番組審議会

審議委員(五十音順)

林 和男 氏〔委員長〕

ぴあ(株)相談役Co-founder

番組検証の鋭さ、深さに定評。J-WAVEのスーパーアドバイザー的存在。

奥貫 薫 氏〔委員〕

女優

CMやドラマで幅広く活躍中。女優としての光る感性に期待!

菊間 千乃 氏〔委員〕

弁護士

1972年、東京都生まれ。早稲田大学法学部卒。1995年、フジテレビ入社。司法試験に専念する為フジテレビを退社し、2010年、司法試験合格。現在は弁護士法人松尾綜合法律事務所にて幅広い案件を手掛けている。著書に『私が弁護士になるまで』他。

佐藤 尚之 氏〔委員〕

株式会社ツナグ代表、株式会社4th代表、株式会社ファンベースカンパニーCPO、一般社団法人「助けあいジャパン」代表、復興庁復興推進参与

1961年、東京都生まれ。コミュニケーション・ディレクターとして多方面で活躍。著書に「明日の広告」「ファンベース」など。

平野 啓一郎 氏〔委員〕

作家

1975 年、愛知県生まれ。京都大学法学部卒。同大在学中の1998 年、『日蝕』でデビュー。同作が第120 回芥川賞を受賞する。2009 年、『決壊』で2008年度芸術選奨文部科学大臣賞、『ドーン』で第19回Bunkamura ドゥマゴ文学賞を受賞。

福岡 伸一 氏〔委員〕

青山学院大学理工学部 化学・生命科学科教授 分子生物学専攻

専門分野で論文を発表するかたわら、一般向け著作・翻訳も手がける。
分子生物学者としての鋭い視点で番組を検証

水野 学 氏〔委員〕

クリエイティブディレクター、good design comany代表、
慶應義塾大学特別招聘准教授

1998年good design company設立。ゼロからのブランドづくりをはじめ、ロゴ制作、商品企画、パッケージデザイン、インテリアデザイン、コンサルティングまでをトータルに手がける。主な著作に『「売る」から「売れる」へ』『センスは知識からはじまる』他。

【6月開催・第303回番組審議会報告】

第303回番組審議会の概要は下記の通りです。

1. 日時

2019年6月14日(金)10:00~11:00

2.開催場所

株式会社J-WAVE33階 第1会議室

3.委員の出席

委員の総数:7名
出席委員数:6名
欠席委員数:1名
出席委員:林 和男 委員長 / 奥貫 薫 委員 / 菊間千乃 委員 / 平野啓一郎 委員 / 福岡伸一 委員 / 水野 学 委員
欠席委員:佐藤尚之 委員
局側出席者:代表取締役社長 中岡壮生 / 取締役編成局長 神田竜也 / 編成局コンテンツプロデュース部長 渡邉岳史
事務局:事務局長 高知尾綾子 / 事務局員 川上智美

4. 議題

「VOICES FROM NIHONMONO」 2019年5月4日(土) 22:00~22:54放送回

5. 番組内容

番組タイトルにある「にほんもの」は、中田英寿が日本全国を旅した経験から出会った、日本文化や技術とその担い手たち=にほんの“ほんもの”を指す言葉。この番組の主役は中田英寿ではなく、日本の本物やその本物を生みだす人々「にほんもの」です。
番組では、中田英寿が2019年5月から再開させた「にほんものを見つめ、探す旅」に密着し、実際にモノ作りが行われている現場や人々の声を聴きながらその魅力を発信していきます。番組の案内役はレイチェル・チャンが務めます。

<今回の内容>

5月4日の放送は、「日本酒のにほんもの」をテーマにお届けしました。幻の酒といわれ、日本中にその名を知られる日本酒「十四代」。そんな酒を生み出す山形県の酒蔵、髙木酒造の髙木顕統(あきつな)氏を迎えて中田英寿がインタビュー。酒蔵の沿革から「十四代」が幻の酒と呼ばれるようになるまでのストーリー、さらには髙木氏が酒造りに込める想いを伺いました。
日本全国300以上の酒蔵を巡り、実際に酒造りの現場を見て得た豊富な知識と、長年にわたり築いた信頼関係を活かした中田英寿のインタビューにより、日本の本物、その作り手である本者、「にほんもの」の魅力をお伝えしました。

6. 議事内容

≪ 「放送番組基準」はこちら ≫

<<放送法に照らしてのご指摘・ご意見>>
放送法に照らしてのご指摘・ご意見はありませんでした。

委員の皆様からいただきましたご意見をご紹介します。

・中田さんのナビゲートがスムーズで、これまで知らなかったこともたくさんあり面白く聴けました。

・中田さんが行くところに色々な人が集まってきていて、彼の存在がサッカーボールのような感じがしました。選手時代のキャリアと今の活動がオーバーラップして面白いと思いました。

