2014年07月31日

【7/31 オンエア曲リスト】 WARRIOR(BORGEOUS MIX) - HAVANA BROWN、ほか

毎月恒例!世界的DJ、ハヴァナ・ブラウンが番組のために届けてくれた"スぺシャル・ノンストップDJミックス"をオンエア!
ハヴァナ・ブラウンによるノンストップDJミックスは、毎月オンエアしています。来月もお楽しみに♪

20140626_HAVANABROWN.jpg

【ハヴァナ・ブラウン】
レディー・ガガや、リアーナから注目を浴びるきっかけとなった、DJハヴァナ・ブラウンのコンピレーションが遂に日本でも発売決定!しかも日本限定バージョンで8月6日にリリースされます。さらに!8月20日にはa-nationにも出演決定!

<Havana Brown "J-WAVE BEAT PLANET Exclusive Mix" アーカイブ>

4月25日 OA分
5月29日 OA分
6月26日 OA分
7月29日 OA分
8月20日 OA分
9月26日 OA分
10月29日 OA分
11月27日 OA分
12月26日 OA分
1月30日 OA分
2月27日 OA分
3月31日 OA分(ゲスト)
2014年5月1日 OA分
2014年6月26日 OA分

<OA曲目リスト: 2014/7/31>

年貢 FOR YOU - レキシ FEAT.旗本ひろし/足軽先生
BACK TO THE SHACK - WEEZER
BOOM CLAP - CHARLI XCX
IT WAS ALWAYS YOU - MAROON 5
IN THE SUMMERTIME - SHAGGY
NOTHING MORE THAN EVERYTHING TO ME - CHRISTOPHER OWENS
THE FALL - RHYE
NEON SIGN STOMP - EGO WRAPPIN'
YEAH 3X - CHRIS BROWN
LOVE SOMEONE - JASON MRAZ
BREAK FREE - ARIANA GRANDE FEAT.ZEDD
PLAY THAT FUNKY MUSIC - WILD CHERRY
RUNNING - LUST FOR YOUTH
MEXICAN WINE - FOUNTAINS OF WAYNE
生きてゆく - KANA BOON
ROYALS - LORDE
CALLING YOU - JEVETTA STEELE
KING AND CROSS - ASGEIR
CREAM SODA - SUPERCAR
JEALOUS(I AIN'T WITH IT) - CHROMEO
HEY HO(PANTHEON MIX) - KRONIC AND KRUNK!
HIDEAWAY(GORGON CITY MIX) - KIEZA
GET DOWN 2 GET UP - MAT ZO FEAT.THE KNOCKS
STAY WITH ME(ESQUIRE MIX) - SAM SMITH
HEART(LO'99 MIX) - CRNKN
2 ON(WAX MOTIF MIX) - TINASHE
WARRIOR(BORGEOUS MIX) - HAVANA BROWN
SLEEPLESS - CAZZETTE
ひまわりの約束 - 秦基博

−− Havana Brown "J-WAVE BEAT PLANET Exclusive Mix" 2014/7/31 −−

Jealous - Chromeo
Hey Ho (Pantheon Mix) - Kronic & Krunk!
Hideaway (Gorgon City Mix) - Kieza
Get Down 2 Get Up - Mat Zo ft. The Knocks
Stay With Me(eSquire Mix) - Sam Smith
Heart (Lo'99 Mix) - CRNKN
2 On(Wax Motif Mix) - Tinashe
Warrior (Borgeous Mix) - Havana Brown
Sleeplesss - Cazzette

STAFF| 18:03 | カテゴリー:Records

2014年07月30日

【7/30 オンエア曲リスト】 エロ - クリープハイプ、ほか

先週ダブルAサイドシングル「エロ/二十九、三十」をリリースしたクリープハイプのボーカル、尾崎世界観さんがスタジオに登場!


●先日ZEPP TOKYOで行われたクリープハイプ主宰のイベントに、なぜか?!千原ジュニアさん登場。

「すごく好きで、飲みに行ったりもするので、その時にお願いしました。お客さんに、"こんな凄いものがあるよ"って提示するために、別にバンドじゃなくてもいいかと思ったんですけど…"ヤダ。"って断られました。それでも何回もお願いしていたら、出てくれました。(当日は)詞を朗読してくれました。一人でイスに座って何も持たずに、声だけでやっていました。スタンディングなので、お客さんはみんな立っていて、ジュニアさんだけ座っている…っていう異様な光景でした。その後ステージに立った時、独特な感じで、心地よかったですね。」


●ダブルAサイドシングル「エロ/二十九、三十」をリリース。昨年夏リリースのシングル「ラブホテル」に続き、今回も女性DJ泣かせなタイトルで…。

「(歌詞も)いかに遠回しに、こういうことを言うか、いっつもそればかり考えてますね。(来年の夏はもっと凄いのを?)…なぜか夏にそういう感じになっているので、来年も継続していこうかと。プレッシャーですね(笑)。(初回特典DVD「くそキャンプ2014」これも凄いタイトル…)朝からキャンプ場にロケに行って、Twitterで何をするか募集して、色んなことしました。"口にゴムを咥えて先に離した方が負け"とか。ぜひ見て下さい。(二十九、三十は、)自分も29歳から30歳になるので、同世代に何か書きたいなと思いました。音楽をやっていて、"30歳になったらどうなっているのかな"って、よく考えていました。"でも結局、音楽やってるんだろうな"とは思っていましたけど。この曲を作って、30歳の覚悟というのを、より意識をするようになりました。」

20140730_creephyp.jpg
尾崎さんと言えば、大のヤクルトスワローズファン!

【クリープハイプ】
8月9日から、尾崎さんの地元でもある「かつしかシンフォニーヒルズ・モーツァルトホール」を皮切りに、全国ホールツアー「八枚目でやっと!九枚目でもっと!」がスタート。東京は、初日と最終日、9月18日、木曜日のNHKホールで開催。

<OA曲目リスト: 2014/7/30>

君に、胸キュン。〜浮気なヴァカンス - Y.M.O.
CHOCOLATE - 1975
SUMMER - CALVIN HARRIS
ANYTHING GOES - TONY BENNETT/LADY GAGA
男女6人夏物語 - ケツメイシ
DAFT PUNK - PENTATONIX
ひまわりの約束 - 秦基博
FOREVER - HAIM
赤い糸 - コブクロ
キャッチミー岡っ引きさん - レキシ FEAT.もち政宗
NEVER CAN DECIDE - ANUSHKA
SUMMER OF LOVE - PRINCESSA
歓喜の歌(交響曲第九番) - 東京スカパラダイスオーケストラ
TACKY - WEIRD AL YANKOVIC
I'M STILL WAITING - COURTNEY PINE FEAT.CARROLL THOMPSON
SING - ED SHEERAN
MAMA TOLD ME(NOT TO COME) - THREE DOG NIGHT
STAR GUITAR - CHEMICAL BROTHERS
天体観測 - BUMP OF CHICKEN
STARS - SIMPLY RED
エロ - クリープハイプ
THE PINNACLE(OF CLASS AND TASTE) - DIGGS DUKE
二十九、三十 - クリープハイプ
YOU'LL BE MINE - HAVANA BROWN FEAT.R3HAB
LOVE GIRL - ROCKETMAN FEAT.JENNY 01

STAFF| 22:36 | カテゴリー:Records

2014年07月29日

【7/29 オンエア曲リスト】 WORKING FOR THE WEEKEND (STUDIO LIVE) - PAUL GILBERT、ほか

世界的なスーパーギタリスト!1980年代バンド「レーサーX」を経て、MR.BIGを結成!そして、ソロ名義でもご活躍中のポール・ギルバートをスタジオにお迎えしました!

●先月ソロ名義でのアルバム『幸福なるシジフォス〜ストーン・プッシング・アップヒル・マン』をリリース

「今回のアルバムでは、好きなミュージシャンの曲をカバーして、その歌を"ギターで"歌わせるというチャレンジをしたんだ。ボーカルによっていろんなスタイルがあるし、いろんなアプローチがあるから、それをどうやってギターで表現するのか…もともと好きで聴いていた曲だけど、改めてとにかく曲を聞いたよ。」

20140729_PaulGilbert.jpg
「話すのも好きだけど、ギターを鳴らすのも大好きなんだよね!」と終始ハイテンションのポール・ギルバート。ギターを持って、演奏したり、話したり、演奏したり、歌ったり、話したり、演奏したりと、賑やかで楽しいインタビューでした。さらに、その超絶ウルトラテクをスタジオで披露もしていただきました!ありがとうございました♪

【ポール・ギルバート】

【MR.BIG】
11月10日(月)ニッポン武道館で来日公演決定!

