2013年04月30日

【4/30 オンエア曲リスト】BROKEN RECORD - LITTLE BOOTS、ほか

本日は、来月2ndアルバムをリリースするエレクトロ・ポップの妖精、リトル・ブーツへの独占インタビューをお届けしました!彼女は、エレクトロ・ポップシンガーの新星として「BBC SOUND of 2009」で1位に選ばれるやいなや、世界中で大ブレイク!2009年のサマソニで来日し、その後、単独公演も成功させています。そんな彼女が今月中旬に来日したところを番組はキャッチしました。

彼女は当初「テノリオン」を使うアーティストとして注目を浴びましたが、今はライヴで時々使っている程度。ただ、新しい楽器への興味は衰えておらず、今は「”Poco Poco”という機材にすごく興味を持っていて、そういうまだ発見していないような機材もライヴに取り込みたいわ」とのこと。

ただ、今、どんどん進化しているエレクトロ・ミュージックシーンを横目に、彼女のニューアルバム『Nocturnes』は”アナログ”でした。「自分たちとしては実は逆戻りしている感じ。今回のアルバムはほとんどアナログの機材を使ってレコーディングしました。新しいテクノロジーが出てくると、みんながアクセスできるようになってしまう面も出てきたので、オリジナルな音を作りだすには、もっと努力しなければならない時代になっていると感じています」とコメント。

そしてそのニューアルバムの内容については、「今作はダンスミュージックで古いディスコや古いハウスに影響されたアルバム」とのこと。前作のポップさも残っているので、前作が好きな人も楽しめそうです。また、「すごくアップビートでダンスミュージックとして楽しめる作品でありながらも、夜の要素が感じられるアルバムになっています」とも。確かに、アルバム1曲目を飾る「Motorway」という曲、夜の雰囲気ありますね〜。

ニューアルバム『Nocturnes』は来月22日にリリース。楽しみです!

Nocturnes - Little Boots

<OA曲目リスト: 2013/4/30>

ROCK'N ROLL LOVE AFFAIR - PRINCE
いろはにほへと - 椎名林檎
DIANE YOUNG - VAMPIRE WEEKEND
BEAT IT - SEAN KINGSTON FEAT.CHRIS BROWN/WIZ KHALIFA
CLARITY - ZEDD FEAT.FOXES
ハイウェイ - くるり
STOP,LOOK,LIE - PRISCILLA AHN
MILLIONEN LICHTER - CHRISTINA STURMER
GET LUCKY - DAFT PUNK FEAT.PHARRELL WILLIAMS
THINKING OF YOU-Dimitri from Paris Remix - SISTER SLEDGE
午後のパレード - スガシカオ
LOST IN THE ECHO - LINKIN PARK
ENJOY - JANET JACKSON
ロングバケーション - RIP SLYME
VIRTUAL INSANITY - JAMIROQUAI
FROM NOON TILL DAWN - STRAIGHTENER FEAT.タブゾンビ/田中邦和
GOOD LUCK - BASEMENT JAXX FEAT.LISA KEKAULA
風になりたい - BOOM
BROKEN RECORD - LITTLE BOOTS
WILDEST MOMENTS - JESSIE WARE
フィルム - 星野源
FUNKIN' FOR JAMAICA - TOM BROWNE
HERE'S TO NEVER GROWING UP - AVRIL LAVIGNE

STAFF| 14:38 | カテゴリー:Records

2013年04月25日

【4/25 オンエア曲リスト】Havana Brown "J-WAVE BEAT PLANET Exclusive Mix"、ほか

今日のオンエアでは、レディー・ガガ、リアーナ等の大物アーティストから引っ張りだこの美人DJ、ハヴァナ・ブラウンの、彼女がBEAT PLANETのために特別に作ってくれたExclusive Mixをお届けしました!

今日、彼女がセレクトしたパーティ・チューンは以下に記しました。どうですか、アゲアゲでしょ?Party Upでしょ?ツイッターのTLでもかなり盛り上がってましたね!J-WAVEのスタジオ内外でもサッシャをはじめアガってました!そして、SUIT & TIEやFINE CHINAなど、緩急もついた素晴らしいセレクト。日本の赤西仁さんの曲も入ってましたね!

全12曲を約15分ほどに入れた、いわゆるショートMixでしたが、これ難しいんですよ。1曲1曲、美味しいところを選びながら、それでいて自然に、そしてテンションを持続できるようにつなげていくのは、結構神経を使うんです。曲のテンポ(BPM)も少しづつ違うし、もちろんキーも違うし、クラブでのMixとは違い、つなぎの時間もあまり余裕がありません。でも上手くできると、もの凄くテンションがあがるMixでもあります。今日のMixはそんな難しさを感じさせない、とっても素晴らしいものだったかと思います。通しで聴いてみて、みなさんはいかがでしたか?

この"J-WAVE BEAT PLANET Exclusive Mix"は来月もお届けする予定です!今日聴けた方も聴けなかった方も、ぜひ来月のDJ Mixもお楽しみに!オンエア日が決まったらお知らします♪

Havana Brown

<OA曲目リスト: 2013/4/25>

STATION(MEET ME AT THE) - !!!(CHK CHK CHK)
RED ROCKET SHIP - BAWDIES
WOW - KYLIE MINOGUE
ISJAKI - SIGUR ROS
NOTHIN' ON YOU - B.O.B FEAT.BRUNO MARS
HIPS DON'T LIE - SHAKIRA FEAT.WYCLEF JEAN
TAKE FIVE - JUJU
EVERY LITTLE THING SHE DOES IS MAGIC - POLICE
ALL YOU NEED IS LOVE - BEATLES
赤い靴 - SALLEY
IRIS - GOO GOO DOLLS
ジャズィ カンヴァセイション - SOIL AND PIMP SESSIONS FEAT.RHYMESTER
LET US MOVE ON FEAT. KENDRICK LAMAR - DIDO
HUMAN - HUMAN LEAGUE
Q.U.E.E.N FEAT. ERYKAH BADU - JANELLE MONAE
タイガー&ドラゴン - CRAZY KEN BAND
GOD IS DEAD? - BLACK SABBATH

ーー Havana Brown "J-WAVE BEAT PLANET Exclusive Mix" #1 ーー
RIGHT NOW - RIHANNA FEAT.DAVID GUETTA
I KNEW YOU WERE TROUBLE(KNOCK SQUARED VOCAL MIX) - TAYLOR SWIFT
BIG BANANA - HAVANA BROWN
WET - NICOLE SCHERZINGER
TURN ME ON - DAVID GUETTA FEAT.NICKI MINAJ
GET UP(RATTLE) - FAR EAST MOVEMENT & BINGO PLAYERS
DON'T WAKE THE PJANOO MAN UP - CHRIS BROWN VS ERIC PRYDS
SCREAM&SHOUT(REIDCULOUS VOX MIX) - WILL.I.AM & BRITNEY SPEARS
TEST DRIVE(STATIC REVENGER MIX) - JIN AKANISHI
GLAD YOU CAME - THE WANTED
SUIT AND TIE - JUSTIN TIMBERLAKE
FINE CHINA - CHRIS BROWN
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

89番目の星座 - SING LIKE TALKING

STAFF| 15:19 | カテゴリー:Records

2013年04月24日

【4/24 オンエア曲リスト】HOME - CHRIS HART、ほか

今日はスタジオにクリス・ハートさんが来ました!ソウルフルな日本語の歌を歌う、サンフランシスコ出身、日本在住のシンガーで、テレビ番組「のどじまん ザ!ワールド」で優勝した、あのクリスさんです!日本に来て4年とのことですが、本当に日本語が上手でしたよ!

