番組審議会

林 和男 氏〔委員長〕

ぴあ(株)相談役Co-founder

番組検証の鋭さ、深さに定評。J-WAVEのスーパーアドバイザー的存在。

阿川 佐和子 氏〔委員〕

文筆家

「ああ言えばこう食う」(集英社)、「ウメ子」(小学館)等著書多数。第15回講談社エッセイ賞他受賞。雑誌、テレビ司会、CM等でも活躍中。
当審議会のムードメーカー。

奥貫 薫 氏〔委員〕

女優

CMやドラマで幅広く活躍中。女優としての光る感性に期待!

平野 啓一郎 氏〔委員〕

作家

1975 年、愛知県生まれ。京都大学法学部卒。同大在学中の1998 年、『日蝕』でデビュー。同作が第120 回芥川賞を受賞する。2009 年、『決壊』で平成20年度芸術選奨文部科学大臣賞、『ドーン』で第 19 回Bunkamura ドゥマゴ文学賞を受賞。

福岡 伸一 氏〔委員〕

青山学院大学理工学部 化学・生命科学科教授 分子生物学専攻

専門分野で論文を発表するかたわら、一般向け著作・翻訳も手がける。
分子生物学者としての鋭い視点で番組を検証

水野 学 氏〔委員〕

クリエイティブディレクター、good design comany代表、
慶應義塾大学特別招聘准教授

1998年good design company設立。ゼロからのブランドづくりをはじめ、ロゴ制作、商品企画、パッケージデザイン、インテリアデザイン、コンサルティングまでをトータルに手がける。主な著作に『「売る」から「売れる」へ』『センスは知識からはじまる』他。

佐藤 尚之 氏〔委員〕

株式会社ツナグ代表、株式会社4th代表、公益社団法人「助けあいジャパン」 代表
国際交流基金 理事、復興庁 政策参与

1961年、東京都生まれ。コミュニケーション・ディレクターとして多方面で活躍。著書には「明日の広告」「明日のコミュニケーション」など。
通称「さとなお」として活動している食や旅のエッセイも人気。

【6月開催・第293回番組審議会報告】

第293回番組審議会の概要は下記の通りです。

1. 日時

平成30年6月8日(金)10:00〜11:00

2.開催場所

株式会社J-WAVE33階 第1会議室

3.委員の出席

委員の総数:7名
出席委員数:5名
書面出席委員数:1名
出席委員:林和男 委員長 / 阿川佐和子 委員 / 平野啓一郎 委員 / 福岡伸一 委員 / 水野学 委員
書面出席委員:奥貫薫 委員
欠席委員:佐藤尚之 委員
局側出席者:代表取締役社長 中岡壮生 / 代表取締役専務 宮本英延 / 編成局編成局長 神田竜也 / 編成局制作部長 宇治啓之
事務局:事務局長 高知尾綾子 / 事務局員 川上智美

4. 議題

「FRUIT MARKET」(2018年5月12日(土)15:00~17:00 放送回)

5. 番組内容

2016年10月にスタートした土曜午後のワイド・プログラムです。
番組のキャッチコピーは「キニナル、アレコレ、マトメテ、オトドケ」。様々なエンターテインメント情報と話題の音楽を、旬の果実を収穫するように“もぎたて”でお届けしています。番組内には大きく4つのコーナーがあります。

(1)「WEEKLY SUMMARY」では、番組オンエア後1週間の気になるエンターテインメントやイベント情報をJ-WAVEのリスナーズ・コミュニティ「J-me」会員の投票によりランキング形式で発表。TOP 3 に入ったモノ、コトを番組が取材して紹介しています。
(2)「SAPPORO AI NO Skal WHITE SOUR GOOD TIME!」(サッポロビール提供)は、旅にまつわる気になるトピックと旅にまつわるゲストのコメントで構成しています。
(3)「MITSUBISHI JISHO RESIDENCE PARADISE FIELD」(三菱地所レジデンス提供)は、様々なゲストが思い出の街を語るコーナーです。その街に関するリスナーからの情報も紹介しています。
(4)「JAGUAR LAND ROVER UK SOUND DRIVE」(JAGUAR LAND ROVER提供)は、イギリスの音楽メディア「NME」の日本版「NME JAPAN」の古川編集長が1週間の気になる音楽ニュースをまとめて紹介する他、様々なアーティストがお気に入りのUK MUSICを選曲して紹介します。

