番組審議会

審議委員(五十音順)

林 和男 氏〔委員長〕

ぴあ(株)相談役Co-founder

番組検証の鋭さ、深さに定評。J-WAVEのスーパーアドバイザー的存在。

奥貫 薫 氏〔委員〕

女優

CMやドラマで幅広く活躍中。女優としての光る感性に期待!

菊間 千乃 氏〔委員〕

弁護士

1972年、東京都生まれ。早稲田大学法学部卒。1995年、フジテレビ入社。司法試験に専念する為フジテレビを退社し、2010年、司法試験合格。現在は弁護士法人松尾綜合法律事務所にて幅広い案件を手掛けている。著書に『私が弁護士になるまで』他。

佐藤 尚之 氏〔委員〕

株式会社ツナグ代表、株式会社4th代表、株式会社ファンベースカンパニーCPO、一般社団法人「助けあいジャパン」代表、復興庁復興推進参与

1961年、東京都生まれ。コミュニケーション・ディレクターとして多方面で活躍。著書に「明日の広告」「ファンベース」など。

平野 啓一郎 氏〔委員〕

作家

1975 年、愛知県生まれ。京都大学法学部卒。同大在学中の1998 年、『日蝕』でデビュー。同作が第120 回芥川賞を受賞する。2009 年、『決壊』で2008年度芸術選奨文部科学大臣賞、『ドーン』で第19回Bunkamura ドゥマゴ文学賞を受賞。

福岡 伸一 氏〔委員〕

青山学院大学理工学部 化学・生命科学科教授 分子生物学専攻

専門分野で論文を発表するかたわら、一般向け著作・翻訳も手がける。
分子生物学者としての鋭い視点で番組を検証

水野 学 氏〔委員〕

クリエイティブディレクター、good design comany代表、
慶應義塾大学特別招聘准教授

1998年good design company設立。ゼロからのブランドづくりをはじめ、ロゴ制作、商品企画、パッケージデザイン、インテリアデザイン、コンサルティングまでをトータルに手がける。主な著作に『「売る」から「売れる」へ』『センスは知識からはじまる』他。

【4月開催・第301回番組審議会報告】

第301回番組審議会の概要は下記の通りです。

1. 日時

2019年4月12日(金)10:00~11:00

2.開催場所

株式会社J-WAVE33階 第1会議室

3.委員の出席

委員の総数:7名
出席委員数:5名
書面出席委員数:2名
出席委員:林 和男 委員長 / 奥貫 薫 委員 / 菊間千乃 委員 / 佐藤尚之 委員 / 平野啓一郎 委員
書面出席委員:福岡伸一 委員 / 水野 学 委員
代表取締役社長 中岡壮生 / 取締役編成局長 神田竜也 / 編成局コンテンツプロデュース部長 渡邉岳史
事務局:事務局長 高知尾綾子 / 事務局員 川上智美

4. 議題

「ATHLETE HIGH」 2019年3月11日(月)26:30~27:00放送回

5. 番組内容

2020年の東京オリンピックに向け、スポーツ観戦がもっと楽しくなるようなスポーツ専門プログラム。ナビゲーターは、マスターズ陸上4×100Mリレーで金メダルを獲得するなど、現役アスリートとしても活躍するタレントの武井壮。毎週スタジオにはスポーツで自己実現しようとするゲストが登場。そのスポーツの魅力と夢を実現するための想い、そのために何をしているのか?について、武井壮と熱く語り合います。

<今回の内容>
今回のゲストはラグビー日本代表のスクラムハーフ(ポジション)田中志朗さん。ラグビーワールドカップの前回大会の初戦、優勝候補の南アフリカ代表に劇的な勝利をおさめ、世界を驚かせた日本代表。スポーツ史上に残るジャイアントキリングを成し遂げた日本代表はいつから、何をきっかけに、どうやって強くなったのか?大会前や試合前、試合中の具体的なエピソードを伺いました。翌週の放送も引き続き田中さんがゲストで、今年日本で行われるラグビーワールドカップに向けた話、今の日本代表について伺いました。