<OA曲目リスト: 2014/7/29>

DAYS ARE FORGOTTEN - KASABIAN
MR.CAB DRIVER - LENNY KRAVITZ
PROBLEM FEAT.IGGY AZALEA - ARIANA GRANDE
GO - GRIMES
サマージャム'95 - スチャダラパー
MYSTERY MAN(FUJIROCK LIVE音源) - THE STRYPES
SO THEY SAY (FUJIROCK LIVE音源) - THE STRYPES
ANGEL EYES (FUJIROCK LIVE音源) - THE STRYPES
A SKY FULL OF STARS - COLDPLAY
WAHの歌 - 桐嶋ノドカ
I STAND ALONE - ROBERT GLASPER EXPERIMENT FEAT.COMMON/PATRICK STUMP
僕らの夏の夢 - 山下達郎
TENNIS COURT - LORDE
ROYALS (FUJIROCK LIVE音源) - LORDE
MAS QUE NADA - 小野リサ
MR.BRIGHTSIDE - KILLERS
PLEASE MISTER POSTMAN - BEATLES
MR.SAXOBEAT - ALEXANDRA STAN
MR.ROBOTO - STYX
WORKING FOR THE WEEKEND (STUDIO LIVE) - PAUL GILBERT
GREEN TINTED SIXTIES MIND - MR.BIG
二十九、三十 - クリープハイプ

STAFF| 13:55 | カテゴリー:Records

2014年07月28日

【7/28 オンエア曲リスト】 FIREFLIES - OWL CITY、ほか

先日来日していたアダム・ヤングのソロ・プロジェクト、アウル・シティーへのインタビューの模様をお届けしました。

●今回は、ASIAN KUNG-FU GENERATION主催の音楽フェス、NANO MUGEN FESTIVALに出演するために来日にしていたOWL CITY。まずはASIAN KUNG-FU GENERATIONとの関係について聞いてみました。

「聞いたところによると、アジカンが僕の音楽を好きでいてくれて"この時期に来れますか?"というオファーがあったんだ。それで"モチロン行くよ!"と答えた。と、いうのも、僕自身も彼らの音楽が好きなので。来ることが出来て、そしてチャンスをもらえて非常に嬉しいよ。」

●エレクトロミュージックのジャンルで数々のヒットを飛ばしているアウル・シティー。いま、世界を台頭しているEDMのサウンドについてはどんな風に思っているんでしょうか?

「僕自身はEDMもすごく好きで、アヴィーチー、ティエスト、アルマンド・ヴァン・ヘルデンなどが大好きなんだけど、もちろん自分の音楽というのもあって、その中にEDMの音楽の中に自分の指紋を残す…みたいな結果が、"SHOOTING STAR"になったんじゃないかな?」

20140728_owlcity.jpg
アダム・ヤングといえば、あの世界的なサッカー選手、メッシに似ていると一部で話題になっています。そのことをご本人に直撃したところ「サッカーは良く知らないけど、"似てる"って凄く言われるから、彼のことは知ってるよ!」とのこと。ありがとうございました♪

アウル・シティー

<OA曲目リスト: 2014/7/28>

LOOKING TOO CLOSELY - FINK
ROYALS - LORDE
LOVE NEVER FELT SO GOOD DM CLASSIC MIX - MICHAEL JACKSON
歓喜の歌(交響曲第9番) - 東京スカパラダイスオーケストラ
AH YEAH!! - スキマスイッチ
EVERYBODY'S GOT SOMEBODY BUT ME FEST.JASON MRAZ - HUNTER HAYES
HIGH FIVE - 片平里菜
MICHAEL(FUJIROCK LIVE音源) - FRANZ FERDINAND
IRRESISTIBLEMENT - SYLVIE VARTAN
NEVER CAN DECIDE - ANUSHKA
NEVER SAY NEVER - BASEMENT JAXX
光の子どもたち - JILL DECOY ASSOCIATION
DON'T KNOW WHAT IT MEANS - PUSS N BOOTS
THIS TIME(I'M GONNA TRY IT MY WAY) - DJ SHADOW
MAKING TIME - OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
LAND OF 1000 DANCES - WILSON PICKETT
A DESIGN FOR LIFE(FUJIROCK LIVE音源) - MANIC STREET PREACHERS
HO HEY(FUJIROCK LIVE音源) - THE LUMINEERS
WONDERLAND 不思議の国(FUJIROCK LIVE音源) - GOTCH
BETTER THAN(FUJIROCK LIVE音源) - JOHN BUTLER TRIO
CALL IT WHAT YOU WANT(FUJIROCK LIVE音源) - FOSTER THE PEOPLE
FIREFLIES - OWL CITY
BEAUTIFUL TIMES - OWL CITY FEAT.LINDSEY STIRLING
ROLLING IN THE DEEP - ADELE
若者たち - 森山直太朗
WARM - KRIS BERRY & PERQUISITE

STAFF| 14:37 | カテゴリー:Records

2014年07月24日

【7/24 オンエア曲リスト】 BALLET - 高橋幸宏 AND METAFIVE、ほか

昨日、ライブCD「TECHNO RECITAL」と、ライブ映像作品「PHASE」を同時リリースした高橋幸宏さん登場!

「TECHNO RECITAL」と「PHASE」、同じライブの音源と映像かと思いきや…
ライブCD「TECHNO RECITAL」は、"METAFIVE"として、今年の1月に行われた東京EX THEATERでの一夜限りのライブの模様を収録した音源。メンバーは、小山田圭吾×砂原良徳×TOWA TEI×ゴンドウトモヒコ×LEO今井。

そして、ライブDVD「PHASE」は、オリジナル・アルバム"LIFE ANEW"を引っさげて行ったツアー「高橋幸宏 with In Phase Live Tour 2013」で、昨年9月23日にBunkamura オーチャードホールでおこなわれたライブの模様を収めたライブ映像作品となっています。こちらのメンバーは、James Iha、高桑圭(Curly Giraffe)、堀江博久、ゴンドウトモヒコ、Be The Voiceの鈴木俊治、LEO今井という豪華ラインナップ!

●まずは、一夜限りの豪華メンバー"METAFIVE"で構成されたライブCD「TECHNO RECITAL」
「(YMOの作品など)そのままやるっていうのを、じつはあまりやったことが無いので、半分パロディとしてやってみようかなと思ってこのメンバーを集めました。これをやったのが、ツアーの"In Phase"が終わったあとで…このツアーでは、今までの高橋幸宏を知っていた人ではビックリするようなアルバムだったので、こっちでは、モロ"幸宏"ってのをやっちゃおうかなって思って。そのためには全部やらなくちゃいけないので、昔通りにやるって言うと…マリン(砂原良徳)がいるなって思ったんです。小山田くんと、マリンとTOWA TEIくんが僕のトリビュートアルバムをやっているのを知っていたので、まず声をかけました。最初の食事会の時に、マリンに思ってたことをぶつけたんです"BALLETとかやりたいんだけど…オケって作れるかな?"って、そしたら、"あります。原曲通り作ってありますから、幸宏さんは歌うだけです。"って、"あ、そうなんだ"って。それから曲順は怒濤のように、わりとスムーズに決まりましたね。」

●続いては、ツアーでのライブ映像作品「PHASE」について伺いました。
「さっき話した"METAFIVE"とはエラい違う音楽なので。今まで僕が出したことが無かった、自分が高校生くらいのルーツの音楽なんですよね。60〜70年代の、アメリカやイギリスのサウンドを元にしているので、Jamesが合うかなと思って声かけてみた。それと、高桑圭…あの二人のアルバムのテイストが似ているので、いけるかなと思って。後はおなじみのメンバーを誘ってやりました。(特典映像の)副音声の録音って、あんまり編集しないで、撮りっぱなしでやるんですけど、見ちゃうんですよね(笑)。だからみんなに"黙らないでね。黙らないでね。"って言いながらやりました。だいたいゴンドウくんの酒豪(?)伝説の話になっちゃうんですよね。だから一回目は、副音声無しで、見た方がいいです。」