ナビゲーターの横山エリカは1988年6月生まれの早稲田大学卒。父親がドイツ人、母親が日本人のハーフで英語力は同時通訳ができるレベル。海外番組や語学番組など他方面で活躍中です。旅行が趣味で今まで訪れた国は40ヶ国。日本47都道府県全てを旅したことがあり、温泉好きで温泉ソムリエの資格も持っています。

<今回の内容>

※5月12日(土)放送
オープニングのトークは直前のワイド番組「SEASONS」ナビゲーターのマリエが「エリカさん、映画『ピーターラビット』の予告編でナレーションやっていませんか?」という投げかけに対して答えています。
この番組の選曲方針は、気になるアーティスト、気になる楽曲を、土曜日の午後という時間帯を意識してバランス良く選曲すること。1曲目のAqua Timezは、直前に解散発表したばかり。Taylor Swiftは、来日が発表になったばかり。Charlie Puthは、昨日リリースされたばかり…など、情報性の高い楽曲を洋楽邦楽問わずバランス良くセレクトしています。
「WEEKLY SUMMARY」では、前日に公開になった話題の映画『ミッドナイト・サン タイヨウのうた』主演のパトリック・シュワルツェネッガーのインタビューをお届けしました。「SAPPORO AI NO Skal WHITE SOUR GOOD TIME!」では、新緑の季節に気になる旅トピックとgo!go!vanillasの旅の楽しみ方をコメントで紹介しました。「MITSUBISHI JISHO RESIDENCE PARADISE FIELD」には、俳優の千葉雄大さんが登場し、思い出の街・町田と上京物語を語りました。「JAGUAR LAND ROVER UK SOUND DRIVE」では、「NME JAPAN」古川編集長が最新の音楽ニュースをお届けしたほか、注目のバンド・ポルカドットスティングレイの雫(しずく)さんが登場し、お気に入りのUK MUSICを紹介しました。
また、この日は母の日の前日ということで、母の日にまつわるメッセージを募集し、コーナーの合間でリスナーとのコミュニケーションを図りました。

6. 議事内容

≪ 「放送番組基準」はこちら ≫

<<放送法に照らしてのご指摘・ご意見>>
放送法に照らしてのご指摘・ご意見はありませんでした。

委員の皆様からいただきましたご意見をご紹介します。

土曜午後のワイド番組ということで、オーソドックスな作りながら、とてもフレッシュな印象が残りました。

横山エリカさんの日常感や親近感は、若いリスナーを獲得していくのに、大切な要素だと思います。英語も堪能で、美貌や才媛ぶりを鼻にかけないところも素敵でした。

横山エリカさんが英語で話してそれを逐次通訳する部分がとてもスムーズで聞きやすかったです。

「3つのパワースポット」と紹介していましたたが、断言するのではなく「3つのパワースポットと言われている」と紹介するべきではないでしょうか。

「気になる」という言葉をこの番組に限らずラジオでよく聞きますが、本来否定的な意味で使う言葉なので、多用しすぎないほうがよいと思います。

ゲストによってトークのクオリティが左右されてしまうと思います。ゲストのトークの内容のコントロールも必要かと思います。

ワイド番組なのでしかたないことかもしれませんが、音楽によって話が寸断されていくので、深い話になっていかないためか、印象に残りづらいと感じました。

横山エリカさんの声のトーンやしゃべり方は気持ちよく聞くことができましたが、発音や、敬語の使い方が間違っているところがいくつかありました。

東京はいろいろなルーツの人が住んでいる状況なので、東京のラジオ局として発音やイントネーションについてどこまで標準語を維持していくのかを検討したほうがよいのではないでしょうか。番組の内容によっては、いろいろな地方の言葉が入ってもよいと思います。

