2013年07月31日

【7/31 オンエア曲リスト】I WILL WAIT(LIVE AT FUJI ROCK FESTIVAL 2013) - MUMFORD AND SONS、ほか

ただ今来日中!今年のグラミー賞アーティストマムフォード&サンズのインタビュー、昨日行ってきました!さっそく今日のオンエアで、そのインタビューの模様をたっぷりとお届けしましたよ!

今回お話を伺ったのは、バンジョーのウィンストン、ベースのテッドのお二人。初めての日本について「ヤバイよ!すぐ好きになっちゃったんだ。今まで好きな国リストのトップはインドだったんだけど、日本が一番になったね。なるべく日本を体験しようと、寝る時間を惜しんで色々なところに行ってる。ボタンで注文する回転寿司に行ったけど、すごいね。まるで未来に来たような気分だよ!」と興奮気味に語ってくれました。東京に来てみて感じたことは「エキゾチックな部分もあるけど、イギリスと似ているところもある。愛国心が強過ぎない感じとか、風土や国民の感覚がね。ユーラシア大陸の両端、島国文化だね」とのこと。

グラミーでの「最優秀アルバム賞」受賞後、どんな変化があったのかも聞いてみました。「あまり変わらなかった。プライベートなバンドだから。アリーナなどでやれるようになったのはビジネス的には嬉しいけど、大きく変わったことはないよ。僕らはいいバランスがとれていて、メンバーがお互いを気にかけているんだ。バンドのあり方は変わっていないよ」 世界中で大ヒットし、これだけ注目されても決して浮かれていない。地に足のついたバンドですね。

ニュースによると、今年の後半はアルバム作りに集中すると言われていますが、バンドの今後については?「何を成し遂げたかを振り返って、音楽を更に探求してみんなと分かち合いたい。様々な場所に行ってたくさんのお客さんの前で演奏してきたのは本当に楽しかったけど、自分たちのスタイルを崩さなかった。その経験を今度はツアーに活かしたいと思っている。近道をせずに忙しくありたいね」

最後に「間違いなく、日本でまたライブをやるよ。今度はもっと色々な街でやりたい!」と嬉しい言葉も!是非、ツアーで戻ってきてくださいね!

先日出演したフジロックについて「こんなに僕らの音楽を知ってる人がいてくれて驚いてるし、勇気が出た。素晴らしかったよ!」と語った彼ら。今日は、そのフジロックでのライブ音源から、ラストにやって大盛り上がりだった「I WILL WAIT」をオンエアしました!

MUMFORD AND SONS - BABEL

<OA曲目リスト: 2013/7/31>

OOO LA LA - ROBIN THICKE
JACK(OUT NOW) - BREACH
CONTRAIL - 安室奈美恵
OOH LA LA - BRITNEY SPEARS
C調言葉に御用心 - サザンオールスターズ
GIRLS AND BOYS - BLUR
THE SWEET ESCAPE - GWEN STEFANI FEAT.AKON
(I'M GONNA)CRY MYSELF BLIND - PRIMAL SCREAM
さすらい(LIVE AT FUJI ROCK FESTIVAL 2013) - 奥田民生
IT'S OVER - KAY
I WILL WAIT(LIVE AT FUJI ROCK FESTIVAL 2013) - MUMFORD AND SONS
ONE SONG FROM TWO HEARTS - コブクロ
SOMEDAY - 佐野元春
HATE - CHARISMA.COM
WHAT IT FEELS LIKE FOR A GIRL - MADONNA
SOME NIGHTS(LIVE AT FUJI ROCK FESTIVAL 2013) - FUN.
SAYONARAベイビー(J-WAVE LIVE 2000+12 VER.) - 加藤ミリヤ
ALIVE - EMPIRE OF THE SUN
FORTY POUND WEDDING - SKINNY LISTER
OH,I LOVE YOU SO - PRESTON SMITH
GROOVE TUBE - FLIPPER'S GUITAR

STAFF| 16:09 | カテゴリー:Records

2013年07月30日

【7/30 オンエア曲リスト】JOY JOY JOY - OKAMOTO'S、ほか

明日7月31日(水)に、ダブルA面シングル「JOY JOY JOY / 告白」をリリースするOKAMOTO'S!今日は、ボーカルのオカモトショウさん、ベースのハマ・オカモトさんが生出演してくれました!たっぷりとお話を伺いましたが、ここで少し紹介します。(お二人への質問をお寄せくださったリスナーのみなさん、ありがとうございました!)

今年1月に行ったタワーレコード渋谷店からの出張公開生放送以来のゲスト出演となったOKAMOTO'S。まずは、先日のフジロックのお話を伺いました。お二人は、7月27日(土)の藤原ヒロシさんのステージに参加(ショウさんがパーカッション、ハマさんがベースを担当)したんですね。しかし、その前にハプニング!?「奥田民生さんがやってるってことでGREEN STAGEに観に行ったんですよ。途中で雨が降ってきて“防水ジャケットだから大丈夫”って思ってたら全然防水じゃなくて。全身びしょ濡れになっちゃって、寒くて、凍えちゃって(笑) 僕、その時に着てた服でステージに出ようと思ってたのに、もうどうにもなんなくて、半泣きで民生さんのところに行ったら、民生さんの衣装用の服を“これ着ろ”って貸してくれたんです。シャツからズボンから靴、靴下まで、全身。それで僕ステージに出たんですよ」(ハマさん) Gypsy Avalonステージで観た方、ハマさんの服、じつは民生さんの衣装だったんですねー!

一昨年はOKAMOTO'Sとして出演したフジロック、今回は2回目ということですが、いかがでしたか?「ホントにね、日本じゃないみたいなんですよね、光景が。やっぱり慣れている人が多いじゃないですか。みんな当たり前のようにiPhoneをジップロックに入れたりとか。あの感じとか見ると、スゴいなって思いました」(ハマさん) 「あとね、みんなすごく踊るんですよ。そういうところが日本的じゃないというか、世界規模のフェスって感じ。いいですよね、ミュージシャンにとっては、自分の音楽で踊ってもらえるってすごく嬉しいことだから。音楽好きが集まっている音楽好きのためのフェス、って感じがしますね」(ショウさん) また是非、OKAMOTO'Sとしても出演してほしいです!

ニューシングル「JOY JOY JOY」のMVについても伺いました。女の子たちに弄られる?監禁?ずぶ濡れ?のシーン満載ですが、一番カラダを張ったエピソードは?「あれは朝9時台に入り、終わったのが翌朝5時ぐらいだったんですけど、早い段階から全員ずぶ濡れになって、そこから長時間だったんで、基本的にびちょびちょのままずっと過ごしてました。だから、全体的に全員がカラダ張ってました」(ハマさん、ショウさん) …てか、いつもびしょ濡れじゃないですか!ちなみにハマさん、「女の子に顔に落書きされて一番嬉しそうだったのはハマくん」とみんなに言われたそうです。どうでしょう?

明日「JOY JOY JOY / 告白」が発売となりますが、CDの発売日に必ずやることはあるのでしょうか?「昔は、お店に行って“もう既に結構売れてますよ”演出っていうのは、レイジと二人でしたことあります。何段か面出ししてくれているところで、少しだけ残っている棚からそのCDを他の棚に移して、“ここはもうなくなっちゃってる!”みたいな。マネージャーに、恥ずかしいやめてって言われましたけど」(ハマさん) 「僕は、改めてCDを聴き直しますね。作っている時ってあんまり新鮮な気持ちで聴けないんですよね。で、完成して、しばらく経って、その間我慢しといて、リリースした日に改めて聴いて、“あ、いいの作ったな”っていう。それは結構前からやってますね」(ショウさん)

OKAMOTO'Sは、今週金曜日からスタートの「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013」(初日の8月2日)に出演!他にも、台湾と韓国の夏フェスに出演が決定しています。フェスに向けての意気込みを!「JOY JOY JOYが一番の武器になるだろうっていうのは予感しているので、みんなで夏をぶっとばせるナンバーで、がっつり盛り上がっていきたいと思っています!」(ショウさん)

ショウさん、ハマさん、楽しいトーク、ありがとうございました!

ちなみに!ハマさんの「ラジペディア」では、明日7月31日(水)午後7時から、Ustreamを使った公開収録を行います!OKAMOTO'Sのメンバーも全員集合予定。こちらも是非チェックを!