--------------------------
★明日、FUJI ROCKに高橋幸宏 With In PhaseとしてWHITE STAGEに出演。
さらに、8月10日に夢の島陸上競技場で、幸宏さん主宰の音楽フェス「ワールドハピネス2014」開催。
14組のアーティストの豪華共演です!
赤い公園 / 奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 / きゃりーぱみゅぱみゅ / くるり / cero / 電気グルーヴ / ねごと / No Lie-Sence(鈴木慶一&KERA) / PUFFY / ヒトリエ / 細野晴臣 / 真心ブラザーズ
そして、なんと幸宏さんは、METAFIVEとIN PHASEと別バンドで2回登場!
--------------------------

20140724_yukihirotakahashi.jpg

高橋幸宏

<OA曲目リスト: 2014/7/24>

LEARN TO FLY - FOO FIGHTERS
虹を待つ人 - BUMP OF CHICKEN
LIVE FOR THE NIGHT - KREWELLA
ORDINARY HUMAN - ONEREPUBLIC
サイダー - 赤い公園
ELEMENTS OF LIFE - LOUIE VEGA
SUDDENLY I SEE - KT TUNSTALL
SING - ED SHEERAN
HOPES BRIGHT - WHITE ASH
SOME NIGHTS - FUN.
BABY I - ARIANA GRANDE
POP LIFE - PRINCE
ブールヴァード - 吉田ヨウヘイGROUP
貴方の恋人になりたいのです - 阿部真央
CALIFORNIA GURLS - KATY PERRY FEAT.SNOOP DOGG
WAKE UP - ARCADE FIRE
HEART BEAT - 加藤ミリヤ
VIVA LA VIDA - COLDPLAY
BALLET - 高橋幸宏 AND METAFIVE
SUMMER BREEZE - ISLEY BROTHERS
GOOD TIME - OWL CITY/CARLY RAE JEPSEN

STAFF| 14:00 | カテゴリー:Records

2014年07月23日

【7/23 オンエア曲リスト】 AH YEAH!! - スキマスイッチ、ほか

今日、ニューシングル「Ah Yeah!!」をリリースしたスキマスイッチの大橋卓弥さん、常田真太郎さんがスタジオに登場してくれました。

●ニューシングル「Ah Yeah!!」

大橋:「"ハイキュー!!"というバレーボールのテレビアニメのオープニングのために書き下ろしました。僕もバレーボールやっていたんですよ。でも、バレーに寄りすぎずにスキマスイッチならではにしたかったんです。試合前のドキドキワクワクを、プレゼンや会議の前に重なるように…大事な出来事の前に聞けるようにしました。」


●PVが、非常にハード

常田「絶叫マシンにひたすた乗る…という…。富士急ハイランドで撮影しました。9種類あって、合計19回乗りました。FUJIYAMAは4回乗りました。絶叫マシン苦手で、2ヶ月くらい前から寝れなくって…。」

大橋「僕は、大好きなんですが、さすがに19回乗ると、降りてからもまだ乗っている感じがしました。」

常田「逆に楽しくなってきて。最後は二人で手を上げていました。僕が怖がって、大橋が平気で…っていう対照的に撮りたいという監督の思惑とは最終的に違って、笑ってしまいました。」


●カップリングの「夏のコスモナウト」もスポーツ選手達を後押しする応援ソング

大橋「スポーツ繋がりのシングルになりました。だけど、"Ah Yeah!!"とは書き分けたいなと思って。"夏のコスモナウト"は、"仲間意識"というのにスポットをあてました。それを花火に例えています。」

20140723_sukimaswitch.jpg

スキマスイッチ

<OA曲目リスト: 2014/7/23>

ENDLESS SUMMER NUDE - 真心ブラザーズ
THE LAZY SONG - BRUNO MARS
AIN'T YOUR RIGHT - SKY FERREIRA
BACK TO THE SHACK - WEEZER
SUMMER - CALVIN HARRIS
I WILL NEVER LET YOU DOWN - RITA ORA
エトピリカ - 葉加瀬太郎
HAPPY - C2C FEAT.DEREK MARTIN
37℃ - CRAZY KEN BAND FEAT.TRIO THE DOG HORNS
SUMMERTIME SADNESS(CEDRIC GERVAIS REMIX) - LANA DEL REY
RUDE - MAGIC!
PURE SHORES - ALL SAINTS
HIDEAWAY - KIESZA
PANAMA - VAN HALEN
HOT STUFF(ENGLISH VER.) - JUJU
TONIGHT TONIGHT - HOT CHELLE RAE
BLESS THE TELEPHONE - KELIS
JODY - 山下達郎
ORINOCO FLOW - ENYA
KING AND CROSS - ASGEIR
モノノケダンス - 電気グルーヴ
AH YEAH!! - スキマスイッチ
夏のコスモナウト - スキマスイッチ
HOT N FUN - N.E.R.D FEAT.NELLY FURTADO
エロ - クリープハイプ
SAY YES - MICHELLE WILLIAMS FEAT.BEYONCE/KELLY ROWLAND

STAFF| 17:40 | カテゴリー:Records

2014年07月22日

【7/22 オンエア曲リスト】 夏の情事 - MONKEY MAJIK+吉田兄弟、ほか

2度目となる「吉田兄弟」とのコラボ作品!待望のニュー・シングル「夏の情事」をリリースしたMONKEY MAJIKから、Blaiseさんとtaxさんが登場してくれました!

●吉田兄弟との最初のコラボ「CHANGE」は、世界ジュニア選手権2010で羽生結弦さんがエキシビションで選んだ曲。その縁があって、羽生さんとも共演。

tax「本当に夢のような時間でしたね。羽生君が滑って、僕らは後ろで演奏しているんですけど、不思議な感じで見とれてしまいました。"なにやってるんだろう?!"ってハッと我に返る瞬間がありました。羽生君のことは宮城県民だと幼い頃からメディアで取り上げられていて、成長を親のように見守ってきたという部分があります。金メダルを取ったときも僕達はツアー中で、部屋でみんなで応援していました。」

●今回、2回目となる吉田兄弟とのコラボ「夏の情事」

tax「"CHANGE"以来ずーっと親交があったんですが、3年前に一緒に北米ツアーに廻った時、"何かもっと違う作品作りたいね。"ってお酒飲みながら話していて、それが具体的になったのが今年。(南国っぽい雰囲気を出す時に)津軽三味線奏者なので、三線と津軽三味線の違いとか気を使いながら、この曲に思いを込めてプレイしていましたね。」

Blaise「"CHANGE"と全然違う感じにしたかったから、ヒップホップレゲエっぽく…プラス三味線で不思議な感じで、本当に良いチャレンジでした。」

tax「(曲の始まりは)居酒屋でiPhoneで撮って…そのまま使いました。オープニングでみんな酔っぱらってるんです(笑)。アイデアはみんなで食事したり、お酒飲んだりしている時に鼻歌で〜♪…で、だいたいみんな飲みたくてあんまり聞いてないんで。」


【MONKEY MAJIK】
9月13日からツアースタート!
東京は、9月28日@中野サンプラザ。
詳細はMONKEY MAJIKオフィシャルサイトへ。

20140722_MONKEYMAJIK.jpg

<OA曲目リスト: 2014/7/22>

GIRLS OF SUMMER - AEROSMITH
THIS KISS - CARLY RAE JEPSEN
MIGHTY LONG FALL - ONE OK ROCK
年貢 FOR YOU FEAT.旗本ひろし/足軽先生 - レキシ
夜明けの流星群 - SCANDAL
INVISIBLE - HUNTER HAYES
DISTANCE - MAN WITH A MISSION
HAPPY - PHARRELL WILLIAMS
NEVER CAN DECIDE - ANUSHKA
ミュージック - サカナクション
ROYALS - PENTATONIX
希望の轍 - サザンオールスターズ
RESTART - SAM SMITH
SUMMER MADNESS - KOOL AND THE GANG
WAKE UP! FEAT.ASIAN KUNG FU GENERATION - 東京スカパラダイスオーケストラ
夢の外へ - 星野源
BUBBLY - COLBIE CAILLAT
WITHOUT YOU FEAT.USHER - DAVID GUETTA
THE REAL THING FEAT.KATIE HAMPTON - SERGIO MENDES
夏の情事 - MONKEY MAJIK+吉田兄弟
BREAK FREE FEAT.ZEDD - ARIANA GRANDE
NEVER SAY NEVER - BASEMENT JAXX
サイダー - 赤い公園

STAFF| 17:24 | カテゴリー:Records

2014年07月17日

【7/17 オンエア曲リスト】 I WANT TO HOLD YOUR HAND - BEATLES、ほか

今週は、「ミート・ザ・ビートルズ〜日本デビュー50年の軌跡」と題して、ザ・ビートルズが日本でどのように展開され、どのように受け入れられていったのかを探っていくため、ゲストとして、当時、東芝音楽工業でザ・ビートルズのディレクターをされていた高嶋弘之さんに登場していただきました。
------------------

●今日は最終日!日本デビュー50年を記念した「Meet The Beatles<JAPAN BOX>」について伺いました。

まさしく"子供たちが帰ってきた"ようです。自分が担当したアルバムのジャケットがそのままCDサイズに小さくなった…それがカワイイんですよ。ビートルズは隅から隅までどの曲もいいんですけど、初期のこの5枚は"勢い"があるんですよね。新しく時代を切り開いた、という勢い。カバー曲も入っていますが、それもビートルズの曲になっている…聞く価値がありますよ。いろんな音楽が、いろんな形で時代を象徴しながら残っていくべきだと思うんですけど、ビートルズは100年後も聞いていて欲しいですね。

高嶋弘之さん、4日間本当にありがとうございました!

