングと同時だったんです。稽古しながら歌詞書いて…みたいな感じで、今誰なんだろう私?と思ったり。でも逆にそれが面白かったです。出てくる言葉も素の渡しとちょっと違くて。フィクションで書けたりしたので、いい経験になりました。歌の表現とお芝居の表現、表面的には違うけど、気持ちが伴わないとウソになる、という根底は一緒なんだなと感じました。」

●ニューアルバム「LOVELESS/ARTLESS」

なんでこんなにネガティブなタイトルになっちゃったんだろうって思いましたけど(笑)。でも、歌詞にたくさん愛って言葉が出てくるんです。それって、愛がたくさんあるからじゃなく愛が欠けてるからじゃないかと。足りないから愛されたいとか愛したいって思ってて。音楽ってどこか欠けてるから必要とされるものなんじゃないかなと思っていて…欠けて満たされない人たちのために音楽はあって欲しい。そう思って作りました。

【ハルカトミユキ】

20160907_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/7>

I CAN'T STOP THINKING ABOUT YOU - STING
前前前世(MOVIE VER.) - RADWIMPS
WE SINK - CHVRCHES
THE GREATEST(FEAT. KENDRICK LAMAR) - SIA
TOKYO - 雨のパレード
HAPPY - PHARRELL WILLIAMS
ジユーダム - 椎名林檎
LIFE IS BETTER - Q TIP FEAT.NORAH JONES
FOETUS TRAUM FEAT.CHISATO MORITAKA(MAKE IT CLAM MIX) - SEKITOVA
ワイルド サイドを行け - GLIM SPANKY
WHITE LIES - STEREOPHONICS
真昼の子供たち - GRAPEVINE
THE WAY IT IS - BRUCE HORNSBY AND THE RANGE
FINAL SONG - MO
BETWEEN FRIENDS FEAT.JESSE DAVIDSON - JAPANESE WALLPAPER
RASPBERRY BERET - PRINCE
DRAG AND HUG - ハルカトミユキ
DOO WOP - SCOTT AND RIVERS FEAT.キヨサク
5% - クリープハイプ
ME AND BOBBY MCGEE - JANIS JOPLIN
YUMEGIWA LAST BOY - SUPERCAR
STAY GOLD - STEVIE WONDER
OUT OF CONTROL - MAN WITH A MISSION×ZEBRAHEAD
SUDDENLY I SEE - KT TUNSTALL
STAND BY ME - BEN E.KING
※「THE」は省略。

STAFF| 13:41 | カテゴリー:Records

2016年09月06日

【9/6オンエア曲リスト】 GET LUCKY - DAFT PUNK FEAT.PHARRELL WILLIAMS、ほか

今日は、12月16日(金)に公開される 今年最大の話題作・映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の監督、ギャレス・エドワーズへのインタビューをお届けしました!
------------------------------------------------

<ギャレス・エドワーズ>

イングランドウォリックシャー州出身。子供の頃に『スター・ウォーズ』を観たことをきっかけに、映画の道へ進みます。初の長編映画での監督作品となった『モンスターズ/地球外生命体』が高く評価され、英国アカデミー賞にもノミネート。2014年版の「GODZILLA」の監督にも抜擢されました。注目の若手監督が今回、メガホンを取る。

映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』へと続くアナザー・ストーリー。銀河全体を脅かす帝国軍(悪)の 究極兵器〈デス・スター〉の設計図を奪うという決死のミッションに、反乱軍の個性的なはぐれ者たちによる極秘チーム〈ローグ・ワン〉が挑むという物語。『エピソード4』冒頭でレイア姫が R2-D2 に託した設計図は、いかにして入手されたのか?不可能と思われたミッションを可能 にしたのは、強い個性を持つ戦士たちの"チームの力"だった!
---------------------

●まずはこんな質問から。
ご存知の通り、元々「スターウォーズ」はジョージルーカスが黒澤映画の影響を多分に受けて作られたものですが、ゴジラシリーズなど日本の文化が好きなギャレス・エドワーズ監督の本作も、やはり日本文化の影響を観客が見て取れるような部分はあるのでしょうか?

