2013年05月30日

【5/30 オンエア曲リスト】LIVE IN THIS CITY - DRAGONETTE、ほか


この前の日曜から、テニスの4大トーナメント(グランドスラム)のひとつである全仏オープンがパリで行われており、会場となっているローラン・ギャロスでは世界屈指の実力を持つ選手たちの熱戦が毎日繰り広げられています。もちろん、日本の錦織圭選手も活躍中。1回戦、2回戦を勝ち、ベスト32に進みました。ガンバレニシコリ!

さて、この会場であるローラン・ギャロスでは、本戦が始まる前の土曜日にキッズ・デイが行われ、そこにはDJブースが設けられてイベント中は(キッズ・デイなのにw)アゲアゲ状態。そのブースには地元フランスのDJ、ボブ・サンクラーの姿が。実はテニスのイベントや、プレーヤー向けパーティには人気DJが呼ばれることがしばしばあり、今年のマイアミ大会のパーティではカルヴィン・ハリスの姿もありました。また、あのLMFAOのレッド・フーの彼女は、もと世界女王のヴィクトリア・アザレンカ(現在3位)だったり、テニスとダンス界は結構親密な関係。

で、このローラン・ギャロスを舞台に自身のミュージック・ビデオを撮ったのが、DJ/プロデューサーのマーティン・ソルヴェイグ。曲はあの「Hello」。なんと、先のボブ・サンクラーと、満員のセンターコートでテニスの試合を行うという設定。このビデオの中には、現世界王者であるノヴァク・ジョコビッチ、そして地元フランスの人気選手、ガエル・モンフィスの姿も。このモンフィス、ちょうどこの「Hello」の頃はトップ10プレイヤーだったのですが、その後怪我に苦しみ現在は81位。が、今回の全仏オープンで世界6位の選手を1回戦で撃破し、2回戦もその勢いで勝利するなど、フランスのテニスファンを大いに沸かせています。大柄、大きなリアクションやプレーが見る人を楽しませてくれます。そんなゲストたちを迎えた「Hello」、この全仏オープンの頃は私の頭のなかでエンドレスでかかっているのです。

その「Hello」でフィーチャーされているのが、今日ピックアップしたドラゴネット(ここまで長っ!)。カナダのエレクトロ・ポップバンドで、ヴォーカルはどこかオーラのあるマルティナ・ソーバラ。「Hello」以外にも、マーティン・ソルヴェイグの「Big in Japan」などでもフィーチャーされています。昨年秋にニュー・アルバム『Bodyparts』をリリース。ポップ好きなら一聴してみて良いと思いますよ!

Bodyparts - Dragonette

<OA曲目リスト: 2013/5/30>

LOVE LIKE THIS - FAITH EVANS
HANGOVER - CSS
BANG BANG BANG - MARK RONSON AND THE BUSINESS INTL FEAT.Q TIP/MNDR
ミラクルをキミとおこしたいんです - サンボマスター
RUNAWAY - CORRS
RIGHT NOW(NA,NA,NA) - AKON
SING A SONG - EARTH WIND AND FIRE
WALKS LIKE RIHANNA - WANTED
IT'S GONNA RAIN! - BONNIE PINK
SUPERWOMAN - ALICIA KEYS
オリビアを聴きながら - ハナレグミ
TANGLED UP - CARO EMERALD
HERE'S TO NEVER GROWING UP - AVRIL LAVIGNE
幸せ願う彼方から - クラムボン
SINCE I LEFT YOU - AVALANCHES
TRANS ISLAND SKYWAY - DONALD FAGEN
浪漫飛行 - 米米CLUB
DON'T FORGET WHO YOU ARE - MILES KANE
THE PHOENIX - FALL OUT BOY
告白 - ANGELA AKI
レッツゴー!! ライダーキック - 藤浩一/メールハーモニー
LIVE IN THIS CITY - DRAGONETTE
EVERYTHING YOU DIDN'T DO - JAMIE CULLUM
プレイヤー - PLENTY
GIMME LOVE - TROUBADOURS

STAFF| 14:50 | カテゴリー:Records

2013年05月29日

【5/29 オンエア曲リスト】Havana Brown "J-WAVE BEAT PLANET Exclusive Mix"、ほか


今日のオンエアでは、先月に引き続き、ハヴァナ・ブラウンの番組オリジナルExclusive Mixをお届けしました!梅雨入りした関東地方のお昼にお届けしたアゲアゲDJ MIX、いかがでしたか?

今回彼女がセレクトしたのは以下の7曲。前回の12曲の時に比べ、1曲1曲の時間が比較的眺めだったので、それぞれの曲も楽しめた方も多いのでは?そして、新旧織り交ぜてのセレクトもいい感じでした。古いのではHOUSE OF PAINの92年の曲「JUMP AROUND」が入ってて、サッシャも若い頃よく聴いていたようです。そうか、もう20年も前の曲なんですねー。

ちなみに、最近の方ではAVICII/NICKY ROMEROの「I COULD BE THE ONE」がセレクトされていました。このミュージック・ビデオ、見たことありますか?ストレスフルな日々を送っている主人公が欲望に身を任せていく光景に、共感を覚える方もいるはず。そして最後は…、ぜひあなたの目で。それにしても、アヴィーチー、改めて来日しないかな。。

というわけで、来月もハヴァナ・ブラウンのExclusive Mix、お届けします。どうぞお楽しみに!

Havana Brown

<OA曲目リスト: 2013/5/29>

シャングリラ - チャットモンチー
ALIVE(FEATURE CUTS REMIX) - EMPIRE OF THE SUN
STARS ARE BLIND - PARIS HILTON
HELLO - LIONEL RICHIE
LOVE RAIN〜恋の雨〜 - 久保田利伸
BIG BANANA - HAVANA BROWN FEAT.R3HAB/PROPHET
言ノ葉 - 秦基博
GET LUCKY - DAFT PUNK FEAT.PHARRELL WILLIAMS
インベーダーインベーダー - きゃりーぱみゅぱみゅ
HANDS(GOLDROOM REMIX) - ALPINE
PRA MANHA - DA LATA
虹 - SPYAIR

−− Havana Brown "J-WAVE BEAT PLANET Exclusive Mix" #2 −−
CRAZY KIDS - KE$HA
#THATPOWER - WILL.I.AM FEAT.JUSTIN BIEBER
ODE TO OI - TJR
JUMP AROUND(REMIX) - HOUSE OF PAIN
CAN'T HOLD US(REMIX) - MACKLEMORE AND RYAN LEWIS
POUR IT UP - RIHANNA
I COULD BE THE ONE - AVICII/NICKY ROMERO

タイムカプセル - 東京事変
THIS HEAD I HOLD - ELECTRIC GUEST
BLURRED LINES - ROBIN THICKE FEAT.PHARRELL/T.I.
RIGHT NOW - 三浦大知
個人授業 - フィンガー5
EVERY TEARDROP IS A WATERFALL - COLDPLAY
ワンモアタイム - 斉藤和義
SINCE YESTERDAY - STRAWBERRY SWITCHBLADE
FOR SPACIOUS LIES - BEATS INTERNATIONAL

STAFF| 23:35 | カテゴリー:Records

2013年05月28日

【5/28 オンエア曲リスト】SAY YOU'RE JUST A FRIEND - AUSTIN MAHONE FEAT.FLO RIDA、ほか


今日のオンエアでは、まさに今日初来日した注目の17歳 from テキサス!オースティン・マホーンのファンイベント「マホミ」(オースティン・マホーン・ファン・ミーティング)へのご招待企画を行いました。

YouTube再生回数は、デビュー前から既にジャスティン・ビーバーの再生回数越え!Twitterフォワー数200万人、Facebookで200万「いいね!」!テイラー・スウィフトの全米ツアーのオープニングアクトも経験し、今まさにノリに乗るオースティン・マホーン!オンエア終了から約2時間後、成田空港に到着した時には約200名の日本のファン(マホーミーズ)がお出迎えし、トレンドワードも1位になったりするなど、日本でも火が付いているかも!?

