2015年12月30日

【12/30オンエア曲リスト】 SUGAH DADDY - D'ANGELO AND THE VANGUARD、ほか

今日は、来年3月28日にパシフィコ横浜で来日公演を開催するディアンジェロ。
その熱狂的なファンである、OKAMOTO’Sのハマ・オカモトさんにディアンジェロの魅力を熱く語って頂きました!
-----------------------------

昨年、15年ぶりにアルバム「BLACK MESSIAH」を
リリースし音楽ファンを熱狂させましたが、
その熱狂が冷めやらぬうちに、今年8月にサマーソニック、
そしてZEPP東京と来日公演を行ったディアンジェロ。

ニューアルバム「BLACK MESSIAH」は、
先日発表されたRolling Stone誌の
2015年のベスト・アルバム選では4位に選ばれるなど、
「ディアンジェロ復活」の衝撃は今なお、続いています。

すでに生きる伝説となっている、ディアンジェロですが、
そんなディアンジェロについて、
ハマ・オカモトさんが語っています…

-----------------------------
<ハマ・オカモト>

そうですね、出会いは高校生くらいの時で、VOODOOと言う名盤ですが、本とか先輩達にいいと聞いたりして、聴いたんですが、高校生の時って、もうちょっと派手な音楽、Pファンクとかノリノリってのを聴いてたんで、正直最初は、VOODOOのじわじわ、ニチニチした感じが分からなかったんですが、時を経ていろんな音楽を聴いたり、自分もミュージシャンとしてデビューしたりしてある時に聴き直した時に、なかなか新しい音楽って生まれないとかって言われている世の中で、特にああいうジャンル、ネオソウルって呼ばれるんですが、いや、これはこの人が作った新しい形のソウルであり、ファンクだなって思って、とても好きになって、でまさかのみなさんご存知の去年アルバムをものすごく久しぶりに発売、さらにはじわじわライブをしてるみたいな噂が飛び交っていましたが、本格的に世界を何カ所か周り、その中に日本も入っててね完全復活みたいな形になって、世間的には神が降りて来たみたいな盛り上がりを見せましたね。僕は、東京のZEPP公演を見に行ったんですが、僕が生きてきた中で一番良かったです。あれを抜くモノはホントにない、今後ないんじゃないかなと思うくらい感動的、かつ圧倒的でした。アンドロップの前田くんと見に行ったんですが、ちょっと自分が演奏するのを考え直さないとね、ぐらいな、いいライブを見たのに落ち込むテンションで帰るってミュージシャン的には大ダメージを受ける、とても素晴らしいライブで「復活したから、また来てくれるといいね」なんて言ったら、まさかのけっこう早いタイミングでオイオイオイ!みたいな…3月28日、パシフィコ横浜、まぁ規模が大きくなりましたねコレでも、こんなに早く来てくれるって事は、復活のタイミングで動いたライブも本人的には感触が良かったんじゃないかなと思いますし、実際のところとても良かったんで、このタイミングで来てくれてうれしいですよ。なんで、是非みなさん、これちょっと、僕もちょっとまた…また行きたいって思ったのは、ポールとディアンジェロぐらいですから僕もちょっと狙いますが、みなさんも、この機会を逃さぬよう、ディアンジェロ体験を一緒にできたらなと思います。

【OKAMOTO'S】
-----------------------------

ハマ・オカモトさんありがとうござました!

【D'Angelo】
★「ディアンジェロ JAPAN TOUR 2016」
3月28日(月)夜7時30分スタート/会場:パシフィコ横浜/1月9日一般発売

20151230_bp.jpg


<OA曲目リスト: 2015/12/30>

SUGAH DADDY - D'ANGELO AND THE VANGUARD
RIGHT HERE,RIGHT NOW - GIORGIO MORODER FEAT.KYLIE MINOGUE
CHEAP THRILLS - SIA
GO - CHEMICAL BROTHERS
SAX - FLEUR EAST
時計仕掛けの人生 - チャラン ポ ランタン
CRAZY - GNARLS BARKLEY
A HEAD FULL OF DREAMS - COLDPLAY
THE ONE(I WANT) - JUJU
PRESSURE OFF - DURAN DURAN FEAT.JANELLE MONAE/NILE RODGERS
YOU - SEBUHIROKO
WHEN I THINK OF YOU - JANET JACKSON
CAN'T FEEL MY FACE - WEEKND
N.O.2016 - 電気グルーヴ
BEAUTIFUL DAYS - OKAMOTO'S
CHICKEN GREASE - D'ANGELO
MARVIN GAYE - CHARLIE PUTH FEAT.MEGHAN TRAINOR
BLACK BIRD - ぼくのりりっくのぼうよみ
LADY MADONNA - BEATLES
UPTOWN FUNK - MARK RONSON FEAT.BRUNO MARS
愛はおしゃれじゃない - 岡村靖幸/小出祐介
SUMMERTHING! - AFROJACK FEAT.MIKE TAYLOR
HAPPY - PHARRELL WILLIAMS

STAFF| 13:48 | カテゴリー:Records

2015年12月29日

【12/29オンエア曲リスト】 柔らかな物体 - 桐嶋ノドカ、ほか

音楽プロデューサー・小林武史さんに実力を見出され、7月にデビューミニアルバムをリリースしたシンガーの桐嶋ノドカさんをゲストにお迎えしました。なんと、スタジオライブも披露してくれました♪
------------------------------------------------

●配信リリースしたばかりの「柔らかな物体」

「生きることだったり、人を愛することってどんな事だろうって考えて書いた曲になっています。やっぱりこれからだと思って、デビューが一つの目的であるけど、これからスタートって考えるとどういう風に生きていこうかなって考える年でした。カオスな世界みたいなものを音でも表現したくて、ぐにゃぁって歪むというのを(曲に)入れてもらいました。人生って一筋縄ではいかなよね、みたいなことを音にしたいなと。」

【桐嶋ノドカ】
★「柔らかな物体」配信リリース!
★3月から「1st ワンマンライブツアー 2016」スタート!

20151229_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/12/29>

MEMORIES - MAN WITH A MISSION
WRITING'S ON THE WALL - SAM SMITH
RATHER BE - CLEAN BANDIT
LAZARUS - DAVID BOWIE
BROWN SUGAR - D'ANGELO
SWEET LOVIN' - SIGALA
CELEBRATION - MADONNA FEAT.AKON
気づけよBABY - ORAL CIGARETTES
アゲイン2 - ゆず
SEND MY LOVE(TO YOUR NEW LOVER) - ADELE
LOST STARS - ADAM LEVINE
REMEMBER ME - くるり
アンビリーバーズ - 米津玄師
KIDS - MGMT
SOMEWHERE TO RUN - KREWELLA
DREAMS - BECK
柔らかな物体 - 桐嶋ノドカ
CHANDELIER(STUDIO LIVE) - 桐嶋ノドカ
LOVE ME LIKE YOU DO - ELLIE GOULDING
SUN - 星野源
VIVA LA VIDA - COLDPLAY
TIME TO SAY GOODBYE - SARAH BRIGHTMAN
BOHEMIAN RHAPSODY - QUEEN

STAFF| 13:45 | カテゴリー:Records

2015年12月28日

【12/28オンエア曲リスト】 ECHOES IN RAIN - ENYA、ほか

今日は…年の瀬にぴったりの歌姫登場!
先日、7年ぶりにの来日を果たした、エンヤへのインタビューをお届けしました♪
------------------------------------------------

●7年ぶりとなるアルバム「DARK SKY ISLAND」

「それまでは、3年間隔でアルバムを出していたんですが、音楽的にもちょっと休みが必要だなと思ったので7年開きました。その間は、いろんなインスピレーションを探す旅をして、2012年にまた音楽を作りたい!という気持ちになったので、そこから3年かけてアルバムを作りました。」

●7年の間、どんなことをしていましたか?

「家族でオーストラリアに行ったり、南フランスに行ったり、家のリノベーションをしてみたり…。ただ、インスピレーションを受けるのは、行った先の風景だとか、人々やその背景にある物語、そういったものを集めて、それが何になるのか分からないけど、スタジオに行った時にそれが一つに合わさって音楽の要素になっていきます。」

●アルバムタイトル「DARK SKY ISLAND」は実在の島

「イギリス領のチャンネル諸島にある島なんですが、きっかけは作詞をしているローマさんが書いた詞なんです。DARK SKYは、真っ暗な空で星が奇麗に見える場所。ここは船でしか行けなくて、600人しか住んでいない、車が一台も無い環境なんです。夜になると、明かりを消すという活動をしていて、ですから本当に星空が奇麗で、私自身がアイルランドの北西部出身で、子供のころ本当に星空が奇麗だったんです。だからノスタルジーな気持ちになって、インスピレーションを受けたんです。」

【Enya】
★7年ぶりのニューアルバム「DARK SKY ISLAND」リリース!

20151228_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/12/28>

真夜中の虹 - スガシカオ
L.O.V.E - JOSS STONE
CHEERLEADER(FELIX JAEHN REMIX RADIO EDIT) - OMI
SPECTRE - RADIOHEAD
DON'T MOVE - METAFIVE
ALIVE - SIA
大切な人 - 藤巻亮太
WE'VE GOT LOVE - BABYFACE
TECHNOPOLIS - Y.M.O.
COME ON OVER - ROYAL BLOOD
GRAVEYARD WHISTLING - NOTHING BUT THIEVES
EXOGENESIS: SYMPHONY PART 3(REDEMPTION) - MUSE
FESTA - LILI LIMIT
かわいい - 藤原さくら
STEAL MY GIRL - ONE DIRECTION
NEW ROMANTICS - TAYLOR SWIFT
ECHOES IN RAIN - ENYA
柔らかな物体 - 桐嶋ノドカ
HELLO - ADELE
雪が降る町 - ユニコーン
カイト - BONNIE PINK
I' NOVEL - RADWIMPS

STAFF| 14:52 | カテゴリー:Records

2015年12月24日

【12/24オンエア曲リスト】 JINGLE BELLS(LIVE) - 蓮沼執太 AND U-ZHAAN、ほか

今週は、お休みのサッシャに変わって「TOKYO REAL-EYES」/「Galaxy ALL AREA PASS」ナビゲーターの藤田琢己さんが日替わりでミュージシャンを迎えてツインインナビ!
ツインナビ最終日の本日は…タブラ奏者のU-zhaanさんと一緒にお届けしました。
さらに、ゲストに蓮沼執太さんを迎え、クリスマス・イヴ・スタジオライブも披露してくれました♪
------------------------------------------------

●U-zhaanさんから見た蓮沼さんってどんな人?

