2015年06月30日

【6/30オンエア曲リスト】 SUN - 星野源、ほか

6月30日(火)のオンエア内容は…
──────────────────
【HILLS AGENCY】
earth garden "夏" 2015 -Festival for Future-

今週末、7月4日(土)、 5日(日)に代々木公園で開催。オーガニック&エコロジカルなライフスタイルが、より身近なものになるためのイベント「earth garden "夏" 2015 -Festival for Future-」に注目していきます。

──────────────────
【BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA】
Journey back Home 「こころの旅」 2015<Guest : レイチェル・チャン>

亀田誠治さんがお届けするコーナー。7月13日(月)にBlue Note Tokyoで東北に向け、言葉や音楽の力を届ける"Journey back Home 「こころの旅」 2015"を主宰するSMILE ON SUNDAYのナビゲーター、レイチェル・チャンさんをお迎えします。

──────────────────
【SUNSTAR J-WAVE LIVE DISCOVERY】
星野源さんが語るライブへの意気込み

番組後半に星野源さんがコメントで登場! 8月のライブイベント「SUNSTAR presents J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2015」出演への意気込みを語ってくれました。

20150630_gen.jpg

<OA曲目リスト: 2015/6/30>

HAPPY DAYS - 大原櫻子
I WANT YOU TO KNOW - ZEDD FEAT.SELENA GOMEZ
SHUT UP AND DANCE - WALK THE MOON
BROWN SUGAR(LIVE AT THE FONDA THEATRE / 2015) - ROLLING STONES
ROVING GAMBLER - BILLIE JOE+NORAH
VERGE - OWL CITY FEAT.ALOE BLACC
CRAZY LOVE - ハナレグミ
面影の先 - SOUR
DO IT - TUXEDO
AMERICA - YES
WHAT DO YOU WANT? - 矢沢永吉
DREAMS COME TRUE - BRANDON FLOWERS
BRAVE - ナオト インティライミ
ACROSS THE UNIVERSE - FIONA APPLE
JOURNEY BACK HOME「こころの旅」2015テーマソング - 亀田誠治
きらきら武士 - レキシ FEAT.DEYONNA
東京ピエロ - 大橋トリオ FEAT.平井堅
GIRL - 秦基博
SUN - 星野源
THINKING OUT LOUD - ED SHEERAN
GONE,GONE,GONE - PHILLIP PHILLIPS
NOT LETTING GO - TINIE TEMPAH FEAT.JESS GLYNNE
CRYSTALS - OF MONSTERS AND MEN

STAFF| 15:50 | カテゴリー:Records

2015年06月29日

<第8回目>増田セバスチャンさんが語るスター・ウォーズの魅力

12月18日の、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開へ向けて、
毎週月曜日のこの時間は、
「BEAT PLANET WEEKLY "STAR WARS" PRESS」!

毎週、様々な方の、「スター・ウォーズLOVE」なコメントとともに、
スター・ウォーズの奥深〜い魅力、最新ネタ、ディープなウワサ、などなど、
フォースとダークサイド、どっちも合わせて、お届け中。

今回は、日本の「原宿カワイイ・カルチャー」を創り上げたプロデューサー、アート・ディレクター、増田セバスチャンさんにお話を伺いました!

20150629_sw2.jpg
マスター・ヨーダとぱちり。

幼い頃は「マンガ家」をめざしていたそうです!
「手塚治虫、藤子不二雄の大ファンだった」という、増田さん。
1977年、『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』を、
生まれ故郷、松戸の映画館に、お父さんに連れられて観に行ったのが、
「スター・ウォーズとの出逢い」なんだとか。

さて、
そんな増田セバスチャンさんに、うかがってみましょう。

ずばり!「スター・ウォーズの魅力、とは??」

------------------------------
「もちろん、世界観で魅了されるんですけど、その奥に詰まったバックストーリー…ダースベイダーになっていく過程とか、ダークサイドに落ちて行くさまだとか…現実社会にもありえる話。その辺が未来というファンタジーの中に置き換えられてはいるんですが、凄く現実的な話でもあるし、ダークサイドに落ちて行くバックストーリがグッときます。単純に宇宙の中で戦うというだけの話ではなくて、その辺のヒューマンドラマみたいなものに凄く惹かれますね。」
------------------------------

毎週、いろんな方にこの時間、
「スター・ウォーズの魅力」をお聞きしていて、
やはり皆さん、「ストーリー」のこと、熱く語りますよね。

わりと、スター・ウォーズというと、その映像とか、未来感とか、
そういうことに向かいそうな気がするんですが、
ファンは必ず、物語=ストーリーについて熱く語ります。

ダークサイドとフォースの闘い、つまり、光と影の物語。
増田さんが言っていた、
「我々人間社会と同じ」という意見も印象的。

「いつか、どこかで」という荒唐無稽な映画に思われがちですが、
実は、とってもリアルな、実社会をなぞっている…!
会社にも、パルパティーンみたいな人がいたり?!

さて、増田セバスチャンさんといえば、
「カワイイ・カルチャー」第一人者。

その「カワイイ」という視点で、スター・ウォーズを見ると、どんなことになるでしょうか。

------------------------------
「カワイイって表面的なものだと凄く奇抜だったり、派手だったり、カラフルな世界だったりするんですけど、実はカワイイっていうものもバックストーリというか、そこに行き着くプロセスがあって、そういった中でああいった派手なものが作られて行くので、その辺が近しい感じがします。表面的な派手さだけではなくて、裏に持っているダークサイド的なストーリーが近しいかなと。カワイイといえば、一番好きな作品は"ジェダイの復讐"で、イウォークが出て来て、その後イウォークアドベンチャーとかも見に行ったくらいで。イウォークの造形とか、すごく好きですね。ああいう、コロコロっとしたモチーフが出てくるのも、スター・ウォーズのちょっと抜いたところみたいな感じがしますね。」
------------------------------

エピソード6「ジェダイの復讐」(※現在『ジェダイの帰還』に邦題変更)
が一番好き、という増田セバスチャンさん。
イウォークのほかには、「R2D2も大好き」とも話していました。
まぁるい感じのものが好きなんでしょうね、きっと(笑)。

20150629_sw.jpg
(写真:右がイウォーク)

12月18日公開の最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に登場する、
ニューキャラクター、新しいロボット、「BB8」、
増田さん、間違いなく大好きでしょうね!

そして増田さん、「スター・ウォーズの作品を、自分で手がけてみたい!」と、力強く宣言です!

------------------------------
「ここで大きな声で言っておいたほうがいいと思うんですけど、やっぱりスター・ウォーズの何かしらのアートディレクターをやってみたいなと思っていて…たとえば、一つの星プロデュースでもいいし、一つの小宇宙をプロデュースみたいなのでいいので、自分の世界観をスター・ウォーズの中に忍ばせても、面白いことが出来るんじゃないかな。たとえば、ハンソロとかが立ち寄るような、ヨーダが暮らしているような、星を一個プロデュースしろって言われたら、アートディレクションとかやってみたいなと思っています。日本代表でスター・ウォーズの一部になるっていうのが、自分の夢の一つでもありますね。」
------------------------------

「スター・ウォーズの日本代表が夢の一部!」…なるほど〜。
増田セバスチャンさんが、スター・ウォーズのスピンオフ作品作ったら、
いろんなキャラクターが出てきて、楽しそうですね(笑)。

ところでスピンオフと言えば…
12月18日公開の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』から、
順次公開されていく、新しいスター・ウォーズの3部作、
『スター・ウォーズ エピソード8』、さらに、その次、『エピソード9』。
これら気になる3作品の他に、「スピンオフ作品が2つ」、
製作・公開されることが、すでにオフィシャルに発表されています。

スピンオフの1作目、タイトルも決まっていて、『Rogue One』。
こちらは、2016年、つまり来年の12月16日に全米公開決定ずみ。
監督は、『ゴジラ』のギャレス・エドワーズ、この夏には撮影開始の予定。

で、スピンオフ2作目で、予定されていたジョシュ・トランク監督、
事情により降板していますので…
増田セバスチャンさん、立候補も…可能!?

本日のスター・ウォーズLOVEなメッセージ・コメント、
アート・ディレクター、増田セバスチャンさんでした、
ありがとうございました♪

【増田セバスチャン】

-------------------------------------------

12月18日に世界公開される、
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』へ向けて…
BEAT PLANET WEEKLY "STAR WARS" PRESS、
来週も、お楽しみに…!

STAFF| 22:41 | カテゴリー:WEEKLY STAR WARS PRESS

2015年06月29日

【6/29オンエア曲リスト】 キミに会いたいな - 吉田山田、ほか

今月、ニューシングル「キミに会いたいな」をリリースしたばかりの男性2人組ユニット、吉田山田がスタジオに登場!
-----------------------------

●春には全国ツアーを行い、今度その模様がライブDVD「吉田山田TOUR 2015 at 渋谷公会堂として」7月29日に発売!

「吉田山田としての単独映像作品は初めてで、ありがたいことに渋谷公会堂もソールドアウトしまして、来れなかった方もいらっしゃったので、こういったカタチで家で楽しんでいただけます。今まで、CDの特典で1曲か2曲入っていたんですけど…それだと、吉田が急に汗だくなんです(笑)。編集しちゃってるから。DVDだと1曲目から徐々に汗をかいていくので。」

●ツアーで感じたことは?

「毎回ツアーで感じるのは、少しずつ…会場が少しだけ小さく感じます。それが嬉しくて。たとえば、数百人のライブハウスも高校生の時は、そこに出るのが本当に夢で、でもそこでやりはじめて、悔しい思いとか必死で客席に何かを届ける…その時って会場の広さを忘れちゃうんですよ。それでライブを終えた時に、会場のことを小さく感じると、少し成長できたのかなって思います。」

●今月リリースのニューシングル「キミに会いたいな」

「10年前に2人で作った曲で、去年は"日々"曲でたくさんの方に吉田山田を知っていただいて、全国各地で刺激をうけて、けっこう新しい曲もどんどん出来て行って、"日々"っていう曲を経て自分の心が成長しているなって感じていたんですけど…今年に入って吉田山田というものを客観的に見たいなと思って、2人でデビュー前から今まで作った曲全部聞着直したんです。その中でなぜか"キミに会いたいな"っていう曲が今の僕らにすごい刺さったんです。色んなことを経て今の自分たちでは紡げない曲だったり、出てこないメロディがそこに詰まっていたから、今の僕らに刺さったんだと思うんです。」

●山田さんの失恋経験からできた曲だとか?!