今日オンエアした、明日発売のデビューEPに収録されている「SAY YOU'RE JUST A FRIEND」はあのFLO RIDAとのコラボ。現在はマイアミに住むオースティンに界隈のアーティストも注目しているようです。流行りの曲を聴いて、自分なりにアレンジして、YouTubeにアップ。そして人気を得てきたという、とっても今ドキなデビューストーリーを持つ彼。ジャスティン・ビーバーとはまた違ったキラキラ感やオーラを感じます。

今週〜来週とテレビにいろいろ出るようなので、チェックしてみては!?

Austin Mahone


<OA曲目リスト: 2013/5/28>

REGRET - NEW ORDER
HERE I AM - DRAGON ASH
WE ARE NEVER EVER GETTING BACK TOGETHER - TAYLOR SWIFT
NEW SUNDAY - MUDDY APES
WHERE YOU STAND - TRAVIS
CHASING PAVEMENTS - ADELE
明日晴れるかな - 桑田佳祐
FIND A WAY - TRIBE CALLED QUEST
SHINING - DJ KAWASAKI FEAT.BIRD
SAY YOU'RE JUST A FRIEND - AUSTIN MAHONE FEAT.FLO RIDA
笑いの神様が降りてきた - ヒャダイン
ENTERTAINMENT - PHOENIX
SUPERMASSIVE BLACK HOLE - MUSE
WILDEST MOMENTS - JESSIE WARE
BABY PORTABLE ROCK - PIZZICATO FIVE
BEAUTIFUL - 絢香
IT'S TIME - IMAGINE DRAGONS
A THOUSAND MILES - VANESSA CARLTON
I FEEL THE EARTH MOVE - CAROLE KING
YOU'LL BE MINE - HAVANA BROWN
TAKE YOUR WAY - LIVETUNE ADDING FUKASE(FROM SEKAI NO OWARI)
MY LOVE - PAUL MCCARTNEY AND WINGS

STAFF| 19:46 | カテゴリー:Records

2013年05月27日

【5/27 オンエア曲リスト】FOLLOW ME - ANDYMORI、ほか

今日のオンエア中に飛び込んできた「andymoriが解散を発表」というニュース。衝撃を受けた方も多いのではないでしょうか?

2007年のバンド結成から約6年。6月26日には5枚目のアルバム「宇宙の果てはこの目の前に」を発売する彼ら。

突然の解散発表について、

「どんな言葉をつむぐべきなのか一週間くらい考えていたのですが、うーん、難しい!6年間、このバンドに情熱を注いできて、やれるだけのことをやりきったという気持ち」(小山田壮平 [Vo, G])

「こんなに急に決まるものだとは、僕自身思ってませんでした。それでも、何ていうのか、すごく自然な決断をしたという気持ちでいます」(藤原寛 [B])

「三人で初めてFOLLOW MEを合わせた時、ホントにカッコよくて、このバンドは最高だと思いました。解散することになりましたが、それもandymoriらしいなと思います」(岡山健二 [Dr])

とコメントしています。

ラストライブは9月24日の日本武道館公演。見逃せないステージになりそうです。

andymori公式サイト

andymori - andymori

<OA曲目リスト: 2013/5/27>

THERE SHE GOES - LA'S
いろはにほへと - 椎名林檎
FUZZBOMB - LITTLE BARRIE
月と太陽 - ケツメイシ
A TOUT A L'HEURE - BIBIO
HERE'S TO EVERYTHING(OOH LA LA) - MISHA B
FOLLOW ME - ANDYMORI
BORDER CROSSING - DJ SHADOW
BOOHOO - ANDROP
BELOW THE VALLEYS - LOUIS COLE
THE ROSE - BETTE MIDLER
WILD WORLD - MAXI PRIEST
ロングバケーション - RIP SLYME
WHAT'CHA KNOW - DONAVON FRANKENREITER
ソランジュ - 上間綾乃
(I CAN'T GET NO)SATISFACTION - ROLLING STONES
HOME - PHILLIP PHILLIPS
笑いの神様が降りてきた! - ヒャダイン
HEART OF ROCK AND ROLL - HUEY LEWIS AND THE NEWS
CAN'T STOP - RED HOT CHILI PEPPERS
恋する季節 - ナオト インティライミ
SAY YOU'RE JUST A FRIEND - AUSTIN MAHONE FEAT.FLO RIDA
FAIRGROUND - SIMPLY RED
FRAGMENTS OF TIME - DAFT PUNK

STAFF| 20:18 | カテゴリー:Records

2013年05月26日

今月もハヴァナ・ブラウンのBEAT PLANET EXCLUSIVE MIXをON AIR!

毎月お届けしているハヴァナ・ブラウンのBEAT PLANET EXCLUSIVE MIX、次回は5月29日(水)にオンエアします!

前回4月のMIXに引き続き、今回も昼からアガっちゃうセレクト&MIX。世界のアーティストから引っ張りだこの美人DJハヴァナ。彼女の、この番組でしか聴けないオリジナルMIX、どうぞお楽しみに!

Havana Brown

ハヴァナ・ブラウン 日本オフィシャルサイト
http://www.universal-music.co.jp/havana-brown

J-WAVE BEAT PLANET オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

J-WAVE BEAT PLANET オフィシャルFacebookページ
https://www.facebook.com/BeatPlanet813

STAFF| 13:16 | カテゴリー:エトセトラ

2013年05月23日

【5/23 オンエア曲リスト】AMBITIOUS (FOR 三浦雄一郎校長) - クラーク記念国際高校東京キャンパスパフォーマンスコース、ほか


今日はオンエア中、三浦雄一郎さんが歴代最高齢となる80歳でのエベレスト登頂に成功!という本当に嬉しいニュースが飛び込んできました。そこで番組では、三浦さんが校長を務める、クラーク記念国際高等学校の先生と電話をつなぎ、現場の歓喜、感動の模様をお届けしました。

「感動して涙が止まりません!私たちの夢だったんです!」と電話口の秋山先生。興奮状態の先生は生徒さんに電話を替わり、生徒さんも「校長先生が登ると言った時からずっと応援してました!」「東京にいながら感動と勇気が伝わってきました!」「負けていられないな、挑戦する勇気が必要だな、と思いました!」と、三浦さんを想い、讃え、そして力強いコメントを届けてくれました。

実は先日、番組宛に、このクラーク記念国際高等学校からお手紙とCDが届いていました。そのCDには、校長先生である三浦雄一郎さんを応援する曲、「AMBITIOUS (FOR 三浦雄一郎校長)」という曲が入っていました。

「校長がエベレストに登ると決意表明した時から、この曲の構想を練っていました。生徒120名で応援した、エールソングなんです」

秋山先生曰く、三浦さんは「背中で『Be Ambitious』(大志を抱け)を語る人」で、いつも優しく夢を語ってくれる方なのだそうです。そんな三浦さんの想いが生徒さんに深く刺さり、この曲が生まれたのだと思います。

現在、三浦さんは下山中ですが、これまでになく疲れているとのこと。心配ですが、この曲を思い出して、無事に下山し、日本に笑顔で帰ってきて欲しいですね!