U-zhaan:「音楽家の蓮沼執太です(笑)。キーボードをちょっと弾けます。でも、作曲家としての活動がメインですね。キーボードを弾きますが、ピアニストとかではなくて、作曲家であって。まぁ、アーティストですね、いろんな美術の。インスタレーションをやったりもしているし。とっても信頼しているアーティストですし、10を理解してもらうのに、2の説明で理解してくれるような人です。」

●逆に、蓮沼さんから見たU-zhaanさんは?

蓮沼執太:「U-zhaanさんは…タブラ奏者なんですよね。ユニークな髪型で、今日もタブラ柄のジャケットを着ていて、街にいたら必ず気付くような、とてもユニークな人です。」

【U-zhaan】
★初のソロアルバム「TABLA ROCK MOUNTAIN」発売中!

【蓮沼執太】
★来年2016年2月3日に、NEWALBUM「メロディーズ」をリリース!

20151224_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/12/24>

LAST CHRISTMAS - WHAM!
サイデンティティ - ゲスの極み乙女。
NEW ROMANTICS - TAYLOR SWIFT
HELLO - ADELE
WHEN CHRISTMAS COMES - MARIAH CAREY/JOHN LEGEND
HI DE HI,HI DE HO - KOOL AND THE GANG
UPTOWN FUNK - MARK RONSON FEAT.BRUNO MARS
Doki Doki - さかいゆう
ハミングがきこえる - KAHIMI KARIE
EVERGLOW - COLDPLAY
大切な人 - 藤巻亮太
FRIDAY COMERS - DE DE MOUSE
SNOW REMOVAL - ALL TINY CREATURES
MERRY CHRISTMAS MR.LAWRENCE - 坂本龍一
起点 - 蓮沼執太 WITH イルメリ+大原大次郎
SANTACLAUS IS COMING TO TOWN(LIVE) - 蓮沼執太 AND U-ZHAAN
WHITE CHRISTMAS(LIVE) - 蓮沼執太 AND U-ZHAAN
JINGLE BELLS(LIVE) - 蓮沼執太 AND U-ZHAAN
SILENT NIGHT - PHIL SPECTOR
HEMANT/VILAMBIT AND DRUT TINTAL - SULTAN KHAN
TABLA'N'RAP - U ZHAAN×KAKATO

STAFF| 19:10 | カテゴリー:Records

2015年12月22日

【12/22オンエア曲リスト】 Doki Doki - さかいゆう、ほか

今週は、お休みのサッシャに変わって「TOKYO REAL-EYES」/「Galaxy ALL AREA PASS」ナビゲーターの藤田琢己さんが日替わりでミュージシャンを迎えてツインインナビ。
今日は、さかいゆう さんが初のJ-WAVEナビゲーターを務めてくれました♪
------------------------------------------------

●約2年ぶりとなるニューアルバム「4YU」

「10ヶ月くらいかかりましたけど、今までで一番時間をかけたアルバムじゃないかな。一個一個丁寧に作っていたら、時間がかかっちゃった。4YU(フォーユー)だから4枚目のアルバムなんですが、4枚目かぁ〜と思って…4枚目にしては、あんまり延長線上に無いというか、まだ自分が変わっていっているように感じて。歌も前回からだいぶ変わっているし、今ちょうと客観的に聞いているところですね。でも凄くいいアルバムになっています。」

【さかいゆう】
★2/3(水)ニューアルバム「4YU」リリース
★アルバムリリース後にツアー「さかいゆう TOUR2016 “4YU"」
6/17に札幌からスタートし、最後は7/3東京の「昭和女子大学人見記念講堂」でラスト!

20151222_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/12/22>

Doki Doki - さかいゆう
ADVENTURE OF A LIFETIME - COLDPLAY
UNDERNEATH THE TREE - KELLY CLARKSON
起点 - 蓮沼執太 WITH イルリメ + 大原大次郎(TYPOGRAPY)
お家へ帰ろう - 山崎まさよし
LAST CHRISTMAS - CARLY RAE JEPSEN
ハナツ - スキマスイッチ
IMMIGRANT SONG - 布袋寅泰
LIKE I'M GONNA LOSE YOU - MEGHAN TRAINOR FEAT.JOHN LEGEND
赤いマフラー - 槇原敬之
聖なる夜の贈り物 - 秦基博
THE MORE YOU GIVE(THE MORE YOU'LL HAVE) - MICHAEL BUBLE
THE CHRISTMAS SONG - NAT KING COLE
SO RUN - さかいゆう
ジャスミン(STUDIO LIVE) - さかいゆう
大切な人 - 藤巻亮太
パリの恋人/トーキョーの恋人 - 野宮真貴
(THEY LONG TO BE)CLOSE TO YOU - CARPENTERS
BLIZZARD - 松任谷由実
メロディーの毛布にくるまって - SUPER BUTTER DOG
ORENO COSMO - U ZHAAN×ハナレグミ

STAFF| 16:21 | カテゴリー:Records

2015年12月21日

【12/21オンエア曲リスト】 大切な人 - 藤巻亮太、ほか

今週は、お休みのサッシャに変わって「TOKYO REAL-EYES」/「Galaxy ALL AREA PASS」ナビゲーターの藤田琢己さんが日替わりでミュージシャンを迎えてツインインナビ。
初日の今日は…先日ニューシングル「大切な人/8分前の僕ら」をリリースしたシンガーソングライターの藤巻亮太さんと一緒にお届けしました♪
------------------------------------------------

●ニューシングル「大切な人」は話題のCMソング

「僕はこういうのは初めてだったんですが、CMコーラスとしてワンコーラス作られたものを、ボーカリストとして声をかけてもらったんです。そこからいい曲だったので、全部作らせて下さいって…そこからこの曲の長さにして、歌詞を全部書いてっていうのをやって完成しました。この"大切な人"とカップリングの"8分前の僕ら"は曲のキャラクターが全然違って、"大切な人"はしっとりとゴージャスに。"8分前の僕ら"はわりとドライというか、近い感じで聞こえる質感になっています。このシングルを買うともう1曲"wonder call"という凄くアッパーな曲が入っているので、驚かないで下さい(笑)。」

【藤巻亮太】
★ニューシングル「大切な人/8分前の僕ら」リリース!
★「藤巻亮太 TOUR2016 〜歌旅編〜」2/17徳島からスタート!
★FUJIFILM SQUARE 企画写真展「野口健 × 藤巻亮太 100万歩写真展」2016年2月19日(金)から3月9日(水)まで
★藤巻亮太が旅で撮りためたたくさんの写真から厳選してセレクトした初の写真集「Sightlines」2016年2月発売決定。

20151221_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/12/21>

SANTA CLAUS IS COMING TO TOWN - HARRY CONNICK,JR.
大切な人 - 藤巻亮太
MUST BE SANTA - BOB DYLAN
THAT'S CHRISTMAS TO ME - PENTATONIX
THE CHRISTMAS SONG(CHESTNUTS ROASTING ON AN OPEN FIRE) - SHERYL CROW
WONDERFUL CHRISTMASTIME - PAUL MCCARTNEY
ASTRAL WEEKS - VAN MORRISON
DON'T MOVE - METAFIVE
RIVER - HERBIE HANCOCK FEAT.CORINNE BAILEY RAE
SHOUT! - TRICERATOPS
Doki Doki - さかいゆう
FAIRYTALE OF NEW YORK - POGUES FEAT.KIRSTY MACCOLL
STRONGER - KANYE WEST FEAT.DAFT PUNK
8分前の僕ら - 藤巻亮太
3月9日(LIVE VER.) - 藤巻亮太
起点 - 蓮沼執太 WITH イルリメ+大原大次郎(TYPOGRAPY)
WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE - 野宮真貴/CORINNE DREWERY
LUCY - ADAM LAMBERT FEAT.BRIAN MAY
グロテスク - 平井堅 FEAT.安室奈美恵
LOVE NEVER FELT SO GOOD - MICHAEL JACKSON FEAT.JUSTIN TIMBERLAKE
ANYTHING GOES - TONY BENNETT/LADY GAGA

STAFF| 15:47 | カテゴリー:Records

2015年12月17日

【12/17オンエア曲リスト】 スターライトパレード - SEKAI NO OWARI、ほか

今週は日替わりで人気DJが登場! 極上のPARTY TUNEをNON-STOP MIXでお届け!
最終日は、J-POPの名曲をノンストップミックスする人気DJ和さんが登場。
なんと、リスナーのみなさんさんからのミュージックシェア「ザ・クリスマス!」をその場で板前mixしてくれました♪

−− DJ和 "J-WAVE BEAT PLANET Party Tune Non-Stop mix" −−

すてきなホリデイ - 竹内まりや
WHITE LIGHT - 安室奈美恵
WINTER BELLS - 倉木麻衣
MERRY CHRISTMAS - BUMP OF CHICKEN
チキンライス - 浜田雅功と槇原敬之
メリクリ - BOA
愛のかたまり - KINKI KIDS
寒い夜だから... - TRF
クリスマス イブ - 山下達郎

【DJ和】

20151217_bp.jpg

------------------------------------------------

さらに…

今週のミュージックシェアは「みんなで作るWONDERFUL CHRISTMASなプレイリスト!」と題して、日替わりテーマのミュージックシェア祭りを開催!
その日の選曲は、Apple Music、LINE MUSIC、AWA、Google Play Musicといったストリーミングサービス上でプレイリストを作り大公開します♪

−− Today PLAY LIST : 「ザ・クリスマス!(2015.12.17.THU)」 −−
●Apple Music → 「PLAY LIST - ザ・クリスマス!」
●LINE MUSIC → 「PLAY LIST - ザ・クリスマス!」
●AWA → 「PLAY LIST - ザ・クリスマス!(1)」
●AWA → 「PLAY LIST - ザ・クリスマス!(2)」
●Google Play Music → 「PLAY LIST - ザ・クリスマス!」


−− Today PLAY LIST : 「クリスマスなんて大嫌い!!(2015.12.16.WED)」 −−
●Apple Music → 「PLAY LIST - クリスマスなんて大嫌い!!」
●LINE MUSIC → 「PLAY LIST - クリスマスなんて大嫌い!!」
●AWA → 「PLAY LIST - クリスマスなんて大嫌い!!(1)」
●AWA → 「PLAY LIST - クリスマスなんて大嫌い!!(2)」
●Google Play Music → 「PLAY LIST - クリスマスなんて大嫌い!!」