山田:「僕ら同級生で昔からよく恋愛話をよっちゃん(吉田)にしていたんですけど、よっちゃんがギターをポロポロ弾きながら、僕が泣きながら相談して。その想いを曲に閉じ込めたことを思い出しましたね。」

吉田:「大都会で雨の中、大泣きしながら膝から落ちる男なんですよ、山田は、本当に。」

山田:「アルタ前でしたねぇ…。」

【吉田山田】
★今月、ニューシングル「キミに会いたいな」リリース!
★今週7月2日(木)タワーレコード渋谷店で吉田山田ミニライブ&スペシャル特典会実施!
★8月29日(土)上野恩賜公園水上音楽堂にてワンマンライブ開催決定!
★初となる映像作品、ライブDVD「吉田山田TOUR 2015 at 渋谷公会堂」7月29日発売!

20150629_yoshidayamada.jpg
ギター・ボーカルの吉田結威さん(写真:左)と、ボーカルの山田義孝さん(写真:真ん中)

<OA曲目リスト: 2015/6/29>

GO - CHEMICAL BROTHERS
BRAVE - ナオト インティライミ
BREAK FREE - ARIANA GRANDE FEAT.ZEDD
DANCES - YKIKI BEAT
THE SWEET ESCAPE - GWEN STEFANI FEAT.AKON
I REALLY LIKE YOU - CARLY RAE JEPSEN
MARVIN GAYE - CHARLIE PUTH FEAT.MEGHAN TRAINOR
BE BEAUTIFUL(RAC RADIO MIX FOR FRF'15) - AQUALUNG
EVERYDAY I WRITE THE BOOK - ELVIS COSTELLO AND THE ATTRACTIONS
GET INTO IT - STRYPES
PARTY ROCK ANTHEM - LMFAO FEAT.LAUREN BENNETT/GOONROCK
PRESSURE OFF - DURAN DURAN FEAT. JANELLE MONAE AND NILE RODGERS
I WON'T TURN OFF MY RADIO - KEN YOKOYAMA
I LOVE IT - ICONA POP FEAT.CHARLI XCX
DREAMS - BECK
A HARD DAY'S NIGHT - BEATLES
SEXY,SEXY - BRIAN SETZER ORCHESTRA
太陽とビキニ - RIP SLYME
MOVES LIKE JAGGER - MAROON 5 FEAT.CHRISTINA AGUILERA
LIFE - MONDO GROSSO FEAT.BIRD
キミに会いたいな - 吉田山田
FRONTIN' - JAMIE CULLUM
SHIP TO WRECK - FLORENCE + THE MACHINE

STAFF| 22:13 | カテゴリー:Records

2015年06月25日

【6/25オンエア曲リスト】 PARODY - 大橋トリオ、ほか

6月25日(木)のオンエア内容は…
──────────────────
【HILLS AGENCY】
進撃の巨人とのコラボが話題のアトラクションに注目

今週末、6月27日(土)からお台場の東京ジョイポリスで始まるイベント「進撃の巨人Attack on Titan in JOYPOLIS」に注目。

──────────────────
【SUPREME SOUNDS】
木曜限定企画・カリスマ・バイヤーおすすめの1曲

毎週木曜は、セレクトに定評がある関東近郊のCDショップのカリスマ・バイヤーおすすめのGOOD MUSICをお届け。紹介した曲は、番組Facebookにアップされます。

──────────────────
【BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA】
フォーエバー マイケル・ジャクソン!

亀田誠治さんのコーナー。この日、命日を迎えるマイケル・ジャクソンに想いを馳せる。

──────────────────
【SUNSTAR J-WAVE LIVE DISCOVERY】
大橋トリオさんが語る"念願のライブ"

J-WAVE夏のお楽しみイベント「SUNSTAR presents J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2015」に出演! 大橋トリオさんが語る"念願のライブ"とは?

20150625_ohashi.jpg

<OA曲目リスト: 2015/6/25>

STRANGER - 安室奈美恵
DEJA VU - GIORGIO MORODER FEAT.SIA
C'ST LA VIE - STEREOPHONICS
BODY TALK - FOXES
ダイバー - KANA BOON
PROBLEM - ARIANA GRANDE FEAT.IGGY AZALEA
HEY MAMA - DAVID GUETTA FEAT.NICKI MINAJ/AFROJACK
FLASHLIGHT - JESSIE J
紅蓮の弓矢 - LINKED HORIZON
GHOST TOWN - ADAM LAMBERT
UNDER NEON LIGHTS - CHEMICAL BROTHERS
SMELLS LIKE TEEN SPIRIT - NIRVANA
TRYING - BULLY
PARODY - 大橋トリオ
BILLIE JEAN - MICHAEL JACKSON
SMOOTH CRIMINAL - MICHAEL JACKSON
HUMAN NATURE - MICHAEL JACKSON
HEAL THE WORLD - MICHAEL JACKSON
BEAT IT - MICHAEL JACKSON
I'M COMING BACK AGAIN - JOE SAMPLE
I REALLY LIKE YOU - CARLY RAE JEPSEN
NO SLEEEP - JANET JACKSON
SOUND AND COLOR - ALABAMA SHAKES
かなしいうわさ - PIZZICATO ONE FEAT.UA
DREAMS - BECK

STAFF| 19:15 | カテゴリー:Records

2015年06月24日

【6/24オンエア曲リスト】 TENDER - BLUR、ほか

6月24日(水)のオンエア内容は…
──────────────────
【MUSIC EXPRESS】
シアターブルックの新曲解禁
  ・  ・  ・  ・
シアターブルックのNewアルバム最新曲「もう一度世界を変えるのさ All star Version」をラジオ初オンエア!

──────────────────
【HILLS AGENCY】
「フランス映画祭2015」今年の見どころは?
  ・  ・  ・  ・
今週末の6月26日(金)から29日(月)まで有楽町で開催される「フランス映画祭2015」に注目。

──────────────────
【BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA】
恒例企画「BACK TO THE CHART」
  ・  ・  ・  ・
亀田誠治さんのコーナー「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」では、ある年代のある月のチャートをふりかえる恒例企画「BACK TO THE CHART」をお届け。

──────────────────
【SUNSTAR J-WAVE LIVE DISCOVERY】
"念願のライブ"をミュージックシェア
  ・  ・  ・  ・
J-WAVE夏のお楽しみイベント「SUNSTAR presents J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2015」に向けて、「念願のライブ」というテーマでリスナーのみなさんからミュージックシェアを募集しました。

20150624_blur.jpg

<OA曲目リスト: 2015/6/24>

ADDICTED TO A MEMORY - ZEDD FEAT.BAHARI
HOLDING ON - DISCLOSURE FEAT.GREGORY PORTER
TROUBLE(STRIPPED) - HALSEY
もう一度世界を変えるのさ(ALBUM VER.) - シアターブルック
PLAYBACK - JUJU
DO IT - TUXEDO
DARLING - 西野カナ
HEARTSIGH - PURITY RING
CE JEU - YELLE
GO - CHEMICAL BROTHERS
ENTERTAINMENT - PHOENIX
ラヴァーマン - ORIGINAL LOVE
ON THE REGULAR - SHAMIR
サマータイムラブ - SHIGGY JR.
COUNTRY GIRL - PRIMAL SCREAM
BEST THING I NEVER HAD - BEYONCE
21 QUESTIONS - 50 CENT
きみがその気なら - チャットモンチー
MERCY - MUSE
SAME LOVE(XAVI SHADOW REMIX) - MACKLEMORE AND RYAN LEWIS FEAT.MARY LAMBERT
TENDER - BLUR
NEON SIGN STOMP - EGO WRAPPIN'
I CAN'T FEEL MY FACE - WEEKND
I FOUND LOVIN' - ASHANTI
KING AND CROSS - ASGEIR
夢で逢えたら - NICO TOUCHES THE WALLS

STAFF| 15:00 | カテゴリー:Records

2015年06月23日

【6/23オンエア曲リスト】 AH YEAH!! - スキマスイッチ、ほか

来週、初の日本武道館での公演を控えた、スキマスイッチのボーカル・大橋卓弥さん、鍵盤・常田真太郎さんをスタジオにお迎えしました!
------------------------------

●来週6月30日(火)と7月1日(水)には武道館でのライブ

「リハーサルもやってますけど、結構和気藹々楽しくやってますね。
今のバンドは、ツアー4本目でずーっと一緒にやっているので気心も知れてますし、
アレンジなんかもみんなで考えていく楽曲も結構ありますけど、コンサートではCDとは違うアレンジにすることが結構あって
それも僕たちからこういう風にしたいという意思はありますけど、こういうのどうかな?という提案もバンドメンバーがしてくれます。
2人組なんですけどバンドでやっているような。
ツアー中にも曲が変わっていったりする。曲ごと変わることもあるし、アレンジが変わることもある。最初と最後のツアーの内容が違うとか。」

●そういうのはライブをやってみて変わっていったりするもの?

「そういうのもありますし、打ち上げでみんなで話してここはこっちの方が面白いんじゃない?とか。あとはツアーが始まった初日に一回やってみないとリハーサルスタジオでいくらやっても本番やってみると、ここはちょっと違うとかここはハマってたねとかいうことに気づくことがあるので大概初日以降どんどん変わっていきますね。」

●4ヶ月間のツアーの中での思い出は?