若い頃はクラシック楽器をやっていたとのことですが、16歳ころ、アメリカでなんとジャパニーズ・ロック・バンドをやっていたそう!地元サンフランシスコでは結構日本人が多かったらしく、「HEY!HEY!HEY!」も見ることが出来たそうです。そこで「KiroroやEvery Little Thingを聴いていた」ようなのですが、バンドはヴィジュアル系だったようです(ええっ!)。

そして、仕事で日本にくるチャンスがあり、日本へ。そして、YouTubeに日本語の歌をアップしたところ「驚くほど反響があった」ようで、道を歩いている時に声をかけられるまでになったそうです。そしてTV出演へ…。

「夢を叶えた。日本でデビューしたいという気持ちがあったんです。信じられないくらいに忙しくなったけど、それも夢みたい」とクリスさん。「日本語で歌うのは楽しい。ただ、難しいのが、歌詞を理解する作業。何回も読んで、意味を調べて、歌ってみて…。できるまで頑張らないと」と、とっても努力されている様子。その努力、そして想いが詰まったマキシ・シングル「home」が、いよいよ来週5月1日にリリース。念願の日本デビューを迎えます。

最後に、「紅白に出るよりも、日本人の心を理解して歌いたい」と語っていたクリスさん。「home」も大切な人を想いながら歌っているそうです。みなさん、ぜひ聴いてみてください!

home - Chris Hart

<OA曲目リスト: 2013/4/24>

HAPPY PILLS - NORAH JONES
HIEROGLYPHICS - MAYLEE TODD
DRAKKAR NOIR - PHOENIX
BANG - TAHITI 80
ハミングバード - CARAVAN
RAIN - MADONNA
SHE DRIVES ME CRAZY - FINE YOUNG CANNIBALS
THE VOICE - T.O.K.
STAR CHASERS - 4 HERO
KEEP SILENCE - PREDAWN
TAKE FIVE - JUJU
HEARTBEAT - ANNIE
LIGHTS ARE OUT - MAIA HIRASAWA
ワンモアタイム - 斉藤和義
MR.BLUE SKY - E.L.O.
SCREAM AND SHOUT - WILL.I.AM FEAT.BRITNEY SPEARS
I WANNA BE YOUR LOVER - CORINNE BAILEY RAE
LITTLE NUMBERS - BOY
HOME - CHRIS HART
FIREFLIES - OWL CITY
HOLD ME NOW - THOMPSON TWINS
WEEKEND - SUGIURUMN

STAFF| 21:21 | カテゴリー:Records

2013年04月23日

【4/23 オンエア曲リスト】ドリーム・バイキング・ロック - 怒髪天、ほか

本日は、明日ニューアルバム『ドリーム・バイキングス』をリリースする怒髪天の増子直純さん(本日47歳の誕生日!)がスタジオ生出演!昨年末の下北沢出張オンエアに引き続きの生出演、今回も爆笑トークを聴かせてくれました!

今回はそのトークの中で出てきた増子さんの名言を少しご紹介します。

===================

「前回『Tabbey Road』で「名盤作っちゃった!」と思ったけど、29年目の今作は、はじめて「才能あるんじゃねぇか!」と思うほど、すっごいいいのができた!」

「音楽は、楽しい思いをひとつふやすことができる」

「ロックンロールくらい、明るく行こうよ」

「昨年の福島でのライヴの時、最後は雨ふってきた。こんなに神様から意地悪されるってことは、神様は俺らのこと好きなんじゃねぇか?」

「29年やってきて、情熱だけで常識を超えてきた」

「ストーンズは、あんなに悪いことしてきて、絶対ヘルシーじゃない。彼らに比べると我々はまだまだ。全然新人。経験値低い」

「『愛』という言葉は、曲で使うのは安易だなと思ってた。だけど、震災で支援活動をやってるうちに芽生えてきた気持ち、この気持ちはなんなんだと。これは愛でしかない。ほかの言葉がない」

<<番外>>

「遠くのものが良く見えるジェネレーションになりました」

===================

いかがでしたか?変わらぬ増子ワールドにスタジオは笑ったり頷いたり…。とにもかくにも、お越しいただきありがとうございました!

怒髪天は明日、アルバム『ドリーム・バイキングス』をリリース!明日夜は、タワーレコード渋谷店にてミニライヴ&トークイベント(ゲストは箭内道彦さん)。そして来月からは全国28公演のツアーに出発!さらに来年1月12日は武道館での初ライヴも!

まだまだいけちゃう増子さん、そして怒髪天のみなさん、応援してますー!!

ドリーム・バイキングス - 怒髪天

<OA曲目リスト: 2013/4/23>

UPRISING - MUSE
CALL ME MAYBE - CARLY RAE JEPSEN
RPG - SEKAI NO OWARI
GET LUCKY - DAFT PUNK FEAT.PHARRELL WILLIAMS
WORD ON A WING - DAVID BOWIE
SET YOUR HEART - CYNDI LAUPER
SEVEN DAYS - 大橋トリオ
TOUR DE FRANCE ETAPE 2 - KRAFTWERK
LIGHTS ARE OUT - MAIA HIRASAWA
僕たちの不確かな前途 - さかいゆう
HOMELY GIRL - SCOTT AND RIVERS
RAY OF LIGHT - MADONNA
水星 feat. オノマトペ大臣 - TOFUBEATS
ACROSS 110TH STREET - BOBBY WOMACK AND PEACE
I LOVE YOUR SMILE - SHANICE WILSON
BAD GIRLS - M.I.A.
TONIGHT,TONIGHT - SMASHING PUMPKINS
ドリーム・バイキング・ロック - 怒髪天
HERE'S TO NEVER GROWING UP - AVRIL LAVIGNE
ENTERTAINMENT - PHOENIX

STAFF| 20:04 | カテゴリー:Records

2013年04月22日

【4/22 オンエア曲リスト】BABY'S GOT IT - MAYLEE TODD、ほか

今日のMUSIC EXPRESSのコーナーでは、カナダのグラミー賞とも言われるJuno Awardsをご紹介しましたが、今日のプレイリストの中でもカナダのアーティストをピックアップしてみます。ピックアップするのはメイリー・トッド

カナダはトロントを拠点とする彼女。デビューは2010年で、1stアルバム『Choose Your Own Adventure』をリリース。昨年はシングル「Hieroglyphics」をリリースして、日本を含め各国のラジオでもオンエアされ、じわじわと話題に(先週のミュージック・シェアでも、リスナーさんからこの曲をシェアいただきました。彼女のHPから無料ダウンロードもできます。)。懐かしいダンス・チューンだったり、ソウル/ファンクっぽかったり、ボサノヴァっぽかったり、でもポップだったり。いろいろなカラーを持ち、それにあわせてかMVもバラエティに富んだ映像に。聴いても見ても楽しいアーティストです。ちなみに、彼女の作業部屋が映っている映像もYouTubeにアップされていて、そこには、様々なギター、ベース、キーボード、パーカッションのほか、ハープや、あのテノリオンまであったりします。

そんな彼女が、今月ニュー・アルバム『Escapology』をリリース。シングル曲「Baby's Got It」はMTVでもプッシュされていて、みなさんも聴く機会が増えていくのではないでしょうか?

そして来日公演も決定!一夜限りですが、6月22日(土)にビルボードライブ東京で行われます(2ステージあります)。どんな一面を魅せてくれるのか楽しみです!