★「AMBITIOUS」の動画はこちら!

Ambitious

<OA曲目リスト: 2013/5/23>

DAY 1 - MIYAVI VS YUKSEK
GLAD YOU CAME - WANTED
CONTRAIL - 安室奈美恵
STOP,LOOK,LIE - PRISCILLA AHN
DON'T STOP THE PARTY - PITBULL FEAT.TJR
赤い靴 - SALLEY
ISJAKI - SIGUR ROS
LET THE RIVER RUN - CARLY SIMON
TOP OF THE WORLD - VAN HALEN
GIVE LIFE BACK TO MUSIC - DAFT PUNK
GOOD TIME - OWL CITY/CARLY RAE JEPSEN
IT'S NOT OVER TILL IT'S OVER - LENNY KRAVITZ
AMBITIOUS (FOR 三浦雄一郎校長) - クラーク記念国際高校東京キャンパスパフォーマンスコース
LAST KISS - BONNIE PINK
言ノ葉 - 秦基博
NEVER WANTED YOUR LOVE - SHE AND HIM
HERE COMES THE SUN - BEATLES
イージュー ライダー - 奥田民生
OH SHEIT IT'S X - THUNDERCAT
空に星があるように - ハナレグミ
IT'S OH SO QUIET - BJORK

STAFF| 23:50 | カテゴリー:Records

2013年05月22日

【5/22 オンエア曲リスト】GLAD YOU CAME(LIVE) - THE WANTED、ほか


今日は東京スカイツリー開業1周年にちなんで、東京スカイツリータウンスタジオからの出張公開生放送でお届けしました!オンエア開始前からたくさんのリスナーのみなさんにお集まりいただき、スタッフ一同感謝感激です!ありがとうございました!

で、その集まったリスナーのお目当ては、UKの野獣系アーバン・ポップ・グループのザ・ウォンテッド!彼らの登場時には100〜200人くらいは集まっていたでしょうか。メンバーへのメッセージボードを手にしながら、歓喜の声をあげるファンたち。先日行われたプレミア・ショウケースも大盛況だったようですが、彼らの人気を実感する時間でした。ちなみに、ミシェル・オバマ大統領夫人、そしてその2人の娘さんも彼らのファンなんだそうです!

ここで、今日スタジオに来てくれたザ・ウォンテッドのメンバー、マックス、ジェイ、シヴァ、トムのコメントをお届けしましょう。

初来日について、マックスは「本当に驚きだ。何度も何度も戻ってきたい」とコメント。日本のファンについて、ジェイは「みんな美しいですね。個性的で、そしてずっと待っていてくれる我慢づよさがある。でも、一度僕らが来たらクレイジーになってくれる」、そしてマックスは「今日もそうだけど、みんないつもスマイルで嬉しいな」とのことでした。

で、今回はメンバーのひとり、ネイサンが来れなかったのですが、その理由をシヴァが流暢な日本語で「ネイサンは喉の手術をして、もうすぐ元気になります。彼がいなくて寂しいです」と説明してくれました!

で、今月出たアルバムはメンバーが深く関わっているアルバムなんだそうで、ジェイは「もともとピアノとかギターなどシンプルに作られていたものの上に、才能があるマックスがビートを入れて曲を作っているんだ。パフォーマンスをする時に、自分たちが関わっているもののほうがやりがいもあるし気合も入るんだ」とのこと。そしてトムは「ボーナストラックには日本のファンのみなさんが選んでいるのもあるんだ。日本のみなさんはいいテイストのものを選んでくれているね」とコメントしていました。

そして今後の動きについては、「明日UKに戻って、新しいアルバムの曲のセレクトを行う。既にレコーディングされている70曲から12〜15曲くらいを選ぶ予定だよ。アルバムを作ったら、今年のクリスマス前に2度日本に戻ってくる予定なんだ!ここだけの情報だよ!」と、トムが再来日を暴露してくれました!ファンのみなさん、よかったですねー!

最後にマックスが「今日はありがとう。これからもっともっと戻ってくる。次回は必ずネイサンを連れてきてみなさんに紹介したいので、待っててください!」とメッセージ。

アコースティックでの「Glad You Came」のパフォーマンスあり、そして曲の間もメンバーがじゃれあっていたりと、とっても雰囲気のよい時間でした。ぜひまた番組に来てくださいね!

The Wanted

<OA曲目リスト: 2013/5/22>

TAKE ME HIGHER - DIANA ROSS
IT'S ALRIGHT,IT'S OK - PRIMAL SCREAM
I BELIEVE IN LOVING YOU - CAROLE KING
やさしさで溢れるように - JUJU
MY SUNRISE - くるり
GET LUCKY - DAFT PUNK FEAT.PHARRELL WILLIAMS
I.G.Y. - DONALD FAGEN
SO GOOD TO ME - CHRIS MALINCHAK
GLAD YOU CAME(LIVE) - THE WANTED
OH SHEIT IT'S X - THUNDERCAT
夢の外へ - 星野源
TOWERS - FRIDA
恩返し - KREVA AND 亀田誠治
MAN IN THE MIRROR - MICHAEL JACKSON
LEARN TO FLY - FOO FIGHTERS
LET IT BE - BEATLES
MESSAGE - 家入レオ
HAPPY BIRTHDAY - サザンオールスターズ

STAFF| 21:26 | カテゴリー:Records

2013年05月21日

【5/21 オンエア曲リスト】PLUG IN BABY - MUSE、ほか


個人的なお話。この前、このMUSEの「PLUG IN BABY」をメタルDJイベントでかけた時、「これ、メタルじゃないですよねー」と言われました。

そうなんですが、そうなんだけれども、何かひっかかるんです。

シャウトするヴォーカル、歪んだギター、激しいドラム。メタルの曲ってそんなイメージ?アイアン・メイデンとかジューダス・プリーストみたいな?コーンのような時々ラップが入るのってあり?じゃあリンキンは?リンプは?あっそれは違う?BURRN!に載っていないから違うのかな?オルタナって誰かが勝手にそのジャンルに入れちゃったから違う感じ?

