2015年09月30日

【9/30オンエア曲リスト】 リバーシブルー - クリープハイプ、ほか

今日ニューシングル「リバーシブルー」をリリースした4人組ロックバンド、クリープハイプからボーカル・ギターの尾崎世界観さんをスタジオにお迎えしました♪
----------------------------

●ニューシングル「リバーシブルー」はどんなイメージで作りましたか?

「CMの曲なんですけど絵コンテをもらってイメージが夏っぽかったので自然とそういう方向に行きましたね。元々オレンジという曲がクリープハイプにあるんですけど、そのCMの監督の方がそれを仮ではめていてこれでいいじゃんと言われたみたいで、でもそれは無理なので聞いてみましょうということで話をもらってオレンジというキーワードがあったのでちょっと寄せたというかイメージに近いように作ったんです。じゃあ色で行こうと思ってオレンジだったらブルーかなと思って。『会いたくない、会いたくない』ってひねくれて反対の気持ちを言っているのでリバーシブルとリバーシブルーでかけてタイトルをつけました。」

●PVも面白いですね

「CMの監督が撮ってくれたんですけど、CMの監督だからカッチリ行くのかなと思ったら話聞いた時点からぶっ飛んでて、絵コンテで霊柩車が出てきたんですよ。面白いなぁと思って。15秒で普段勝負している人なので無駄がないというか全部捨てカットがない。見ていて惹きつけられるんですよね。」

●渋谷の街が色々とクリープハイプ仕様になっているとか?

「いろんな看板が出ていたりとかヴィジョンが流れていたりするので、今スクランブル交差点のところで映像が流れているんですけど、それを全部撮ってタワレコに持っていくとステッカーが貰えるみたいなことをやってます。看板も7種類くらいあってひねくれた看板を出してます。ちょっと面白い仕掛けをしてるので。それはいつも一緒にやってくれているコピーライターの人が考えてくれました。」

●さらにライブハウスツアーもスタート

「これは初めてやったメジャーデビュー後のワンマンツアーをあえてもう一回やりたいなと思って。色々でかいところとかでもやってきたんですけどそこで忘れてるものもあるなと思って。それを1月からちょうど来年から始まるしやってみたいとメンバーに話したらやろうということになってやってみます。あの時なんでうまくできないんだろうという悔しい気持ちもあったのでそこを取り返しに行きたいですね。」

【クリープハイプ】

20150930_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/30>

WHAT DO YOU MEAN? - JUSTIN BIEBER
CLEAREST BLUE - CHVRCHES
JADED - DISCLOSURE
VANILLA(LIVE VER.) - ハルカ
SOS - SEKAI NO OWARI
HARVEST FOR THE WORLD - ISLEY BROTHERS
DOWNTOWN - MACKLEMORE AND RYAN LEWIS
TRUE - SPANDAU BALLET
WITH YOU - JUJU
HEARTBEAT - ANNIE
肯定する - ハルカトミユキ
AM I FORGIVEN - RUMER
SLOWLY SURELY - JILL SCOTT
PAYPHONE - MAROON 5 FEAT.WIZ KHALIFA
消えぞこない - フラワーカンパニーズ
WITH OR WITHOUT YOU - U2
CAN'T TAKE MY EYES OFF OF YOU - LAURYN HILL
I WON'T LAST A DAY WITHOUT YOU - 椎名林檎/宇多田ヒカル
CHEERLEADER - PENTATONIX
リバーシブルー - クリープハイプ
わすれもの - クリープハイプ
アウトサイダー - AWESOME CITY CLUB
衣替え - TOFUBEATS FEAT.BONNIE PINK

STAFF| 16:40 | カテゴリー:Records

2015年09月29日

【9/29オンエア曲リスト】 TOMMY? - OKAMOTO'S、ほか

9月30日(水)にニューアルバム『OPERA』をリリースする4人組ロックバンド、OKAMOTO'Sからヴォーカルのオカモトショウさんとベースのハマ・オカモトさんが登場。
-----------------------------

●明日ニューアルバム『OPERA』をリリース

「1曲目曲だと思って聴いたらびっくりしますね。今回物語があって1曲目から物語が展開していくコンセプトになっているので音楽以外のその物語も楽しんでもらえるようなものになっています。『Dance With Me』があってそこから物語を作っていったので必然的にゴールを先に決めて作っていったので、そういう意味ではそれありきで考えましたね。」

●The Whoの『Tommy』からヒントが

「ロックオペラといえばというところでメンバー全員がThe Whoの『Tommy』だよねっていうのがあって、何が一番面白いなと思ったかというと、そのTommyももちろん物語になっていてそのお話がどういうお話かっていうと、主人公の青年が幼い頃にトラウマを抱えて見えない聞こえないしゃべれないという三重苦を抱える。そのトラウマをどう克服していくかっていう物語なんですけど、この三重苦、3つ何かを背負っているのをどうにかしていくというところがすごくいいなと思って、それの現代版は何かと思った時に出てきたのが携帯と鍵と財布だったんですよ。現代でいったらその3つがないのは見えない聞こえないしゃべれないに等しいんじゃないかというところに行き着いて、実体験でもよくものをなくすんですね。身をもって知っているところもあって。今回の『OPERA』というアルバムでは主人公が酔っ払って電車で朝目を覚ましたら携帯と財布と鍵をなくしている。どうしようというところから展開していく物語を作りました。あと主人公は音楽マニアなんですよ。『まるでTommyみたいになってしまったじゃないか』とTommyに語りかけているという。」

●音楽的にも幅広いですね

「いままではやっぱり自分たち的にもOKAMOTO'Sだったらロック好きだったらとかそういう常識にとらわれていわゆるセオリー通りにある程度作っていい曲を書きたいと思って書いてたんですけど、今回はちょっとそういうのを取っ払ってジャンルも関係ないし国境も関係ないしっていう風になった時に俺たちはどういうものを作るんだろうというのをやってみたくって。聴いててなにそれ?!っていうのをたくさんやりたかったんですよね。自分たちで作りながらこんなところでこんなことしちゃうの他にないよねって言いながら作っていったので、それがリスナーの方に伝わっているのはすごく嬉しいですね。」

●以前にリリースした曲もうまくアルバムにマッチしていますが、アルバム用にアレンジを変えたりしていますか?

「そうですねミックスを変えました。なのでアルバムでしか聴けない音になっていますが、ただこういうコンセプトで物語のあるアルバムを作ろうと思い着く前に作ってたシングルなので、これをどうやってストーリーに入れ込もうかというのはなかなか苦労しました。」

●よく聞いてみると物語がループしている?

「そうなんですよ。これは無限ループのお話。いろんな考察ができるようにそこはあえて明確にしていないです。アナログ版で聴くと2枚組なのでD面まであるんですね。それで第1章、第2章、第3章、第4章って半分くらいは計算して半分くらいは偶然もあり。アナログで聴いてもらえたら章ごとの区切り目みたいなものが楽しんでもらえると思います。」

●さらにこれを小説化する?

「いまウェブで上がっております。やっていてどうしても歌詞で描ききれていない部分が多かったのでそれをなんとかして伝えられないかと言っていた時に草なぎ洋平さんが書いてくれることになって小説化。主人公の名前だったり年齢だったり。俺らと同世代なんですけど歌詞では出てきていないそういう部分が小説では出てきているっていうことになっているので是非それも読んでもらえたら楽しいと思います。最終的には音楽に行き着くのは僕らとしては嬉しいんですけど、そうじゃないエンターテインメントとして音楽を考えた時にいろんな間口があったほうがいいんじゃないかということで今回こういう小説だったりとかアルバムのティザー映像、全曲分ちょろっとづつ聞かせるのがあるんですけどいろんな人やってるしなと。今回映画の予告編みたいな形で小説と音源とリンクしたような映像を今回作りましたいろんな方向からこの物語にのめり込んでもらえると嬉しいなと。」

●ライブはどうやってやるの?

「こういうコンセプトがあるからには特別な完全再現ライブみたいなこともやりたいなと思いつつ、それはちゃんとこっち的にも準備をしてからやりたいなと思っているので、実は11月からツアーがあるんですけどそのツアーではいわゆるライブハウスツアーというか俺たちの普段のライブの中にこの新曲たちがものだたりから離れた状態でどうやってやられるかっていう感じのツアーになってます。」

【OKAMOTO'S】

20150929_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/29>

Q & A - 秦基博
BACK TOGETHER - ROBIN THICKE FEAT.NICKI MINAJ
BLACK MAGIC - LITTLE MIX
LAY IT ALL ON ME - RUDIMENTAL FEAT.ED SHEERAN
青い栞 - GALILEO GALILEI
ALIVE - SIA
CAN'T FEEL MY FACE - WEEKND
リバーシブルー - クリープハイプ
ミス パラレルワールド - 相対性理論
WRITINGS ON THE WALL - SAM SMITH
TODAY'S THE DAY - PINK
キミに会いたいな - 吉田山田
TURN UP THE RADIO - MADONNA
PEANUT BUTTER JELLY - GALANTIS
JUMP - RIP SLYME/CHAY
SHE'S KINDA HOT - 5 SECONDS OF SUMMER
WHEN A MAN LOVES A WOMAN - PERCY SLEDGE
FEEL GOOD INC. - GORILLAZ FEAT.DE LA SOUL
シュガーソングとビターステップ - UNISON SQUARE GARDEN
BEAUTIFUL WORLD - 宇多田ヒカル
TOMMY? - OKAMOTO'S
I FEEL LOVE(EVERY MILLION MILES) - DEAD WEATHER
超絶 ダイナミック! - 吉井和哉

STAFF| 16:44 | カテゴリー:Records

2015年09月28日

<第19回目>クリスタル・ケイさんが語るスターウォーズの魅力

今年12月に公開される映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を記念し、番組では「BEAT PLANET WEEKLY "STAR WARS" PRESS」と題して、スター・ウォーズの魅力を毎週月曜限定でたっぷりとお届けします。
そして今回は、クリスタル・ケイさんがスター・ウォーズ「愛」を語ってくれました!

20150928_sw1.jpg

では、さっそく…クリスタル・ケイさんにとって、
「スター・ウォーズの魅力、真髄」とは、どんなところでしょうか??