JOY JOY JOY / 告白 - OKAMOTO'S

<OA曲目リスト: 2013/7/30>

SUMMERTIME - DJ JAZZY JEFF AND THE FRESH PRINCE
PANIC CORD - GABRIELLE APLIN
HORSE RIDING - HIATUS
WHAT A SHAME - THE STRYPES
海 - サザンオールスターズ
HOLD ME(FRF'13 LIVE) - TOM ODELL
BYE BYE JOHNNY(FRF'13 LIVE) - WILKO JOHNSON
FUJI-SAN - PATTI AUSTIN
VOICE - ANDROP
THIS KISS - CARLY RAE JEPSEN
GET YOUR WAY - JAMIE CULLUM
JOY JOY JOY - OKAMOTO'S
BEST SONG EVER - ONE DIRECTION
YOU CAN CALL ME AL - PAUL SIMON
GREEN - SALLEY
I WILL WAIT - MUMFORD AND SONS
100万回の「I LOVE YOU」(J-WAVE LIVE 2000+11) - RAKE
HEARTBEAT(FRF'13 LIVE) - TAHITI80
DON'T SAVE ME(FRF'13 LIVE) - HAIM
AFRO STRUT(FRF'13 LIVE) - EDDIE ROBERT'S WEST COAST SOUNDS

STAFF| 22:57 | カテゴリー:Records

2013年07月29日

【7/29 オンエア曲リスト】Havana Brown "J-WAVE BEAT PLANET Exclusive Mix"、ほか


4月から毎月お届けしている、オーストラリア出身の美人DJ、ハヴァナ・ブラウンの"J-WAVE BEAT PLANET Exclusive Mix"、今日もアゲてくれましたねー。みなさん、今月のMixはいかがでしたか?

今日の彼女の選曲は、もらった資料では以下の8曲。人気沸騰のダフト・パンクや懐かしいユーリズミックスも織り交ぜて、バラエティに富んだセレクトでしたね。が、耳のいいリスナーのみなさんは、これ以外にも曲がミックスされていたことに気づいていたかもしれません。そう、冒頭ではChuckie & JunxterJackの「Make Some Noise (Mastiksoul Remix)」が使用されてましたね。「1, 2, 3, C'mon!」の声がDJ Mixのイントロとしてはぴったり!ボルテージを上げてくれました。そして「#THATPOWER」の後には、そのメロディの流れを受けてHardwell feat. Amba Shepherdの「Apollo」が挿入され、また、ユーリズミックスの後にはAviciiの「Sweet Dreams (Gregori Klosman Remix)」をつないでいました。メインのセレクト曲の前後に、人気DJの曲をさりげなく(?)まぶして、全体のアゲアゲムードを演出していました。

ちなみに、現在、DJ Magazineでは毎年恒例のTop 100 DJsを選ぶ投票企画を実施中。昨年のTop 100にはハヴァナはランクインしていませんでしたので(100位まで全員男性)、今年は100位以内に入るよう、ファンの方は投票してみてはいかがですか?

もひとつちなみに、ハヴァナは4月のMix開始以降、番組Twitterでのオンエア告知を毎回リツイートしてくれるというサービスっぷり。今度日本に来たらお礼を言わなきゃ。てか、またスタジオに来てくださーい!

<これまでのMix>

4月25日 OA分
5月29日 OA分
6月26日 OA分

Havana Brown

<OA曲目リスト: 2013/7/29>

TAKE BACK THE NIGHT - JUSTIN TIMBERLAKE
ULTIMA BATUCADA - SERGIO MENDES FEAT.中納良恵
THE REMEDY(I WON'T WORRY) - JASON MRAZ
タユタ - 絢香
I WILL WAIT - MUMFORD AND SONS
THE FALL(LIVE@FUJI ROCK'13) - RHYE
BREAKERS(LIVE@FUJI ROCK'13) - LOCAL NATIVES
口笛吹きと仔馬 - 関口和之/分山貴美子
IN A WORLD LIKE THIS - BACKSTREET BOYS
SAY YOU LOVE ME - PATTI AUSTIN
虹の彼方へ - MR.CHILDREN

−− Havana Brown "J-WAVE BEAT PLANET Exclusive Mix" #4 −−
SYMPHONICA - NICKY ROMERO
ODE TO OI - TJR
AROUND THE WORLD - DAFT PUNK
GET LUCKY - DAFT PUNK FEAT.PHARRELL WILLIAMS
#THATPOWER - WILL.I.AM FEAT.JUSTIN BIEBER
SWEET DREAMS - EURYTHMICS
THRIFT SHOP - MACKLEMORE AND RYAN LEWIS FEAT.WANZ
BIG BANANA - HAVANA BROWN

FANTASY - EARTH WIND AND FIRE
MOVING - TRAVIS
HYPER-BALLAD - BJORK
ピースとハイライト - サザンオールスターズ
朝が来る前に(LIVE@J-WAVE LIVE'2000+1) - 秦基博
TOKYO - IMAGINE DRAGONS
HOW DOES IT FEEL - GIOVANCA
JOY JOY JOY - OKAMOTO'S

STAFF| 23:55 | カテゴリー:Records

2013年07月25日

【7/25 オンエア曲リスト】VOCAL - PET SHOP BOYS、ほか


BEAT PLANETスタッフもかなりの確率で明日からフジロックに参戦する模様。ほとんど仕事絡みのようですが、日本が世界に誇る夏フェスを少しでも楽しんで欲しいなと思う、居残り組のWeb担当です(くそーぅ!/ジャック・バウアー風)。

今日のピックアップも夏フェス関係で。今年のサマソニ&ソニックマニアで6年ぶりの来日を果たすペット・ショップ・ボーイズの新作『Electric』からの1曲です。以前、最初のシングル・カット曲である「Axis」を聴いた時は、ほとんど歌がなく、というよりも、今回のアルバム・タイトルが示すようなまさにエレクトリックで、ダンサブルで、とってもイマドキの音でびっくりしました。もしや全編こうなってしまうのか、あのニール・テナントのヴォーカルは今回はあまり出てこないのか、サマソニはニール登場シーンは少ないのか、デビュー30年以上で歳だからしょうがないのかも…などと妄想していましたが、蓋を開けてみれば、「Axis」以外の曲はしっかりニールのヴォーカルが入っていました。それどころか、ボスことブルース・スプリングスティーンの曲「The Last To Die」までカバーしているじゃないですか。最近のエレクトリックな感じは全編に張り巡らされていますが、PSBならではのポップなメロディとリズムは健在。つまりは、妄想の果てに、割と安心して楽しめるPSBのアルバムだった、というオチでした。いや、いい意味で。今日オンエアしたセカンド・シングルの「Vocal」は、「Axis」よりもこのアルバムの方向性や印象がわかる曲かと思います。聴き逃した方はぜひ聴いてみてください!

ちなみに、ニールは今月10日に誕生日を迎え、なんと59歳になったばかり!(相方のクリス・ロウは53歳)59歳でこの音を生み出せるとは…。Web担当、サマソニでその雄姿を目撃して昇天したいと思います(笑)。この時間、仕事入れないでねー!

Electric - Pet Shop Boys

<OA曲目リスト: 2013/7/25>

MAMBO NO.5(A LITTLE BIT OF) - LOU BEGA
IN A WORLD LIKE THIS - BACKSTREET BOYS
THE WAY - FASTBALL
LOVE MORE - CHRIS BROWN FEAT. NICKI MINAJ
エロティカ セブン - サザンオールスターズ
I LOVE IT - ICONA POP FEAT.CHARLI XCX
VOCAL - PET SHOP BOYS
DIANE YOUNG - VAMPIRE WEEKEND
THE END OF TIME - COMPUTER MAGIC
HAHAHAH - NIKIIE
HOLD ME - TOM ODELL
THOSE LAZY HAZY CRAZY DAYS OF SUMMER - NAT KING COLE
BANG BANG - WILL.I.AM
LITTLE NUMBERS - BOY
アルタイルの涙 - 山崎まさよし
(JUST LIKE)STARTING OVER - JOHN LENNON
STEP BY STEP - NEW KIDS ON THE BLOCK
LET'S GO SURFING - DRUMS
YOU MAKE ME - MONDAY 満ちる
LA LA LA LOVE SONG(@J-WAVE LIVE 2000+10) - 久保田利伸
SCREW THE PLAN - HALFBY FEAT.OLYMPIC LIFTS
BABY - JUSTIN BIEBER FEAT.LUDACRIS
HANABI - AI
FRIDAY I'M IN LOVE - CURE

STAFF| 23:12 | カテゴリー:Records

2013年07月25日

絢香さんの新曲をいち早くBEAT PLANETでオンエア!

絢香

絢香さんの新曲、解禁です!

9月4日(水)に、初のカバーアルバム「遊音倶楽部〜1st grade〜」をリリースする絢香さん。そのアルバムの中の1曲を、7月29日(月)のBEAT PLANETでどこよりも早くオンエアします!

果たして誰のどんな曲が、どのようにカバーされているのか…。月曜日をどうぞお楽しみに!

遊音倶楽部 - 絢香

STAFF| 12:28 | カテゴリー:エトセトラ

2013年07月25日

今月もハヴァナ・ブラウンのBEAT PLANET EXCLUSIVE MIXをON AIR!