「色々ありましたけど、演奏に特化したツアーと銘打ってやっていたんですけど、終わってみるとやっぱりそうだったなというのがあって、例えばソロ回しなんかもくじ引きで決めたりとか、その日その日で変わっていったり、アレンジも変わってしまったり、魅せる効果は今までの視覚的な効果もふんだんに使っていますけれども、やっぱり演奏で魅せるツアーをずっとやってきた成果が目に見えた。それが武道館の方につながっていったらいいなと。」

●武道館でのライブ SUKIMASWITCH SPECIALでの意気込みは?

「前にやっていたツアーを踏襲しながらも、やっぱりスペシャルというのが付いているので曲も入れ替えたり曲も増やしてみたりしようかなとかアレンジ変えてみようかなとかは考えていて、あとはホールツアーをずっと回っていたんですけどホールよりも場所が大きいですから視覚的にもさらに色んな事ができるんじゃないかとそれも色々考えています。より一体感を出したいと思っています。曲によってはライブハウスでやっているような感覚でホールでやっていましたけどそれを武道館でやってみたい。何より武道館でバンドでやるのは初めてなんです。ツアーの最初とはだいぶ変わっていると思います。」

●武道館後の予定は?

「夏はフェスにたくさん参加させてもらいますし、うちの事務所のオーガスタキャンプで事務所のアーティストが一堂に集まっているイベントもあります。とにかくライブですね。それをしながら新しい曲も考えようと思っています。」

【スキマスイッチ】

20150623_sukimaswitch.jpg

<OA曲目リスト: 2015/6/23>

DREAMS - BECK
ワタリドリ - [ALEXANDROS]
HEROES(WE COULD BE) - ALESSO FEAT.TOVE LO
NO SLEEEP - JANET JACKSON
いのちのリレー - さんご
曲がれない - MANNISH BOYS
DEJA VU - GIORGIO MORODER FEAT.SIA
19 2000 - GORILLAZ
WANNA BE AN ANGEL - 新居昭乃
WANT TO WANT ME - JASON DERULO
SUN - 星野源
ALLIE - BELLE AND SEBASTIAN
AH YEAH!! - スキマスイッチ
COME AS YOU ARE(MTV UNPLUGGED IN NEW YORK LIVE) - NIRVANA
BOY PROBLEM - CARLY RAE JEPSEN
SHUT UP AND DANCE - WALK THE MOON
PLAYBACK - JUJU
ONE LAST TIME(GAZZO REMIX) - ARIANA GRANDE
IF YOU TOLERATE THIS YOUR CHILDREN WILL BE NEXT - MANIC STREET PREACHERS
WHATEVER - OASIS
イージュー ライダー - 奥田民生
LOUD PLACES - JAMIE XX FEAT.ROMY
HOLIDAY - MADONNA
HONEY,I'M GOOD - ANDY GRAMMER
STRIKE YOUR LIGHT - VINTAGE TROUBLE

STAFF| 13:06 | カテゴリー:Records

2015年06月22日

【6/22オンエア曲リスト】 EMERALD MUSIC - SAKEROCK、ほか

6月22日(月)のオンエア内容は…
★──────────────────
【HILLS AGENCY】
音楽レーベル・NATURAL FOUNDATION がお届け「SUMMER CAMP」

8月22日(土)に日比谷野外大音楽堂で開催。KIRINJIの田村玄一さんの還暦を祝う音楽パーティイベント「NATURAL FOUNDATION Presents Return of“SUMMER CAMP”〜Gen Tamura 60th Anniversary Party〜」に注目。

★──────────────────
【WEEKLY "STAR WARS" PRESS】
エリック・マーティンが語るスター・ウォーズの魅力

今年12月の映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開に向け、毎週月曜限定でスター・ウォーズの魅力をたっぷりとお届けします。今回は、Mr.Bigのボーカル、エリック・マーティンにお話を伺いました!

★──────────────────
【BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA】
話題のユニット"さんご"をお迎え

亀田誠治さんのコーナー「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」では、KiroroHY の仲宗根泉さんによるユニット「さんご」をお迎え。

★──────────────────
【SUNSTAR J-WAVE LIVE DISCOVERY】
"念願のライブ"をミュージックシェア

J-WAVE夏のお楽しみイベント「SUNSTAR presents J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2015」に向けて、今週は「念願のライブ」というテーマでリスナーのみなさんからミュージックシェアを大募集!抽選で番組オリジナル「消せるボールペン」も当たります。

20150622_sake.jpg

<OA曲目リスト: 2015/6/22>

SHIP TO WRECK - FLORENCE + THE MACHINE
キャッチミー岡っ引きさん - レキシ FEAT.もち政宗
KISS ME QUICK(MAIN) - NATHAN SYKES
DON'T GET DELETED - AWREEOH
デジタルモグラ - ゲスの極み乙女。
WE BELONG TOGETHER - MARIAH CAREY
WAITING FOR LOVE - AVICII
LESSON - AWESOME CITY CLUB
RIPPLES - GEN TAMURA
DANCE WITH YOU - OKAMOTO'S
BAN ALL THE MUSIC - NOTHING BUT THIEVES
DEJA VU - GIORGIO MORODER FEAT.SIA
I KNEW YOU WERE WAITING(FOR ME) - ARETHA FRANKLIN
THE LIGHT OF DAY(LIVE VER.) - MR.BIG
WISH LIST - 降谷建志
いのちのリレー - さんご
EVERYDAY I FEEL YOUR HEART - 関口シンゴ FEAT.MABANUA
GOODBYE YELLOW BRICK ROAD - ELTON JOHN
EMERALD MUSIC - SAKEROCK
SAFE EUROPEAN HOME - CLASH
DREAMS - BECK
I REALLY LIKE YOU - CARLY RAE JEPSEN
スパイス - 東京カランコロン
ADDICTED TO A MEMORY - ZEDD FEAT.BAHARI

STAFF| 23:40 | カテゴリー:Records

2015年06月22日

<第7回目>エリック・マーティン(Mr.Big)が語るスター・ウォーズの魅力

12月18日の、『スター・ウォーズ フォースの覚醒』映画公開へ向けて、毎週月曜日は、「BEAT PLANET WEEKLY "STAR WARS" PRESS」!
毎週、様々な方の、「スター・ウォーズLOVE」なコメントとともに、スター・ウォーズの奥深〜い魅力、最新ネタ、ディープなウワサ、などなど、フォースとダークサイド、どっちも合わせて、お届け中♪

本日の「スター・ウォーズLOVE」な方は、この人!
MR.BIGのフロントマン、ロックンロール・アーティスト「エリック・マーティン」!

20150622_sw.jpg

1960年、ニューヨーク生まれのエリック・マーティン、
ジェネレーション的にも、どっぷり
「リアル・スター・ウォーズ・ファンだ!」と公言しています。

-----------------------------
もちろん俺、スター・ウォーズはぜ〜んぶ観てるぜ。まぁどれが一番好きかといえば、『エピソード5 帝国の逆襲』だね。でも、どれもぜ〜んぶ大好きさ。話もキャラも、すべて好きなんだ。もちろん俺、6作セットのブルーレイ、持ってるし、俺の友人のひとりなんて、腕にヨーダの入れ墨、入れてるんだぜ!それからさ、俺には双子の息子がいるんだけどね、ハンとチューイって名前にしたいくらいだったんだ。サイコーだろ、それ! でもさ、俺の奥さんは、残念ながらそのアイディアにぜんぜんのってこなかったんだ。息子たちのベッドルームには、でっかいヨーダのポスターもあるし、他にもあるんだぜ、いろいろ。
-----------------------------

どのキャラクターが、一番のお気に入りですか??

-----------------------------
そりゃあ、もちろん、ハン・ソロさ!ヤツはサイコーの無頼漢で、サイコーのパイロットだ。俺は、ハン・ソロが醸し出しているバイブが大好きなんだよ。特にあのシーンはサイコーだよな。『帝国の逆襲』の終盤のさ…ハン・ソロが帝国軍につかまって、カーボン冷凍される直前、レイア姫とソロとの、あの有名なやりとりさ…「I LOVE YOU、愛しているわ!…I KNOW、知ってるさ。」いや、マジでこのシーン、サイコーだよ!
-----------------------------

そつなく名場面の名ゼリフ、出してくれました、
エリック・マーティン。

では、そんなエリック・マーティンにとって、
映画『スター・ウォーズ』の最大の魅力って、
何なんでしょう?

-----------------------------
「スペシャル・エフェクツとか、激しいバトルとか、そういう映像の魅力はもちろんスゴイと思うんだけど…俺がスター・ウォーズで一番気に入っているのは、あの独特の『ユーモアのセンス』なんだ。スター・ウォーズには、独特のユーモアがあるんだよ。C3POやR2D2の存在もそうだけれど、そういうのって全部、俺が大好きなマンガで描かれた未来の世界だ。ユーモアや、コミック的な世界観が、俺が一番気に入っているところだね」
-----------------------------

では、最後にエリック・マーティンに聞きましょう。
12月18日公開の最新作、
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ですが、
どんな思いで観に行きますか??

-----------------------------
公開されてから1週間後に劇場へ行くなんていう、そんなヤボなこと、ぜったい俺はしないぜ。俺は、公開前から劇場の真ん前にキャンプをはって待つんだ。まぁ、一番前には並べないかもしれないが、俺は間違いなく、最初の行列に並んでやるつもりだ。俺は、ほんとうに嬉しいんだよ。何かってさ、俺たちスター・ウォーズ世代の夢だったんだ、これは。俺たちは、新しいスター・ウォーズなんて"ない"と思っていたんだ。ところが、ヤツらはきちんと作ってくれたんだ!また楽しめるだけじゃない、この作品によって、新しい世代へとスター・ウォーズが受け継がれていくんだよ。まさに、スター・ウォーズ・サーガの伝説さ!
-----------------------------

MR. BIGのフロントマン、エリック・マーティンでした!

20150622_sw2.jpg

12月18日に世界公開される映画
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』へ向けて…
BEAT PLANET WEEKLY "STAR WARS" PRESS、
来週も、お楽しみに!

