2015年11月24日

【11/24オンエア曲リスト】 THE MUSIC - 和田アキ子 FEAT.VERBAL、ほか

スカイツリーのソラマチ広場で、ニューアルバム「WADASOUL」リリースしたばかりの和田アキ子さんを迎え、公開収録を行いました!
----------------------------------------

●ニューアルバム「WADASOUL」どんなアルバムに仕上がりましたか?

「今月末に来ますけれど、サム・スミス。グラミー賞4冠取ってますからね。サム・スミスの一番売れた曲『Stay With me』これを英語でカヴァーしたのは日本では私一人じゃないでしょうか。m-floのVERBALと10年ぶりにコラボしたものも入ってますし、あとはJam & Lewis世界的に有名なプロデューサーが私に書き下ろしてくれた曲がEXILEのSHOKICHIくんとコラボしたりして、ソウルフルなバラエティー豊かなアルバムになってると思います。」

●『Stay With me』に挑戦してみようと思ったのは?

「私と正反対というかサム・スミスはイギリスでも天使の歌声と言われてるじゃないですか。私はどっちかというと不良の歌声ですから(笑)この歌は優しいんですよね。一夜限りの恋なんかうまくいくわけないけど一緒にいてほしいっていう。これをレコード会社の枠を超えて、去年m-floのVERBALがプロデュースしている音祭りというのがあってそこに出していただいたのをユニバーサルのスタッフが見てて絶対アルバムを作ってほしいと。サム・スミスはユニバーサルですから、他の方は日本語で歌われているのにどういうわけだか私だけ英語で結構大変でしたね。発音が大変でした。Stay With meだけで1ヶ月近くかかりましたね。」

●デビューは1968年。その前は大阪でバンド活動もされていた?

「バンド活動というか不良をやってました(笑)男の子はバンドやるとモテると思ってたからそこに女の子はあまり入らなかったんですけど。でもいろんなバンドをやってました。箱バンやったりとかクラブもありますしダンスホールみたいなところも。大阪は東洋一と言われるダンスホールが2つあったんです。そこ両方出てましたし。今はライブと言いますけど昔はJAZZ喫茶って言ったんです。そういうところで歌ってました。」

●ソウルとの出会いは?

「中学行った時にお友達に『How do you do?』っていきなり言われたんですよ。なにゆうてんのこの子って思ってたら英語ってわかって、これはもう負けるなと思ってそれでレコード屋に行ってレコード屋のにいちゃんに、ちょっと英語でハッタリかますのない?って言ってジャケット見てたら黒人の人って見たことなかったんですよ。黒人の人でましてサングラスかけてる人なんて見たことなくてにいちゃんこれ誰?って聞いたら、この人は7歳で失明されたけど世界的に有名なソウルミュージシャン。それでレイ・チャールズを知ってそれからですねソウルミュージックを聞くようになったのは。」

【和田アキ子】
★先週ニューアルバム「WADASOUL」リリース

20151124_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/11/24>

SAINT CENCILIA - FOO FIGHTERS
BURNITUP! - JANET JACKSON FEAT.MISSY ELLIOTT
GENERATIONS - LIFE IS GROOVE
DOKI DOKI - さかいゆう
CHRISTMAS MUST BE SOMETHING MORE - TAYLOR SWIFT
LEAN ON - MAJOR LAZER FEAT.MO/DJ SNAKE
SEND MY LOVE(TO YOUR NEW LOVER) - ADELE
KOIKI - 赤い公園
FIRE AND RAIN - JAMES TAYLOR
SHIKIBU - レキシ FEAT.阿波の踊り子
I'LL BE THERE - CHIC FEAT.NILE RODGERS
LAST CHRISTMAS - CARLY RAE JEPSEN
RADIO GA GA - QUEEN
太陽に笑え - ANLY
EX'S AND OH'S - ELLE KING
THE MUSIC - 和田アキ子 FEAT.VERBAL
LOVE LETTER - R.KELLY
GIVE YOU WHAT YOU WANT - 八代亜紀
ETERNAL FLAME - BANGLES
NEON - JOHN MAYER
サンタクロース - ELLEGARDEN

STAFF| 15:05 | カテゴリー:Records


バックナンバー

カテゴリー