そうですねぇ、あるでしょうね。この映画をわたしが作ることに決まり、オリジナルの『スター・ウォーズ』の前日譚に当たる本作のためのインスピレーションを探す時に、時間を遡って、オリジナルに対して大きなインスピレーションを与えた黒沢作品の『隠し砦の三悪人』などを、意識して研究したところはあります。『隠し砦の三悪人』には、C3-POとR2-D2の原型になった2人の召使い、と言うか、脱走する奴隷たちというキャラクター2名が登場します。このふたりは、常に言い争いをしていますが、本作にもそういう面白いキャラクターたちを登場させたいと思いました。
この2人のキャラクターを(C3-POとR2-D2のような)アンドロイドに設定変更したりはしませんでしたが、本作ではベイズとチアルートというキャラクターになりました。このふたりは、ジェダイとフォースの聖地である惑星ジェダ―に住むキャラクターです。この惑星は、本作では(帝国による)占領下のような状態にあります。そして、のちにドニー・イェン演じるキャラクターについて、このキャラをより興味深くするために、目の見えない剣客であるという設定がつけ加えられました。他にもいくつかのアイデアを考えたのですが、目が見えないという設定で行こうということになったのです。ドニーもこの考えを気に入ってくれて、この要素も本作では少し使っています。
『スター・ウォーズ』においては、他からの影響は明瞭に見て取れる部分でないところにこそ意味があって、様々なジャンルをいつも組み合わせたものになっているところに真価があります。ジョージ・ルーカスが日本映画の影響を強く受けていて、『スター・ウォーズ』を作り始めた時に、そういう影響を取り入れることに喜びと興奮を感じたのは間違いありません。わたしたちも、その原点を参考にさせてはいただきました。

●続いて、ちょっとマニアックな質問を…
『ローグ・ワン』というタイトルについても、質問してみました。
オリジナルのエピソード4において、飛行中隊はレッド・ワンとかゴールド・ワンとか呼ばれていて、「ローグ飛行中隊」は『帝国の逆襲』で惑星ホスにおいて初めて登場したと思うのですが、それはエピソード5の話であって、それ以前のエピソード4には登場していません。この点で話にギャップがある気もしますが、これはどうなっているのでしょうか?

どうなんでしょうね。惑星ホスで登場する中隊は、本作で起こる出来事を"記念して"名付けられた、ということもあるかもしれませんよ。もしかしたら、そう言う関連があるのかもしれませんね。
基本的には、(ローグ・ワンというのは)軍事的なコールサインなのですが、それと同時に、これまでの『スター・ウォーズ』映画とは少し趣きが違う方向へと"反逆した"シリーズ最初の映画であり、フェリシティ・ジョーンズ演じるジンもある意味で"反逆者"でもある、という二重三重の意味も持っています。そういういろいろな意味もあって、タイトルとして一番ふさわしいと思ったのです。
しかし、惑星ホスにおいて、本作の登場人物を讃えるために「ローグ中隊」という名前が選ばれたという考えを、わたしはアリだと思います。

●元々、スターズシリーズを子供の頃に観て育ったギャレス・エドワーズ監督。この映画を通して、観客にどんなことを感じて欲しいと考えているのでしょうか?