−− Today PLAY LIST : 「あの人に贈りたいプレゼントソング(2015.12.15.TUE)」 −−
●Apple Music → 「PLAY LIST - あの人に贈りたいプレゼントソング」
●LINE MUSIC → 「PLAY LIST - あの人に贈りたいプレゼントソング」
●AWA → 「PLAY LIST - あの人に贈りたいプレゼントソング(1)」
●AWA → 「PLAY LIST - あの人に贈りたいプレゼントソング(2)」
●Google Play Music → 「PLAY LIST - あの人に贈りたいプレゼントソング」

−− Today PLAY LIST : 「心あたたまるウィンターソング(2015.12.14.MON)」 −−
●Apple Music → 「PLAY LIST - 心あたたまるウィンターソング」
●LINE MUSIC → 「PLAY LIST - 心あたたまるウィンターソング」
●AWA → 「PLAY LIST – 心あたたまるウィンターソング(1)」
●AWA → 「PLAY LIST - 心あたたまるウィンターソング(2)」
●Google Play Music → 「PLAY LIST - 心あたたまるウィンターソング」

------------------------------------------------

<OA曲目リスト: 2015/12/17>★プレイリスト曲

★スターライトパレード - SEKAI NO OWARI
★SANTA TELL ME - ARIANA GRANDE
★聖なる夜に - ケツメイシ
STARE - PRINCE
★ONLY HOLY STORY - STEADY AND CO.
★LAST CHRISTMAS - TAYLOR SWIFT
★THINKING OUT LOUD - ED SHEERAN
★EVERYTHING - MISIA
★FIRST LOVE - 宇多田ヒカル
★THE GIFT - BLUE
★スノースマイル - BUMP OF CHICKEN
Doki Doki - さかいゆう
★CHRISTMAS TREE - LADY GAGA FEAT.SPACE COWBOY
★クリスマス イブRAP - KICK THE CAN CREW
★I'M WITH YOU - AVRIL LAVIGNE
★CHRISTMAS LIGHTS - COLDPLAY
★聖なる夜の贈り物 - 秦基博
★すてきなホリデイ - 竹内まりや
★WHITE LIGHT - 安室奈美恵
★WINTER BELLS - 倉木麻衣
★MERRY CHRISTMAS - BUMP OF CHICKEN
★チキンライス - 浜田雅功と槇原敬之
★メリクリ - BOA
★愛のかたまり - KINKI KIDS
★寒い夜だから... - TRF
★クリスマス イブ - 山下達郎
★ALL I WANT FOR CHRISTMAS IS YOU - MARIAH CAREY
★DO THEY KNOW IT'S CHRISTMAS? - BAND AID

STAFF| 17:11 | カテゴリー:Records

2015年12月16日

【12/16オンエア曲リスト】 クリスマスなんて大嫌い!!なんちゃって - CRAZY KEN BAND、ほか

今週は日替わりで人気DJが登場! 極上のPARTY TUNEをNON-STOP MIXでお届け!
今日は、クリスマスの12/25(金)に開催されるイベント「SABISHINBO NIGHT」にも出演する、DJ KAORIさん登場。
そして、SABISHINBO NIGHT主催者の加倉井JUNさんにもお話を伺いました♪

−− DJ KAORI "J-WAVE BEAT PLANET Party Tune Non-Stop mix" −−

O.R.I.O.N. - 三代目 J SOUL BROTHERS
HERO(EXTENDED MIX) - CAPSULE
WE LIKE TO PARTY - SHOWTEK
BEAUTIFUL WORLD - BLASTERJAXX AND DBSTF FEAT. RYDER
FOLLOW ME - HARDWELL FEAT.JASON DERULO
NRG - DUCK SAUCE
CELEBRATE - PITBULL
UPTOWN FUNK(INSTANT PARTY REMIX) - MARK RONSON FEAT.BRUNO MARS
BOOYAH - SHOWTEK FEAT.WE ARE LOUD/SONNY WILSON
THE WAVE - VINAI
SUN GOES DOWN - DAVID GUETTA/SHOWTEK FEAT.MAGIC!/SONNY WILSON
SHARE THE LOVE - SHAREHAPPI FROM 三代目 J SOUL BROTHERS FROM EXILE TRIBE
ラー - 水曜日のカンパネラ
アイの実 - MINMI

【DJ KAORI】

20151216_bp.jpg

------------------------------------------------

さらに…

今週のミュージックシェアは「みんなで作るWONDERFUL CHRISTMASなプレイリスト!」と題して、日替わりテーマのミュージックシェア祭りを開催!
その日の選曲は、Apple Music、LINE MUSIC、AWA、Google Play Musicといったストリーミングサービス上でプレイリストを作り大公開します♪

−− Today PLAY LIST : 「クリスマスなんて大嫌い!!(2015.12.16.WED)」 −−
●Apple Music → 「PLAY LIST - クリスマスなんて大嫌い!!」
●LINE MUSIC → 「PLAY LIST - クリスマスなんて大嫌い!!」
●AWA → 「PLAY LIST - クリスマスなんて大嫌い!!(1)」
●AWA → 「PLAY LIST - クリスマスなんて大嫌い!!(2)」
●Google Play Music → 「PLAY LIST - クリスマスなんて大嫌い!!」


−− Today PLAY LIST : 「あの人に贈りたいプレゼントソング(2015.12.15.TUE)」 −−
●Apple Music → 「PLAY LIST - あの人に贈りたいプレゼントソング」
●LINE MUSIC → 「PLAY LIST - あの人に贈りたいプレゼントソング」
●AWA → 「PLAY LIST - あの人に贈りたいプレゼントソング(1)」
●AWA → 「PLAY LIST - あの人に贈りたいプレゼントソング(2)」
●Google Play Music → 「PLAY LIST - あの人に贈りたいプレゼントソング」

−− Today PLAY LIST : 「心あたたまるウィンターソング(2015.12.14.MON)」 −−
●Apple Music → 「PLAY LIST - 心あたたまるウィンターソング」
●LINE MUSIC → 「PLAY LIST - 心あたたまるウィンターソング」
●AWA → 「PLAY LIST – 心あたたまるウィンターソング(1)」
●AWA → 「PLAY LIST - 心あたたまるウィンターソング(2)」
●Google Play Music → 「PLAY LIST - 心あたたまるウィンターソング」

------------------------------------------------

<OA曲目リスト: 2015/12/16>★プレイリスト曲

★ワンルーム ディスコ - PERFUME
★WALK THIS WAY - AEROSMITH
大切な人 - 藤巻亮太
★GET LUCKY - DAFT PUNK FEAT.PHARRELL WILLIAMS
★MISERY - MAROON 5
★BORN THIS WAY - LADY GAGA
★BIRTHDAY - KATY PERRY
★HOLIDAY - HAPPINESS
★SORRY - JUSTIN BIEBER FEAT.SKRILLEX/BLOOD
★UPTOWN FUNK - MARK RONSON FEAT.BRUNO MARS
★冬物語 - ケツメイシ
★WE ARE NEVER EVER GETTING BACK TOGETHER(HILBERT REMIX) - TAYLOR SWIFT
PROM NIGHT - 降谷建志
★SUMMER - CALVIN HARRIS
O.R.I.O.N. - 三代目 J SOUL BROTHERS
HERO(EXTENDED MIX) - CAPSULE
WE LIKE TO PARTY - SHOWTEK
BEAUTIFUL WORLD - BLASTERJAXX AND DBSTF FEAT. RYDER
FOLLOW ME - HARDWELL FEAT.JASON DERULO
NRG - DUCK SAUCE
CELEBRATE - PITBULL
UPTOWN FUNK(INSTANT PARTY REMIX) - MARK RONSON FEAT.BRUNO MARS
BOOYAH - SHOWTEK FEAT.WE ARE LOUD/SONNY WILSON
THE WAVE - VINAI
SUN GOES DOWN - DAVID GUETTA/SHOWTEK FEAT.MAGIC!/SONNY WILSON
SHARE THE LOVE - SHAREHAPPI FROM 三代目 J SOUL BROTHERS FROM EXILE TRIBE
ラー - 水曜日のカンパネラ
アイの実 - MINMI
★嘘をつく唇 - 東京スカパラダイスオーケストラ
眼鏡越しの空(LIVE VER.) - 片平里菜 茂木欣一 沖祐市 亀田誠治
★CHANDELIER - SIA
★IT'S A BEAUTIFUL DAY - MICHAEL BUBLE
★虚言症 - 椎名林檎
★クリスマスなんて大嫌い!!なんちゃって - CRAZY KEN BAND

STAFF| 17:48 | カテゴリー:Records

2015年12月15日

【12/15オンエア曲リスト】 HAPPY - PHARRELL WILLIAMS、ほか

今週は日替わりで人気DJが登場! 極上のPARTY TUNEをNON-STOP MIXでお届け!
今日は、子供のころからJ-WAVEを聞いて育ったというTJOさんが登場!
J-WAVEらしい洋楽・邦楽を織り交ぜた楽しいMixを届けてくれました。

−− TJO "J-WAVE BEAT PLANET Party Tune Non-Stop mix" −−

FOCUS - ARIANA GRANDE
HELLO - ADELE
SORRY - JUSTIN BIEBER
WHERE ARE YOU NOW? - JUSTIN BIEBER
メデューサ - 水曜日のカンパネラ
新宝島 - サカナクション
LEAN ON - MAJOR LAZER FEAT.MO/DJ SNAKE
ADVENTURE OF A LIFETIME - COLDPLAY
RIGHT HERE,RIGHT NOW - GIORGIO MORODER FEAT.KYLIE MINOGUE
STAR TRAIN - PERFUME
CAN'T SLEEP LOVE - PENTATONIX FEAT.TINK
PERFECT - ONE DIRECTION
RED CARPET - 安室奈美恵
WEEK END - 星野源
クリスマス イブ - 山下達郎

【TJO】

20151215_bp.jpg

------------------------------------------------

さらに…

今週のミュージックシェアは「みんなで作るWONDERFUL CHRISTMASなプレイリスト!」と題して、日替わりテーマのミュージックシェア祭りを開催!
その日の選曲は、Apple Music、LINE MUSIC、AWA、Google Play Musicといったストリーミングサービス上でプレイリストを作り大公開します♪