---------------------------
【 Meet The Beatles<JAPAN BOX> 】

ザ・ビートルズの日本でのレコード・デビュー50年を記念して、64年から65年の間に発売された日本の独自性の高いアルバム5枚、デビューアルバム『ビートルズ(64年)』、『ビートルズNo.2(64年)』、『ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!(64年)』、『ビートルズNo.5(65年)』、『4人はアイドル(65年)』が初めてCD化されて発売中。
---------------------------

20140717_BEATLES.jpg

<OA曲目リスト: 2014/7/17>

猟奇的なキスを私にして - ゲスの極み乙女。
EUROPA GEHT DURCH MICH - MANIC STREET PREACHERS FEAT.NINA HOSS
WELL,WELL,WELL - DUFFY
THE STARS(ARE OUT TONIGHT) - DAVID BOWIE
BREAK FREE - ARIANA GRANDE FEAT.ZEDD
SANTERIA - SUBLIME
REGGAE BUS - FIRE BALL/PUSHIM/PAPA B/JR.DEE/導楽/RUEED/RYO THE SKYWALKER/
OBLIVIOUS - AZTEC CAMERA
絶対的な関係 - 赤い公園
FLOWERS IN THE WINDOW - TRAVIS
LA LA LA - NAUGHTY BOY FEAT.SAM SMITH
SING - ED SHEERAN
LISTEN TO THE MUSIC - SHIGGY JR.
NEVER CAN DECIDE - ANUSHKA
JUST ONCE - QUINCY JONES
ON OUR WAY - ROYAL CONCEPT
頑張ったっていいんじゃない - 大原櫻子
アケチノキモチ - レキシ FEAT.阿部 SORRY 大臣ちゃん
SHELTER SONG - TEMPLES
I WANT TO HOLD YOUR HAND - BEATLES
SAY YES - MICHELLE WILLIAMS FEAT.BEYONCE/KELLY ROWLAND
瞬間 - 王舟
MURASAKI - KEYTALK

STAFF| 14:40 | カテゴリー:Records

2014年07月16日

【7/16 オンエア曲リスト】 ROCK AND ROLL MUSIC(LIVE) - BEATLES、ほか

今週は、「ミート・ザ・ビートルズ〜日本デビュー50年の軌跡」と題して、ザ・ビートルズが日本でどのように展開され、どのように受け入れられていったのかを探っていきます。
そこで4日間に渡りゲストとして、当時、東芝音楽工業でザ・ビートルズのディレクターをされていた高嶋弘之さんに登場していただきます。

------------------

●3日目の今日は『ビートルズがやってきた!』をテーマにお話を伺いました。

協同企画(現:キョードー東京)永島達司さんのイギリスの友人が、ビートルズのマネージャーと親しくて、それで来日の話が来ました。(1966年の初来日)コンサートよりも前に、当時売り出し中だった加山雄三さんと会わせました。ビッグスターに会わせたら(加山雄三さんに)"ハク"が付くと思ったんです。

彼らが宿泊していた東京ヒルトンホテル(現:ザ・キャピトルホテル 東急)の通常のエレベーターからは上がれなくて、裏のエレベーターから上がっていきました。部屋の中には、向かって左にポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターがいました。あれ?ジョン・レノンはどうしたの?と思った時に、後ろから駆け出すように出てきて、加山雄三さんを後ろから羽交い締めにして、振り回すようにしたんです。それを見て、ポールが爆笑。その時、僕は"やっぱりジョンがリーダーかな。"って思いました。場をくつろがせるためにやったのかな、ってね。

その後、一緒に食事会をする予定だったんですが、マネージャーのブライアン・エプスタインに別室に呼ばれ、結局一緒に食事したのは加山雄三さんだけ。僕は一緒に食事できませんでした。でもね、ブライアン・エプスタインは、僕と同じ歳ですが、"冷徹な科学者のイメージ"でした。非常にクール。僕は、"へへぇ〜"とひれ伏すようでしたし、一緒にいた石坂(範一郎)専務は、キレイな英語を話しますが、それでも非常に緊張していました。だって、"エド・サリヴァン・ショーに出た"とか、"シェイ・スタジアムで凄い(コンサートをやった)"とか情報が入ってきていましたからね。なんだかビートルズが、遠い存在になった感じでした。

そこからは、僕は、ビートルズに対してトーンダウンして、日本人のアーティストを売ってやろう!って思ったんです。その時、グループサウンズの時代が来たんですよ。ビートルズの影響を受けた若者たちが"テケテケテケ…"とやり出したんです。ビートルズが来た頃、日本の音楽シェアは、洋楽が85%もあったんですよ。今は逆転してますから。そういう時代でした。」

まだまだ高嶋さんのお話は尽きません…!
明日は最終日です!お楽しみに〜♪

20140716_ BEATLES_2.jpg

<OA曲目リスト: 2014/7/16>

CRAZY CRAZY - 星野源
渚にまつわるエトセトラ - PUFFY
CHEAP SUNGLASSES - RAC FEAT.MATTHEW KOMA
ONE MORE TIME - NICK AND KNIGHT
JUST CAN'T GET ENOUGH - NINA MADHOO
二十九、三十 - クリープハイプ
MAPS - MAROON 5
HEY NOW(GOTA REMIX) - ADRIANA EVANS
UNDER PRESSURE - QUEEN AND DAVID BOWIE
実り多き人生を - GAKU MC
NEVER TAKE IT AWAY - ASTON SHUFFLE FEAT.MAYER HAWTHORNE
CALL ME MAYBE - CARLY RAE JEPSEN
LOVE FANTASTIC - 大塚愛
ハラピニオ - 浅井健一
MARGARITA - SLEEPY BROWN FEAT.PHARRELL/BIG BOI
赤いスイートピー - 松田聖子
BABY,I LOVE YOUR WAY - BIG MOUNTAIN
KOKOMO - BEACH BOYS
CLUB TROPICANA - WHAM!
A PERFECT SKY - BONNIE PINK
ROCK AND ROLL MUSIC(LIVE) - BEATLES
EVERYTHING I EVER WANTED - BRIGHT LIGHT BRIGHT LIGHT
SHUFFLE - BOMBAY BICYCLE CLUB
ぼくらが旅に出る理由 - 安藤裕子

STAFF| 18:33 | カテゴリー:Records

2014年07月15日

【7/15 オンエア曲リスト】 NORWEGIAN WOOD(THIS BIRD HAS FLOWN) - BEATLES、ほか

今週は、「ミート・ザ・ビートルズ〜日本デビュー50年の軌跡」と題して、ザ・ビートルズが日本でどのように展開され、どのように受け入れられていったのかを探っていきます。
そこでゲストとして、当時、東芝音楽工業でザ・ビートルズのディレクターをされていた、高嶋弘之さんをお迎えし、4日間に渡って貴重なお話を伺います。

------------------

●今日は『ビートルズの"邦題"に隠された意外な真実!?』をテーマにお話を伺いました。

プレスリーなどを頂点とした、いわゆる"オールディーズ"的なタイトルは付けちゃいけないと思いました。新しい時代の作品のタイトルにしようと。オールディーズ的というのは、例えば"悲しき街角"とか、"涙のダンスパーティー"とか付けちゃいけないと思った。新しくしたいと。それで、「I Want To Hold Your Hand」は直訳すると「手を握りたい」だけど、「抱きしめたい」のほうが衝撃的だと思った。いろいろプロモーション活動をしたけど、このタイトルが僕の一番のビートルズへの貢献したことじゃないかなと思う。

