2015年06月15日

<第6回目>鈴木杏さんが「スター・ウォーズ愛」を語る!

今年12月の映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開に向け、毎週月曜限定でスター・ウォーズの魅力をたっぷりとお届けします。今回は、女優の鈴木杏さんに"スター・ウォーズ愛"を伺いました♪

20150615_sw1.jpg

女優の鈴木杏さんは、1987年生まれ、
いわゆる「旧3部作」の公開がすべて終わってから、
地球に誕生…
ということになりますね♪

●映画スター・ウォーズとの出逢い

「初めて観たのは、エピソード4で、たぶん家族と家でDVDでみたのだと思います。親がスター・ウォーズを好きで、それでなんか、面白いからって、観た記憶があります」

●これまで公開された6作品の中で、どのエピソードが一番好きですか?

「私は…ずっとやっぱりエピソード6が一番好きだったんですけど…エピソード3も面白いなって。今はエピソード3と6が好きですね。エピソード3は描かれていることが深いなぁと思って。見ていて、いろんな気持ちになりました。6はイウォークが出て来たりとか、戦い方がユニーク。だからちょっとリラックスして見れる。逆にエピソード3は、アナキン・スカイウオーカーがダース・ベイダーになっていく過程がぎっしり描かれている。かといって、誰も悪いわけではないのにっていう気持ちになりながら、とっても見ていて切なかったですね、なんだか。」

エピソード6とエピソード3と言えば、終わり方が「対照的=真逆」!
エピソード6は、ある意味ハッピーエンド。
最後にシスをやっつけて、
ジェダイが、「フォースのバランスを取り戻して」終わる…
ところが、エピソード3は、ジェダイが敗北して、
シスとダークサイドが宇宙を支配し始めるところで、ジ・エンド。
その「一見真逆に見える」ことが、実は「ひとつのものである」というのが、
スター・ウォーズの理念でもあるわけです。
そう、フォースには、ダークサイドもあるんですから!

●「一筋縄ではいかない物語」の魅力に、どんどん引き込まれていく…

「宇宙での話っていうスケールの大きさと、ライトセーバーだったりフォースへの憧れもあるんだけど、ちゃんと人間ドラマも描かれているというバランス。見どころが満載感が何回見ても飽きないのはそこなんだろうなぁって今回改めて見直して思いました。自分の年齢で、見え方がどんどん変わっていくんだなって。フォースっていうものに、すごい哲学がある気がして、ヨーダの言葉を自分がジェダイであるかのように、しっかり聞こうって思います。人の中にある善と悪の話だったり、とっても、人ごとではないなっていう気にもなります。」

20150615_sw2.jpg

【鈴木杏】
先月から、舞台『海辺のカフカ』のワールドツアー中。
村上春樹さんによる、世界的ベストセラー小説『海辺のカフカ』。
フランク・ギャラティが手がけた脚本を、蜷川幸雄さんが演出。
この舞台、2012年に初上演され大きな話題になり、今年再上演!
鈴木杏さんは、主人公の15歳の少年「カフカ」が、
四国・高松へ行く道中に出逢う美容師の女性「さくら」を演じています。

9月17日からの、彩の国さいたま芸術劇場大ホールのチケット、
先週土曜日(13日)から前売りが開始されています。

---------------------------------

そして…イギリスの数々の名舞台でも活躍した役者、
クリストファー・リーさんが、先日お亡くなりになりました。

そう、『スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃』と、
『エピソード3 シスの復讐』で、シスことダース・シディアスの弟子、
ドゥークー伯爵を演じた、名優、世界的なアクターでした。

重要な役どころであり、悪役ながらメチャクチャかっこよかった!
ドゥークー伯爵は、かつて、マスター・ヨーダの弟子でした。
さらに、オビ=ワン・ケノービのマスターだった、
クワイ=・ガン・ジンのマスターでした。そう、強力なジェダイでした。
結局、フォースのダークサイドに落ちて、シスの弟子になるんですが…
ドゥークー伯爵は、ライトセーバーでの闘いを「極めた人」つまり、
「ライトセーバーを使った武術の達人中の達人」だったと言われています。
ドゥークー伯爵のライトセーバー、柄のところが曲がっていて、
あれがまた、かっこよかった!
今ごろ、「あちらの世界」で、かつて弟子だった
オビ=ワン・ケノービ(アレック・ギネス:2000年没)と、
ライトセーバーで闘っている…かも??

あらためて、ご冥福をお祈りします。

---------------------------------

12月18日に世界公開される、
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』では、
まったく新しいデザイン(十字型)のライトセーバーが登場するようですし、
そこでは、どんな「ライトセーバーによる闘い」が描かれるのか…
それも楽しみです。
今日は6月15日なので、あと、およそ6か月…!

BEAT PLANET WEEKLY "STAR WARS" PRESS、
来週も、お楽しみに…!

STAFF| 21:27 | カテゴリー:WEEKLY STAR WARS PRESS


バックナンバー

カテゴリー