★クリスタル・ケイ---------------------------

ずーっとね、いつか全部制覇したいなと思っていたんですよ。今回12月に新作が出るから、ちょっとマラソンをやろうかと思っているんですけど…まず、DVDで見るにあたって、正しい見方って何なんだろう?ってインスタグラムとかで、みんなに「どういう順で見たらいいのか?」とか友達とかにも聞いて(笑)。よし!じゃあ、4から見よう!と思って…劇場に出た順ですよね。で、作品見終わったら…私、なんと!「6」から見てしまったんですね(笑)。もう、私…人生に失敗したような、罪悪感を感じちゃったんですけど。でも、凄く素敵で…思ったのが、本当にボーダレスなんですよ。キャストも人種も関係無いし、宇宙人でもいろんな人種の宇宙人がキャスティングされていて、衣装も民族的なのも取り入れていたり、音楽も結構いろんな国のテイストを使って作っているんだなと感じました。世界を作っているときに、グローバルなスケールで考えながら作っているんだなと思いました。
-----------------------------------------

「スター・ウォーズ、エピソード6から見始めてしまって、
 人生に失敗した感じ」…というクリスタル・ケイさん(笑)。
いや、いいんですよ! もはや、どこから見てもいいんです。
エピソード5が大好きで、
『帝国の逆襲』ばかり何度も見ている人もいますからね!

それより、おっしゃっていましたが、
「スター・ウォーズのボーダレス」な魅力、まさにその通りですよね。
もはや「グローバル以上」なんです、スター・ウォーズは。
だって、GLOBE=地球が出てきませんから!宇宙全体ですから!(笑)
国境も人種も年齢も時代も性別も、すべて超えて楽しめる映画なんです!

では、クリスタル・ケイさん、映画『スター・ウォーズ』の中で、
お気に入りのキャラというと、誰でしょうか、教えてください。

★クリスタル・ケイ---------------------------

ダース…ダース・ベイダーかもしれないです。ちょっとウルッときちゃって、「6」を見ている時に。ビジュアル的に凄い「悪」っていう感じなんですけど、やっぱりお父さん。親心がちゃんとあるんだと思って、結構感動的なシーンがあって、素敵だなと。ダース・ベイダーのテーマソング大好きなんですよ。実は私、高校の時マーチングバンド部だったんですよ。ジョン・ウイリアムズの…全部(映画の)音楽をやっているんですけど…スター・ウォーズメドレーをやったんです。ティンパニー(パーカッション)担当だったんで、やったんですよ「ドン、ドン、ドン、ドドド…♪」って。オープニングもやったんですが、実は、ティンパニーからなんですよ。「ドゥロロ〜ン!」って。だからめっちゃ緊張するんですよ。プレッシャー(笑)。そんな思い出があります。まぁ…パッケージ的にはダース・ベイダーが好きかもしれないですね。
-----------------------------------------

マーチングバンド部で、ティンパニ担当! 超重要じゃないですか!
きちんと観ていない時代から、クリスタル・ケイさん、実はもう、
スター・ウォーズの世界にどっぷり入っていたんですね〜。
「パッケージ的には(笑)ダースベイダーが好き」というケイさんですが、
ちなみに…Do you believe in the Force?? フォースを、信じますか??

★クリスタル・ケイ---------------------------

フォースは…信じます。絶対あると思う。地球か出ているフォースもあると思うし、人間から出ているフォースもあると思うし。宇宙から見えないけど、フォース来ていると思う。I DO believe in the Force.
-----------------------------------------

YES! Constantly surrounded by the Force, We are!!

はい、マスターヨーダもおっしゃっていますが、その通り、
「フォース」は、エブリホエア、どこにでも存在しています。

うーん、永遠に続く、光と闇の闘い、
それも、スター・ウォーズ神話のメッセージのひとつ、でしょうか(笑)。
クリスタル・ケイさん、今日はありがとうございました!

【クリスタル・ケイ】
★安室奈美恵とのコラボシングル「REVOLUTION」リリース!

20150928_sw2.jpg

12月18日世界公開『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』へ向けて、
BEAT PLANET WEEKLY "STAR WARS" PRESS、来週も、お楽しみに…!

STAFF| 22:32 | カテゴリー:WEEKLY STAR WARS PRESS

2015年09月28日

【9/28オンエア曲リスト】 THIS IS ISETAN UNDERGROUND - DJみそしるとMCごはん、ほか

今週9月30日(水)に伊勢丹TOKYO解放区とのコラボシングル「THIS IS ISETAN UNDERGROUND」をリリースするDJみそしるとMCごはんが登場。
------------------------------

●ラップももちろん曲もアートワーク、ミュージックビデオも手がける。音楽と料理という『くいしんぼうHIP HOP』とは?

「女子栄養大学という栄養学を勉強していて、その卒業研究でレシピを音楽にしてくいしんぼうHIP HOPというのを始めました。」

●デビューして2年になりますが

「あっという間でした。音楽活動以外にもイラストを描かせていただいてコラムを書かせていただいたり、ナレーションのお仕事ができたり、色んな活動が色々と広がって楽しい日々です。毎日緊張しています。」

●あさって9月30日に「THIS IS ISETAN UNDERGROUND」をリリース

「この曲は、平野紗季子の(食べれない)フード天国という伊勢丹で29日から行われるイベント用に作った曲なんです。この時は食べ物をモチーフにしたアクセサリーとかスカーフとか色んな作家さんが参加されていて、その中で音楽担当としてDJみそしるとMCごはんが参加しています。まさに食品フロア、デパ地下の曲でございます。お肉が並んでいるところをまぶしいなと思って見に行ったりハムがステンドガラスに綺麗に並んでいたりとかあとは野菜コーナーもすごく珍しいのでうっとりと眺めてぐるぐると巡っております。この曲を作ることが決まってから毎日のように伊勢丹に自転車で通ってぐるぐる巡ってお家に帰ってはここに何があった、ここに興味深いこんな調味料があったというのを地図にまとめてすごくワクワクする気持ち、食べ物に向かってみんなが一生懸命食べてやるぞ!みたいな。食品たちも私を食べて〜みたいな、食べる人食べてもらいたい人たちのセッションが輝かしい場所だと思い。」

●イベントなどでもお忙しそうですが、曲を作る時は曲のレシピを考えてそこから曲を作ると以前お聞きしましたがそういう時間は持てていますか?

「いまでもお家でコツコツ料理をしたりとかあとは色んな料理人のお友達に例えばもっとポテトサラダを美味しくする技を習いに行ったりとかしながら曲を作っています。(ポテトサラダを美味しくするコツは)私は牛乳を入れてマッシュポテトみたいにしたんですけど、その牛乳を温める時にジャガイモの皮を一緒に入れて温めるとじゃがいものちょっと美味しい土臭さみたいなものが牛乳に移ってそれをマッシュしたポテトと合わせると香りが。」

●ライブなどで地方にも行かれると思いますが美味しいものは?

「食べにも行くし、この間南会津で大宴会というフェスに出たんですけどその時ちょうどステージ裏に美味しそうなきのこがいっぱい生えていて、ライブが終わったらいっぱい取って帰ろうと思ってステージ中も裏にこんなのが生えていたんだよって見せたんです。でもなんだかよくわからないからこれを食べて私がもう死んじゃったらこれで最後のライブになりますからと命がけのライブをして(笑)結局きのこ博士に聞いたらスギタケというちょっと毒のあるきのこで、ライブが終わってきのこを採取していたんですけど全部毒きのこだって。。本当に美味しそうで。鹿児島でお仕事をした時は鹿児島で国産キャビアを作っていて、鹿児島で取れた新米のごはんの上に海苔の佃煮のようにキャビアをドバーッとかけてキャビアごはんを食べて。食道楽の極みみたいな、すごく美味しかったです。チョウザメのスモークもその時出していただいてキャビアとごはんをチョウザメでくるっと包んで海苔のように。人生の運を全部使う果たしてしまったような。すごく美味しかったです。」

●この秋オススメの料理は?

「QQ団子。まん丸のお月様のようなお団子なんですけど、さつまいもで出来ていてモチモチっとしていて、さつまいもと白玉粉で生地を作って、中にあんこを入れた台湾の屋台料理みたいなもの。ごちそんぐDJで曲を作らせていただいて来週放送されるので。」

【DJみそしるとMCごはん】

20150928_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/28>

CAN'T YOU SEE - SKYLAR SPENCE
君のほんの少しの愛で - SEBUHIROKO
CAN'T SLEEP LOVE - PENTATONIX FEAT.TINK
ALIVE - SIA
TORN - NATALIE IMBRUGLIA
WHERE THE SUN GOES - REDFOO FEAT.STEVIE WONDER
BURN IT UP - JANET JACKSON FEAT. MISSY ELLIOTT
DREAM GIRL - GOSPELLERS
VELAS - IVAN LINS
DO IT - TUXEDO
グライド - LILY CHOU CHOU
RESTLESS - NEW ORDER
REVOLUTION - CRYSTAL KAY FEAT.安室奈美恵
TWILIGHT - E.L.O.
WE ARE THE WORLD - USA FOR AFRICA
COMPUTER CAMP LOVE - DATAROCK
YUMEGIWA LAST BOY - SUPERCAR
EYE - GROUP INOU
OVER AND OVER - HOT CHIP
THIS IS ISETAN UNDERGROUND - DJみそしるとMCごはん
ON MY MIND - ELLIE GOULDING
WRITING'S ON THE WALL - SAM SMITH
DANCE WITH YOU - OKAMOTO'S

STAFF| 21:45 | カテゴリー:Records

2015年09月27日

J-WAVEに新しい仲間「BB-8」が登場!

20150927_sw.jpg

サッシャも速攻でポチっとしちゃった「BB-8」、
なんとJ-WAVEにも仲間が届いちゃいました!

ベーダー卿やヨーダと一緒に
J-WAVEのロビーに鎮座してますよ。
スマホにアプリを入れれば、
コントローラーになっちゃいます。

↓動いてるBB-8はコチラ。仲間入りの瞬間!