毎月お届けしているハヴァナ・ブラウンのBEAT PLANET EXCLUSIVE MIX、次回は7月29日(月)にオンエアします!

4月5月6月のMIXに引き続き、今回もまたまた昼からアガっちゃうセレクト&MIX。

世界のアーティストから引っ張りだこの美人DJハヴァナ。彼女の、この番組でしか聴けないオリジナルMIX、今月もどうぞお楽しみに!

Havana Brown

ハヴァナ・ブラウン 日本オフィシャルサイト
http://www.universal-music.co.jp/havana-brown

J-WAVE BEAT PLANET オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

J-WAVE BEAT PLANET オフィシャルFacebookページ
https://www.facebook.com/BeatPlanet813

STAFF| 09:30 | カテゴリー:エトセトラ

2013年07月24日

【7/24 オンエア曲リスト】翼 - 平原綾香、ほか

今日、7月24日にニューシングル「翼」をリリース!全国ツアー真っ最中というお忙しい中、平原綾香さんが生出演してくれました!

今年、デビュー10周年を迎える平原さん。2003年12月17日発売となったデビューシングル「ジュピター」について、「この曲のおかげでたくさんの方に出会えたし、宇宙関係のお仕事もいただいたし、本当に色々な経験をさせていただいたので、作曲者のホルストさんに感謝です!」(平原さん) そう、「ジュピター」で鮮烈のデビューを果たし、いきなりのブレイク!その当時を振り返って、「とにかく初心者だったので、何が凄いかとか、何と比べればいいかというのがわからなかったんです。ちょうど大学1年生で、音楽の仕事と学生生活が同時に始まったので、それが忙しいのか普通なのかもよくわからないまま、一日を生きるのが精一杯という感じでした」(平原さん) 音楽一家で育った平原さんですが、その頃、お父様からは何かアドバイスなどあったんでしょうか?「父からは『音楽家である前に、人間であれ』といつも言われていました。音楽のことを勉強して技を磨くことももちろん大切だけど、人間としてちゃんと生きていかないといけない、基本を大切にせよ、ということですね」(平原さん) なるほど、いつお会いしてもとっても丁寧な平原さん、音楽家であるお父様のこんな言葉があったんですね。

現在、「AYAKA HIRAHARA 10th Anniversary CONCERT TOUR 2013 〜Dear Jupiter〜」の真っ最中!この暑い時期に、ツアー中でも気を付けていることがあるそうですが?「ホテルでもね、乾燥から喉を守るために、ペットボトルをちゃんと横に置いて、もちろんエアコンも消して、お風呂に高温のお湯をためて、さらに加湿器もつけて、で、“ネルネル”っていう口を閉じるためのシールを貼り、その上からマスクをして、マフラーを首に巻いて、持参したパジャマを着て、その上に常設されている浴衣を着て、寝ます!」(平原さん) …ス、ス、スゴ過ぎる…普通に考えてあまりにも暑いと思うんですが…?「ええ、暑くて3回ぐらい起きちゃう…ダメですね、それ(笑)でも、暑いの大好きなんです…」(平原さん) 歌声をしっかりと届けるために、ここまで徹底して喉をケアしている平原さん。本当に、もう、スゴい!!

リスナーの方からはこんな質問をいただきました。今日リリースとなったシングル「翼」のジャケット写真、横向きで羽ばたいているような平原さんがとても素敵なんですが、どうやって撮影したんですか?「ちょっとした台に乗って、そこからジャンプして撮ってもらいました。何回も飛びましたね、100回以下ですけど」(平原さん) 今、バレエをやってらっしゃるそうで、つま先まで本当に美しいポーズです!また、この曲のPVでは素晴らしい夕日が印象的ですが、撮影時にはこんなエピソードがあったそうです。「こちらはワンテイクで撮れたんです。夕日と朝日を両方、しかも、最後の夕日のシーンでは、歌が終わると同時にちょうど夕日が沈んで、本当にミラクルが起こったんですよ」(平原さん) 近々公開されるメイキング映像では、現場のみなさんが発した「わーっ、ミラクルが起こったー!」という興奮の声も入っているんだとか!

全国を回るツアーのファイナルは、10月5日(土)、6日(日)のBunkamuraオーチャードホール。「やっぱり、10周年の記念のコンサートなので是非来ていただきたいし、初めての方にも楽しんでもらえる内容になっているので!それから、今、アイリッシュタップというものにチャレンジしていて、それを歌いながらやるんです。頑張ってるんで、是非観に来てください!」(平原さん)

その努力家ぶりにサッシャもビックリ!すると…「努力しないと怠けちゃうから、頑張んなきゃいけないんです、私」という平原さん。最後にサッシャとの2ショットをパチリ♪ ツアー頑張ってください!そして、また是非スタジオにも来てくださいね!

翼 - 平原綾香

<OA曲目リスト: 2013/7/24>

TAKE BACK THE NIGHT - JUSTIN TIMBERLAKE
A DANCING SHELL - WILD NOTHING
SINCE I LEFT YOU - AVALANCHES
IT'S OVER - KAY
YUMEGIWA LAST BOY - SUPERCAR
ピースとハイライト - サザンオールスターズ
APPLE - TOWA TEI/椎名林檎
未来のミュージアム - PERFUME
LIFE IS WATER - SIM REDMOND BAND
OOO LA LA - ROBIN THICKE
ラブホテル - クリープハイプ
翼 - 平原綾香
SOME NIGHTS - FUN.
I WANT IT THAT WAY - BACKSTREET BOYS
ONE SONG FROM TWO HEARTS - コブクロ
BEST SONG EVER - ONE DIRECTION
雨のち晴れ - SOULJA×KENJI03×河北麻友子
PARTY PEOPLE(J-WAVE LIVE 2000+10 VER.) - スガシカオ
DESIRE - U2
GUN - CHVRCHES
TAKE FIVE - JUJU
樹海の糸 - COCCO

STAFF| 17:35 | カテゴリー:Records

2013年07月23日

【7/23 オンエア曲リスト】LOVE ME AGAIN - JOHN NEWMAN、ほか


最新のUKチャートでは、1位はアヴィーチーの「WAKE ME UP」、2位はロビン・シックがファレルやT.I.をフィーチャーした「BLURRED LINES」、4位はアイコナ・ポップの「I LOVE IT」、5位はウィル・アイ・アムの「BANG BANG」と、BEAT PLANETでも最近お馴染みの曲がチャートインしていますが、今日ピックアップするのは、3位のジョン・ニューマンです。

彼は昨年、UKのエレクトロニック・ユニット、ルディメンタルにフィーチャーされていましたが、先々月リリースされたこの「LOVE ME AGAIN」が実はデビューシングル。今週は3位ですが、先々週はなんとUKチャート1位を獲得しています。他の国でもトップ10入りしていて、まさしく今年注目の新人のひとりですね。ちょっとハスキーでソウルフルな歌声は耳に残り、記憶に残っていくような感じです。

現在23歳の彼。Wikiによると、14歳の頃からギターを弾きはじめ、自身の曲も書きはじめた模様。20歳の時にロンドンに移り、レーベルと契約。で、昨年、先のルディメンタルとの曲が最高1位に入り、注目されてきた流れですね。アルバムは今年10月に発売予定のようです。

ちなみに、J-WAVE TOKIO HOT 100の最新チャートではちょうど100位にランクインされているこの曲。日本でもこれからチャートを駆け上がっていくかどうか、注目していきましょう!

LOVE ME AGAIN - JOHN NEWMAN

<OA曲目リスト: 2013/7/23>

RED ROCKET SHIP - BAWDIES
BEST SONG EVER - ONE DIRECTION
C'MON - KESHA
DOOM AND GLOOM(LIVE@HYDE PARK) - ROLLING STONES
C調言葉に御用心 - サザンオールスターズ
JUST DO YOU - INDIA.ARIE
SUMMER BREEZE - ISLEY BROTHERS
童神 - 島袋寛子
BY THE WAY - RED HOT CHILI PEPPERS
THE GLAMOROUS LIFE - SHEILA E.
涙の海で抱かれたい〜SEA OF LOVE〜 - サザンオールスターズ
SUMMER - LISA LOEB
希望の轍 - サザンオールスターズ
#BEAUTIFUL - MARIAH CAREY FEAT.MIGUEL
雨あがりの夜空に - RCサクセション
LOVE ME AGAIN - JOHN NEWMAN
翼 - 平原綾香
OH! クラウディア - サザンオールスターズ
大迷惑(J-WAVE LIVE 2000+9) - ユニコーン
CALIFORNIA GURLS - KATY PERRY FEAT.SNOOP DOGG
カーラジオ - 斉藤和義
ロックンロール スーパーマン〜ROCK'N ROLL SUPERMAN〜 - サザンオールスターズ

STAFF| 22:19 | カテゴリー:Records

2013年07月22日

【7/22 オンエア曲リスト】YOU KNOW YOU LIKE IT - ALUNAGEORGE、ほか


さあ、いよいよ今週末からフジロックですねー!行かれる方、もう心はきっと苗場に飛んでいることでしょう。そして来週はロック・イン・ジャパン、その次はサマソニ(今日、タイムテーブルが遂に発表!)、そしてその次はJ-WAVE LIVE!フェス続きの夏、体調万全で楽しみましょう!

