TOPICS

WORLDWIDE SHOWCASE 2011開催決定!


タイムテーブル発表!!
前売り券は9/22(木)まで販売! 当日券は9/23(金・祝)16時から販売開始!

音楽の革命家ジャイルス・ピーターソンが東京のドライブタイムを世界から集まるスペシャルな音源で至極のひと時にするプログラムJ-WAVE 「WORLDWIDE」は2011年、放送7年目を迎えました。

毎年、唯一無二のラインアップとセットアップで大反響を得ている番組イベント「J-WAVE Gilles Peterson’s WORLDWIDE SHOWCASE」は、リスナーは勿論、シーンに定着した音楽の祭典として東京の音楽ラバーから注目を集めています。震災の経験を通して「ラジオの価値」、そして「音楽のパワー」が再認識された今年だからこそ、ラジオ番組発信型のイベントで“音”の楽しさと、音楽を通しての“繋がり”を伝えたいと考えます。

2011年、テーマは「Love Supreme 〜至上の愛〜」
被災地の為に、ロンドンでいち早くチャリティイベントを開催。「ガンバレ・ニッポンMix」の配信など、日本にエールを送り続けるジャイルス・ピーターソン。今年は、同じ音楽を愛する仲間達と、日本をサポートするエネルギーを生む事に繋がる番組イベントの開催を目指しております。
21世紀型の「至上の愛」を追求&シェアする至極の音楽セレブレーション!

開催日、9月23日はジャズ・ジャイアント ジョン・コルトレーンの85歳の誕生日です。
ジャズの枠を越え、音楽の発展に多大な影響を与えたレジェンドは、ジャイルス・ピーターソンのヒーローでもあります。コルトレーンを愛するミュージシャン達が、彼が音楽を通して伝えた「至上の愛」を21世紀らしい形で表現していきます。

《9.23 WORLDWIDE SHOWCASE 2011 タイムテーブル》

17:00 OPEN/Start〜
  Akira Ishii
MASA SEXTET
YAMA a.k.a. SAHIB
熊谷和徳
★Special JC Session★
SBTRKT
SOIL&"PIMP"SESSIONS
Gilles Peterson
22:00 End(予定)

※出演順です。個々の出演時間は当日のお楽しみとなります。

PREVIEW INFORMATION

J-WAVE Gilles Peterson’s WORLDIWDE SHOWCASE 2011〜Love Supreme〜

日時 2011年9月23日(祝・金) Open/Start 17:00 〜 22:00 (予定)
会場 LIQUIDROOM(東京都渋谷区東3-16-6)
 
出演者 《プレゼンター/DJ》 Gilles Peterson ジャイルス・ピーターソン(Special WW Performance!)
《LIVE》音楽で世界と繋がる3アクトが、コルトレーンのスピリットをセレブレートするスペシャルセットを展開

SOIL &“PIMP”SESSIONS(ソイル&“ピンプ”セッションズ)
MASA SEXTET(マサ・セクステット)
熊谷和徳 <Tap Dance>(クマガイ・カズノリ)

《DJ》石井亮(J-WAVE WORLDWIDE)/SBTRKT(サブトラクト)/
       *New!: YAMA a.k.a.SAHIB(AUDIO SUTRA SOUND/J.B.P.)
 
料金 前売 5,500円/当日 6,000円(各・立見、税込、1ドリンク付)
 
チケット 前売りチケット取り扱いプレイガイド
チケットぴあ  Tel  0570-02-9999 (Pコード:145-248)
イープラス http://eplus.jp/
ローソンチケット  Tel  0570-084-003 (Lコード:75400)
 
当日券 16時より会場にて販売スタート!
 
チャリティー・アクション <100円+あなたの気持ち>の缶バッジが好評!
チャリティプロジェクト「ステイ・ストロング・プロジェクト(SSP)」とコラボレーション。
会場内で被災地への募金を募り義援金として被災地へ寄付いたします。



【節電アクション】
J-WAVEの新しいライフスタイル提案「Smart Life」における夏の企画、「SAVE ENERGY,ENJOY MUSIC!」にのっとった内容で開催します。当イベントは土曜日の開催で、当日は比較的電力需要が下がることが見込まれます。またDJが出演する時間帯も多いために演出的に使用する照明が少ないこともあります。
さらにその上で、下記のような対策を実施することで、通常公演時より全体でおよそ30%の使用電力削減を目標とします。
    場内の空調使用量をお客様の体調に支障の無い範囲で引き下げます(公演中の引き下げ目標15%程度)。
  • 会場内通路、共有スペースでの照明使用量を引き下げます(安全性を確保出来る範囲で)。
  • ステージでの照明演出に対する電気使用量を引き下げます(通常ステージで照明を全使用する際の最大瞬間電力1440Aを60%程度引き下げ580〜600A程度を目標とする)。
  • 公演全体を通してのステージ照明平均使用量は50%程度を目標とします。
主催 J-WAVE 81.3 FM
招聘・企画・制作 (株)シャ・ラ・ラ・カンパニー
お問い合わせ LIQUIDROOM(03-5464-0800)
J-WAVE
Copyright(c) J-WAVE, Inc. All rights reserved.