#bb8 が仲間入り♪(ダース・ベイダーは出張中) #ウィケット#イウォーク #スターウォーズ

BEAT PLANETさん(@beatplanet813)が投稿した動画 -

サッシャのBB-8とJ-WAVEのBB-8、
そのうち共演もあるかも〜♪

STAFF| 21:44 | カテゴリー:WEEKLY STAR WARS PRESS

2015年09月24日

【9/24オンエア曲リスト】 PRESSURE OFF - DURAN DURAN FEAT.JANELLE MONAE/NILE RODGERS、ほか

全世界 レコード・セールス数8000万枚超えのモンスターバンド、Duran Duranのキーボードのニック・ローズと、ギターのジョン・テイラーのインタビューをお届け!
--------------------------

1981年に シングル「Planet Earth」でデビュー。
以降、「Is There Something I Should Know」、
「The Reflex」など、ヒット曲を連発!
メンバーの脱退などで、活動が滞る時期もありましたが…
今月11日には 5年ぶり、14作目となるニューアルバム
『PAPER GODS』をリリースしました。

2010年に発表されたアルバム
『All You Need Is Now』から3年後に制作が始まったという今作。
共同プロデューサーとして30年来の付き合いとなる
ナイル・ロジャースや、前作を手がけたマーク・ロンソン、
そしてミスター・ハドソン、
レコーディングエンジニアのジョシュ・ブレアの4人が招かれました。

かなり色の濃いビッグネームが並びましたが…、
それぞれのスキルが活きた、
そんなアルバムになったと、ニックは語っています。

--------------
ニック:
今回のアルバムではプロデューサー達が上手くストーリーを案内してくれたんだ。アルバム制作はマーク・ロンソンとの作業から始まり…マークは自分のリリースが予定されていたから、その後、自分の作品に取り掛かかることになって一度抜けてしまったんだけどね。そして数か月間は、ジョシュ・ブレアと仕事して、その1年後にはミスター・ハドソンが参加することになったんだよ。ミスター・ハドソンが参加してくれたお陰で、新作の音楽的方向性が定まったね。彼はその時点で大量にあった僕らの素材を上手くまとめて「これとこれは合う」とか「ここにこれを足して、あれも足していこう」という風にいろいろ提案してくれた。専念すべき方向性を見出す上で、僕らを本当に助けてくれたね。そして、その後に再びマークと仕事することになった時点で、ナイル・ロジャースも参加した。ナイルの参加を提案したのはマークだったんだ。僕たちは、ナイルと仕事することになって気持ちが高まったけど、実はナイルの起用はマーク・ロンソンの勝手な理由からだったよ。マークはナイルが手がけてきた作品の大ファンで、ナイル本人ともとても仲良しだったんだけど、一緒にスタジオ入りしたことがなかったらしくて。「是非ナイルと仕事がしたい」と言い出したんだ。」その結果、ナイルが参加して1stシングルの「Pressure Off」が出来上がった。マークとナイルふたりがスタジオでゆっくりと曲を作り上げていく過程を見ることができたことは…本当に良かったね。

ジョン:
マークはグルーヴ感のセンスが最高。彼はアーティスト、プロデューサーである前からDJだったからね。マークの場合、楽曲は「グルーヴ感ありき」なんだ。
--------------

こんなファンクの魂が込められたアルバム『PAPER GODS』。
1986年に発表されたアルバム『Notorious』をひとつの出発点として
制作が始まったといいます。

このアルバムは、初めてナイル・ロジャースとDuran Duranが
全面的にコラボレーションするキッカケになった一枚。
マーク・ロンソンの発案で 今回のアルバムにも参加した、
というナイルですが、なぜこのタイミングで、
29年前のアルバムに目を向けたのでしょうか。

--------------
ニック:
間違いなく「Pressure Off」にアルバム『Notorious』との関連性があって…ちょっとしたヒントが隠れてるよね。両作品ともナイル・ロジャースが手がけているから。ナイル・ロジャースは、現在この地球上で誰よりも最も独自のスタイルでリズム・ギターを演奏できるアーティストだよ。どこへ行っても彼が関わった楽曲の存在に気づかされる。今回こうして彼と再び組んだことが、ファンキーなグルーヴという刺激を与えてくれた。…そうそう。実はナイルがレコーディング中に最高にステキなことを言ってくれたんだ。レコーディングではいつも僕はスタジオのコントロール・ルームにいることが多いんだけど、ナイルがギター演奏した日はエキサイティングなことだから、僕も、ジョンと、ドラムスのロジャーと一緒にレコーディング・ルームに入ったんだよね。その時、ナイルは悲しそうに僕の方を見て「これは、僕がトニーとバーナードと一緒にやっていた頃に一番近い感じだなぁ」ってシックのメンバーだった二人のことをしみじみと語ったんだ。ナイルは僕らと演奏して、凄く楽しかったと言ってくれた。あの時、レコーディング・ルームはファンクネスに満ちていたね。
--------------

アーティスト同士がリスペクトし合いながらレコーディングされた…
これはもう、素晴らしい出来になることは間違えないですよね。

ちなみに昨日は ワシントンのライヴで、
CHICと共演を果たしたDuran Duran。
音楽を愛する者同士、これからもドンドン新しい作品が
生まれていくんでしょうね。

最後に。このアルバム、昔からのDuran Duranの色を残しつつ、
ファンク、ディスコ、ヒップホップ、EDMなどの音色が
随所に取り入れられています。
30年以上の歴史を持つバンドが、新しいサウンドにチャレンジする。
ファン離れも生みかねませんが、心配は無いのでしょうか?

--------------
ジョン:
僕らの楽曲には昔から幅広い音楽性があったと思うんだ。例えば、デビュー・アルバムには初期のテクノもあれば、ダークなポスト・パンク的ダンス・ミュージック、そして純粋にコンセプチュアルなゴス系も混ざっていた。だから、僕らとしてはこのアルバムについて「デュラン・デュラン大総括」という風に考えている。つまり、これまでデュランが出会ってきた(音楽の)全てが詰まった作品にしたかった。だからこそ、EDMあり、ヒップホップあり…という内容に仕上がったんだよね。

ニック:
デュラン・デュランは結成当時からオープンマインドな姿勢と、新しい音楽に対してワクワクする気持ちを自然と持ち続けてきた。実験的な音楽に挑戦することを恐れることは一度もなかったね。これまで長年やってきた上で「様々なプロジェクトに関わってきたから、もう(新しい音楽に対する)好奇心は失った」なんてことも全くない。今でもいろんな音楽を聴いてるよ。過去の作品と全く同じ方式を繰り返すことには惹かれないね。デュラン・デュラン・サウンドの再発明と再想像が僕らを一番魅了させるんだ。
--------------

「過去の作品と全く同じ方式を繰り返すことには惹かれない。」
進化を求める その姿勢が、昔からのファンはもちろん、
新しいファンも生み出していくんでしょうね。

Duran Duranを敬遠していた、という音楽ファンも、
このアルバムからDuran Duranデビューをしてみてはいかがでしょうか!

【Duran Duran】
★約5年ぶり、通算14作目となるニュー・アルバム『Paper Gods』リリース!

20150924_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/24>

TITANIUM - DAVID GUETTA FEAT.SIA
CRAVING - JAMES BAY
Q & A - 秦基博
BAD BLOOD - RYAN ADAMS
JUST THE WAY YOU ARE - BILLY JOEL
ON MY MIND - ELLIE GOULDING
FRIENDS - RAURY FEAT.TOM MORELLO
グライド - LILY CHOU CHOU
RAPTURE - ALICIA KEYS
LOCKED AWAY - R.CITY FEAT.ADAM LEVINE
HOTLINE BLING - DRAKE
TIL IT HAPPENS TO YOU - LADY GAGA
RUNNIN'(LOSE IT ALL) - NAUGHTY BOY FEAT.BEYONCE AND ARROW BENJAMIN
REVOLUTION - CRYSTAL KAY FEAT.安室奈美恵
WHAT DO YOU MEAN? - JUSTIN BIEBER
HIGH BY THE BEACH - LANA DEL REY
CAN'T FEEL MY FACE - WEEKND
REAL GONE - SHERYL CROW
UPTOWN FUNK - MARK RONSON FEAT.BRUNO MARS
BOYフロム世田谷 - 土岐麻子
ISLAND IN THE SUN - WEEZER
PRESSURE OFF - DURAN DURAN FEAT.JANELLE MONAE/NILE RODGERS
ZERO - CHRIS BROWN
SING OUT LOUD - 三浦大知
綺麗 - 吉澤嘉代子

STAFF| 17:12 | カテゴリー:Records

2015年09月17日

【9/17オンエア曲リスト】 21世紀マン - 山崎まさよし、ほか

今週は4日間、デビュー20周年を迎えた山崎まさよしさんをゲストにお迎え。
最終日の今日は"今の山崎まさよし、これからの山崎まさよし"というテーマで伺いました。
------------------------------

●20年というのは、"ここまで来た"?それとも"まだまだ途中"?

「音楽的に言うと全然途中。やっぱりやり切るということが基本ないですから。例えばバンドであったら俺たち4人、あるいは3人でやれることはやったよねというのがあると思うんですよ。それで解散したりとか。僕ソロなので解散できないんですよ。そこで一人でやっていわゆる上限がわからないんですよ。一つの物、作品には終わりがあります、おそらく。ここで止めとくというものもあれば、もうちょっとブラッシュアップするとか、ここで止めておくという場所があると思います。それ以上やったらオーバープロデュースというか、ええ塩梅っていう言葉があるじゃないですか。そういうのを見極めたいですね。僕も毎年梅干し作ってるんですけどね。あれってやっぱり塩加減なんですよ。そこがやっぱり音楽でも加減がわかれば。それをもっと身体で分かってみたいですね。歌詞でも言葉が多いとか、もっとわかりやすくしたほうがいいんじゃないかとか、これひょっとしたらギター1本でやったほうがいいんじゃないかとか。そういう決断がいい感じでできたらいいですよね。」

●フロントマンであるということ

「求められればですよね。場所にはこだわってないです。ちょっと上手側とか(笑)フロントマンであるというのはあると思いますけどね。どっちみちソロですし。そこで自分がどういう振る舞いをするのか。なるべく自分はフラットでいたいと思いますけどね。オンステージとオフステージを分けたらストレスというか。その方が僕は気が楽ですけどね。」

20150917_bp.jpg
4日間ありがとうございました♪

<OA曲目リスト: 2015/9/17>

TODAY'S THE DAY - PINK
スピードと摩擦 - AMAZARASHI
DON'T KNOW WHY - NORAH JONES
JADED - DISCLOSURE
VOGUE - MADONNA
CAN'T FEEL MY FACE - WEEKND
CHOICE - CITY YOUR CITY
アウトサイダー - AWESOME CITY CLUB
MIRAGES - SAYCET
LOCKED AWAY - R.CITY FEAT.ADAM LEVINE
WILDEST DREAMS - TAYLOR SWIFT
GETTING AWAY - VINDATA FEAT.MACK
MY FAVORITE THINGS - 山田稔明
SWEET STICKY THING - OHIO PLAYERS
LOST HIGHWAY - SEBUHIROKO
THE HIGHWAYS OF MY LIFE - ISLEY BROTHERS
IF I AIN'T GOT YOU - ALICIA KEYS
TALKIN' TO YOU - MABANUA
21世紀マン - 山崎まさよし
RUN AWAY WITH ME - CARLY RAE JEPSEN
ALL FOR YOU - GENERATIONS
FRIENDS - RAURY

STAFF| 18:37 | カテゴリー:Records

2015年09月16日

【9/16オンエア曲リスト】 星のかけらを探しに行こう - 福耳、ほか

今週は4日間、今年デビュー20周年を迎えた山崎まさよしさんをゲストにお迎えします。
3日目は、まさよしさんも所属する事務所、オフィス・オーガスタのアーティストたちとの交流などについて伺いました。
--------------------------------