「PLUG IN BABY」、ギターリフ、カッコイイよ。ベース、ぐわぐわ歪んでてしびれるよ。ドラム、ガツンとくるよ!メタルでもそういう曲あるよね?でもメタルじゃないんだ。そうなんだ。。

もう、ジャンル分けなんてなくなればいい。単なるキャッチコピーとかタグでいいじゃない。カテゴライズされたおかげで聴いてくれる曲もあるけど、聴いてくれない曲もある。メタルだって珠玉のバラードがいっぱいあるけど、ジャンルはメタルのまま。ジャンルはアーティストにつきまとう。だからメタルファン以外ほとんど聴いてくれない。逆もしかり。アーティストにとっては、一人でも多くの人に聴いてもらいたいはずなのに。

音楽を作る人はもちろん、送り出す人、聴く人、すべてがジャンルという鉄条網を越えられたら、もっといい音楽が流通しそうな気がします。そんなことを思った出来事でした。

MUSE、今年のサマソニでメタルファンをねじ伏せてくれ!
METALLICA、メタルファン以外を熱狂させてくれ!

Origin of Symmetry - Muse

<OA曲目リスト: 2013/5/21>

GET LUCKY - DAFT PUNK FEAT.PHARRELL WILLIAMS
孤独のあかつき - 椎名林檎
BLUE COLLAR JANE - THE STRYPES
BREAK ON THROUGH - DOORS
言ノ葉 - 秦基博
GLAD YOU CAME - WANTED
NO SUCH THING - JOHN MAYER
A LOVE SONG - EGO WRAPPIN'
LOVEFOOL - CARDIGANS
LADY,YOU SHOT ME - HAR MAR SUPERSTAR
Q.U.E.E.N. - JANELLE MONAE FEAT.ERYKAH BADU
LIFE(STUDIO APARTMENT REMIX) - キマグレン
LIVELY UP YOURSELF - BOB MARLEY
LIGHTNING BOLT - JAKE BUGG
TORN - NATALIE IMBRUGLIA
VALERIE - RA RA RIOT FEAT.DELICATE STEVE
ミュージック - サカナクション
HIEROGLYPHICS - MAYLEE TODD
PLUG IN BABY - MUSE
なごり雪 - イルカ
EVERY LITTLE THING - PARA ONE FEAT.IRFANE/TEKI LATEX
MESSAGE - 家入レオ
PARADISE - COLDPLAY

STAFF| 22:54 | カテゴリー:Records

2013年05月20日

【5/20 オンエア曲リスト】さらさら - スピッツ、ほか


ちょうど昨日、一昨日と、日本武道館で「亀の恩返し」が行われました。「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」を担当している音楽プロデューサー、亀田誠治さんにゆかりのあるアーティストが集まってのライヴ、リスナーの方で行かれた方も多かったようです。今日の1曲目は、両日とも出演したスピッツの、今年のJ-WAVEの春キャンソングからセレクトしてみました。

亀田さんゆかりのアーティスト、スピッツだけでも凄いのに、KREVA、アンジェラ・アキ、平井堅、スガ シカオ、いきものがかり、秦 基博、JUJUといった豪華過ぎるラインナップに加え、MIYAVI、草野マサムネの飛び入りもあり、各アーティストのコラボありと、とても貴重な2日間となったようです。が、全体の雰囲気としては「亀田さんの人柄が現れた、どこか温かい雰囲気だった」と、当日オープニング・ナレーションを務めたサッシャが言っていました。

豪華ラインナップもありますが、巨大なY字型のステージをはじめ、随所にこだわりが詰まったこの2日間。実は開演前のBGMは「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」のオープニング・テーマでフラッシュで使われている曲(すべて亀田さんのお気に入りの曲)を、その順番どおりに流していました。このテーマを作ったBEAT PLANETの番組ディレクターも会場内にいたのですが、1曲、また1曲と流れるごとに興奮していたようで、嬉々として今日スタジオで語っていたのが印象的でした^^。こんなところにも「恩返し」があったのかもしれませんね。

さらさら - スピッツ

<OA曲目リスト: 2013/5/20>

さらさら - スピッツ
EVERYTHING YOU DIDN'T DO - JAMIE CULLUM
DIAMONDS - RIHANNA
ONLY TEARDROPS - EMMELIE DE FOREST
情熱 - UA
GLAD YOU CAME - WANTED
SLOW - RUMER
AOI - サカナクション
すばらしい日々 - ユニコーン
2ND BITE OF THE APPLE - BEADY EYE
化物 - 星野源
ONE STEP AT A TIME - JORDIN SPARKS
ANSWER - FLUMPOOL
RETROGRADE - JAMES BLAKE
IT'S ALRIGHT,IT'S OK - PRIMAL SCREAM
RETROGRADE - JAMES BLAKE
SUDDENLY I SEE - KT TUNSTALL
I'LL BE GOOD TO YOU - QUINCY JONES
STRONG - MIYAVI VS KREVA
BELOW THE VALLEYS - LOUIS COLE
TOMORROW PEOPLE - ZIGGY MARLEY AND THE MELODY MAKERS
FINE CHINA - CHRIS BROWN
TVのシンガー - YELLOW MONKEY
MESSAGE - 家入レオ
WEST END GIRLS - PET SHOP BOYS
SOMEWHERE ONLY WE KNOW - KEANE
SPRING RAIN - SILVETTI

STAFF| 14:05 | カテゴリー:Records

2013年05月16日

【5/16 オンエア曲リスト】IT'S ALRIGHT, IT'S OK - PRIMAL SCREAM、ほか

今日のオンエアでは、プライマル・スクリームのフロントマン、ボビー・ギレスピーのインタビューをお送りしました!

先週リリースとなった5年ぶりの新作「MORE LIGHT」は、彼らの通算10作目となるアルバム。ゲストも豪華で、ロバート・プラント(レッド・ツェッぺリン)、ケヴィン・シールズ(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)、マーク・スチュワート(ザ・ポップ・グループ)らが参加しています。

タイトルの「MORE LIGHT」は、どんな意味を込めて付けたのでしょうか?

「普段は暗がりになっているところに眩しい光が射しこんでくるような感じ。僕自身、朝起きて、カーテンやブラインドを開けてぱっと光が入ってくる瞬間が好きなんだ。そんな、生まれ変わったような、インスピレーションに溢れたような、ポジティブな感覚。そういうのがいいと思ったんだよね。世界というのは真っ暗な場所だと思うんだけど、もうちょっと光が射してしていもいいんじゃないか、そうできるんじゃないか…みたいな。僕らがいる場所も、そんなに悪くはないんじゃないかなってね」

そう。激烈な中にも光が射す感じ…。「MORE LIGHT」はまさにそんなアルバムです。

インタビューでは、アルバムの中の「Culturecide」、そして「Tenement Kid」について、曲を作り上げた時のエピソードも語ってくれました。

ちなみに、鬼のポーズ?をしたボビー+お花…という、なんとも個性的なアルバム・ジャケットは、ボビーの友達でもあるアーティスト、ジム・ランビーが担当しています。

プライマル・スクリーム、是非ジャパンツアーしてください!待ってますよー!