鳥肌が立って、子供の時のような気持ちになってもらいたいですね。子供の頃に愛したものに再び接した気持ちになって欲しいと思います。まだ若い観客たちには、自分の親たちが『スター・ウォーズ』が大好きな理由をあらためて分かってもらえるとうれしいですね。世界中に大ヒット作映画は多くありますが、そもそもそういった映画がなぜ特別な存在であるか、その理由が気づかれないことが多いようにわたしには思えます。それは、そういう映画がビジュアル的に壮大なものであるだけでなく、観客の心を感情的にグッと掴むという感情的な経験をも提供するからなのです。そういった、何か言いたいことをしっかり持っている、内容のある映画に本作をするために、製作陣・出演陣一同で力を傾けたつもりです。たとえば、『スター・ウォーズ』エピソード3のエンディングは、善と悪のちがいについて子供たちに教え "人生の教訓"のようなところがありますよね。そこには神話的なモチーフが基底に流れています。爆発シーンばかりがただあるだけでなく、そういった中身を頭の中で反芻しながら、観客が映画館から帰ってもらえることがわたしの望みであり、少なくとも目標でもあるのです。

【ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー】

20160906_bp1.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/6>

GET LUCKY - DAFT PUNK FEAT.PHARRELL WILLIAMS
WHERE THE LIGHT GETS IN - PRIMAL SCREAM
LOVE MYSELF - HAILEE STEINFELD
ADRENALINE - ZEDD AND GRAY
夏の恋人 - SHISHAMO
LET ME LOVE YOU - DJ SNAKE FEAT.JUSTIN BIEBER
SUNSHINE - TIEKS FEAT.DAN HARKNA
RADIO体操ガール - 冨田ラボ FEAT.YONCE
LOVIN' YOU - CRYSTAL KAY
STAND BY ME - OASIS
HEY BIG STAR - KISHI BASHI
BURNING LOVE - OKAMOTO'S
KISS THE SKY - JASON DERULO
DEAD INSIDE - MUSE
STRONGER TOGETHER - JESSICA SANCHEZ
光れ - ハルカトミユキ
PAINT IT,BLACK - ROLLING STONES
PRISM - M FLO
※「THE」は省略。

STAFF| 22:36 | カテゴリー:エトセトラ

2016年09月06日

<GUEST>☆Taku Takahashi(m-flo)

今日は、12月16日(金)に公開される 今年最大の話題作・映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に注目。
ゲストにm-floの☆Taku Takahashiさんお迎えし、スター・ウォーズ愛を語っていただきました♪
------------------------------------------------

●☆Takuさんとスター・ウォーズ

僕のスター・ウォーズの入口は、「帝国の逆襲」のリアルタイムです。僕がSFの世界にハマるきっかけを作った作品ですね。今日、さっき念を押されたんですよ。スター・ウォーズを知らない人も好きになってもらえるような話をしてくださいねって(笑)。基礎知識として、最初に作られたのがエピソード4、5、6。その次に、1、2、3。今回の「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」は、3と4の間に起こったストーリーです。
(スター・ウォーズが音楽に影響を与えたという部分は?)
m-flo自体がSFにすごく影響を受けているから、僕のSFのきっかけとなったという意味では、あると思いますね。スター・ウォーズを最初に見た時の衝撃があるから生まれた曲もあるかなと。

●映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」楽しみな部分は?

言われているのが、フォースとかの部分にフィーチャーされないスター・ウォーズだと。今までにないスター・ウォーズを楽しめるというのがポイント1。と言いながらも今までのスター・ウォーズにもしっかり繋がっている。今のCGを使いながらも4、5、6に繋がる70年代当時の録り方っぽい部分があったりとか。撮影にジョージ・ルーカス本人が視察に来たという話もあるし、次のスター・ウォーズに受け渡されたという部分はありつつ、みんなの大好きなスター・ウォーズが全部入っている、そんな作品になるんじゃないかなと思っています。

【m-flo】
★9/24(土)泡フェス東京に、☆Takuさん出演!