●オフィス・オーガスタは結束力の高いイメージがありますが…

「忙しい人は忙しくしている人もいるし各々ポリシーをもってやっていると思いますけど、ことこういう会社での祭ごとじゃないけど、そういう会社での物事に関してはみなさん前向きに参加型みたいですね。本当に最初に所属した時は杏子さんしかいなくて最初は2人だったんですよね。すごく小さくて机が2つ置いたら一杯くらいの部屋だったんです。僕の住んでた家の方が広かった。桜木町の家族寮の方が(笑)そこは元々杏子さんのファンクラブをやるための事務所だったんです。そこからほどなくしてオーガスタが立ち上がることになるんですけど、なんかすごく見てきてる感があるというか目撃してる感というか。他のところって最初からってそこまでないんじゃないかなと思うんですよ。昔からの老舗だったり、オーガスタは変な話1からなんですよね。だからそんな風になるのかなって漠然と思うんですけどね。出発したのが無からの出発みたいなところが大きいんじゃないかな。」

●オーガスタキャンプ

「野外ライブイベントを打つっていうのも、それもデビューして全国ツアーを自社でコンサート制作をしていこうと、そういう部署ができたのがちょっと経ってからだったんですけど、結構思い切ったことをしてますよねこの当時としては。集客うんぬん見込めた上での話ではあると思うんですけど。やっぱり個性的な埋もれない人が。他のところだったら杭として打たれてしまうような(笑)みんな多彩というかスキルもあって声がまずみんな唯一無二の。そこの集まりはやっぱすごいですね。それこそ大衆に生まれないというか主張が強いというか。僕も含めてですけどね。僕も好き嫌いがあると思うんですよ。そういうのがやっぱりすごいのかなと思いますけどね。」

●オーガスタの後輩からアドバイスを求められることはありますか?

「基本はあんまりないですね。どうでしょうか、というのはあんまり。一昔前だったら上下関係でアドバイスだなんだ。他の人はもしかしたらやってるかもしれないですけどね。やっぱり一緒に音を出せばなんかしら。卒業していくやつもいてAKBみたい(笑)今度ジャンケン大会をやったろうかな。センターを決める(笑)」

■AWAで山崎まさよしさんのサイン入りワイヤレススピーカーとポラロイドが当たる「AWAプレイリストキャンペーン」を実施中!
AWA playlist share event ~山崎まさよしデビュー20周年記念!あなたの思い出の曲の投稿で、山崎まさよしサイングッズをプレゼント!~

【山崎まさよし】
★9月23日(水)ニューシングル「21世紀マン (20th anniversary ver.)」リリース!
★オフィスオーガスタのアーティストが出演する音楽イベント「Augusta Camp」いよいよ来週末開催!
★オフィスオーガスタの各アーティストのライブ音源、さらに以前行われた「オーガスタキャンプ」のライブ音源など、約200曲以上の楽曲をAWAで配信中♪

20150916_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/16>

GO DO - JONSI
SING OUT LOUD - 三浦大知
RIGHT HERE,RIGHT NOW - GIORGIO MORODER FEAT.KYLIE MINOGUE
TODAY'S THE DAY - PINK
GOODNESS ME - SOULPERSONA/PRINCESS FREESIA
WHERE THE SUN GOES - REDFOO FEAT.STEVIE WONDER
ADD YOUR LIGHT TO MINE,BABY - LUCKY SOUL
POSITIVE - TOFUBEATS FEAT.DREAM AMI
DOWN TOWN - シュガーベイブ
アウトサイダー - AWESOME CITY CLUB
ALL FOR YOU - GENERATIONS FROM EXILE TRIBE
CREEP - RADIOHEAD
SEPTEMBER - AROUND THE WAY
SMILE - LILY ALLEN
体温 - ましまろ
CLEAREST BLUE - CHVRCHES
UNFAIRE WORLD - 三代目J SOUL BROTHERS FROM EXILE TRIBE
君のほんの少しの愛で - SEBUHIROKO
TODAY - SMASHING PUMPKINS
ギミチョコ!! - BABYMETAL
RASPBERRY BERET - PRINCE
星のかけらを探しに行こう - 福耳
ZINEDINE ZIDANE - VAUDEVILLE SMASH
STEPPING STONES - G.LOVE AND SPECIAL SAUCE
TONIGHT - KREVA

STAFF| 15:31 | カテゴリー:Records

2015年09月15日

【9/15オンエア曲リスト】 ONE MORE TIME,ONE MORE CHANCE - 山崎まさよし、ほか

今週は4日間、今年デビュー20周年を迎えた山崎まさよしさんをゲストにお迎えします。
2日目の今日は、第二の故郷横浜の思い出、そしてヒット曲誕生の背景を伺いました♪
--------------------------------

●上京してすぐ横浜に?

「1ヶ月くらいは知り合いの家に居候をして、それからは横浜に。最初のレコード会社が家族寮として持ってたんですよね、横浜の。だから結構広めのアパート。そこは所属するマネージャーであったりタレントさんであったりを住まわせていたらしいです。そこに空きが出たから会社に黙って住んじまおうという目論見があったんですね。そこで鍵を渡されて変な話会社自体がそこの存在がすごくもう薄れてたというか忘れられていたような場所だった。それで済んだんですよ。光熱費とかも自動的に落ちていきますのでいくらつかっても。それは桜木町です。横浜という場所に行ったこともなかったし初めてだったけど大体歩いて行ける距離にあって便利。音楽も独特だったりとか、それこそちょっと好きなアメリカの匂いとか。僕元々港で働いていたのでコンテナ積まれてるああいうところとか馴染みがあったんです。海が近いしいいなぁというのもあったし。」

●住んだことによって生まれた音楽はありましたか?

「坂道が多いので坂道にまつわる歌であったりとか、その時横浜歩いている時の風景は大体歌にしているかもしれないです。歌にする時にそう言えばこういう橋を渡ったなとか。ネタを書きためる方じゃないですね。やるってなった時にノートをめくって書いて違う、めくって書いて違うって、そんな感じ。それにまつわるノートがその当時からのがあります。30冊くらい。たまに見返します。やっぱり未熟ですよね本当に。ボキャブラリーが少ないのもあるしそこまでの経験値でしか物事を表してないんで、もっと日本語っていろんな言い回しがあるじゃないですか。それが若さゆえに限定的になっているというか。なんでもそうですけど書く時は書き続ける。いいものが見つかるまで書くし、僕の場合スタッフに恵まれて赤入れる人とかうちの社長だったりとかするんですけど、こういう言い回しはしないとか、てにおはを直してたりとか。そこでまたひとつ広がっていた気がしますけどね。」

●ヒット曲「One More Time, One More Chance」これも横浜の曲なんですよね?

「横浜ですね。これはサビの部分でいろんなところで探しまくるでしょ。僕探し過ぎやなとにわかに思ってるんですけど、そこまで探すかなというのはあるんですけど、これがこうなったのはスタッフのアイデアでもっといろんなところを探そうと。例えば今江桜木町にいるから桜木町って入れたらいいじゃないかというのもあったんですよ。実際桜木町って入れて歌ったら量の持ち主である社長さんが『あいつ桜木町に住んでるのか』とバレましてね(笑)それで追い出されることになったんです。」

■AWAで山崎まさよしさんのサイン入りワイヤレススピーカーとポラロイドが当たる「AWAプレイリストキャンペーン」を実施中!
AWA playlist share event ~山崎まさよしデビュー20周年記念!あなたの思い出の曲の投稿で、山崎まさよしサイングッズをプレゼント!~

【山崎まさよし】
★9月23日(水)ニューシングル「21世紀マン (20th anniversary ver.)」リリース!
★オフィスオーガスタのアーティストが出演する音楽イベント「Augusta Camp」いよいよ来週末開催!
★オフィスオーガスタの各アーティストのライブ音源、さらに以前行われた「オーガスタキャンプ」のライブ音源など、約200曲以上の楽曲をAWAで配信中♪

20150915_bp.jpg
山崎まさよしさん、明日もよろしくお願いします♪

<OA曲目リスト: 2015/9/15>

TITANIUM - DAVID GUETTA FEAT.SIA
HOLD MY HAND - JESS GLYNNE
POSITIVE - TOFUBEATS FEAT.DREAM AMI
DO YOU EVER - SEAL
ドラマチック - YUKI
CAN'T FEEL MY FACE - WEEKND
EASY LOVE - SIGALA
リバーシブルー - クリープハイプ
ALL THINGS MUST PASS - GEORGE HARRISON
SOMEWHERE ONLY WE KNOW - KEANE
SMILE - ROYAL CONCEPT
消えぞこない - フラワーカンパニーズ
MARVIN GAYE - CHARLIE PUTH FEAT.MEGHAN TRAINOR
LOVE ME LEAVE ME - SPANDETTES
CAN'T YOU SEE - SKYLAR SPENCE
新宝島 - サカナクション
VOLARE - GIPSY KINGS
ORDINARY PEOPLE - JOHN LEGEND
楓 - SPITZ
PHILOSOPHY - BEN FOLDS FIVE
ONE MORE TIME,ONE MORE CHANCE - 山崎まさよし
WILDEST DREAMS - TAYLOR SWIFT
WAKE UP - ARCADE FIRE

STAFF| 17:28 | カテゴリー:Records

2015年09月14日

【9/14オンエア曲リスト】 月明かりに照らされて - 山崎まさよし、ほか

今週は4日間、今年デビュー20周年を迎えた山崎まさよしさんをゲストにお迎えします。
今日はデビュー当時のお話を伺いました。
--------------------------------

●オーディションを間違えたところから始まったとか?

「それは本当ですね。趣旨がなんでもできる一芸に秀でてる人という趣旨だったので、しかもレコード会社のオーディションだったのでいわゆる音楽かなと思いきやそこに役者の人とかも所属していて、そういう音楽もできて役者もできるという人を捕まえようとしていたということが最終選考に行ってわかった(笑)途中はデモテープと書類審査だけだったので。ただそのオーディションで一番遠くから来ていたんです。山口県。だから特別賞をもらいましてね。その時にエレピをもらいまして。そこで今の事務所の制作ディレクターだったりスタッフに知り合うんですよね。そっからなんですよ状況できるきっかけというかそういうのができたのが。今に繋がってる。」

●そこからデビューして上京ですか?

「上京が先でしたね。上京してデモテープなり作曲したものをそこのレコード会社からやるんではなくて多方面にプレゼンしてた時期があったんです。で手を挙げる人を探していたんですけど何せやってる音楽というのがブルースだったりギター一本でやってるものとかが多かったのでそれで結構そっぽ向かれてたんですよね。何か地味だぞと。」

●ブルースをやっていくつもりでした?