そんな怒涛のフェス日程もありますが、その後も来日アーティストが続々決まっていることをお忘れなく。夏のボーナスを少しとっておいて、今年後半のライブのために使ってみてはいかがでしょう?

今日のオンエアリストの中では、ディスクロージャーアルーナジョージの2組での来日がかなり面白そうです。次世代ダンスシーンの新星とも言われるUKの各バンド。ダンスミュージックと称されながらも、清涼感も漂わせるラウンジーな感じがこの暑い夏のお昼にもぴったりあう感じがしませんか?彼らの来日は9月24日の恵比寿リキッドルームです。詳細はこちら

ほか、フランツ・フェルディナンドも11月にやってきますね。実は先週、プロモーションで来日したボーカルのアレックスにサッシャがインタビューしました!今回の来日中は、なんと合羽橋に行ったとか。。なんともいい東京観光を楽しんだようですよ!

インタビューの詳細は近日オンエアします。どうぞお楽しみに!

BODY MUSIC - ALUNAGEORGE

<OA曲目リスト: 2013/7/22>

ROLL WITH IT - OASIS
MOVING - TRAVIS
GREEN - SALLEY
HOLY GRAIL - JAY Z FEAT.JUSTIN TIMBERLAKE
愛の言霊〜SPIRITUAL MESSAGE〜 - サザンオールスターズ
SAMURAI - DJAVAN
HOW DOES IT FEEL - GIOVANCA
イツナロウバ - KICK THE CAN CREW
THANK YOU FOR THE MUSIC - CORNELIUS
WHITE NOISE - DISCLOSURE FEAT.ALUNA GEORGE
YOU KNOW YOU LIKE IT - ALUNAGEORGE
タマシイレボリューション - SUPERFLY
RIGHT ACTION - FRANZ FERDINAND
シーベルト - 石崎ひゅーい
ひこうき雲 - 荒井由実
世界はそれを愛と呼ぶんだぜ - サンボマスター
IF I EVER LOSE THIS HEAVEN - QUINCY JONES
BLURRED LINES - ROBIN THICKE FEAT.PHARRELL/T.I.
ジャングルフィーバー - RIP SLYME
マシマロ - ウルフルズ WITH 奥田民生
I WILL WAIT - MUMFORD AND SONS
SCRIBBLE - UNDERWORLD
WAKE ME UP! - AVICII
雨のち晴れ - SOULJA×KENJI03×河北麻友子

STAFF| 22:53 | カテゴリー:Records

2013年07月18日

【7/18 オンエア曲リスト】恋はいつも幻のように - ホフディラン、ほか

下北沢の自転車カフェ「cafe sacoche」から出張生中継でお送りした今日は、ホフディラン小宮山雄飛さんが生ゲストで登場!サッシャと熱い自転車トークを繰り広げてくれましたー!

今日は原宿から下北沢まで自転車でやってきたという雄飛さん。愛車はこちらの電動アシスト付き自転車。「電動に見えないでしょ?でもじつは坂は楽々、大して漕いでないという(笑)困った時には何かとアシストしてくれるんです。無理しないでゆっくり、急がない自転車っていうのもいいですよ」と言いつつ「でも、今日ここに電動で乗り入れたらブン殴られるんじゃないかって怖かったんです…」とのこと。店内の自転車好きのみなさん、大爆笑でした!

「急がないでのんびり乗っていると、新しいお店を発見したり、ちょっと止まったり、また戻ってみたりできる。そういうところが、車と違っていいなと思います。なんとなく無駄に周ったりしているうちにネタが見つかったり、いろんなルートの中でも“ここは必ず通りたい”っていうお気に入りの道ができたり…」と、都心での自転車移動をこよなく愛する雄飛さんらしいコメントも。

今日は、雄飛さんと切っても切れない自転車ライフについてたっぷり伺いましたが、この夏は、ここまでの音楽ライフ(というか人生?)の集大成的イベントが控えています!「8月14日に40歳になるんですけど、僕の誕生祭っていうか、僕が今までやってきた3つのバンド、ホフディラン、ザ・ユウヒーズ、バンクスが全部出るイベントを企画しました!ファンの方に“ありがとうございます”っていう意味を込めて面白いことを考えてますんで、是非遊びに来てください!」

おぉっ!これは楽しみですね!スペシャルライヴ『YUHI KOMIYAMA 40th Anniversary LIVE』は、8月14日(水)に代官山ユニットで開催されます。チケットは残りわずかということなので、お早目に!このイベントに向けた雄飛さんの意気込みは「当日は出突っ張りになるので、そのためにも電動から普通の自転車に戻して、体力をつけとかないと!」だそうです(笑)

40代を迎える小宮山雄飛さん、これからの活動については「昔以上に、自由にいろんな形の音楽をやりたいなって思ってます」とのこと。自転車ライフも自身のスタイルで楽しんでいる、雄飛さんらしい言葉が印象的でした。

Washington,C.D. - ホフディラン

<OA曲目リスト: 2013/7/18>

ARE YOU READY - RASMUS FABER FEAT.EMILY MCEWAN
DIANE YOUNG - VAMPIRE WEEKEND
SUDDENLY I SEE - KT TUNSTALL
シーベルト - 石崎ひゅーい
ピースとハイライト - サザンオールスターズ
I GOT YOU - JACK JOHNSON
ALL MY LOVING - BEATLES
1234 - FEIST
REACH INSIDE - BAH SAMBA
恋はいつも幻のように - ホフディラン
PARKLIFE - BLUR
MOUNTAIN - YOU HE S
自転車 - オレスカバンド
LOVE ILLUMINATION - FRANZ FERDINAND
HANABI - AI
自転車ショー歌 - 忌野清志郎
SPEED OF SOUND - COLDPLAY
PARIS - FRIENDLY FIRES
MOVIN' - SOIL AND PIMP SESSIONS FEAT.MAIA HIRASAWA

STAFF| 17:38 | カテゴリー:Records

2013年07月17日

【7/17 オンエア曲リスト】RADIO - TOWA TEI with 高橋幸宏 & 玉城ティナ、ほか

今日は、7月10日に7枚目のアルバム『LUCKY』を発売したテイ・トウワさんをスタジオにお迎えし、新作についてお話を伺いました!

アルバムのタイトルが『LUCKY』。ご本人曰く「ラッキー出汁が出ている」というぐらい、ラッキーなコラボが満載だとか。

まず、このジャケットのアートワークは草間彌生さんの描き下ろしで、「表に“YAYOI KUSAMA”って草間さんの字で書いていただけて、ラッキーですよ」(テイさん) ちなみにテイさん、スタジオに入る前に六本木ヒルズで見つけたブランコに乗っているヤヨイちゃんをTwitterでアップしていました。

今回は高橋幸宏さん、椎名林檎さん他、数多くの豪華アーティストが参加していますが、その年齢も幅広いんです!上は84歳の草間彌生さん、下は15歳の玉城ティナさん。さらに「“ラッキー”って声が入っているんですが、これ、2歳か1歳か…RIP SLYMEのDJ FUMIYA君の娘さんの声なんです。ノーギャラでやってくれて…」(テイさん) これもラッキーですね!そして、椎名林檎さんが参加した「APPLE」という曲については「林檎さんはずっと気になるアーティストだったんですけど、頼みたい曲ができないと、ね。で、この歌のラフを作っていてMacに保存する時に、手が勝手に“APPLE”って入力してたんですよね。後で“あ、もしかしてこれは林檎さんに頼める曲になるかもなぁ…”って思って、そしたら第一希望の林檎さんにOKもらえたんです」(テイさん) なんと、今回はすべて第一希望のアーティストたちとコラボが実現したとのことで、『LUCKY』というタイトルがまさにラックを生む結果に!

そして、このアルバムの収録時間が約40分ということですが、これについては「アナログタイムを優先したっていうのはありますが、なんとなく11曲できたところで“あ、もう打ち止めでいいや”と。あんまりね、多けりゃいいってもんでもないじゃないですか。腹七分ぐらいが気持ちよかったりするし、もっと繰り返し聴けたりね」(テイさん)とのこと。バラエティ豊か、そして何度でも聴きたくなる11曲です!