20160906_bp2.jpg

STAFF| 21:55 | カテゴリー:Records

2016年09月06日

<GUEST>ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)

今日は、12月16日(金)に公開される 今年最大の話題作・映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に注目。
ゲストに音楽業界きってのスター・ウォーズマニア、OKAMOTO'Sのベース、ハマ・オカモトさんお迎えしました♪
------------------------------------------------

●映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

こういうシリーズものにはありがちなエピソード0的なものとしてもワクワクしますし、今見られる写真だとかを見ると、フォースの覚醒をも超えるような質感だったので、期待しかないです。でも、もう深くサーチしないようにしてるんです、僕(笑)。もうほんと楽しみにしているみなさんと同じ立ち位置で。エピソード4に続く話がどう描かれるのか、まさしくそこを楽しみにしています。最初このスピンオフが予告されていた時に、ボバフェットのスピンオフだとか、ハンソロウのスピンオフだとかいろいろ言われていたんですけど、まさかこのエピソード0だとは!今これからスターウォーズを見る人たちは全てそろった状態だから、ベストタイミングですよね。

●47都道府県全国ツアー!

バンド史上初めて、47都道府県で。とにかくライブの数がとてつもなく多くて、現在27本終わってまだあと20本くらいあるという。その果てに待っているバンドのある種究極的な状態を野音で披露できるように頑張っています。バンドは今すごくいい状態になっているんで、ぜひライブに足を運んでもらいたいなと思っています。

【OKAMOTO'S】
★9/9(水)新曲「Burning Love」配信リリース!

20160906_bp3.jpg

STAFF| 21:41 | カテゴリー:Records

2016年09月05日

【9/5オンエア曲リスト】 さすらい - 奥田民生、ほか

今日はゲストに、80年代からJ-POPシーンを見続けている音楽評論家の平山雄一さんお迎えしました♪
------------------------------------------------

平山雄一さんは、10月4日(火)に新しい本「弱虫のロック論2」を発売。そして、同じく10月4日(火)に奥田民生さん、NICO TOUCHES THE WALLSという二組のアーティストを迎えての豪華な、この本のリリースパーティとなるライブイベントが豊洲PITで行われます!

●奥田民生さんについて

奥田さんは、僕が「弱虫のロック論」を書くきっかけになった人なんです。絶対威張らなくて、押しつけがましくなくて、やれることちゃんとやって。ちゃんといい気持ちにさせてくれる。僕が言いたい弱虫っていうのは権力とかお金でなんかやろうとしてる人じゃなくて、自分が一番何も持っていないということを自覚して、何も持ってない人たちに何かを伝える人が好きなので。その代表は奥田民生さんですね、やっぱり。本人弱虫と言われたらいやかもしれないけど(笑)、いい意味のね。それを音楽として聞かせることができる人なので。年下だけど、人生の中で一番影響受けた人かもしれないですね。

【平山雄一】
★10/4(火)最新著書「弱虫のロック論2」発売!
★「弱虫のロック論2」リリースパーティとなるライブイベント10/4(火)豊洲PITで開催!

20160905_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/5>

DARK NECESSITIES - RED HOT CHILI PEPPERS
M.I.L.F.$ - FERGIE
WAKE UP - KANA BOON
FREEDUM - M.I.A. FEAT.ZAYN
ALWAYS LOVED A FILM - UNDERWORLD
STEAL MY GIRL - ONE DIRECTION
COCOA - REI
TALK TO ME - KANDACE SPRINGS
シャングリラ - チャットモンチー
DANG! - MAC MILLER FEAT.ANDERSON.PAAK
PINK+WHITE - FRANK OCEAN
蝶々結び - AIMER
MISERY - MAROON 5
MAKE ME... - BRITNEY SPEARS FEAT.G EAZY
サギグラファー - キュウソネコカミ
CLOSER - CHAINSMOKERS FEAT.HALSEY
SECRET - MADONNA
さすらい - 奥田民生
LOVIN' YOU - CRYSTAL KAY
結婚行進曲 - デューク エランドール グランド オーケストラ
SKYFALL - ADELE
IF I AIN'T GOT YOU - ALICIA KEYS
ゆりかご - 吉澤嘉代子 FEAT.岡崎体育
IRRESISTIBLEMENT - SYLVIE VARTAN
花束を君に - 宇多田ヒカル
※「THE」は省略。

