2013年09月30日

【9/30 オンエア曲リスト】LATCH - DISCLOSURE FEAT.SAM SMITH、ほか

大注目のUK出身ダンスユニット、ディスクロージャー。先日来日し、9月24日(火)にはアルーナジョージと共に超満員のリキッドルームを熱く盛り上げました。今日は、そんな彼らへの独占インタビューの模様をお送りしました!

今回の来日公演については「いいライブだったよ。てか、思ったよりも会場が大きくて驚いた。みんなのリアクションも大きくてダンスもしてくれたし、楽しかったよ!」とのことで、Facebookに、ステージから撮った写真を「私達は日本を愛してます!サイコー!」というキャプション付きでアップしています♪

現在22歳の兄、ガイと、19歳の弟、ハワードは、プロのミュージシャンである両親の元、幼い頃からガイはドラムを、ハワードはベースとピアノをやっていたという、ある意味エリート。最初は両親がかける音楽、70年代や80年代のポップ・ミュージックを聴いていたそうですが、そのうち趣味が分かれていって、ガイはヒップホップ、ハワードはシンガーソングライター系を聴くようになったのだとか。また、兄弟でユニットを組むことについても「悪いところはあんまりないと思っている。良いところは、兄弟なので遠慮せずに正直に意見を言えるので、曲作りがスムーズに進むことかな」と言うように、ツアー中だけでなく、普段一緒に過ごす時もとても仲が良いそうです。

彼らのデビュー・アルバム『セトル』には、イライザ・ドゥーリトル、ジェシー・ウェアのような既にブレイクしている人から、あまり知られていない新しいアーティストまでフィーチャーされています。「Latch」に参加しているサム・スミスに関しては、YouTubeにアップされている彼のパフォーマンスをマネージメントから見せてもらったことや、この曲の詞を書いているジミーの知り合いだったことがきっかけだとか。「想像以上に良かった」と語っていましたが、彼ら自身にプロデューサー的な要素があるのではないでしょうか?

「今後、音楽シーンも変わっていくと思うし、自分たちも同じことをずっとやりたくはない」という、これからが非常に楽しみなディスクロージャーのガイ(左)とハワード(右)。ありがとうございました!

Settle - Disclosure

<OA曲目リスト: 2013/9/30>

CHOCOLATE - 1975
HOW CRAZY ARE YOU? - MEJA
YOU'RE NOT THE ONLY ONE - JAMIE CULLUM
太陽の女神 - 家入レオ
VOCAL - PET SHOP BOYS
地獄でなぜ悪い - 星野源
APPLAUSE - LADY GAGA
TRYING TO BE COOL(REMIX) - PHOENIX FEAT.R.KELLY
RESPECT - ARETHA FRANKLIN
漁夫の利 - GONTITI
HARD LUCK WOMAN - KISS
風は西から - 奥田民生
YOUNG FOLKS - PETER BJORN AND JOHN
EVERYBODY'S CHANGING - KEANE
STARTING OVER - SUPERFLY
LOSE YOURSELF TO DANCE - DAFT PUNK FEAT.PHARRELL WILLIAMS
WE ARE YOUNG - FUN.
20TH CENTURY BOY - T REX
L.A. CALLING - CRYSTAL FIGHTERS
せぷてんばぁ - CRAZY KEN BAND
BREAKFAST CAN WAIT - PRINCE
WHITE NOISE - DISCLOSURE FEAT.ALUNA GEORGE
LATCH - DISCLOSURE FEAT.SAM SMITH
THE PERFECT LIFE - MOBY
SHAKE IT OUT - FLORENCE + THE MACHINE
僕はきっと旅に出る - SPITZ

STAFF| 16:57 | カテゴリー:Records

2013年09月26日

【9/26 オンエア曲リスト】Havana Brown "J-WAVE BEAT PLANET Exclusive Mix"、ほか


今日の番組では、月イチでお届けしているハヴァナ・ブラウンの「J-WAVE BEAT PLANET Exclusive Mix」の最新Mixをオンエアしました!今回のミックスはいかがでしたでしょうか?

今回のセレクトは最近のポップヒットチューンが多くセレクトされていましたね。今月MVが出て2週間ちょっとで1億5000万回以上の再生数を数えるマイリー・サイラスの「WRECKING BALL」や、ブリトニーの新曲「WORK B**CH」も早速ミックスされていました。また、ネクスト・マライアとも言われるUSの20歳、アリアナ・グランデの「THE WAY feat MAC MAC MILLER」もセレクト。今後注目のアーティストかもしれません。ぜひチェックを!

さて、今回もハヴァナの新曲「FLASHING LIGHTS」が入っていました(今回はオリジナルのバージョンでしたね)。で、この曲が入った彼女のデビューアルバム『FLASHING LIGHTS』が来月リリース決定!今までシングルのみのリリースでしたが、それらがぎゅっと詰まった内容になりそうです。まとめて聴くとアガりすぎるかも!?楽しみです!


<Havana Brown "J-WAVE BEAT PLANET Exclusive Mix" アーカイブ>

4月25日 OA分
5月29日 OA分
6月26日 OA分
7月29日 OA分
8月20日 OA分

Havana Brown

<OA曲目リスト: 2013/9/26>

KIDS - MGMT
A LIGHT THAT NEVER COMES - LINKIN PARK/STEVE AOKI
SAY YOU'RE JUST A FRIEND - AUSTIN MAHONE FEAT.FLO RIDA
ピエロチック - さかいゆう FEAT.秦基博
SETTLE DOWN - NO DOUBT
FIGHT FOR YOUR RIGHT TO PARTY - 木村カエラ WITH KISSES TO CSS
ALL COLOURFUL - GIOVANCA
ONE ON ONE - DARYL HALL AND JOHN OATES
ソラニン - ASIAN KUNG FU GENERATION
DONDADA - DONPUB FEAT.ATSUSHI HORIE
THE MOTHER WE SHARE - CHVRCHES
I WISH - CHER LLOYD FEAT.T.I.
RAPTURE - ALICIA KEYS
TKO - JUSTIN TIMBERLAKE
POPULAR SONG - MIKA FEAT.ARIANA GRANDE
ギブス - 椎名林檎
LEGACY - MANSUN
その先の景色を - SALLEY

−− Havana Brown "J-WAVE BEAT PLANET Exclusive Mix" #6 −−
BURN - ELLIE GOULDING
THE WAY(UPTEMPO EDIT) - ARIANA GRANDE FEAT.MAC MILLER
TREASURE(CASH CASH VOCAL MIX) - BRUNO MARS
CRAZY KIDS - KESHA
WILD CHILD - ELEN LEVON
WRECKING BALL - MILEY CYRUS
FLASHING LIGHTS - HAVANA BROWN
WORK B**CH - BRITNEY SPEARS

DON'T WANNA - DB CLIFFORD
故郷のうしろ姿 - キムウリョンと45トリオ

STAFF| 17:48 | カテゴリー:Records

2013年09月25日

9月もハヴァナ・ブラウンのBEAT PLANET EXCLUSIVE MIXをON AIR!