今、バカリズムさんにハマっている(?)というテイさん。「バカさん…っていうのも変なんですけど、大学の講義で一緒にやらせてもらったり、あと“架空OL日記”っていうのにはかなりビックリしまして…。とあるOLになりすますっていうブログなんですけど、コンセプト自体がすごいなと。でも、なんかちょっと自分の考えていることと近いなぁって感じたりもして、今後、バカさんと一緒に曲なんかもできたらいいかなと」(テイさん)

明後日の7月19日(金)にはSHIBUYA VISIONでアルバムリリース・パーティーが開催されます。今後のライブ出演など、詳しい情報はテイ・トウワさんのオフィシャルHPTwitterでチェックしてくださいね!

LUCKY - TOWA TEI

<OA曲目リスト: 2013/7/17>

PURE SHORES - ALL SAINTS
TAKE BACK THE NIGHT - JUSTIN TIMBERLAKE
GET LUCKY - DAFT PUNK FEAT.PHARRELL WILLIAMS
GET BACK - BEATLES
GT - CRAZY KEN BAND
さよならベイビー - サザンオールスターズ
TREASURE - BRUNO MARS
花火 - AIKO
DANCE WITH ME - RA RA RIOT
UNDER PRESSURE - QUEEN
DANCE APOCALYPTIC - JANELLE MONAE
接吻(DENNIS BOVELL LOVERS MIX) - 中島美嘉
HOW DEEP IS YOUR LOVE - BEE GEES
ラブホテル - クリープハイプ
WHAT CHA' GONNA DO FOR ME - RUFUS AND CHAKA KHAN
VOLARE(NEL BLU DI PINTO DI BLU) - GIPSY KINGS
ONE SONG FROM TWO HEARTS - コブクロ
APPLE - TOWA TEI with 椎名林檎
RADIO - TOWA TEI with 高橋幸宏 & 玉城ティナ
CLUB TROPICANA - WHAM!
GOOD TIME - OWL CITY/CARLY RAE JEPSEN
JAM - YELLOW MONKEY

STAFF| 15:21 | カテゴリー:Records

2013年07月16日

【7/16 オンエア曲リスト】ひこうき雲 - 荒井由実、ほか

7月20日(土)にいよいよ公開となる、宮崎駿監督のスタジオジブリ最新作「風立ちぬ」。今日は、この作品の裏側に迫るべく、制作に携わった方々への取材を交えて「風立ちぬ」特集をたっぷりとお届けしました!貴重なお話をたくさん伺ったのですが(オンエアでも時間が足りないぐらいでした!)、その内容を少しご紹介します。

じつは、この映画にドイツ語の監修・翻訳、そして声の出演でも参加しているサッシャ。1回目はアフレコで訪れたというスタジオジブリに、今回は潜入レポートさせていただきました!

まず、お話を伺ったのは、スタジオジブリ制作部の古城環さん。実際に作品の絵コンテを見せていただきましたが、なんとこの「風立ちぬ」にはシナリオがないんだそうです!「画面に対してト書きと、セリフが書いてあるマンガのようなもの。これが一番最初に監督から渡される資料です」(古城さん) 絵が先にあってそこから台本を起こしていくというのは、一般的な制作過程とはまったく逆の順番ですよね。この絵コンテ、全部で1,450カット分を、宮崎監督が約2年かけて描き上げたそうです!さらに驚いたのは、ジブリ作品の特徴として、実際の現場作業が始まる時点では制作スタッフの方は映画の結末を知らないということ。制作に関しても、ストーリーの最初から徐々にクライマックスに向かっていくというわけです!

次に、スタジオジブリでは「千と千尋の神隠し」からほぼすべての作品に関わっていらっしゃる、アニメーターの山下明彦さんにお話を伺いました。印象的なカットの裏話や、監督からの要望に応えるための細部にわたる工夫など、本当にここだけでしか聞けないレアなお話ばかり!映画の中では、まるで生きもののように描かれた機械が登場しますが、その絵を描いたのが山下さん。「絵コンテにも説明で書いてあったんですけど、“エンジンをかけると飛行機が息を吹きかえす”って。飛行機の胴体が膨らみ、翼が広がっていくんですよね。現実では絶対にあり得ないことがアニメーションだからできる」「出てくるものがすべて生命力を感じるんですよね。単なる自然現象を超えた表現になっているんだと思うんですよ。それをただ恐ろしいものっていうだけではなく、“何かを表現しているんじゃないかな”とか。その描写されているもの、表面だけじゃなく、そこに何の意味を持たせているのかって。あらゆる場面でそれを感じて欲しいなと思ってるんですよね」(山下さん)

撮影部の泉津井陽一さんには、実際の画面を見せていただきながら、これまでのジブリ作品ではあまりやってこなかったという映像的な処理について伺いました。「技術的な話でいうと、今までとまたちょっと違った表現も随分映像的には入ってますんで。例えばカメラで見ていると、実写で撮った場合はピントが合ってるところがあって、手前と奥でピントが合わない、ボケた部分が出てきます。アニメーションの場合も最近はよく使うんですけど、ジブリの作品って今までそういうのはあまり多くなかったんですが、今回はかなり奥行きを意識した表現をカットの中で使っていますんで、だいぶ印象が違うかな、とは思います」(泉津井さん)

他にもビックリするようなチャレンジが!なんと、効果音(擬音)を全部口でやっているんです。プロペラの音なんかを人が出してるんですよ、「ブブブブブ…」って!そして「音」に関するもう一つの驚きは、この作品がモノラルで作られているということ。5.1chサラウンドの時代にあえてモノラルにしたのは、スピーカーが一本しか鳴らないことで人の分解能力が上がる=音に集中するから。映画を観ているお客さんには、より細かい音まで聞こえてくるため、演出的にも「今この瞬間、何を聞かせるか」ということに力を注いだのだとか。

最後に、今回お話を伺ったみなさんに「この作品から宮崎監督のどんなメッセージを受け取りましたか?」という質問をさせていただきました。共通していたのは、仕事への向き合い方、自分自身の在り方、そして生きていくとは何かを、あらためて見つめ直そう、ということでした。

あなたはこの映画から何を感じるでしょうか?

この映画の主題歌に起用されたのは、1973年に発売されたユーミンのファーストアルバムから「ひこうき雲」。今年40周年を迎えた名曲です。映画を観た後にもう一度聴くと、思い出してグッときちゃうはず…。

映画「風立ちぬ」は、今週末7月20日(土)からです。サッシャが声で登場するシーンも見つけてくださいね!

「風立ちぬ」サウンドトラック

<OA曲目リスト: 2013/7/16>

LEARN TO FLY - FOO FIGHTERS
勝手にシンドバッド - サザンオールスターズ
I LOVE IT - ICONA POP FEAT.CHARLI XCX
MISS JACKSON - PANIC! AT THE DISCO
ハネモノ - SPITZ
BABY,I LOVE YOUR WAY - BIG MOUNTAIN
GREEN - SALLEY
WAITING FOR A STAR TO FALL - BOY MEETS GIRL
THE WAY IT IS - DONAVON FRANKENREITER
TAKE FIVE - JUJU
AFRICA - TOTO
RADIO - TOWA TEI/高橋幸宏/玉城ティナ
DANCING IN THE MOONLIGHT - BAHA MEN
カーラジオ - 斉藤和義
虹 - ELLEGARDEN
LOVE IS STRONGER THAN PRIDE - SADE
風のとおり道 - 久石譲
ひこうき雲 - 荒井由実
DO IT AGAIN - STEELY DAN

STAFF| 20:50 | カテゴリー:Records

2013年07月11日

【7/11 オンエア曲リスト】SOUL BOSSA NOVA - QUINCY JONES AND HIS ORCHESTRA、ほか

今年80歳になったクインシー・ジョーンズの来日公演「The 80th Celebration Live in JAPAN」がいよいよ今月末!7月31日(水)・8月1日(木)に東京国際フォーラム ホールAで開催されます。

32年ぶりとなる今回の来日公演は、幅広い活動を続けてきた偉大なプロデューサー、クインシー・ジョーンズを総覧する内容に!まずは「クインシー・パート」として、クインシー自らの指揮でビッグバンドによって蘇るスクリーン・ヒットの数々、パティ・オースティンらがクインシー・バンドの演奏で歌うポップスやブラック・コンテンポラリーの名曲、そして、世界中から集結したクインシーの秘蔵っ子達が才能あふれる演奏を披露します。さらに「トリビュート・パート」では、クインシーを敬愛する日本のミュージシャン達が、歓迎とお祝いを込めてトリビュート・ライブを行います。この「トリビュート・パート」をプロデュースするのが、そう!我らが亀田誠治さん!出演するのは絢香、三浦大知、JUJUなどなど、こちらも豪華なアーティストが予定されています。

今度の日曜日、7月14日夜10時からの「J-WAVE SELECTION」は、亀田誠治さんナビゲート!クインシー・ジョーンズにスポットを当てた〜THE MUSIC COMES MY FIRST!〜をオンエアします。サッシャも、クインシーの電話インタビューの通訳としてお手伝いしますので、こちらも是非聴いてみてくださいね!