公共の電波を使うラジオでどのくらい正しい日本語を話すべきかという問題については、今後ますます難しい課題になってくると思います。敬語は正しく使うべきだと思いますが、どんなイントネーションをナビゲーターが使うかという点については、多言語多文化共生が許されてもよいのではないかと思います。

番組を聞いての印象は、番組全体としての濃度が薄すぎるということです。それぞれの話題があまりにも表層的に流れてしまい、情報として成り立っていないと思います。例えば、ピーターラビットの話が出ましたが、映画の宣伝のためにゲストが出演しているのであれば映画についてもっと観に行きたくなるような情報がほしかったと思います。

新鮮味がなく平坦すぎると思いました。ナビゲーターの個性がないからか、コーナーにも個性を感じませんでした。ナビゲーターとコーナーの企画をフィットさせてほしいと思います。

横山エリカさんはナビゲーターを始めて1年半経っても話し方がぎくしゃくしていると思います。台本も棒読みな感じがしました。もう少しご自分の言葉で感想などを入れてスムーズに話してほしいと思います。

【5月開催・第292回番組審議会報告】

第292回番組審議会の概要は下記の通りです。

1. 日時

平成30年5月11日(金)17:00〜18:00

2.開催場所

株式会社J-WAVE33階 第1会議室

3.委員の出席

委員の総数:7名
出席委員数:3名
書面出席委員数:5名
出席委員:林和男 委員長 / 阿川佐和子 委員 / 奥貫薫 委員 / 佐藤尚之 委員 / 平野啓一郎 委員
書面出席委員:水野学 委員
欠席委員:福岡伸一 委員
局側出席者:代表取締役社長 中岡壮生 / 代表取締役専務 宮本英延 / 編成局制作部長 宇治啓之
事務局:事務局長 高知尾綾子 / 事務局員 川上智美

4. 議題

「JUMP OVER」(2018年4月15日(月)23:00~23:54 放送回)

5. 番組内容

今年、J-WAVEは開局30周年を迎えます。
2018年4月1日から2019年3月31日までの期間は、「OVER THE WAVE」をスローガンに、J-WAVEがJ-WAVE自身を超えていく、これまでにない新しいチャレンジをしていく1年となります。
開局30周年プロジェクトの一つに「JUMP OVER」があります。J-WAVEが今までに取り組んだことのない「演劇」というジャンルにJ-WAVEならではのやり方でチャンレンジします。
舞台は、2019年2月に下北沢の本多劇場で上映予定。演劇・ラジオ・音楽・映画などの垣根を飛び越えて(JUMP OVERして)、リスナーと一緒に白紙状態から一つの舞台を作り上げていくこのプロジェクトと連動した新番組「JAMP OVER」が4月よりスタートしました。
ナビゲーターは劇団ゴジゲンの演出家であり、映画監督であり、映像作家の松居大悟。
2019年2月に上映する舞台について決まっていることは「ラジオ・リスナーを主人公にしたストーリー」ということ。松居大悟がラジオ・リスナーとはどんな人たちなのか?を探るため様々なお題を用意。リスナーから届くメールを参考に舞台に登場する人物のキャラクターやバックボーンを創造していきます。
舞台にまつわる様々なアイデアをリスナーから募集するこの番組は、人呼んで「稽古場ラジオ」。果たしてこの番組から、これまでに無いような斬新な舞台が生まれるのか?ご期待ください。
また、この番組は松居大悟の地元である福岡CROSS FMにもネットされています。

<今回の内容>

※4月15日(日)放送
オープニングは寸劇からシンガーソングライター石崎ひゅーいによるオリジナル曲の弾き語りで始まります。番組内でかかる音楽の選曲はナビゲーターの松居大悟自身が選んだ楽曲です。
この番組は、生放送でリスナーとのやり取りが中心。メールやTwitterのコメントを読みながら進行していきます。メールテーマやコーナーは実験的に様々なチャレンジを行っています。この日のメールテーマは、「発見!謎のボイスメモ謎のテキストメモ」でした。スマートフォンに残された謎のメモの中にある意識と無意識を調査しました。音楽をベースにシーンやシチュエーションを発想する力を共有する「この曲を撮らせろ!」のコーナーでは、とある楽曲のミュージックビデオを「私ならこう撮る」というメールを募集し、MONDO GROSSOの「ラビリンス」を紹介。その他、リスナーがどんなことにイライラしているのか、不満を持っているのかを調査して、舞台の登場人物のキャラクターのヒントを収集する「ちょっと聴いてよ!愚痴大会!」、人が恋に落ちる理由をマニアックな萌えキュンポイントから調査する「わたしだけがグッとくる」など、展開しました。
これらのネタがどのように舞台に収斂していくのか?番組スタッフには全く見えていませんが、松居大悟の中には何かが芽生え始めているようです。それらをリスナーと共有しながら、今年の夏までに脚本及び出演者が決定する予定です。