「オリジナルというものだったのでブルースというものを基盤にしたにせよそれだけで行くわけではないだろうなというのは漠然と。やっぱり他のものも好きですし、まだ知識がない時にどんな奴だという代名詞にブルースは役に立ったかもしれないです。あいつ若いのにブルース好きらしいというので印象付くというか。」

●デビューしたのが9/25ちょうど20年前。レコードショップに行って面出しの位置を変えたり自分のを大きめに置いたりはしたんですか?

「それは誰もがやってると思いますよ(笑)僕、山下達郎の前に置いたかもしれない(笑)ヤ行だから。それで斉藤和義くんも言ってたんですけど、彼もレコードが出たら売れるものだと思っちゃうんですって。レコード出す=売れる。だけどそんなことは絶対ないわけじゃないですか。だから変な話鳴り物入りでもなんでもないから僕もちょっとそういう甘い期待があって完全に打ちのめされましたね(笑)」

【山崎まさよし】
★9月23日(水)ニューシングル「21世紀マン (20th anniversary ver.)」リリース!
★オフィスオーガスタのアーティストが出演する音楽イベント「Augusta Camp」いよいよ来週末開催!
★オフィスオーガスタの各アーティストのライブ音源、さらに以前行われた「オーガスタキャンプ」のライブ音源など、約200曲以上の楽曲をAWAで配信中♪

20150914_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/14>

FOREVER - YKIKI BEAT
FREEDOM - PHARRELL WILLIAMS
PLEASURE OFF - DURAN DURAN FEAT. JANELLE MONAE AND NILE RODGERS
FRIEND LIKE ME - NE YO
BAD THINGS - KSUKE FEAT. MEREKI
FIGURE IT OUT - ROYAL BLOOD
HARD LUCK WOMAN - KISS
LOVE IS ALL AROUND - LOVE PSYCHEDELICO
YOU - SEBUHIROKO
OFF THE RACK - TRIGGERFINGERS
CHEERLEADER - PENTATONIX
HIGH BY THE BEACH - LANA DEL REY
LOVE SICK - 曽我部恵一
BLUE SKIES - JAMIROQUAI
D.A.N.C.E. - JUSTICE
REVOLUTION - CRYSTAL KAY FEAT.安室奈美恵
YOU ARE SO BEAUTIFUL - JOE COCKER
NORWEGIAN WOOD(THIS BIRD HAS FLOWN) - BEATLES
いちょう並木のセレナーデ - 小沢健二
JUNIOR SWEET - CHARA
SHE WILL BE LOVED - MAROON 5
月明かりに照らされて - 山崎まさよし
DRAG ME DOWN - ONE DIRECTION
LOVE ME LIKE YOU DO - ELLIE GOULDING
アンビリーバーズ - 米津玄師
A THOUSAND MILES - VANESSA CARLTON

STAFF| 22:43 | カテゴリー:Records

2015年09月14日

<第18回目>コウケンテツさんが語るスター・ウォーズの魅力

今年12月に公開される映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を記念し、番組では「BEAT PLANET WEEKLY "STAR WARS" PRESS」と題して、スター・ウォーズの魅力を毎週月曜限定でたっぷりとお届けします。
そして今回は、料理研究家のコウケンテツさんがスター・ウォーズ「愛」を語ってくれました!

20150914_sw1.jpg

料理研究家のコウケンテツさんは、
実は、「超、スーパー」がつくほどの、スター・ウォーズ好き。
もう、かなりの「スター・ウォーズDEEP LOVER」なんです!
ちょっと、聞いてくださいよ、この発言…!

------------------
コウケンテツ:
私、一つのエピソードにつき200回以上は見てるんですよね。セリフも全部覚えてますし。あと習慣として10代後半の多感な時期に毎晩スター・ウォーズを見ながら寝るという習慣がありまして結婚して子供が生まれるまでずっと続けていました。

------------------

ひとつのエピソードにつき、200回観ている!!

そして、コウケンテツさんには、
息子さんがいらっしゃるんですが、
コウケンテツさんの、その「スター・ウォーズLOVE」が高じて、
ある「家庭内問題」が勃発してしまったそうなんです…。

------------------
コウケンテツ:
子供が大きくなって小学校中学年になった頃に一緒に観だして将来スター・ウォーズについて語り合う妄想をしていたんですけど、2歳か3歳くらいの時にフライングで観せてしまいまして息子もハマりまして、私と同じで毎日見たいと気が済まない状況になったんですよ。さすがにこれはちょっと妻からもクレームが来ましてちょっとスター・ウォーズ経ちをしていたんですけど、最近また熱がぐっと上がってきてしまいまして、また二人で観ることが多くなってきましたね。スピンオフとかアニメバージョンのクローンウォーとかもほぼ観せてます。かなりの通ですね。

------------------

息子さんが「小学3〜4年くらいで初めて一緒に観るはずが、
3歳(当時)で観させてしまった」、コウケンテツさん。
で、奥さんからクレームがくるほど親子して観まくっていたという(笑)。
息子さん、フォースを受け継いで、ジェダイへの道まっしぐら!でしょうか。

20150914_sw3.jpg

ところが!
お話をよ〜く聞くと、コウケンテツさん、
「最初のスター・ウォーズとの出逢い、衝撃」は、
フォースというより、ダークサイドだったそうなんです…

------------------
コウケンテツ:
初めて観たのがエピソード6の日本公開の年なんですね。1983年で小学校3年生くらいの時ですかね。初めて映画館でエピソード6を観てから大ハマりですね。映画館に入った時のベイダー卿や皇帝の恐怖心というんですかね。小学校3年なのでそんなに映画館に行ってなかったんですけどあの怖さというのを今も鮮明に覚えてるんですよね。あれで最初に圧倒されたというか、あの世界観に。子供の心に届くリアリティーがすごくあったんじゃないですかね。

------------------

20150914_sw4.jpg
こんなお宝も…!

さて、コウケンテツさんへのスター・ウォーズLOVEインタビュー、
最後に、お聞きしましょう。
コウケンテツさん、フォース、信じていますか?

------------------
コウケンテツ:
今さらなんてことおっしゃるんですか。もちろんいたるところにフォースというものが存在してます!

------------------

ぜひまた、お話お聞きしたいですね、コウケンテツさん。
ディープな話題、出てきそうです…ありがとうございました。

【コウケンテツ】

20150914_sw2.jpg

12月18日世界公開『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』へ向けて、
BEAT PLANET WEEKLY "STAR WARS" PRESS、
来週も、お楽しみに…!

STAFF| 22:26 | カテゴリー:WEEKLY STAR WARS PRESS

2015年09月10日

【9/10オンエア曲リスト】 キミノ言葉デ - C&K、ほか

9月16日(水)にニューシングル「キミノ言葉デ」をリリースするC&KからCLIEVYさんとKEENさんが登場!
-----------------------------------

●2人はどういう風に結成したのですか?

「大学が一緒でキーンの方が2こ上の先輩なんですけど彼が大学に入った時に同じサークルで遊んでて、その流れでいつの間にか結成してたというか。テニスサークルという名のただの飲みサークル。」

●「JAM」と呼ぶ音楽スタイルを確立中とありますが

「確立したかどうかはオーディエンスが判断することだとは思うので僕らは確立したって思ってもらえるまで歩み続けるしかないですけどね。」

●いろんな音楽ジャンルをミックスする魅力楽しみはどんなところにありますか?

「わざわざミックスしている意識はあまりないんですけど聞く人がいろんな風に捉えたりこの曲はレゲエにも聞こえるしファンクにも聞こえるしみたいなそういう面白い風に、自分たちの感性がもともと通ってきたものから出ているものなのでその辺を感じ取ってもらえたら嬉しいかなと思います。」

●2人で共通している好きな音楽は?

「やっぱりブラックミュージック、そして歌謡曲ですね。(キーン)僕はあまりロックは通ってこなかったんですけど、クリビーはそっち方面のバンドサウンドはすごく通ってきた人間なので今僕はそっちを勉強したいと思ってますね。」

●9月16日(水)にリリースするニューシングル「キミノ言葉デ」

KEEN:「一言で言うとシンプルな曲ですね。これは決してストレートではないと作ってて思うんですけど、ひねくれていてわかるようでわからない。何か答えをちゃんと言っているようで漠然としている。だけど構成がシンプル。だから聴く人が聴く人の感性を問われていたり今までの人生の経緯だったり、そういうのが人によって全然違うんじゃないかなという曲になってますね。

CLIEVY:「僕は悔しいことだったりそういう嫌な言葉っていうのも結構受けたからこそそれが悪いことじゃなくて今はいいことだなって思ってて、それを乗りこなしたらマイナスの要素もプラスになるし、逆にすごい愛ある言葉もその言葉に甘えていたらマイナスになっていただろうなみたいな。その両極面があるから結局愛があったりないとか関係なくて、その言葉の後ろに自分がどう想いを乗せてそれを消化するか、そういう気持ちを全て表したかったというところで作った。分岐点なのかなと思います。また違うステッップだったり違うドアを開くにはどうしたらいいかというのを今考えている時期だからこそ、さぁまたやろう!というところだったり子供の時の興味がまた沸いてきたり、その色々ぐちゃぐちゃな感じがいい感じに僕をこの曲に向かわしてくれたんじゃないかなと。」

●洋題が「GoldShip」

「これは競走馬のゴールドシップを見てこの曲がどんどん発展して行ったのでそこの想いは付けていたいなと思ったので、いままでどっかにラジオだったり出演する時にふざけて適当な洋題をつけて流したりしたことがあって、これでいこうと思って。このGoldShipを生かすには、日本の邦題だと結構反対派閥が多かったので全然この曲の内容がわからない。確かになと思ってGoldShipという洋題にしたんです。(競走馬のゴールドシップは)やっぱり勝つ時は人をハラハラさせながら決して安定して勝つ馬じゃないので勝った時はすごいドラマがあって負けた時もドラマがあるみたいな。それもこの曲のイメージとピッタリで、波があるというかバラバラぐちゃぐちゃしている感じがとてもいいと思ってこの想いを乗せたいなと思って。」

【C&K】

20150910_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/10>

I WANNA GET LOST WITH YOU - STEREOPHONICS
REVOLUTION - CRYSTAL KAY FEAT.安室奈美恵
DESSERT - DAWIN
SISTERS(LIVE) - SCANDAL
TAKE ON ME(KYGO REMIX) - A HA
WHAT DO YOU MEAN? - JUSTIN BIEBER
WILDEST DREAMS - TAYLOR SWIFT
THE HILLS - WEEKND
PLAYBACK -KZ AND BANVOX REMIX- - JUJU
MOUNTAIN AT MY GATES - FOALS
アンビリーバーズ - 米津玄師
LET ME LOVE DANCE - MOON CITY BOYS
LOVES THE JOBS YOU HATE - HONNE
SING OUT LOUD - 三浦大知
奏逢〜BANK BANDのテーマ〜 - BANK BAND
ONE MORE TIME - DAFT PUNK
GREAT DJ - TING TINGS
お局ロック - CHARISMA.COM
CAN'T HOLD US - MACKLEMORE AND RYAN LEWIS FEAT.RAY DALTON
キミノ言葉デ - C&K
WILD - TROYE SIVAN

STAFF| 23:16 | カテゴリー:Records

2015年09月09日

【9/9オンエア曲リスト】 POSITIVE - TOFUBEATS FEAT.DREAM AMI、ほか

来週9月16日(水)にニューアルバム「POSITIVE」をリリースする、神戸在住のトラックメイカー、tofubeatsさん登場!
-------------------------------------

●ニューアルバム「POSITIVE」今回もいろんなコラボをされてますね。DreamのAmiさん、KREVAさん、エゴラッピンの中納さん、くるりの岸田さんなど…小室哲哉さんとも!

