2014年01月30日

【1/30 オンエア曲リスト】Havana Brown "J-WAVE BEAT PLANET Exclusive Mix"、ほか

今日のオンエアでは、マンスリーでこの番組だけのDJ Mixを作ってもらっている、ご存知の美人DJ、ハヴァナ・ブラウンのMixをお届けしました。なんともう10回目のMixとなります。Thank you Havana!

今日の選曲も最新のポップ/クラブチューンで攻めてくれました。年末年始、そして年明けも休む間もなくDJをしている彼女。最近では、地元オーストラリアの国民の休日(1月26日)を盛り上げるべく、連日イベントに参加していたそう。そんな彼女のクラブでのスピンシーンが思い浮かぶ選曲でした。

そして、嬉しいお知らせ!今日のMixの中にも入っていた「Flashing Lights」が収録されているデビュー・アルバム、その名も『Flashing Lights』の国内盤が3月12日リリース決定!国内盤にはボーナストラックとしてリミックス3曲と、日本限定でミックスしてくれた「スペシャル・メガ・ミックス by DJ ハヴァナ・ブラウン」も収録予定とのこと。あなたの部屋もDANCE FLOORになるかも!?ぜひチェックしてくださいね!

<Havana Brown "J-WAVE BEAT PLANET Exclusive Mix" アーカイブ>

4月25日 OA分
5月29日 OA分
6月26日 OA分
7月29日 OA分
8月20日 OA分
9月26日 OA分
10月29日 OA分
11月27日 OA分
12月26日 OA分

Havana Brown

<OA曲目リスト: 2014/1/30>

KISS ME - SIXPENCE NONE THE RICHER
GOLDEN LIFE - DRAGON ASH
I BET YOU LOOK GOOD ON THE DANCEFLOOR - ARCTIC MONKEYS
RADIO ACTIVE - IMAGINE DRAGONS FEAT.KENDRICK LAMAR
ROCK N ROLL - AVRIL LAVIGNE
CALLING ALL HEARTS - DJ CASSIDY FEAT.ROBIN THICKE/JESSIE J
ALL THE WAY - CRAIG DAVID
ONCE I THOUGHT - PROVIANT AUDIO
魔女旅に出る - SPITZ
BABY I - ARIANA GRANDE
PARKLIFE - BLUR
君の隣 - AIKO
HAPPY - PHARRELL WILLIAMS
BORN TO DIE - LANA DEL REY
FIND YOU - ZEDD FEAT.MATTHEW KOMA AND MIRIAM BRYANT
BEST DAY OF MY LIFE - SKA SKA CLUB
ANOTHER ONE BITES THE DUST - QUEEN
PHOTOGRAPH - WEEZER
STAND - R.E.M.
RUN AWAY - CHAMPAGNE

−− Havana Brown "J-WAVE BEAT PLANET Exclusive Mix" #10 −−
HEY BROTHER - AVICII
RED LIGHTS - TIESTO
WRECKING BALL(UPTEMPO MIX) - MILEY CYRUS
FLASHING LIGHTS - HAVANA BROWN
UNCONDITIONALLY(SYNCOL MIX) - KATY PERRY
LET HER GO(FILTERCRUSH MIX) - PASSENGER

DAYDREAM BELIEVER - MONKEES
KING AND CROSS - ASGEIR
EVERLASTING LOVE - JAMIE CULLUM

STAFF| 16:51 | カテゴリー:Records

2014年01月29日

【1/29 オンエア曲リスト】+公開生放送トーク内容(家入レオさん/清水翔太さん)

今日のBEAT PLANETは、タワーレコード渋谷店から公開生放送でお届けしました。豪華ゲストが生出演!さらに、タワレコ店内で“お気に入りの一枚”を探してもらい、番組の中で紹介してもらいました!

■今日最初のゲストは家入レオさん

まずは、今日発売となった6枚目のシングル「チョコレート」について。12歳の時、好きな男の子にバレンタインにチョコレートを渡せなかったという実体験を元に、16歳の時に書いた曲なんだそうです。「実は、アレンジ以外は声も16歳の時のままなんです。今の私よりちょっと子どもっぽいんですけど、そのままのほうが想いが伝わるかなと」 16歳の家入さんが歌っている声なんですね!ちなみに、これまでのバレンタインは「一勝一敗」という家入さん。今年は、スタッフの皆さんに“いつもお世話になっています”という意味で“購入したもの”を渡すとのこと。

家入さんのおすすめCDは、スティングのアルバム『テン・サマナーズ・テイルズ』です。映画『レオン』で使われている「Shape of my Heart」という曲が特におすすめだとか。「主人公のレオンが、不器用ながらまっすぐに少女を守る。切なさと、“愛”って言っていいのかわからない何か大きなものが描かれている気がして、とても好きです。私も、不器用だけどまっすぐに音楽をやっていけたらいいなと思っているので」 彼女の“レオ”という名前はこの『レオン』に由来しているそう。「すごい切なさがつまっていて、どの曲も素晴らしい」というこのアルバム、サッシャも大好きなのでおすすめ!

2月19日にはセカンド・アルバム『a boy』がリリース!3月1日から全国ツアーもスタートします。そんな家入レオさんが、2月11日にオンエアされる公開生放送イベント『Cafe NESCAFE presents MEET AT BOOK CAFE』に出演決定!観覧応募はコチラからどうぞ!

■番組後半では清水翔太さんをお迎えしました!

16枚目のシングル「DREAM」が今日発売!自身も“力作”と語るこの新曲について伺いました。「イメージとしては、青春っていうとちょっとアレだけど、例えば部活なんかで頑張っている男の子がいて、好きな女の子がちょっと遠くから見ていて。で、やっぱりどうしても疲れたなとか、もうできないなって思うことありますよね。スポーツだけじゃなく何をやっていても、もうやだなっていう時がある。でも、諦めそうになりながらもそこからもう一回走り出す時って、最初に始めた時よりもはるかに強いエネルギーですよね。そういう美しい瞬間に流れ出すBGMになるような、そんな曲です。新しい清水翔太の第一歩としてもいいかなと思って」 そんな清水さんの“夢”は?「家にビリヤード台置くとか、そういうことを考えちゃうんですけど。今年の目標は、とにかくいいアルバムを出したいです。あと、こういうことやってみたいっていうのは…、アーティストのプロデュースにチャレンジしてみたいですね。その時は別の名前で。で、“これ、翔太の曲ちゃうか!?”みたいに気づかれたら嬉しいですね(笑)」

清水さんが選んでくれたCDは、SHUNさんの「#SWITCH」!「これも今日発売!発売日が一緒っていうのは初めてなんですけど、似てるんですよ、ジャケットが(笑)写真や字とか帯も!でもかっこいいんですよ、この曲!」 清水さんの弟分、SHUNさんのニュー・シングル。ホントにかっこいいトラックなので、こちらもぜひチェックを!

清水さんのシンガーソングライターとしての姿勢や、曲作りへのこだわりを感じるお話、いかがでしたか?次のアルバムが楽しみです!

Ieiri_Shimizu_Sascha

家入レオさん清水翔太さん、ありがとうございました!

今日はさらに、亀田誠治さん×植村花菜さんのトーク&ミニライブもお届けしました!そんな“生FM KAMEDA”の内容はコチラにアップしています!

会場に遊びに来てくれた皆さん、そしてタワーレコード渋谷店のスタッフの皆さん、ありがとうございました!公開放送、またやりたい!!