-------------------

【MR.BIG】
昨年11月におこなった武道館公演を収録した映像作品、『ロウ・ライク・スシ114』が、7月、リリース予定。
タイトルの「114」というのは、来日公演の数!
前回の武道館ライブで、MR. BIGは、日本での公演が、
114回を数えた…ということ。すごい!
『ロウ・ライク・スシ114』、そのデラックス・エディションでは、
武道館公演のほか、ツアードキュメンタリーDVD、
写真集も付属という、豪華セットになっています。

-------------------

【エリック・マーティン】
7月から、ソロでジャパン・ツアー開催。
東日本大震災からの「復興への想い」が込められた今回のツアーは、
7月12日、宮城県石巻でスタート。
東京は、14日(火)赤坂BLITZ
「小さなクラブで、ファンと近くでカジュアルに楽しみたい」という、
今回のエリック・マーティン・ジャパン・ツアーの
詳細はこちら!→ERIC MARTIN/エリック・マーティン(UDO)

STAFF| 20:34 | カテゴリー:WEEKLY STAR WARS PRESS

2015年06月18日

【6/18オンエア曲リスト】 HAPPY DAYS - 大原櫻子、ほか

6月18日(木)のオンエア内容は…
──────────────────
【HILLS AGENCY】
すみだの魅力は東京スカイツリーだけじゃない!「食育応援2015 すみだバルウォーク」

今週末、6月20(土)、21日(日)に開催。すみだ錦糸町・押上・業平・横川・吾妻橋・両国界隈の参加店舗を自由に"ハシゴ"することができるイベント「食育応援2015 すみだバルウォーク」に注目。

──────────────────
【SUPREME SOUNDS】
木曜限定企画・大洋レコードおすすめの1曲

毎週木曜は、セレクトに定評がある関東近郊のCDショップのカリスマ・バイヤーおすすめのGOOD MUSICをお届け。紹介した曲は、番組Facebookにアップされます。今回は神楽坂の大洋レコードがご紹介。

──────────────────
【BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA】
亀田コーヒー

亀田誠治さんのコーナー「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」では、ラジオをお聞きのみなさんに、幸せなひと時を提供する、ラジオの中のコーヒーショップをお届け。

──────────────────
【SUNSTAR J-WAVE LIVE DISCOVERY】
大原櫻子さんが語る"念願のライブ"

J-WAVE夏のお楽しみイベント「SUNSTAR presents J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2015」に出演する大原櫻子さん登場。"念願のライブ"について伺いました♪

20150618_sakurako.jpg

<OA曲目リスト: 2015/6/18>

INCINERATE - SONIC YOUTH
STRANGER - 安室奈美恵
TOM'S DINER - GIORGIO MORODER FEAT.BRITNEY SPEARS)
SPECTRUM - FLORENCE + THE MACHINE
SWEET THINGS - MOCKY
FEELING GOOD - AVICII
DON'T BE LOVE - シシド カフカ FEAT.斉藤和義
DREAMS - BECK
街物語 - 山下達郎
BEAUTIFUL NOW(DIRTY SOUTH REMIX) - ZEDD FEAT.JON BELLION
EVERYTHING IS EASY - THIRD EYE BLIND
E MO TION - CARLY RAE JEPSEN
あなたに恋をしてみました - CHAY
LA SECA - MERY MURUA AND HORACIO BURGOS TRIO
HAPPY DAYS - 大原櫻子
LAUGHTER IN THE RAIN - NEIL SEDAKA
A HARD DAY'S NIGHT - BEATLES
ALL YOU NEED IS LOVE - BEATLES
BLACKBIRD - BEATLES
LET IT BE - BEATLES
君がいる限り - STEPHANIE
CAN'T FEEL MY FACE - WEEKEND
SET FIRE TO THE RAIN - ADELE
少年少女 - 加藤ミリヤ
COMING HOME - LEON BRIDGES

STAFF| 14:55 | カテゴリー:Records

2015年06月17日

【6/17オンエア曲リスト】 MUSIC - 三浦大知、ほか

今日、6/17(水)に18枚目のニューシングル『music』リリース! 三浦大知さんをスタジオにお迎えしました♪
------------------------

●今日リリースのニューシングル『music』

「音楽を大切に作りながら多くの人に届いたらいいなっていう、すごくストレートな気持ち。あとは、音楽は理屈じゃないので、誰が聞いても楽しめる音楽になったんじゃないかな。タイトルは、最初、もっと文章っぽくしようかなとか考えたんですが…以前アルバムで"The Entertainer"っていうのを出して…なんというか、自分で言い切って、自分でお尻を叩くような感じで、自分を追い込む、ということがあって、それで少し抗体が付いて、今回は音楽について歌っていて、凄くストレートな歌詞にしたいということもあったので、思い切って"music"っていうタイトルにしました。"音楽はいろんな人の人生を豊かにする"って、ずっと信じているので、今回もそういうGood musicになっているんじゃないかなと思います。」

●今ハマっているものは?

「今、一番ハマっているというか、楽しいな〜と思うのは"写真"ですかね。写真を撮っていると言っていいのか悩むくらいのレベルなんですけど…ただ、写真を撮っている時はすっごく楽しい。休みは家でダラダラすることが多かったんですけど、写真とかカメラが好きになってから、ちょっと出かけるようになりました。風景を撮ることが多いです。勉強したいと思って、よく撮ってもらうカメラマンさんに時間を作ってもらってご飯食べに行って、写真のこととかカメラのこととか聞いています。周りのかた優しいので教えてくれて、その時に「自分が何に興味があるのか見つけるのが大事だと思うよ。」って言われて。考えてみた時に"光が好きだ"って思ったんです。モノクロって光と影の関係がもの凄くシビアで、でもカメラマンさんとかプロの人にしか見えない"光"って多分あると思うんです…それが見えて来たら楽しそう!って思って、それでモノクロで写真を撮るようになりました。」

【三浦大知】

20150617_daichi.jpg

<OA曲目リスト: 2015/6/17>

KRAFTY - NEW ORDER
UPTOWN FUNK - MARK RONSON FEAT.BRUNO MARS
PLAYBACK - JUJU
さっさっサンフジンズ - サンフジンズ
飛ばしてゆくよ - 矢野顕子
HULA GIRL - JAKE SHIMABUKURO
GERONIMO - SHEPPARD
バネのうた - シシド カフカ FEAT.甲本ヒロト
I WANT YOU BACK(DJ HASEBE REMIX) - JACKSON 5
WISH LIST - 降谷建志
COME BACK TO ME - UNCHAIN
BALTIMORE - PRINCE FEAT. ERYN ALLEN KANE
MUSIC - 三浦大知
I REMEMBER - 三浦大知
成功 - KREVA
GREAT DJ - TING TINGS
KETAMINE AND ECSTASY - CLAP YOUR HANDS SAY YEAH
恋のマジックポーション - すかんち
WICHITA LINEMAN(LIVE VER.) - JIMMY WEBB
DEJA VU - GIORGIO MORODER FEAT.SIA
GONE,GONE,GONE - PHILLIP PHILLIPS
I CAN'T FEEL MY FACE - WEEKND
翼 - MS.OOJA

STAFF| 13:34 | カテゴリー:Records

2015年06月16日

【6/16オンエア曲リスト】 DANCE WITH YOU - OKAMOTO'S、ほか

明日、6月17日(水)に両A面のニューシングル「Dance With Me/Dance With You」をリリースするOKAMOTO'Sのベーシスト、そして「プレス担当」を就任したハマ・オカモトさんをスタジオにお迎えしました。
---------------------------------

●ニューシングルの一つ「Dance With Me」

「(Dance With)Youが元々原型であって、それをくるりの岸田繁さんにプロデュースしてもらおうということで、久しぶりにお呼びしたんですけど…とにかく曲も長いし、当時、歌詞も出来てなくて、"ちょっとなにが言いたいかわからん"って全否定から入って、一回全部ぶっ壊されて一緒に肉付けして行ったのが、結局"Dance With Me"というカタチになりました。これを作り終えたことによって、一回壊されたYouを4人だけで作り直さないか?ってなったのが、Dance With You。同じ元ネタというか…フレーズとかサビとかメロディとか似ているところが多いんです。そういう派生なんです。」

●ニューアルバムの予定は?

「今、突入していて…実際に作りはじめていまして。コンセプトを持ったアルバムにしようと思っていまして、Dance With Youで始まり、Dance With Meで終わるような、1個物語のあるアルバムを…歴史的に言うと、"ロック・オペラ"といわれるも作品があるんですが…1こ物語が主軸にあって、というものを現在製作中です。シングルもちゃんとその話に食い込むようになっていきます。全部。」


20150616_hama.jpg

【OKAMOTO'S】
★7/20 所沢航空記念公園 野外ステージ
★8/2 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015
★J-WAVEで二階堂ふみさんとナビゲートしている番組「ROCK WITH YOU」毎週日曜23:00〜23:54


<OA曲目リスト: 2015/6/16>

RESTART - SAM SMITH
年貢 FOR YOU - レキシ FEAT.旗本ひろし/足軽先生
DREAMS - BECK
STAMP! - SCANDAL
STORY OF MY LIFE(LIVE FROM SAN SIRO) - ONE DIRECTION
HEY MAMA - DAVID GUETTA FEAT.NICKI MINAJ/AFROJACK
WE ALL WANT THE SAME THING - RIXTON
MUSIC - 三浦大知
DON'T STOP - STONE ROSES
WISH LIST - 降谷建志
IF I EVER LOSE MY FAITH IN YOU - STING
DANCE WITH YOU - OKAMOTO'S
BROWN SUGAR - ROLLING STONES/ERIC CLAPTON
空と星と明日のこと - THE DAY
AIR BALLOON - LILY ALLEN
PHILOSOPHIZE IN IT! CHEMICALIZE WITH IT! - KISHI BASHI
YUMEGIWA LAST BOY - SUPERCAR
LIVE AND LET DIE - PAUL MCCARTNEY AND WINGS
COME BACK TO ME - JANET JACKSON
WAITING FOR LOVE - AVICII
TALK ABOUT YOU - MIKA
未完 - MR.CHILDREN

STAFF| 15:12 | カテゴリー:Records

2015年06月15日

【6/15オンエア曲リスト】 ソレデモシタイ - 平井堅、ほか

6月15日(月)のオンエア内容は…
──────────────────
【HILLS AGENCY】
でんきを消して、スローな夜を「100万人のキャンドルナイト」

今週末、6月21日(日)に、増上寺で開催される「100万人のキャンドルナイト2015@増上寺」に注目。キャンドルナイトにぴったりなライブをJ-WAVEがプロデュース!