毎月お届けしているハヴァナ・ブラウンのBEAT PLANET EXCLUSIVE MIX、今月は明日、9月26日(木)にオンエアします!

4月5月6月7月8月のMIXに引き続き、今回もまたまた昼からアガっちゃうセレクト&MIX。

世界のアーティストから引っ張りだこの美人DJハヴァナ。彼女の、この番組でしか聴けないオリジナルMIX、今月もどうぞお楽しみに!

Havana Brown

ハヴァナ・ブラウン 日本オフィシャルサイト
http://www.universal-music.co.jp/havana-brown

J-WAVE BEAT PLANET オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

J-WAVE BEAT PLANET オフィシャルFacebookページ
https://www.facebook.com/BeatPlanet813

STAFF| 19:35 | カテゴリー:エトセトラ

2013年09月25日

【9/25 オンエア曲リスト】REMEMBER ME - くるり、ほか

まもなく、メジャーデビュー15周年を迎えるくるり。これを記念して、10月23日にシングル「Remember me」をリリース、さらに11月には『15th Anniversary くるり「Remember me」リリースツアー 〜モチを投げます〜』を行います。

そんな、くるりが9月22日(日)、今回で7年目を迎えたくるり主催の音楽フェス『京都音楽博覧会2013 IN 梅小路公園』を行いました。今日のオンエアで、この“音博”のライブレポートをお送りしましたので、その内容を一部ご紹介します。今回の全国ツアーの予習にお役立てくださ〜い!

===================

ようやく陽が傾いてきた午後5時半。大トリのくるりがクラシカルなジャケットに蝶ネクタイといったいでたちで登場。メンバーはくるりプラス、BOBO、高田漣、権藤知彦、鈴木政人というフルラインナップ。「グッドモーニング」ではファンファンのトランペットと権藤のユーフォニアムが呼吸するように空間を彩り、高田のペダルスチールが涼しくなってきたフィールドを心地よく流れていく。少し久しぶりのナンバーが続いた後は、岸田が“音博”始まって以来、初めて遅刻してしまったと告白。(スマートフォンのOSをアップデートしていたらアラームが鳴らなかった)人気曲「ばらの花」、極上のバンドアンサンブルで進化した印象の「ARMY」と続く。充実した表情の岸田が「毎回、くるりのライブの記憶はないんです。でも、今年はやってて一番楽しくて、あと少しですけど、最後まで楽しんで帰ってください」と感謝を述べ、メジャーデビュー15周年記念シングルとして10月にリリースされる「Remember me」が慈しむように演奏された。すっかり夜の色合いに会場が染まる頃には「ロックンロールハネムーン」など、くるり流ダンスタイムへ突入。再びMCで、京都の駅から近く、住宅も隣接するこの公園で7年もイベントを続けてこられたことを、公園関係者やお隣の水族館のイルカにも(!)感謝。「個人的には1000年ぐらい続けたい」の一言に拍手が起こった。そして本編ラストは、そんな思いも込められた「奇跡」。そのままアンコールの「宿はなし」で、約7時間半に及んだ7回目の京都音楽博覧会は幕を閉じた。

===================

Remember me - くるり

<OA曲目リスト: 2013/9/25>

ばらの花 - くるり
YOU MAKE ME - AVICII
MUSIC TO MAKE BOYS CRY - DIANA VICKERS
WHAT DOESN'T KILL YOU - JAKE BUGG
ENTERTAINMENT - PHOENIX
JUST DO YOU - INDIA.ARIE
REMEMBER ME - くるり
COMING TO LIFE - MICHAEL FRANKS
SPRING OF LIFE - PERFUME
きらきら武士 - レキシ FEAT.DEYONNA
ROCK N ROLL - AVRIL LAVIGNE
DETROIT CITY - TEXAS
ワールズエンド スーパーノヴァ - くるり
CALLING YOU - JEVETTA STEELE
SHE - ELVIS COSTELLO
地獄でなぜ悪い - 星野源
HERE FOR NOW - BAH SAMBA
FIDELITY - REGINA SPEKTOR
ブレーメン - くるり
ロックンロール ハネムーン - くるり
ALL DAY AND ALL OF THE NIGHT - GISELE BUNDCHEN
HOLD ON WE'RE GOING HOME - DRAKE FEAT.MAJID JORDAN
夜の想い - FISHMANS
長い夢 - YUKI

STAFF| 14:18 | カテゴリー:Records

2013年09月24日

【9/24 オンエア曲リスト】A DAY IN THE LIFE - BEATLES、ほか

今週末の9月28日(土)から、映画『ビートルズと私』がシネマート六本木ほかで公開されます。

1週間限定での公開となるこの映画は、ビートルズの大ファンであるシンガーソングライターのセス・スワースキーが8年の歳月をかけたという作品。ジョン、ポール、ジョージ、リンゴを知る世界各地の関係者たちへインタビューし、ラストシーンではそれぞれが一番好きなメンバー名と曲も公開!ブライアン・ウィルソン(ビーチボーイズ)、アート・ガーファンクル、デイビー・ジョーンズ(モンキーズ)、ジョン・ヴォイト、スモーキー・ロビンソン、スザンナ・ホフス(バングルス)、さらにそれぞれの時代のエンジニアやアシスタントまで登場します。ビートルズ愛に溢れるエピソードが満載のロード・ムービー・ドキュメンタリー。ビートルズ・ファンならずとも、音楽ファンとしてぜひ観ていただきたい!そんな内容です。

今日はリスナーの皆さんからも“ビートルズの好きなメンバー&好きな曲”をたくさんお寄せいただきましたが、サッシャのお気に入りは?「難しいね!思い入れということなら…やっぱりリンゴかな。BEAT PLANETでインタビューさせていただいちゃったんだもん!名前まで!IDまで!」 そして好きな曲は「A DAY IN THE LIFE」をセレクト。「ジョンとポールが交互に歌うんだけど、ジョンのシニカルな部分…ネガティブな方向に進みそうなところをポールが大丈夫だよ〜!とポジティブな感じでまとめてくる。これがお気に入り」だとか。皆さんならどの曲を選びますか?