Escapology - Maylee Todd

<OA曲目リスト: 2013/4/22>

IT'S ALRIGHT,IT'S OK - PRIMAL SCREAM
いろはにほへと - 椎名林檎
THE FEAR - LILY ALLEN
アリよさらば - 矢沢永吉
2 HEARTS - DIGITALISM
ALL THE TIME - STROKES
ONE WAY OR ANOTHER - ONE DIRECTION
THE CHOICE IS YOURS - RHYMESTER
THE BEAT GOES ON - BEADY EYE
HOW YA DOIN' - LITTLE MIX FEAT.MISSY ELLIOTT
SUIT AND TIE - JUSTIN TIMBERLAKE FEAT.JAY Z
FINE CHINA - CHRIS BROWN
LOVE LIKE THIS - FAITH EVANS
BETTER TOGETHER - JACK JOHNSON
GENESIS - GRIMES
DANCING IN THE STREET - DAVID BOWIE/MICK JAGGER
CANNED HEAT(RADIO EDIT) - JAMIROQUAI
NEXT TIME AROUND - ABIAH
OH YEAH - KREVA
さらさら - SPITZ
JUST THE WAY YOU ARE - BRUNO MARS
BABY'S GOT IT - MAYLEE TODD
FOLLOW ME - MUSE
BACK 2 THE WILD - BASEMENT JAXX
1977 - GRAPEVINE
WE ARE NEVER EVER GETTING BACK TOGETHER - TAYLOR SWIFT
スカートの砂 - UA

STAFF| 20:47 | カテゴリー:Records

2013年04月18日

【4/18 オンエア曲リスト】DREAMS TODAY - EFTERKLANG、ほか

今週のBEAT PLANETは「いい音楽をシェアしよう!〜あなたとアーティストで作るプレイリスト!」と題して、リスナー、番組、そして国内外の人気アーティストから「シェアしたい曲」を集める1週間でした!アーティストはカール・ハイド(UNDERWORLD)、Ne-Yo、ZEDD、フォール・アウト・ボーイ、マイア・ヒラサワ、スガシカオ、斉藤和義、EGO-WRAPPIN'、ナオト・インティライミ、星野源が参戦!シェアしたい1曲、そして選んだ気持ちをお送りいただいたみなさん、ありがとうございました!

シェアされた曲は、公式動画などを用いて番組がプレイリストにしています。4日間でちょうど100曲!みなさんのミュージック・シェアを聴き返すもよし、さらにそれらをシェアするもよし。いい音楽を自由に楽しんでください!

J-WAVE BEAT PLANET ミュージック・シェア プレイリストはこちら! (Pinterest)

というわけで、最終日のオンエア曲数も25曲!今日の参加アーティストはカール・ハイド(UNDERWORLD)、フォール・アウト・ボーイ、ナオト・インティライミさんの3組でした!

カール・ハイドはエフタークラングの「DREAMS TODAY」をミュージック・シェア。最近は様々なジャンルの音楽を聴いているようですが、「ひとつ選ぶとしたらこれ。ボードウォークを走っている音からリズムになっていく。他に見た事のないグループ。いつか一緒にできたらいいな。」とコメント。

フォール・アウト・ボーイのジョーは、クイーンズ・オヴ・ザ・ストーン・エイジの「IN THE FADE」をシェア。「すごくメロウで浮遊感があって、スペーシーなんだけど、歌詞にもすごく共感を覚える作品なんだ」と語っていました。

そしてナオトさんは、シャキーラの「Rabiosa」をシェアしてくれました。この曲を知ったキッカケはPVだったようで、彼女の美しさにイチコロだった模様。「セクシーな、あの『シャキーラダンス』と言いますか。世界一、腰クネクネセクシーダンスがヤバイ、最高なんです。あとね、曲の中でもパンチが、フックがあるんですよ、歌いたくなるポイントがあるんですよ!ラヴィオーサ!〜〜〜〜♪〜〜〜〜♪ぁラッタッタ!!!ここですね!」と、とっても熱くコメントいただきました(笑)

ナオトさんおすすめのシャキーラをはじめ、プレイリストでは動画や音源が試聴できますので、ぜひチェックしてみてください!

J-WAVE BEAT PLANET: Music Share - Apr 18 2013 (Pinterest)

Piramida - Efterklang

<OA曲目リスト: 2013/4/18>

SETTING SUN - CHEMICAL BROTHERS
ESCAPADE - JANET JACKSON
ONE VISION - QUEEN
DOMINO - JESSIE J
さらさら - SPITZ
MY SONGS KNOW WHAT YOU DID IN THE DARK(LIGHT EM UP) - FALL OUT BOY
IN THE FADE - QUEENS OF THE STONE AGE
ひとつだけ - 矢野顕子
HIGHWAY STAR - DEEP PURPLE
MISERY - MAROON 5
#THATPOWER - WILL.I.AM FEAT.JUSTIN BIEBER
EMOTIONS - MAN WITH A MISSION
THE BOY WITH THE JIGSAW PUZZLE FINGERS - KARL HYDE
DREAMS TODAY - EFTERKLANG
BEAUTIFUL WORLD - LOVE PSYCHEDELICO
SUPREMACY - MUSE
LOVE LOVE LOVE - TRISTAN PRETTYMAN
DON'T TELL ME - MADONNA
CREEP - RADIOHEAD
恋する季節 - ナオト・インティライミ
RABIOSA - SHAKIRA FEAT.EL CATA
GOOD TIME - OWL CITY/CARLY RAE JEPSEN
憂、燦々 - クリープハイプ
NEXT YEAR - TWO DOOR CINEMA CLUB
EVERGREEN - MY LITTLE LOVER

STAFF| 22:39 | カテゴリー:Records

2013年04月18日

『ハンガリアン・ラプソディ 〜クイーン・ライヴ・イン・ブタペスト 1986』の「爆音上映会」開催!

昨日4月17日、青山にてクイーンの最新DVD、『ハンガリアン・ラプソディ 〜クイーン・ライヴ・イン・ブタペスト 1986』の「爆音上映会」が開催されました!約20倍の確率を潜りぬけたクイーンファンが集結。ノリにノっている1986年のライヴを、床が揺れるくらいの爆音で楽しんでいただきました。

会場では、我らがサッシャがMCを務め、また、クイーンに造詣が深く、自他ともに「JAPANESE FREDDIE」と認めるROY氏をゲストに迎えたスペシャル・トークも開催。そして、レアものを含むクイーンのグッズプレセント抽選会も行いました。当たったみなさん、おめでとうございます!

約2時間の上映後、思わず「アンコール」と言ってしまったファンもいた模様。クイーン初来日というメモリアル・デイに行われたこの上映会は、大盛況のうちに終了しました。

本当に偉大で全く色褪せないクイーン、そしてフレディ。残念ながら来れなかったみなさん、ぜひぜひDVDをチェックください!

ハンガリアン・ラプソディ 〜クイーン・ライヴ・イン・ブタペスト 1986

Sascha and Roy

Roy

STAFF| 15:33 | カテゴリー:エトセトラ

2013年04月17日

【4/17 オンエア曲リスト】MAKE LOVE TO ME - LUKE JAMES、ほか

今週のBEAT PLANETは「いい音楽をシェアしよう!〜あなたとアーティストで作るプレイリスト!」と題して、リスナー、番組、そして国内外の人気アーティストから「シェアしたい曲」を集める1週間です!アーティストはカール・ハイド(UNDERWORLD)、Ne-Yo、ZEDD、フォール・アウト・ボーイ、マイア・ヒラサワ、スガシカオ、斉藤和義、EGO-WRAPPIN'、ナオト・インティライミ、星野源が参戦!あなたも、シェアしたい1曲、そして選んだ気持ちを添えて、ぜひ送ってください!曲とメッセージを送っていただいた方の中から抽選で、最終日もiTunesカード3000円分×5名にプレゼントします!