──────────────────
【WEEKLY "STAR WARS" PRESS】
女優、鈴木杏さんが語るスター・ウォーズ愛とは?

今年12月の映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開に向け、毎週月曜限定でスター・ウォーズの魅力をたっぷりとお届けします。今回は、女優の鈴木杏さんがスター・ウォーズ愛を語ってくれました。

──────────────────
【BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA】
恒例企画・亀田文庫

亀田誠治さんのコーナー「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」では、一冊の本から素晴らしい言葉をご紹介する恒例企画「亀田文庫」。今回は、小説で知るアイドルの世界をお届け。

──────────────────
【SUNSTAR J-WAVE LIVE DISCOVERY】
平井堅さんが語る"念願のライブ"

夏の一大イベント「SUNSTAR presents J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2015」に出演する平井堅さんに、"念願のライブ"について伺いました。

20150615_ken.jpg

<OA曲目リスト: 2015/6/15>

GO - CHEMICAL BROTHERS
コピペ - グッドモーニングアメリカ
RUNNING BEHIND - HOLYCHILD
BADDEST GIRL IN TOWN - PITBULL
水彩の月 - 秦基博
MARVIN GAYE - CHARLIE PUTH FEAT.MEGHAN TRAINOR
PLAYBACK - JUJU
BY YOUR SIDE(REGGAE MIX) - SADE
希望のアカリ - GAKU MC
DEJA VU - GIORGIO MORODER FEAT.SIA
WANT TO WANT ME - JASON DERULO
ソレデモシタイ - 平井堅
MY SHARONA - KNACK
GET IT ON - T REX
DANCE WITH ME - OKAMOTO'S
陽はまた昇る - 高橋優
GET LUCKY - DAFT PUNK FEAT.PHARRELL WILLIAMS
なんでもねだり - KANA BOON
桃太郎 - 水曜日のカンパネラ
BEAUTIFUL NOW - ZEDD FEAT.JON BELLION
YOU ARE SO BEAUTIFUL - JOE COCKER
VERGE - OWL CITY EFAT. ALOE BLACC
TROUBLED GIRL - KAREN RAMIREZ
SEE YOU AGAIN - WIZ KHALIFA FEAT.CHARLIE PUTH
キミに会いたいな - 吉田山田

STAFF| 22:45 | カテゴリー:Records

2015年06月15日

<第6回目>鈴木杏さんが「スター・ウォーズ愛」を語る!

今年12月の映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開に向け、毎週月曜限定でスター・ウォーズの魅力をたっぷりとお届けします。今回は、女優の鈴木杏さんに"スター・ウォーズ愛"を伺いました♪

20150615_sw1.jpg

女優の鈴木杏さんは、1987年生まれ、
いわゆる「旧3部作」の公開がすべて終わってから、
地球に誕生…
ということになりますね♪

●映画スター・ウォーズとの出逢い

「初めて観たのは、エピソード4で、たぶん家族と家でDVDでみたのだと思います。親がスター・ウォーズを好きで、それでなんか、面白いからって、観た記憶があります」

●これまで公開された6作品の中で、どのエピソードが一番好きですか?

「私は…ずっとやっぱりエピソード6が一番好きだったんですけど…エピソード3も面白いなって。今はエピソード3と6が好きですね。エピソード3は描かれていることが深いなぁと思って。見ていて、いろんな気持ちになりました。6はイウォークが出て来たりとか、戦い方がユニーク。だからちょっとリラックスして見れる。逆にエピソード3は、アナキン・スカイウオーカーがダース・ベイダーになっていく過程がぎっしり描かれている。かといって、誰も悪いわけではないのにっていう気持ちになりながら、とっても見ていて切なかったですね、なんだか。」

エピソード6とエピソード3と言えば、終わり方が「対照的=真逆」!
エピソード6は、ある意味ハッピーエンド。
最後にシスをやっつけて、
ジェダイが、「フォースのバランスを取り戻して」終わる…
ところが、エピソード3は、ジェダイが敗北して、
シスとダークサイドが宇宙を支配し始めるところで、ジ・エンド。
その「一見真逆に見える」ことが、実は「ひとつのものである」というのが、
スター・ウォーズの理念でもあるわけです。
そう、フォースには、ダークサイドもあるんですから!

●「一筋縄ではいかない物語」の魅力に、どんどん引き込まれていく…

「宇宙での話っていうスケールの大きさと、ライトセーバーだったりフォースへの憧れもあるんだけど、ちゃんと人間ドラマも描かれているというバランス。見どころが満載感が何回見ても飽きないのはそこなんだろうなぁって今回改めて見直して思いました。自分の年齢で、見え方がどんどん変わっていくんだなって。フォースっていうものに、すごい哲学がある気がして、ヨーダの言葉を自分がジェダイであるかのように、しっかり聞こうって思います。人の中にある善と悪の話だったり、とっても、人ごとではないなっていう気にもなります。」

20150615_sw2.jpg

【鈴木杏】
先月から、舞台『海辺のカフカ』のワールドツアー中。
村上春樹さんによる、世界的ベストセラー小説『海辺のカフカ』。
フランク・ギャラティが手がけた脚本を、蜷川幸雄さんが演出。
この舞台、2012年に初上演され大きな話題になり、今年再上演!
鈴木杏さんは、主人公の15歳の少年「カフカ」が、
四国・高松へ行く道中に出逢う美容師の女性「さくら」を演じています。

9月17日からの、彩の国さいたま芸術劇場大ホールのチケット、
先週土曜日(13日)から前売りが開始されています。

---------------------------------

そして…イギリスの数々の名舞台でも活躍した役者、
クリストファー・リーさんが、先日お亡くなりになりました。

そう、『スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃』と、
『エピソード3 シスの復讐』で、シスことダース・シディアスの弟子、
ドゥークー伯爵を演じた、名優、世界的なアクターでした。

重要な役どころであり、悪役ながらメチャクチャかっこよかった!
ドゥークー伯爵は、かつて、マスター・ヨーダの弟子でした。
さらに、オビ=ワン・ケノービのマスターだった、
クワイ=・ガン・ジンのマスターでした。そう、強力なジェダイでした。
結局、フォースのダークサイドに落ちて、シスの弟子になるんですが…
ドゥークー伯爵は、ライトセーバーでの闘いを「極めた人」つまり、
「ライトセーバーを使った武術の達人中の達人」だったと言われています。
ドゥークー伯爵のライトセーバー、柄のところが曲がっていて、
あれがまた、かっこよかった!
今ごろ、「あちらの世界」で、かつて弟子だった
オビ=ワン・ケノービ(アレック・ギネス:2000年没)と、
ライトセーバーで闘っている…かも??

あらためて、ご冥福をお祈りします。

---------------------------------

12月18日に世界公開される、
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』では、
まったく新しいデザイン(十字型)のライトセーバーが登場するようですし、
そこでは、どんな「ライトセーバーによる闘い」が描かれるのか…
それも楽しみです。
今日は6月15日なので、あと、およそ6か月…!

BEAT PLANET WEEKLY "STAR WARS" PRESS、
来週も、お楽しみに…!

STAFF| 21:27 | カテゴリー:WEEKLY STAR WARS PRESS

2015年06月11日

【6/11オンエア曲リスト】 少年少女 - 加藤ミリヤ、ほか

6月11日(木)のオンエア内容は…
──────────────────

●この夏アツい!「DEAD POP FESTiVAL 2015」とは?
【HILLS AGENCY】

7月11日(土)と、12日(日)の2日間、川崎の東扇島東公園で開催される、この夏アツいイベント「DEAD POP FESTiVAL 2015」に注目しました。

──────────────────

●木曜限定企画・オトノマドおすすめの1曲
【SUPREME SOUNDS】

毎週木曜は、セレクトに定評がある関東近郊のCDショップのカリスマ・バイヤーおすすめのGOOD MUSICをお届け。紹介した曲は、番組Facebookにアップされます。今回は下北沢のオトノマドがご紹介。

──────────────────

●すごいフェスで話題沸騰!! LUNA SEA<Guest : 河村隆一>
【BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA】

亀田誠治さんのコーナー「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」では、超・話題のフェスティバル「LUNATIC FEST.」を開催するLUNA SEAから、フロントマンの河村隆一さんを、水曜と木曜の2日間に渡ってお迎えしました。

──────────────────

●加藤ミリヤさんが語る"念願のライブ"
【SUNSTAR J-WAVE LIVE DISCOVERY】

夏の一大イベント「SUNSTAR presents J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2015」に出演する加藤ミリヤさんをお迎えし、"念願のライブ"について伺いました。さらに、恋愛ソングのミュージック・シェアにも参加♪

20150611_kato3.jpg

<OA曲目リスト: 2015/6/11>

LEVELS - AVICII
BEAUTIFUL - SUPERFLY
I'M NOT THE ONLY ONE - SAM SMITH
WHERE THEM GIRLS AT - DAVID GUETTA FEAT.FLO RIDA/NICKI MINAJ
ONE NIGHT CARNIVAL - 氣志團
BAD BLOOD - TAYLOR SWIFT FEAT.KENDRICK LAMAR
BEAUTIFUL NOW - ZEDD FEAT.JON BELLION
本能 - 椎名林檎
EXISTENCE - SIM
IT WILL RAIN - BRUNO MARS
MARSHMALLOW DAY - MR.CHILDREN
NO TE EMPENES MAS - MARTA VALDES
WE FOUND LOVE - RIHANNA FEAT.CALVIN HARRIS
CELEBRATE - PITBULL
SEARCHING FOR THE LIGHT - 河村隆一 WITH 銀河英雄伝説CHOIR
SO FAR AWAY - CAROLE KING
涙のキッス - サザンオールスターズ
ラブソング - サンボマスター
DON'T WANNA CRY - 安室奈美恵
少年少女 - 加藤ミリヤ
SOMEONE LIKE YOU - ADELE