「僕もびっくりですよ。小室さんに関してはオファーする前にお会いしてまして大先輩、父親より小室さん年上なんですけど小室さんが対等に接してくれていたのを鮮明に覚えていて、カウントダウンジャパンの時にお話ししたんですけど何か出来たらいいなと思っていたんですけど、小室さんは一回お会いした状態でオファーしたという感じでしたね。面白い曲ができたなと思います。今までで聞いたことのない曲になっちゃったんですよ。小室さんにこれどうでした?って聞いたら笑ってました。僕が曲を作って小室さんにアレンジしてもらってお返ししてもらうっていうプロセスで話してたんですけど小室さんがそこもすごくて、tofuくんにこれ合うと思うんだよねって全く斜めの方向から先に曲を出してきたんですよ。小室さんから大喜利のお題が来たようなものでもっと面白くして返さないといけないなと思って肩肘張りすぎて変な曲にして返しちゃうっていう。それはそれで聞いたことない曲ができたのでよかったなと思って、このアルバムでも一番外角に攻めてる曲で本当にオススメですね。THE小室サウンドの曲が来てこれをどう料理しようかなという感じでしたね。逆にそこは若者のいいところというか尊敬もあるけどある意味エディットとかするのにそんなに抵抗はないのでそこはよかったなと思いますね。」

●他のアーティストさんはどうだったんですか?

「他のアーティストさんみなさんコラボが楽しくてKREVAさんとかも何もこちらからオーダーを出していたわけではないのに僕らっぽいwi-fiという言葉をリリックに入れてくださったり、エゴラッピンの中納さんとかも僕が作ったコーラスよりもさらにいいものを撮ってくださったりとか、岸田さんなんかも自分でコーラス積んでくださったりして。いいこと一杯あると不安になるんですけどそこは一回受け入れてみようという意味もあってPOSITIVEっていうタイトルになってますね。」

●タイトル「POSITIVE」について

「さっきは綺麗事いいましたけど、実はこのアルバム作り始めた時に曲ができなさすぎてワーナーミュージックの会議室に呼ばれましてウジウジしてないでポジティブになりなよって担当に怒られまして、締め切りを飛ばしまくってて、でもできないもんはしょうがないと悪態ついてたらやりなさいと言われまして。翌日デザイン会議があって何も来てないからデザインも進められないと。でもタイトルくらい決めておくかといって、そんなのもあってPOSITIVEというふうにしたんですよ。そしたらアルバムのコードネームとしてみんながPOSITIVEと言うようになってDreamのAmiさんも決まってそしたら全部POSITIVEでいいんじゃない?って。それで曲名もPOSITIVEに。」

●DreamのAmiさんとの仕事はどうでしたか?

「レコーディングには立ち会えなかったんですけどDreamのAmiさんにぴったりの曲を書きたいなというかDreamのAmiさんにいって欲しいことを書きたいなということで尚且つPOSITIVEと合わせたいということを意識しました。『ちょっと笑顔になってよ』とか今までの僕なら1000%言わなかったようなリリックを、でもAmiさんならこれを言ってもOKになるしポジティブに僕もなれるなと。音楽作るのは人のためというのもあるんですけど自分が嬉しいというのが大事だと思うのでプロデューサーとしてそこはすごい気をつけてますね。」

●KREVAさんはどうでしたか?

「KREVAさんに曲を作るとなった時点で『Too Many Girls』というサビが出てきちゃったんですよ。僕が勝手に。KREVAさんってすげーもモテそうだしみたいな。サビだけ録ったものを送ったらKREVAさんが何も言わずに内容のすげーモテてるリリックを返してくれて、その中に『6月に3回告白されてる』みたいなリリックがあるんですけど、俺の中で月に3回も告白されたこと何てもちろんないんで、3個持ってて自慢できるものって何かなと。ラップはウソついちゃいけないんで。で、3個持ってるってなったらポケットwi-fi。あれ3つ持ってるなと思って、人より多いなと。自慢できると思ってそれを歌にしたのがToo Many Girls。」

●定額配信サービスについて

「看板とかになっちゃってるので賛成してるというか一回ちょっとやってみたいなと思ってて、どういう風になるかは1年〜2年経ってみないとわからないですけど自分のライフスタイルにそれがどういう風になるかというのを今試してるところで、自分の作ってる曲がiTunesにいっぱい入っているんですね。例えばApple Musicでクラウドにしたりすると自分の作った曲とクラウドがごっちゃになっちゃって使えないのでスとりーミングで聴くようになると。そうなるとよくわかんないけどブライアン・イーノばっかり聴くみたいな。BGM用途になるからアシッドフォークとかアンビエントとか、僕昔Megoがすごく好きだったんですよ。エレクトロニカのレーベルのフランスの。そこのタイトルを高校生以来聞き直したりして音楽の聴き方の角度が全然変わるからすごい面白いなとは思ってます。」

【tofubeats】

20150909_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/9>

ばらの花 - くるり
CAN'T FEEL MY FACE - WEEKND
HULA HOOP - OMI
新宝島 - サカナクション
ラブメッセージ - 岡村靖幸
NUMBER ONE - TOVE STYRKE
WITH YOU - JUJU
DILEMMA - NELLY FEAT.KELLY ROWLAND
CAMERA! CAMERA! CAMERA! - FLIPPER'S GUITAR
FREAZY - WOLF ALICE
人間 - SANABAGUN
SISTERS - SCANDAL
DANGEROUS - RUMER
BANG BANG - JESSIE J/ARIANA GRANDE/NICKI MINAJ
Q & A - 秦基博
(SITTIN' ON)THE DOCK OF THE BAY - OTIS REDDING
SEPTEMBER - EARTH WIND AND FIRE
STEREO HEARTS - GYM CLASS HEROES FEAT.ADAM LEVINE
EVERY BREATH YOU TAKE - POLICE
POSITIVE - TOFUBEATS FEAT.DREAM AMI
TOO MANY GIRLS - TOFUBEATS FEAT.KREVA
ONE DAY - サニーデイ サービス

STAFF| 16:12 | カテゴリー:Records

2015年09月08日

【9/8オンエア曲リスト】 つくり囃子 - パスピエ、ほか

明日9/9(水)ニューアルバム「娑婆ラバ」リリースするパスピエからボーカルの大胡田なつきとさんキーボードの成田ハネダさんをお迎えしました。
-----------------------------------

●ニューアルバム「娑婆ラバ」がリリース

「娑婆って広いイメージというか"この世"っていう意味があるんですね。俗世間だとか世の人の皆さんだとかそういういろんな意味があって、このアルバム僕らにとっても自信作ですしいろんな人に聞いて欲しいというのをパスピエ流に表現したっていう感じで。」

●成田さんがクラシックピアノでクラシックを弾くような感じをシンセに置き換えたらどうなるんだろうという感じというかそういう遊び心を感じました

「今回確かにシンセサイザーを多用しているアルバムなのでクラシックの要素もありつつサイケデリックな音作りを目指しているかもしれないですね。そこに大胡田の難解な不可思議なフレーズだったりとか言葉が乗っかりつつという感じで、一回聞いただけでも面白い作品になるんじゃないかなとは思ってますね。」

●毎回大胡田さんがジャケットの絵を描いていますが

「今回は花札とちょっと祭り感というか、あとは絵の中と現実の中の繋がり・境界線みたいな感じで描きました。今回一番描き込んで塗ってますね。初回盤は歌詞カードが特殊な感じになってまして神社の御朱印帳の形にしてあるんですよ。それで絵も描き足しましてそっちも見ていただきたいですね。」

●今回のアルバムは縦書き

「そうなんです初めて。デザイナーさんも一回縦書きをやってみたかったんだよねって言ってくださって。タイトルもカタカナ語のタイトルとかあるんですけど、表記を英語にしようかカタカナにしようか迷ってたんですけど、縦書きだからカタカナのほうがいいねということで。」

●ミュージックビデオは英語版があったり。海外も意識している?

「そうですね。僕らがずっとやっていきたいというよりはYouTubeに上げて海外の方からたくさんコメントをいただくようになって、日本以外の人も見ているんだなと僕らも気づかされて、触発されて英語バージョンを出してみようかとか。それで今年ロンドンでライブをやらしていただいたりだとか、そうやってパスピエという日本のバンドを海外に発信にして行きたいなとは思っていますね。」

【パスピエ】

20150908_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/8>

MOVES LIKE JAGGER - MAROON 5 FEAT.CHRISTINA AGUILERA
SPARKS FLY - TAYLOR SWIFT
スターリングスター - KEYTALK
CAN'T SLEEP LOVE - PENTATONIX
SET FIRE TO THE RAIN - ADELE
SWALLOWTAIL BUTTERFLY〜あいのうた〜 - YEN TOWN BAND
スピードと摩擦 - AMAZARASHI
WHERE THE SUN GOES - REDFOO FEAT.STEVIE WONDER
マーメイドラプソディー - SEKAI NO OWARI
CAN'T YOU SEE - SKYLAR SPENCE
C'EST LA VIE - STEREOPHONICS
エルビス(仮) - クロマニヨンズ
RISE UP - ANDRA DAY
WHAT DO YOU MEAN? - JUSTIN BIEBER
FOR A BETTER DAY - AVICII
雨 - ペトロールズ
NEW YORK STATE OF MIND - BILLY JOEL
BILLIE JEAN - MICHAEL JACKSON
HOT FOR TEACHER - VAN HALEN
I STILL HAVEN'T FOUND WHAT I'M LOOKING FOR - U2
つくり囃子 - パスピエ
手加減の無い未来 - パスピエ
POSITIVE - TOFUBEATS FEAT.DREAM AMI

STAFF| 15:22 | カテゴリー:Records

2015年09月07日

<第17回目>木村カエラさんが語るスター・ウォーズの魅力

今年12月に公開される映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を記念し、番組では「BEAT PLANET WEEKLY "STAR WARS" PRESS」と題して、スター・ウォーズの魅力を毎週月曜限定でたっぷりとお届けします。
そして今回は、木村カエラさんに「スター・ウォーズ愛」を語っていただきました♪

20150907_sw.jpg

「スター・ウォーズLOVE王国」へ、ようこそ!
木村カエラさも、映画『スター・ウォーズ』、大好きなんだそうです。
そして、カエラさんに「特に好きなキャラ」についてうかがってみると…
最近、この番組に出てくださっている女性の皆さん、
SUMIREさんやMAY Jさんなど、
女子の皆さんおそろいで「クィーン・アミダラ好き」表明していますが、
なんと!
木村カエラさんも、「アミダラ姫が大好き」なんだそうです!