そして、シェアされた曲は、公式動画などを用いて番組がプレイリストにしています。みなさんのミュージック・シェアを聴き返すもよし、さらにそれらをシェアするもよし。いい音楽を自由に楽しんでください!

J-WAVE BEAT PLANET ミュージック・シェア プレイリストはこちら! (Pinterest)

というわけで、3日目の今日のオンエア曲数は25曲!リスナーのみなさん、たくさんのミュージック・シェア、ありがとうございました!そして、今日の参加アーティストはNE-YO、斉藤和義さんのおふたり!

NE-YOは、自身が曲を考えたという、新しいR&Bアーティスト、ルーク・ジェームスの「MAKE LOVE TO ME」をシェア。「声も素晴らしいし、素晴らしく上手く歌える。その上いい人、地にちゃんと足がついている人なんだ」と、彼をオススメ。モータウンに移籍して新人アーティスト教育を行なっているNE-YOらしいコメントでした。

斉藤さんは、BLONDIEの「CALL ME」をミュージック・シェア。自分のベストテープを作る時に必ず入っていた曲だそうで、「ヴォーカルのデボラ・ハリーさんがエロくてですね、ライブの映像を最近見たりすると、すごくバンドもカッコいいんです」とコメントしています。

アーティストのみなさんが好きな曲、彼らの楽曲作りにも影響しているかもしれませんね。ぜひプレイリストからチェックしてみてください!

J-WAVE BEAT PLANET: Music Share - Apr 17 2013 (Pinterest)

MAKE LOVE TO ME - LUKE JAMES

<OA曲目リスト: 2013/4/17>

ENTERTAINMENT - PHOENIX
CALIFORNIA GURLS - KATY PERRY FEAT.SNOOP DOGG
ワンダーフォーゲル - くるり
NO SCRUBS - TLC
JUST THE WAY YOU ARE - BRUNO MARS
LIGHTS ARE OUT - MAIA HIRASAWA
CALL ME - BLONDIE
THE JOURNEY(THE FANTASTIC PLASTIC MACHINE RED SPECIAL REMIX) - FATBOY SLIM
今夜はブギー バック - 小沢健二 FEAT.スチャダラパー
TAKE FIVE - JUJU
初花凛々 - SINGER SONGER
1979 - SMASHING PUMPKINS
FINE CHINA - CHRIS BROWN
PUT YOUR RECORDS ON - CORINNE BAILEY RAE
TAP OUT - STROKES
DIAMONDS - RIHANNA
JUST THE TWO OF US - GROVER WASHINGTON,JR. FEAT.BILL WITHERS
DON'T PHUNK WITH MY HEART - BLACK EYED PEAS
虹(SHORT CUT MIX) - 電気グルーヴ
IT'S A BEAUTIFUL DAY - MICHAEL BUBLE
晴れたらいいね - DREAMS COME TRUE
MAKE LOVE TO ME - LUKE JAMES
リルラ リルハ - 木村カエラ
SOWING THE SEEDS OF LOVE - TEARS FOR FEARS
FREE - DONAVON FRANKENREITER FEAT.JACK JOHNSON

STAFF| 21:12 | カテゴリー:Records

2013年04月16日

【4/16 オンエア曲リスト】光と影 - ハナレグミ、ほか

今週のBEAT PLANETは「いい音楽をシェアしよう!〜あなたとアーティストで作るプレイリスト!」と題して、リスナー、番組、そして国内外の人気アーティストから「シェアしたい曲」を集める1週間です!アーティストはカール・ハイド(UNDERWORLD)、Ne-Yo、ZEDD、フォール・アウト・ボーイ、マイア・ヒラサワ、スガシカオ、斉藤和義、EGO-WRAPPIN'、ナオト・インティライミ、星野源が参戦!あなたも、シェアしたい1曲、そして選んだ気持ちを添えて、ぜひ送ってください!曲とメッセージを送っていただいた方の中から抽選で、毎日iTunesカード3000円分×5名にプレゼントしています!

そして、シェアされた曲は、公式動画などを用いて番組がプレイリストにします。みなさんのミュージック・シェアを聴き返すもよし、さらにそれらをシェアするもよし。いい音楽を自由に楽しんでください!

J-WAVE BEAT PLANET ミュージック・シェア プレイリストはこちら! (Pinterest)

というわけで、2日目の今日のオンエア曲数は24曲!リスナーのみなさん、たくさんのミュージック・シェア、ありがとうございました!そして、今日の参加アーティストはスガ シカオさん、マイア・ヒラサワさん、EGO-WRAPPIN'の3組!

スガさんは、ハナレグミの「光と影」をミュージック・シェア。「世の中には表と裏、光と影っていうのがあって、この曲を聞くと影もあるけどちゃんと光を見つけに行こうって、現実をとらえた上で前向きになれるそんな歌詞を永積くんがかっこよく歌っていて曲もすごくポップで好きなんですね。」とコメント。

マイア・ヒラサワさんは、ビーチ・ボーイズの「GOD ONLY KNOWS」をシェア。「とにかくこの曲は完璧!歌詞はラブリーだし、メロディーも素敵だし、本当に自分が書けてたらと…。」とのこと。12歳の時から好きで、今でもフェイバリットな曲なようです。

EGO-WRAPPIN'のお二人のシェアは、テニスの「ORGINS」。お友達の方がおすすめしていた曲のようですが、車を運転する時、朝でも昼でも帰り道でもあう曲、とのこと。中納さん「元気になるのがいいじゃないですか。明るい感じがいいなーと思って。」、森さん「一見、バックの背景が違ったらポップスにありがちなとこやけど、アレンジがスタイリッシュでいいんやろね。」とコメントしています。

アーティストのみなさんが好きな曲、彼らの楽曲作りにも影響しているかもしれませんね。ぜひプレイリストからチェックしてみてください!

J-WAVE BEAT PLANET: Music Share - Apr 16 2013 (Pinterest)

光と影 - ハナレグミ

<OA曲目リスト: 2013/4/16>

THIS KISS - CARLY RAE JEPSEN
MIRRORS - JUSTIN TIMBERLAKE
FUTURE - EGO WRAPPIN'
I WON'T GIVE UP - JASON MRAZ
ORIGINS - TENNIS
DIG A PONY - BEATLES
いろはにほへと - 椎名林檎
KISS YOU - ONE DIRECTION
THROUGH THE NEVER - METALLICA
メランコリニスタ - YUKI
WE ARE YOUNG - FUN.
I STILL HAVEN'T FOUND WHAT I'M LOOKING FOR - U2
LIGHTS ARE OUT - MAIA HIRASAWA
GOD ONLY KNOWS - BEACH BOYS
HIEROGLYPHICS - MAYLEE TODD
RIBBON IN THE SKY - STEVIE WONDER
さらさら - SPITZ
NO ONE - ALICIA KEYS
ドリーマーズ ハイ - RADWIMPS
アイタイ - スガシカオ
光と影 - ハナレグミ
GREEN GARDEN - LAURA MVULA
YEAH YEAH - WILLY MOON
BEAT IT - MICHAEL JACKSON

STAFF| 20:03 | カテゴリー:Records

2013年04月15日

【4/15 オンエア曲リスト】ONE MORE TIME - DAFT PUNK、ほか

今週のBEAT PLANETは「いい音楽をシェアしよう!〜あなたとアーティストで作るプレイリスト!」と題して、リスナー、番組、そして国内外の人気アーティストから「シェアしたい曲」を集める1週間です!アーティストはカール・ハイド(UNDERWORLD)、Ne-Yo、ZEDD、フォール・アウト・ボーイ、マイア・ヒラサワ、スガシカオ、斉藤和義、EGO-WRAPPIN'、ナオト・インティライミ、星野源が参戦!あなたも、シェアしたい1曲、そして選んだ気持ちを添えて、ぜひ送ってください!曲とメッセージを送っていただいた方の中から抽選で、毎日iTunesカード3000円分×5名にプレゼントします!