・とても興味を持って聴きました。中田さんが最近どんな活動しているのかも知りたいと思っていました。そういう意味では注目度が高いのではないかと思います。

・気持ちよく聞きました。レイチェル・チャンさんの声がしっとりとしていて、テーマに合っていると思います。中田さんとのコンビネーションもよいと思います。

・一般的に日本酒に興味がない人に興味を持ってもらうにはよいのではないでしょうか。

・中田英寿さんを起用してこういう番組を作ったことが素晴らしいと思います。中田さんの活動を知ることができるのもよいと思います。

・レイチェルさんと中田さんの息の合った雰囲気もよいと思います。ある意味、中田さんも準ゲストの立ち位置で、レイチェルさんと中田さんとゲスト3人の関係でのポジショニングがよいと思います。

・スポーツ選手のセカンドキャリアが問題になっていますが、中田さんの活動を紹介することで、ある意味スポーツ選手のセカンドキャリアを応援している番組になっていて好感がもてます。

・日本酒がブームになっていますが、ブームになっている事柄を放送局がどう扱っていくべきか疑問に思いました。ブームだからといってそのことについて一方向からだけではなく、多方向からの側面も見るべきだと思います。取り上げる内容がどこかに偏りすぎているのはどうかと思います。

・日本酒がテーマだから飲酒は仕方ないと思いますが、スタジオの中にお酒を持ち込むのはコンプライアンス的にも、放送の公共性としてもどうかと思います。コックピットの中にお酒をもちこんで操縦するようなものではないか。飲酒部分はイベント会場で収録するなど工夫が必要なのではないでしょうか。

・食べたり飲んだりするは文化のひとつなので、飲酒をすべて排除する必要はないと思いますが、お酒の話がトリガーになって、アルコール依存の人がお酒を飲みたくなるということもあるので、議論はしていくべきだと思います。

・ゲストと中田さんとレイチェルさんがお互いに気を遣いすぎで聞き苦しいところがありました。

・中田さんの「飲まさせてもらう」「行かさせてもらう」という言葉遣いが気になりました。「飲ませていただく」「行かせていただく」でよいのではないでしょうか。

・日本の本物をみつけるというテーマは国粋主義につながる可能性があります。日本の伝統についてすべて批判的になる必要はないが、複眼的な視点が必要だと思います。日本文化ならなんでも素晴らしいという一本調子にならないようにする必要があるのではないかと思います。

といった意見が出されました。

【5月開催・第302回番組審議会報告】

第302回番組審議会の概要は下記の通りです。

1. 日時

2019年5月10日(金)10:00~11:00

2.開催場所

株式会社J-WAVE33階 第1会議室

3.委員の出席

委員の総数:7名
出席委員数:5名
書面出席委員数:1名
欠席委員数:1名
出席委員:林 和男 委員長 / 奥貫 薫 委員 / 菊間千乃 委員 / 佐藤尚之 委員 / 平野啓一郎 委員
書面出席委員:福岡伸一 委員
欠席委員:水野 学 委員
局側出席者:代表取締役社長 中岡壮生 / 取締役編成局長 神田竜也 / 編成局コンテンツプロデュース部長 渡邉岳史
事務局:事務局長 高知尾綾子 / 事務局員 川上智美

4. 議題

「GOLDEN PASS」 2019年4月7日(日)23:00~23:54放送回

5. 番組内容

世界がグローバル化へ進む一方で、海外留学をする日本人は8年間で約36%減少、また、ある調査では新入社員の約6割が「海外で働きたくない」と回答するなど、日本人の内向き志向は年々増加し深刻化しています。そんな中でも、日本の若者にもっと海外に目を向けてほしい、興味を持ってほしい、世界に目を向ける日本の学生を応援したい、そんな想い込めてこの4月からスタートした、これからの日本・世界を牽引していく若者たちを応援するプログラムです。
番組では毎回、世界で活躍する日本発のゲストを迎え、活動内容やその思いを伺います。番組の後半には、J-WAVE WACODES(※1)に所属する現役大学生も登場。彼らの相談に対しゲストが答えていきます。
今後は、海外に行きたい!という夢を持った学生の熱い思いを一般公募し、選ばれた学生には海外活動費=“GOLDEN PASS”を贈呈する企画も予定。日本の学生たちを世界へ送りだす窓口となる番組を目指します。