<OA曲目リスト: 2014/1/29>

GET LUCKY - DAFT PUNK FEAT.PHARRELL WILLIAMS
PAYPHONE - MAROON 5 FEAT.WIZ KHALIFA
ゆめのはじまりんりん - きゃりーぱみゅぱみゅ
LUV, HOLD ME DOWN - DROWNERS
WAKE ME UP - AVICII
ETUPIRKA - 葉加瀬太郎/JAKE SHIMABUKURO
輝く時間の中で - 植村花菜
CHINATOWN - TAHITI 80
SHAPE OF MY HEART - STING
チョコレート - 家入レオ
SUDDENLY I SEE - KT TUNSTALL
THANK YOU - BUSTA RHYMES FEAT. Q-TIP, KANYE WEST, LIL WAYNE
HIT 'EM UP STYLE - CAROLINA CHOCOLATE DROPS
世界一ごはん(LIVE) - 植村花菜 × 亀田誠治
CHASING CARS - SNOW PATROL
スノーマジックファンタジー - SEKAI NO OWARI
#SWITCH - SHUN
DREAM - 清水翔太
THE MONSTER - EMINEM FEAT.RIHANNA

STAFF| 23:52 | カテゴリー:Records

2014年01月28日

【1/28 オンエア曲リスト】ENTERTAINMENT - PHOENIX、ほか

今日は、今月12日、13日と4年ぶりの来日公演を行ったフェニックスの最新インタビューをお届けしました!

パリ近郊ベルサイユで幼馴染として育った4人。2000年にデビュー・アルバムをリリースし、2006年にはサマソニに出演。今年2014年のサマソニにも出演が発表されています。そんなフェニックスから、ブランコとデックにお話を伺いました。今回の日本滞在については、「初日に酒工場(酒蔵?)に行ったんだ。お酒がいっぱいでポジティブな一日だったよ。でも、今回はとにかく時間が少なくて残念。また8月に戻ってくるのが楽しみだよ!」と、たった3日しかいられないのが寂しかったそう。

最新アルバム『Bankrupt!』について質問すると、数日で完成したという曲「クロロフォルム」以外は本当に苦労したのだとか。「今回のレコーディングはチャレンジングだった。2年もスタジオにいたのに、最後の数週間でなんとか仕上げた感じ。編集も大変で、300回ぐらい直しを入れたりね。疲れたよ…」 300回!?じっくりと練られて制作された渾身のアルバム、皆さんもぜひチェックを!

そんな彼らが、最近よく聴いている音楽は?「アルバムを作っている時は抽象的な音楽を聴くんだ。そういえば、黒澤映画のサントラをよく聴いていたよ。今はツアー中なので、流行っている曲をキャッチアップしようと思い、例えばカニエ・ウェストなんかを聴いている」とのこと。そして、フランスの音楽シーンは「色々なものの寄せ集め。でも、それがクールだ!」と語っていました。

ちなみにブランコは、フェニックスの結成前にいたバンドで、昨日のグラミーでも大注目されたダフト・パンクの二人とバンドメイトでした。(ダフト・パンクの前身「ダーリン」というパンクバンド) 今、フランスが熱い!?

フェニックスのブランコとデック、メルシー・ボクー♪ 今度は今年の夏、サマソニで会えますね!楽しみです!

Bankrupt! - Phoenix

<OA曲目リスト: 2014/1/28>

ギャグ - 星野源
SWEETER THAN FICTION - TAYLOR SWIFT
情熱と人生の間 - スガシカオ
FIND YOU - ZEDD
LA VIE EN ROSE - GRACE JONES
DAFT PUNK - PENTATONIX
くだらないの中に - 星野源
TELL YOUR WORLD - LIVETUNE FEAT.初音ミク
SWEET EMOTION - AEROSMITH
INTO THE BLUE - KYLIE MINOGUE
HEARTBEAT - TAHITI 80
ALL NIGHT - ICONA POP
夢の外へ - 星野源
THRIFT SHOP - MACKLEMORE AND RYAN LEWIS FEAT.WANZ
MISS YOU - ROLLING STONES
AUDIO,VIDEO,DISCO - JUSTICE
BE MY BABY - VANESSA PARADIS
VOILA - JEANNE CHERHAL
ENTERTAINMENT - PHOENIX
MICHELLE - BEATLES
EVERYDAY ROBOTS - DAMON ALBARN
輝く時間の中で - 植村花菜

STAFF| 14:53 | カテゴリー:Records

2014年01月27日

【1/27 オンエア曲リスト】GET LUCKY - DAFT PUNK FEAT. PHARRELL WILLIAMS、ほか


本日の番組では、ちょうどオンエア中にロサンゼルスで行われていた第56回グラミー賞について、随時情報をお届けしてきました。いかがでしたでしょうか?

受賞者では5冠に輝いたダフト・パンク、4冠に輝いたマックルモア&ライアン・ルイスが光りましたね。17歳のロードも2冠で、これからさらに注目が集まるかもしれません。番組内では、グラミー賞の会場内にいたテディさんにも電話をつないでいろいろお話伺いましたが、彼が印象に残っていたのはマックルモア&ライアン・ルイスだったそう。「メジャーレーベルに頼らず、自分たちのレーベルで、自分たちの力で勝ち上がった、まさにアメリカンドリームを体現しているグループが彼らで、会場内もそんな彼らの熱を感じ取っているかのようだった」とのことです。

パフォーマンスでは、事件級のコラボレーション、ポール・マッカートニーとリンゴ・スターの「Queenie Eye」での競演がやはり際立ったでしょうか。会場内にいたオノ・ヨーコ、ショーン・レノンもノリノリで踊ってましたね♪また、ダフト・パンク+ナイル・ロジャース+ファレル・ウィリアムス+スティービー・ワンダーでの「Get Lucky」〜「Le Freak」〜「Another Star」のメドレーにもかなり興奮しましたね。先のテディさんも「ダフト・パンクの時が一番盛り上がりました!」とのこと。まさにグラミー賞でしか実現できないエンターテイメントだと思います。現地で生で見れてホント羨ましい!

ほか、受賞者としてはゼッド、ブルーノ・マーズ、アリシア・キーズ、リアーナ、ジャスティン・ティンバーレイクなどなど、番組でもお馴染みのアーティストが名を連ねています。部門数が80以上あるので、じっくり何日かかけてチェックしてみてくださいね。

受賞&ノミネート作品一覧 (Grammy.com)

Random Access Memories - Daft Punk

<OA曲目リスト: 2014/1/27>

BLURRED LINES - ROBIN THICKE FEAT.T.I./PHARRELL WILLIAMS
チョコレート - 家入レオ
KING AND CROSS - ASGEIR
SAME LOVE - MACKLEMORE AND RYAN LEWIS FEAT.MARY LAMBERT
ARTPOP - LADY GAGA
ユリイカ - サカナクション
JUST GIVE ME A REASON - PINK FEAT.NATE RUESS
ANDY WARHOL - DAVID BOWIE
YOU NEED ME,I DON'T NEED YOU - ED SHEERAN
SWIMMING POOLS(DRANK) - KENDRICK LAMAR
DREAM - 清水翔太
WALK ON - U2
DON'T WORRY BE HAPPY - BOBBY MCFERRIN
雨宿り - 黒沼英之
ROYALS - LORDE
WE ARE YOUNG - FUN. FEAT.JANELLE MONAE
FOREVER - HAIM
I WILL WAIT - MUMFORD AND SONS
SAFE AND SOUND - CAPITAL CITIES
GET LUCKY - DAFT PUNK FEAT.PHARRELL WILLIAMS
QUEENIE EYE - PAUL MCCARTNEY
HELP! - BEATLES
I WISH - STEVIE WONDER

STAFF| 18:03 | カテゴリー:Records

2014年01月23日

【1/23 オンエア曲リスト】LIVIN' IN THE CITY(STUDIO LIVE) - JOHN BUTLER、ほか

今日は、オーストラリアの3人組ジャムバンド、ジョン・バトラー・トリオの中心人物、ジョン・バトラーがスタジオ生出演!なんと、生演奏も披露してくれました!

