INFORMATION
RENDEZ-VOUS
THE BEATLES DAT
MESSAGE AND PRESENT
POSTER GALLERY
KORBYS RADIO SHOW
HOME


ちょうど40年前の6月30日。
世界中で旋風を巻き起こしたザ・ビートルズが初来日、
日本武道館で初公演を行いました。
1966年6月30日6時30分…
日本武道館ではじまったビートルズ初来日公演。
当時の熱狂的なライブをさまざまな人々が目撃、
その伝説はいまに語り継がれています。
ランデヴーでは初来日公演から40周年を迎えた
ザ・ビートルズにスポットライトを当て、当時の
日本滞在のエピソードや日本武道館で
ザ・ビートルズを目撃したさまざまな人々のコメントを
紹介しながら全16回にわたって1966年を特集。
ザ・ビートルズの魅力に迫ります。

 
 ■2006/06/29 第16回コメンテーター:
           石坂敬一さん(ユニバーサル・ミュージック代表取締役社長兼CEO)

 
今最終回の今日は、ユニバーサル・ミュージック代表取締役社長兼CEO、石坂敬一さんのインタビューをお届けします。

石坂さんは、ビートルズが所属するレコード会社「東芝EMI」で、ビートルズの担当ディレクターとして活躍されました。

「ビートルズ写真集」などを出版し、ビートルズ研究家としても知られる石坂さんに、ビートルズがもたらした音楽的価値、さらに武道館公演の歴史的意義について語っていただきました。

「ビートルズはまず、記録破りでありました。とにかく、エルビス・プレスリーの王国を切り崩した。そしてボブ・ディランから始まるフォークの波を蹴散らした。
そして、世界のポップ・芸能・あるいはアート、そして文化について、初めてイギリスに注目を向けさせました。その後のカーナビー・ストリートの全盛、そしてキングス・ロードの全盛。そしてT-REX、デヴィッド・ボウイ。こういう風に続いてくる流れの原点にザ・ビートルズがあったというのはすごいことです。
それからアメリカのポップミュージックのシステムをビートルズは変えました。いま皆さんがアルバムを買うと、クレジットがたくさん載ってます。そして最後に「Thanks to〜」とかありますが、あのクレジットの原点はザ・ビートルズの『ラバーソウル』あたりからです。
そのような意味においても、新しい音楽ビジネスのスタイルと、新しいロックミュージックのスタイル。両方を作り変えたと思います。」

ザ・ビートルズは、「新しい音楽ビジネスのスタイルを作った」と語る石坂敬一さん。
ビートルズの武道館公演は、音楽、文化、アート、ファッションなど、多岐にわたって日本の若者に多大な影響を与えました。 

石坂さんは、ビートルズの武道館公演を音楽ビジネスのプロの目で、このように総括しています。

「会場に入ると遠くのほうにステージがあって、前座の内田裕也さんとか尾藤イサオさんが歌ってるのをよく覚えています。その後お笑いで有名になったザ・ドリフターズも、真面目に音楽をやってました。そして前座の出演者全員が大声で『Welcome Beatles♪』。日本製の曲をコーラスでやるという、極めて盛り上がりを見せたんですが、ステージはその後、静かに進みました。
このビートルズ日本公演の5回を通じて、音楽界に何が起こったかといいますと、やっぱりロックミュージックというのはいいんだ、という声が一気に広がったこと。そして、カバーと歌謡曲だった日本のシーンにグループサウンズが登場したこと。その先鞭をつけたのはザ・スパイダースでありザ・ワイルドワンズであり、最高峰に持ってったのはザ・タイガースだと思いますが、1966年6月、多くの音楽才能を持った若者をプロ意識に目覚めさせ、そしてGSの全盛期へと導いたんだと思います。」