−− Today PLAY LIST : 「あの人に贈りたいプレゼントソング(2015.12.15.TUE)」 −−
●Apple Music → 「PLAY LIST - あの人に贈りたいプレゼントソング」
●LINE MUSIC → 「PLAY LIST - あの人に贈りたいプレゼントソング」
●AWA → 「PLAY LIST - あの人に贈りたいプレゼントソング(1)」
●Google Play Music → 「PLAY LIST – あの人に贈りたいプレゼントソング」

−− Today PLAY LIST : 「心あたたまるウィンターソング(2015.12.14.MON)」 −−
●Apple Music → 「PLAY LIST - 心あたたまるウィンターソング」
●LINE MUSIC → 「PLAY LIST - 心あたたまるウィンターソング」
●AWA → 「PLAY LIST – 心あたたまるウィンターソング(1)」
●AWA → 「PLAY LIST - 心あたたまるウィンターソング(2)」
●Google Play Music → 「PLAY LIST - 心あたたまるウィンターソング」

------------------------------------------------

<OA曲目リスト: 2015/12/15>★プレイリスト曲

★HAPPY - PHARRELL WILLIAMS
★聖なる夜の贈り物 - 秦基博
LOOKBOOK - BOA
★GOOD TIME - OWL CITY/CARLY RAE JEPSEN
★SUGAR - MAROON 5
★MEMORIES - MAN WITH A MISSION
★SHAKE IT OFF - TAYLOR SWIFT
★ハピネス - AI
★TIMBER - PITBULL FEAT.KESHA
★SHIKIBU - レキシ FEAT.阿波の踊り子
Doki Doki - さかいゆう
★28 THOUSAND DAYS - ALICIA KEYS
★BEAUTIFUL DAY - U2
★わたしの願い事 - YUKI
FOCUS - ARIANA GRANDE
HELLO - ADELE
SORRY - JUSTIN BIEBER
WHERE ARE YOU NOW? - JUSTIN BIEBER
メデューサ - 水曜日のカンパネラ
新宝島 - サカナクション
LEAN ON - MAJOR LAZER FEAT.MO/DJ SNAKE
ADVENTURE OF A LIFETIME - COLDPLAY
RIGHT HERE,RIGHT NOW - GIORGIO MORODER FEAT.KYLIE MINOGUE
STAR TRAIN - PERFUME
CAN'T SLEEP LOVE - PENTATONIX FEAT.TINK
PERFECT - ONE DIRECTION
RED CARPET - 安室奈美恵
WEEK END - 星野源
クリスマス イブ - 山下達郎
★DON'T STOP BELIEVIN' - GLEE CAST
NIRVANA(LIVE IN TOKYO 2015) - SAM SMITH
ALL FOR YOU - 安室奈美恵
★WHITE LIGHT - 安室奈美恵
★WONDERFUL CHRISTMASTIME - PAUL MCCARTNEY

STAFF| 17:00 | カテゴリー:Records

2015年12月14日

【12/14オンエア曲リスト】クリスマスソング - BACK NUMBER、ほか

今週は日替わりで人気DJが登場! 極上のPARTY TUNEをNON-STOP MIXでお届け!
初日の今日は、EDM界の新星、KSUKEさんが登場してくれました♪

−− KSUKE "J-WAVE BEAT PLANET Party Tune Non-Stop mix" −−

WHAT DO YOU MEAN?(THE ZOMBIE KIDS REMIX) - JUSTIN BIEBER
UNDER CONTROL - CALVIN HARRIS/ALESSO FEAT.HURTS
HELLO(MAXIM ANDREEV NU DISCO MIX) - ADELE
CAN'T FEEL MY FACE(PLISSKEN REMIX) - WEEKND
ADVENTURE OF A LIFETIME(K.R.A.S.H EDIT) - COLDPLAY
TIME OF OUR LIVES(DISCOTECH CLUB MIX) - PITBULL FEAT.NE YO
BREAK YOUR DUB - HEATHER M
TRAP QUEEN(SLICE N DICE BOOTLEG) - FETTY WAP

【KSUKE】

20151214_bp.jpg

------------------------------------------------

さらに…

今週のミュージックシェアは「みんなで作るWONDERFUL CHRISTMASなプレイリスト!」と題して、日替わりテーマのミュージックシェア祭りを開催!
その日の選曲は、Apple Music、LINE MUSIC、AWA、Google Play Musicといったストリーミングサービス上でプレイリストを作り大公開します♪

−− Today PLAY LIST : 「心あたたまるウィンターソング(2015.12.14.MON)」 −−

●Apple Music → 「PLAY LIST - 心あたたまるウィンターソング」

●LINE MUSIC → 「PLAY LIST - 心あたたまるウィンターソング」

●AWA → 「PLAY LIST - 心あたたまるウィンターソング(1)」

●Google Play Music → 「PLAY LIST – 心あたたまるウィンターソング」

------------------------------------------------

<OA曲目リスト: 2015/12/14>★プレイリスト曲

★クリスマスソング - BACK NUMBER
★SANTA TELL ME - ARIANA GRANDE
★PHOTOGRAPH - ED SHEERAN
★DRIVING HOME FOR CHRISTMAS - CHRIS REA
★メリクリ - BOA
★ALL I WANT FOR CHRISTMAS IS YOU - JUSTIN BIEBER/MARIAH CAREY
★君の瞳に恋してる〜CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU〜 - 三代目 J SOUL BROTHERS
★粉雪 - レミオロメン
★SNOW(HEY OH) - RED HOT CHILI PEPPERS
★CHRISTMAS LIGHTS - COLDPLAY
SOME UNHOLY WAR - AMY WINEHOUSE
★CAN'T WAIT 'TIL CHRISTMAS - 宇多田ヒカル
WHAT DO YOU MEAN?(THE ZOMBIE KIDS REMIX) - JUSTIN BIEBER
UNDER CONTROL - CALVIN HARRIS/ALESSO FEAT.HURTS
HELLO(MAXIM ANDREEV NU DISCO MIX) - ADELE
CAN'T FEEL MY FACE(PLISSKEN REMIX) - WEEKND
ADVENTURE OF A LIFETIME(K.R.A.S.H EDIT) - COLDPLAY
TIME OF OUR LIVES(DISCOTECH CLUB MIX) - PITBULL FEAT.NE YO
BREAK YOUR DUB - HEATHER M
TRAP QUEEN(SLICE N DICE BOOTLEG) - FETTY WAP
★SNOWDOME - 木村カエラ
WHEN WE WERE YOUNG - ADELE
★MERRY CHRISTMAS - BUMP OF CHICKEN
★白い恋人達 - 桑田佳祐
★WILD CHILD - ENYA

STAFF| 17:11 | カテゴリー:Records

2015年12月14日

<第28回目>アダム・ドライバー(カイロ・レン役)へのインタビュー

ついに! 今週金曜日、公開です!
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』!!
そして、今年5月から、毎週月曜日にお届けしてきました、
「BEAT PLANET WEEKLY "STAR WARS" PRESS」!
本日、最終回となりました!

そうなんです、今週金曜日には、
「新しいダークサイド」が僕たちの前に現れます!

先週木曜日、六本木ヒルズで、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、
ジャパン・プレミアが開催されました。
そして、その翌日、金曜日には、記者発表がおこなわれまして…
僕も勇んで、行って参りました!

20151214_sw2.jpg

で、なんで、いきなり、「ダークサイドの話」からしているか?
と言いますと(笑)…僕が先週、直接インタビューした方が、
アダム・ドライバーなんです!

20151214_sw1.jpg

そう、あのダースベイダーを思わせる黒いマスクをかぶっている、
カイロ・レン役を演じている俳優さんです。ダークサイドの方…。

予告編の中で、こう語っていますよね、カイロ・レン…

「I'll show you…the Dark Side(オレが…ダークサイドを教えてやる)」

そして、燃えて白くなったダースベイダーのマスクを前に、こうひと言。

「I will finish…what you started(アナタが始めたことを…オレが終えてやる!)」

いったいカイロ・レンとは何者なのか?
なぜ彼はあのようなマスクをかぶり、
ダークな雰囲気を漂わせているのか…
お会いしたアダム・ドライバーさんに、問いただしてみました(笑)。
「あなたが演じているキャラクターはいったい何者なんですか?
そして彼は、悪い奴なんですか?」

------------------------------
アダム・ドライバー:
「彼の名は、カイロ・レンだ。彼がどんなアパートに住んでいるのか、テニスをするかとか、そういうことは、残念ながら僕は知らないんだよ。(笑)とにかく、彼はまだ"原石"のような存在だ。まだ磨き上げられていない、そして、向こう見ずなヤツだ、ものすごくダークサイドの力にあこがれを持っていて、自分もその一員になりたいと強く考えているんだね。それから、いいヤツか悪いヤツか?という質問だけれど…僕らは"いいか悪いか"という見方をしないようにしているんだ。スター・ウォーズの世界で僕らが大事にしている物事の見方とは、"right or wrong 正しいか、間違っているか"ということだ。カイロ・レンは、自分がやっていることは"正しい"と考えている。そして、そのように考えて行動するからこそ、より恐ろしいんだよ」
------------------------------

そして、まぁお答いただけないかなぁ〜と思いつつ、
こんな質問もしてみました。
カイロ・レンは、「新しいシス」なんでしょうか?

------------------------------
アダム・ドライバー:
「僕にはそれはわからないが…彼はシスではないね。」
------------------------------

おっと、「シスではない」と今、言いましたね!?
けっこう重要ポイントだと思うんですが…
では、彼には誰か「マスター」がいるんでしょうか?
シスはいつも2人で動くわけですからね…

------------------------------
アダム・ドライバー:
「あー…それは…見方によるかな。ってことしか、今は言えないね(笑)。」
------------------------------

見方によってはマスターがいる、かもしれない…!?
ま、とにかく!
そんな「あーだ、こーだ」も、すべて、18日に公開されて観に行けば、
すべてわかるんですけどね(笑)。
いずれにしても、早く観たい!