6. 議事内容

≪ 「放送番組基準」はこちら ≫

<<放送法に照らしてのご指摘・ご意見>>
放送法に照らしてのご指摘・ご意見はありませんでした。

委員の皆様からいただきましたご意見をご紹介します。

・ラグビー経験者としてはとても楽しく拝聴しました。ラグビーに詳しくない人にとっては説明不足かなとも感じたのですが、少しくらい分からないことを放送しても、リスナーが調べて理解することもあるので、このままでよいと思います。

・ラグビーは声だけで説明するのがとても難しいスポーツですが、武井さんがとてもやさしく説明してくれたのがよかったと思います。

・南アフリカ戦について田中さんから直接話を聞けたのは貴重な機会でした。武井さんによってさらにリスナーの興味を引くと思います。このくらいマニアックであるべきだと思います。

・武井さんが、田中さんのことや日本代表チームのこと、そして前回ワールドカップの対南アフリカ戦のことを予め知りすぎていて、田中さんから話を引き出すというよりも、ほとんどを自分で先回りして喋ってしまっているきらいがあり、それがインタビュー番組としての新鮮さをかなりそいでしまっています。

・武井さんの話が多すぎるので、田中さんのリアルで深い話が聞けなかったのが残念でした。マニアックな光景を低解像度の画像で見せられているようなソフトフォーカスで深みがない感じがしました。

・いかに劇的な番狂わせであったとしても、4年も前のことを昨日のことのように克明に語られても、一般人はちょっと困ります。今を写すラジオ番組としてもどうでしょうか。よほどのラグビーファンでないと楽しめないのではないかと思います。もう少し一般聴取者のレベルに降りてきていただきたかったです。

・ラグビー協会のホームページにラグビーについてわかりやすい説明が載っているので、番組で紹介すれば、ラグビーを全く知らない人がサイトを調べたりできるのではないかと思います。深夜の番組なので、パソコンで聞いている人も多いと思いますし、そういった情報を入れるとラグビーに興味をもつよいきっかけになるのではないでしょうか。

・スポーツの番組にありがちな選曲で、放送時間帯を考えるとうるさく感じました。もう少し時間帯と内容に配慮した選曲がよいのではないでしょうか。番組の始まりのジングルもうるさく感じました。

・30分の番組のよさが出ていないと思いました。30分に凝縮したテンポのよさがなく、60分の番組を前半と後半にわけただけのような感じがしました。

・今年開催される日本のワールドカップの話がいつでてくるのかと思っていたら、最後に来週になるということだったので、そういうことなら最後ではなく、最初に言うべきではないかと思いました。

といった意見が出されました。

【3月開催・第300回番組審議会報告】

第300回番組審議会の概要は下記の通りです。

1. 日時

2019年3月8日(金)10:00~11:00

2.開催場所

株式会社J-WAVE33階 第1会議室

3.委員の出席

委員の総数:7名
出席委員数:6名
書面出席委員数:1名
欠席委員数:1名
出席委員:林 和男 委員長 / 阿川佐和子 委員 / 奥貫 薫 委員 / 佐藤尚之 委員 / 平野啓一郎 委員 / 水野 学 委員
書面出席委員:福岡伸一 委員
取締役編成局長 神田竜也 / 編成局エグゼクティブプロデューサー 松尾健司 / 編成局コンテンツプロデュース部長 渡邉岳史
事務局:事務局長 高知尾綾子 / 事務局員 川上智美

4. 議題

「ANA WORLD AIR CURRENT」 2019年2月9日(土) 19:00~19:54放送回

5. 番組内容

ヴァイオリニスト葉加瀬太郎がナビゲーターを務める世界の旅をテーマにしたプログラム。番組は2000年4月からスタート。4月で19年目、来年には20周年を迎える長寿番組の一つです。
毎回1組のゲストを迎え、その方と葉加瀬太郎が一緒に旅を、フライトを楽しむかのように、お届けしています。デスティネーションは、ゲストゆかりの地。その土地でのエピソードを中心にその方の世界での活動も伺っていきます。番組全体で空港や機内の効果音なども使用し、飛行機に乗って見知らぬ土地に出かけるような、わくわく感を演出しています。旅とは何か?感じていただけるような番組を目指しています。