また、クインシーの生誕80周年と日本ツアーを記念した"Q"極の2枚組ベスト・アルバム『Q80〜グレイテスト・ヒッツ』が7月17日にリリースされます。そのヒット曲の数々で、クインシーの輝ける軌跡をあらためて確認してみては?

Q80〜グレイテスト・ヒッツ - クインシー・ジョーンズ

<OA曲目リスト: 2013/7/11>

TROPICALIA - BECK
HEAVEN - 安室奈美恵
HEY NOW - MARTIN SOLVEIG/CATARACS FEAT.KYLE
STARLINE - AMIAYA
SWEAT(A LA LA LA LA LONG) - INNER CIRCLE
WE ARE YOUNG - FUN. FEAT.JANELLE MONAE
RIGHT ACTION - FRANZ FERDINAND
ALWAYS - ATLANTIC STARR
ベッドタイムストーリー - JAZZTRONIK FEAT.YUKI
HEARTBEAT - TAHITI 80
A TOUT A L'HEURE - BIBIO
ビー玉望遠鏡 - 山崎まさよし
GOIN' IN - JENNIFER LOPEZ FEAT.FLO RIDA
WINGS - LITTLE MIX
SUNNY DAY SUNDAY - SENTIMENTAL BUS
HOW LONG - EAGLES
JUST GIVE ME A REASON - PINK FEAT.NATE RUESS
IN A WORLD LIKE THIS - BACKSTREET BOYS
PAYPHONE - MAROON 5
I GOT YOU - JACK JOHNSON
HERE'S WHERE THE STORY ENDS - SUNDAYS
GUN - CHVRCHES
SOUL BOSSA NOVA - QUINCY JONES AND HIS ORCHESTRA
涙の海で抱かれたい〜SEA OF LOVE - サザンオールスターズ

STAFF| 18:30 | カテゴリー:Records

2013年07月10日

【7/10 オンエア曲リスト】ジャングルフィーバー - RIP SLYME、ほか


今日は、スタジオにRIP SLYMEのPESさん、SUさんが生登場!既によーく焼けているお二人、ユルくも楽しいトークをしていただきました!ここで少しご紹介します。

ソロ活動期間を経て再びメンバーが集まっての活動について「まあ、ゆるいかな(笑)。だんだん温まってきた」(PESさん)、「ガソリン給油したくらいの頃」(SUさん)とコメント。「思いどおりには何もいかないけど、5倍楽しいことはできています」(PESさん)といった感じで、リップらしいペースで徐々に温まってきているようです(SUさん曰く、PESさんの最近の口グセは「俺に権限があれば…」だそうです(笑))。

さて、本日発売となったシングル「ジャングルフィーバー」。最初は出だし暗かったようですが、最終的にはリップらしいノリノリのチューンとなりました。このジャケット(以下参照)については「『ジャングル』で思い出すのは…蚊!蚊をとるのは…蚊取り線香!」といった感じで連想を膨らまし、最終的にこのアートワークになったようです(その連想、個人的に好きです)。

そして、RIP SLYMEは、今年のJ-WAVE LIVE 2000+13にも出演します!以前、J-WAVE LIVEについてSUさんとRYO-Zさんにも伺いましたが(こちらこちら)、PESさんにも伺ってみました。「意気込みですか?いやあ、意気込みすぎて…(笑)。ちなみに今のスタッフの中に去年のJ-WAVE LIVEのTシャツを来た人がいて、いろいろ聞きたいんですが、『今年出るんですけど』ってなかなか言いづらくて(笑)」。また、「会場がでかくて、前回はすげぇ緊張したな。今年はJ-WAVEの大人のライブに即した内容になると思います」とも語ってくれました。彼らが登場するのは最終日の日曜日。パフォーマンスを楽しみにしましょう!

また、今週末の連休の最終日15日に、新木場スタジオコーストで「真夏のWOW」と題した、RIP SLYME主催の昼のクラブパーティが開催されます。リップはもちろん、PESさん、THE BEATMOSSもLIVEを行うほか、FPM田中さん、中田ヤスタカさんもDJで参加したり、FUMIYAさんとSUさんの「GANGURO」なるユニットでのDJもあるとか。「いろんなところでいろんな音が鳴っている」ようなパーティになるようです。楽しそー!

再び動き始めたリップ。夏のおともに、ぜひいかがですか?

ジャングルフィーバー - RIP SLYME

<OA曲目リスト: 2013/7/10>

君は天然色 - 大滝詠一
LOVE ME AGAIN - JOHN NEWMAN
BLURRED LINES - ROBIN THICKE FEAT.PHARRELL/T.I.
REWIND THE FILM - MANIC STREET PREACHERS FEAT.RICHARD HAWLEY
ENDLESS SUMMER NUDE - 真心ブラザーズ
SOMETHING GOOD CAN WORK - TWO DOOR CINEMA CLUB
ALL MY PEOPLE - ALEXANDRA STAN VS.MANILLA MANIACS
LAST NIGHT A D.J. SAVED MY LIFE - INDEEP
WONDERWALL - OASIS
LIGHTERS(THE ONE) - GABZ
OOH LA LA - BRITNEY SPEARS
BIG TIME SENSUALITY - BJORK
LOVE DESTRUCTION - FLICKERS
CHOVE CHUVA SABADO - 首里フジコ
GO FOR IT - 三浦大知
CARTOON HEROES - AQUA
JUST DO YOU - INDIA.ARIE
SWIM - PAPA'S CULTURE
ロングバケーション - RIP SLYME
ジャングルフィーバー - RIP SLYME
LATCH - DISCLOSURE FEAT.SAM SMITH
TOMORROW(A BETTER YOU,BETTER ME) - QUINCY JONES FEAT.TEVIN CAMPBELL

STAFF| 15:50 | カテゴリー:Records

2013年07月09日

【7/9 オンエア曲リスト】DROP - CORNELIUS、ほか


梅雨があけ、いよいよ夏本番。いきなりあっつくなりましたね。。7月2週目で猛暑日とは、先が思いやられます。みなさん、体調管理には十分お気をつけください。

BEAT PLANETでは、今週もリスナーのみなさんからのミュージック・シェアを受け付けていますが、耳からクールダウンしてくれる曲、「エアコン・ミュージック」も募集しています。アコースティック、ミドルテンポ、透明感あふれるシンセ入りなどなど、涼やかな時間を提供してくれる曲、いろいろシェアいただいております。今日は水の音を取り入れた、コーネリアスの「Drop」のミュージック・シェアもいただきました。蒸し暑い日にとってもいい曲でした。ありがとうございます!みなさんも、シェアしたい「エアコン・ミュージック」、ぜひぜひお寄せください。番組HPのMESSAGEのコーナーで、24時間受付中です!

と言っておきながらなんですが、あまり涼みすぎても体調が悪くなるもの。たまには暑い外気に触れるのも、身体のリズムとしては大事なのではと思います。今日、番組からのシェアではフランツやフォール・アウト・ボーイなどのロックなナンバーや、RIP SLYMEなどのノリノリな曲を織り交ぜてみたりしました。静あり動あり、陰あり陽ありで、新陳代謝に貢献する夏の150分を毎日お届けしていきたいと思います(なんのこっちゃ)。

気がつけば、再来週からフジロック、ロック・イン・ジャパン、サマソニ、そしてJ-WAVE LIVEと、怒涛のフェス連打!予習曲のシェアもお待ちしております!