先週、ジャパン・プレミアで来日した、J・J・エイブラムス監督。
記者発表で、
「何かひとつ、日本の熱烈なスター・ウォーズ・ファンのために、
最新作のストーリーの中から、何かひとつだけ、
秘密を明かしていただけないでしょうか?」
という質問に対して、こんな答をしてくれました…

------------------------------
J・J・エイブラムス監督:「ノー。何も言えないね。」
------------------------------

とまずはひと言。
で、笑いをとってから、こんなすごい秘密を語ってくれたんですね〜。

------------------------------
J・J・エイブラムス監督:
「たったひとつだけ、皆さんに特別に教えましょう。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒醒』には、"タカダノ"という名前の惑星が登場します。実は、僕は若い頃、初めて日本に来たとき、高田馬場の安ホテルに泊まったことがありました。安ホテルに泊まったせいか、僕は高田馬場という街が大好きにはなれなかったんですが…でも、とにかく、その想い出から、僕はその惑星に、"タカダノ"という名前をつけたんです。」
------------------------------

今回の映画の中に、「タカダノ」という惑星が出てくる!Wow!
そしてそれは、東京の「高田馬場」から名前がとられた…と。
でも、「好きになれなかった街の想い出」からつけられたわけだから、
その「タカダノ」という星は…たぶん…
ジェダイにとってはあまりいい星ではなさそうな気も…(笑)。

いや、もう、ユーモアたっぷり、そして、真面目な方でしたね、
J・J・エイブラムス監督。
記者発表を通じて、そのステキな人間性、人格が伝わってきました。

間違いなく、「傑作!」のはずです、最新作、
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒醒』。
僕も大ファンのJ・J・エイブラムス監督ですから、間違いありません!
そして、新たなる3部作の始まり、みんなで大いに楽しみましょう。
(※ひと言どうぞ!)

毎週いろんなゲストの方に、
たくさんのスター・ウォーズLOVEなコメントをいただいてきました、
「BEAT PLANET WEEKLY "STAR WARS" PRESS」!
熱く語ってくださった皆さん、ありがとうございました!
そして、一緒に楽しんでくださった皆さんにも、感謝です。

今週金曜日、世界公開、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒醒』。
Ummm, in the theatre, I will see you!!

STAFF| 17:06 | カテゴリー:WEEKLY STAR WARS PRESS

2015年12月10日

【12/10オンエア曲リスト】 アロエ - サザンオールスターズ、ほか

今日のBEAT PLANETでは、この番組がお送りするスペシャルライブ・イベント「J-WAVE BEAT PLANET LIVE 2016〜Featuring Special Band Triceratops K 藤巻亮太 三浦大知〜」の出演者全員が登場!
---------------------

全く新しいオリジナルなライブ・イベント!
一夜限り、実力派ミュージシャン達のスペシャル・バンド・セッション。

出演は…

高い演奏力を誇る3人組ロックバンド、『トライセラトップス』。

シンガー、そしてピアニストとして、
そのパフォーマンスが定評ある実力派、『K』。

ソロ活動も順調な『藤巻亮太』。

そして全国ツアーを大盛況に終えたばかりの『三浦大知』。

この4組がバンドを結成!一夜限りの夢のセッションを繰り広げます。

それぞれのアーティストがBEAT PLANETに
ゲスト出演してくれた時にした「無茶振り」で
実現したこのスペシャルライブ!

ライブの内容は番組と出演アーティスト達とで
ミーティングして作っています。
あんな曲やこんな曲、例えば、あの名曲を全員で歌うとか、
最終的にどんなセットリストになるか…などなど。

どんなライブになるのか、とっても楽しみです♪

【J-WAVE BEAT PLANET LIVE 2016〜Featuring Special Band Triceratops K 藤巻亮太 三浦大知〜】

20151210_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/12/10>

A HEAD FULL OF DREAMS - COLDPLAY
NEW ROMANTICS - TAYLOR SWIFT
WHAT YOU WANT - JUJU
SING OUT LOUD - 三浦大知
UNDER THE STARS - JOHN LEGEND
I THOUGHT THE FUTURE WORLD BE COOLER - YACHT
あの雲の向こう側 - K
CHRISTMAS(BABY PLEASE HOME) - SPACE GANG
SHOUT! - TRICERATOPS
MISLEAD - KIKI
アロエ - サザンオールスターズ
SOUND AND COLOR - ALABAMA SHAKES
HELLO - ADELE
MUSIC - 三浦大知
YES YES YES - オフコース
大切な人 - 藤巻亮太

STAFF| 19:25 | カテゴリー:Records

2015年12月09日

【12/9オンエア曲リスト】 WHAT YOU WANT - JUJU、ほか

今日ニューアルバム「WHAT YOU WANT」リリース!JUJUさんをお迎えしました♪
----------------------------

●ニューアルバムのタイトル「WHAT YOU WANT」は、JUJUさんの口癖から!?

「だいたい私のアルバムタイトルって、私がその時期その時期に口にしている口癖みたいなものから、うちのプロデューサーがピックアップするらしいんです。この時期…というか常になんですけど、"なんか楽しいことないかなぁ〜!"を日々ずっと言っているんです。そこから、"楽しい事を探しに行こう、欲しいものを手にしよう"…で、WHAT YOU WANTと。」

●全体的にアップテンポな曲が多い?

「アルバムを作ると、ツアーに出れるという気持ちが高くなる。ツアーでみなさんと一緒に楽しめる曲が増えればいいなって毎年思っていて。だから、アップテンポの曲を増やして、みんなでウワァーと遊べる感じにできたらいいなと思って、今回はアップテンポが多くなりました。ライブを意識したアルバムです。」

【JUJU】
★「JUJU HALL TOUR 2016 -WHAT YOU WANT-」
4月10日、サンシティ越谷市民ホールを皮切りにスタート!
東京は、5月18、19日のNHKホールと、6月30日、7月1日の東京国際フォーラム、ホールA。

20151209_bp2.jpg

<OA曲目リスト: 2015/12/9>

雪に願いを - 槇原敬之
WHERE THE SUN GOES - REDFOO FEAT.STEVIE WONDER
CHRISTMAS WRAPPING - KYLIE MINOGUE/IGGY POP
MARCHING BAND(FEAT. JUICY J) - R. KELLY
大切な人 - 藤巻亮太
CHRISTMAS TREE - LADY GAGA
クリスマスソング - BACK NUMBER
TIME WILL TELL - 宇多田ヒカル
IT'S ECSTASY WHEN YOU LAY DOWN NEXT TO ME - BARRY WHITE
TAKE ABOUT IT - PARADISE FEARS
THIS CHRISTMAS - M SWIFT FEAT.VANESSA HAYNES
アロエ - サザンオールスターズ
ARMY OF ONE - COLDPLAY
嘘をつく唇 - 東京スカパラダイスオーケストラ
WHAT YOU WANT - JUJU
PLAYBACK - JUJU
STAY WITH ME - SAM SMITH
LOVER SOUL - JUDY AND MARY
WELCOME TO THE BLACK PARADE - MY CHEMICAL ROMANCE
WHATEVER - OASIS
COME AGAIN - M FLO

STAFF| 17:13 | カテゴリー:Records

2015年12月09日

Coldplayへのインタビュー<後半>

昨日に引き続き、先週の金曜日にニューアルバム「A Head Full of Dreams」をリリースした、COLDPLAYのインタビュー<後編>をお届けしました!

20151209_bp1.jpg

アルバム『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ 』。
最初から最後までノンストップで楽しめる、
ピースフルでポジティブパワー全開のアルバムですね!
年末リリースにもかかわらず、今年一番のアルバムって声も聞こえてきます!

タイトルトラック、ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズは、
東京で作られた曲だったと、きのう、紹介しましたが、
まだまだ日本にまつわる話がインタビューで飛び出しています!
まずは、日本での思い出をボーカルのクリスと
ギターのジョニーが答えてくれています。

----------------------------------
クリス:
「初めて来日した時、それが最後になったんだけど、僕達4人全員が、同じジェットコースターに乗ったんだ。ものすごく怖い体験だったから、僕はそれ以来ジェットコースターに乗ってないんだ。」

ジョニー:
「僕もだよ。」

クリス:
「4人全員で乗ったんだ。どこにいたんだっけ、大阪かどっかで。」

ジョニー:
「フジヤマだよ」

クリス:
「そうだ、フジヤマだ。どんどん上に上がっていって、「いつ止まるんだよ」って思ってたら、いきなり下がって」

ジョニー:
「(笑)」

クリス:
「もうジェットコースターは2度と乗らない、僕は曲作りだけやるって思った。それが初の来日時だからね。その後も、沢山素晴らしい経験をしたよ。ただ日本の街をぶらぶら歩き回って、人と出会ったり、何かを見たりするのがすごく楽しいんだよね。」

----------------------------------

クリスは、ジェットコースター…嫌いになっちゃったんですね…
ともあれ、日本には、好印象をもっているようですね!
さらに、さっきのコメントでは、登場しなかったメンバーのガイもウィルも

「イギリスとは全然違う場所だからね。世界中を旅していると、同じような
景色を見るのに慣れてしまうんだけど、日本は魔法のように魅力的な場所で、
大好きだよ。」

と、話していました!

続いては、心に残っている
日本のファンとの思い出を聞いています!

----------------------------------
クリス:
「日本での公演で一番素晴らしい点は、見ての通り、僕達は日本語をろくに話せない。だから日本のオーディエンスと一緒に歌うって、素晴らしい気分なんだよ。僕達は違う言語を話しているけど、音楽を一緒に分かり合ってる。それで、僕は全然日本語を理解できないけど、皆との繋がりを感じるんだ。地球の反対側にある国に来て、そこで繋がりを感じられるって、素晴らしいことだよ。日本は僕達が初めて訪れた海外の国の一つで、最初は何も理解できなかったから、「ああ、音楽って素晴らしいな、人って素晴らしいな、曲によって僕達は繋がるんだ」って感じたんだ。」

ジョニー:
「あと、バンドを始めた当初、僕達の音楽が好きだって言いに来てくれた最初のファンの二人が、日本人の女の子だったんだよね。」

クリス:
「そうだったね」

ジョニー:
「ロンドンで会ったんだ。マミとマキ」

クリス:
「そう。日本の人達は、センスがいいよね! 僕達を最初に誉めてくれたんだから。とても感謝しているよ」

----------------------------------

そんな彼らですが…「アーミー・オブ・ワン」では
日本の夏の風物詩、七夕のタンザク…
歌詞の中では、TANZAKU STARSと言う
単語が使われている事に、ジョニー、クリスが答えてくれています。

----------------------------------
クリス:「うん、間違って使っていないか確認したいんだけど、日本で願い事を吊るす時に書く紙のことだよね?」

――そうです、それが短冊です。

クリス:「うん、そのことを言ってるんだよ」

――そんな日本語があなたの歌詞に入っているなんて、嬉しいです。

クリス:
「ある人が、短冊の写真を見せてくれて素敵だなと思ったんだ。それで、このことについて歌わなきゃって思った。「短冊の星達が、月へ行く」ってね。この曲は、愛する人のために何でもする、っていうことを歌ってる。それで、誰かを愛している時に、「どうか僕のことを愛してもらえますように」って願いを短冊に書くっていうアイディアはすごくいいなと思ったんだよ」

----------------------------------

さらにインタビュアーが次の来日について聞いてみると、
「来年には来たい」ってクリスが答えたそうです!
待ち遠しいですね!