いよいよ11月にポール・マッカートニーが来日公演を行います。その前に映画を観ておくと、ライブではまた違った発見があるかも!?詳細、予告編などは『ビートルズと私』公式サイトをチェック!

Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band - The Beatles

<OA曲目リスト: 2013/9/24>

CHARLIE BROWN - COLDPLAY
IT DOESN'T STOP - MAIA HIRASAWA
NEVER GO BACK - US3 FEAT.KCB/TUKKA
TRAVELLER - MONKEY MAJIK
YEAH YEAH - WILLY MOON
HAPPY PILLS - NORAH JONES
小さな生き物 - SPITZ
AM I THE SAME GIRL - SWING OUT SISTER
INSTANT CRUSH - DAFT PUNK
STREET DREAMS - ZEEBRA
RIGHT NOW - RIHANNA FEAT.DAVID GUETTA
『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』KS_REMIX - サカナクション
MATERIAL GIRL - MADONNA
DISTANCE - JUJU
THE PERFECT LIFE(RADIO EDIT) - MOBY
MY GIRL - TEMPTATIONS
WINGS - LITTLE MIX
赤い実 - スガシカオ
EASY - SHERYL CROW
A DAY IN THE LIFE - BEATLES
NEW - PAUL MCCARTNEY
STARTING OVER - SUPERFLY
LA LA LA - NAUGHTY BOY FEAT.SAM SMITH
BABY - JOE

STAFF| 19:59 | カテゴリー:Records

2013年09月19日

【9/19 オンエア曲リスト】WINGS - LITTLE MIX、ほか

今日は、UKのスーパー・ガールズ・グループリトル・ミックス(ペリー、レイ・アン、ジェイド、ジェシー)のインタビューをお送りしました!

人気オーディション番組『Xファクター』で、番組史上初となるグループ優勝を果たしたリトル・ミックス。“次のスパイス・ガールズ”とも言われていますが、過去のガールズ・グループから学ぶことはあるのでしょうか?「いろんな影響を受けているわ。もちろん、スパイス・ガールズからもね。女の子たちが一つになって突き進んでいるし、個性を大切にしているわ。他には、アン・ヴォーグのボーカル力やハーモニーで勝負するところ。私たちもボーカル・グループだと思っているので」

日本滞在中は、原宿で洋服をたくさん買ったり、猫カフェに行ったり、美味しい神戸牛やお寿司も堪能したそうです。そして、お気に入りはやはり…?「日本のファッション!個性的でクレイジーよね。そういう格好をするのが大好きだから私たちにぴったりなの。雑誌を開けるたびに全部欲しくなっちゃう!」とキュートなガールズ・トーク♪ そして「日本にもこんなにたくさんの“ミキサーズ”(リトル・ミックスのファン)がいてくれて驚いてる。最高のファンよ!」と嬉しそうに語ってくれました。メッセージは?「日本のファン、ベリー・カワイイ!大好きです!みんな自分らしくネ♪」

とても礼儀正しく、プロとしての姿勢が印象的だったリトル・ミックス。これからますます注目されること間違いなしです!最後にサッシャとパチリ♪ また遊びに来てくださいねー!

DNA - Little Mix

<OA曲目リスト: 2013/9/19>

UNDER COVER OF DARKNESS - STROKES
GIRLFRIEND - ICONA POP
赤い実 - スガシカオ
GIMME - BECK
MOON LIGHT LOVER - サザンオールスターズ
WAKE ME UP! - AVICII
MAN ON THE MOON - R.E.M.
1MM - PERFUME
ELEANOR RIGBY - BEATLES
CHASING PAVEMENTS - ADELE
さよならリグレット - くるり
HOW DOES IT FEEL(CRADLE ORCHESTRA REMIX) - GIOVANCA
THE PERFECT LIFE - MOBY
ALL DAY AND ALL OF THE NIGHT - GISELE BUNDCHEN
ARABELLA - ARCTIC MONKEYS
LE FREAK - CHIC
その先の景色を - SALLEY
LAST GOODBYE - JEFF BUCKLEY
THE MOTHER WE SHARE - CHVRCHES
HOW YA DOIN'? - LITTLE MIX FEAT.MISSY ELLIOTT
WINGS - LITTLE MIX
STARTING OVER - SUPERFLY
WALKING IN THE SUN - TRAVIS
TRYING TO BE COOL - PHOENIX FEAT.R.KELLY

STAFF| 14:58 | カテゴリー:Records

2013年09月18日

【9/18 オンエア曲リスト】BELIEF 〜春を待つ君へ〜 - FLUMPOOL×MAYDAY、ほか

今日は、台湾の音楽シーンから世界に飛び出したMaydayの4人(ASHIN、MONSTER、STONE、MASA ※残念ながらMINGは体調不良で来日することができませんでした)のインタビューをお送りしました!

アジアのスーパーグループMaydayは、あの、北京オリンピック開会式の会場となった「鳥の巣スタジアム」で昨年ライブを行い、そのチケット20万枚(!?)を即日完売させたという人気っぷり。中国ではコンサート会場から出る時に、彼らの乗った車にファンが押し寄せて車体が持ち上がったこともあるとか!そんなMayday、来年でデビュー15周年を迎えるというこのタイミングで、本格的に日本デビューを果たします。「今、すごく新鮮な感じがしています。こんなに過密スケジュールでプロモーションするのは久しぶり。スタッフや事務所の人たち、そしてファンの皆さんにも感謝しています」と、とても真摯なコメント。日本では居酒屋に行ってビールと焼き鳥を楽しむのがお気に入りだそうです!