東京ではスケートボードをやったり渋谷を歩いたりしたそうですが、彼は東急ハンズが大好きなんだとか。7年前にハンズに行ったのがきっかけでレザーワークをやるようになり、今回も革を縫うための針をご購入。スタジオでは自作のお財布を見せてくれました。「クリエイティブでいるのが本当に好きなんだ。音楽はもちろん、絵を描いたり、ナイフなんかも自分で作ったりしているよ」とのこと!また、そばや刺身など日本食も大好きで、「豆腐も色んな種類があるから、味わいが違って楽しいよね」と通なコメントも♪

これまでフジロックに3度出演、単独ツアーも行っているジョン・バトラー・トリオですが、日本のファンについては「すごくパッションがあるよね。時には言葉の壁もあったりするけど、逆に音楽そのもののエネルギーを感じてもらえていると思う。日本人は“やる時は徹底的にやる”というイメージ。僕らの音楽も細かいところまでちゃんと理解してくれているんだ」と語っていました。

来週1月29日にニューアルバム『フレッシュ&ブラッド』を日本先行でリリース!およそ4年ぶりの新作です。「今回は、自分がやっている色んなことのコンビネーションで、アートワークにしても実験的なものだし、進歩的なアルバムだと思う。香りとか息吹とか、そんなものも感じてもらいたくて、このタイトルを付けたんだ」 そして、アルバムから「このスタジオからの眺めにぴったりでしょ?」という曲「Livin' In The City」をアコギで生演奏してくれました。ギターさばきが凄かったーーっ!本当にカッコよかったです!

最後にファンへのメッセージを聞いてみました。「僕は本当に日本の春が好きなんだけど、もう帰っちゃうから残念だよ。だからみんな、春になったら代々木公園に行って、桜を味わってね!」(アルバムの宣伝はいいんですか?)「あ…、そうか、ニューアルバムもよろしくね(笑)」 ジョン・バトラー、超ナイスガイでした!

JohnButler_Sascha

<OA曲目リスト: 2014/1/23>

INTO THE HOLLYWOOD GROOVE - MADONNA AND MISSY ELLIOT
ONLY ONE - JOHN BUTLER TRIO
BIG YELLOW TAXI - JONI MITCHELL
ALL OF ME(TIESTO REMIX) - JOHN LEGEND
明日も - MUSH AND CO.
THE MOTHER WE SHARE - CHVRCHES
COMING OF AGE - FOSTER THE PEOPLE
トランキライザー - KREVA
BASKET CASE - GREEN DAY
LIGHT ME UP - BIRDY
BLUE MOON - BECK
TECHNOPOLIS - Y.M.O.
DOOM AND GLOOM - ROLLING STONES
POPULAR SONG - ARIANA GRANDE/MIKA
DREAM - 清水翔太
ETUPIRKA - 葉加瀬太郎
WE ARE YOUNG - FUN. FEAT.JANELLE MONAE
ポリリズム - PERFUME
PAULINE - LITTLE BARRIE
FEVER - TRICERATOPS
LIVIN' IN THE CITY(STUDIO LIVE) - JOHN BUTLER
チョコレート - 家入レオ
UNPRETTY - TLC

STAFF| 17:02 | カテゴリー:Records

2014年01月22日

【1/22 オンエア曲リスト】WAKE ME UP - AVICII FEAT.ALOE BLACC、ほか

今日は、EDM界の若き天才、アヴィーチーをフィーチャー!とれたてほやほやのインタビューをお届けしました。

スウェーデン出身の24歳。昨年、23歳にして世界DJランキングで3位!年収はおよそ19億6000万円!まさにスーパーDJのアヴィーチーですが、世界のトップで活躍している彼は、自分のことをDJだと思っているのか、それともミュージシャンだと思っているのでしょうか?

自分のことは、DJというよりもソングライターだと思っている。DJというのはプレイリストから選んだ音楽をかける人で、ミュージシャンとは音楽を作る人だ。僕にとっては完全に違うんだよ!

たしかに、現在EDM界で活躍している、カルヴィン・ハリス、デヴィッド・ゲッタなど、DJとしても活躍していますが楽曲も制作していますもんね。続いては、まだ歴史の浅いEDMシーンですが、アヴィーチーがデビューしてからどのように変化してきたか伺っています。

一番の違いは楽曲そのものの変化で、すごくヘヴィな曲に集中していると思う。みんな、いろんな部分で出来る限りもっとハードコアな音楽を作ろうとしているんだ。それも時にはいいことだと思うよ。狙いとしてはね。でも全体的に考えると、ハウス・ミュージックのスピリットをちょっと奪ってしまうんじゃないかと思う。ここ数年の間、僕はハウス・ミュージックを早く大きく盛り上げようとトライしてきた。本当に大事なのは、そういったエモーションやソウルを持ち続けることだ。僕にしてみたら少なくとも最初からハウス・ミュージックに惚れ込んでしまってるわけで、そこから離れすぎて無機質にならないようにすることが重要なんじゃないかと思ってる。

もともと、ハウス・ミュージックから派生したジャンルですからね。ハードコアになりすぎるのは、彼にとっては不本意なんですね!そして、EDMアーティストに共通して言えることは、ボーカリストを必ずフィーチャリングしていたり、数多くのミュージシャンとコラボするところ。彼がコラボしたいミュージシャンは誰なんでしょうか?

今はソングライターたちと手を組むこともできる。僕はメロディにものすごく重点を置いていて、メロディばかりいつも集めているんだけど、それが僕にとっては楽曲の中で一番大事なパートだからだ。言葉では無理だけど、メロディは全世界の人に通じる。ナイル・ロジャーズなんかもメロディにものすごく重点を置いていたらしい。彼は魂をこめて、人生をかけて取り組んでいる。僕もそんなふうに続けて、レジェンドたちと手を組んで行きたい。

おぉ!ナイルとのコラボ、ぜひ実現してほしい!

「EDMの境界線をどのくらい押し広げて行くかといったことに、限界はない」と語る、野心的な24歳、アヴィーチー。大ヒット曲「WAKE ME UP」も収録のアルバム『トゥルー』日本盤は本日発売です!

TRUE - Avicii

<OA曲目リスト: 2014/1/22>

JOY - YUKI
CAN'T HOLD US - MACKLEMORE AND RYAN LEWIS
THE FOX - YLVIS
EVERYDAY ROBOTS - DAMON ALBARN
ゆめのはじまりんりん - きゃりーぱみゅぱみゅ
グッドバイ - サカナクション
GRACE KELLY - MIKA
赤いタンバリン - BLANKEY JET CITY
CITY LIGHTS - FANTASTIC PLASTIC MACHINE
輝く時間の中で - 植村花菜
WELCOME TO THE BLACK PARADE - MY CHEMICAL ROMANCE
DREAMS(GIGAMESH EDIT) - FLEETWOOD MAC
女の子は泣かない - 片平里菜
ENTERTAINMENT - PHOENIX
群青日和 - 東京事変
THE TIME(DIRTY BIT) - BLACK EYED PEAS
COME AGAIN - M FLO
SALAMANDER - ELLEGARDEN
WHATEVER - OASIS
DEAR BOY - AVICII
WAKE ME UP - AVICII FEAT.ALOE BLACC
YOU WILL ALWAYS - MAIA HIRASAWA
楽園 - YELLOW MONKEY
DOOR - JUJU

STAFF| 14:26 | カテゴリー:Records

2014年01月21日

【1/21 オンエア曲リスト】ROYALS - LORDE、ほか

ニュージーランド出身で現在17歳のシンガーソングライター、ロード。今月27日(日本時間)に発表される「第56回グラミー賞」で、主要2部門を含む4部門にノミネートされるなど、世界中から大注目の歌姫です!今日は、彼女の最新インタビューの模様をお送りしました。

グラミーでのノミネートについて、「自分がグラミー賞に値するかもしれないなんて、信じられないほど素晴らしいこと」と語る彼女。大ブレイクのきっかけとなった「Royals」は、2013年10月12日付の全米シングルチャートで1位を獲得!女性ソロアーティストとしては、2013年の最長となる全米シングルチャート9週連続1位を達成しました。彼女自身はどのように感じているのでしょうか?