----------------------------
けっこうプリンセス…姫がいつもオシャレだな〜と思っていて。特に好きなのはアミダラ姫が好きで、唇のところが四角く、赤く、リップが塗られていて、そのネイルをマネージャーさんがしていたんです。爪の先だけ四角く、赤く塗っていて「わー!それ、可愛いね。」って言ったらアミダラ姫のネイルしたんですって、言っていたので一緒にマネして、塗らしてもらったり。髪の毛も羊さんみたいになっていたりとか、衣装が着物みたいなときもあれば奇麗目なときもあって、いつも、プリンセス…姫には楽しませてもらってました。
----------------------------

ナタリー・ポートマン演じたアミダラ姫、
衣裳に「和」なアレンジがあって、奇抜でしたが、よかったですよね。
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でも、登場キャラクターの衣裳、
装いも、楽しみなポイントのひとつですよね。

では、木村カエラさん、もし、「スター・ウォーズに出演できる!」としたら、
どんな役柄、キャラクター、やってみたいですか?

----------------------------
ええ〜!…どんな役??悪い役はやりたいですね。悪い女。ちょっと宇宙人になりかけている人になりたいです。凄いドロドロな…ジャバ・ザ・ハットみたいにはなりたくないんですけど、中途半端な感じにはなりたいですね。悪いやつ、悪役なりたいですね!
----------------------------

出演できるなら悪役…
つまりダークサイドご希望の木村カエラさんですが、
でも、あえて、お聞きします、
カエラさん、フォースも、信じていますよね??

----------------------------
フォースねぇ…そうですね、信じますね(笑)
----------------------------

(すいません…無理やり言わせてみたいで…)

では、木村カエラさん、「フォースを感じる瞬間」、どんなときですか?

----------------------------
フォース感じるとき!?謎な質問すぎて…でも人から貰えるパワーだとか良いものの交換のし合いだとかは、ライブでもあるので、そういった意味でも、フォース…なんでしょうね、はい(笑)。
----------------------------

木村カエラさんのライブへ行けば、フォースをたっぷり感じられる、と。
木村カエラさん、ありがとうございました!

12月18日世界公開『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』へ向けて、
BEAT PLANET WEEKLY "STAR WARS" PRESS、
来週も、お楽しみに…!

【木村カエラ】
★ニューシングル「EGG」リリース!

STAFF| 16:44 | カテゴリー:WEEKLY STAR WARS PRESS

2015年09月07日

【9/7オンエア曲リスト】 悪人 - BACK HORN、ほか

先週、通算23作目となるニューシングル「悪人/その先へ」をリリースしたばかりの4人組オルタナティヴ・ロックバンド、THE BACK HORNからボーカルの山田将司さんとギターの菅波栄純さんが登場。
---------------------------------

●この夏はどうでしたか?

「フェスに出てバンドとしては充実してましたね。やっぱり新曲を演奏してやるフェスは緊張感もあるけどやりがいはありますね。それでこっちの思いが伝わって初めて聴く曲だけど一体感が生まれる瞬間があるのですよ。手応えを感じて。」

●山田さんはボーカリストとしてchaboさんなどとMY LIFE IS MY MESSAGEとして出演も

「ライジングサンで。大先輩の中で若造だったんです僕は。ど緊張しました。マネージャーにもあんなに緊張してるの久しぶりだって言われました。山口洋(HEATWAVE)と和田唱(TRICERATOPS)と4人でやりました。レンジェンドに混じって。各々の美学を持っててそれぞれがぶつかり合うことなく混じり合って一つのステージを生み出すのは素晴らしいと思いました。」

●菅波さんもスガ シカオ with 菅波栄純として主演

「かなり意外と自分も思ってたんですけど色んな良い事情があってやることになって、やってみると似てるところも。歌詞を書いたりするときに入り込んで書くタイプらしくて、女性のことを書こうが19歳の若者のことを書こうが完全にそれになりきって書けるらしくて。自分も結構そういうタイプなんですよ。そういう部分もあるし化学変化的なところではスガさんの音楽はファンの子が多いので自分が入ってどうなるのかと思っていたけど思いっきりロックでやってくれと言われて。思いっきりロックでやったら楽しんでくれて。スガさんはもう本当にセクシーだなと思いましたね。」

●ニューシングル「悪人」

菅波:「最初の一言のきっかけが出てきたのは結構ひらめきなんです。それはthe HIATUSというバンドのライブを見ているときに思いついたんです。もちろんあの人たちが悪人というわけじゃないんですけど(笑)自分って集中すると目の前のことと関係のないゾーンに入るタイプ。そのときに悪人の最初の方の歌詞が出てきて、そこから入り込んで自分がそいつになりきってどんどん書き進めていきましたね。」

山田:「テーマがデカすぎるから自分がどんな風に入っていけばいいんだろうと思って。この曲に流れている罪悪感みたいなものだったりとかそこを自分が振り返ったりして、罪悪感を持ったまま曲が進んでいくんだけど、最後に音は開けてるんだけどその中でほんのり公開してしまうような。人間だからそういうことで公開してしまう。人間っぽく曲を歌いたいなとは思ってたんですけど、結構感情をどれだけ出せばいいのかは悩んだかな。出し過ぎると俺だけのものになっちゃうから。世界観が大きいからどの辺に自分の心を置けばいいのか難しかったですね。」

●YouTubeにこの曲のミュージックビデオが上がっていますが、全くの無音。曲を聴きながら再生して観る?

「そうやってる人もいるみたいですね。最初は歌詞をものにして欲しいってそういうコンセプト。映像もその歌詞の世界に寄り添ったものだからそれで想像して欲しいっていう感じでうちのマネージャーが思いついた。メンバーだったら思いつかないですよ。やってみたら反響がすごくあって。悪人はメンバーが全員演じてるんですよ。」

【THE BACK HORN】

20150907_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/7>

LEAVE A TRACE - CHVRCHES
SHE'S A RAINBOW - ROLLING STONES
WALKING ON THE CLOUDS - 藤原さくら
LOVE SONG TO THE EARTH - PAUL MCCARTNEY, JON BON JOVI AND MORE SINGER
アンビリーバーズ - 米津玄師
28 THOUSAND DAYS - ALICIA KEYS
REVOLUTION - CRYSTAL KAY FEAT.安室奈美恵
FEEL GOOD INC. - GORILLAZ
ONE DAY - DEF TECH/JAKE SHIMABUKURO
OMEN - DISCLOSURE FEAT.SAM SMITH
RUNNING - COMPUTER MAGIC
FEVER - 三浦大知
EGG - 木村カエラ
REBEL REBEL - DAVID BOWIE
もう一度夜を止めて - 崎谷健次郎
CARTOON HEROES - AQUA
GOING TO THE MOON - TRICERATOPS
OB LA DI,OB LA DA - YOUSSOU N'DOUR
悪人 - BACK HORN
その先へ - BACK HORN
つくり囃子 - パスピエ

STAFF| 16:37 | カテゴリー:Records

2015年09月03日

【9/3オンエア曲リスト】 SING OUT LOUD - 三浦大知、ほか

水曜にニューアルバム「FEVER」をリリースしたばかりの、三浦大知さんが登場。
------------------------

●ニューアルバム「FEVER」について

「シングルが5曲入ってるっていう、そこもボリューミーなのでなかなかないのかなと。自分的にはとにかく盛り上がるものをたくさん作りたいというのがあって、盛り上がるものをパッケージにした一枚のアルバムを作れたらいいなと。とは言えずーっと盛り上がってるのが14曲だとそれもなんかちょっと違うなと思いまして、盛り上がるといってもいろんな盛り上がるじゃあるんじゃないかなと思って、それってみんなで手を挙げて盛り上がるものもあれば、バラードとか聴いてこれいい曲だなとか、それも一個の興奮じゃないですか。クールでかっこいいものを見ておっ!と思うのも一つの熱狂だと思いますし、興奮や熱気、盛り上がりたい気持ちっていろんな種類があるなと改めて感じて、そういうものを沢山パッケージしていこうという感じでジャンルにとらわれず。表面的な盛り上がりと内に来る盛り上がり。 IT'S THE RIGHT TIMEとか他のものもそうですけどシングルのものに関してはアルバムに入ることで聴き方が変わるような作りになったらいいなと思っていた。」

●配信や定額制音楽サービスなどありますが、アルバムとしてこだわりはありますか?

「もちろんアルバムだからできることはあると思うんですよ。順番だとか聴かせ方だとか。僕も音楽ファンとして海外のアーティストを含めアルバムとかを聴いていた時に、次の曲のイントロ出てきてる感覚とかあるじゃないですか。ずっと聴き込んでるとその曲が終わった次の曲のイントロまで全部込み込みで楽しんでる感じというか。そこはやっぱアルバムが持つ1つアルバムの魅力だと思うので、アルバムでできることってあるなと思いつつも、1曲1曲に関していうとアルバムだからこの曲調できるとか、そういうのはあんまり考えないかもしれないです。シングルでもアルバムでもグッドミュージックを作りたい。自分がかっこいいとかやりたいと思ったものに素直に作ったところがあると思いますね。」

●アルバムだからこそ元々ある幅にチャレンジできる

「シングルが1話づつだったら今回のシーズンのやつが全話一気観できる感じじゃないですかアルバムだと。よりストーリーがわかるというか、こういう風にこの2年間音楽と向き合ってきたんだなとかそういうところはアルバムならではで楽しめるんじゃないかと思いますね。」

●最近どんなアーティストを聴いてますか?