10月2日に、flumpool×Maydayとして「Belief 〜春を待つ君へ〜」がリリースされます。日本語で歌った感想は「想像していたよりは簡単でした。(flumpoolの)隆太が先に歌って、それに続けて歌ったんですが、彼の指導のおかげですよ」とのこと。(本当に上手です!!)また、この楽曲は映画「おしん」の主題歌にも決定していますが、「おしん」は台湾でも知らない人はいないぐらい有名なんですって!

11月にMayday初の日本版ベストアルバムがリリース、さらに来年1月には来日公演も決定しています。今後、本格的な日本での活動がますます期待される彼らから、意気込みとメッセージを伺いました。「J-WAVEさん、今日はこういうチャンスをくださってありがとうございます。日本の皆さん、もしよければ僕らのオフィシャルYouTubeにMVがアップされているので観てくださいね。ASHINの日本語Twitterもありますので、是非チェックしてみてください!」

Mayday

<OA曲目リスト: 2013/9/18>

TODAY - JAZZTRONIK FEAT.GIOVANCA
DARK HORSE - KATY PERRY
風は西から - 奥田民生
SHOT AT THE NIGHT - KILLERS
ソラニン - ASIAN KUNG FU GENERATION
DISTANCE - JUJU
CHANGING OF THE SEASONS - TWO DOOR CINEMA CLUB
KEEP ON LOVIN' YOU - WE ARE TWIN
銀河 - 原田郁子
WINGS - LITTLE MIX
綺麗な首飾り - BLANKEY JET CITY
LATCH - DISCLOSURE FEAT.SAM SMITH
寝ても醒めても - FLEX LIFE
LONELY HEARTS - 加藤ミリヤ
PLEASE PLEASE ME - BEATLES
IT'S MY PARTY - JESSIE J
TRAIN IN VAIN - CLASH
RILL RILL - SLEIGH BELLS
I STAND ALONE - ROBERT GLASPER EXPERIMENT FEAT.COMMON/PATRICK STUMP
OAOA(今こそが永遠) - MAYDAY
BELIEF 〜春を待つ君へ〜 - FLUMPOOL×MAYDAY
THE MOTHER WE SHARE - CHVRCHES
月の裏で会いましょう - ORIGINAL LOVE

STAFF| 21:48 | カテゴリー:Records

2013年09月17日

【9/17 オンエア曲リスト】WHY'D YOU ONLY CALL ME WHEN YOU'RE HIGH? - ARCTIC MONKEYS、ほか

9月4日に待望のニューアルバム『AM』をリリースしたアークティック・モンキーズの最新インタビューをお送りしました!

今回リリースされた5枚目のアルバム『AM』は、勢いだけじゃなく味わいもある感じ。さらに、オーソドックスであり、ちょっと実験的でもある…。今までに聴いたことのなかったタイプの曲がズラリ!「確かに実験的な要素っていうのはあると思う。違った二つの面が衝突するっていうか、スイートでメロディアスな面と70年代ロックン・ロールの、あの高音のほとんどオペラみたいなヴォーカルがさ。サウンドに関して言えば、俺達にとって最もオリジナルな内容のアルバムだと思う」(アレックス) また、インスピレーションを受けた音楽については、メンバーが毎日聴いているような70年代のロックに加え、もっとコンテンポラリーなR&Bにも影響を受けているそう。「俺が夢中になったアルバムがあって、マイケル・チャップマンっていう男性アーティストで、アルバムは『フリー・クオリファイド・サバイバー』。俺はこのアルバムのムード…歌詞にすごく共感してさ。それが、今作の歌詞にかなりの影響を与えてるんだ」(アレックス) さらに『トランスフォーマー』の影響も入っているとか。「あのアルバムは少し…薄汚い感じがある。ああいったクオリティも欲しかったんだ」(アレックス)

最後に、アルバム『AM』の正しい(?)聴き方を伝授してくれました。「どこで聴くべきかっていうと、車の中で大音量でだ」(アレックス)「このアルバムは音響システムがよくないと駄目だ。そう、車の中でサブウーファーを通して楽しむのが一番だ」(マット) 是非、ご近所迷惑にならない程度に、最大出力で楽しんでください!インディーズとしては初の、5枚連続UKチャート1位を獲得した作品です!!

AM - Arctic Monkeys

<OA曲目リスト: 2013/9/17>

WHAT ABOUT LOVE - AUSTIN MAHONE
CHANGE YOUR LIFE - LITTLE MIX
赤い実 - スガシカオ
WORK B**CH - BRITNEY SPEARS
同じ空の下 - 高橋優
MAYBE TOMORROW - STEREOPHONICS
SAY YOU'RE JUST A FRIEND - AUSTIN MAHONE FEAT.FLO RIDA
ありったけの愛 - THEATRE BROOK
REFLEKTOR - ARACADE FIRE
JUST THE WAY YOU ARE - ゴスペラーズ
DISTANCE - JUJU
ALONE AGAIN(NATURALLY) - GILBERT O'SULLIVAN
APPLAUSE - LADY GAGA
風は西から【生演奏】 - 奥田民生+亀田誠治
BELIEF〜春を待つ君へ〜 - FLUMPOOL×MAYDAY
GIVE ME THE NIGHT - GEORGE BENSON
WHY'D YOU ONLY CALL ME WHEN YOU'RE HIGH? - ARCTIC MONKEYS
R U MINE? - ARCTIC MONKEYS
BI LI LI EMOTION - SUPERFLY
SAY SOMETHIN - AUSTIN MAHONE
DOESN'T REALLY MATTER - JANET JACKSON

STAFF| 14:29 | カテゴリー:Records

2013年09月12日

【9/12 オンエア曲リスト】THE MOTHER WE SHARE - CHVRCHES、ほか

今日は、グラスゴー出身の注目バンド、CHVRCHES(チャーチズ)への電話インタビューの模様をお届けしました。先月のサマーソニックに出演し、「この夏は日本で最高の時を過ごした」という彼ら。来日中は渋谷に連れて行ってもらい、東急の屋上でフットサルを楽しんだそうです。

待望のデビューアルバム『The Bones Of What You Believe』は、「僕らがバンドとしてスタジオに入った最初の日からのまとめみたいな感じ。深くて、感情的な曲の集合」だそう。9月25日のリリースが楽しみです!日本のファンに向けて、「僕達の曲を聴いてくれてホントに嬉しいよ。なるべく早く日本に戻ってくるからね。アリガトー♪」とメッセージをくれました。

楽しみといえば!CHVRCHESがシカゴで行ったライブが日本時間の今日、ストリーミング配信されましたが、明日、再放送されることが決定!彼らのパフォーマンス、必見ですよ!