人生が変わったわ。私の曲が世界規模でヒットするなんて、全然予想できなかったもの。でも、そのおかげで世界中をツアーできるようになったし、私が敬愛するミュージシャン達と仕事をすることも可能になったの。私が言いたいと思っていることに、皆が興味を持ってくれたということだと思うわ。

これだけの若さで大成功してしまった今ですが、子供の時からずっと歌っていたという彼女。どうやってデビューに辿り着いたのでしょうか?

12歳の時に学校のタレントショウに出て歌ったんだけれど、それをレコード会社の人達が見て、連絡をくれたの。当時の私はまだソングライターじゃなかったから、どうしたらいいか分からなかったし、音楽をキャリアにしたいかどうかも分かっていなかった。でも、彼らと数年仕事をしたの。その間に、ソングライターに会って、スタジオに行って、自分が何をやりたいかを探ったの。それから、彼らとディベロップメント契約を結んで、その後、このアルバムを一緒に書いた、ソングライティング・パートナーのジョエル・リトルと会ったの。私達はすぐに意気投合して、私はどんなものを作りたいか、何をやりたいかが見えたの。その時に、私にはソングライティングしかないって実感したのよ。

12歳でキャリアをスタートさせ、17歳の現在にして「ソングライティングしかない」と言う彼女。さすがの逸材と思わせる、落ち着いた声と語り口が印象的でした。ちょっと意外だったのは、KポップやJポップが大好きで普段よく聴いているそう。今後、彼女の音楽にどんな影響を与えてくれるのか気になりますね!

果たして、グラミーの栄冠は彼女に輝くのでしょうか?デビュー・アルバム『ピュア・ヒロイン』日本盤は2月19日に発売!

Pure Heroine - Lorde

<OA曲目リスト: 2014/1/21>

GET LUCKY - DAFT PUNK FEAT.PHARRELL WILLIAMS
STEP BY STEP - SUZU
GOOD TIME - OWL CITY/CARLY RAE JEPSEN
HONKY TONKY CRAZY - BOOWY
VALERIE(ALBUM VERSION) - MARK RONSON FEAT.AMY WINEHOUSE
CHASING PAVEMENTS - ADELE
BEAUTIFUL GLIDER - BUMP OF CHICKEN
HERE AND NOW - KAN SANO FEAT.MONDAY MICHIRU
DON'T THINK TWICE,IT'S ALL RIGHT - BOB DYLAN
1.2.STEP TO YOU - KANA BOON
MMM BOP - HANSON
LIGHT ME UP - BIRDY
ORDINARY LOVE - U2
チョコレート - 家入レオ
COMING OF AGE - FOSTER THE PEOPLE
BACK IN THE USSR - BEATLES
MYSTERY MAN(RADIO EDIT) - STRYPES
FEEL MY SOUL - YUI
NORTH SOUTH DIVIDE - JOHN LENNON MCCULLAGH
I THINK WE'RE ALONE NOW - TIFFANY
ROYALS - LORDE
TEAM - LORDE
スノーマジックファンタジー - SEKAI NO OWARI
LOVE AT FIRST SIGHT - KYLIE MINOGUE

STAFF| 14:15 | カテゴリー:Records

2014年01月20日

【1/20 オンエア曲リスト】子守唄(LIVE) - MAIA HIRASAWA、ほか

今日は、スウェーデンから日本に戻ってきてくれたマイア・ヒラサワさんをスタジオにお迎えしました。マイナス10℃のストックホルムからやってきたということで、「日本は暖かくて最高♪」と嬉しそう!

1月15日にリリースされたばかりのアルバム『ザ・ジャパン・コレクション』は、これまでマイアさんが手掛けてきたCM/タイアップ・ソング、豪華日本人アーティストとのコラボ曲が満載!「今回のアルバムを作るにあたって改めて振り返ってみると、こんなに短い時間にこんなにたくさんの曲をやってきたのかと、自分でも誇りに思いました」と語るように、充実した内容のベスト盤的アルバムで、さらに話題の新曲も収録されています!

今日はこの中から、日本語で歌う新曲「子守唄」をスタジオ生演奏で披露していただきました!「日本語で歌うのは、私にとってはある意味チャレンジ。誰かに勧められてというのではなく、自分の意思でやっています」とのこと。それによって、ライブでもお客さんとの距離が縮まるのを実感できるのだそうです。そんなマイアさんのライブが1月22日(水)、ビルボードライブ東京で開催!彼女のステージを生で観られるチャンスです!

次のステップについては、「先のこと、未来のことはあまり考えていないけど、今はツアーに集中したいと思っています。ただ、この春は曲をいっぱい作りたい。というのは、スウェーデンに海が見える素晴らしいスタジオができたの!もっと日本語でも歌いたいし、もちろんスウェーデン語でもね」とマイアさん。今後の活動、そしてまた日本に戻ってきてくれるのを楽しみにしています!

素敵な生演奏、ありがとうございました!

MaiaHirasawa_Sascha

<OA曲目リスト: 2014/1/20>

トランキライザー - KREVA
STORY OF MY LIFE - ONE DIRECTION
I'M FEELING YOU - SANTANA FEAT.MICHELLE BRANCH
WAKE ME UP - ALOE BLACC
会心の一撃 - RADWIMPS
BABY I - ARIANA GRANDE
DREAM - 清水翔太
ALL OF ME - MICHAEL BUBLE
情熱と人生の間 - スガシカオ
SLUMVILLE SUNRISE - JAKE BUGG
風が知ってる - 赤い公園
ROYALS - LORDE
SOMEBODY THAT I USED TO KNOW - GOTYE
SOS - RIHANNA
グッドバイ - サカナクション
FEELING MY WAY - LANG-KRESS
NEED YOU NOW - LADY ANTEBELLUM
IZ RITE - BEADY EYE
さよならワルツ - LA LA LARKS
子守唄(LIVE) - MAIA HIRASAWA
YOU WILL ALWAYS - MAIA HIRASAWA
ALISON - ELVIS COSTELLO
輝く時間の中で - 植村花菜

STAFF| 15:56 | カテゴリー:Records

2014年01月16日

【1/16 オンエア曲リスト】薔薇とローズ - さかいゆう、ほか

今日は、3枚目のアルバム『Coming Up Roses』を昨日リリースしたばかりのさかいゆうさんがスタジオ生出演!

年末年始は、大宮氷川神社→箱根神社→富士山4合目→伊勢神宮というハードスケジュールでの神社巡りを敢行したさかいさん。「全部、僕が運転しましたよ。スーパーウルトラ渋滞で、右足が爆発しそうになりました」と笑っていましたが、なんとも縁起のいい年越し!