「MORE LIGHT」特設サイト(Sony Music)

More Light - Primal Scream

<OA曲目リスト: 2013/5/16>

SOMEBODY TOLD ME - KILLERS
ISJAKI - SIGUR ROS
PHILOSIPHIZE IN IT! CHEMICALIZE WITH IT! - KISHI BASHI
TAKE FIVE - JUJU
GO WEST - PET SHOP BOYS
あの国まで - SPECIAL OTHERS/オオキノブオ/ホリエアツシ
NEVER WANTED YOUR LOVE - SHE AND HIM
KIDS ARE ALRIGHT - WHO
CONTRAIL - 安室奈美恵
GLAD YOU CAME - WANTED
TANGLED UP - CARO EMERALD
HUG - CHARA
ALONE AGAIN - GILBERT O'SULLIVAN
言ノ葉 - 秦基博
TRASH - SUEDE
DOWN TOWN - シュガー・ベイブ
NOTHING TO DECLARE - CLOUDBERRY JAM
A TOUT A L'HEURE - BIBIO
IT'S ALRIGHT,IT'S OK - PRIMAL SCREAM
CULTURECIDE - PRIMAL SCREAM
TENEMENT KID - PRIMAL SCREAM
いろはにほへと - 椎名林檎
#THATPOWER - WILL.I.AM FEAT.JUSTIN BIEBER
CANTALOOP - US3

STAFF| 21:41 | カテゴリー:Records

2013年05月15日

【5/15 オンエア曲リスト】BANG - TAHITI 80、ほか

今日のオンエアでは、5月1日に配信EP「BANG EP」をリリースしたTAHITI 80のボーカル、グザヴィエ・ボワイエさんの直撃電話インタビューをお届けしました!

「ボンジュール!サヴァ?」と挨拶したサッシャに、「フランス語、上手だね!」と言ってくれたグザヴィエさん。フランスでレコーディング中だとのことですが、もう次のアルバムを準備しているようです。

今回リリースされた「BANG EP」、収録された5曲はとてもバラエティーに富んでいますが、これについて「ニュー・アルバムの予告編、というか、ヒントになっているんじゃないかな。リスナーをとにかくひきつける要素を入れたいと思ったんだ」とのこと。また、コーネリアスなど、日本のアーティストとのつながりもあるグザヴィエさんは「英語で話すけど、お互い第一言語ではないのに理解し合えるのが不思議」「日本人はコード進行に新鮮味があって、複雑なものが好きだったりする。一緒に仕事をすると、刺激し合い、高め合うことができるよ」と語っていました。

そして、TAHITI 80は今年のFUJI ROCK(7月28日)に出演が決定しています!「とにかく素晴らしいショーになると思うよ。日本ではいつもクールな経験ができるからね。今回は新しいラインナップ5人でやるんだけど、実験的な部分もある。今回リリースのEPからと、次のアルバムに収録されるものも含めて数曲プレイする予定。もちろん、みんながよく知っている曲もやるよ」

最後に、日本のファンへのメッセージを。「EPがリリースされて、夏のFUJI ROCKでの演奏にもワクワクしているよ。僕らの新しいサイクルのスタートになるんだ。みんなも楽しみにしててね!」「BEAT PLANETに、アコースティック・セットで演奏しに行くよ。タンバリンを渡すから、サッシャも参加して!」

ウホ〜!スタジオでの生演奏、是非やってほしい!お待ちしています!

「BANG EP」(iTunes)
FUJI ROCK FESTIVAL '13 公式サイト

BANG EP - TAHITI 80

<OA曲目リスト: 2013/5/15>

FINE CHINA - CHRIS BROWN
ALL THE LOVERS - KYLIE MINOGUE
GET LUCKY - DAFT PUNK FEAT.PHARRELL WILLIAMS
LOOKS GOOD WITH TROUBLE - SOLANGE FEAT.KENDRICK LAMAR
インベーダーインベーダー - きゃりーぱみゅぱみゅ
WALKING IN THE SUN - TRAVIS
TAKE FIVE - JUJU
空に星があるように - ハナレグミ
BANQUET - BLOC PARTY
LITTLE NUMBERS - BOY
DIANE YOUNG - VAMPIRE WEEKEND
ROCK WIT U(AWWW BABY) - ASHANTI
SPECTRUM(LIVETUNE REMIX FEAT.初音ミク) - ZEDD FEAT.MATTHEW KOMA
YOUNG AND BEAUTIFUL(MYNDSET REMIX) - LANA DEL REY
MESSAGE - 家入レオ
DANCING QUEEN - ABBA
家族の風景 - ハナレグミ
SILLY LOVE SONGS - PAUL MCCARTNEY AND WINGS
IT'S ALRIGHT,IT'S OK - PRIMAL SCREAM
REM - MR.CHILDREN
BANG - TAHITI 80
ARE YOU GONNA GO MY WAY - LENNY KRAVITZ
波乗りジョニー - 桑田佳祐
YES MY LOVE - 矢沢永吉

STAFF| 22:16 | カテゴリー:Records

2013年05月14日

【5/14 オンエア曲リスト】ORIGIN OF LOVE - MIKA、ほか


今日のオンエアでは、まさに今日、新木場STUDIO COASTで3年ぶりの日本公演をスタートさせるMIKAのインタビューをお届けしました!

非常に紳士で、落ち着いた雰囲気だった彼はとっても親日家。日本についてもいろいろ語ってくれました。行きたいところは京都。「伝統的なところに泊まってみたい」そうで、あと「猿が入るような温泉にも行ってみたい」そう。なかなか忙しくて行けないようですが…。

去年リリースされたアルバム「The Origin of Love」については、「愛」について12〜14曲、27〜28歳の視点で書いているそう。「前からある古典的なテーマを現代的な視点で描いている」とのこと。ひねりがあり、挑戦をいっぱいしていて、「まるでエイリアンが作ったような」アルバムになったそうです。「古いテーマを新しくつくり直すのが好きなんだ」とMIKA。

レバノンに生まれ、今や世界を股にかけるアーティストとなった彼に、今のイギリスとアメリカの音楽について聞いてみたところ、「イギリス音楽は変化の時。あまりインスピレーションを受けるアーティストはいないんだ。今はアメリカの音楽がいいなと。メロディアスでポップで、またアーバンで。健康的だね」とのこと。そんなアメリカのシーンでは、デス・キャブ・フォー・キューティ、レジーナ・スペクターあたりを気に入っている様子。気がつくと女性アーティストのものばかりになっていて、「男性のアーティストはあまりリスクを負ってない。チャンスがあるのにリスクを負わなくてどうするんだ」とコメントしていました。

世の中の男性諸君!MIKAに負けずにチャレンジしなきゃです!

Origin of Love = Mika

<OA曲目リスト: 2013/5/14>

JADED - AEROSMITH
RADIOACTIVE - RITA ORA
SUPER SONIC - ALLY AND DIAZ FEAT.細見武士
SPACE ODDITY - DAVID BOWIE
SING WITH ME - DADAD
BREATHLESS - CORINNE BAILEY RAE
VIVA LA VIDA - RHYTHMS DEL MUNDO AFRICA
スカートの砂 - UA
HUNGRY LIKE THE WOLF - DURAN DURAN
サンタマリア - 米津玄師
THE END OF TIME - COMPUTER MAGIC
COMPUTERLOVE - KRAFTWERK
BUDDY HOLLY - WEEZER
歩 - キマグレン
YOU GOTTA BE - DES'REE
VIVA!VEGAS〜THE GAMBLER - 上原ひろみ
水中の光(LIVE) - EGO WRAPPIN'
SAHARA(LIVE) - SOIL AND PIMP SESSIONS
ORIGIN OF LOVE - MIKA
CELEBRATE - MIKA
LIGHTS ARE OUT - MAIA HIRASAWA
やじるしソング - やくしまるえつこ

STAFF| 21:52 | カテゴリー:Records

2013年05月13日

【5/13 オンエア曲リスト】言ノ葉 - 秦基博、ほか

5月29日にリリースとなる秦基博さんのニュー・シングル「言ノ葉」。この曲は、新海誠監督の劇場アニメーション作品『言の葉の庭』のイメージソングで、ジャケットも『言の葉の庭』と連動したアートワークとなっています!