◆URL
https://www.evntlive.com/#!/event/1000555

◆再放送予定
日本時間:9月13日 14:00〜、17:00〜、23:00〜
(配信スケジュールは予告なく変更される場合があります)

The Bones of What You Believe - CHVRCHES

<OA曲目リスト: 2013/9/12>

TORN - NATALIE IMBRUGLIA
BITTER RIVALS - SLEIGH BELLS
I KNOW YOU WANT ME(CALLE OCHO) - PITBULL
WAIT FOR ME - KINGS OF LEON
JUMP(FOR MY LOVE) - GIRLS ALOUD
小さな生き物 - SPITZ
GIRLFRIEND - MATTHEW SWEET
HEY YA! - OUTKAST
TIARE HERE - TEIVA LC
FOLLOW ME - UNCLE KRACKER
YOU - 木村カエラ
GOODBYE KISS - KASABIAN
MYSTERY MAN - STRYPES
HAPPY - PHARRELL WILLIAMS
PUMPED UP KICKS - FOSTER THE PEOPLE
サブリナ - 家入レオ
WHAT A WONDERFUL WORLD - LOUIS ARMSTRONG
ROCK WITH YOU - SONPUB FEAT.SIMON
YEAH 3X - CHRIS BROWN
SAY YOU'RE JUST A FRIEND - AUSTIN MAHONE FEAT.FLO RIDA
GUN - CHVRCHES
THE MOTHER WE SHARE - CHVRCHES
SEWN - FEELING
転がる岩、君に朝が降る - ASIAN KUNG FU GENERATION

STAFF| 14:52 | カテゴリー:Records

2013年09月11日

【9/11 オンエア曲リスト】BOOM! - MAIA HIRASAWA、ほか


今日は9.11。アメリカ同時多発テロから12年が経ちました。12年前のあの日、私は、現実感のない恐ろしい光景を朝まで見続けた後、目に見えない大きなものに何かを奪われてしまった気がします。みなさんはどのように感じていますでしょうか?

今日のミュージックシェアは、そんな9.11に際しての曲が多く届きました。1曲ご紹介します。

■ラジオネーム: 福笑さん

911から12年。
311からも2年6カ月。

月日が経つのは早いです。

震災後救われた曲は、以前にもかけて頂いたMaia Hirasawa の Boom! です。
CM、ラジオで耳にする度に、元気をもらいました。

元気や勇気、癒やしなど、様々な力を与えてくれる音楽。生み出し続けるアーティストのみなさんに、本当に心から感謝です。

「力になってくれる曲」のミュージックシェアも、ぜひお送りくださいね。

Boom - Maia Hirasawa

<OA曲目リスト: 2013/9/11>

WHY CAN'T WE BE FRIENDS - SMASH MOUTH
HEY NOW - MARTIN SOLVEIG/CATARACS FEAT.KYLE
THE ONE - TAMAR BRAXTON
BELIEF〜春を待つ君へ〜 - FLUMPOOL×MAYDAY
EVERYBODY HURTS - R.E.M.
1MM - PERFUME
2020 - TRICERATOPS
BOOM! - MAIA HIRASAWA
JIMMY - M.I.A.
テレフォン ラヴ - 曽我部恵一
NO MORE - GIOVANCA
CHOCOLATE - 1975
風は西から - 奥田民生
GIRLFRIEND - ICONA POP
BRAZILIAN LOVE AFFAIR - GEORGE DUKE
GIVE PEACE A CHANCE - JOHN LENNON
LIFTED - NAUGHTY BOY FEAT.EMELI SANDE
I CAN'T WAIT - NU SHOOZ
WINGS - LITTLE MIX
SEPTEMBER - AROUND THE WAY
LIGHTS ARE OUT - MAIA HIRASAWA
COOL - LE YOUTH
YOU'VE GOT THE LOVE - FLORENCE + THE MACHINE
TRYING TO BE COOL(REMIX) - PHOENIX FEAT.R.KELLY
FLOWER - 吉井和哉
ハナミズキ - 一青窈

STAFF| 16:55 | カテゴリー:Records

2013年09月10日

【9/10 オンエア曲リスト】ロビンソン - ゴスペラーズ、ほか


今日は、ゴスペラーズのお二人、黒沢さんと酒井さんにスタジオにお越しいただきました!

ゴスペラーズ(黒沢さん、酒井さん)

今月25日に初のカバーアルバム『ハモ騒動 〜The Gospellers Covers〜』をリリースするゴスペラーズ。カバー曲はデビュー当時からやっていたものの、アルバムは初めて。意外にも「オリジナルアルバムよりも大変だった」(黒沢さん)だそうで、ミーティングに次ぐミーティング、そしてデモを録って聴いてみて、ゴスペラーズにあうか考えてみて、の繰り返しでアルバム制作が行われたようです。その中でもスピッツの「ロビンソン」や、酒井さんがカラオケでよく歌っていた米米CLUBの「TIME STOP」は、比較的すんなり決まったようです。また、1曲目の「猫騒動」については「1933年の曲で、ステージでやるとくすくす笑っちゃいそう。でも、音楽ってこういうもんなんじゃないかと」と酒井さん。これはライブが楽しみですね。

そのライブですが、いよいよ10月から、全国43ヶ所をめぐるツアー「ゴスペラーズ坂ツアー2013〜2014“ハモ騒動”」がスタート。黒沢さんは「年に1回しか行けないお店もあるからね〜」と、(やっぱり?)カレーが楽しみのご様子でした^^ 長丁場、頑張ってください!