そのご利益もあって(?)、ニューアルバム『Coming Up Roses』は出だし絶好調!今回は、「自分の大好きな人たちとコラボできて、このアルバムを出せただけでも嬉しい」と語るように、秦基博さん、KREVAさんなどなど、豪華なコラボレーションも魅力です。この番組でワールドプレミアさせていただいたナンバー「オトコFACE feat. KREVA」は、「たまたま雑誌をめくってたらKREVAさんが出ていて、そこからのインスピレーションで書いたもの。KREVAさんにラップをしてもらわないことには始まらないんで、もし彼が受けてくれなかったらボツになるという曲でした」とのこと。また、横山剣さんの作詞曲「EMERGENCY」は、普段のさかいさんにはないようなテイスト。「これ、聴きどころですよ。そんなに韻とか踏んでくれないんですよ(笑)でも、ホント楽しかった。もう、コスプレですよ」 ぜひ、歌詞にも注目してください!

また、ヒットシングル「薔薇とローズ」は親孝行にもなっているようです。「CMソングになって曲が全国区になったから、親としても鼻が高いみたいです。僕が21、22歳の頃は“お前みたいなのが”ってケチョンケチョンに言ってたのに、今は大いに自慢してるらしい(笑)」 ちなみに、さかいさんのお父さんはとても歌が上手いそうで、さかいさん曰く「酔っぱらったらスティーヴィー・ワンダーみたいな声」だとか♪

今年の目標は、「渋公を成功させること。それと、地元(高知県)でキャラバンとかキャンプなんかができたらいいなと。秦さんとか山崎さんを連れていきたい」というさかいさん。4月からスタートするツアー『TOUR2014“Coming Up Roses”』やインストアライブの詳細はHPをチェック!

SAKAIYU_SASCHA

<OA曲目リスト: 2014/1/16>

WIND IT UP - GWEN STEFANI
THE NERVE - MUTEMATH
GOLDEN LIFE - DRAGON ASH
COMING OF AGE - FOSTER THE PEOPLE
HOLD ON - COLBIE CAILLAT
RUNNING TO THE SEA - ROYKSOPP
YOU WILL ALWAYS - MAIA HIRASAWA
ALRIGHT - JAMIROQUAI
PUMPIN BLOOD - NONONO
GOOD SONG - BLUR
ROYALS - LORDE
BACK AT ONE - BRIAN MCKNIGHT
会いにいく - GRAPEVINE
WALK IDIOT WALK - HIVES
THE EXTRAORDINARY - SCREAMING MALDINI
EVERYTHING YOU DIDN'T DO - JAMIE CULLUM
BABY I - ARIANA GRANDE
ラストダンスはヘイ・ジュード - ザ・キングトーンズ
RASPBERRY BERET - PRINCE
ONCE I THOUGHT - PROVIANT AUDIO
オトコFACE - さかいゆう FEAT.KREVA
薔薇とローズ - さかいゆう
BE THAT EASY - SADE
KING AND CROSS - ASGEIR

STAFF| 15:10 | カテゴリー:Records

2014年01月15日

【1/15 オンエア曲リスト】HAPPY BIRTHDAY - OKAMOTO'S、ほか

今日、1月15日に5枚目のアルバム『Let It V』をリリースしたOKAMOTO'Sが、4人揃ってスタジオ生出演!新作のお話をたっぷり伺いました。

アルバムタイトルにある「V」には、流行(VOGUE)、自発的(VOLUNTARY)など、現在のバンドの心情を表した「V」で始まる言葉と、CDデビュー5周年&現メンバーでの活動5周年という意味が込められているそうです。今のロックバンドのシーンに対する問題提起や、音楽的に面白いものへの挑戦ということで、メンバーみんなで考えて作ったという今作。プロデューサーの岸田繁さん(くるり)からは、歌だけでなく、楽器も歌詞の意味やストーリーを意識しながら演奏するようにアドバイスされたそう。「実際に変わったと思う。ちょっとブルースを感じさせるというか、音楽的に深みも出ました」 また、全11曲でトータル40分ないという短いフォーマットは、ハマさんのアイデアだとか。「最近は、CDを買って家でじっくり聴くっていうんじゃなく、みんな通学・通勤の間に聴いている。だから、30分〜40分でアルバムの最後まできっちり聴き終わることができるように、最初から念頭に置いて作ったんです」 なるほど!これは、レコード時代の収録時間に近い…ある意味、ロックのスタンダードかも!

リスナーの方から「ブックレットの中のイラストや手描きの歌詞は誰が?」という質問をいただきました。今回は、以前から仲良しだったMA1LLさんが手掛けたそう。「歌詞もスタッフクレジットも全部手描きなんです。絵は、MA1LLさんが昔から使っていたイラスト帳に描かれていたもの。曲ごとにぴったりくる絵をチョイスしてくれていて、マジですごいいいですよ」 アートワークにも注目です!

先日は怒髪天の武道館ライブを観て、「武道館の重みっていうのを初めて感じたライブ。かっこよかった。泣けました」と刺激を受けたという彼ら。2月8日からは、ニューアルバムをひっさげた全国ツアーがスタートします!アニバーサリーイヤーである今年は、「言いたいことを言って、やりたい音楽を鳴らしていく!」とのこと。目が離せませーん!

OKAMOTOS_SASCHA

<OA曲目リスト: 2014/1/15>

PARKLIFE - BLUR
WAIT? - LEGO BIG MORL
DARE YOU - HARDWELL FEAT.MATTHEW KOMA
CAN'T REMEMBER TO FORGET YOU - SHAKIRA FEAT.RIHANNA
HAPPY - PHARRELL WILLIAMS
情熱と人生の間 - スガシカオ
ベステンダンク - 高野寛
THROUGH THE AGES - GABRIELLE APLIN
夜の想い - FISHMANS
DON'T STOP BELIEVIN' - JOURNEY
WHO LET THE DOGS OUT - BAHA MEN
NEXT TO YOU - KAY
THE MONSTER - EMINEM FEAT.RIHANNA
WINTERLAND - 大橋トリオ
女の子は泣かない - 片平里菜
LOCKED OUT OF HEAVEN - BRUNO MARS
君の隣 - AIKO
THE SPARK - AFROJACK FEAT.SPREE WILSON
日々 - 吉田山田
HAPPY BIRTHDAY - OKAMOTO'S
ドアを叩けば - OKAMOTO'S
薔薇とローズ - さかいゆう

STAFF| 15:49 | カテゴリー:Records

2014年01月14日

【1/14 オンエア曲リスト】LITTLE ME - LITTLE MIX、ほか

セカンド・アルバム『サルート』を昨年末にリリースしたリトル・ミックス。BEAT PLANETでは昨年の来日時にサッシャがインタビューさせていただきましたが、すごく爽やかで、礼儀正しい4人組ガールズグループです!今日は、今月再来日する彼女たちの最新インタビューの模様をお送りしました。

2011年にイギリスで結成されたリトル・ミックス。テレビの音楽オーディション番組『Xファクター』第8シーズンで優勝(グループでの優勝は番組史上初という快挙!)、「ネクスト“スパイス・ガールズ”」、「ワン・ダイレクションの妹分」なんて言われています。『Xファクター』の優勝から丸2年、ずっと4人一緒に過ごしてきた彼女たちは、こんなふうに語っています。

何か変わったとしたら、私たちの絆は強まったと思う。4人で一緒に本当にたくさんの経験をしてきたら、どんどん強まるばかり。この子たち(他のメンバー)がいない人生なんて、考えらないわ。いつもイライラさせられるけど(笑)。ウソよ!この子たちが大好きだわ!

ファースト・アルバムをリリースするやいなや、世界中の国を飛び回ることになった彼女たち。その経験は、今作に活かされているのでしょうか?