<今回の内容>
放送回のゲストはレーシングドライバー佐藤琢磨さん。フライトのデスティネーションは、佐藤琢磨さんがその美しさに魅せられたというマレーシアのランカウイ島。そこへのフライトを楽しみながら、世界3大レースの1つ「インディ500」で2017年に日本人初の優勝を果たした時のお話、さらには南仏やイタリアの魅力的な食、アメリカのスケールの大きさなど、興味深いお話を伺いました。

6. 議事内容

≪ 「放送番組基準」はこちら ≫

<<放送法に照らしてのご指摘・ご意見>>
放送法に照らしてのご指摘・ご意見はありませんでした。

委員の皆様からいただきましたご意見をご紹介します。

・楽しく聴かせていただきました。このように安定したプログラムを組むためには、それなりに事前の仕込みや事後の構築がなされているはずで、その意味で、ゲストの話をうまく引き出すための入念な打ち合わせがなど、「仕事がしてある」、良質な番組だと思います。

・日常とは違う世界への旅を誘う、という意味で、J-WAVEとANAの相性もよいのだと思います。局のスタイルとスポンサーのカラーが響き合うと、よい番組ができる好例ではないかと思います。

・スタジオではなく飛行機の中で話している雰囲気づくりに成功していて、旅の感じがよく出てくるという気がしました。旅の代表番組だと思いました。

・私もゲストとして出演したことがありますが、葉加瀬さんの聞き手としてのスキルが素晴らしく、話を聞いてくれている感じがしたので、ゲスト側の立場になったときもすごく話しやすかったことを覚えています。

・他のナビゲーターが葉加瀬さんと同じような口調だったら、ちょっとくだけ過ぎじゃないか思うところですが、番組の安定感や、洗練されている感じの中で、この番組はこれでよいのではないかと思いました。

・葉加瀬さんが話を引き出すのがとても上手で、ゲストも気持ち良く話ができる感じが伝わってきたのですが、逆に葉加瀬さんが控えめすぎるので、葉加瀬さんの話ももう少し聞きたかったと思います。

・ゲストについて、最初に丁寧に紹介したり、ホームページについてもきちんと説明したりするという、番組としての基本ができていると思いました。最近のJ-WAVEはここのところを怠っている番組が多いので、やっぱり基本を大切にしてほしいと思いました。

・佐藤さんのお話がどれも小説的で、各トピックスの会話が細切れになりすぎたので、もう少しフォーカスして深掘りしてもらいたかったと思います。

・文脈として「フィーチャー」と言うべくところを「フューチャー」と言っていたので、よくある間違いとは思いますが、放送局として気を付けるべきだと思います。

・番組のツイッターを見てみたのですが、単に番組の告知をしているだけだったので、ツイートを少し工夫したりすることで、ANAの新しいブランドづくりもできるのではないかと思います。ANAの公式アカウントにもこの番組のことは告知されていないので、うまく連動できるようになるとよいと思います。

・安定した聞きやすい番組だと思いますが、長く続いているということでの問題点として、今後はマンネリをどう生かすかを考えていかないといけないと思います、同じスタイルを続けることは大切だと思いますが、やはりどこかで変更したり、新しいことを入れていくことも必要だと思います。

・心地良い選曲でしたが、この音楽を聴いて得したというインパクトが残るものがあまりありませんでした。どういった意図で選曲しているのかが気になりました。

といった意見が出されました。

なお、長らくJ-WAVEの番組審議委員を務められた阿川佐和子さんが今回で退任となり、次回より新たに弁護士の菊間千乃さんに着任いただきます。