番組審議会

林 和男 氏〔委員長〕

ぴあ(株)相談役Co-founder

番組検証の鋭さ、深さに定評。J-WAVEのスーパーアドバイザー的存在。

阿川 佐和子 氏〔委員〕

文筆家

「ああ言えばこう食う」(集英社)、「ウメ子」(小学館)等著書多数。第15回講談社エッセイ賞他受賞。雑誌、テレビ司会、CM等でも活躍中。
当審議会のムードメーカー。

奥貫 薫 氏〔委員〕

女優

CMやドラマで幅広く活躍中。女優としての光る感性に期待!

平野 啓一郎 氏〔委員〕

作家

1975 年、愛知県生まれ。京都大学法学部卒。同大在学中の1998 年、『日蝕』でデビュー。同作が第120 回芥川賞を受賞する。2009 年、『決壊』で2008年度芸術選奨文部科学大臣賞、『ドーン』で第19回Bunkamura ドゥマゴ文学賞を受賞。

福岡 伸一 氏〔委員〕

青山学院大学理工学部 化学・生命科学科教授 分子生物学専攻

専門分野で論文を発表するかたわら、一般向け著作・翻訳も手がける。
分子生物学者としての鋭い視点で番組を検証

水野 学 氏〔委員〕

クリエイティブディレクター、good design comany代表、
慶應義塾大学特別招聘准教授

1998年good design company設立。ゼロからのブランドづくりをはじめ、ロゴ制作、商品企画、パッケージデザイン、インテリアデザイン、コンサルティングまでをトータルに手がける。主な著作に『「売る」から「売れる」へ』『センスは知識からはじまる』他。

佐藤 尚之 氏〔委員〕

株式会社ツナグ代表、株式会社4th代表、公益社団法人「助けあいジャパン」 代表
国際交流基金 理事、復興庁 政策参与

1961年、東京都生まれ。コミュニケーション・ディレクターとして多方面で活躍。著書には「明日の広告」「明日のコミュニケーション」など。
通称「さとなお」として活動している食や旅のエッセイも人気。

【10月開催・第296回番組審議会報告】

第296回番組審議会の概要は下記の通りです。

1. 日時

2018年10月12日(金)10:00〜11:00

2.開催場所

株式会社J-WAVE33階 第1会議室

3.委員の出席

委員の総数:7名
出席委員数:6名
欠席委員数:1名
出席委員:林和男 委員長 / 阿川佐和子 委員 / 奥貫薫 委員 / 平野啓一郎 委員 / 福岡伸一 委員 / 水野学 委員
欠席委員:佐藤尚之 委員
局側出席者:編成局エグゼクティブプロデューサー 松尾健司 / 編成局プロデュース部長 宇治啓之
事務局:事務局長 高知尾綾子 / 事務局員 川上智美

4. 議題

『DIALOGUE RADIO –IN THE DARK-』(2018年9月9日(日) 25:00~26:00 放送回)

5. 番組内容

<番組について>
ダイアログ・イン・ザ・ダークは、完全に光を遮断した空間の中へ、グループを組んで入り、暗闇のエキスパートである視覚障がい者のアテンドにより、中を探検し、様々なシーンを体験する暗闇のソーシャルエンターテインメントです。その過程で視覚以外の様々な感覚の可能性と心地よさに気づき、コミュニケーションの大切さ、人のあたたかさなどを思い出します。
この番組は、ダイアログ・イン・ザ・ダークの世界観をそのままラジオで表現しています。収録は実際のダイアログ・イン・ザ・ダークの会場で行われています。目でモノをみることのできない完全な暗闇の中で、バースセラピストの志村季世恵さんが様々なゲストを迎えて"心との対話"を試みます。
7月から毎月第2日曜日25:00から放送する月1回のレギュラー番組です。聴覚に障がいがある方にも楽しんでいただけるように、WEBサイトに対話の全文を掲載しています。

<今回の内容>

3回目の放送の9月9日はゲストに広末涼子さんをお迎えし、広末さんの子供のころの話や仕事に対する考えなどについて語りあいました。

6. 議事内容

≪ 「放送番組基準」はこちら ≫

<<放送法に照らしてのご指摘・ご意見>>
放送法に照らしてのご指摘・ご意見はありませんでした。

委員の皆様からいただきましたご意見をご紹介します。

・オープニングのザラザラとした音がラジオの雑音のように聞こえて一瞬びっくりしてしまいました。

・暗闇で話している説明が少なく、暗闇というシチュエーションがきちんと伝わっていないと感じました。DIALOGUE IN THE DARKを経験した人には分かると思いますが、初めての人にはどういうことなのか分かりづらいと思います。

・この番組を真っ暗な中でやるという意義がどこにあるのかが分かりませんでした。トーク番組を暗闇の中でやるとことでの面白さを狙っていると思うのですが、暗闇で話すからこそ出てくるものが感じられませんでした。

・広末涼子さんは、今までテレビで見ていたイメージと少し違う印象で、話から伝わってくるものに共感できるところがたくさんありました。音楽も良く、話の内容も静かで穏やかで心が落ち着きました。

・子育てがいかに素晴らしい仕事か、母親がいかに素晴らしいかということに終始していて、子供がいない人や、子供に恵まれなかった人が聴いたときにどう思うか少し心配なところがありました。暗闇で話すことで、もう一歩深いところまで話がたどり着ければ、その立場を超えて全ての人に届くメッセージが聴けたのではという気がしました。

・志村さんの肩書の「バース・セラピスト」という言葉が不明瞭で誤解を与えると思います。

・聞き終わるとお母さん、おばあちゃんトークというものしか印象に残らなかったのですが、たまたまフリートークでそうなったのか、あるいはある程度事前に構成があったのかどうかが気になりました。

・見えている人同士が話していることを、ラジオという見えないかたちで聴くというのと、暗闇で見えない状況にいる人同士が話しているのを聴くというのは違うと思いますが、その違いについての考察が甘く、暗闇を生かしきれていないと感じました。

・何を言っても全肯定という形のセラピー的な話が後半になるほど強く出てきて、聴いていて気持ちが悪い感じがしました。暗闇の空間で、内向して過去の記憶を語るという行為に何の意味があるのか、なぜ暗闇だとそうしなければいけないのかという必然性が感じられませんでした。

・はじめにダイアログ・イン・ザ・ダークがどういうものか説明しただけで、番組を通して暗闇であることが全く感じられませんでした。コミュニケーションの中で暗闇の中にいるというライブ感が出るような作りにしないと、途中から聴いた人も何のことだか分からないと思います。

・コンセプトをきちんと議論し尽くして、一体この暗闇の体験の本質は何なのかということをもっと深く詰めないと、試みとしては面白いと思いますが、何かもったいないという感じがしました。

・ダイアログ・イン・ザ・ダークがヒーリング空間のようになっていますが、視覚が失われたことによって他の感覚がいかに鼓舞されるか、他の感覚がいかに代償的に視覚を補っていくかっていうことを体験させるための施設であって、スピリチュアルな扱いをすることには注意したほうがよいと思います。

・ダイアログ・イン・ザ・ダークの当事者の志村季世恵さんが出演していると、スポンサー番組のようになってしまうという危機感を感じます。