ニューアルバム「A HEAD FULL OF DREAMS」をリリースした、
COLDPLAYのインタビューをお届けしました!

STAFF| 17:11 | カテゴリー:Records

2015年12月08日

【12/8オンエア曲リスト】 PROM NIGHT - 降谷建志、ほか

Dragon Ashのフロントマン。そして、来週12/16(水)にニューシングル「Prom Night」をリリースする降谷建志さんをお迎えしました♪
-------------------------------

●ニューシングル「Prom Night」

「元々は、Dragon Ashとして長野のイベントによんでもらった時。毎週いろんな場所に行く中の一つとして、誠心誠意ライブをやって…その後"アフターパーティーを松本のライブハウスでやろう"ってことになったんです。そこからライブハウスまで1時間くらい移動して。そのフェスには出ていない、たとえばヒップホップ、R&Bのシンガー、DJとかと一緒にアフターパーティーをやって。そこにDragon Ashのファンも来てくれていたんですね。わざわざ長距離移動して。俺、SNSとかしないんです。別に主義でしないわけじゃないけど。他のアーティストよりかは、ファンの子たちとの交流の場が、現場だけしかない。で、あんまり無い機会だから、"一緒に飲むか"ってなって。来てくれた奴ら何人かと、朝までそこで飲んでいたんです。俺も凄く嬉しくて、お互いいろんな質問をぶつけ合ったり。みんな東京に住んでるわけじゃないし、年齢も様々だし、男女もいるし。その夜の語らいが、俺にとって凄いロマンチックだなと思って。こっちはジプシーみたいな生活をしているじゃないですか。でも仕事としてやっているんだけど、そいつらは、一銭の得にもならないどころか、金銭を払って仕事や生活を少し犠牲にして、ライブにかけている。その関係が、普段以上にロマンチックだなと感じて、その夜のことを忘れないように。その子たちの愛に、微力ながら報いるためにというか、俺もこういう気持ちなんだというのを、その数人に伝えるために作ったんです。俺以上に身を削って、音楽を愛しているなっていう感覚が凄いした。曲にしたら一生忘れないですか。おじいちゃんになっても、"ああいう出来事から作ったんだよな。"って。そういう人たちに支えられて、自分は好きな事を、いけしゃあしゃあとやれていることを、常に気にとめておけるから。」

【降谷建志】
★来週12/16(水)にニューシングル「Prom Night」をリリース
初回限定特典にX'masグリーティングカードが付いてきます。
こちらはカードのデザインを降谷さん、自ら手がけたそうです。
そして、本人直筆のサインが入ったカードがランダムに配布されるとのこと!

【Dragon Ash】
★12/29に『COUNTDOWN JAPAN 15/16』に出演。
★12/30は『KenKen's 30th Anniv.Party "OLE PALOOZA"』に出演します。

20151208_bp2.jpg

<OA曲目リスト: 2015/12/8>

LAST CHRISTMAS - CARLY RAE JEPSEN
ADVENTURE OF A LIFETIME - COLDPLAY
SHOUT! - TRICERATOPS
ALRIGHT - KENDRICK LAMAR
Doki Doki - さかいゆう
DIRT SLEDDING - KILLERS FEAT.RYAN PARDEY AND RICHARD DREYFUSS
UPTOWN FUNK - FLEUR EAST
嘘をつく唇 - 東京スカパラダイスオーケストラ
母と暮らせばタイトル - 坂本龍一
HERE TODAY - PAUL MCCARTNEY
DO THEY KNOW IT'S CHRISTMAS?(2014) - BAND AID 30
A HEAD FULL OF DREAMS - COLDPLAY
WHAT YOU WANT - JUJU
PROM NIGHT - 降谷建志
100 DEGREES - KYLIE MINOGUE/DANNII MINOGUE
STRAWBERRY FIELDS FOREVER - BEATLES
STAND BY ME - BEN E.KING
MAN IN THE MIRROR - MICHAEL JACKSON
アロエ - サザンオールスターズ
HAPPY - PHARRELL WILLIAMS
I STILL HAVEN'T FOUND WHAT I'M LOOKING FOR - U2

STAFF| 16:28 | カテゴリー:Records

2015年12月08日

Coldplayへのインタビュー<前半>

今日は先週の金曜日にニューアルバム「A Head Full of Dreams」をリリースした、COLDPLAYのインタビュー<前編>をお届けしました!

20151208_bp1.jpg

7枚目にあたるアルバム『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ 』。
前作『ゴースト・ストーリーズ』のリリース後、彼らはワールド・ツアーを行うことよりも、
スタジオに戻り、この新作にとりかかり、完成させた渾身の一枚となっています。

メンバー全員のインタビューを流すのですが、
まずは今作の「A Head Full of Dreams」の制作はどうだったのでしょうか?
ベースの「ガイ」が答えてくれています!

----------------------------------
ガイ:
「ロンドンとロサンゼルスのスタジオでレコーディングしたんだ。『Ghost Stories』の制作中に作り始めた曲もあったし、レコーディング中に発展した曲もあって、決まった曲の書き方とかはなかったんだ。僕達のアイディアを合わせて作る時もあれば、クリスが完成させた曲を持って来る時もあった。今回はノルウェーのプロデューサー、スターゲイトと仕事をしたんだけど、彼らがすごく重要な役割を果たしてくれて、このアルバムに沢山の今までとは違うサウンドをもたらしてくれた。これまでに僕達が一緒に仕事したどのプロデューサー達よりも、その影響が聞き取れると思うよ」

----------------------------------

ビヨンセやリアーナ、ニーヨらを手掛け、R&B、
エレクトロ・ポップワークの側面が強いノルウェーの
サウンド・チーム、スターゲイトを初めてプロデューサーとして迎えた今作。

では、続いて、このアルバムを通してどんなことを表現したかったのでしょうか?
今度は、ギターの「ジョニー」、ボーカルの「クリス」が答えてくれています。

----------------------------------
ジョニー:
「この新作『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』は、過去最高にポジティヴで、カラフルなアルバムだと思う。僕達は、生命に溢れた作品を作りたかったんだ」

クリス:
「僕達は、僕達が持つ全ての影響と全ての感情を、完全に自由に取り入れるようなアルバムを作りたかったんだ。闇も、悲しみも、幸せも、喜びも、希望も全てね。だから、僕達の人生の全てのカラーを曲に反映させることを試みた。歌詞の内容も、あらゆることを表現しようとしたんだよ。そういう大志があるアルバムなんだ(笑)」

----------------------------------

確かにその想いがサウンドにもよく現れていますよね。
全体を通しても種々様々な曲が散りばめられています。
そして、何とその中にはここ東京で作った曲もあるとか!
クリス、本当??

----------------------------------
クリス:
「うん、あるよ。前回東京を訪れた時は、僕の部屋にピアノがあったんだ。それでずっと、『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』の作曲をしていたんだよ。だから、アルバム中の何曲かは、日本で沢山作ったんだ。どの曲だったかな、たぶん「ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ」と、ジョニーがお気に入りの「アップ&アップ」と、「ファン」だよ」

----------------------------------

では、最後の質問です。

ここ最近では悲しいニュースも聴こえてくる昨今。
フランスのテロで亡くなった人たちを追悼して、
COLDPLAYはライブ中に「イマジン」を演奏するという出来事もありました。

このアルバムがリスナーに
どう届いて欲しいとクリスは感じているのでしょうか??

----------------------------------
クリス:
「『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』を聞いてくれたとしたら、君が感じることを、そのまま受け取って欲しい。僕からリスナーに、こういう気分を感じてってお願いすることはできないからね。このアルバムは僕達が世界に対して感じていることを表現していて、それを全ての人達に賛成してもらえることがないのは理解しているんだ。でも、僕にとっては、自分を楽観的にしてくれるアルバムだよ。でも、他の人がどんな風に感じるかは分からない。そうだったらいいなと思うよ。

----------------------------------

ぜひ、持っている方もまだ持っていないという方もぜひ、
サウンドを楽しみ、COLDPLAYからのメッセージを受け取ってみてください。

今日のインタビューでCOLDPLAYと日本の繋がりも感じ取れましたが…
明日はさらに、日本についてのお話をお届けしようと思います!!

COLDPLAY最新インタビュー 明日の後半もお楽しみに!!

Coldplay

STAFF| 16:24 | カテゴリー:Records

2015年12月07日

【12/7オンエア曲リスト】 BUILDING IT UP(LIVE VER.) - JTR 、ほか

今日は、六本木「ヒルズカフェ/スペース」から公開生放送。
最後のゲストは…スウェーデンから、Johnがお兄さんの25歳、Tomが真ん中の22歳、そして一番したのRobinは21歳という3人兄弟、「JTR」が登場!なんと、生ライブも披露してくれました♪
-----------------------

●音楽を始めたきっかけは?

「僕たちは、音楽一家なんです。母はソングライター、父はロックミュージシャン、義理の父も音楽ビジネス界で仕事をしている。だから当たり前のように音楽環境に入ったんだ。最初は、別々の環境でバンド活動をしていたんだけど、"タッチダウン"という曲を一緒に作ってから、一緒にやるのもいいねってなったんだ。いつも友達がいるような感覚だから一緒にやっていて楽しいよ。特にTomとRobinは11ヶ月しか離れてなくて、二人で話していても、Johnだけわからない時があるんだよ(笑)。」

●生まれ育ったスウェーデンはどんな街?

「"アリングソース"という街で、3万人しかいない小さな街でみんな知り合いで、モールが2個あるよ。ショッピングモールっていうと50店舗くらい入っているのを想像するかもしれませんが、3店舗くらいしか入っていないな(笑)。クリスマスの時期は本当に雪が多くて、家族で過ごすのが多い。ご飯を食べながらお茶を飲むよ。街は、寒がっている人がいっぱい見られるよ。田舎に行くと、小さい家に雪が積もっていて、映画のワンシーンみたいなところがいっぱいある。」

●来年の予定は?

「新しい曲もいっぱい出てきて、絶対好きになってもらえると思う。アルバム作りに集中したい。日本は第2の故郷だから、絶対に戻ってくるよ!」

【JTR】
★ミニアルバム「Centre Of Everyone」リリース!