<OA曲目リスト: 2013/9/10>

MOVING - TRAVIS
OOH LA LA - BRITNEY SPEARS
SAFE AND SOUND - CAPITAL CITIES
REFLEKTOR - ARCADE FIRE
湘南SEPTEMBER - サザンオールスターズ
HEAVEN - EMELI SANDE
ATLAS - COLDPLAY
BLURRED LINES - ROBIN THICKE FEAT.T.I./PHARRELL
HAPPY TO SEE YOU - GYPSY QUEEN
WAKE ME UP! - AVICII
ALL NIGHT - ICONA POP
BELIEVE - LENNY KRAVITZ
その先の景色を - SALLEY
BERZERK - EMINEM
LOTUS FLOWER - RADIOHEAD
虹を待つ人 - BUMP OF CHICKEN
BURN - ELLIE GOULDING
黄昏サラウンド - RIP SLYME
ロビンソン - ゴスペラーズ
JUST THE WAY YOU ARE - ゴスペラーズ
DON'T SAVE ME - HAIM
NEW - PAUL MCCARTNEY

STAFF| 16:58 | カテゴリー:Records

2013年09月09日

【9/9 オンエア曲リスト】PUSH UPSTAIRS - UNDERWORLD、ほか

ついに2020年のオリンピック・パラリンピック開催地が東京に決まりましたね!世界中からやってくる、そして日本国内から選ばれたトップ・アスリートたちの躍動に日本中が毎日釘付けとなることでしょう。7年後を目指して、果たしてどの選手が檜舞台に立つのか。若手の活躍に今から期待しちゃいます!

さて、今日のピックアップはUNDERWORLD。昨年のロンドン五輪開会式の音楽監督を見事に努めましたね。あのイギリスのミュージック・シーンの歴史を紐解く構成、そして各アーティストたちのパフォーマンス…。感動が蘇ってきますね。閉会式を含めて、あのセレモニーで好きになったアーティストを見つけた方も多いのでは?全世界に中継・配信される影響力の強い開会式、閉会式。さて、東京は果たして誰が務めることになるのでしょうか?サッシャも今日言っていましたが、我らが亀田誠治さんになるといいなと思ってます!

アスリートの活躍に負けないくらい、日本のアーティストたちの熱のこもったパフォーマンス、期待しましょう!

Beaucoup Fish - Underworld

<OA曲目リスト: 2013/9/9>

LOVERS IN JAPAN - COLDPLAY
THE MOTHER WE SHARE - CHVRCHES
この世は不思議 FEAT.原由子、横山剣、椎名林檎、さかいゆう - 冨田ラボ
OH SWEET LORRAINE FEAT.JACOB COLGAIN&FRED - GREEN SHOE STUDIO
東京 - MR.CHILDREN
PUSH UPSTAIRS - UNDERWORLD
LIVE WHILE WE'RE YOUNG - ONE DIRECTION
LIEBE IST MEINE REBELLION - FRIDA GOLD
LOVE COMES TO EVERYONE - GEORGE HARRISON
SEVEN NIGHTS SEVEN DAYS(RADIO EDIT) - FRATELLIS
どっかんマーチ - 怒髪天
JUST THE WAY YOU ARE - ゴスペラーズ
TRYING TO BE COOL(REMIX) - PHOENIX FEAT.R.KELLY
DAYDREAM BELIEVER - ONDA VAGA
WHAT AM I TO YOU - NORAH JONES
HERE,THERE AND EVERYWHERE - BEATLES
風は西から - 奥田民生
BESHI - KREVA
APPLAUSE - LADY GAGA
BRAVE - ナオト インティライミ
ピースとハイライト - サザンオールスターズ
ROAR - KATY PERRY
WILDFIRE - JOHN MAYER
GOOD TIME - OWL CITY/CARLY RAE JEPSEN
SUBURBS - ARCADE FIRE

STAFF| 22:19 | カテゴリー:Records

2013年09月05日

【9/5 オンエア曲リスト】SONG 2 - BLUR、ほか

夏フェスシーズンが終わり、ライブはもうお腹いっぱいだーという方、多いのではないでしょうか?が!この秋〜冬にかけて、注目の来日公演がたくさん控えているのをご存知でしょうか?今日のオンエア曲のアーティストではポール・マッカートニーを始めとして、ブラーアリシア・キーズジャスティン・ビーバーが日本やってきます。ポール以外はすべて一夜限りの来日公演。ポールの東京ドーム3連チャンも、これ、あっという間に埋まっちゃうんじゃないでしょうか?プレミアチケット必至です。

そしてもちろん、これだけではありません!主なアーティストをざっと挙げると…(完売除く)

バックストリート・ボーイズ、スエード、キラーズ、KE$HA、LOUD PARKでストーン・テンプル・パイロッツ(以上クリエイティブマン)、プライマル・スクリーム、フランツ・フェルディナンド、エルヴィス・コステロ、CSS、ルミニエーズ、ストライプス、デジタリズム、electraglideでジェイムス・ブレイク、2manydjs、!!!(chk chk chk)(以上スマッシュ)、キッス、ボン・ジョヴィ、ボズ・スキャッグス、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース(以上ウドー)、ナイル・ロジャース&シック、スティーヴ・ガッド、パティ・オースティン(以上ブルーノート東京)、マンハッタン・トランスファー、ボビー・コールドウェル、アシャンティ、ベリンダ・カーライル、デ・ラ・ソウル、クール&ザ・ギャング、エア・サプライ(以上ビルボードライブ東京)、などなどなど。

これ、全部半年以内に来るアーティストですからね(日本って凄い)。お金がいくらあっても足りません…。でも、一夜のライブはあなたの大事な人生の一部になるかもしれません。見逃しご注意をー!