STAFF| 13:50 | カテゴリー:Records

2016年09月01日

【9/1オンエア曲リスト】 蝶々結び - AIMER、ほか

今日は、ゲストにRADWIMPS野田洋次郎プロデュースの新曲が話題のシンガー、Aimerさんお迎えしました♪
------------------------------------------------

●最新シングル「蝶々結び」

RADWIMPSの野田洋二郎さんが楽曲提供してくれたんですけど、この曲はもともと洋二郎さんがあたためていた曲で。今回私がご縁があり歌わせてもらうことになりました。洋二郎さんとお会いしたのは数えるほどで一緒にスタジオに入ったので、ドキドキしてたんですけど、とても歌いやすい環境を整えて下さってリラックスして歌うことが出来ました。
今年は色んな人と一緒にレコーディングしたりって機会が多いんですけど、人それぞれディレクションも違く、どこに時間をかけるかというのも違うのですごく勉強になりました。
私としては自分の声の響きにこだわってやってきたので、レコーディングの時にちょっとした声の響きでも納得がいかないと何回もやりなおしたりします。自分自身の声も、ちょっと間違えるとすごく嫌いな声になるのですごく難しくて、嫌いな声の成分とかが出ないように気を付けて歌っています。
コーラスとギターでハナレグミさんに入っていただいて、前々から好きで聴いていたので、とても嬉しかったです。

●今年の夏の思い出

タイのフェスに出たんですけど、全然聴いて下さる方が居ないと思っていて。そうして行ってみたら熱狂的に皆さんが待っていてくれて。曲の中でも一緒に歌ったりとか…盛り上がってくれてすごく嬉しかったです。でも、初のタイなのにホテルから一歩も出ていなくて。本当に弾丸だったので、また今度行きたいなという気持ちです。

●ニューアルバム「daydream」

今回はデビューして5周年ということもありまして、スペシャルな形で残したいと思い、楽曲提供を中心にしてアルバムを作ろうと。自分の声だけでどこまで毛色の違う曲を歌えるんだろうというチャレンジをしたくて作りました。音楽性的にもここまで幅広いものを表現できるんだということが発見できたし、ご縁が導くままに色んな所に行ってみようという気持ちになりました。

【Aimer】
★9/21(水)ニューアルバム「daydream」リリース!

20160901_bp1.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/1>

怒りをくれよ - GLIM SPANKY
HIGHER - CARLY RAE JEPSEN
LET ME LOVE YOU - DJ SNAKE FEAT.JUSTIN BIEBER
♯WHERESTHELOVE - BLACK EYED PEAS FEAT.THE WORLD
HELLO,MY FRIEND - 松任谷由実
SIDE TO SIDE - ARIANA GRANDE FEAT.NICKI MINAJ
LIFTED - CL
RADIO体操ガール - 冨田ラボ FEAT.YONCE
WOMAN - RHYE
BANG BANG - GREEN DAY
AFRAID TO BE COOL - MIYAVI
ALL THE RAGE - ALLIE X
GET DOWN BROTHERS VS.NOTORIOUS3 - GET DOWN BROTHERS
WINNERS〜MONSTERS WAR〜 - DOTAMA,掌幻 AND DRAGON ONE
MY KIND OF GIRL - MICHAEL BUBLE
CARRY ON - NORAH JONES
13 JOURS AU JAPON〜2020日本の夏〜 - 椎名林檎
蝶々結び - AIMER
TEARS - CLEAN BANDIT FEAT.LOUISA JOHNSON
123 VICTORY(REMIX) - KIRK FRANKLIN FEAT.PHARRELL WILLIAMS
WONDER RULE - リアクション ザ ブッタ
13歳のリアル - けーご
BTB海岸 - にゃんぞぬデシ
FALLING SLOWLY - GLEN HANSARD/MARKETA IRGLOVA
湘南が遠くなっていく - 七尾旅人
NO ORDINARY LOVE - SADE
※「THE」は省略。

STAFF| 14:30 | カテゴリー:Records


バックナンバー

カテゴリー