さて、本日のオンエアでお知らせしたスペシャルなイベント「J-WAVE BAR」。六本木ヒルズ33階のJ-WAVE内にて不定期で開催される「J-WAVE BAR」は、東京の夜景をバックにお酒を飲みながら、人気アーティストの極上のアコースティックライブを楽しめる、夢のような企画です。第1回は6月19日(水)に開催決定(もう来月!)。

その記念すべき第1回目の出演アーティストが、この秦基博さんなのです!秦さんの甘い歌声に煌めく東京の夜景…酔いすぎ注意です^^;

この、秦基博さんのアコースティックライブを夜景とともに楽しめるイベントに、J-WAVE LISTENERS COMMUNITY<J-me>会員15名様を抽選でご招待!応募はPCまたはスマートフォンで、こちらのJ-WAVEサイトからお願いします。

特典満載の会員サービス<J-me>に、是非この機会に入会登録を!無料です!

言ノ葉+GREEN MIND 2012 - 秦基博

<OA曲目リスト: 2013/5/13>

2ND BITE OF THE APPLE - BEADY EYE
HERE'S TO NEVER GROWING UP - AVRIL LAVIGNE
COSMIC GIRL - JAMIROQUAI
空に星があるように - ハナレグミ
CRUISING FOR BRUISING - BASIA
EVERYTHING YOU DIDN'T DO - JAMIE CULLUM
赤い靴 - SALLEY
YOU CAN'T JUDGE A BOOK BY THE COVER - STRYPES
ガラスのブルース - BUMP OF CHICKEN
PANAMA - VAN HALEN
GLAD YOU CAME - WANTED
憂、燦々 - クリープハイプ
CHANGE WOULD DO YOU GOOD - SHERYL CROW
LIGHTNING BOLT - JAKE BUGG
ロングバケーション - RIP SLYME
BRASIL - GEOFF AND MARIA MULDER
ISN'T SHE LOVELY - STEVIE WONDER
MAN IN THE MIRROR - MICHAEL JACKSON
LOVE IS EVERYWHERE(LIVE) - MOUMOON
SPRIT OF LOVE(LIVE) - SING LIKE TALKING
THE STARS(ARE OUT TONIGHT) - DAVID BOWIE
SABBATH BLOODY SABBATH - BLACK SABBATH
言ノ葉 - 秦基博

STAFF| 23:41 | カテゴリー:Records

2013年05月09日

【5/9 オンエア曲リスト】LIGHTNING BOLT (スタジオLIVE) - JAKE BUGG、ほか


今日は、ストーン・ローゼズ、ノエル・ギャラガーなど、多くのミュージシャンが絶賛するUKの19歳の新人「ジェイク・バグ」がスタジオ生出演!初来日スペシャル・ライヴの直前に来てくれました!しかも日本での一発目のプロモーション!貴重な初体験をBEAT PLANETでしてくれたというわけです。さらにはアコギで生演奏も!それも、「弾いて欲しい曲、ある?」と彼がサッシャに聞き、サッシャが「LIGHTNING BOLT」をリクエストをして、歌ってくれた、しかも真剣に、カッコよく。。なかなか、こんな生演奏ないです!サッシャもスタッフも唸ってました!

インタビューでは、時差ボケも手伝ってか、初めてのアジア、日本、初めての光景にふわっとしていると話していました。33Fのスタジオから外の東京タワーを眺めて「まさか東京でエッフェル塔を見るとは」とも。一昨年まではイギリスの中のイングランドから出たことがなかったようですが、注目され始めてから「いろんなところに行って、それぞれで受け入れてくれる。ぶっ飛んだ体験だよ」ともコメント。ちなみに、ジェイクが住んでいるのはイングランドのノッティンガムという小さな街。「なかなか戻れないけど、戻ったら友だちと会いたい」そうです。

ギターは12歳の頃、おじさんが来てコードを教えてもらい、14歳の時に曲を書き、「恋に落ちてしまった」と話していました。最初に買ったCDは、なんと1950年台に活躍したアメリカのロック・ミュージシャン、バディ・ホリーのCD。今はヒップホップを含め何でも聴く彼ですが、このバディ・ホリーのような音楽が好きなのだそうです。

次回は今年のサマソニで来日するジェイク・バグ。「暑いと思うけど楽しみだよ。新曲をやるかは、まだわからないけど」とコメント。新曲?「いつも曲は書いているんだ。先に進んでいこうという気持ちが常にある」とのこと。何かサプライズを期待しちゃいますね!

あっという間の生出演でしたが、いかがでしたでしょうか?ちなみに、サウンドチェックで事前にスタジオに入った時には、かなりナーバスな表情をしていた彼でしたが、サッシャとの写真を撮り終えスタジオを後にする時には、かなりほぐれたようで、笑顔がこぼれていました。そう、ティーンエイジャーの彼を見た気がしました。

Jake Bugg

<OA曲目リスト: 2013/5/9>

ALL THE TIME - STROKES
ギャグ - 星野源
LOVE SONG - SARA BAREILLES
SECOND BITE OF THE APPLE - BEADY EYE
#BEAUTIFUL - MARIAH CAREY FEAT.MIGUEL
EVERY KINDA PEOPLE - ROBERT PALMER
HIEROGLYPHICS - MAYLEE TODD
PARANOID - BLACK SABBATH
A PERFECT SKY - BONNIE PINK
GLAD YOU CAME - WANTED
WE GO OH - RASMUS FABER FEAT.SYKE'N'SUGARSTARR
才悩人応援歌 - BUMP OF CHICKEN
HERE'S TO NEVER GROWING UP - AVRIL LAVIGNE
HIDDEN AGENDA - CRAIG DAVID
TAKE ON ME - A HA
カモメトゥモロー(LIVE) - GOING UNDER GROUND
DAY 1(LIVE) - MIYAVI
LIGHTNING BOLT(スタジオLIVE) - JAKE BUGG
SEEN IT ALL - JAKE BUGG
マチルダ - 大橋トリオ
ママへ - AI

STAFF| 14:09 | カテゴリー:Records

2013年05月08日

【5/8 オンエア曲リスト】LITTLE NUMBERS (STUDIO LIVE) - BOY、ほか

本日のオンエアでは、ドイツ出身のソーニャとスイス出身のヴァレスカによるインディー・ポップ・ガールズデュオ、ボーイをお迎えして、お話とともにスタジオ生ライヴをしていただきました!昼下がりのアコースティックなサウンド、いかがでしたか?