そして、シェアされた曲は、公式動画などを用いて番組がプレイリストにします。みなさんのミュージック・シェアを聴き返すもよし、さらにそれらをシェアするもよし。いい音楽を自由に楽しんでください!

J-WAVE BEAT PLANET ミュージック・シェア プレイリストはこちら! (Pinterest)

というわけで、迎えた初日。今日のオンエア曲数は26曲!リスナーのみなさん、たくさんのミュージック・シェア、ありがとうございました!そして、今日の参加アーティストは星野源さん、Zeddのお二人!

星野源さんはジェームス・テイラーの「NOBODY BUT YOU」をミュージック・シェア。「この曲を初めて聞いた時に、すごく盛り上がったんですね。曲調が盛り上がっているわけじゃないのに、すごく落ち着いた声に落ち着いたアレンジではあるんですが、その裏側にとてもソウルフルなものを感じてしまいまして…」とのこと。Zeddはダフト・パンクの「ONE MORE TIME」をシェア。一番最初に聞いたエレクトロの曲でもあるし、一番最初に買ったエレクトロのアルバムが「ディスカバリー」だったということで、セレクトしてくれたようです。

ジャンルは違えど、どちらも素晴らしい曲ですよねー。まだ聴いたことがないみなさん、ぜひプレイリストからチェックしてみてください!

J-WAVE BEAT PLANET: Music Share - Apr 15 2013 (Pinterest)

Discovery - Daft Punk

<OA曲目リスト: 2013/4/15>

CHARLIE BROWN - COLDPLAY
夢の外へ - 星野源
YOU CAN'T JUDGE A BOOK BY THE COVER - STRYPES
BACK 2 THE WILD - BASEMENT JAXX
DON'T LOOK BACK IN ANGER - OASIS
イージュー ライダー - 奥田民生
NOBODY BUT YOU - JAMES TAYLOR
HUMAN BEHAVIOUR - BJORK
やさしい気持ちで - SUPERFLY
WHAT THE HELL - AVRIL LAVIGNE
THE END IS THE BEGINNING IS THE END - SMASHING PUMPKINS
アイタイ - スガシカオ
KISS OF LIFE - SADE
TALKIN' TO YOU - MABANUA
カイト - BONNIE PINK
SUPER GIRL - 木村カエラ
KOKOMO - BEACH BOYS
SANTERIA - SUBLIME
ジャズィ カンヴァセイション - SOIL AND PIMP SESSIONS FEAT.RHYMESTER
I COULD BE THE ONE - AVICII/NICKY ROMERO
DOVREGUBBEN - ZEDD
SPECTRUM - ZEDD FEAT.MATTHEW KOMA
THE LEGEND OF ZELDA - ZEDD
ONE MORE TIME - DAFT PUNK
CONTACT HIGH - ALLEN STONE
夜の踊り子 - サカナクション

STAFF| 20:14 | カテゴリー:Records

2013年04月11日

【4/11 オンエア曲リスト】GOD SAVE THE QUEEN - SEX PISTOLS、ほか

はい、今日のオンエアでは、先週PiLで来日していた元セックス・ピストルズのジョン・ライドン(ジョニー・ロットン)のインタビューをお届けしました!

オンエアをお聴きになられた方はおわかりかと思いますが、とにかくハイテンションな、ある意味ジョン・ライドンらしいインタビューとなりました。どうやら熱燗を飲んでいたのも手伝っていたようですが…^^; 聴けなかった方のために、ここで彼の発言を少しご紹介!

「好きなのはダイビング。白いサメと一緒に泳ぐのが好きなんだ」

→ええっ!彼がダイビング!?…と思われる方がほとんどかと思います。実は昨年出したニューアルバム『This is PiL』の前の20年間は、「レコード業界から嫌がらせを受けていた」そうで何回も破産していたそう。その間、音楽以外のいろいろな仕事をした中で、プロのダイバーにもなっていたそうなんです。なのでサメが好きになったのでしょう。それにしてもめげずに真面目に頑張っていたジョン・ライドン、惚れますね〜。

「スティングもビヨークも政治の話はするけど、身近な人を救っていないじゃないか。俺は救ってる。彼らはファッションでやってるんだ」

「システムは変えられる。システムに変えられるな」

「真実はライヴにあるんだ。ツイッターにはない!」

などなど。いやー、酔っ払っていてもカッコいいですね!サッシャはこのレジェンドの言葉を12cmの至近距離で聴いていたそうです。羨ましい!

ジョン・ライドン、いつまでもパンクで、カッコよくいて欲しいですね!

Never Mind the Bollocks Here's the Sex Pistols - Sex Pistols

<OA曲目リスト: 2013/4/11>

FAKE LOVE - BLENDE
ANARCHY IN THE U.K. - SEX PISTOLS
君ノ瞳ニ恋シテル - 椎名林檎
OH ENGLAND MY LIONHEART - KATE BUSH
DREAM CATCH ME - NEWTON FAULKNER
DREAMS - FLEETWOOD MAC
CUT ME SOME SLACK - SOUND CITY
余白の余韻 - おおはた雄一
SPECTRUM(LIVETUNE REMIX FEAT.初音ミク) - ZEDD FEAT.MATTHEW KOMA
SEVEN SWELL〜BASED ON NIJI〜 - LAMA
I WANNA DANCE WITH SOMEBODY(WHO LOVES ME) - WHITNEY HOUSTON
KEEP SILENCE - PREDAWN
CIRCUS - ERIC CLAPTON
FINE CHINA - CHRIS BROWN
MERCY - DUFFY
ETERNAL FLAME - BANGLES
MR.ECHO - NICO TOUCHES THE WALLS
YOU STOLE THE SUN FROM MY HEART - MANIC STREET PREACHERS
ONE DROP - PUBLIC IMAGE LTD.
GOD SAVE THE QUEEN - SEX PISTOLS
BORN SLIPPY - UNDERWORLD

STAFF| 14:20 | カテゴリー:Records

2013年04月10日

【4/10 オンエア曲リスト】LIGHTS ARE OUT - MAIA HIRASAWA、ほか

本日のオンエアでは、来月ニュー・アルバム「WHAT I SAW」を発売するマイア・ヒラサワさんの電話インタビュー(from スウェーデン)、そしてアルバムからの新曲をジャパンプレミアでオンエアしました!

ここでは、そのインタビューの内容を少しお届けします。

昨年、双子のお子さまを出産し、母親になられたマイアさん。母親になって「It's great!」と喜びを語っていました。妊娠している時は入院していて、歌うことも出来なかったそうですが、出産して3ヶ月目くらいから再び作り始めたそう。「歌えなかったことは悲しいことではなかったです。希望がありました」とのこと。

ニュー・アルバム「WHAT I SAW」については、「前よりもダークな感じ」とマイアさん。前作よりもシンセを多用していて、歌詞もシリアスなものが増えているようです。また、初めてプロデューサーを起用していて(ピーター・ビヨーン&ジョンも手掛ける、ラッセ・マーテン)、これについては「今回は新しいアイディアを入れたかった。自分で全部やるのはタフなこと。プロデューサーを起用するのは勇気がいることだったけど、この人だったら信用できると思った」そうです。

5月には、ニュー・アルバム発売だけではなく、来日も控えているマイアさん。「日本は第2の故郷」とのことで非常に楽しみにしているようです。スタジオにもぜひ行きたい、とのことでした!お待ちしております!