そう思う。私たちは間違いなくソングライターとして、シンガーとして成熟したわ。あんなにたくさん旅をしていたわけだから、声も強くなるし、人間としても成長する。そういうことが、アルバムに反映されているんじゃないかな。

その間に、ファンが何を求めているのかも分かってくるのよね。ファースト・アルバムの時は、そんなこと分からなかった。そして、私たちが何をするのか、どんな音楽を送り出すのか、誰にも全く想像がつかない状態だったのよ。でもあのアルバムを通じて、みんなだいたいの傾向が分かったはず。そんなわけで私たちのほうも、ファンがどんなものに惹かれるのか少し見当がついた。だからセカンドはより大人びていて、でも引き続き、ファンが好きな部分をキープしているのよ。例えば、みんなをインスパイアするメッセージだったりね。特に「Little Me」なんかがそう。だからこのアルバムもでインスパイアできると思うし、ハッピーにしてあげられると思うし、みんな満足してくれるんじゃないかな。

今作『サルート』は、全体的にR&B色が強まった作品。特に‘90年代〜2000年代のR&Bに影響を受けているようです。

実際私たちは、過去のグループから、中でも特にアン・ヴォーグやTLCやデスティニーズ・チャイルドからインスピレーションを得ているわ。アカペラのパートがある曲の形式だったり、ハーモニーだったり、彼女たちのパワフルさだったり。私たちは単に4人一緒に歌って、ハーモニーを作っているわけじゃない。細かく構築されているの。すごく真剣に取り組んでいるのよ。

2014年も邁進するイギリス発のガールズグループ、リトル・ミックス。今月25日(土)には、渋谷DUO MUSIC EXCHANGEでセカンド・アルバム『サルート』のリリースを記念したプレミアム・ライヴも予定されています。今年、彼女たちのさらなる活躍に期待!

Salute - Little Mix

<OA曲目リスト: 2014/1/14>

ONLY ONE - JOHN BUTLER TRIO
TIMBER - PITBULL FEAT.KESHA
トランキライザー - KREVA
I'M SO GREAT! - 真心ブラザーズ
IT WAS YOU - 椎名林檎と斎藤ネコカルテット
I DON'T WANT TO WAIT - PAULA COLE
グッドバイ - サカナクション
ON & ON - CHAN-MIKA
BABY I - ARIANA GRANDE
WANNA BE STARTIN' SOMETHIN' - MICHAEL JACKSON
HAPPY BIRTHDAY - OKAMOTO'S
ALL THE LOVE YOU GOT - DIANE BIRCH
TENDER - BLUR
CASABLANCA - WHITE ASH
LA LA LA - NAUGHTY BOY FEAT.SAM SMITH
LEARN TO FLY - FOO FIGHTERS
輝く時間の中で - 植村花菜
KING AND CROSS - ASGEIR
DAYS ARE FORGOTTEN - KASABIAN
LITTLE ME - LITTLE MIX
MOVE - LITTLE MIX
THANK YOU FOR THE MUSIC - BONOBOS
I WON'T GIVE UP - JASON MRAZ

STAFF| 17:16 | カテゴリー:Records

2014年01月09日

【1/9 オンエア曲リスト】NIRVANA - SAM SMITH、ほか

今週は、アリアナ・グランデジョン・レノン・マカラーKAYと、2014年の注目新人をチェックしてきました。今日は、英米独の音楽シーンから、注目の新人アーティストをご紹介!

まず、イギリスBBCが毎年発表している「Sound of」シリーズから。これまでアデル、ジェイムス・ブレイク、マイケル・キワヌーカらが受賞しており、昨年「Sound of 2013」はHAIMが受賞。今年も15組が候補になっています。

「Sound of 2014」
BANKS / Chance The Rapper / Chlöe Howl / Ella Eyre / FKA twigs / George Ezra / Jungle / Kelela / Luke Sital-Singh / MNEK / Nick Mulvey / Royal Blood / Sam Smith / Sampha / Say Lou Lou

メジャーとの契約に興味を示さないシカゴのMC、Chance The Rapper、ファッション業界で話題の双子姉妹デュオ、Say Lou Louなど多彩な顔ぶれ。この中で、サッシャも個人的に注目しているのが、去年、Naughty Boy「La La La」でボーカルを務めて注目されたSam Smith。そんな彼がソロ名義で出している曲「Nirvana」がこちら。どうですか、この声!ちなみに今、彼のSound Cloudでは、2月にリリースになる最新曲「Money On My Mind」が聴けます。

Nirvana - Sam Smith

続いてはアメリカ。「第56回グラミー賞」の最優秀新人賞には、5アーティストがノミネートされています。

「56th Annual GRAMMY Awards Nominees」 Best New Artist
James Blake / Kendrick Lamar / Macklemore & Ryan Lewis / Kacey Musgraves / Ed Sheeran

毎回の来日公演も噂になるJames Blake。そして、犯罪多発地域でもあるカリフォルニア、コンプトン出身のMC、Kendrick Lamarなど。シアトル出身の白人ラッパー、Macklemoreとプロデューサー、Ryan Lewisによるヒップホップデュオ、Macklemore & Ryan Lewisは、歌詞(20ドルしかないけど、リサイクルショップで買いまくる。超イケてるだろ!)がかなりユニークな「Thrift Shop」をグラミー賞ノミネーション・コンサートのオープニングでパフォーマンスしましたね。さて、受賞するのはどのアーティストでしょうか?

最後に、サッシャの母国、ドイツからも注目のアーティストをご紹介!もともと「Ich + Ich」という女性と男性のデュオで活動していたAdel Tawil(男性のほう)がソロビュー。彼の「Lieder」という曲が面白い!自分が今まで影響を受けてきたアーティストや曲の名前だけで歌詞を作り、ドイツ語で歌っているんです。こちらのMVには、フィーチャーされているアーティストのアルバムジャケットが色々出てきて楽しいですよ♪ 曲としてもカッコイイので、ぜひ聴いてみてください!

<OA曲目リスト: 2014/1/9>

DO WHAT U WANT - LADY GAGA FEAT.CHRISTINA AGUILERA
HAPPY BIRTHDAY - OKAMOTO'S
FOREVER - HAIM
LET IT GO - DEMI LOVATO
アイデンティティ - サカナクション
RUNNING TO THE SEA - ROYKSOPP
ONLY ONE - JOHN BUTLER TRIO
IF I EVER FEEL BETTER - PHOENIX
CHANGE - MONKEY MAJIK+吉田兄弟
YOU BELONG WITH ME - TAYLOR SWIFT
RED ROCKET SHIP - BAWDIES
STREET PLAYER - CHICAGO
EMPIRE STATE OF MIND - JAY Z/ALICIA KEYS
LOCKED OUT OF HEAVEN - BRUNO MARS
明日も - MUSH AND CO.
START ME UP - ROLLING STONES
IT'S TIME - IMAGINE DRAGONS
さよならワルツ - LA LA LARKS
TIMBER - PITBULL FEAT.KESHA
NIRVANA - SAM SMITH
THRIFT SHOP - MACKLEMORE AND RYAN LEWIS FEAT.WANZ
LIEDER - ADEL TAWIL
女の子は泣かない - 片平里菜
STORY OF MY LIFE - ONE DIRECTION

STAFF| 15:38 | カテゴリー:Records

2014年01月08日

【1/8 オンエア曲リスト】NEXT TO YOU - KAY、ほか

今日は、カナダ出身のこのアーティストに注目!エレクトロ・ポップ界のニュー・ヒロイン、KAYのインタビューをお届けしました。…この内容がすごくてですね、日本でしかオンエアされないから(?)って遠慮せずにトークしちゃったのか、とにかくあけっぴろげな発言が炸裂!サッシャもウケまくりでした。番組では一切カットせずにお送りしましたが、ここではその一部をご紹介しましょう。

1月4日(土)、幕張メッセで開催された「electrox」に出演したKAYは、「すごく楽しかった!日本人はパーティーの楽しみ方を知ってるわね〜!」とゴキゲン。昨日は渋谷でネイルをしたそうで、こちらも「アメリカより全然いいわ♪ カワイイでしょ?」と言って、お気に入りのネイルアートを見せてくれました。もちろん日本食も堪能。「美味しいものをたくさん食べたわ。お寿司はアメリカで食べたことがあるけど日本で食べるほうが絶対美味しいし、そばはクールよね」 そして…「あとね、オトコは日本のほうがかっこいいわね。ホントよ。まず見た目が良くて、イケてる。ちょっとセクシーだし、さらにジェントルマン。ヘアスタイルも素敵。アメリカの男性、ごめんなさいネ!」と、嬉しいご意見いただきましたーっ!!

