2013年03月26日

【3/26 オンエア曲リスト】CUT ME SOME SLACK - SOUND CITY、ほか

本日は、LAの伝説のレコーディングスタジオ「サウンド・シティ」のドキュメンタリー映画「サウンド・シティ ー リアル・トゥ・リール」を、監督のデイヴ・グロールのインタビューを交えてご紹介しました。この映画、アメリカで既に公開され、日本では来月17日にDVDでリリースされます。

この「サウンド・シティ」、「ニーブ8028」という伝説のレコーディング・コンソールが完備されていたことで有名で、まさに「この機材でしか」、そして、「このスタジオでしか」
生み出すことができなかった音が存在したそうで、数々の名盤がここから生まれています!

そのスタジオをニルヴァーナの時に体験したデイヴ・グロールが、なぜこの映画を撮ることにしたのか、こんな風に語っています。

「サウンド・シティは、世界を変えたからなんだよ。サウンド・シティのようなスタジオは、テクノロジーが簡単に使える今の世の中では生き残れない。だから、もしただ消えてしまって、だれもその話を語らなかったら、すごく悲しいだろう。本当に沢山の素晴らしい瞬間が、そこで生まれたんだからね。本当に沢山の美しいアルバムがそこで作られた。俺は、音楽の歴史は、世界史や政治史と同じ位、重要だと思うんだ。同じようなものなんだよ。これらのアルバムは、人々を変えたんだからね。何世代にも渡って、人々を変えたんだ。だから、この場所は重要な場所として認められるべきなんだ」

“人間らしい生々しい音が録音された場所”だったとも語るデイヴ。残念ながら「サウンド・シティ」は2011年に赤字のため閉鎖されてしまいましたが、その心臓部である「ニーブ8028」はデイヴが購入!アツい!それによってレコーディングされたのがこの映画のサントラ、というわけです!

人間らしい音は、デイヴによって今後も生き続けて行くことでしょう。そんな彼によって作られた、このドキュメンタリー。DVDが待ちきれませんー!

Sound City - Real to Reel

<OA曲目リスト: 2013/3/26>

LOVERS IN JAPAN - COLDPLAY
FAKE LOVE - BLENDE
マチルダ - 大橋トリオ
LET'S GET READY TO RHUMBLE - PJ AND DUNCAN AKA
DON'T YOU WORRY CHILD - SWEDISH HOUSE MAFIA FEAT.JOHN MARTIN
MEMORY LANE - MINNIE RIPERTON
春風 - くるり
PRINCE OF PEACE - GALLIANO
THATPOWER - WILL.I.AM FEAT.JUSTIN BIEBER
VOWELS = SPACE AND TIME - GRIMES
EVERY BREATH YOU TAKE - POLICE
僕たちの不確かな前途 - さかいゆう
OUT OF DARKNESS - KARL HYDE
DREAMIN' - BOOWY
EVERYBODY'S CHANGING - KEANE
SWEET MEMORIES - JADE ANDERSON
KEEP SILENCE - PREDAWN
CUT ME SOME SLACK - SOUND CITY
YOU CAN'T FIX THIS - SOUND CITY
CRAZY SEXY WILD - INNA
ドリーマーズ・ハイ - RADWIMPS

STAFF| 19:12 | カテゴリー:Records


バックナンバー

カテゴリー