この2人は、ドイツのハンブルグで行われていたワークショップで出会い、意気投合し、デュオを結成することになったそうです(サッシャ曰く、ドイツ人は日本人同様シャイなので、こういったワークショップのような出会いの場が設けられているのは納得なんだそう)。そして、今日演奏してもらった「リトル・ナンバーズ」が作られ、YouTubeで話題になり、チャートを駆け上がり、いろいろなテーマ曲になり…、と、瞬く間に「ボーイ現象」を巻き起こしました。

今回が初来日の彼女たち。日本の印象は「本当に非現実的なくらい違う。瞳孔を開いて見ている」(ヴァレスカ)、「こんなに文化が違うところは見たことがない」(ソーニャ)と、驚きを隠せない様子。昨日は渋谷の交差点を渡ったり、お寿司を食べたりしたそうですが、日本のお豆腐については「パンナコッタのように柔らかい!」と感動したようでした。

そんな彼女たちのアルバム『ミューチュアル・フレンズ』が日本でも来月発売となります。このタイトルは「共通の友だち」という意味がありますが、一緒に作ったメンバーが、2人のお互いの友だちが多いんだそうです。また、「日本で聞いてくれる人も、お互いに友だちになったらいいな」とコメントしていましたよ!

素朴でとても穏やかな彼女たち。曲も、そんな彼女たちの性格が現れているようでした。リラックスしたい時に聞く曲の候補として、ぜひチェックしてみてください♪

Mutual Friends - Boy

<OA曲目リスト: 2013/5/8>

SMILE - LILY ALLEN
I LOVE IT - ICONA POP FEAT.CHARLI XCX
YOU AND ME - DISCLOSURE FEAT.ELIZA DOOLITTLE
#BEAUTIFUL - MARIAH CAREY FEAT.MIGUEL
ROCK ME BABY(LIVE) - BAWDIES
OVER DRIVE - JUDY AND MARY
JUST THE WAY YOU ARE - BRUNO MARS
IMMORTAL MEGAMIX - MICHAEL JACKSON
最後のサイダー - K.
MODERN GIRL - SHEENA EASTON
ガラナ(LIVE AT TOKYO M.A.P.S.) - スキマスイッチ
SWEETEST DAY OF MAY - JOE T VANNELLI PROJECT
STAY(EROL SABADOSH REMIX) - RIHANNA FEAT.MIKKY EKKO
TWO FINGERS - JAKE BUGG
ここでキスして。 - 椎名林檎
CAN'T HOLD US - MACKLEMORE AND RYAN LEWIS FEAT.RAY DALTON
SUNLIGHT - BRAND NEW HEAVIES
IF I AIN'T GOT YOU(LIVE AT TOKYO M.A.P.S.) - JAY'ED
LITTLE NUMBERS(STUDIO LIVE) - BOY
WAITRESS - BOY
BANG - TAHITI 80
NEON LIGHTS - KRAFTWERK

STAFF| 14:03 | カテゴリー:Records

2013年05月07日

【5/7 オンエア曲リスト】AUTOBAHN - KRAFTWERK、ほか


今日のオンエアでは、いよいよ明日から来日公演をスタートさせるKRAFTWERKの特集をお届けしました。テクノ・ミュージックの元祖!キャリア40年以上!ドイツということもあり、サッシャも大ファン!ですので、KRAFTWERKの読み方をはじめ、一部ドイツ語でお送りしました^^

さて、今回の来日公演は、KRAFTWERK「3-D CONCERTS 12345678」と題して、赤坂BRITZで8夜にわたって開催される究極の3Dライヴ!ステージ背景に映し出される映像が全て3D仕様でメガネを付けて楽しむライヴです。もともと2012年にニューヨーク近代美術館で始まり、今年1月はドイツ、デュッセルドルフのノルトライン・ヴェストファーレン美術館、そして、2月にはロンドンのテート・ギャラリーで行われました。今回の日本公演がその4回目となります。

さらに、8夜にわたるライヴは、アルバムのリリース順に、これまでステージでは演奏されたことの無かったレパートリーをたくさん含み、しかも、各アルバム収録曲を日替わりで全曲披露していくというものなんです!(3Dメガネのケースも、その日のテーマのアルバムジャケットなんだそうです!)これは相当凄い…。

ということで、今日は、今回の8日間の日程順(アルバムの古い順1974→2003)に、“その日のライヴのテーマとなるアルバム”の代表曲を凝縮ミックス!DAY1〜DAY8まで、合計8曲を一気にお届けしました!普段、なかなかまとめて聴いてもらうチャンスもないので、ディレクターが気合を入れてミックスし、サッシャの曲間の曲紹介も「らしい」エフェクトをかけて、世界観を表現してみました。いかがでしたでしょうか?

ご興味持たれた方は、ぜひ赤坂BLITZへ。チケットが残っている日程も少しだけあるようです。この機会に、生でテクノゴッドの今のライヴを体験してみてください!S席9,500円、A席8,500円(ともに3Dメガネ付)です。

クラフトワーク来日公演情報 (UDO)

AUTOBAHN - KRAFTWERK

<OA曲目リスト: 2013/5/7>

WORK TO DO - AVERAGE WHITE BAND
THANK YOU - ALANIS MORISSETTE
ワンモアタイム - 斉藤和義
FEEL IT ALL - KT TUNSTALL
BLACK OR WHITE - MICHAEL JACKSON
DRUNK - ED SHEERAN
GREEN GARDEN - LAURA MVULA
語り継ぐこと - 元ちとせ
THE CHOICE IS YOURS(LIVE) - RHYMESTER
ジャズィ カンヴァセイション(LIVE) - SOIL AND PIMP SESSIONS FEAT.RHYMESTER
HEARTBEAT - TAHITI 80
GET OFF OF MY WAY - MAN WITH A MISSION
WE'RE ALL NO ONE - NERVO FEAT.AFROJACK&STEVE AOKI
TOMORROW NEVER KNOWS - BEATLES
1977(LIVE) - GRAPEVINE
光について(LIVE) - GRAPEVINE

<KRAFTWERK 8DAYS MIX>
AUTOBAHN - KRAFTWERK
RADIOACTIVITY - KRAFTWERK
TRANS EUROPE EXPRESS - KRAFTWERK
THE MAN MACHINE - KRAFTWERK
COMPUTER WORLD - KRAFTWERK
TECHNO POP - KRAFTWERK
THE ROBOTS - KRAFTWERK
TOUR DE FRANCE ETAPE 2 - KRAFTWERK

LEMONADE - BAWDIES

STAFF| 19:12 | カテゴリー:Records

2013年05月02日

5月7日から5月9日は、スイーツとスプーンのセットをデリバリー!

5月7日〜5月9日の3日間、
BEAT PLANETではスペシャル・デリバリー企画を行います!

お届けするものとは・・・・。

*MEGMILK重ねドルチェ「ピーチメルバ」と「ティラミス」、
 2つの味を合計10個!
*そして、オフィスなど、人が集まる場所においてあると嬉しい、
 おしゃれなデザートスプーンを10本!