What I Saw - Maia Hirasawa

<OA曲目リスト: 2013/4/10>

HOLD ON - WILSON PHILLIPS
CHOCOLATE - THE 1975
HIEROGLYPHICS - MAYLEE TODD
HERE'S TO NEVER GROWING UP - AVRIL LAVIGNE
ミュージック - サカナクション
ALL I NEED IS EVERYTHING - AZTEC CAMERA
SAFE AND SOUND - CAPITAL CITIES
DO IT WELL - JENNIFER LOPEZ
IRRESISTIBLEMENT - SYLVIE VARTAN
JAMAICA - THEME PARK
ジュブナイル - AMAZARASHI
YOU CAN'T FIX THIS - STEVIE NICKS/DAVE GROHL/TAYLOR HAWKINS/RAMI JAFFEE
DREAMER - JUJU
JUMP - VAN HALEN
PUFF - PETER PAUL AND MARRY
DIRTY FUNK - STEVE APPLETON
TALKIN' TO YOU - MABANUA
アイタイ - スガシカオ
SHE WOLF(FALLING TO PIECES) - DAVID GUETTA FEAT.SIA
LIGHTS ARE OUT - MAIA HIRASAWA
SUIT AND TIE - JUSTIN TIMBERLAKE FEAT.JAY Z
YOU CAN CALL ME AL - PAUL SIMON
ツバメ - 山崎まさよし

STAFF| 19:22 | カテゴリー:Records

2013年04月09日

【4/9 オンエア曲リスト】THE PHOENIX - FALL OUT BOY、ほか

本日のオンエアでは、今年に入って突如復活を宣言し新曲を発表、先週緊急来日&ライヴ、来週アルバム発売、そして今年のサマソニに出演と、畳みかける勢いがなんとも嬉しいフォール・アウト・ボーイ(以下FOB)のサッシャ直撃インタビューをお届けしました!インタビューはパトリック・スタンプとジョー・トローマンが答えてくれました。

活動休止に至ったのは「ずっと走りっぱなしで疲れてしまった」からとのこと。ただ、活動休止の4年間も、メンバーは連絡をとりあっていたようで(メンバーは同じ街に住んでいた模様)、そのうちに「一緒に曲を作ってみようか」という話になり、やってみたらFOBっぽい曲がたくさんできて、そしてアルバムを出そうという流れだったようです。

その4年間で「人として成長した」そうで、「今が一番仲がいい状態」とのこと。信頼関係も高まっているようで、今後もずっと活動を続けていくそうです(嬉)。

そんな状態でリリースされるニュー・アルバム『セイヴ・ロックンロール ‐FOBのロックンロール宣言!』、ガッツな先行2曲を含め期待が膨らむばかり。「アルバムはシネマティックでストーリー性がある」とのことで、曲の並び順も相当議論を重ねた模様。「若い人達はアルバムの意識がなくなっているのだろうけど、僕たちはアーティストとしてアルバムにこだわっていきたい」と彼らはコメントしています。来週が楽しみですね!

次はサマソニで来日。先週見逃した方、気合十分の彼らのパフォーマンスをぜひチェックくださいー!

Save Rock and Roll - Fall Out Boy

<OA曲目リスト: 2013/4/9>

JAZZY CONVERSATION - SOIL AND PIMP SESSIONS FEAT.RHYMESTER
ONE WAY OR ANOTHER(TEENAGE KICKS) - ONE DIRECTION
I LOVE ROCK 'N ROLL - JOAN JETT AND THE BLACKHEARTS
SOMEDAY FEAT STEVEN TYLER - JULIAN LENNON
アイタイ - スガシカオ
SWEET SEASONS - CAROLE KING
HOME AGAIN - MICHAEL KIWANUKA
NUCLEAR - DESTINY'S CHILD
DISTANCE - 宇多田ヒカル
春は、今、、 - TOKYO NO.1 SOUL SET
HOLIDAYS IN THE SUN - SEX PISTOLS
HELTER SKELTER - BOOM BOOM SATELLITES
ROLLING IN THE DEEP - ADELE
赤い靴 - SALLEY
WALK ON - U2
THE CAVE - MUMFORD AND SONS
50 WAYS TO LEAVE YOUR LOVER - PAUL SIMON
さらさら - SPITZ
ANGEL - SARAH BRIGHTMAN
EVERY LITTLE THING - BEATLES
MY SONGS KNOW WHAT YOU DID IN THE DARK(LIGHT EM UP) - FALL OUT BOY
THE PHOENIX - FALL OUT BOY
マジックカラー - AMIAYA
WEST END GIRLS - PET SHOP BOYS

STAFF| 14:18 | カテゴリー:Records

2013年04月08日

【4/8 オンエア曲リスト】AMOK - ATOMS FOR PEACE、ほか

本日のオンエアでは、11月に初の単独来日公演となるアトムス・フォー・ピースのチケット先行予約を行いましたが、東京公演3日分とも早々に規定枚数に達してしまいました。お申込みできなかったみなさん、ごめんなさい!4/20の一般発売をお待ちください。また、お申込みいただいたみなさん、ありがとうございました!

トム・ヨーク、ナイジェル・ゴッドリッチ、さらにレッチリのフリー、REMやベックともプレイしたドラマー、ジョーイ・ワロンカー、さらに、ブラジル人パーカッショニストのマウロ・レフォスコ。こんなスゴいメンバーが揃ったアトムス・フォー・ピース。本日の番組後半では、そのトム・ヨーク、ナイジェル・ゴドリッチのインタビューをお届けしました。ここで少しその内容をお届けしますね。

そもそも、トムが彼らと一緒にやろうと思った決め手はなんだったんでしょうか…?

======================

トム・ヨーク:「まず僕は、『ジ・イレイザー』をライヴで演奏する方法を見つけたかった。で、ジョーイは僕とナイジェルの友達で、よく会っていたし、彼の演奏を見たこともあったし、彼のプレイの大ファンだったから、一緒にプレイする口実が欲しかったのさ(笑)。そしてフリーについては、彼が『ジ・イレイザー』を気に入っていることを知っていた。バックステージなんかで会った時に、よく話をしていたからね。

それに、エレクトロニックスを一切使わず、オーガニックにアルバムを再現したかったから、そのためにはパーカッショニストが必要に思えた。ラテン畑のパーカッショニストがね。

そんなわけで、“みんながその気だったらやろう、でなければやりたくない”って感じで、全員にメールを送ってみたら、すぐさま“イエス”という返事が返ってきた。だから…やることになったのさ。」

======================

トム・ヨークはアルバムを作る時、歌詞について、意味を探さないように努めていたそう。そしてヴォーカル・スタイルについても、こんな事を話しています。

======================

トム・ヨーク:「このアルバムには特に多いんだけど、例えば『Amok』という曲では普段とは違う試みを取り入れていて、ヴォーカルは主役じゃなくて、単に音楽面で、曲の中で起きていることを表現しているように感じた。ヴォーカルは言わば句読点で、時の中に時を刻むような、ただ調子を取っているような気がしたんだ。」

ナイジェル・ゴドリッチ:「でもクールだと思う。そういう声の存在が重要で、誰かが耳元で囁いているような感じだよね。」

トム・ヨーク:「うん。僕はいつも特定のヴォーカル表現に魅了されてきたんだ。アフロビートにはもちろんそういう要素があるし、子供の頃の僕は(トーキング・ヘッズの)『リメイン・イン・ライト』を聴いていて、なぜデヴィッド・バーンがああやって半分喋るように歌っているのか理解出来なかった。その後、フェラ・クティとかアフロビートに行き着いた頃には理解出来るようになったけどね。声は、普通に歌ってばかりいる必要はないんだってことを。声は様々な異なる形で届く。音楽の中からいろんな異なる形で現れる。」

