番組審議会

林 和男 氏〔委員長〕

ぴあ(株)相談役Co-founder

番組検証の鋭さ、深さに定評。J-WAVEのスーパーアドバイザー的存在。

阿川 佐和子 氏〔委員〕

文筆家

「ああ言えばこう食う」(集英社)、「ウメ子」(小学館)等著書多数。第15回講談社エッセイ賞他受賞。雑誌、テレビ司会、CM等でも活躍中。
当審議会のムードメーカー。

奥貫 薫 氏〔委員〕

女優

CMやドラマで幅広く活躍中。女優としての光る感性に期待!

平野 啓一郎 氏〔委員〕

作家

1975 年、愛知県生まれ。京都大学法学部卒。同大在学中の1998 年、『日蝕』でデビュー。同作が第120 回芥川賞を受賞する。2009 年、『決壊』で2008年度芸術選奨文部科学大臣賞、『ドーン』で第19回Bunkamura ドゥマゴ文学賞を受賞。

福岡 伸一 氏〔委員〕

青山学院大学理工学部 化学・生命科学科教授 分子生物学専攻

専門分野で論文を発表するかたわら、一般向け著作・翻訳も手がける。
分子生物学者としての鋭い視点で番組を検証

水野 学 氏〔委員〕

クリエイティブディレクター、good design comany代表、
慶應義塾大学特別招聘准教授

1998年good design company設立。ゼロからのブランドづくりをはじめ、ロゴ制作、商品企画、パッケージデザイン、インテリアデザイン、コンサルティングまでをトータルに手がける。主な著作に『「売る」から「売れる」へ』『センスは知識からはじまる』他。

佐藤 尚之 氏〔委員〕

株式会社ツナグ代表、株式会社4th代表、公益社団法人「助けあいジャパン」 代表
国際交流基金 理事、復興庁 政策参与

1961年、東京都生まれ。コミュニケーション・ディレクターとして多方面で活躍。著書には「明日の広告」「明日のコミュニケーション」など。
通称「さとなお」として活動している食や旅のエッセイも人気。

【7月開催・第294回番組審議会報告】

第294回番組審議会の概要は下記の通りです。

1. 日時

2018年7月6日(金)10:00〜11:00

2.開催場所

株式会社J-WAVE33階 第1会議室

3.委員の出席

委員の総数:7名
出席委員数:4名
書面出席委員数:1名
出席委員:林和男 委員長 / 奥貫薫 委員 / 佐藤尚之 委員 / 水野学 委員
書面出席委員:平野啓一郎 委員
欠席委員:阿川佐和子 委員 / 福岡伸一 委員
局側出席者:取締役編成局長 神田竜也 / 編成局エグゼクティブプロデューサー 松尾健司 / 編成局プロデュース部長 宇治啓之
事務局:事務局長 高知尾綾子 / 事務局員 川上智美

4. 議題

「TRUME TIME AND TIDE」(2018年6月16日(土)21:00~21:54放送回)

5. 番組内容

<番組について>
この番組は、昨年EPSONが発表した高級時計「TRUME」の提供番組です。「TRUME」のコンセプトのひとつである“革新的”が番組のキーワードになっています。
毎回1名、各界で革新的な活動をされているゲストをお迎えして、その方の“現在”のお仕事、そこに至るまでの“過去”、これから向かう先のヴィジョン“未来”、以上3つの時間軸パートに加えて、プライベートの過ごし方や曲のリクエストなどを伺うパートの計4パートを通して、ゲストの多面的な価値観に迫っていきます。ゲスト自身についてはもちろん、ゲストが活躍している業界についても知っていただける構成にしています。
ナビゲーターの市川紗椰は、鉄道をはじめ、ハンバーグ、ガンダムなど、幅広いジャンルに精通しており、その情報力や視点に注目が集まる人物であることから、ナビゲーター自身が革新的だと感じたこと、ゲストとのトークからインスピレーションを受けた小ネタなどについて語るコーナー 「イチカワカオスモス」を編成しています。
選曲についても“革新的”をキーワードにした曲を織り交ぜてお届けしています。

<今回の内容>

※6月16日(土)放送
昨今、第二の脳とも言われ注目を集めている“腸”研究のパイオニアであり、腸に関する書籍を多数執筆している東京医科歯科大学名誉教授で免疫学者の藤田紘一郎氏をゲストにお迎えしました。
15年間お腹の中でサナダムシを飼っていたというお話から、研究を進める中で分かった腸内環境が及ぼす影響について、そして自身が実践している健康法についてお話いただきました。また、“過去”のパートでは、戦時中だった自身の幼少期についても語ってくださいました。
さらに、薄着となって体型が気になるこれからの季節、リスナーの興味を引く“デブ菌”というキーワードについて伺い、ゲストのライフストーリーだけでなく、実践的な情報もお届けしました。