だけどね、さっき「涙の〜」とかのタイトルは付けちゃいけないって、言いましたが…じゃあ、どうして「涙の乗車券」をつけたかというと…詞を読むと、それしかないんですよ、テキトウなんですよ(笑)。僕はタイトルを付ける時、そんなに深く考えないんです。パッとひらめきで。…間違えたなと思うのは「ノルウェーの森」。だけど、シタールが流れて、ジョン・レノンの物憂い歌が聞こえてきたら、「ノルウェーの家具」じゃないなと思いますよね。

当時は、社内でも「"売れない=イギリス音楽"をやっている高嶋」って言われていました。(1964年に日本で初めて発売されたアルバム「Meet The Beatles!」の)選曲は、2枚のアルバムの中から選んだんです。と、言っても自分の好きな曲を入れただけ。でも、自分の好きなモノ以外は勧められないですよ。それが原動力です。

まだまだ高嶋さんへのインタビューは続きます。
明日は、「ビートルズがやってきた!」です。
お楽しみに♪

20140716_BEATLES.jpg

<OA曲目リスト: 2014/7/15>

CHOCOLATE - 1975
CAN'T GET YOU OUT OF MY HEAD - KYLIE MINOGUE
二十九、三十 - クリープハイプ
BAD HABIT - KOOKS
HEY BROTHER - AVICII
LIFE GOES ON〜LIKE NONSTOP MUSIC〜 - 槇原敬之
THAT'S THE WAY LOVE GOES - JANET JACKSON
WAKE UP! FEAT.ASIAN KUNG FU GENERATION - 東京スカパラダイスオーケストラ
FINE ON THE OUTSIDE - PRISCILLA AHN
HALF OF MY HEART FEAT.TAYLOR SWIFT - JOHN MAYER
スカートの砂 - UA
SUMMER - CALVIN HARRIS
REGGAE BUS - FIRE BALL/PUSHIM/PAPA B/JR.DEE/導楽/RUEED/RYO THE SKYWALKER/
LUGAR COMUM - VANESSA MORENO E FI MAROSTICA
楽園ベイベー - RIP SLYME
BLURRED LINES FEAT.PHARRELL/T.I. - ROBIN THICKE
THE WORLD AND HIS WIFE - ELVIS COSTELLO AND ATTRACTIONS
SOMEBODY THAT I USED TO KNOW FEAT.KIMBRA - GOTYE
MMM BOP - HANSON
NORWEGIAN WOOD(THIS BIRD HAS FLOWN) - BEATLES
最後の夏 - キマグレン
THE EDGE OF GLORY - LADY GAGA

STAFF| 17:03 | カテゴリー:Records

2014年07月14日

【7/14 オンエア曲リスト】 LOVE ME DO - BEATLES、ほか

今週は、「ミート・ザ・ビートルズ〜日本デビュー50年の軌跡」と題して、ザ・ビートルズが日本でどのように展開され、どのように受け入れられていったのかを探っていきます。
当時、東芝音楽工業でザ・ビートルズのディレクターをされていた、高嶋弘之さんをゲストにお迎えしました!
高嶋さんは、日本でビートルズを紹介し、ビートルズの音楽を知らしめ、育てられた方。現在は高嶋音楽事務所、代表をつとめられています。

●今日は『ビートルズ、日本デビュー前夜』と題してお話を伺いました。

「じつは、"LOVE ME DO"を最初に聞いた時、"なんじゃこれ。"と思いました。当時は、クリフ・リチャードのようにオールディーズ的なサウンドが主流で、ビートルズはまさしく"新しい音楽"だったんですね。その時、僕は27歳。イギリスのポップスマーケットが日本ではまったくなかった。主力は"シャンソン"や"カンツォーネ"で、僕もクラシックやシャンソンのイメージが強くて、ポップスのイメージがなくて、レーベルを変えてもらいました。それが"オデオン(レコード)"。これは、ポップスのために新しく作ったレーベルなんです。

そして、1962年の終わり頃聞いた"プリーズ・プリーズ・ミー"で、わりと僕の好きなタイプの曲だったから"これは何とかせにゃいかんぞ!"と思った。さらに、イギリスのメロディー・メイカー誌と、ニュー・ミュージカル・エクスプレス(NME)という、アメリカのBillboardに匹敵する音楽情報誌の扱いを見て、"ビートルズは従来のイギリスのポップスと同じと考えたらまずいぞ"と、思いました。

でも、日本のプロモーション先、ラジオ、音楽評論家、雑誌…誰も相手にしませんでした。ただ、唯一とある女性ラジオディレクターが"売れるかどうかは分からないけど、私は好きだ。"って言ってくれたんです。それで、僕は、女性は感性だと思い、女性をターゲットにしました。そこで、僕は"レコードコンサート"というのをやったんです。…当時は、質の良い再生機がなかったので、レコードコンサートをすると人が集まったんです。もちろん、アーティスト本人は来ません。その際に、音楽好きの女子高生数人を呼んで、"合図をしたらキャー!と言うように"と、仕込んだんです(笑)。"キャーキャーモード"を作りたいと思った。もう一つは、"現象"を作るために、近くのテイラーに行って、30着の襟無しスーツを作ってもらい、襟無しスーツを着た30人に銀座の街を歩かせたんです。ブームが来ているように見せた。だけど、しょせんは"良いもの"しか売れません。逆に良い曲でも、自分の家の4畳半の押し入れに隠しておいては売れませんよね。その努力はしなくちゃダメ。」

明日も高嶋さんへのインタビューは続きます。
お楽しみに!

20140714_beatles.jpg

<OA曲目リスト: 2014/7/14>

THE WORLD IS OURS! - ナオト インティライミ
SATURDAY NIGHT - OZOMATLI
BREAK FREE - ARIANA GRANDE FEAT.ZEDD
RING A BELL - きゃりーぱみゅぱみゅ
WE ARE ONE(OLE OLA)(THE OFFICIAL 2014 FIFA WORLD CUP SONG) - PITBULL FEAT.JENNIFER LOPEZ/CLAUDIA LEITTE
EEZ EH - KASABIAN
BUSY EARNIN' - JUNGLE
RIGHT ACTION - FRANZ FERDINAND
WAKE UP - ARCADE FIRE
CLING CLING - PERFUME
TOUGH LOVE - JESSIE WARE
WAKE ME UP(ACOUSTIC) - ALOE BLACC
SPINNING AWAY - SUGAR RAY
LOVE SOMEONE - JASON MRAZ
DON'T KNOW WHAT IT MEANS - PUSS N BOOTS
LOVE FANTASTIC - 大塚愛
STILL CRAZY AFTER ALL THESE YEARS - PAUL SIMON
DAFT PUNK - PENTATONIX
日本の夏ロックンロール - クロマニヨンズ
F STOP BLUES - JACK JOHNSON
CRAZY LITTLE THING CALLED LOVE - QUEEN
LOVE ME DO - BEATLES
夜明けの流星群 - SCANDAL
BEAUTIFUL TIMES - OWL CITY FEAT.LINDSEY STIRLING
LOVE NEVER FELT SO GOOD(DM CLASSIC RADIO MIX) - MICHAEL JACKSON

STAFF| 18:00 | カテゴリー:Records

2014年07月10日

FINE ON THE OUTSIDE(STUDIO LIVE) - PRISCILLA AHN

7月19日(土)に全国ロードショーとなるスタジオジブリ最新作「思い出のマーニー」の主題歌を歌っている、プリシラ・アーンがスタジオに登場。しかも、弾き語りも披露してくれました!