======================

「独特」を超える強烈な個性を放つスーパーバンド、アトムス・フォー・ピース。11月の来日公演は伝説となるかもしれません。。

Amok - Atoms For Peace

<OA曲目リスト: 2013/4/8>

DEFAULT - ATOMS FOR PEACE
PUT YOUR RECORDS ON - CORINNE BAILEY RAE
ワンモアタイム - 斉藤和義
I WANT YOU TO WANT ME - CHEAP TRICK
BIG BANANA - HAVANA BROWN
SUMMER PARADISE - SIMPLE PLAN FEAT.TAKA
水中の光 - EGO WRAPPIN'
手紙〜拝啓 十五の君へ〜 - ANGELA AKI
BECAUSE WE CAN - BON JOVI
ALL RIGHT PART2 - ASIAN KUNG FU GENERATION/橋本絵莉子
HAPPY PEOPLE - R.KELLY
YOU'RE BEAUTIFUL - JAMES BLUNT
NO.1 FEAT G.RINA - TOFUBEATS
THATPOWER - WILL.I.AM FEAT.JUSTIN BIEBER
大きな玉ねぎの下で〜はるかなる想い - 爆風スランプ
BABY'S GOT IT - MAYLEE TODD
なんてったって春 - サカナクション
SUIT AND TIE - JUSTIN TIMBERLAKE FEAT.JAY Z
JUDGE JURY AND EXECUTIONER - ATOMS FOR PEACE
AMOK - ATOMS FOR PEACE
GREEN GARDEN - LAURA MVULA
THE STARS(ARE OUT TONIGHT) - DAVID BOWIE
HERE I AM - DANCE FEAT.MAIA HIRASAWA

STAFF| 21:34 | カテゴリー:Records

2013年04月08日

ハヴァナ・ブラウンのEXCLUSIVE MIXをON AIR!

レディー・ガガ、リアーナ等、大物アーティストからオープニングDJとしてひっぱりだこなハヴァナ・ブラウン。しかも!歌、 ダンス、 DJ、全てをこなしてしまう欲張り美人!

そんな彼女のオリジナルDJ MIXを、BEAT PLANETのために制作して頂くことが決まりました!

世界中から引っ張りだこのハヴァナがセレクトする最新パーティーチューン、第1回目は4/25を予定しています。お聴き逃し無く!

Havana Brown

ハヴァナ・ブラウン 日本オフィシャルサイト
http://www.universal-music.co.jp/havana-brown

J-WAVE BEAT PLANET オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

J-WAVE BEAT PLANET オフィシャルFacebookページ
https://www.facebook.com/BeatPlanet813

STAFF| 11:54 | カテゴリー:エトセトラ

2013年04月04日

【4/4 オンエア曲リスト】CLARITY - ZEDD FEAT.FOXES、ほか

本日のオンエアでは、先週末のダンス・ミュージック・フェス、「Springroove」に出演し、幕張メッセをアゲにアゲてくれたEDM界の雄、ZEDDのインタビューをお届けしました!彼はロシア生まれのドイツ育ち。なので、サッシャはドイツ語でインタビュー!ZEDDは英語よりもドイツ語のほうが話しやすかったそうです。リラックスしてお話できたでしょうか?

彼は4歳でピアノを、12歳でドラムを始め、そしてジャスティスに出会ってエレクトリックの世界に入っていったようですが、バンドをやっているころはMUSEのような音を出していたそうで、次第にメタル/ハードコアになっていったそう(これはこれで気になりますね)。ロックからエレクトリックに変わっていった理由は特にないそうですが、「その時は(エレクトリックが)新しかったんだ」とのこと。

「ロックバンドは9年間やったんだけど、成功しないのが当たり前だった。だから数千キロ離れたところで僕の曲を知っているファンがいる、ということに違和感を感じるよ。でも幸せなことだね」とZEDDは話していました。

また、日本については「今回で3度目だけど、全然違う文化で学ぶことがある。時間に正確だったり、ディテールに拘ったり…」。でも、アメリカの、好きなことやっていいよ、という雰囲気を日本やヨーロッパに持ち込みたいな、とも話していました。

今後は、レディー・ガガの新作の制作に再びとりかかったり、自身の曲を作ったり、そしてツアーで世界をまわったりと、引き続き大忙しの模様。さらに大きくなりそうな彼を期待しつつ、再来日を待ちましょう!

ちなみに、Springrooveでは彼自身の曲だけでなく、クラブヒットチューンも流していました。その中には、急遽キャンセルとなったAVICIIのLevelsも…。こんな配慮が出来るところが人気の秘密でもあるのかもしれませんね。

Clarity - Zedd

<OA曲目リスト: 2013/4/4>

HELLO - MARTIN SOLVEIG/DRAGONETTE
さらさら - SPITZ
NEVER WANTED YOUR LOVE - SHE AND HIM
IT'S ONLY ROCK 'N' ROLL - ROLLING STONES
SIMARIK - TARKAN
FOREVER YOUNG - CHAMPAGNE
FINE CHINA - CHRIS BROWN
EVERLASTING LOVE - JAMIE CULLUM
BAD - MICHAEL JACKSON
なんてったって春 - サカナクション
SHORT SKIRT/LONG JACKET - CAKE
NEW LOOK - 安室奈美恵
BLUE COLLAR JANE - STRYPES
LIFE IS A HIGHWAY - RASCAL FLATTS
SUMMER PARADISE - SIMPLE PLAN FEAT.TAKA
MY BRAVE FACE - PAUL MCCARTNEY
LOVE SONG - OVERTONES
I WANT TO BREAK FREE(LIVE IN BUDAPEST) - QUEEN
SPECTRUM - ZEDD FEAT.MATTHEW KOMA
CLARITY - ZEDD FEAT.FOXES
HIEROGLYPHICS - MAYLEE TODD
FREE - DENIECE WILLIAMS
A PLACE IN THE SUN - STEVIE WONDER

STAFF| 14:04 | カテゴリー:Records

2013年04月03日

【4/3 オンエア曲リスト】THE VOICE - T.O.K.、ほか

本日のオンエアでは、先週末のSPRINGROOVE&単独公演で来日した、レゲエ、ダンスホール界の泣きアゲ四銃士、ジャマイカのT.O.K.(TOUCH OF K(C)LASS)のインタビューをお届けしました!

インタビューに答えれくれたのはBAY-CとFLEXXの2人。「日本のファンの前でやるのはいつもグレイトで、今回も良いエネルギーがあったね。will.i.am、NE-YO、Far East Movementといった素晴らしいアーティストと一緒にやれて、ファンを広げる意味でも良かったと思うよ」とコメント。

ライブ以外では「移動中、新幹線の車窓から田舎を見るのも好き。ジャマイカの田舎を思い出させるんだ」(FLEXX)、「桜は期待していなかったんだけど、ホテルから見ることが出来たんだ。綺麗だったー!」(BAY-C)と、束の間の日本の景色を楽しめた様子。

そして今月24日に発売となるニュー・アルバム「フォーエヴァー」については、出すまでに激動の4年間があったそう。その分、「全部入れたらCD3枚分」に及ぶ曲が用意されたそう。レゲェもダンスも、そしてパーティーミュージックも入ったアルバム。バラエティに富んだものとなっていそうです。

それにしても、T.O.K.のメンバーは取材中とても落ち着いていて、いい方々でしたよ!「日本のファンには最初から応援してもらって感謝しているよ」と最後に語ってくれました。ぜひ、ニューアルバム、聴いてみてくださいね!