「サチモスがすごい好きで最近よく聴いてます。ああいうソウルだったりファンクだったりヒッピホップ的な要素もあると思いますし、世界的に見てもああいうバンドブームの中にいわゆるああいうファンクネスだったりソウルネスだったりヒップホップカルチャーからいろんな音楽から影響を受けたバンドのブームって結構あるじゃないですか。ああいう流れからの日本にああいうかっこいいバンドがいるんだなというのを改めて知って素晴らしいなと思ってよく聴かせていただいてますね。」

●全国ツアーが来週から

「走りこんでます!やりたいことは固まってきているので、今回はDAICHI MIURA LIVE TOUR 2015 "FEVER"ということでこのアルバムのタイトルが付いているので作っている段階からこんなライブができたらいいなというのがなんとなくあったので、このアルバムのテーマというかいろんな興奮が詰まったライブにしていけたらいいなと思っています。もちろんアルバムを聴いてなくても楽しめるライブにしたいなと思っているしアルバムだけでも楽しいと思うんですけど、両方あることでより面白くなるというのは今までのライブでもやってきたので今回もその感じでいけたらいいなと思っています。」

------------------------

なにやら、番組が企画するイベントに出ていただけるとか…?
詳細が決まりましたら、追ってお知らせします!お楽しみに♪

20150903_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/3>

PUMPED UP KICKS - FOSTER THE PEOPLE
CHEERLEADER - PENTATONIX
SISTERS - SCANDAL
HULA HOOP - OMI
POSITIVE - TOFUBEATS FEAT.DREAM AMI
WHAT DO YOU MEAN - JUSTIN BIEBER
SHIBUYAK - DAOKO
RIGHT HERE(HUMAN NATURE MIX) - SWV
HAND IN HAND - LIVETUNE FEAT.初音ミク
SAY WHAT YOU WANT - TEXAS
GRAVEYARD WHISTLING - NOTHING BUT THIEVES
BAN ALL THE MUSIC - NOTHING BUT THIEVES
夜空。 - MIWA FEAT.ハジー
LIGHT BRANG - LITTLE WINGS
DON'T BE SO HARD ON YOURSELF - JESS GLYNNE
爆音ラヴソング - 東京スカパラダイスオーケストラ
MR.BITTERNESS - SOUL COUGHING
STAR FRUITS SURF RIDER - CORNELIUS
DADDY,BROTHER,LOVER LITTLE BOY(THE ELECTRIC DRILL SONG) - MR.BIG
THE ROCKAFELLER SKANK - FATBOY SLIM
SING OUT LOUD - 三浦大知
PRESSURE OFF - DURAN DURAN FEAT.JANELLE MONAE/NILE RODGERS
悪人 - BACK HORN

STAFF| 19:05 | カテゴリー:Records

2015年09月02日

【9/2オンエア曲リスト】 体温 - ましまろ、ほか

ザ・クロマニヨンズの真島昌利さん、ヒックスヴィルの真城めぐみさん、中森泰弘さんが結成したバンド「ましまろ」が登場!
-------------------------

●もうお互いを随分前からご存知だったとか?

真城:「もうかれこれ30年ちょっとですね。一番初め高校生の頃マーシーのバンドとかヒロトのバンドとか観に行ってましてそこで知り合ってますね。一回だけバッキングボーカルでレコーディングに呼んでいただいてそれ以外はないですね。」

●どうやってバンドを組むことになるんですか?

真城:「共通の知り合いというのがまず一人いまして、みずしまくんという。それが3人共通の。マーシーの幼馴染とみずしまくんがお友達だったりとかそれぞれに繋がっていてそれでまた再会というか会うようになりました。」

●ヒックスヴィルも昨年から音楽活動が活発になってきたところでこのましまろの活動ですが

真城:「ヒックスヴィルはずっと同じようなペースで続けてきて、たまたま15年ぶりにアルバムを出して、本当に偶然ですよね。」

●真島さんは新しいバンドをやるというのはどうですか?

真島:「いや、楽しいですよ。そのみずしまくんがサジェスションしてくれて、ましまとましろでましまろでやろうって言ってくれて。
(名前先行なんですか?)そうそう。それは3年ぐらい前からずっと言っていて。それで去年の春にやってみようかと言って始めたんだよ。」

●そこからスタジオに入って曲を作るというふうによくなりましたね

真島:「別にスタジオに入ったわけじゃないんですよ。」
真城:「みずしまくん家で。もう遊びの延長で。」
真島:「僕は曲はましまろ用に作ったというよりも常日頃作ってるような曲の中からこれは真城が歌ったら面白いんじゃないかなっていう曲をその時に持って行って。3人で話して面白くなるんじゃないかなという曲を。」

●今回のアルバムではいろんなアーティストとのコラボレーションが

真島:「エンジニアのかわぐっちゃんという人がいるんですけど、その人がこういう若い奴とやったら面白いんじゃないの?って言ってくれて。」

●中森さんが真島さんと一番最初に会ったのは?

中森:「マーシーの幼馴染と僕が友達でその友達が雑誌の編集者だったんです。僕はそこでカメラマンをやっていてそれで知り合ってるんです。」

●アルバムが完成してみてどうでしたか?

真島:「割となんとなく自然にあんまりディスカッションもせずに自然にやってたらこんなになったんだよ。曲作りもなんとなくですね。最初からあった曲。だからこのアルバムのために作った曲は一曲もないです。去年から僕らが練習してた曲をアルバムに入れた。他に趣味もないですしね。歌作るのは一番好きかな。(ストックは)いっぱいありますよ。」

●ライブは今年の4月のアラバキロックフェスが一番最初だった

真城:「私前の晩一睡もできなかったですね。こんなんなるんだな〜自分でもって思いながら朝が来ちゃった。この3人でライブやるの初めてだと思ったらものすごい緊張してきちゃって。やっぱり人が違えばね。自分が他のバンドに入ってやるのと違って自分が一からやるバンドなのでいろいろ考えちゃって。」

20150902_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/2>

RUN AWAY WITH ME - CARLY RAE JEPSEN
GO - CHEMICAL BROTHERS
SPECTRUM - ZEDD FEAT.MATTHEW KOMA
I KNOW WHAT YOU DID LAST SUMMER - JACOB WHITESIDES
WITH YOU - JUJU
シャングリラ - チャットモンチー
I WON'T LET YOU DOWN - OK GO
BABY LOVE - PETITE MELLER
SUMMERTHING! - AFROJACK FEAT.MIKE TAYLOR
COOL FOR THE SUMMER - DEMI LOVATO
CHANGING OF THE SEASONS - TWO DOOR CINEMA CLUB
EGG - 木村カエラ
YOU - SEBU HIROKO
SITTIN' UP IN MY ROOM - BRANDY
アンビリーバーズ - 米津玄師
FACE - GLOBE
BLAME - CALVIN HARRIS FEAT.JOHN NEWMAN
HEROES(WE COULD BE) - ALESSO FEAT.TOVE LO
WAKE ME UP - AVICII
体温 - ましまろ
ずっと - ましまろ
SING OUT LOUD - 三浦大知

STAFF| 15:13 | カテゴリー:Records

2015年09月01日

【9/1オンエア曲リスト】 アンビリーバーズ - 米津玄師、ほか

ジャケットのイラスト、MVの作成まで一人でこなし、「天才」と評される話題のアーティスト、米津玄師さんをスタジオにお迎えしました!
----------------------------------

●そもそも音楽の発表を世の中的にしたのはボカロP?

「それ以前にも自分で歌っていたものはあったんですけど、その時は全然聞かれていなくて自分の個人的な楽しみでやっていたんですけどボカロPで名前が売れるようになってきて。」

●2009年から"ハチ"名義での活動

「(名前の由来は)特になくて、あるとすればふっと思いついた言葉を名前にしただけなんです。当時NANAっていう漫画があってそこからかなって自分ではなんとなく。ハチっていう人が出てくるんですよ。」

●絵を描く、歌を作る、PVを作る...ミュージシャンというよりもアーティストですね。

「昔は漫画家になりたくてそもそも絵を描くのが先でなんか知らないけど音楽をやるようになって、そしたら両方できるっちゃできるから自分でやったほうが早いのかなと思ってやるようにはなったんですけど面倒臭いですね、やっぱり。
(音楽は)姉がピアノを弾いてたのをずっと聴いてたというのはあるんですけど自分ではやっていなくて、自分でやり始めたのは中2でバンドでギターで。漫画は昔は愚にもつかないような漫画を書いてたんですけどここのところは書いてないですね。」

●フェスに出たのは今年が初めて?

「野外でやるのも初めてだったしフェスっていろんな人が来るじゃないですか。自分のことを知ってるばっかりじゃない。そういう人の前でやるのが初めてだったからどうなるかと思ったんですけどやってみるとすごく色んな人が来てくれて、自分の過去最高の人の数の中でやらせてもらってすごく気持ちよかったですね。やっぱり野外でやるって気持ちいいですね。やり終わってもっとやりたかった。」

●ニューシングル「アンビリーバーズ」

「これは最初に否定による肯定っていうものがやりたかったんです。肯定するってなると何かを否定しなければならないという側面があると思うんですけど、それをひっくり返してみて、僕はそもそもひねくれ者なんで物事をただ肯定するというのに疑いを持ってしまうような人間なんです。そのためにどうしたらいいのか考えたところ否定による肯定っていう面倒臭い肯定をね(笑)」

●ニューアルバムも控えていて10月7日リリース予定「Bremen」

「ブレーメンの音楽隊がすごく好きであれが元となっているアルバムです。今いるところに疲れてブレーメンに行って音楽をやろう。みんなで一緒に探検・冒険するっていうそういう構図が今の自分とマッチしているなと思って。」

【米津玄師】

20150901_bp.jpg

<OA曲目リスト: 2015/9/1>

RESTART - SAM SMITH
攻めていこーぜ! - 斉藤和義
FEET DON'T FAIL ME NOW - FOXES
BROS - WOLF ALICE
SWALLOWTAIL BUTTERFLY〜あいのうた〜 - YEN TOWN BAND
BLACK MAGIC - LITTLE MIX
MONEY ON MY MIND - SAM SMITH
EVERY MORNING - SUGAR RAY
SOMEONE LIKE YOU - ADELE
#9 DREAM - JOHN LENNON
キミに会いたいな(J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2015) - 吉田山田
DRAG ME DOWN - ONE DIRECTION
MR.BRIGHTSIDE - KILLERS
文化祭の夜 - BASE BALL BEAR
FACES PLACES - GLOBE
BY YOUR SIDE - SADE
PHOTOGRAPH - NICKELBACK
セプテンバーさん - RADWIMPS
アンビリーバーズ - 米津玄師
WHERE THE SUN GOES - REDFOO FEAT.STEVIE WONDER
STAY WITH ME(LIVE AT 東京キネマ倶楽部) - SAM SMITH

STAFF| 15:16 | カテゴリー:Records


バックナンバー

カテゴリー