6. 議事内容

≪ 「放送番組基準」はこちら ≫

<<放送法に照らしてのご指摘・ご意見>>
放送法に照らしてのご指摘・ご意見はありませんでした。

委員の皆様からいただきましたご意見をご紹介します。

たった54分の中で、5つの企画をリスナーからの反応を見ながらこなし、横でボイスメモを編集して、間に合う、間に合わないといった緊張感の中で生放送をしているのは見事だと思いました。スピード感、リアリティー、生放送のすごさ、企画の多さ、音楽の選曲のよさ、どれを取ってもかなりレベルの高い番組ではないかと思います。

程良いテンポと、声質、リスナーからのメッセージに対応する企画で、ラジオらしいよい番組と思いました。

いろいろな企画を盛り込んで、リスナーとの関係性をつくっているところが、AMの深夜番組のような感じで面白いと思いました。

作家の方が一本芝居を書くのはすごく大変なことなので、松居さんが、表ではこのように面白く深夜番組を放送していて、その裏でどういうふうに作品を作っていくのかが楽しみです。

この番組が来年2月の舞台につながっているということが、1回聴いただけでは分かりづらいと思います。

来年2月の舞台のプロセスと考えるとネタのストックとしての番組の意味合いを今後どのように表現していくのかが少しわかりづらいかと思います。

松居さんがあまり自分の見解や評価を出さないでリスナー中心に進めていくので、舞台への関わりが分からないし物足りない感じがしました。

J-WAVE30周年の企画で、これまでにない新しいチャレンジということで期待したのと、ラジオとリアルな芝居のシナジーはおもしろいと思ったのですが、番組を聞いた限りでは期待外れでした。

番組がどのように舞台に収れんしていくのかを感じられないと、松居さんをよく知らないリスナーが置いてかれてしまうと思います。

松居さんが色々なコーナーで何をどう面白いと思っていて、そこから何にインパクトを受け、演劇にどのように繋がっていくのかというようなことが、どれも希薄なような気がしました。

舞台は、とにかく早く動いたほうがいいので、2月の公演ということは、秋ぐらいには詳細を発表できないと間に合わないのではないでしょうか。

番組でリスナーを巻き込んで、人々と一緒に作っていくのであれば、成果が見えてこないと参加している感が少ないと思います。共創、コクリエーションに参加している感がもう少し見えないと、これを1年間続けていくのは難しいのではないでしょうか。興味の継続ができないと思います。

松居さんのキラリとしたものが全く見えてこないので、芝居を見に行こうという気にあまりなりませんでした。

例えば松居さんが脚本を書いて、それをウェブ上などで公開して、モニターとしての意見を回収するといった段階になると、ラジオが有意義に機能すると思います。

コミュニティーをつくって、リスナーの意見を取り入れてラジオ番組で作品を成立させようとすると、沈黙して考え込むこともできないし、あまりむげにボツにすることもできないので、深夜放送的なトークで全体を流すしかないのかと思いますが、番組を最後まで聞いても、何も残りませんでした。

度々交わされる制作スタッフとのやり取りがライブ感となって、リスナーも仲間に入れた錯覚になって楽しめるのですが、その回数が多くなると、聴いていて若干の疎外感を持ち始めるように思います。

あえて敬語を使わず、リスナーと対等に話していることと、スタジオ内のスタッフの笑い声がものすごく内輪感を出していて、リスナーとしてはすごく遠い感じがしました。