-------------------

● 夢にまで見たジブリ映画の主題歌「Fine On The Outside」
「最初、メールでプロデューサーから連絡が来たとき、ビックリして、家の中を叫びながら走り回ったわ。その後、怖くなって"絶対、クビになる!!!"って思いました(笑)。じつはこの曲、9年前に作ったものなんです。最初は、新しく作ろうと思っていたけれど、脚本を読んでいくうちに、どうしてもこの曲が頭に浮かんできて、ジブリ側にも聞いてもらったら選んでくれました。しかも、映画用に変更など一切加えて無く、オリジナルのままなんです。映画の主人公"杏奈"は、自分と重なる部分があると思いました。私も12、3歳のころ、新しい場所に移り住んで、辛い思いをした事があって…。私はハーフコリアンで、しかも両親のどちらにも似ていなくて"お店で買われてきたんじゃないか?"って思っていた時期がありました。だから、彼女にすごく共感したわ。」

20140710_PriscillaAhn.jpg

プリシラ・アーン
8月9日(土)ROCK IN JAPANFESTIVAL2014に出演決定!
初のフル・ベスト・アルバム「プリシラ・アーン・ベスト」は7/23リリースです♪

<OA曲目リスト: 2014/7/10>

WAKE UP! - 東京スカパラダイスオーケストラ FEAT.ASIAN KUNG FU GENERATION
MAPS - MAROON 5
LOVE FANTASTIC - 大塚愛
WISH I WAS HERE - CAT POWER AND COLDPLAY
SHOUT - ANDROP
IF I AIN'T GOT YOU - ALICIA KEYS
ROOTS(THE FRUIT OF MANY) - LSK
絶対的な関係 - 赤い公園
LOVE NEVER FELT SO GOOD - MICHAEL JACKSON FEAT.JUSTIN TIMBERLAKE
WE ARE ONE(OLE OLA) - PITBULL FEAT.JENNIFER LOPEZ/CLAUDIA LEITTE
BREAK FREE - ARIANA GRANDE
PARTY ROCK ANTHEM - LMFAO FEAT.LAUREN BENNETT/GOONROCK
MATSUO BASYO - TOMI LEBRERO
SING!!!!! - GOSPELLERS
A SKY FULL OF STARS - COLDPLAY
I'M YOURS - JASON MRAZ
アイ(弾き語りVERSION) - 秦基博
FINE ON THE OUTSIDE(STUDIO LIVE) - PRISCILLA AHN
THIS OLD HOUSE(STUDIO LIVE) - PRISCILLA AHN
LATCH - DISCLOSURE FEAT.SAM SMITH
I WANT TO HOLD YOUR HAND - BEATLES

STAFF| 14:29 | カテゴリー:Records

2014年07月09日

【7/9 オンエア曲リスト】 紙飛行機 - 浅井健一、ほか

今日、ニューアルバム「Nancy」をリリースした、浅井 健一さん登場!

● 浅井さんと言えば、サーフィン!
「秋が一番水がキレイになるんだって。始めたのが44歳だったから、全然うまくないよ。ブランキーの照ちゃん(照井利幸)が始めて、一緒に行った時、たまたま波が良くて…すぐ乗れて…それから。うまく波に乗れると元気になるよ、パワーアップする。」

● ニューアルバム「Nancy」
「いつもアルバムを作る時に、"テーマを決めたほうがやり易いのかな?"と思うけど、けっきょく何もテーマ決めずにやってるかな。今回のアルバムも、今までの楽曲も。普段、ニュースとか、いろんな情報が入ってきてるから、それが自然に歌詞になって、曲になっている。一昔前は、恋愛とか…自分の中から出てくる曲もそういうのが多かったけど、今は世界の危うさみたいなものも曲なってきている。」

● アルバムの制作メンバーに、トライセラトップスのベース林幸治さんが参加
「林君はね、噂ですっげえカッコいいベースを弾くって聞いていて、"そんなにカッコいいなら、いっぺんやってみよう"と。最高に良かった。彼は無口で几帳面。練習していて、"ハラピニオ"っていう曲があるんだけど、スタジオで合わせていた時に、林君が"ハラ…ピ、ですか?ペ、ですか?"って、マジな顔して聞いてきたから、"ピ"だよ。って、言ったんだけど(笑)それくらい几帳面。」

20140709_KenichiAsai.jpg

浅井 健一

<OA曲目リスト: 2014/7/9>

HOT STUFF(ENGLISH VER.) - JUJU
涙がキラリ - SPITZ
CRUEL - GERMANS
二十九、三十 - クリープハイプ
DON'T SPECULATE - YANOKAMI
ラブソングはとまらないよ - いきものがかり
DOESN'T MEAN ANYTHING - ALICIA KEYS
CLOUDS ACROSS THE MOON - RAH BAND
OLE!OH! - 木村カエラ
RIGHT HERE - JESS GLYNNE
BLEEZE - GLAY
EEZ EH - KASABIAN
忘れかけてた物語 - チャラン ポ ランタン
FOLLOW YOU FOLLOW ME - GENESIS
MISSING - 久保田利伸
TONIGHT,TONIGHT - SMASHING PUMPKINS
やさしい気持ち - CHARA
紙飛行機 - 浅井健一
ハラピニオ - 浅井健一
LOVE SOMEONE - JASON MRAZ
TAKEDA, - レキシ FEAT.ニセレキシ

STAFF| 14:37 | カテゴリー:Records

2014年07月09日

Guest performer : チャラン・ポ・ランタン

今日、ニューシングル「忘れかけてた物語」をリリースした話題の新人チャラン・ポ・ランタンのお二人をゲストにお迎えしました!

じつは、ボーカルのももさんは、妹。アコーディオンの小春さんは、お姉さん…という姉妹ユニット。今日がメジャーデビューなんですが、なぜか(?!)海外の大物セレブや、大物ミュージシャンとも交遊があるんです。「貧乏だとお金持ちが寄ってくるんですかね?可哀想だと思われてるんですかね?!私たちのYouTubeを、たまたま見たという、イギリス人のホームパーティに呼ばれたり…飛行機代とか全部出してくれました。現地で他のミュージシャン呼んだらいいのに…謎過ぎます。」

そもそも、姉妹ユニットを組んだきっかけは、お姉さんの小春さんが、初めて連れて行ってもらったサーカスで見た、アコーディオン弾きに魅了されて…というだけあって、どこかノスタルジックで不思議な雰囲気の楽曲。このお二人のライブを間近で見るチャンス!7/21(祝)の「Happy Rainy J-WAVE LIVE」に出演します。

「Happy Rainy J-WAVE LIVE」
日程 : 7月21日(月・祝)
場所 : 渋谷www
時間 : 午後5時スタート
出演 : AZUMA HITOMI/片平里菜/チャラン・ポ・ランタン/ふぇのたす/蜜
チケット : 前売り2,500円(オールスタンディング)
※もれなくHappy Rainy J-WAVEオリジナル傘付

★ただいま7/12(土)の一般発売に先駆けて、
J-me会員限定で先行予約を10日(木)の午後4時まで受付中です。
詳細はこちら

20140709_charanporantan.jpg

チャラン・ポ・ランタン

STAFF| 14:35 | カテゴリー:Records

2014年07月08日

【7/8 オンエア曲リスト】 プリズム - AZUMA HITOMI、ほか

ニューアルバム『CHIRALITY』をリリースしたAZUMA HITOMIさんをスタジオにお迎えしました。

AZUMAさんは、ただいまJ-WAVEで展開中の「Happy Rainy J-WAVE」のキャンペーンジングルも制作した、話題のトラック・メイカー。「外にお出かけしたくなるように作りました。レインブーツとか雨合羽とか傘を持って出たくなるような。ちょうど作っている時に、ずっと雨が降っていたのでイメージしやすかったです。」そんなAZUMAさんの製作スタイルは、自宅などでレコーディングをする"宅録"というわれるもの。トラック制作、アレンジ、ボーカル etc…を、全て自分でやっています。「小学校5年生の時から、作詞作曲をしていて…でもそれを形にするのはどうしていいかわからなかったんですね。エレクトーンは習っていましたが…。それで、中学校になって"宅録"というのを知って、家でカセットテープを4トラック使って、歌とオケとコーラスと…っていう感じで録音しはじめました。でも、4トラックじゃ足りなくて、パソコンに出会った時の喜びは、大きかったですね!」

自宅でレコーディング…というと、ライブでは物静かなステージを想像してしまいますが、「"おもしろ系"ですよ。私の後ろに、キックマシンが4台並んでいて、自動的に動いて、さらに光る…音に合わせて動くようにプログラミングされています。あとは、エレクトーンをやっていたので、足で鍵盤を引きます。さらに両手には、それぞれ別々のシンセサイザーを持って、弾きます。」なんだか想像するだけで凄いことになっていますね!