20151207_bp03.jpg

<OA曲目リスト: 2015/12/7>

NEW ROMANTICS - TAYLOR SWIFT
サイレント イヴ - CHRIS HART
LET IT SNOW - JAMIE CULLUM
WHAT DO YOU MEAN? - JUSTIN BIEBER
THAT'S CHRISTMAS TO ME - PENTATONIX
Doki Doki - さかいゆう
WINTER WONDERLAND - TILL BRONNER FEAT.STEVIE WOODS
美女と野獣 - MAY J./CHRIS HART
SMILE - NAT KING COLE
BABY IT'S COLD OUTSIDE - WILLIE NELSON FEAT.NORAH JONES
CHRISTMAS LIGHTS - COLDPLAY
TWINKLE SNOW POWDERY SNOW - PERFUME
HELLO - ADELE
ハピネス - AI
CENTRE OF EVERYWHERE - JTR
LAST CHRISTMAS(LIVE VER.) - JTR
BUILDING IT UP(LIVE VER.) - JTR
SOMEDAY AT CHRISTMAS - JACK JOHNSON

STAFF| 18:03 | カテゴリー:Records

2015年12月07日

<第27回目>DJ TAROさんが語るスター・ウォーズの魅力(六本木「ヒルズカフェ/スペース」から公開生放送)

今年12月に公開される映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を記念し、番組では「BEAT PLANET WEEKLY "STAR WARS" PRESS」と題して、スター・ウォーズの魅力を毎週月曜限定でたっぷりとお届けします。
そして今回は…夜の番組「Hello World」でもおなじみのDJ TAROさんが、六本木「ヒルズカフェ/スペース」で開催された公開生放送の会場からスター・ウォーズ"愛"を語ってくれました♪
-----------------------

●いよいよ来週末公開の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』何か準備はしていますか?

「とにかく、過去作品を何度も何度も見ています。メイキング映像の量が多過ぎて、意外とまだ見てないやつがあって、発掘した気分。あと、当時買ったグッズを時代別に並べて…自分の思い出とリンクすることもあるので。」

●映画公開で、楽しみにしていることは?

「スター・ウォーズって時代とか関係無いお話なんですけど、公開している時代を反映しているところがあると思うんですよ。だから今回は、わかっているとこを言うと、女性が主人公。今は、女性が主導権を握っていますからね。男性は、BB8のように手の上でコロコロと…(笑)。主人公が女性というのが、注目していますね。」

●映画はいつ、どこで、どのように見ますか?

「前売り買ってますので、公開当日に見ますよ。当然ですよ。コスプレは、一応持っていこうと思っています。でも、当日、日本はもう一回ハロウィンが来るような状態になると思いますよ。こういう時は、恥ずかしいかもしれないですけど、何かちょっと付けて行ったほうが連帯感が生まれて、絶対楽しい!映画って、日本は静かに見るでしょ。こういう時は思いっきり楽しんじゃいましょう!」

公開まであと11日!来週金曜日です、
12月18日世界公開
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』へ向けて、
BEAT PLANET WEEKLY "STAR WARS" PRESS、
DJ TAROさんをゲストにお迎えしました。
ありがとうございました!

【DJ TARO】

20151207_sw1.jpg

STAFF| 17:55 | カテゴリー:WEEKLY STAR WARS PRESS

2015年12月07日

GUEST : May J.<六本木「ヒルズカフェ/スペース」から公開生放送♪>

今日は、六本木「ヒルズカフェ/スペース」から公開生放送。
2組目のゲストとして、May J.さん登場!先月リリースしたニューアルバムには、先ほど登場してくれたクリス・ハートさんとのデュエット曲「美女と野獣」も入っています♪
-------------------------------

●どんなクリスマスを過ごすタイプですか?

「毎年だいたいお仕事が入っているのでライブでみなさんと一緒に盛り上がったりとか、夜帰ってきたら家族と一緒に過ごしてますね。(デビュー前は)家族ですね。友達を呼んでみんなでクリスマスパーティをしたりもしましたしプレゼント交換したりとかチキン食べたりとかいろんな過ごし方がありましたね。あんまりこれっていうのが無くて。」

●ちなみに一番好きなクリスマスソングは?

「Nat King ColeさんのThe Christmas Songという曲が。クリスティーナ・アギレラがすごく好きでアギレラのバージョンをいつも聴いていたのでもう大好きですね。」

●ニューアルバム「May J. sings Disney」いろんなディズニーの曲を歌っていますが豪華ですね!

「12曲入っているんですけれども全部ディズニーさんの曲をこうやって1人のアーティストが歌うアルバムというのはすごく珍しいことみたいで、私もデビュー前からこのアルバムを作ることが夢だったんですけれども、なかなか難しいんじゃないかと思っていたんですがでもこうやって夢を叶えてくださって本当に嬉しいですね。」

●クリス・ハートとのコラボレーション「美女と野獣」

「去年クリス・ハートさんのツアーで美女と野獣の英語バージョンを一緒に歌わせてもらったんです。その時からすごいケミストリーを感じていてこの曲一緒にレコーディングしたいなとずっと思っていたので今回この企画が決まった時に是非。クリスさんも日本語と英語両方歌えますので是非一緒に歌いたいということで。レコーディングって普通デュエットの場合は別々に録るんですよね。今回は本当にライブのように一緒にスタジオに入って顔を見ながらやりました。(日本語と英語だと)全然違いますね。人格が変わるんですよ(笑)日本語だとおしとやかな感じに。英語だともう少し前のめりな感じに(笑)
小さい頃からディズニー映画が大好きでもう生まれた頃から見ていたので単純に小さい頃から歌っていた曲だとか影響を受けた曲だったり。でも本当にみなさんが大好きな曲というのをスタッフみんなで考えながらリストアップを何十曲としていたんですけどその中から選曲していきましたね。」

【May J.】

20151207_bp02.jpg

STAFF| 17:49 | カテゴリー:Records

2015年12月07日

GUEST : クリス・ハート<六本木「ヒルズカフェ/スペース」から公開生放送♪>

今日は、六本木「ヒルズカフェ/スペース」から公開生放送。
最初に登場してくれたゲストは…先月クリスマス・アルバム「Christmas Hearts 〜winter gift」をリリースした、クリス・ハートさん!
-------------------------------

●47都道府県ツアー中でまだ来年も続きますが

「あと13〜14公演ですかね。(日本全国回ってみて)やっぱり綺麗ですね。日本が大好きで全国回るチャンスがあってまだ見たことないことがたくさんあって本当に勉強になって、もう一度全国を回りたいと思うようになりました。名物のものがダイエットしているので全然たべれなくて。ライブが終わったらそのままホテルに。辛かったです。ダイエットが終わったら今度は全部試してみようと思ってます。」

●今年一番の思い出は?

「来年子供が生まれますのでそれがわかったこと。6月ごろにわかってみんなに知らせたいなと思ってたんですけどいいタイミングを待って東京公演まで我慢して。本当に嬉しくて楽しみです。パパになるのが。いいパパになりたいなと思ってそこから自分の人生のことも変えようと思って、もっとヘルシーになってもっと頑張ろうと思って。」

●ツアーのファイナルが4月30日、日本武道館

「僕はもともとアメリカでバンド活動をしていてその頃は日本武道館でライブをしたいと思っていたんですけど日本に来てから普通の生活をしてそういう夢をちょっと忘れたんです。でもデビューしてからたくさんのファンからの応援で武道館でライブをしてくださいという声がたくさんあってやっとそれが出来て何よりも嬉しいです。ファンの願いを叶えられるのがすごく嬉しいです。楽しいステージを作りたいなと思います。」

●クリスマスアルバム「Christmas Hearts〜winter gift〜」去年発売されたアルバムにボーナルとラックを加えたものが発売

「去年の全国ツアーが終わってからクリスマスアルバムのリクエストがたくさんあって英語で歌ってくださいとかオリジナル曲を作ってくださいなどそれを全部聞いてこのアルバムを作りました。半分英語の曲と半分英語の曲、そして僕のオリジナル曲も1曲あります。皆さんが知っている曲皆さんが楽しめる曲を考えて作りました。(ボーナストラックは)たくさんリクエストがあって今年のクリスマスプレゼントとして追加で入れようと思っていたけど、実はEvrythingのレコーディングはデビュー前にレコーディングしていてそのデビュー前の声でそのままのバージョンで。」

【クリス・ハート】

20151207_bp01.jpg

STAFF| 17:46 | カテゴリー:Records

2015年12月03日

【12/3オンエア曲リスト】 世界でいちばん美しい島(ウチナーグチVER.) - 宮沢和史 、ほか

今週、ベストアルバム『MUSICK』をリリースしたばかりのシンガーソングライター、宮沢和史さん登場!
------------------------------------

●ベストアルバム『MUSICK』

「MUSICにKをつけて、音楽病というか音楽にとりつかれたMUSEにとりつかれたMUSEの虜みたいな。あとはHOMESICKみたいな言い方ありますよね。恋しいというか。音楽に26年間携わってきたことを言い表す言葉は何かなと思った時にフッと思い浮かんできた言葉ですね。」

●ベストアルバムをコンパイルするにあたって

「音楽っておしゃれなものかもしれないけどどっちかっていうと僕のイメージでは人間臭いものの表現だと思うんですよね。踊りもそうかもしれないしすべての芸術がそうかもしれないけどかっこいい部分おしゃれな部分とそうでない人間臭い人間の営みから生まれるもの。僕はどっちかっていうとそういうイメージなんですね。だからより人間臭いところから人間臭い音楽が生まれてくるような気がするのでどうしても南米とか沖縄とか歴史とに翻弄されながら色んな文化が湧いてくるような、色んな人が行き交って生まれるミックスされた文化みたいなところが興味があるんですね。人間の交差点というかそういうところから新しい音楽が生まれてくるような気がしますよね。」

●旅をして直に見てくる

「そのリズムとかノリ、グルーヴがどうして生まれるのか、そこが気になるので、東京にいれば色んな音楽も体験できるし本もありますけど、同じ道に立って同じ目線であった時にわかることっていっぱいあるんですよね。その発端の部分をこの体で体験してないとその音楽はできない気がするんです。
ブラジルは貧しい人も多い国。今経済成長が著しいですけどとはいえ貧しい人もたくさんいるんですね。だけどみんな生まれてきたからにはこの不幸な貧乏な家に生まれてきちゃったという発想ではなくて、せっかく生まれてきたんだからこの命をどう楽しく生き生きと使うかということに貪欲。だからみなさんサッカーを見るとわかると思うんですけどたくさんスターが出てくる。貧乏な層から。そういうところも人間力というか人間力のある国はやっぱり音楽もいいし国自体の力もすごい。やっぱり一人一人の力が国を動かすんだろうなってブラジルからよく感じ取るところですね。」

