2014年01月21日

【1/21 オンエア曲リスト】ROYALS - LORDE、ほか

ニュージーランド出身で現在17歳のシンガーソングライター、ロード。今月27日(日本時間)に発表される「第56回グラミー賞」で、主要2部門を含む4部門にノミネートされるなど、世界中から大注目の歌姫です!今日は、彼女の最新インタビューの模様をお送りしました。

グラミーでのノミネートについて、「自分がグラミー賞に値するかもしれないなんて、信じられないほど素晴らしいこと」と語る彼女。大ブレイクのきっかけとなった「Royals」は、2013年10月12日付の全米シングルチャートで1位を獲得!女性ソロアーティストとしては、2013年の最長となる全米シングルチャート9週連続1位を達成しました。彼女自身はどのように感じているのでしょうか?

人生が変わったわ。私の曲が世界規模でヒットするなんて、全然予想できなかったもの。でも、そのおかげで世界中をツアーできるようになったし、私が敬愛するミュージシャン達と仕事をすることも可能になったの。私が言いたいと思っていることに、皆が興味を持ってくれたということだと思うわ。

これだけの若さで大成功してしまった今ですが、子供の時からずっと歌っていたという彼女。どうやってデビューに辿り着いたのでしょうか?

12歳の時に学校のタレントショウに出て歌ったんだけれど、それをレコード会社の人達が見て、連絡をくれたの。当時の私はまだソングライターじゃなかったから、どうしたらいいか分からなかったし、音楽をキャリアにしたいかどうかも分かっていなかった。でも、彼らと数年仕事をしたの。その間に、ソングライターに会って、スタジオに行って、自分が何をやりたいかを探ったの。それから、彼らとディベロップメント契約を結んで、その後、このアルバムを一緒に書いた、ソングライティング・パートナーのジョエル・リトルと会ったの。私達はすぐに意気投合して、私はどんなものを作りたいか、何をやりたいかが見えたの。その時に、私にはソングライティングしかないって実感したのよ。

12歳でキャリアをスタートさせ、17歳の現在にして「ソングライティングしかない」と言う彼女。さすがの逸材と思わせる、落ち着いた声と語り口が印象的でした。ちょっと意外だったのは、KポップやJポップが大好きで普段よく聴いているそう。今後、彼女の音楽にどんな影響を与えてくれるのか気になりますね!

果たして、グラミーの栄冠は彼女に輝くのでしょうか?デビュー・アルバム『ピュア・ヒロイン』日本盤は2月19日に発売!

Pure Heroine - Lorde

<OA曲目リスト: 2014/1/21>

GET LUCKY - DAFT PUNK FEAT.PHARRELL WILLIAMS
STEP BY STEP - SUZU
GOOD TIME - OWL CITY/CARLY RAE JEPSEN
HONKY TONKY CRAZY - BOOWY
VALERIE(ALBUM VERSION) - MARK RONSON FEAT.AMY WINEHOUSE
CHASING PAVEMENTS - ADELE
BEAUTIFUL GLIDER - BUMP OF CHICKEN
HERE AND NOW - KAN SANO FEAT.MONDAY MICHIRU
DON'T THINK TWICE,IT'S ALL RIGHT - BOB DYLAN
1.2.STEP TO YOU - KANA BOON
MMM BOP - HANSON
LIGHT ME UP - BIRDY
ORDINARY LOVE - U2
チョコレート - 家入レオ
COMING OF AGE - FOSTER THE PEOPLE
BACK IN THE USSR - BEATLES
MYSTERY MAN(RADIO EDIT) - STRYPES
FEEL MY SOUL - YUI
NORTH SOUTH DIVIDE - JOHN LENNON MCCULLAGH
I THINK WE'RE ALONE NOW - TIFFANY
ROYALS - LORDE
TEAM - LORDE
スノーマジックファンタジー - SEKAI NO OWARI
LOVE AT FIRST SIGHT - KYLIE MINOGUE

STAFF| 14:15 | カテゴリー:Records


バックナンバー

カテゴリー