Drop - CORNELIUS

<OA曲目リスト: 2013/7/9>

HEAVEN - 安室奈美恵
GIRLS OF SUMMER - AEROSMITH
LIGHTS ARE OUT - MAIA HIRASAWA
GET LUCKY - DAFT PUNK FEAT.PHARRELL WILLIAMS
DON'T LIE - BLACK EYED PEAS
SUMMER DAYS - JAMES IHA
GO ROUND - 安室奈美恵
☆ - BOREDOMS
OOH LA LA - BRITNEY SPEARS
DROP - CORNELIUS
HOT PANTS - JAMES BROWN
LOVE ILLUMINATION - FRANZ FERDINAND
WHAT A FEELING - 安室奈美恵
MILLIONEN LICHTER - CHRISTINA STURMER
風をあつめて - はっぴいえんど
I'M STILL WAITING FEAT.CAROLE THOMPSON - COUTNEY PINE
HEARTBREAKS + SETBACKS - THUNDERCAT
HANABI - AI
MY SONGS KNOW WHAT YOU DID IN THE DARK(LIGHT EM UP) - FALL OUT BOY
NEW SUNDAY - MUDDY APES
CONTRAIL - 安室奈美恵
SO GOOD TO ME - CHRIS MALINCHAK
ジャングルフィーバー - RIP SLYME
P.Y.T.(PRETTY YOUNG THING) - MICHAEL JACKSON

STAFF| 22:35 | カテゴリー:Records

2013年07月08日

【7/8 オンエア曲リスト】DJ WILDPARTY "J-WAVE BEAT PLANET Live Mix"、ほか

オンエア中に35度を超え猛暑日となった今日、さらに熱〜く盛り上げちゃうMIXをお届けしましたー!スタジオで生MIXを披露してくれたのは、ワイパさんことDJ WILDPARTY

サッシャと同じぐらい背の高いDJ WILDPARTY、学生時代はバレーボールの選手だったそう。その後DJに転身(?)した彼、そのキャリアは「音楽好きの兄がいて、その影響で始めました。18の終わりからなので、7年ぐらいやってます」とのこと。

クラウドファウンディングによる支援でMIX CDをリリースしたり、7月14日(日)には新木場ageHa、また上海でのイベントにも出演が決定している、今注目のDJ WILDPARTY。スタジオに来てくれた彼は意外にも真面目な好青年という印象で、今日の出演は「死ぬほど緊張して、久々に手が震えた…」そうですが、リスナーのみなさんからも大反響のアゲアゲMIXを披露してくれました!

今日プレイしてくれた曲の一部は、先日リリースされたMIX CD「 VS. [versus] 」にも収められています。EDMをテーマに、国内のクリエイターによって生まれた楽曲が、海外で活躍するクリエイターとまさに“Versus”!こちらも是非チェックしてみてください!

VS. [Versus] - DJ WILDPARTY

<OA曲目リスト: 2013/7/8>

BLURRED LINES - ROBIN THICKE FEAT.PHARRELL/T.I.
I GOT YOU - JACK JOHNSON
LOVIN' YOU - JANET KAY
HOLY GRAIL - JAY Z FEAT.JUSTIN TIMBERLAKE
太陽は罪な奴 - サザンオールスターズ
WAVIN' FLAG(CELEBRATION MIX) - K'NAAN/AI
HER FAVORITE SONG - MAYER HAWTHORNE
RIGHT ACTION - FRANZ FERDINAND
JACOB'S LADDER - HUEY LEWIS AND THE NEWS
夏海 - 山崎あおい
BELOW THE VALLEYS - LOUIS COLE
DON'T TALK - LARRY LEE
CELEBRATE(PARABENS) - MONDAY 満ちる
THE FALL - RHYE
IN A WORLD LIKE THIS - BACKSTREET BOYS
VELAS - QUINCY JONES
TAKE IT EASY - EAGLES
PANIC CORD - GABRIELLE APLIN
こどものせかい - コトリンゴ
WAKE ME UP! - AVICII

−− DJ WILDPARTY "J-WAVE BEAT PLANET Live Mix" −−
THE CITY - MADEON
PARTY ROCK ANTHEM - LMFAO
WITH YOU FEAT.RIE FU - Y0C1E
INTERNET FRIENDS - KNIFE PARTY
ECLIPSE - FU_MOU
CLARITY - ZEDD FEAT.FOXES

WHATEVER - CRO
GREEN GARDEN(DAVE INVISIBLE REMIX) - LAURA MVULA

STAFF| 16:20 | カテゴリー:Records

2013年07月04日

【7/4 オンエア曲リスト】IT'S TIME - IMAGINE DRAGONS、ほか

今日は、アメリカ、ラスベガス発の4ピースバンド、イマジン・ドラゴンズのインタビューをお届けしました!

今、まさに世界に進出中のイマジン・ドラゴンズ。デビューアルバム『NIGHT VISIONS』が、日本では今月17日にリリースされます。そして、今年のサマソニでは2日目の8月11日に、一番大きいステージ「マリンステージ」に登場します!

そんな彼ら、先月末に来日していたんですが、日本の印象については「日本は大好き!とにかく食べるものが美味しい。特にお寿司やキャンディー!日本のキャンディー最高!あと地下鉄。東京って大都会だから迷うかなと思ったけど、乗りやすかった!そしてみんなフレンドリー!僕たちを歓迎してくれているのがよくわかったよ。本当にみんな優しくて素晴らしい!」と絶賛。

日本的な一面も持ち合わせているということで、「『Tokyo』って曲を3年前に書いたり、和太鼓をステージで叩いたりしていたから、アメリカにいてもじつはずっと日本と一緒だった」そうです!

そして、今年のサマソニに向けての意気込みは「いい意味でクレイジーなステージになると思うよ!向こうでもよく知られている大きくて伝説的なフェスにやっと出ることができるんだ!人生最高のショウを見せるから待ってて!今から興奮してるよ!」と気合充分!!

ということで今日は、7月17日にリリースされるイマジン・ドラゴンズのデビューアルバム『NIGHT VISIONS』から、「IT'S TIME」「HEAR ME」の2曲をお送りしました。是非、サマソニでその存在感を確かめてくださいね。日本への愛をステージでも見せてくれるはずです!

Night Visions - Imagine Dragons

<OA曲目リスト: 2013/7/4>

カーラジオ - 斉藤和義
GIVE LIFE BACK TO MUSIC - DAFT PUNK
I WANNA BE YOUR LOVER - CORINNE BAILEY RAE
GREEN - SALLEY
SHOOTING STAR - OWL CITY
HELP! - BEATLES
LITTLE NUMBERS - BOY
MOVING - TRAVIS
DO YOU BELIEVE IN MAGIC? - LOVIN' SPOONFUL
マカロニグラタン - DJみそしるとMCごはん
SHE'S GONE - DARYL HALL AND JOHN OATES
彗星 - SALYU
LOVE ILLUMINATION - FRANTZ FERDINAND
RADIO - TEI TOWA
遠恋 - RADWIMPS
GOT TO BE REAL - CHERYL LYNN
TAKE IT EASY - EAGLES
PANIC CORD - GABRIELLE APLIN
HERE COMES THE RAIN AGAIN - EURYTHMICS
IT'S TIME - IMAGINE DRAGONS
HEAR ME - IMAGINE DRAGONS
大切なものは君以外に見当たらなくて - FLUMPOOL
BANG BANG - WILL.I.AM

STAFF| 14:24 | カテゴリー:Records

2013年07月03日

【7/3 オンエア曲リスト】プラネタリウム - BUMP OF CHICKEN、ほか

今日、初のベストアルバム「BUMP OF CHICKEN I」「BUMP OF CHICKEN II」を2枚同時リリースしたBUMP OF CHIKEN!幼稚園からの顔なじみという4人は、1994年にバンドを結成して1999年にアルバムデビュー。そんな4人がデビューから14年、ついにベストアルバムをリリースしました!今作は、ファン投票や、メンバーが選曲したベストではなく、純粋にヒット曲、いわゆるシングル曲と、シングル的な役割を担っている曲をすべて網羅しています。最近、ファンになった方も、このベストを聞けばBUMPの歴史がわかると言っても過言ではありません!

今回のベストアルバムのジャケットには、今までのCDジャケットが散りばめられています。ということで今日は、「一番印象に残っているジャケット」について、メンバーのコメントをお届けしました。

直井さんにとって印象に残っているジャケットは「涙のふるさと」だそうです。「4人で、ジャケットに写っているロボットみたいなものがいるんですけど、それをホームセンターに行って、色んな材料を買い漁ってですね、ロボット風に仕立てあげたんですね。ビニールシートであったりとか、顔のところは排水管のジョイント部分であったりとか。あと、目を光らせるためのライトを入れたり、みたいなねー」(直井さん)

そして、藤原さんが選んだのは「メーデー」。「写真を撮るシャッタースピードを遅くして、『はい、撮るよ』ってカシャってやってから、僕らバーって空中にそれぞれの担当の文字を書くんですよね。僕ら『B、U、M、P』って4文字で『BUMP』って書いたんですけど。あれやったことも面白かったしね。何しろ出来上がった写真がすごくカッコ良かったですよね」(藤原さん)

毎回、ジャケットはこだわっているという彼ら。今回挙げてもらったジャケットはどちらも手作りで、メンバー自身が参加して作ったものなんですね。

ちなみに、今日発売となった両ベストアルバムのジャケット&アーティスト写真は、彼らと親交が深い、写真家の蜷川実花さんによる撮り下ろしなんです。ジャケット写真は、ベストアルバム収録曲のオリジナル作品のアートワークや、先日発表されたエンブレムビジュアルを飾った壁を写したラグジュアリーなもので、アート作品のような仕上がりになっているんですよ!