●他の人に提供した曲や詩の朗読も

「ベスト版とはいえ半分はベスト版なんですけど新しく録音し直した過去の曲だったり提供した曲だったり新曲だったり。詩の朗読はこの10年間ずっと詩の朗読会を弾き語りと合わせてやってきているので僕のソロワークの中で朗読というのは一つの大事な部分かなと思って忍ばせておきました。」

【宮沢和史】

20151203_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/12/3>

時よ - 星野源
LOST IN PARADISE - RIHANNA
CENTRE OF EVERYWHERE - JTR
あの雲の向こう側 - K
GET INTO IT - STRYPES
PHOTOGRAPH(FELIX JAEHN REMIX) - ED SHEERAN
BANG MY HEAD(ROBIN SCHULZ REMIX) - DAVID GUETTA FEAT.SIA/FETTY WAP
何度でも - CRYSTAL KAY
GOLD - INTERFERENCE
ハピネス - AI
WHATEVER I WANT - CLASSIXX FEAT.T PAIN
BACK TO DECEMBER - TAYLOR SWIFT
S' WONDERFUL - コシミハル
LAST CHRISTMAS - CHRIS HART
YOU ARE EVERYTHING - STYLISTICS
世界でいちばん美しい島(ウチナーグチVER.) - 宮沢和史
大切な人 - 藤巻亮太
SAY SOMETHING - A GREAT BIG WORLD/CHRISTINA AGUILERA
BIRDS - COLDPLAY
CALL ME MAYBE - CARLY RAE JEPSEN
LIKE I CAN - SAM SMITH
聖なる夜の贈り物 - 秦基博
BEAUTIFUL STRANGER - MADONNA

STAFF| 17:52 | カテゴリー:Records

2015年12月02日

【12/2オンエア曲リスト】 KILLING YOU - PARIS MATCH、ほか

12/16(水)に、ニューアルバム「11」をリリースする2人組ユニット、paris matchのミズノマリさん、杉山洋介さん登場!
--------------------------

●デビュー15年

「最初のアルバム"volume one"は1枚限りの契約だったので2枚目が出るとは思ってなかったんです。」

●15年で変わったことはありますか?

「基本的にはミズノの声を生かす歌ものポップスというところは全く変わってないので10年分くらいの曲を集めてベストアルバムみたいなものを仮に作ったとしても一貫しているというか。」

●ボーカリストとしての成長

「先日久しぶりにデモ音源やファーストアルバムの曲を聴いてみたら本当に自分で言うのもなんですが声が可愛くて(笑)アルバムを重ねるうちに大人っぽい曲も歌えるようになってきて。最初のうちはparis matchのボーカルスタイルというのを探りながら歌っているという時期があったのでそこから3〜4枚目くらいからはだんだん自分の中でも歌い方も確立してきて、いろんなタイプの曲を洋介さんからお題みたいな感じで出されるとそれに合わせて頑張ってチャレンジをして行ってだんだん幅が増えていったのかな。」

●クリスマスソングでお気に入りは?

ミズノ:「私はこの時期にはマイケル・ブーブレのChristmasアルバムをよく聴くんですけど声があま〜い感じで。」
杉山:「僕もマイケルつながりでマイケル・マクドナルド。『Every Time Christmas Comes Around』ちょっとA.O.Rな。単純にこの曲すごい好きだしマイケル・マクドナルドさんすごい大好きなので。」

●ニューアルバム「11」

ミズノ:「私たちはアルバム10枚をまず目標としていたのでそこから先本当に出すことになってアルバムのタイトルを決めるときに、もう数字やめる?というところから。でも数字だけというのも付けてみたいと思ってつけるんだったらこのタイミングかなって。」
杉山:ずっと10枚を目標にやってきて10枚目に納得のいくものができたので内心もうこれで終わりという、次出さないっていう気持ちが僕もそうだし詩を書いている古澤も最後にしましょうという感じで。だから3年かかっちゃったんですよね。だから逆にまたデビューみたいな気持ちで今までは今まででこれからという新しい気持ちで。だからいろいろ挑戦もしましたし。」

【paris match】

20151202_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/12/2>

THE A TEAM - ED SHEERAN
TODAY'S THE DAY - PINK
WEEK END - 星野源
HYMN FOR THE WEEKEND - COLDPLAY
WHAT YOU WANT - JUJU
WARM IN THE WINTER - GLASS CANDY
HIGH AND DRY - RADIOHEAD
INTO THE HOLLYWOOD GROOVE - MADONNA
KOIKI - 赤い公園
SPARKLE〜輝きを信じて〜 - MAY J.
THE CHRISTMAS SONG(HOLIDAY REMIX) - CHRISTINA AGUILERA
WINTER SONG(DANCING SNOWFLAKES VERSION) - DREAMS COME TRUE
THIS TIME(I'M GONNA TRY IT MY WAY) - DJ SHADOW
RED CARPET - 安室奈美恵
STAY - LISA LOEB
KILLING YOU - PARIS MATCH
CHRISTMAS ISN'T CHRISTMAS 'TIL YOU GET HERE - KYLIE MINOGUE
GET LUCKY - DAFT PUNK FEAT.PHARRELL WILLIAMS
WATERFALLS - TLC
CHANDELIER - SIA
WINTERLAND - 大橋トリオ
能動的三分間 - 東京事変

STAFF| 21:30 | カテゴリー:Records

2015年12月01日

【12/1オンエア曲リスト】 君とゲレンデ - SHISHAMO、ほか

今週12/2(水)にニューシングル「君とゲレンデ」をリリースする3ピースロックバンド、SHISHAMOが生登場!
---------------------------------------------

●ニューシングル「君とゲレンデ」

「明るい曲ではあるんですけど歌詞は悲しめな曲です。主人公のずっと好きな男の子の気になる女の子というちょっと複雑な感じの。元々タイトルは最後まで決まってなくて去年の夏に『君と夏フェス』という曲を出して、それにはもう割り切って。元々は身内でふざけて『君とゲレンデ』と呼んでたんですけど段々はまってきちゃってそれ以外が思いつかなくなっちゃって。」

●演奏好き

「割と練習することが多いバンドなので。結構毎日練習してます。最近は割とゆとりも出てきて、前までは『3分休憩!』みたいな感じで。最近は10分くらいは休憩してます。」

●曲のインスピレーションは?

「割と空想ですね。自分のことを歌詞に書くことはあまりまくて物語が好きで、漫画とか。だからこういう主人公がいてこういう子でこういうところに住んでてというところから膨らませていったり。書きながら多分こういう子なんだなって考えながら書いたりとかしますね。この曲も冬にシングルを出そう!と思って作ったので。歌詞からですね。」

●1月4日には武道館でのライブ

「まだ何も決まってないんですよね。実感は沸いてないですね。やっとツアーが終わったので今から考え始める感じですね。でもツアーの集大成的な感じにできたらいいなと思ってますね。」

【SHISHAMO】

20151201_bp02.jpg

<OA曲目リスト: 2015/12/1>

SORRY - JUSTIN BIEBER
FOCUS - ARIANA GRANDE
SHOUT! - TRICERATOPS
ONE MILLION BULLETS - SIA
LAST CHRISTMAS - CHRIS HART
FEELINGS - MAROON 5
教訓 - ROLL B DINOSAUR
KILLING YOU - PARIS MATCH
GENERATIONS - LIFE IS GROOVE
PARTY ROCK ANTHEM - LMFAO FEAT.LAUREN BENNETT/GOONROCK
I NEED YOU - 佐藤竹善/平原綾香
SING - PENTATONIX
WATERFALL - STONE ROSES
君とゲレンデ - SHISHAMO
JEALOUS GUY(STUDIO LIVE) - 織田哲郎 AND DIAMOND YUKAI AND 亀田誠治
ROYALS - LORDE
WRITING'S ON THE WALL - SAM SMITH
アンビリーバーズ - 米津玄師

STAFF| 15:21 | カテゴリー:Records

2015年12月01日

GUEST : 佐藤竹善

明日、12/2(水)に3枚目のクリスマス・アルバム「Your Christmas Day III」をリリースする佐藤竹善さんをお迎えしました♪
-------------------------------

●去年、おととしに続いて3枚目のクリスマス・アルバム

「クリスマス・ミュージックに傾倒したこの5年間の想いがあって、ソロ、オリジナル、カバーと色んな活動をしていますが、それとは別の…ソロ・ワークというよりは、クリスマス・ミュージック・ワーク的な感じで続けられればいいなと思います。基本的には、IとIIと一緒で、スタンダードとオリジナル。そして、クリスマスソングじゃないけど、その時期に聞いたらより広がって聞こえてくるような曲…そんな基準で作りました。今回は、プラスに思いもよらぬ大作のプロジェクトが途中でたちあがったんですよ。」

●思いもよらぬ大作のプロジェクト?

「ジャケットのインナーのページにショコラとかケーキのカタログをパロディにしたようなジャケットにしたいなと思った。それで、知り合いの小山進さんというパティシエにお願いをしようかなと。そうしたら、全部オリジナルで作ってくれました。お店が神戸にあるんですが、スタッフが行って撮影したんですが…だから僕は食べられてないんです(笑)。最後のページに載っているケーキは、曲を作る前にいただいたので…パリの大会でこの間、5回目の世界一をとっているんですよ…僕は別にグルメでは無いんですが、そんな僕でも食べた瞬間に、ふわぁ〜っていうね…。特に4個目は、1つの中に展開させるストーリーが入っている。1粒の中に4回くらい味が変わるんですよ(!)。このアルバムにも、小山さんが考えた壮大なディズニー映画のような時を超えてタイムスリップして、コロンビアからスペイン、フランスに至までショコラが出来るまでの歴史、ファンタジックな冒険物語があって…それを曲にするということになりました。これじゃぁ、テーマ曲どころじゃ済まないなと思って…それで、組曲になったんですよ。完全にミュージカルを作る気持ちで作りました。」

【佐藤竹善】

20151201_bp01.jpg

STAFF| 15:18 | カテゴリー:Records


バックナンバー

カテゴリー