6. 議事内容

≪ 「放送番組基準」はこちら ≫

<<放送法に照らしてのご指摘・ご意見>>
放送法に照らしてのご指摘・ご意見はありませんでした。

委員の皆様からいただきましたご意見をご紹介します。

とても面白く聴きました。市川紗椰さんの、ちょっとリバーブがかかったような声が素敵だなと思いました。

市川さんは知的な感じで、受け答えや理解もとても速く、その速さがリスナーを置いていきそうになるときがあるなと心配になりました。

非常に興味深く、色々と勉強になりましたし、良い番組だと思います。医学的な話は、その学説がどの程度、支持されているかなど、リスナーが判断しにくいところがあり、ゲストの人選に慎重さが求められますが、どのようなプロセスでそれを行っているのかは気になりました。

アレルギーの問題は腸に原因があるということもかなり言われているそうですが、未確定なことも多く、アレルギーに苦しんでいる人にとってはとても繊細な話だと思います。今回のテーマについては、いろいろな方向から見る必要があるという主旨のことが添えられているとよいと思います。

エビデンスがあまりない一方向の意見について、ゲストが「私はこうだと思います」というのはよいと思いますが、その意見について「革新的なものである」と紹介するのは、罪深い部分があると思います。

ゲストのトークを全面的に信じていいのかということを思いながら聴きましたが、J-WAVEで語られることは本当だと思うリスナーもたくさんいると思うので、ゲストの意見の他にもいろいろな意見があるということを明確にする必要はあると思います。

私はアレルギーについて相当調べた上で聴いていたので理解できたのですが、初めて聞く人には、わかりづらい部分もあったと思います。一回一回少しずつ立ち止まる必要があると思います。腸内フローラなどについても、もう少し説明がほしかったです。

藤田紘一郎先生は、ゲストとしてはご年配で、市川さんとの間の年齢差があり過ぎるのではないかと思います。

市川さんは頭の回転が速い方なので、相づちのタイミングも早いのだと思いますが、相づちが早すぎて、それが相手の話を聴いてないような、流しているように聞こえてしまうところがあるように感じました。

市川さんのテンポやゲストとのコミュニケートの在り方が無機質に感じました。相づちに愛情が感じられず、ゲストの話にあまり興味を持っていないように聞こえてしまうと思いました。

「イチカワカオスモス」というコーナーは、展覧会の2つの告知だけだったので、もう少し市川さんの観点を入れてかないと、ただの展覧会の告知に聞こえてしまいます。もう少し市川さんの個性を出す工夫が必要だと思います。

オープニングとエンディングで「今週も各界をけん引している」という同じことを話していました。冒頭は「各界をけん引している」という形でよいと思いますが、最後は、「今週はゲストのこういう話をお聞きしました」というふうに繋いでいかないと番組が締まらないと思うので、構成台本について再考の必要があると思います。

「TRUME TIME AND TIDE」という番組名について、TRUMEがスポンサーの商品名で番組の冠になっていることがわかりづらかったです。TRUMEが番組名の一部だと思っていました。CMが3本入っているので、それを3本ともちゃんと聴くと、分かるのかもしれませんがTRUMEとは何の意味なのかわかりませんでした。

この番組のためにオリジナルで作られたCMで、上手に作ってあるなという印象でした。番組のイメージを高めるためには、CMはオリジナルで作っていくべきだと思います。

【6月開催・第293回番組審議会報告】

第293回番組審議会の概要は下記の通りです。

1. 日時

2018年年6月8日(金)10:00〜11:00

2.開催場所

株式会社J-WAVE33階 第1会議室

3.委員の出席

委員の総数:7名
出席委員数:5名
書面出席委員数:1名
出席委員:林和男 委員長 / 阿川佐和子 委員 / 平野啓一郎 委員 / 福岡伸一 委員 / 水野学 委員
書面出席委員:奥貫薫 委員
欠席委員:佐藤尚之 委員
局側出席者:代表取締役社長 中岡壮生 / 代表取締役専務 宮本英延 / 編成局編成局長 神田竜也 / 編成局制作部長 宇治啓之
事務局:事務局長 高知尾綾子 / 事務局員 川上智美

4. 議題

「FRUIT MARKET」(2018年5月12日(土)15:00~17:00 放送回)

5. 番組内容

2016年10月にスタートした土曜午後のワイド・プログラムです。
番組のキャッチコピーは「キニナル、アレコレ、マトメテ、オトドケ」。様々なエンターテインメント情報と話題の音楽を、旬の果実を収穫するように“もぎたて”でお届けしています。番組内には大きく4つのコーナーがあります。

(1)「WEEKLY SUMMARY」では、番組オンエア後1週間の気になるエンターテインメントやイベント情報をJ-WAVEのリスナーズ・コミュニティ「J-me」会員の投票によりランキング形式で発表。TOP 3 に入ったモノ、コトを番組が取材して紹介しています。
(2)「SAPPORO AI NO Skal WHITE SOUR GOOD TIME!」(サッポロビール提供)は、旅にまつわる気になるトピックと旅にまつわるゲストのコメントで構成しています。
(3)「MITSUBISHI JISHO RESIDENCE PARADISE FIELD」(三菱地所レジデンス提供)は、様々なゲストが思い出の街を語るコーナーです。その街に関するリスナーからの情報も紹介しています。
(4)「JAGUAR LAND ROVER UK SOUND DRIVE」(JAGUAR LAND ROVER提供)は、イギリスの音楽メディア「NME」の日本版「NME JAPAN」の古川編集長が1週間の気になる音楽ニュースをまとめて紹介する他、様々なアーティストがお気に入りのUK MUSICを選曲して紹介します。