※1)J-WAVE WACODESとは、次世代のJ-WAVEをつくる大学生・専門学生のコミュニティとして2014年に結成。現在までJ-WAVEの様々なフィールドで活動中。月に1度J-WAVEで実施するミーティングでは、学生にラジオを聴いてもらうには?ラジオの面白さを伝えるには?など学生ならではの視点でディスカッションを行っています。学園祭での番組公開収録イベント、大学生・専門学生限定のアンケート調査、イベント会場に行きレポートを行うなど、今なお活動の幅を広げています。

<今回の内容>

ゲストはアートディレクターの増田セバスチャン。ファッションブランド「6%DOKIDOKI」創設者であり、きゃりーぱみゅぱみゅのアートディレクションなどを手掛ける日本の「原宿カワイイ」カルチャーの中心的人物です。2017年からは文化庁に「文化交流使」として選出され世界中をまわり、現在は京都造形芸術大学客員教授、ニューヨーク大学客員研究員としても学生たちに日本のカルチャーを発信し続けています。そんな増田さんが海外に目を向け始めたきっかけ、学生時代の話、ブランドの立ち上げから現在に至るまでの挑戦、今後について伺いました。
番組の後半には現役大学生が登場。増田さんから大学生へ海外で活動するアドバイスを送りました。講師としても日々学生と向き合っている増田さんだからこそ出てくる言葉の数々に思わずハッとさせられる放送となりました。

6. 議事内容

≪ 「放送番組基準」はこちら ≫

<<放送法に照らしてのご指摘・ご意見>>
放送法に照らしてのご指摘・ご意見はありませんでした。

委員の皆様からいただきましたご意見をご紹介します。

・楽しく聴かせていただきました。このように安定したプログラムを組むためには、それなりに事前の仕込みや事後の構築がなされているはずで、その意味で、ゲストの話をうまく引き出すための入念な打ち合わせがなど、「仕事がしてある」、良質な番組だと思います。

・第一回のゲストとして増田セバスチャンさんを呼んできたのはよかったと思います。彼の真面目さ、真摯さが今回のインタビューでもうまく引き出されていたと思います。

・活動費まで支援されるというのは、すばらしいことなので、これも番組内でもっと告知・内容紹介した方がよいと思います。

・藤田琢己さんはキャリアがあるのにとても謙虚で言葉も新鮮で、人柄が伝わってきました。藤田さんのお話ももっと聞きたかったです。

・公的なラジオ番組としては「もっと海外に出よう」というテーマの前提として、「海外に行くことに消極的な人が増えてきた」という事実をきちんと明示する必要があると思います。できれば大きなデータを扱った、公式の政府統計が望ましいと思います。

・最後の大学生との会話が尻切れトンボになってしまっていて残念でした。

・WACODESが何を発信しようとしているのかをもっと聞きたかったと思います。そこから大人が学ぶこともあると思います。

・よい狙いだと思いましたが、目的がはっきりしているわりには効果的ではないと思いました。世界に目を向けてほしい今の若者に世界での成功談を聞かせることで海外に行くとは思えません。

・若者に海外に目を向けさせようとするならば、J-WAVEとしてどういうアプローチがよいのか考えたほうが良いと思います。WACODESにもっと話を聞くなどできたのではないでしょうか。

・SNSや番組サイトの活用など若者が使っているメディアの活用が全くできていないので、番組だけでなく「GOLDEN PASS」を与えるという実効性を伴うものとしては足りなさすぎると思いました

・選曲ももっと洋楽中心でよいのではないでしょうか。

・なぜ若者が海外に行かないのかについてもっと考察してほしかったです。

・藤田琢己さんの質問が長くて、増田さんが待ちきれなくて答える場面があったので、質問をもう少し簡潔にしてほしいと思いました。ひとつひとつの話ももう少し膨らませて聞いてほしかったです。

・海外に行くという意味を番組側で整理する必要があると思います。数年単位で行くことを海外に行くといっているのか、バックパッカーのようにとりあえず行くことなのかによって意味が違ってくるし、ターゲットにするリスナーも変わってくると思います。

・ゲストに関連するような海外留学の制度や補助金などを番組が調べてサイトにのせて情報として蓄積するなど工夫が必要かと思います。

・藤田さんが気負いすぎていて、彼の自然体のよさが出ていないと思いました。インタビューも質問だけして終わってしまっていたので、もっと自分の意見を言ってほしいと思いました。

・「GOLDEN PASS」というタイトルは海外に行く人を一般公募で支援するということが最後のほうで分かったのですが、そうであればもっと番組として動きをつけたほうがよいと思います。

といった意見が出されました。