幼い時から音楽を始めた彼女は、ビヨンセやレオナ・ルイスのプロデューサー、そしてワンリパブリックのフロントマンであるライアン・テダーと出会い、デビューを果たしました。彼との出会いについて聞いてみると、「バーベキューの会場で私が歌っていて、それを彼のA&Rが見ていたの。食べながら“アンタ誰〜?”って言ってきた人がいて、“なんだコイツ”って思ってたら、翌日ライアン・テダーに紹介してもらえたのよ。誰がどう助けてくれるか、わかんないわよね〜」とのこと。そして、彼女のファーストアルバム『My Name Is Kay』には、ライアン・テダー、ティエスト、プッシャー・Tなど豪華プロデューサー陣が参加します。これについては、「結構お金払ったし。安くないのよ、アルバム作るのは。まあ、ちょっとは値引きしてもらったけどね。値切る方法はママが教えてくれたの」と現実的なお話をしてくれました。

そして、今回最大のぶっちゃけ(?)は、どんな音楽を聴いているのか質問した時。「音楽はなんでも好きよ。カントリーミュージックも好きだし、それを言うのも全然恥ずかしくない。でも唯一好きじゃないのはブリンク 182。個人的な経験がちょっとあってね、嫌いなの。彼らは本当に最悪よ」 えぇっ、ブリンク 182と一体何があったのwww!?

LAに帰ったら、また日本に来る計画を立てたいというKAY。最後に「あなたとディレクターだけ喜んでて、あとのみんなは楽しんでなかったみたいだけど、大丈夫よね?」とキュートに笑っていました。次回の来日時も、また遊びに来てくださーい!!!

KAY_SASCHA

<OA曲目リスト: 2014/1/8>

IT'S ALRIGHT,IT'S OK - PRIMAL SCREAM
HAPPY - PHARRELL WILLIAMS
PERFUME - BRITNEY SPEARS
トランキライザー - KREVA
LA LA LA - NAUGHTY BOY FEAT.SAM SMITH
BOOM! - MAIA HIRASAWA
ユリイカ - サカナクション
林檎殺人事件 - 安藤裕子 FEAT.池田貴史
真冬物語 - 堀込泰行(キリンジ)/畠山美由紀/ハナレグミ
ROCK WITH U - JANET
LOVELY DAY - JILL SCOTT
DOOR - JUJU
SNOWDOME - 木村カエラ
WAR - COMMON
UNDER PRESSURE - QUEEN/DAVID BOWIE
FASHION! - LADY GAGA
NAME - GOO GOO DOLLS
NEXT TO YOU - KAY
BUS STOP - KAY FEAT.RYAN TEDDER
GIRLS AND BOYS - BLUR
ONE MORE TIME,ONE MORE CHANCE - 山崎まさよし

STAFF| 16:37 | カテゴリー:Records

2014年01月07日

【1/7 オンエア曲リスト】NORTH SOUTH DIVIDE - JOHN LENNON MCCULLAGH、ほか

昨日は、来日中の新人大物シンガー、アリアナ・グランデがスタジオに来てくれましたが、今日は、UK出身のシンガーソングライターに注目しました。“21世紀のボブ・ディラン”とも形容され、年齢はなんと、まだ15歳!その名前は(これ本名なんです)…ジョン・レノン・マカラー

12歳でギターを始め(と言っても、3年前の話)、去年、イギリスでデビューするなり話題沸騰!日本でも、1月22日にデビューアルバム『NORTH SOUTH DIVIDE』のリリースが控えています。

彼が、どうやってデビューに至ったかというと、ある人物がその才能に惚れ込んだから。その人物とは…「クリエイション・レコード」を立ち上げ、あのオアシスやプライマル・スクリームなどを世に送り出したプロデューサー、アラン・マッギー!

そのアラン・マッギーが、ジョン・レノン・マカラーとの出会いについて語ったインタビューをご紹介しましょう。

ジョンの親父さんとは前から友達で、彼はオアシスの熱狂的なファンなんだけど、2年くらい前にブリスベンに行った時に会いに来たんだよ。それで、もしよかったら今度ロザラムで一緒にDJやらないか?って頼まれたんだよ。こいつは何をばかげたこと言い出すんだ?って思ったから言ったんだ、「いいよ」って。その親父が「このあと、うちの息子が演奏するから見てってよ、俺は先に帰るから」って出ていった後、その息子とやらが登場してディランの曲を4曲歌ったんだ。それがもの凄かったんだけど、最後にオアシスの「ザ・マスタープラン」、これには完璧にやられたよ。

そして…

「おいおい、歳はいくつなんだ?」って聞いたら、14歳だって言うんだよ。確かに、160cmもないあの身長じゃそのくらいだろうけど、今じゃもうちょっとでかくなったかな…とにかくその時は信じられなかったよ。それでその場ですぐ「成功したいなら今すぐ自分の歌を書き始めたほうがいい」って伝えたんだ。そう、いつかまた自分でレーベルを始める時には、まずこいつとサインしようって決めてたのさ。

その出会いからたった1年で、アラン・マッギーが新たに立ち上げたレーベル「359 MUSIC」の第一弾アーティストとしてデビュー。とんでもない15歳!ちなみに、あのコートニー・ラブは「ディランよりディランっぽい15歳って、この子いったい何者?」と驚いたそう。

ボブ・ディランさながらの歌声。ブルース魂。2014年、要注目の新人です!ジョン・レノン・マカラー、今のうちチェックしておいてください!!

North South Divide - John Lennon Mccullagh

<OA曲目リスト: 2014/1/7>

VERTIGO - U2
ユリイカ - サカナクション
XO - BEYONCE
TIMBER - PITBULL FEAT.KESHA
SADDENLY - PREDAWN
BRIANSTORM - ARCTIC MONKEYS
BABY I - ARIANA GRANDE
SAFE AND SOUND - CAPITAL CITIES
春の歌 - SPITZ
LET HER GO - PASSENGER
SO FAR AWAY - CAROLE KING
THINKING OF YOU - PAUL WELLER
会心の一撃 - RADWIMPS
あたしをみつけて - SALLEY
KING AND CROSS - ASGEIR
PHYSICAL - OLIVIA NEWTON JOHN
DAYS ARE FORGOTTEN - KASABIAN
HAPPY - PHARRELL WILLIAMS
THE MONSTER - EMINEM FEAT.RIHANNA
NORTH SOUTH DIVIDE - JOHN LENNON MCCULLAGH
55 BLUES - JOHN KENNON MCCULLAGH
NEXT TO YOU - KAY
EVERY BREATH YOU TAKE - POLICE
STRAY HEART - GREEN DAY

STAFF| 14:27 | カテゴリー:Records

2014年01月06日

【1/6 オンエア曲リスト】BABY I - ARIANA GRANDE、ほか

今日は、2014年最初のゲスト!アリアナ・グランデをスタジオにお迎えしましたー!