そんなBUMP OF CHIKENのベストアルバム、2枚合わせて27曲の中から、2005年リリースの10枚目のシングル「プラネタリウム」をお届けしました。まもなく七夕…。この曲を聞きながら、天の川なんて眺めてみてはいかがでしょうか?

BUMP OF CHICKEN II [2005-2010] - BUMP OF CHICKEN

<OA曲目リスト: 2013/7/3>

OOH LA LA - BRITNEY SPEARS
F FOR YOU - DISCLOSURE
GUN - CHVRCHES
ALL MY PEOPLE - ALEXANDRA STAN VS.MANILLA MANIACS
WAGON - YUKI
夢の終わり 愛の始まり - ANGELA AKI
RUBY TUESDAY - ROLLING STONES
LOVE NATURAL - CRYSTAL FIGTERS
SEA OF LOVE - HONEY DRIPPERS
現状ディストラクション - SPYAIR
LET'S GO SURFING - DRUMS
トーキョー ドライブ - 土岐麻子
SIGN OF SUMMER - I DEP
I CRY - 有里知花
WE ARE YOUNG - FUN.
DIAMOND HEAD - VENTURES
JUST DO YOU - INDIA.ARIE
TAKE FIVE - JUJU
DIAMOND IN YOUR HEART - 東京スカパラダイスオーケストラ
COOL - GWEN STEFANI
プラネタリウム - BUMP OF CHICKEN
モノノケダンス - 電気グルーヴ
INSTANT CRUSH - DAFT PUNK
IT'S GONNA BE A LOVELY DAY - SOUL SYSTEM

STAFF| 14:19 | カテゴリー:Records

2013年07月02日

【7/2 オンエア曲リスト】RIGHT ACTION - FRANZ FERDINAND、ほか


今日のオンエアでは、11月に来日となるフランツ・フェルディナンド『Japan Tour 2013』のチケット先行予約を行いました!お申し込みいただいたみなさん、ありがとうございます!

ということで、今日のオンエア曲はフランツ多めでお届けしましたよ。来月発売のニューアルバム『Right Thoughts,Right Words,Right Action』からの新曲、「RIGHT ACTION」「LOVE ILLUMINATION」もお届けしました。Twitter上でもカッコいい!との声もあり、ライブがとっても楽しみになる、フランツらしいGood Tuneだと思います。昨年のサマソニではマリンステージでのパフォーマンスだった彼ら。今回はZepp Tokyoということで、前回残念ながらマリンに入れなかった方、マリンにいたけど超遠かった方は、このライブは間近で楽しめるチャンスですね♪

そのほか、今日はモービー、安室奈美恵、MAN WITH A MISSIONの新曲もお届けしました。それぞれジャンルは違いますが、アルバムやライブがとても楽しみになる仕上がりでしたね。新曲って初めてプレイボタンを押すときに、すごくドキドキしますが、曲が素晴らしかった時は本当に嬉しいですよね。時には涙したり、ガッツポーズが出たり、思わずTwitterなどに書き込んだり。そんな行動を巻き起こす曲を生み出すアーティストに、心底リスペクトです。さらにはライブでのパフォーマンス。客電が落ちて1曲目が始まり、それが目まいがするくらいの素晴らしいクオリティだったら、「俺は今、世界一幸せだ!」と感じてしまいます。現場に行かなきゃわからないのですが、行かないと絶対に感じることのできない幸福感。それを推し量るのが新曲であり、ニューアルバムだと思います。

夏フェス、そして大物アーティストが来日する今年後半。今年も幸せな時間が多く訪れますように!

Right Thoughts Right Words Right Action - Franz Ferdinand

<OA曲目リスト: 2013/7/2>

DO YOU WANT TO - FRANZ FERDINAND
殺し屋危機一髪 - SOIL AND PIMP SESSIONSと椎名林檎
LOVE THE ONE YOU'RE WITH - ISLEY BROTHERS
A CASE FOR SHAME(WITH COLD SPECKS) - MOBY
LEMONADE - BAWDIES
SWIM - PAPA'S CULTURE
RIGHT ACTION - FRANZ FERDINAND
大奥〜ラビリンス〜 - レキシ FEAT.シャカッチ
I GOT YOU - JACK JOHNSON
TURN YOUR LIGHTS DOWN LOW - LAURYN HILL/BOB MARLEY
BECAUSE OF YOU - NE YO
HEAVEN - 安室奈美恵
TAKE ME OUT - FRANZ FERDINAND
HOLD ME - TOM ODELL
黒く塗りつぶせ - 矢沢永吉
WAKE MYSELF AGAIN - MAN WITH A MISSION
OOH LA LA - BRITNEY SPEARS
僕はきっと旅に出る - SPITZ
SUMMER,HIGHLAND FALLS - BILLY JOEL
STUCK ON YOU - MEIKO
SUBSTITUTE - WHO
LOVE ILLUMINATION - FRANZ FERDINAND
CRAZY IN LOVE(KID KOALA VERSION) - EMELI SANDE/BRYAN FERRY ORCHESTRA
HAPPY - BUMP OF CHICKEN

STAFF| 15:38 | カテゴリー:Records

2013年07月01日

【7/1 オンエア曲リスト】大切なものは君以外に見当たらなくて - FLUMPOOL、ほか


今日のオンエアでは、今年の「J-WAVE LIVE 2000+13」にも登場するflumpoolの山村さん、そして昨日、「Judgement Day」で見事ダイエット成功が証明され、ビジュアル面での復帰となった阪井さんのインタビューをお届けしました!ここでは、少しその内容をご紹介します。

阪井さん、小学生の頃は運動神経も良く、リレーの選手もやっていたようですが、それをやめてから「ポンポンいきましたね」と太り始めた模様。今回のダイエットについては、ジムや有酸素運動、食事制限などを行なっていたようですが、結果「20年ぶりに肋骨が見えました」と阪井さん。でも、真剣にダイエットをしだしたのはこの2週間くらいで、それまでは「いかに運動せずにやせるかということに全力をかけてた」(山村さん)ようで、代謝を上げる漢方を飲んだり、小顔マッサージに行ったり(笑)して、効果がないことに気づいて、そこからジムに行き始めたそうです。

NON STYLEの井上さんがいた期間について、山村さんは「こんなに楽しい仕事ってあるんやな、と思いました。笑顔が耐えなかったです」と、井上さんの現場での盛り上げに感動しきり。「大切なものは君以外に見当たらなくて」のMV撮影の際は、井上さんも阪井さんも現場にいらっしゃったようですが、阪井さんは「最初はちゃちゃ入れに『おまえらもっと真剣にやれよ』とか言ってたんですけど、後半はずっと楽屋にとじこもってたりしてました(笑)」とのこと。

その新曲「大切なものは君以外に見当たらなくて」については、「もう一回ストレートに今思っていることを曲にしよう、ということで、大切にしなきゃいけないもの、例えば友情とか家族とか将来のこと、いろんなことを大切にしなきゃ、そこを充実させていかなきゃ」(山村さん)という思いがあり、その思いをもとに阪井さんがメロディを書いたようです。

このシングルの初回限定盤には台湾のバンドで世界でも人気がある、Maydayの曲「OAOA」のカバーが収録されています。Maydayとは親交があるようで、flumpool自身も台湾でのワンマンも経験しており、日本に収まらない活動が増えてきているようです。

8月のJ-WAVE LIVEのステージ、今年も楽しみにしてます!

大切なものは君以外に見当たらなくて - flumpool

<OA曲目リスト: 2013/7/1>

GALAXIES - OWL CITY
HER FAVORITE SONG - MAYER HAWTHORNE
ロックンロール・ハネムーン - くるり
BANG BANG - WILL.I.AM
BUBBLY - COLBIE CAILLAT
RIGHT ACTION - FRANZ FERDINAND
GOOD LUCK - BASEMENT JAXX FEAT.LISA KEKAULA
SUMMER TIME LOVE - M FLO LOVES 日之内絵美/RYOHEI
GOOD THINGS GET BETTER - KEATON SIMONS
ROCKSTEADY - ROX
THE TIDE IS GETS HIGH - SO MANY TEARS
LITTLE NUMBERS - BOY
SAD - ELTON JOHN VS PNAU
夢見るバンドワゴン - ANDYMORI
SOUL BOSSA NOVA - QUINCY JONES
GET LUCKY - DAFT PUNK FEAT.PHARRELL WILLIAMS
BOOGIE ON REGGAE WOMAN - STEVIE WONDER
THINKIN BOUT YOU - FRANK OCEAN
シンクロ - 秦基博
SUMMERFLING - K.D.LANG
大切なものは君以外に見当たらなくて - FLUMPOOL
THE FALL - RHYE
ASSASSIN - NOTHING'S CARVED IN STONE

STAFF| 14:07 | カテゴリー:Records


バックナンバー

カテゴリー