blur - blur.jpg

<OA曲目リスト: 2013/9/5>

SONG 2 - BLUR
小さな生き物 - SPITZ
EASY - SHERYL CROW
OH SWEET LORRAINE(FEAT.JACOB COLGAN&FRED STOBAUGH) - GREEN SHOE STUDIO
BEAUTY AND A BEAT - JUSTIN BIEBER FEAT.NICKI MINAJ
ハロー ハロー - SUPERFLY
GEORGY PORGY - TOTO
HEY TAGGER,I'M HERE - SOIL AND PIMP SESSIONS FEAT.BONNIE PINK
BURNING HEART - SURVIVOR
HOLIDAY - DJ DECKSTREAM FEAT.三浦大知
SE A VIDA E(THAT'S THE WAY LIFE IS) - PET SHOP BOYS
風は西から - 奥田民生
NEW - PAUL MCCARTNEY
LIEBE IST MEINEREBELLION - FRIDA GOLD
どっかんマーチ - 怒髪天
SUPERSTAR - SONIC YOUTH
ALWAYS - 斉藤和義
FADE LIKE A SHADOW - KT TUNSTALL
STARS - SIMPLY RED
WHY'D YOU ONLY CALL ME WHEN YOU'RE HIGH - ARCTIC MONKEYS
SNAP OUT OF IT - ARCTIC MONKEYS
アイタイ - スガシカオ
NO ONE - ALICIA KEYS
TAKE BACK THE NIGHT - JUSTIN TIMBERLAKE
明日晴れるかな - 桑田佳祐

STAFF| 21:13 | カテゴリー:Records

2013年09月04日

【9/4 オンエア曲リスト】HOW DOES IT FEEL(STUDIO LIVE) - GIOVANCA、ほか

今日は、ニューアルバム『サテライト・ラヴ』を先月リリースしたオランダの歌姫、ジョヴァンカが登場!インタビューの模様をお届けしました。

「私、半分日本人よ」と言うほど、日本が大好きなジョヴァンカ。「日本の友人のことは母が違うだけの兄弟って呼んでるし、お弁当も食べるし、自分の名前の入ったPASMOだって持ってるし、ハチ公バスにも乗るし。花火だって行くのよ。みんながやっていることは全部やってるわ!」…ワオ!この日本人っぷり!ってことは日本語も?「日本語はとってもラヴリー!好きな日本語は“ナンダロ?”。日本人スタッフが私に何か説明する時にいつも“ウーン、ナンダロウ…”って言うのよ。前から気になってたんだけど、今は意味がわかったわ。気に入ってるから、今度ステージで“皆さん、こんにちは。私はナンダロです”って言ってみようかしら。“ナンダロ”って曲を作ってみるのもいいわね」 キュートです!!

アルバムのタイトル『サテライト・ラヴ』について、「衛星を通じて宇宙人と愛し合う?という感じがするかもしれないけど、そういうことではないのよ(笑)遠くにいてもちゃんと想っている、という意味もあるし、離れている人たちがお互いにちゃんと気持ちを伝えましょう、っていうメッセージがあるの」とのこと。また今作では、本国オランダをベースに今勢いのあるプロデューサー・デュオ“ネルソン&ジョーサ”を起用していますが、「今回は“有機的な進化”っていうのを考えたの。そして、“自分な”アルバムを作りたかった。彼らとはすごく趣味も似ていて、まるで兄弟みたいな関係なの。周波数が同じって言ったらいいのかしら…。結果的に、完全に自分自身なアルバムができたと思うわ」と語っていました。

今回は、このニューアルバムから「HOW DOES IT FFEL」をスタジオで披露してくれました。ギターだけのシンプルなバージョンで聴く彼女の歌声も、本当に素敵でした!

最後に「日本の皆さんへ『サテライト・ラヴ』、そしてリアルなラヴを送ります。アリガト〜!」というメッセージを残してくれました。

楽しいトークと美しい歌、アリガト〜!とってもチャーミングなジョヴァンカでした!

SATELLITE LOVE - Giovanca

<OA曲目リスト: 2013/9/4>

WAKE ME UP! - AVICII
GIVE IT 2 U - ROBIN THICKE FEAT.KENDRICK LAMAR
イツナロウバ - KICK THE CAN CREW
PART OF YOUR WORLD - CARLY RAE JEPSEN
WE ARE GOLDEN - MIKA
WITHOUT ME - EMINEM
HOLD ON WE'RE GOING HOME - DRAKE FEAT.MAJID JORDAN
LA LA LA LOVE SONG - 絢香
MAGIC - D INFLUENCE
THE PERFECT LIFE - MOBY
WINGS - LITTLE MIX
BURN - ELLIE GOULDING
ラヴコリーダ - シシド カフカ
CHANGING OF THE SEASONS - TWO DOOR CINEMA CLUB
STAND UP FOR LOVE - DESTINY'S CHILD
FLOWERS - 山崎まさよし
DISTANCE - JUJU
IN A LITTLE WHILE - U2
NO MORE - GIOVANCA
HOW DOES IT FEEL(STUDIO LIVE) - GIOVANCA
JOY JOY JOY - OKAMOTO'S
YOU KNOW HOW TO LOVE ME - PHYLLIS HYMAN
ONE DAY - サニーデイ サービス

STAFF| 16:07 | カテゴリー:Records

2013年09月03日

【9/3 オンエア曲リスト】タユタ - 絢香、ほか

今日は、この夏の「J-WAVE LIVE」にもご出演いただいた絢香さんが登場!ニューアルバムのお話などたっぷりと伺いました!

明日9月4日に、初のカバーアルバム『遊音倶楽部〜1st grade〜』をリリースする絢香さん。カバーアルバムは、デビューした頃からいつか作りたいなと思っていたそうです。「活動再開後、一段落して、今後アーティストとしてまだまだ自分の引き出しを増やしていきたいな、と考えた時に、ライブではよくやっていたカバー曲を一歩踏み込んで“作品”にしたいと思ったんです。自分の気づいていないところで、もっと成長できる部分があるんじゃないかと…そういうところから、作ることになりました」 ちなみに、CDのライナーには「このアルバムを制作して想像以上にたくさんの学びや発見がありました」という絢香さん自身の言葉が“読書感想文”風に書かれていますが、ジャケット写真なども含め「学校」をイメージして制作されたそう。「これからずっと歌っていきたい。そういう意味では、まだ1年生(1st grade)ですから」