ナビゲーターの横山エリカは1988年6月生まれの早稲田大学卒。父親がドイツ人、母親が日本人のハーフで英語力は同時通訳ができるレベル。海外番組や語学番組など他方面で活躍中です。旅行が趣味で今まで訪れた国は40ヶ国。日本47都道府県全てを旅したことがあり、温泉好きで温泉ソムリエの資格も持っています。

<今回の内容>

※5月12日(土)放送
オープニングのトークは直前のワイド番組「SEASONS」ナビゲーターのマリエが「エリカさん、映画『ピーターラビット』の予告編でナレーションやっていませんか?」という投げかけに対して答えています。
この番組の選曲方針は、気になるアーティスト、気になる楽曲を、土曜日の午後という時間帯を意識してバランス良く選曲すること。1曲目のAqua Timezは、直前に解散発表したばかり。Taylor Swiftは、来日が発表になったばかり。Charlie Puthは、昨日リリースされたばかり…など、情報性の高い楽曲を洋楽邦楽問わずバランス良くセレクトしています。
「WEEKLY SUMMARY」では、前日に公開になった話題の映画『ミッドナイト・サン タイヨウのうた』主演のパトリック・シュワルツェネッガーのインタビューをお届けしました。「SAPPORO AI NO Skal WHITE SOUR GOOD TIME!」では、新緑の季節に気になる旅トピックとgo!go!vanillasの旅の楽しみ方をコメントで紹介しました。「MITSUBISHI JISHO RESIDENCE PARADISE FIELD」には、俳優の千葉雄大さんが登場し、思い出の街・町田と上京物語を語りました。「JAGUAR LAND ROVER UK SOUND DRIVE」では、「NME JAPAN」古川編集長が最新の音楽ニュースをお届けしたほか、注目のバンド・ポルカドットスティングレイの雫(しずく)さんが登場し、お気に入りのUK MUSICを紹介しました。
また、この日は母の日の前日ということで、母の日にまつわるメッセージを募集し、コーナーの合間でリスナーとのコミュニケーションを図りました。

6. 議事内容

≪ 「放送番組基準」はこちら ≫

<<放送法に照らしてのご指摘・ご意見>>
放送法に照らしてのご指摘・ご意見はありませんでした。

委員の皆様からいただきましたご意見をご紹介します。

土曜午後のワイド番組ということで、オーソドックスな作りながら、とてもフレッシュな印象が残りました。

横山エリカさんの日常感や親近感は、若いリスナーを獲得していくのに、大切な要素だと思います。英語も堪能で、美貌や才媛ぶりを鼻にかけないところも素敵でした。

横山エリカさんが英語で話してそれを逐次通訳する部分がとてもスムーズで聞きやすかったです。

「3つのパワースポット」と紹介していましたたが、断言するのではなく「3つのパワースポットと言われている」と紹介するべきではないでしょうか。

「気になる」という言葉をこの番組に限らずラジオでよく聞きますが、本来否定的な意味で使う言葉なので、多用しすぎないほうがよいと思います。

ゲストによってトークのクオリティが左右されてしまうと思います。ゲストのトークの内容のコントロールも必要かと思います。

ワイド番組なのでしかたないことかもしれませんが、音楽によって話が寸断されていくので、深い話になっていかないためか、印象に残りづらいと感じました。

横山エリカさんの声のトーンやしゃべり方は気持ちよく聞くことができましたが、発音や、敬語の使い方が間違っているところがいくつかありました。

東京はいろいろなルーツの人が住んでいる状況なので、東京のラジオ局として発音やイントネーションについてどこまで標準語を維持していくのかを検討したほうがよいのではないでしょうか。番組の内容によっては、いろいろな地方の言葉が入ってもよいと思います。

公共の電波を使うラジオでどのくらい正しい日本語を話すべきかという問題については、今後ますます難しい課題になってくると思います。敬語は正しく使うべきだと思いますが、どんなイントネーションをナビゲーターが使うかという点については、多言語多文化共生が許されてもよいのではないかと思います。

番組を聞いての印象は、番組全体としての濃度が薄すぎるということです。それぞれの話題があまりにも表層的に流れてしまい、情報として成り立っていないと思います。例えば、ピーターラビットの話が出ましたが、映画の宣伝のためにゲストが出演しているのであれば映画についてもっと観に行きたくなるような情報がほしかったと思います。

新鮮味がなく平坦すぎると思いました。ナビゲーターの個性がないからか、コーナーにも個性を感じませんでした。ナビゲーターとコーナーの企画をフィットさせてほしいと思います。

横山エリカさんはナビゲーターを始めて1年半経っても話し方がぎくしゃくしていると思います。台本も棒読みな感じがしました。もう少しご自分の言葉で感想などを入れてスムーズに話してほしいと思います。