STAFF| 04:19 | カテゴリー:Records

2015年06月10日

【6/10オンエア曲リスト】 SUMMER MADNESS - 三代目 J SOUL BROTHERS、ほか

6月10日のオンエア内容は…
──────────────────

●DJ KAORIプロデュース!「Lightning DASH!」
【HILLS AGENCY】

6月27日(土)に新木場の"夢の島公園 陸上競技場"で開催される、DJ KAORIさんがプロデュースしたラン・イベント「DJ KAORI presents Lightning DASH!」に注目。

──────────────────

●すごいフェスで話題沸騰!! LUNA SEA<Guest : 河村隆一>
【BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA】

亀田誠治さんのコーナー「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」では、超・話題のフェスティバル「LUNATIC FEST.」を開催するLUNA SEAから、フロントマンの河村隆一さんを、水曜と木曜の2日間に渡ってお迎えします。

──────────────────

●今市隆二さんが語る"念願のライブ"
【SUNSTAR J-WAVE LIVE DISCOVERY】

「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2015」に出演する今市隆二さん(三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)をお迎えし、"念願のライブ"について伺いました!さらに、「ウエディング・ソング」のミュージック・シェアにも参加♪

20150610_3d.jpg

<OA曲目リスト: 2015/6/10>

WELCOME TO THE BLACK PARADE - MY CHEMICAL ROMANCE
I WON'T LET YOU DOWN - OK GO
MARRY YOU - BRUNO MARS
SHALL WE DANCE? - KELLI O'HARA AND KEN WATANABE'S
PLAYBACK - JUJU
TIME WILL TELL - 宇多田ヒカル
SHAKE IT OFF - TAYLOR SWIFT
NOBODY TO LOVE - SIGMA
DO IT - TUXEDO
RED - B'Z
RIGHT HERE - SWV
BEAUTIFUL - SUPERFLY
MERCY - MUSE
MARIA - LUNA SEA
STAY THE NIGHT - ZEDD FEAT.HAYLEY WILLIAMS
A WHOLE NEW WORLD(ALADDIN'S THEME) - PEABO BRYSON/REGINA BELLE
BUTTERFLY - 木村カエラ
BACK AT ONE - BRIAN MCKNIGHT
SUMMER MADNESS - 三代目 J SOUL BROTHERS
WEDDING BELL〜素晴らしきかなこの人生〜 - 三代目 J SOUL BROTHERS
RUNAWAY - NUYORICAN SOUL FEAT.INDIA

STAFF| 14:25 | カテゴリー:Records

2015年06月09日

【6/9オンエア曲リスト】 タカラモノ〜この声がなくなるまで〜 - ナオト インティライミ、ほか

6月9日(火)のオンエア内容は…
──────────────────

●やついいちろうさん登場「YATSUI FESTIVAL! 2015」
【HILLS AGENCY】

やついいちろうさんがスタジオに登場!6月20日(土)、21(日)に、TSUTAYA O−EASTなど渋谷エリアの10会場と連動した芸人・バンド・アイドル・文化人が混在するジャンルレスの大型のエンタテインメントフェス「YATSUI FESTIVAL! 2015」に注目しました。

──────────────────

●フェスの王様<Guest : ジャン・ケン・ジョニー(MAN WITH A MISSION)>2日目
【BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA】

この夏も数々の音楽フェスに出演するMAN WITH A MISSIONから、ギター&ボーカルのジャン・ケン・ジョニーさんを、月曜と火曜の2日間に渡ってお迎えしました。

──────────────────

●ナオト・インティライミさんが語る"念願のライブ"
【SUNSTAR J-WAVE LIVE DISCOVERY】

夏の一大イベント「SUNSTAR presents J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2015」1日目の、8月8日(土)に出演が決定したナオト・インティライミさんをお迎えし、"念願のライブ"について伺いました!さらに、「恋愛ソング」のミュージック・シェアにも参加していただきました♪

20150609_naoto.jpg

<OA曲目リスト: 2015/6/9>

ROPE - FOO FIGHTERS
WAITING FOR LOVE - AVICII
I REALLY LIKE YOU(SCENE KINGS EXTENDED REMIX) - CARLY RAE JEPSEN
CAN'T DEEL MY FACE - WEEKEND
うれしくって抱きあうよ - YUKI
DEJA VU - GIORGIO MORODER FEAT.SIA
YEAH! YEAH! YEAH! - ANDROP
MERCY - MUSE
トロピカル源氏 - エレキシ
水彩の月 - 秦基博
LOVE ON TOP - BEYONCE
BRAND NEW - PHARRELL WILLIAMS/JUSTIN TIMBERLAKE
FIGURE IT OUT - ROYAL BLOOD
SUMMER MADNESS - 三代目 J SOUL BROTHERS
HOLD MY HAND - JESS GLYNNE
OUT OF CONTROL - MAN WITH A MISSION×ZEBRAHEAD
YOUR BODY IS A WONDERLAND - JOHN MAYER
接吻 - ORIGINAL LOVE
ALWAYS BE MY BABY - MARIAH CAREY
ONE NATION UNDER A GROOVE - FUNKADELIC
タカラモノ〜この声がなくなるまで〜 - ナオト インティライミ
ハレハレ パレード - LINQ

STAFF| 20:26 | カテゴリー:Records

2015年06月08日

【6/8オンエア曲リスト】 水彩の月 - 秦基博、ほか

6月8日(月)のオンエア内容は…
──────────────────
【MUSIC EXPRESS】
OKAMOTO'Sの新曲解禁

OKAMOTO'Sの新曲、くるりの岸田繁さんプロデュースの「Dance With Me」をどこよりも早くオンエア。
──────────────────
【HILLS AGENCY】
レゲエフェス「REGGAE SUPER POWER -キセキ2015-」

週末の6月14日(日)に、所沢航空記念公園・野外ステージで開催されるレゲエフェス「REGGAE SUPER POWER -キセキ2015-」に注目。
──────────────────
【WEEKLY "STAR WARS" PRESS】
GLAYのHISASHIさんが語る“STAR WARS愛”

12月の公開も待ち遠しいSTAR WARSの新作。BEAT PLANET月曜日限定コーナー「WEEKLY “STAR WARS” PRESS」ではSTAR WARS愛溢れるアーティスト、GLAYのHISASHIさんに作品の素晴らしさ、新作に期待することなどを伺いました。
──────────────────
【BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA】
フェスで勝ち抜くアーティスト<Guest : ジャン・ケン・ジョニー(MAN WITH A MISSION)>

亀田誠治さんのコーナー。この夏も数々の音楽フェスに出演するMAN WITH A MISSIONから、ギター&ボーカルのジャン・ケン・ジョニーさんを、月曜と火曜の2日間に渡ってお迎え。彼らの貴重なライブ音源もオンエア!
──────────────────
【SUNSTAR J-WAVE LIVE DISCOVERY】
秦基博さんが語る"念願のライブ"

8月8日(土)のSUNSTAR presents J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2015に出演する、秦基博さんをお迎えし、"念願のライブ"について伺いました!さらに、「恋愛ソング」のミュージック・シェアも参加してくれました♪

20150608_hata.jpg

───────────────────


<OA曲目リスト: 2015/6/8>

私以外私じゃないの - ゲスの極み乙女。
DANGEROUS - RUMER
WANT TO WANT ME - JASON DERULO
DANCE WITH ME - OKAMOTO'S
LOVE ME LIKE YOU DO - ELLIE GOULDING
ONE DAY - DEF TECH/JAKE SHIMABUKURO
LUCKY - JASON MRAZ FEAT.COLBIE CAILLAT
SOMETHING NEW - AXWELL Λ INGROSSO
JUST THE WAY YOU ARE - HAN KUN
LOVE - NATALIE COLE
タカラモノ〜この声がなくなるまで〜 - ナオト インティライミ
WILD MOTION(SET IT FREE) - MIAMI HORROR
HEROES - GLAY
CLARITY - ZEDD FEAT.FOXES
GET OFF OF MY WAY(LIVE VER.) - MAN WITH A MISSION
貴方の恋人になりたいのです - 阿部真央
GRENADE - BRUNO MARS
レーザービーム - PERFUME
YOU'VE GOT A FRIEND - CAROLE KING/JAMES TAYLOR
水彩の月 - 秦基博
鱗(うろこ) - 秦基博

STAFF| 18:31 | カテゴリー:Records

2015年06月08日

<第5回目>HISASHIさん(GLAY)が語る“スター・ウォーズ愛”

今年12月の映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開に向けて、番組では「BEAT PLANET WEEKLY "STAR WARS" PRESS」と題し、スター・ウォーズの魅力を毎週月曜限定でたっぷりとお届けします。
今回はGLAYのギター、HISASHIさんに「スター・ウォーズ愛」を語っていただきました♪
-------------------------

20150608_glay.jpg

●HISASHIさんと映画スター・ウォーズとの出逢い

「僕が初めてスター・ウォーズを体験したのは、実写公開第一作目のエピソード4"新たなる希望"ですね。それも1977年から78年という小学校低学年だったころ。リアルタイムで見られたのが今でも思い出深いエピソードとなって残っています。当時、青森県に住んでいたんですが、公開と同時に家族で東京に意気揚々と乗り込んだのを今でも覚えているんですが、慣れない都会での疲れで開始早々寝てしまいました。本当に今思うともったいないことをしたなと思うんですが、当時の小学生の理解を遥かに超える作品だっただけに、思考がたぶん付いて行かなかったんでしょうね…。」

●その後「エピソード4 新たなる希望」を見たそうですが、そのとき、いったいどんなことを思いましたか??