アルバムに収録されているのは、誰もが知っている名曲ばかり。曲選びについては「今回は、自分には書くことのできない曲、自分からは遠い曲っていうものを選曲しました」とのこと。そうやって選んだ曲をカバーして感じたことは「とにかく原曲が素晴らし過ぎて、あらためて感動!そして、嫉妬(笑)」だそうです。また、「オリジナルの世界観を持たせつつ、自分から曲に寄って行くという作業が難しくもあり、楽しかったですね。例えば、男性アーティストの曲をカバーする場合、一つキーが変わると、曲の表情っていうのが全然違うものになるんです。そこから、自分がオリジナルを作る時に、もっとキーの設定を探ると面白いなっていうことを学んだりしました」 他の人の曲を歌うという作業の中から、今後に生かしていけるたくさんの気づきがあったんですね。

9月5日からは、全国ツアー「絢香 LIVE TOUR 2013 Fortune Cookie〜なにが出るかな!?〜」がスタート!今回のカバーアルバムに入った曲はもちろん、ファンの方から募集した「ツアーで聴きたい曲」のリクエスト上位5曲も披露するそうです。ツアーの日程など、詳しくは絢香さんのオフィシャルサイトをチェックしてくださいね。

ということで、今後の活動がますます楽しみな絢香さんをゲストにお迎えしました!ありがとうございました!

遊音倶楽部〜1st grade〜 - 絢香

<OA曲目リスト: 2013/9/3>

TAKE BACK THE NIGHT - JUSTIN TIMBERLAKE
WHAT A SHAME - STRYPES
BI LI LI EMOTION - SUPERFLY
JUST THE WAY YOU ARE - ゴスペラーズ
ISN'T SHE LOVELY - STEVIE WONDER
DEAR MARIE - JOHN MAYER
その先の景色を - SALLY
栄光の架橋 - ゆず
BERZERK - EMINEM
WINGS - LITTLE MIX
GO LET IT OUT - OASIS
せつない胸に風が吹いてた - サザンオールスターズ
IT'S TRUE - QUEEN PEN
EASY - SHERYL CROW
情熱のカケラ - RAKE
真珠のピアス - 松任谷由実
BURN - ELLIE GOULDING
ミュージック - サカナクション
I GOT YOU - JACK JOHNSON
タユタ - 絢香
やさしさに包まれたなら - 絢香
HOW DOES IT FEEL - GIOVANCA
JAMAICA SONG - ハナレグミ

STAFF| 16:02 | カテゴリー:Records

2013年09月02日

【9/2 オンエア曲リスト】影武者 - 2CELLOS、ほか

今日は、音楽界のイケメン2トップ!2CELLOSのインタビューの模様をお届けしました!

何度も日本に来てくれているルカとステファン。二人で一緒に来日するのは今回で7回目、ルカは個人的にも来ているので9回目だそうです。日本の暑い夏にも「今回はずっとエアコンの効いたビルの中にいたから楽勝だよ。日本ほど湿度は高くないけど、クロアチアも結構暑いしね」と慣れた様子。

コールドプレイ、AC/DCなど、様々なロックをチェロ2本で再現している二人。来日前は、クロアチアで全国ツアーを行っていたそうですが、夏のロックフェスに出演することもあるのでしょうか?「今年の夏もいくつかオファーがあったんだけど、エルトン・ジョンと一緒にツアーで回ったりしていて、フェスは予定が合わなかったんだ。でも、そういうところで演奏するのは大好きで、自分たちは向いていると思うよ。お客さんがみんな“ロックしたい!”って感じで待ち構えているし、そんな中でやるのは最高だね」 是非、日本のフェスでも彼らの超絶プレイ、披露してほしいです!

オンエアでお届けした通り、今回、ジミ・ヘンドリックス「Purple Haze」のカバーを、BEAT PLANETのためだけにスタジオでパフォーマンスしてくれました!アコースティックでやるのは世界初とのこと!SO AMAZINGでしたー!!今後、カバーしようと思っている曲については「言っちゃったらつまらないでしょ?」ということで教えてくれませんでしたが(笑)、ファンを楽しませる曲をいつも探しているとのこと。楽しみですね!

8月21日にリリースされたアルバム『2CELLOS2〜IN2ITION〜COLLECTOR’S EDITION』の収録曲「影武者」が、NTTドコモのCMで起用されていますが、同CMに出演した感想について「携帯電話になった気分だよ(笑)でも、映像はすごくよく僕らのプレイを捉えていて、まるで自分たちのMVみたいなんだ。クロアチアでは一度CMをやったことがあるけど、こうやって日本のCMに出て、今では日本のみんなが僕たちのことを知ってくれている。『glee』で取り上げられた時と同じように、すごい反響があって驚いているよ」と語っていました。

今後もアメリカやブラジルなど、ツアーで大忙しの2CELLOS。最後に、「もちろん日本にまた戻って来たいと思っているし、今度はもっともっと色んなところに行きたいよ」と話してくれました。激しく、荒々しいプレイスタイルが印象的な二人ですが、実際にお話してみるととっても穏やか。ナイスガイなルカとステファンでした!

2CELLOS2〜IN2ITION〜COLLECTOR’S EDITION - 2CELLOS

<OA曲目リスト: 2013/9/2>

EVERY TEARDROP IS A WATERFALL - COLDPLAY
タユタ - 絢香
DANCE APOCALYPTIC - JANELLE MONAE
FAST AS YOU CAN - FIONA APPLE
SPEED OF DARK - EMELIANA TORRINI
APPLAUSE - LADY GAGA
NEW - PAUL MCCARTNEY
ALWAYS - 斉藤和義
LIEBE IST MEINE REBELLION - FRIDA GOLD
氷の世界(LIVE@J-WAVE LIVE 2000+13) - スガシカオ(スペシャルゲスト 井上陽水)
DILEMMA - NELLY FEAT.KELLY ROWLAND
HOLD ON WE'RE GOING HOME - DRAKE FEAT.MAJID JORDAN
夏が終わる前に - カサリンチュ
ALL YOU WANTED - MICHELLE BRANCH
I LOVE YOU - D LITE FEAT.葉加瀬太郎
SEVEN NIGHTS SEVEN DAYS - FRATELLIS
THE BOYS OF SUMMER - DON HENLEY
サーカスナイト - 七尾旅人
PURPLE HAZE(生演奏) - 2CELLOS
影武者 - 2CELLOS
GUN - CHVRCHES
ロビンソン - GOSPELLERS
CHOCOLATE - 1975

STAFF| 15:51 | カテゴリー:Records


バックナンバー

カテゴリー