2014年12月18日

バイエルン州の世界遺産を訪ねて(その2)〜レーゲンスブルクと、バンベルク

今週と来週にかけて"ドイツの旅"の魅力をテーマとした2週間限定のスペシャル企画「DEUTSCHLAND ENTDECKEN」がスタート。
世界遺産、食やワイン、ビールの話題、美しいカントリーサイドから、ベルリンのクリスマスまで、今週と来週、7回に渡って、サッシャの故郷でもあるドイツの旅の魅力をご紹介していきます。
------------------

4日目は…
「バイエルン州の世界遺産を訪ねて(その2)〜レーゲンスブルクと、バンベルク」

ドイツ、バイエルン州の南東。
ドナウ川とレーゲン川、2つの大河が出逢う地点からすぐのところに、
世界遺産の街、レーゲンスブルクがあります。

その川の流れが、この街の歴史と発展に大きく関係しています。
まだ車や鉄道もなかった時代…むかーしむかしの時代、
荷物も人も、船に乗って、川を旅しました。

レーゲンスブルクは、古くから「水上運輸」の要所として栄えた街。
水上交易のビジネスによって、大きく発展していったんですね。

ドイツはもちろん、ヨーロッパの街を旅していると、
歴史ある街や都市には、必ず大きな川が流れている。
ロンドンはテムズ川、パリならセーヌ川、というように。
川は、かつて、重要な交通網であり、交易のルートだった。

西暦1世紀には、ここにローマ帝国の集落が生まれ、
6世紀頃には、バイエルン族が暮らすようになった、とか。
なんと、レーゲンスブルク、2千年の歴史を持つ街!

今では人口15万人、バイエルン州で5番目の都市に。
大学街でもあり、若者の多い街。古さと新しさが混在する。

そんなレーゲンスブルク、ハイライトは、やはり、旧市街。
「中世の風景がそのまま今に残る街」とも言われています。
というのも、文化保護の指定を受けている建物が、
なんと1500(!)もあって、そのうちの984の建造物が、
ユネスコの世界遺産、その名も、
「レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ」なんです。
たとえば、ドナウ川に架かる石橋と大聖堂。

20141218_01.jpg
▲石橋、ドナウ川、大聖堂

その石橋が日本の鎌倉時代に架けられたと聞くと、
当時の豊かさと、建築技術の高さを思いますよね…。

8世紀(!)に建てられた聖エメラム教会は、現在も使われています。
48の教会が街中に点在していて、まさに古き美しき教会の街。

そして、サッシャの個人的なオススメは、こちら。
その世界遺産の石橋のたもとにある、その名も、
「Historische Wurstkueche」という一軒のお店なんですが…
ヒストーリシェ・ヴルストキュッヘ、つまり「歴史的ソーセージ屋」!
なんと! ここ、「世界最古の焼きソーセージのお店」!!

20141218_02.jpg
▲世界最古のソーセージレストラン、ヒストーリッシェヴルストキュッヘ:世界最古のソーセージレストランが、この町の隠れた名物。

850年続く世界一古い焼きソーセージのお店。
ドナウの川岸、石橋のたもとの石畳の上にテーブルと椅子が並びます。
今は冬なのでアレですが、春・夏なら、外のテーブルで食べたい!
焼きたてのソーセージ6本(or12本)が熱々のザワークラフトの上に…。
うまいっ!
うますぎるっ!
ぜひビールと共に。
あ、1686年創業、ドイツ最古のカフェ「プリンツェス」もぜひ!

-------------------

後半は、バンベルクの旧市街を、ご案内。

20141218_03.jpg
▲旧市街の全景夜景


歴史豊かなバイエルン州の都市や街は、
その旧市街地が世界遺産、というパターンがよくあります(笑)。

先ほどのレーゲンスブルクよりちょっと北にある大学都市、バンベルクも、
その旧市街地全体が世界遺産に登録されています。

ドイツは、歴史豊かな一方、第二次世界大戦で戦火にまみれたため、
消失してしまった建造物や市街地も数多いんですが、
バンベルクは、実質的な被害を受けなかったため、奇跡的に、
中世の景観がそのまま維持されているという、ドイツでも希有な街!

後期ロマネスク様式のバンベルク大聖堂や、
川の中州に建つバンベルク市庁舎、バロック様式のパレスなど、
バンベルクもまた、建築やアートが好きな人にはたまらない場所!

あと!ビール好きな方にも、実はオススメです。
人口わずか7万人の街に、ビール醸造所(ブリュワリー)が10カ所も!
その密度はドイツでナンバーワン。
いわゆるクラフトビール、地ビール、珍しい薫製ビールもあります。
世界遺産と中世の街並みとビールに酔いしれる街、バンベルク!

20141218_04.jpg
▲ビアガーデン

現在、六本木ヒルズ大屋根プラザで開催中のクリスマス・マーケットでは、
そんなドイツ・ビールも味わえますし、ドイツのソーセージやスープ、
パンなどもあって、どれもかなりおいしいです、おすすめです。

その「クリスマス・マーケット」に出店中のクリスマス専門店、
「ケーテ・ウォルファルト」から、本日もプレゼントがあります。
卵形の可愛いお香人形「スモーキー」シリーズの
クリスマス・バージョンを、
ケーテ・ウォルファルト50周年記念赤いハートのオーナメントと
お店のパンフレットもセットにして、毎日1名様にプレゼント中。

「ほしい!」という方は、
「お名前、ご住所、お電話番号、Eメールアドレス」を明記の上、
番組HPの"MESSAGE"からご応募ください。
「ドイツ・プレゼント希望」と書いて送ってくださいね。
締め切りは今日の午後4時。
※当選者の発表は商品の発送をもって替えさせていただきます。

-------------------

2週間限定企画「DEUTSCHLAND ENTDECKEN」、
来週月曜日は、「ベルリンのクリスマス」をお届けします。
お楽しみに♪

-------------------

20141217_05.jpg

バイエルン州観光局


STAFF| 13:34 | カテゴリー:DEUTSCHLAND ENTDECKEN


バックナンバー

カテゴリー