「"果てしなく深い宇宙を眺めるダースベイダーの黒さ"ですね。なので、最初の印象はまさに"黒"です。GLAYの僕の作品でも"黒く塗れ!"というタイトルがあるんですが、この曲はスター・ウォーズを歌った一節があります。"♪メイザフォースで始まるサーガ…♪"という、後半のコーラスの部分なんですが、まさに僕の中で黒い部分というのは、ダークサイドだとか、誰もが持っている弱い部分という…そういった象徴として残っています。今でもダースベイダーと宇宙の黒…IBMのThinkPadでもピアノブラックという種類がありますが、指紋の付いてしまいそうな黒い輝きには今でもゾクゾクしてしまいます。」

●一番のお気に入りのエピソードは?

「これはなかなか難しいですね…6作品ありますから。どれにもいろんな思い入れがあります。その中でも僕は、エピソード5"帝国の逆襲"。こちらの作品が非常に印象に残っています。というのも、個人的に好きなシーンが多いです、この作品は。まずは、惑星ダゴバでのルークとマスター・ヨーダの出会いですね。薄暗い中でフォース・トレーニングをするシーンがとてもよかったです。後は、ハン・ソロが身代わりになる"カーボネイト加工"。このカーボネイト加工は、後々にいろんなグッズになったりして、話題を集めたんですが、非常に印象的でした。そして、ダースベイダーとルークの確執から、ライトセーバーを振り上げてしまったら、ルークの手が…! というあのシーン。今でも手に汗を握るシーンですが、幼いころの自分にとっては、とても恐かった記憶として残っていますね。そして、なにより、僕の大好きな"AT-AT"が沢山銀幕を飾る、というのが大好きな作品なんですが…酷い負け方をするというか…誰もが想像が付くであろう、というか…戦いに向いてないですね、四足歩行のあのドロイドは(笑)。…こういったキャラクターデザインが当時の僕を釘付けにした、という、そんな作品になりました。」

●12月に公開される『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』どんなところを一番楽しみにしています?

「またあのオープニングを見られるというのが、予想していなかっただけに非常に嬉しいニュースとして飛び込んできました。やはり、"オープニング"ですね。これは、僕の中の映画史の大きな始まりになった映画というだけあって、非常に感動出来る瞬間になるんじゃないかと思うので、まずは、オープニングに期待したいなと思います。」

20150608_sw.jpg

【GLAY】

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』、公開は、12月18日!
BEAT PLANET WEEKLY “STAR WARS" PRESS、
来週も、お楽しみに!

STAFF| 18:14 | カテゴリー:WEEKLY STAR WARS PRESS

2015年06月04日

【6/4オンエア曲リスト】 DON'T BE LOVE - シシド カフカ FEAT.斉藤和義、ほか

見た目はCOOL BEAUTY! でも、中身は熱いドラマー! そしてシンガー、さらに! 女優でもある、シシド・カフカさんをスタジオにお迎えしました♪
--------------------------------

●来週、6/17(水)に個性豊かなアーティストをフィーチャリングしたセッション・ミニアルバム「K⁵(Kの累乗)」をリリース!

「今回、セッションミニアルバムで、本当に豪華な方とセッションさせていただいているんです。1曲1曲その方たちとの化学反応を楽しんでいただくのと、それが5曲集まった時に、プラスとかマイナスとかそんなちっちゃい話ではなく、累乗していくように、シシド・カフカを楽しんでいただきたいということで付けました。(「数学用語ですよね。理数系ですか?」)そうですね…1回あきらめた、という(笑)。なので累乗っていう言葉を忘れていました。"数字の上のちっちゃい数字、あれなんだっけ?"で、調べてもらって、累乗いいじゃん!という感じでした。」

※ニューアルバム「K⁵」に参加した豪華アーティストはこちら!
・甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)
・斉藤和義
・KenKen(LIFE IS GROOVE)
・常磐道ズ 渡辺俊美
・YO-KING(真心ブラザーズ)
・大橋トリオ

【シシド・カフカ】

20150604_shishido.jpg

<OA曲目リスト: 2015/6/4>

GET INTO IT - STRYPES
BAD BLOOD - TAYLOR SWIFT FEAT.KENDRICK LAMAR
STORM RIDERS - 三代目 J SOUL BROTHERS FEAT.SLASH
WISH LIST - 降谷建志
SPACE AND TIME - VERVE
SUNSHINE THRU RAIN CLOUDS - NERVO
WHERE ARE U NOW - SKRILLEX/DIPLO FEAT.JUSTIN BIEBER
いつかきっと - ナオト インティライミ
TASTE OF YOU - TOWA TEI FEAT.TAPRIKK SWEEZEE
LUCKY - BRITNEY SPEARS
DESTINY - ねごと
明日を待っている - 泉まくら
ANNIE - NEON INDIAN
アリよさらば - 矢沢永吉
KEEP ON MOVIN' - SOUL 2 SOUL
A SKY FULL OF STARS - COLDPLAY
氷の世界 - 井上陽水
IF I AIN'T GOT YOU - ALICIA KEYS
DON'T BE LOVE - シシド カフカ FEAT.斉藤和義
WHAT THIS WORLD IS COMING TO - NATE RUESS FEAT.BECK
ひまわりの約束 - 秦基博

STAFF| 23:19 | カテゴリー:Records

2015年06月03日

【6/3オンエア曲リスト】 フユウ(LIVE VER.) - シナリオアート、ほか

今日、ファーストフルアルバム「Happy Umbrella」をリリースする、滋賀県出身の男女ツインボーカル3ピースバンド「シナリオアート」がスタジオに登場!
--------------------------------

●ファーストフルアルバム「Happy Umbrella」は、"みんなを救いたい"という気持ちで作ったアルバム

「昔から自分たちが、誰かを救いたいとか、誰かに希望を与えたいという気持ちで曲を作っていて。自分たちの曲を振り返ってみたら、そういう曲がいっぱいだなぁと思った。自分たちのやりたいことは、誰かを救いたいことなんだなと改めて思いながら、アルバムを作って行きました。ライブの物販とかによく行くんですが、その時にお客さんが泣きながら"いつも救われてます!"とか、お手紙をくださったりして、凄くメッセージが伝わっているのがわかります。僕ら自身が凄く弱くて、泣いてばっかりの時期もあったし、落ち込んでしゃべれないような時期もあったり、そういう3人だからこそ、お客さんから"救われました。"とか言ってもらえたりすると、僕ら自身が救われるんですよね。音楽やっててよかったなって。だからこそ、誰かをまた救いたいっていう気持ちが生まれてくるんですね。」

20150603_scenarioart.jpg
なんと、スタジオで生演奏も披露してくれました♪

【シナリオアート】
★6月12日、新潟を皮切りに全国ツアー「ワンマンツアー2015 SCENE # 1 Happy Umbrella」スタート
東京はファイナル、7月3日(金)@リキッドルーム

<OA曲目リスト: 2015/6/3>

LIFTED UP(1985) - PASSION PIT
GO - CHEMICAL BROTHERS
VERGE - OWL CITY FEAT. ALOE BLACC
PLAYBACK - JUJU
GET LUCKY - DAFT PUNK FEAT.PHARRELL WILLIAMS
I WANT YOU - CEE LO GREEN
曲がれない - MANNISH BOYS
水彩の月 - 秦基博
SHORT SHORTS - ROYAL TEENS
MARVIN GAYE - CHARLIE PUTH FEAT.MEGHAN TRAINOR
見慣れた街 - 吉田一郎不可触世界
WANNA BE COOL - DONNIE TRUMPET AND THE SOCIAL EXPERIMENT
衣替え - TOFUBEATS
ON MELANCHOLY HILL - GORILLAZ
WHAT DO YOU WANT? - 矢沢永吉
WE WILL ROCK YOU - QUEEN
RPG - SEKAI NO OWARI
IMMIGRANT SONG - LED ZEPPELIN
ぼくはくま - 宇多田ヒカル
TAKEDA, - レキシ FEAT.ニセレキシ
RUINS - ゲスの極み乙女。
CSA - ユニコーン
どか〜ん - 真心ブラザーズ
HER MAJESTY - BEATLES
YOU SUFFER - NAPALM DEATH
フユウ(LIVE VER.) - シナリオアート
ナイトフライング - シナリオアート
VERY FIRST BREATH - HUDSON MOHAWKE FEAT.IRFANE
FAST AS YOU CAN - FIONA APPLE

STAFF| 15:34 | カテゴリー:Records

2015年06月02日

【6/2オンエア曲リスト】 コピペ - グッドモーニングアメリカ、ほか

来週、6月10日(水)ニューシングル「コピペ」リリースする4人組ロックバンド、「グッドモーニングアメリカ」から、金廣真悟さん(Vo/Gt)と、たなしんさん(Ba/Cho)をスタジオにお迎えしました。
------------------------

●ニューシングル「コピペ」

金廣:「今回は、"コピペ"っていう題名から曲を作ったんです。コピペって言うと、SNSで上辺だけでやっているやつ…例えば、"ベンツ乗ってます♪"みたいな。良い所しか見せない、でも誰かのモノマネ…みたいな。中身の無い人がいて、それがすごい…当時嫌いで。その人をディスりたいなと思って書いた曲。そうしたら、自分にも当てはまるし、たなしんにも当てはまるし…」

たなしん:「俺のことだ!と思いましたよ。金廣が作った曲なのに、自分が作ったかのようで。万人に共通したメッセージになっていると思います…俺が作った曲じゃないけど(笑)。」

●今のグッドモーニングアメリカ

金廣:「前回のツアーが終わってみて、思ったことは"音楽をやっているって楽しいな。"と、初心に帰るみたいな…どこかで"仕事をやらされている感"があったんですが、そればっかり感じているとだんだん義務感が出て、つまらなくなってきたんです。でも、音楽を純粋に楽しめるようになったら、全てが楽しくなってきて…例えば、サッカーってルールがある中で自由を表す、みたいな。それを同じ感じで、義務がある中で自分の表現をするっていうのが楽しくなってきた。去年とはまったく音楽との向き合い方が違うと思います。それは、他のメンバーとも共有しているような気がします。」

たなしん:「これからもどんどん作品を作ってくんですけど、いろんなアイデアを取り入れるとか、(休み中に)イタリアに行ってオペラを見てきたんですけど、"このメロディいいじゃん!"って提案できたらいいなと(笑)。いろんなことがそうやって視野が広がるんじゃないかな。」

【グッドモーニングアメリカ】
★来週、6月10日(水)ニューシングル「コピペ」リリース
★同じく来週、6月10日(水)2nd LIVE DVD 「inトーキョーシティツアー2014-2015」(ファイナル@Zepp Tokyo 2015.03.22)リリース
★8月から全国ツアースタート!11月27日(金)は、日本武道館!!!