すべてセットにして合計5か所、
オフィスなどに毎日、その日のウチにお届けします。
ご希望の方は、以下のフォームからご応募下さい。

PCの方はこちらスマートフォンの方はこちら携帯電話の方はこちら

ご記入の必要事項は、住所、氏名、デリバリー希望場所、
デリバリー希望日(5/7か、5/8か、5/9か)、
希望日の日中につながる電話番号、そして、メッセージです。

あなたの周り、自分のチームや部署など、
オフィスやプロジェクトなどで頑張っている仲間、
きっといらっしゃいますよね?
そんな身近な人のエピソード、教えて下さい。
きっと素敵なご褒美になると思います。

もちろんアナタ自身のお話でも結構です。
その場合は、何に頑張っているか、誰に差し上げたいか、ぜひ書いて下さいね。

※冷蔵商品のため届けることができない地域がございます。
 あらかじめご了承下さい。

megmilk 201305

STAFF| 13:55 | カテゴリー:エトセトラ

2013年05月02日

【5/2 オンエア曲リスト】BLUE COLLAR JANE - THE STRYPES、ほか


今日のオンエアでは、先週まで来日公演やプロモーションを行い、日本を賑わせた、アイルランド出身の平均年齢16歳の注目バンド!「ザ・ストライプス」のインタビューをお届けしました!

ジェフ・ベック、ポール・ウェラー、エルトン・ジョンなど、大物ミュージシャンからも大絶賛の彼ら。先週の、初の来日ライブも大盛況!リズム&ブルース基調としたスタイルに若い人から往年のロックファンまで虜にしている、何かをもっている彼ら。こちらでは、インタビューに答えてくれたベースのPete、ドラムのEvanの言葉を少しご紹介します。

===================

親同士が友達で、小さい頃から一緒に遊んで、サッカーとかはやらず、楽器ばかりやっていたんだ。つまり、10年以上も一緒に楽器をやったり、ライブをしているから、何かしゃべらなくても通じ合えるんだよね。

父親がいつもその頃の音楽を聴いていて、教わったんだ。70年代〜40年代まで遡っていったんだ、まだまだ音楽を探す旅は途中なんだよね。

ギタ−バンドも元気になってきてるよね。でも、興行的な音楽も多くて同意できないような音楽も多いよね。ギタ−バンドがもっと多いけど、音楽業界を変えられるような影響を与えられると良いなとは思うよね。

===================

10月には日本ツアー(東京、福岡、大阪、名古屋)の開催も決定!しており、ますます、日本でも、そして世界的にも人気が出ることは間違いなし!!16歳とは思えない、渋さと演奏力を持った彼ら(だけど顔を見ると16歳らしくてちょっとホっとしますw)を、今後もBEAT PLANETは追いかけていきたいと思います!

BLUE COLLAR JANE - THE STRYPES

<OA曲目リスト: 2013/5/2>

DOIN' IT - WAGNER LOVE
RPG - SEKAI NO OWARI
IT'S ALRIGHT,IT'S OK - PRIMAL SCREAM
BANG BANG BANG - WYCLEF JEAN
ON THE FLOOR - JENNIFER LOPEZ
化物 - 星野源
SAVE ROOM - JOHN LEGEND
1977 - GRAPEVINE
GLAD YOU CAME - THE WANTED
PROFESSIONAL GRIEFERS - DEADMAU5 FEAT.GERARD WAY
WE LAUGH WE DANCE WE CRY - RASMUS FABER FEAT.LINUS NORDA
3AM - KATE NASH
LA BOUM MY BOOM IS ME - カジヒデキ
AXIS - PET SHOP BOYS
OH! RADIO - 忌野清志郎
HA NA BI - MIYAVI VS HIROMITSU AGATSUMA VS JIN OKI
EVERYTHING YOU DIDN'T DO - JAMIE CULLUM
SOULS - HIATUS FEAT.JAMIE BLAKE
P.F.SLOAN - RUMER
YOU CAN'T JUDGE A BOOK BY THE COVER - THE STRYPES
BLUE COLLAR JANE - THE STRYPES
FORGET YOU - CEE LO GREEN
JUMP - KRIS KROSS

STAFF| 13:54 | カテゴリー:Records

2013年05月01日

【5/1 オンエア曲リスト】BLACK OR WHITE(J-WAVE LIVE 2000+9) - 平井堅、ほか

本日のBEAT PLANETでは、5月30日に、日本武道館で行われる「KEN'S BAR 15TH ANNIVERSARY SPECIAL ! VOL.1」のチケット先行予約を行いました。大変多くのご予約を承り、あっという間に規定枚数に達してしまいました。ご予約いただいた方、誠にありがとうございました!ご予約出来なかった方は、5/10の一般発売にて、お申し込みお願いします!

本日はこのKEN'S BARについて、まだご経験がない方のために、詳しくご紹介しました。お酒を飲みながら、音楽を聴く、大人の空間を演出した、平井堅さんが非常に力をいれているコンセプトライヴ、KEN'S BAR。洋邦のアコースティック・カヴァー、時事ネタにちなんだ楽曲、お酒のおつまみなどなど、15周年の今年は一体どんな内容になるのでしょうか?

ちなみに、PRINCESS PRINCESS再結成時には「ジュリアン」、MICHEAL JACKSONがお亡くなりになった時には「BLACK OR WHITE」を演奏しています。本日のオンエアでは、J-WAVE LIVE 2000+9で演奏されたアコースティック・カヴァーをお届けしました。いかがでしたでしょうか?

最後に、KEN'S BARの店主からのメッセージを紹介します!

下積み時代どうしたら歌声を伝えられるかと考えた末始めた“Ken's Bar”が、この度15周年を迎える事になりました。

その後、ライフワークとして続けてこれたのも応援してくれている皆様のおかげだと本当に感慨深いです。

当日は、めでたいやら有り難いやらの気持ちをいっぱいいっぱい蓄えて、ステージに上がろうと思います。

15周年のしるしを付けに是非遊びにいらして下さい。会場でお待ちしております。

店主:平井堅

kenpic_20130501

<OA曲目リスト: 2013/5/1>

POP STAR - 平井堅
TONIGHT I'M GETTING OVER YOU - CARLY RAE JEPSEN
FINE CHINA - CHRIS BROWN
AXIS - PET SHOP BOYS
CONTRAIL - 安室奈美恵
キャンプファイヤ - 369+RYO+TSUBOI+YAIKO
ARE YOU GONNA BE MY GIRL - JET
EAT IT - WEIRD AL YANKOVIC
FLICK OF THE FINGER - BEADY EYE
水中の光 - EGO WRAPPIN'
EVERYWHERE - MICHELLE BRANCH
WASTE LOVE - KASKADE FEAT.QUADRON
EASY - MAT ZO AND PORTER ROBINSON
AMERICAN BOY - ESTELLE FEAT.KANYE WEST
幻の命 - 世界の終わり
BANG - TAHITI 80
HEY YA! - OUTKAST
LITTLE NUMBERS - BOY
ジャズィ カンヴァセイション - SOIL AND PIMP SESSIONS FEAT.RHYMESTER
BLACK OR WHITE(J-WAVE LIVE 2000+9) - 平井堅
LOVE TODAY - MIKA
TAKE IT EASY - EAGLES
ONE GIRL/ONE BOY - !!!(CHK CHK CHK)
LOVE SCENE - UA

STAFF| 18:15 | カテゴリー:Records


バックナンバー

カテゴリー