★実際に、AZUMAさんのライブを見られるチャンスがあります。
「Happy Rainy J-WAVE LIVE」が7月21日(月・祝)に開催決定!
場所 : 渋谷www
時間 : 午後5時スタート
出演 : AZUMA HITOMI/片平里菜/チャラン・ポ・ランタン/ふぇのたす/蜜
チケット : 前売り2,500円(オールスタンディング)
※もれなくHappy Rainy J-WAVEオリジナル傘付

★ただいま7/12(土)の一般発売に先駆けて、
J-me会員限定で先行予約を10日(木)の午後4時まで受付中です。
詳細はこちら

20140708_azumahitomi.jpg

AZUMA HITOMI

<OA曲目リスト: 2014/7/8>

RESTART - SAM SMITH
OLE!OH! - 木村カエラ
FEVER - BLACK KEYS
BIG GIRLS CRY - SIA
QUEENIE EYE - PAUL MCCARTNEY
I WILL WAIT - MUMFORD AND SONS
1969 - SUPERFLY
ONLY ONE - JOHN BUTLER TRIO
FIRE ON THE OUTSIDE - PRISCILLA AHN
SUMMER - CALVIN HARRIS
DAFT PUNK - PENTATONIX
UNPRETTY - TLC
SING!!!!! - GOSPELLERS
TEAM - LORDE
LOOKING TOO CLOSELY - FINK
スタンダード - ASIAN KUNG FU GENERATION
MARRY YOU - BRUNO MARS
FROM A DISTANCE - ORB
完全感覚DREAMER - ONE OK ROCK
LIKE THE MORNING DEW - LAURA MVULA
プリズム - AZUMA HITOMI
ユーアーライダー - AZUMA HITOMI
UNITED - PRINCE KEY ONE & PATRICK MILLER

STAFF| 16:57 | カテゴリー:Records

2014年07月07日

【7/7 オンエア曲リスト】 ANCHOR - 三浦大知、ほか

今日は、六本木ヒルズのスタジオを飛び出し、JPタワー KITTE地下1階 東京シティアイにある"Fun To Shareラウンジ"からオンエア。

そして、3組目のゲスト三浦大知さん登場!

-------------------------

●今日、公開生放送の会場"Fun To Share ラウンジ"は、ひとりひとりが自分たちの生活を見直すことで、地球温暖化防止を考えると共にそれぞれの「知恵」を、周りの人とシェアしましょう…そんな事を呼び掛けています。

「僕は人並みくらいの知識しかなくて、エアコンの設定温度を28度以上にするとか、ゴミを拾うとか…そういう当たり前の事を共有していったら、小さな積み重ねみたいなものが繋がっていくんじゃないかなと思っています。(沖縄は)建物が多くないし、風邪を塞ぐものが少ないので、風通しがもの凄くいいですね。あんまりクーラーとかつけないかもしれないですね。風の通る所にゴザを敷いて涼をとったりっていう感じかなと思います。」

-------------------------

●J-WAVEでは今年の夏も三浦大知さんにはお世話になります!「サンスター オーラツー presents J-WAVE LIVE 2000+14」8月31日(日)に国立代々木競技場 第一体育館のステージに立っていただきます。

「いろんな方が出られるので、その中で歌って踊ってというのは、最近では珍しくて、(今回)僕くらいなので…そういう意味で三浦大地にしか見せられないステージをして、J-WAVE LIVEがより最高になるように出来たらいいなと思っています。」

20140707_daichi_kameda2.jpg

三浦大知

STAFF| 20:11 | カテゴリー:Records

2014年07月07日

Guest performer : 大塚愛

今日は、六本木ヒルズのスタジオを飛び出し、JPタワー KITTE地下1階 東京シティアイにある"Fun To Shareラウンジ"からオンエア。

そして、5年半ぶりの6枚目のオリジナル・アルバム「LOVE FANTASTIC」が7月16日(水)にリリースとなる、大塚愛さんをゲストにお迎えしました!

----------------------------

●今日、公開生放送の会場"Fun To Share ラウンジ"は、ひとりひとりが自分たちの生活を見直すことで、地球温暖化防止を考えると共にそれぞれの「知恵」を、周りの人とシェアしましょう… そんな事を呼び掛けています。

「ほんと、ちょっとのことなんですけど…なるべく油のゴミを出さないようにしようと思っています。油はとにかく、ちょっとしか使わないです。最後、フライパンの中で消えてしまうくらい。あとは、唐揚げとかの、揚げ物をフライパンで揚げる。半面焼きとか、フライパン傾けて油貯めて、はしっこでやっています(笑)。(ママになって)食べ物の選択には、こだわるようになったかなって思いますね。自分一人の時は、そんなこと一切考えず、好きな物を食べていたんですけど、人の事になると、こんなに頑張れるんだなって思いました。」

----------------------------

●7月16日(水)リリースのオリジナル・アルバム「LOVE FANTASTIC」

「ジャケットは、ブルーで涼しくなる感じなっています。けっこうノリやすい曲が多いですね。自分のラッキーナンバーが"9"で、9周年の時に、出産あけ…ってわけじゃないんですが、復活ライブをしたこともあって。9周年に、みなさんが迎えてくれた気持ちと、自分の気持ちを込めて書いた曲が入っていたり、けっこう思い入れの強いアルバムになっています。」

20140707_aiotsuka.jpg

大塚愛

STAFF| 19:40 | カテゴリー:Records

2014年07月03日

【7/3 オンエア曲リスト】 XXX - BOHICAS、ほか

今年もいよいよやってきました!J-WAVE真夏の一大イベント『サンスター オーラツー presents J-WAVE LIVE 2000+14』!
そして、このイベントとの連動コーナー「サンスター オーラツー J-WAVE LIVE EXPLORER」が番組内でスタートしました。

今日は、J-WAVE LIVEの2日目に登場してくれる三浦大知さんの去年の貴重なライブ音源をオンエアしました。

「サンスター オーラツー J-WAVE LIVE EXPLORER」特設サイトはこちら

--------------------------

そして、デビュー・シングル『XXX / Swarm』をリリースしたザ・ボヒカズのインタビューをお届けしました。

ザ・ボヒカズは、イーストロンドン出身の4ピースバンド。メンバーはボーカル&ギターのドミニク・マクギネス、ドラムのブレンダン、ギターのドミニク・ジョン、ベースのエイドリアン。
アークティック・モンキーズ、フランツ・フェルディナンドが所属する『ドミノ・レコード』のニューカマーとして注目を集めています。
6月に、日本デビューEP『XXX / Swarm』を引っ提げ、初来日しました。

今回、インタビューに答えてくれたのは、ギターのドミニク・ジョンと、ドラムのブレンダン。


●「EP」がリリースになり、今回初来日ライブ!遠く日本での盛り上がりはどのように受け止めていますか?日本独特の盛り上がりってあったりしますか?

ブレンダン : 「もう圧倒されているよ!本当にポジティブな反応が帰ってきて、昨日タワーレコードに行く機会があって、そうしたら僕たちの曲がかかっていて…。もしかして僕らがくるのを知っていて、わざとかけた?って思ったんだけど(笑)。みなさんに歓迎されているのがうれしい!」
ドミニク : 「パーフェクト!思っていた以上!そしてみんなすごく踊ってくれたよね!踊ってる姿から楽しんでいるのがうれしかった。」
ブレンダン : 「曲のブレイクの間に手拍子をボーカルのドミニクが求めたらみんなはずかしがる様子もなく、みんながうれしそうにしてくれて…僕たちもうれしかった。」


●ブルージーでロックなサウンドをお届けてくれるTHE BOHICASですが、どんな音楽を聞いてきたのでしょうか?

ドミニク : 「QUEEN OF THE STONE AGEやBEATLES、レイチャールズとか…。」
ブレンダン : 「僕はROLLING STONES好きだけど…ドミニクはそうでもないよね?」
ドミニク : 「(笑)ニナシモンも好きだし…。」
ブレンダン : 「まとめると古いブルースやR&B系かな?最近のものも聞くよ。アークティックモンキーズなどももちろん影響されているね。」


●EPがでたら、ファンとして期待するアルバム。いつ頃聞けそう?そして今年のこり半分はどのようなスケジュールに?