20150602_gma.jpg

<OA曲目リスト: 2015/6/2>

DANCE WITH YOU - OKAMOTO'S
SUGAR(REMIX) - MAROON 5 FEAT.NICKI MINAJ
BALTIMORE - PRINCE FEAT.ERYN ALLEN KANE
BROWN SUGAR - ROLLING STONES WITH ERIC CLAPTON
ひとつだけ - 矢野顕子/忌野清志郎
BAD BLOOD - TAYLOR SWIFT
COME BACK TO ME - UNCHAIN
T SHIRT WEATHER - CIRCA WAVES
ガランとしてる - ましまろ
MAGIC - MYSTERY SKULLS FEAT.NILE RODGERS AND BRAND
YOUR LEGEND〜燃ゆる命〜 - MAYDAY
DEAD FLOWERS(ALTERNATE VERSION) - ROLLING STONES
BILLS - LUNCHMONEY LEWIS
BABY BYE BYE - KITTY,DAISY AND LEWIS
アオイコドク - シナリオアート
CAN'T YOU HEAR ME KNOCKING(ALTERNATE VERSION) - ROLLING STONES
KILLING ME SOFTLY WITH HIS SONG - ROBERTA FLACK
RAY - BUMP OF CHICKEN FEAT.初音ミク
LOVE NEVER FELT SO GOOD - MICHAEL JACKSON FEAT.JUSTIN TIMBERLAKE
AND YOUR BIRD CAN SING - BEATLES
RING OF TALES(LILY STAR FIDDLE REMIX) - 坂本美雨
コピペ - グッドモーニングアメリカ
WHAT THIS WORLD IS COMING TO - NATE RUESS FEAT.BECK
WILD HORSES(ACCORSTIC) - ROLLING STONES

STAFF| 15:05 | カテゴリー:Records

2015年06月01日

【6/1オンエア曲リスト】 ANIMATION - YOUNG JUVENILE YOUTH、ほか

今週、6月3日(水)にデビュー・ミニアルバム「Animation」のCDリリースを控えた、音楽業界・大注目のユニット!Young Juvenile YouthからシンガーのYukiさんが番組初登場♪
--------------------------

●Young Juvenile Youthは、シンガーのYukiさんと電子音楽家のJEMAPURさんのユニットで、2012年から活動をスタート

「YouTubeのとある動画にJEMAPURの曲が使われていて、かっこいいなと思ってコンタクトを取ったのが始まりでした。二人で曲を作ってみて、そうしたら…クリエイティブ・ケミストリーというか、化学反応が起こって始まった…という感じですね。」

●もともと電子音楽が好き?

「そうですね…ロックも聴くし、サイケデリック・フォークのようなものも聴くし、アコースティックも…何でも好きですね。初めて買ったCDは"レイチェル・ヤマガタ"しかも、ジャケ買いしたんです。17のころかな。その時カナダにいて、彼女はカナダ人と日本人のハーフで、それで気になったんです。」

●デビュー・ミニアルバム「Animation」は配信ではすでにリリースされていますが、CDでは今週水曜にリリース

「手に取れるというカタチになるのが本当に嬉しいです。しかも、紙ジャケじゃなくて、プラスチックのジュエルケースというのが、いかにもCDという感じで、凄く愛おしいです。」


【Young Juvenile Youth】
★6月24日(水曜日)には、YJYのインストア・ライブが行われるんですね!?
場所はタワーレコード渋谷。 夜8時スタート
★8月03日(月)「OTODAMA SEA STUDIO 2015」@由比ガ浜に出演決定!

20150601_yjy.jpg

<OA曲目リスト: 2015/6/1>

なんでもねだり - KANA BOON
HOLD MY HAND - JESS GLYNNE
ROCKETEER - FAR EAST MOVEMENT FEAT.RYAN TEDDER
年貢 FOR YOU - レキシ FEAT.旗本ひろし/足軽先生
SPEED OF SOUND - COLDPLAY
WHAT DO YOU WANT? - 矢沢永吉
I KNEW YOU WERE TROUBLE. - TAYLOR SWIFT
ONE DAY - DEF TECH/JAKE SHIMABUKURO
LOVELY DAY - BILL WITHERS
DON'T BE LOVE - シシド カフカ FEAT.斉藤和義
SEXX LAWS - BECK
SUMMER SOUL - CERO
旅立ちの日 - 藤巻亮太
HEROES(WE COULD BE) - ALESSO FEAT.TOVE LO
EVERYDAY I HAVE THE BLUES(LIVE) - B.B.KING
RUNAWAY - CORRS
心理の森 - シンリズム
ロマンス - 原田知世
BOOK OF DAYS - ENYA
ANIMATION - YOUNG JUVENILE YOUTH
MERCY - MUSE
OUT OF CONTROL - MAN WITH A MISSION × ZEBRAHEAD
APPLE - TOWA TEI/椎名林檎

STAFF| 19:47 | カテゴリー:Records

2015年06月01日

<第4回目>藤巻亮太さんが「スター・ウォーズ愛」を語る!

今年12月に公開される映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を記念し、番組では「BEAT PLANET WEEKLY "STAR WARS" PRESS」と題して、スター・ウォーズの魅力を毎週月曜限定でたっぷりとお届けします。
そして今回は、シンガーソングライター藤巻亮太さんに「スター・ウォーズ愛」を語っていただきました♪
-----------------------

20150601_sw.jpg

●では、さっそく、藤巻亮太さん、スター・ウォーズとの出逢い、教えてください。

「僕、1980年生まれなんですね。なので、リアルタイムでは見ていないんですけど、初めて見たのは、きっと、金曜ロードショーとか、そういう感じでテレビでみたのが初めてで。多分、スター・ウォーズの…今カウントすると…4かと思うんですけどね。で、次が"スター・ウォーズ(5)帝国の逆襲"ですよね。当時は、中学生くらい。親にテレビデオを買ってもらって…今の子はわからないですよね(笑)。テレビとビデオ(VHS)が一緒についているやつなんですけど。それで、隣町のレンタルビデオ屋に行って借りて、3部全部見るという…それが原点にある気がしますね。」

1980年生まれの藤巻さん
ちなみに、『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』が、
日本で公開されたのが、1980年でした。
藤巻さん、「帝国の逆襲」生まれ、というわけですね(笑)。
80年代生まれジェネレーションの方は、このパターン多いですよね。
テレビ、あるいはビデオ、レーザーディスクで、初めて観る、ハマる!

●ズバリ、藤巻亮太さんにとって、スター・ウォーズの魅力とは??

「当時、本当に宇宙にいるような感覚というか…あれが凄い…中学時代から宇宙好きだったのいうのもあるし、そういう、本当に…デス・スターの中に入って行くシーンとか、文字通り手に汗握る。(6の)"ジェダイの復讐(※)"になるのかな、デス・スターに打ち込んで、爆発を振り切りながら逃げるというシーンを強烈に覚えていて、かっこいいなと思いながら見ていました。好きなキャラは…敵の兵士"ストーム・トルーパー"。僕が初めて旅行したスペインで、アントニ・ガウディのカサ・ミラ邸っていう有名な建物があって、その屋上に登ると、煙突があるんですね。その煙突がまさに"ストーム・トルーパー"!当時、建築も好きで、ガウディの建物が見たいなと思っていたので、そのツアーでガイドさんが教えてくれた。"実はね、ジョージ・ルーカスはここからたぶん、とったんだよ。"その時のスペインの青空と、煙突と…カッコいいフォルムみたいなのが、僕の青春と、凄く焼き付いていますね。そこから凄い好きですね。」

(※)現在『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』に邦題変更。

先週コメントを寄せてくれた堀潤さんと同様、
「ストームトルーパーが好き」。
ストームトルーパー好きな方、ほんと、多いですよね〜。

そんなストームトルーパーですが、今年12月公開の最新作、
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』では、
ちょっぴりデザインが新しくなっているんですね。

で、先日、アメリカの雑誌『Vanity Fair』のインタビューの中で、
スター・ウォーズのコスチューム・デザイン担当、マイケル・カプラン氏が、
この新しくなったストームトルーパーのデザインは、
「アップル・コンピュータの影響を受けている」と語っています。

『フォースの覚醒』とアップルは、実は関係が深くて…
予告編トレイラーに、十字型のライトセーバーが登場していますが、
そのデザインも実は、アップル・コンピュータのデザインリーダー、
ジョニー・アイブ氏が、JJエイブラムスにアドバイスをして、
で、あのようなデザインになった…というニュースが、
しばらく前にリリースされていました…!
新型ストームトルーパーは、アップル社製?!(笑)

●最後に…藤巻亮太さんに、もうひとつだけ、ご質問。
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、12月に公開となりますが、今回は劇場へ観に行きますか??

「絶対行きますよね。絶対。当時はテレビデオでしたけど、今はスター・ウォーズのブルーレイBOX持ってるんで。これは、12月までだったら、エピソード1から6まで全部いけると思うので、確実に見てから劇場に行きたいと思っています。」

今月から、月に1本、1エピソードずつ観ていけば、
11月に、エピソード6がちょうど見終わって、そしてその翌月、
12月に、最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を劇場へ…
この流れは、フォースを感じますね!

BEAT PLANET WEEKLY “STAR WARS" PRESS、
本日コメントを寄せてくれたのは、シンガーソングライター、
藤巻亮太さんでした。ありがとうございました。
May the Force be with you…!!

20150601_sw2.jpg

【藤巻亮太】

STAFF| 19:44 | カテゴリー:WEEKLY STAR WARS PRESS


バックナンバー

カテゴリー