4ever - T.O.K.

<OA曲目リスト: 2013/4/3>

THANK U - ALANIS MORISSETTE
ONE GIRL/ONE BOY - !!!(CHK CHK CHK)
SPRING OF LIFE - PERFUME
IN MY PLACE - COLDPLAY
SHINE A LIGHT(FLIGHT FACIKITIES REMIX) - THE C90S
社会の窓 - クリープハイプ
TOP OF THE WORLD - CARPENTERS
OUT OF DARKNESS - KARL HYDE
SO SUBLIME - BETH ROWLEY
FINE CHINA - CHRIS BROWN
SEVEN DAYS - 大橋トリオ
MR.WENDAL - ARRESTED DEVELOPMENT
I THINK I LIKE U - JAMAICA
雨降る東京 - 古内東子
大きな古時計 - 平井堅
AIN'T MESSIN 'ROUND - GARY CLARK JR.
UNDER PRESSURE - QUEEN
APPLE PIE - SALYU
THE VOICE - T.O.K.
SPECTRUM - ZEDD FEAT.MATTHEW KOMA
SHE'S A RAINBOW - ROLLING STONES

STAFF| 14:07 | カテゴリー:Records

2013年04月02日

【4/2 オンエア曲リスト】BE A BODY(侘寂) - GRIMES、ほか

本日のオンエアでは、昨年のサマソニでの初来日に続き、先週、初の単独公演を行ったカナダの超個性的ひとりユニット歌姫、グライムスのインタビューをお届けしました。

今回の来日では昨年の夏に比べ、少し長く日本にいられたようで、日本の街について「落ち着いていて、綺麗。感じもいいわ。ゴミを拾いたくなる感じ。NYの地下鉄だとみんな怒ってて、こっちまで怒っちゃうんだけど、日本はその逆ね」と話していました。

また、音楽をやるようになった理由についても聞いてみたのですが、なんと彼女は音楽を学んだことがないそう。「プロデューサーはまわりにいっぱいいて、その影響ね。コンピューターで作るようになったのだけど、音符が読めなくても楽器が弾けなくても、それでも作れることを知ったわ」と彼女。自分で作る前はバッキング・ヴォーカルをやってたことがあるようなのですが、それも前からやりたかったのではなく、まわりのひと押しがあったからなのだそう。

さて、今日オンエアした彼女の曲、アルバム『VISIONS』収録の「BE A BODY」は、漢字でサブタイトルが付いています。侘寂(わびさび)と…。さらに、アルバムのジャケットにも、何だか謎の平仮名と漢字の一部のようなものが描かれているんです。これについては、「ギャスパー・ノエの映画「エンター・ザ・ボイド」から影響を受けて使ってみたわ。でも、日本語かどうかわからないけど…。日本で誰も聴くとは思わなかったので…。ごめんなさい」ということだそうです。

彼女の名前=GRIMESは日本語にすると「垢汚れ」という意味になるのですが、インタビュー中にサッシャは、明朝体で印刷された「 垢汚 –akayogore- 」と書いた紙を渡してみたそう。どこかで使ってくれるといいな!使ってくださーい!

Visions - Grimes

<OA曲目リスト: 2013/4/2>

99 LUFTBALLONS - NENA
DIANE YOUNG - VAMPIRE WEEKEND
JAZZY CONVERSATION - SOIL AND PIMP SESSIONS FEAT.RHYMESTER
FINE CHINA - CHRIS BROWN
AME(B) - サカナクション
THE BOY WITH THE JIGSAW PUZZLE FINGERS - KARL HYDE
WHITE FLAG - DIDO
桜の季節 - フジファブリック
BORN THIS WAY(ZEDD REMIX) - LADY GAGA
I WAS IN LOVE - FPM FEAT.細美武士
ALL I REALLY WANT - ALANIS MORISSETTE
アイタイ - スガシカオ
WE ARE THE CHAMPIONS(LIVE IN BUDAPEST) - QUEEN
赤い靴 - SALLEY
GUNS FOR HANDS - TWENTY ONE PILOTS
ONION SONG - MARVIN GAYE
さらさら - SPITZ
GREEN GARDEN - LAURA MVULA
RESISTANCE - MUSE
BE A BODY(侘寂) - GRIMES
GENESIS - GRIMES
青い花 - BLANKEY JET CITY
WE FOUND LOVE - RIHANNA FEAT.CALVIN HARRIS

STAFF| 20:43 | カテゴリー:Records

2013年04月01日

【4/1 オンエア曲リスト】LET ME LOVE YOU - NE-YO、ほか

本日のオンエアでは、週末に幕張メッセで行われたダンス・ミュージック・フェスティバル「Springroove」に大トリとして出演したNE-YOからのメッセージをお届けしました!Springrooveのステージでは、何人もの女性ダンサーとセクシーかつムードあるダンス、そして歌を披露してくれたNE-YO。ダンス・フェスを最後ビシっと締めてくれました!

NE-YOは実はアニメ好きで、過去に「ドラゴンボールZ」や「デスノート」が好き!と公言していますが、最近では「アフロ・サムライ」という作品をまた見始めているそう(アフレコをやっているのは俳優のサミュエル・L・ジャクソン!)。時代劇とヒップホップのサウンドがミックスされた、かなりブッ飛んだ作品です。

また、MOTOWNレーベルに移籍してからは、自分自身の音楽活動の他に、新人育成なども携わっているそう。「僕自身が今まで色々な人達に教えてもらった知識を、新人のアーティストに育成するにあたって教えていくということは、これまで得てきた知識や教わってきたことを思い出させ、すごくいい意味合いがあります」とNE-YO。十分な睡眠時間が取れないほど忙しいようですが、充実した日々を過ごしているようです。でも、彼も新人を教える存在になったんですね…。

そして、今後の予定については、「ミゲル、フランク・オーシャン、ジャスティン・ティンバーレイクなどの昨今のアーティストを見ていると、みんな次のR&Bのステップというか、進化を遂げているような気がします。僕自身、これまでやってきたダンスミュージックも好きなんだけど、今は、僕が元々持っているR&Bのルーツにまた戻りたいなぁと思っていて。きっと戻ることによって今までやっていた自分の音楽も一層良い物になっていくのではないか、と思っています」とのこと。

新人に触れ、そしてルーツにも触れ…。今後の彼の音楽がどのような進化を遂げるか、注目しましょう!

RED - Ne-Yo

<OA曲目リスト: 2013/4/1>

JUNK OF THE HEART(HAPPY) - KOOKS
SPECTRUM - ZEDD FEAT.MATTHEW KOMA
涙をぶっとばせ!! - 桑田佳祐
THATPOWER - WILL.I.AM FEAT.JUSTIN BIEBER
フィーバー - パスピエ
FLOWERS IN THE WINDOW - TRAVIS
GIRL - 秦基博
ALL THE TIME - STROKES
春風 - つじあやの
BRIGHT WHITES - KISHI BASHI
FEEL - ROBBIE WILLIAMS
BIG BOYS CRY - 安室奈美恵
さようならさようならさようなら - 森山直太郎
PINK - AEROSMITH
HELLO GOODBYE - BEATLES
HOMELY GIRL - SCOTT AND RIVERS
SK8ER BOI - AVRIL LAVIGNE
ハピネス - AI
STAY - NE-YO
LET ME LOVE YOU - NE-YO
DEERHOUNDS - HIATUS
SUMMER PARADISE - SIMPLE PLAN FEAT.TAKA
MIDNIGHT LADY - MARVIN GAYE

STAFF| 21:13 | カテゴリー:Records


バックナンバー

カテゴリー