2014年04月24日

【4/24 オンエア曲リスト】 DAY 1 - MIYAVI、ほか

今週のBEAT PLANETは、「MUSIC WITHOUT BORDERS 〜いい音楽に国境はない 〜」と題して、海外で活躍するアーティストが続々と登場!最終日の今日は、MIYAVIさんをお迎えしました。

--------------------------

●海外を意識して活動しているのはなぜ?

「もちろん、僕は日本人だし、日本人アーティストとして日本のマーケットでもっと頑張らないといけないと思っているけど…。山に例えると、同じ山に登るんだったら、エベレストに挑戦したいし、最初からそこを目指して歩いていたいと思っただけ。もちろん、富士山も大変だけど、"人生一回だけしか山に登れませんよ"って言われたら、だったら俺はエベレストに登ってみたい。標高も高くて、道も険しいかもしれないけど、やりがいが絶対にあると思う。自分のためというもあるけど、自分にも娘がいて…、その時代に生きるアーティストがどんどん出てくる中で、絶対繋がると思う。」

●海外の壁は感じますか?

「言葉の壁は大きくて、今でも日本語だと言えるけど、英語だとどう伝えたらいいのかわからないこともある。でも、辛いときとか大変な時に、それを乗り越えた先のイメージを持てるとなんだって頑張れるよね。今かかえている不安とか苦悩なんかよりも、未来のイメージのワクワクとかドキドキのほうがはるかに大きいし、それが人生だと思うし。楽しめるよね。あとは、クルーのメンバーのサポートもすごく大きかったファンの声援もすっごいパワーをもらう。」

●多くの人が海外に挑戦できないのは何故だと思う?

「やっぱり言葉の壁がでかいと思う。音楽って言葉じゃないけど、歌詞に乗せて歌う時に、言葉の壁が立ちはだかるのと同時に、俺たち自身に、その自信がないんだろうね…。今も乗り越えている最中。そりゃ怖いよ。でも、日本のコンテンツは(世界に)勝てると思う。」

●今年の12月に全米公開予定のアンジェリーナ・ジョリー監督の映画「UNBROKEN」に出演!

「(映画の撮影は)もう撮った。自分が出ている出ていない別として、凄く意味のある映画。戦争の映画で、自分の役は超悪役。重要な役で、経験もないし、ストーリーもシビアで複雑な内容。日本のネガティブな部分を表現したくて(音楽を)やっているわけじゃないから、やるかやらないか凄く迷った。アンジーが東京に来た時に、彼女が"この映画を俗な戦争映画にするつもりはない。このストーリーをもとに、人間の強さと、許すということの尊さを表現したい。"と。この時代どこでも起こりうることで、二つの正義が存在して、どちらも守るべき人を守ろうとしてやっている。それは、戦争が生んだ悲劇の中で乗り越える強さだったり、そういうものを伝える作品にしたいって言われた。作品として伝えたいことは自分と一緒だと思って、自分が悪役を全うすれば、その映画がもっとドラマティックに、意味のあるものになるのであれば…ぜひ(と承諾しました)。でも、(悪役のMIYAVIを見て)嫌いにならないで欲しいな(笑)。」

--------------------------

<MIYAVI>
現在4度目のワールドツアー「SALP THE WORLD TOUR 2014」の真っ最中。
2月22日のマレーシア・クアラルンプールを皮切りに、東京公演は、6月15日。
詳しくは、オフィシャルサイトをチェック!

MIYAVI

20140424MIYAVI-SASCHA.jpg

<OA曲目リスト: 2014/4/24>

HAPPY - PHARRELL WILLIAMS
FLATHEAD - FRATELLIS
ROAR - KATY PERRY
MIDNIGHT - COLDPLAY
MY LOVE - 木村カエラ
WHEN THE SUN GOES DOWN - ARCTIC MONKEYS
LOSE MY BREATH - DESTINY'S CHILD
SING - ED SHEERAN
CARNIVAL - CARDIGANS
GET LUCKY - DAFT PUNK FEAT.PHARRELL WILLIAMS
ON OUR WAY - ROYAL CONCEPT
明日への賛歌 - FLUMPOOL
HIT ME - DIRTY LOOPS
TAKE FIVE - TAK MATSUMOTO
FORGET YOU - CEE LO GREEN
GREEN GARDEN - LAURA MVULA
WEAPON OF CHOICE - FATBOY SLIM
I'M NOT ONE TO TALK - PUZZLE
DAUGHTERS - JOHN MAYER
DAY 1 - MIYAVI
SLUMVILLE SUNRISE - JAKE BUGG

STAFF| 16:11 | カテゴリー:Records


バックナンバー

カテゴリー