ドミニク : 「この後、戻ったらUK、ヨーロッパでフェスが続くんだよね。あとはアルバムのMIXが進んでるところなんだけど、それの完成、終了と同時に、9月、10月くらいからヘッドライナーツアーが始まるんじゃないかな?今まで前座という立場でまわってきたから不思議な気分なんだけどね。」
ブレンダン : 「ただ、シドニーやメルボルンで単独ライブもできたし、こうして日本にもくることができたし…もっといろんなところでショーをやりたいね。もちろんその希望として東京も入っているよ!」


アルバムがリリースされたら、"また東京にやって来る!"
と、約束してくれた、ザ・ボヒカズ!
今から注目しておいて欲しい、おすすめバンドです!

20140703_bohicas.jpg

ザ・ボヒカズ

<OA曲目リスト: 2014/7/3>

LIFE GOES ON〜LIKE NONSTOP MUSIC〜 - 槇原敬之
SAY YES - MICHELLE WILLIAMS FEAT.BEYONCE/KELLY ROWLAND
DON'T LOOK BACK INTO THE SUN - LIBERTINES
NEW FLAME - CHRIS BROWN FEAT.USHER AND RICK ROSS
PROBLEM - ARIANA GRANDE FEAT.IGGY AZALEA
CANDY - ROBBIE WILLIAMS
アイスクリーム シンドローム - スキマスイッチ
FEVER - BLACK KEYS
SHOOTING STAR - OWL CITY
EMOTION(J-WAVE LIVE 2000+13 VER.) - 加藤ミリヤ
極東雑念天国 - FLOPPY
MAPS - MAROON 5
UPTIGHT DOWNTOWN - LA ROUX
外灘SAPPHIRE - GLAY
ICE CREAM - BATTLES FEAT.MATIAS AGUAYO
CHOCOLATE - 1975
DREAMS - CRANBERRIES
RIGHT NOW(J-WAVE LIVE 2000+13 VER.) - 三浦大知
XXX - BOHICAS
SWARM - BOHICAS
BREAK FREE - ARIANA GRANDE FEAT.ZEDD

STAFF| 19:18 | カテゴリー:Records

2014年07月02日

【7/2 オンエア曲リスト】 LOVE SOMEONE(STUDIO LIVE) - JASON MRAZ、ほか

今年もいよいよやってきました!J-WAVE真夏の一大イベント『サンスター オーラツー presents J-WAVE LIVE 2000+14』!
このイベントとの連動コーナー「サンスター オーラツー J-WAVE LIVE EXPLORER」では、日替わりで出演アーティストが意気込みを語ってくれます。

今日は、高橋 優さんが登場してくれました。

「サンスター オーラツー J-WAVE LIVE EXPLORER」特設サイトはこちら

--------------------------

そして、7月16日に、ニューアルバム「YES」をリリースするジェイソン・ムラーズがスタジオに登場!しかも、急きょ、スタジオライブも披露してくれました!

「日本だけでなく、訪れた国の道に迷い込んで、ちょっとしたラーメン屋さんなんかを発見するのが好きなんだ。」という ジェイソン・ムラーズ(日本のラーメン屋さんにも出没したんでしょうか?!)は、普段の住まいはサンディエゴ。「サンディエゴは、一年中波に乗れるし、体調管理もそうだけど、気持ちを研ぎ澄ますためにも乗っています。」 と、サーフィンを趣味にしているだけあって、独特でよい感じの雰囲気でした。
16日にリリースされるニューアルバムは、「アコースティックなアルバムに仕上がっています。4人組の女性バンド”レイニング・ジェーン”と作っているので、今までと音がだいぶ違います。じつは彼女たちとは、8年に渡ってコラボレーションしていて、今回ようやくアルバムというカタチになって”YES!!!(やったぞ!!!)”という気持ちを込めて、アルバムタイトルにしたんだ。僕たち5人の個性がうまく混じり合って、化学反応をおこしているアルバムになっています。」

20140702_JasonMraz.jpg

ジェイソン・ムラーズ

<OA曲目リスト: 2014/7/2>

HAPPINESS!!! - 木村カエラ
NEVER CAN DECIDE - ANUSHKA
WAKE ME UP! - AVICII
HOT STUFF(ENGLISH VER.) - JUJU
LIFE GOES ON〜LIKE NONSTOP MUSIC〜 - 槇原敬之
CALM DOWN - BUSTA RHYMES FEAT.EMINEM
SK8ER BOI - AVRIL LAVIGNE
HI TECH HIPPIES - Y.M.O.
僕はペガサス 君はポラリス - MISIA
IN THE FUTURE - ARCHITECTURE IN HELSINKI
EEZ EH - KASABIAN
太陽と花 - 高橋優
ARE YOU GONNA GO MY WAY - LENNY KRAVITZ
エロ - クリープハイプ
そんなことより 幸せになろう - 小田和正
SCREAM AND SHOUT - WILL.I.AM FEAT.BRITNEY SPEARS
黒く塗れ! - GLAY
DJOBI DJOBA - GIPSY KINGS
SUMMER - CALVIN HARRIS
サマージャム'95 - スチャダラパー
WHERE IS MY MIND? - PIXIES
LOVE SOMEONE(STUDIO LIVE) - JASON MRAZ
YOU CAN RELY ON ME - JASON MRAZ

STAFF| 18:03 | カテゴリー:Records

2014年07月01日

【7/1 オンエア曲リスト】 MIDNIGHT IN PARIS 1979(生演奏) - EDDI READER、ほか

今年もいよいよやってきました!J-WAVE真夏の一大イベント『サンスター オーラツー presents J-WAVE LIVE 2000+14』!
このイベントとの連動コーナー「サンスター オーラツー J-WAVE LIVE EXPLORER」では、日替わりで出演アーティストが意気込みを語ってくれます。

今日は、ゴスペラーズの村上てつやさんと、酒井雄二さんが登場してくれました。

「サンスター オーラツー J-WAVE LIVE EXPLORER」特設サイトはこちら

--------------------------

今年5月、5年ぶりとなるニュー・アルバム「ヴァガボンド」をリリースしたエディ・リーダーと、ギターのイアン・カーをスタジオにお迎えし、生演奏を披露していただきました!

演奏していただいたのは、ニュー・アルバムにも入っている"MIDNIGHT IN PARIS 1979"これは、1979年に初めて母親の家を訪ねに、パリを旅した時の思い出を歌った曲。「日本とフランスはちょっと似ていて、食べ物に関して、そして、人との関わり方も似ている気がしています。」そして、もう一曲演奏していただいたのは、"DRAGONFLIES"「亡くなった方に捧げたい、私たちはこの世に生まれてすぐ居なくなってしまう。まるで、トンボ(DRAGONFLIES)のよう。」

じつは今日の夜に、渋谷クラブクアトロでライブを行う予定で、その前にスタジオに来てくれました。「ライブではどの曲をやるかわからなくて、私の本能の奴隷なんです。思いついたままにやるので、どの曲をやるのか本番までわからないんです。今回のライブでは、ドラムに元フェアーグラウンド・アトラクションのロイ・ドッズが参加していたり、それ以外にも、スコットランド、ウェールズ、さらにイングランドと大英帝国がここに揃ったステージになるわ(笑)。」

20140701_eddireader.jpg

エディ・リーダー

<OA曲目リスト: 2014/7/1>

UNITED - PRINCE KAY ONE&PATRICK MILLER
PERFECT - FAIRGROUND ATTRACTION
1984 - ANDYMORI
もう一度世界を変えるのさ - THEATRE BROOK
LOVE SOMEONE - JASON MRAZ
WAKE UP! FEAT. ASIAN KUNG-FU GENERATION - 東京スカパラダイスオーケストラ
CAN'T REMEMBER TO FORGET YOU FEAT.RIHANNA - SHAKIRA
DANCING IN THE MOONLIGHT - BAHA MEN
最後の夏 - キマグレン
RESTART - SAM SMITH
I GOT U FEAT.JAX JONES - DUKE DUMONT
A SKY FULL OF STARS - COLDPLAY
SING!!!!! - GOSPELLERS
DO WHAT U WANT FEAT.R.KELLY - LADY GAGA
プリズム - AZUMA HITOMI
YOU - GLAY
WILD CHILD - ENYA
LIFE - DES'REE
ANTHEM: 2002 FIFA WORLD CUP OFFICIAL ANTHEM - VANGELIS
THE LONGEST TIME - BILLY JOEL
MIDNIGHT IN PARIS 1979(生演奏) - EDDI READER
DRAGONFLIES(生演奏) - EDDI READER

STAFF| 20:59 | カテゴリー:Records


バックナンバー

カテゴリー