昨日はTOKIO HOT 100にも登場してくれたアリアナ。2日連続のJ-WAVEに、「このラジオ局も、日本も大好きよ♪」と嬉しいお言葉!リスナーの皆さんからたくさんのメッセージをいただいたことを伝えると、「アメイジング!日本のファンは本当にリスペクトしてくれるし、みんなカワイイ♪」ですって!ちなみに昨日は、楽しみにしていた猫カフェにも行ったそうです。

“ネクスト・マライア”と呼ばれるアリアナ。「(マライアと)比較されるのは光栄です。ただ、私と彼女は声のトーンやタイプも違うので、私は私の道を歩んでいきたい」とのこと。他に影響を受けた女性アーティストを聞いてみると、ホイットニー・ヒューストン、マドンナ、バーブラ・ストライサンド、セリーヌ・ディオンなどの、やはり実力派のパワー・ボーカリストでした。初めて歌った曲はホイットニーの「I Have Nothing」だそう。

皆さんからお寄せいただいた質問にもたくさん答えてくれましたよ!「リラックスする方法は?→3匹の犬と遊ぶこと、映画を観ること(怖い映画が好きだそう!)、お庭を眺めること」「メイクで一番気合いを入れているのは?→アイシャドウはあまり好きじゃないので、マスカラとリップかな?」「Twitterの背景をエイリアンにしているのは何故?→宇宙人がイェ〜イ!ってやってるのが面白くて好きだからよ」などなど、時間ギリギリまで語ってくれました!

デビュー・アルバム『Yours Truly』国内盤がついに来月、2月5日に発売となります!「すごく一生懸命作ったアルバムだから、日本でもリリースされることになって嬉しいわ。ベイビーフェイスとの仕事は本当に勉強になったし、色んな知識を与えられたの」というアリアナ。「2月にまた戻ってきます!その頃にアルバムも出るから楽しみ!」と再来日を約束してくれました♪

ARIANA_SASCHA

<OA曲目リスト: 2014/1/6>

THE EXTRAORDINARY - SCREAMING MALDINI
WHATEVER - OASIS
ROYALS - LORDE
BEAST OF BURDEN(LIVE) - THE ROLLING STONES
チョコレート - 家入レオ
ONE THING - ONE DIRECTION
NEW WORLD - カサリンチュ
THE WORLD IS NOT ENOUGH - GARBAGE
EVERYDAY IS A WINDING ROAD - SHERYL CROW
HIGH HOPES - BRUCE SPRINGSTEEN
GIVE ME ALL YOUR LUVIN' - MADONNA FEAT.NICKI MINAJ/M.I.A.
OLD SCHOOL LOVE - LUPE FIASCO FEAT.ED SHEERAN
STEREO - ELEPHANZ
終わりなき旅 - MR.CHILDREN
ONLY ONE - JOHN BUTLER TRIO
明星 - トータス松本
TSUKI - 安室奈美恵
THE WIRE - HAIM
INSTANT CRUSH - DAFT PUNK
BABY I - ARIANA GRANDE
RIGHT THERE - ARIANA GRANDE FEAT.BIG SEAN
THE PERFECT LIFE - MOBY FEAT.WAYNE COYNE

STAFF| 17:07 | カテゴリー:Records

2014年01月02日

【1/2 オンエア曲リスト】(I CAN'T GET NO)SATISFACTION - ROLLING STONES、ほか

あけましておめでとうございます!今年もBEAT PLANETをよろしくお願いします!

今年、2014年の一大トピックになること間違いなし!ザ・ローリング・ストーンズの来日公演が、2月26日、3月4日、3月6日の3日間開催されます!ライブへの期待を込めて、2014年最初の放送である今日は「ザ・ローリング・ストーンズ来日公演・1曲目を勝手に大予想」と題し、様々な方に「初日の1曲目」を予想していただきました。

まず最初は、結成30周年記念の日本武道館公演を1月12日に控えた怒髪天!ボーカルの増子直純さんとギターの上原子友康さんに伺いました。増子さん曰く、「ミックが言ってたのよ、“怒髪天結成30周年記念で武道館やるから、俺らも行くわ”って。“せっかくだから友康の誕生日(※2月26日)に初日合わせるよ”って」(笑)そんな彼らがストーンズ来日公演・初日の1曲目に予想したのは…「START ME UP」!「チャーララ♪だね!間違いない!」(上原子さん)「俺ら当てにいくから!」(増子さん)

続いて登場してもらったのは、メジャー通算5枚目となるアルバム『Let It V』を1月15日にリリースするOKAMOTO'Sのみなさん!来日公演を楽しみにしているという彼らの中でも、一番のストーンズ・フリークはコウキさんなんだとか。ショウさんによると、中1の時にコウキさんから“これやろう”と勧められた「JUMPIN' JACK FLASH」がストーンズとの出会いだったそうです。さて、4人の1曲目予想は…なんと!こちらも「START ME UP」!「これ1曲目じゃないとダメでしょう!」(レイジさん)「ジャージャジャ♪」(ショウさん)「ジャージャジャ♪真っ向勝負です!」(ハマさん)

というわけで、「START ME UP」に2票入りました。怒髪天もOKAMOTO'Sも当てにきてる!そして、思わず歌ってしまう!!

そして、最後に生電話でお話を伺ったのは、日本が誇るザ・ローリング・ストーンズ公式フォトグラファー!有賀幹夫さんです。有賀さんには2012年、ストーンズのO2アリーナ初日公演を現地からレポートしていただきました。この時の1曲目は「I WANNA BE YOUR MAN」でしたね。ちなみに2013年ハイドパークでのライブでは2日間とも「START ME UP」、グラストンベリーでは「JUMPIN' JACK FLASH」でしたが…。ズバリ!有賀さんが予想する来日公演1曲目は…「(I CAN'T GET NO)SATISFACTION」!「正直、ズバリではないんですが、希望を込めて、ということで…。今ではアンコールで一番盛り上げる曲なんですけど、ハイドパーク(※この時もアンコールで演奏)からはちょっと変えてくるんじゃないかと思っています」とのこと。これまで、5度のストーンズ来日公演を撮影してきた有賀幹夫さん。「いつもギリギリにならないとわからない」ということでしたが、今回も公式フォトグラファーとして参加されることを期待しています!!

音楽ファンのみならず、アーティストたちにとっても待望のストーンズ来日公演。その1曲目は果たして…!?

「ザ・ローリング・ストーンズ 14 ON FIRE ジャパンツアー」は2月26日、3月4日、3月6日の3日間、東京ドームで開催です。チケットは1月18日から一般発売がスタート。みんなで心待ちにしましょう!!

Out of Our Heads - The Rolling Stones

<OA曲目リスト: 2014/1/2>

CELEBRATE - MIKA FEAT.PHARRELL WILLIAMS
BROWN SUGAR - ROLLING STONES
JOHN DOE - B.O.B FEAT.PRISCILLA
HYPERBALLAD - BJORK
YEAH YEAH - WILLY MOON
XO - BEYONCE
うれしくって抱きあうよ - YUKI
VIVA LA VIDA - COLDPLAY
歩きつづけるかぎり - 怒髪天
START ME UP - ROLLING STONES
THE EXTRAORDINARY - SCREAMING MALDINI
MY EVER CHANGING MOODS(12 VERSION) - STYLE COUNCIL
紅蓮の弓矢[紅白スペシャルSIZE] - LINKED HORIZON
風が知ってる - 赤い公園
BLOWIN'IN THE WIND - BOB DYLAN
NORTH SOUTH DIVIDE - JOHN LENNON MCCULLAGH
HAPPY BIRTHDAY - OKAMOTO'S
NEW SOUL - YAEL NAIM
(I CAN'T GET NO)SATISFACTION - ROLLING STONES
ユリイカ - サカナクション
SAFE AND SOUND - CAPITAL CITIES
BABY I - ARIANA GRANDE

STAFF| 18:40 | カテゴリー:Records


バックナンバー

カテゴリー