J-WAVE MEDIA CREATORS ACADEMY 講義ブログ 講義内容のサマリーを掲載中
クリス・ペプラー写真

学長 クリス・ペプラー Chris Peppler

開局25周年を迎えたJ-WAVEは、次世代のメディア・クリエイターを発掘・育成するための講座を開講します。ラジオを取り巻く環境は25年前の開局当時から劇的に変化をし、インターネットやソーシャルメディアの普及と共に、よりリアルタイムに、よりソーシャルに、よりパーソナルに、世の中の出来事やリスナーの皆さんとつながるメディアとして進化していく必要があります。そこで本講座では、従来のラジオ制作のノウハウだけでなく、リアルタイムメディア、ソーシャルメディアとの関わり方、そしてより創り手のパーソナリティー(個性)が出るコンテンツ制作者になるための方法を学んでもらいたいと思っています。講師には、J-WAVEスタッフ及びナビゲーターと、メディアの第一線で活躍している特別講師を招き、全10回の講座をおこなっていきたいと思います。ラジオというメディアにとらわれず、広くメディアコンテンツ制作者を目指したいと思っている若き才能が、たくさん集まってくることを期待しています。そして本講座で、是非その才能に磨きをかけてください。J-WAVEは、皆さんのエントリーをお待ちしています。

第一線で活躍する講師陣があなたをサポート

クリス・ペプラー

日本のインターナショナル・ハイスクールを卒業し、アメリカの大学に入学。
帰国後は広告の仕事に関わるようになる。
音楽の知識に明るく、自らベースを弾きバンドで演奏していた事も。
友人の紹介でDJを始め、以後、日本語から英語へとリズミカルに切り替わるテクニックで
独特のスタイルを確立。現在は雑誌、TVなど幅広く活躍中。

CLOSE

嶋浩一郎

博報堂ケトル代表
編集者・クリエイティブティレクター・書店経営
93年博報堂入社。CC局配属。企業のPR活動に携わる。01年朝日新聞社に出向「SEVEN」編集ディレクター。
02〜04年に博報堂『広告』編集長。04年〜NPO本屋大賞実行委員会理事。
06年既存の手法にとらわれないコミュニケーションを実施する「博報堂ケトル」設立。
ザ・プレミアム・モルツ、浦沢直樹『ビリーバッド』、KDDI、ロッテ爽ももクロふたの上ライブなどの広告キャンペーンを担当。
12年下北沢に本屋B&B開業。カルチャー誌「ケトル」編集長。
編著書に『嶋浩一郎のアイデアのつくり方』、『企画力』、『このツイートは覚えておかなくちゃ。』、『ブランド「メディア」のつくり方』。

CLOSE

津田大介

メディア・ジャーナリスト。
東京生まれインターネット育ち。
ネットメディアに精通し、Twitterのフォロワー数18万人以上。
Twitter ID: tsuda

早稲田大学社会科学部在学中よりIT関連のライターとして執筆活動を開始(1997〜)
早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース非常勤講師(2010〜)
特定非営利活動法人情報通信政策フォーラム(ICPF)副理事長(2010〜)
財団法人デジタルコンテンツ協会発行『デジタルコンテンツ白書2010』編集委員(2010)
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)フェロー(2010〜)
特定非営利活動法人クリエイティブ・コモンズ・ジャパンフェロー(2010〜)
EMI設立50周年記念オーディション「レボリューション・ロック」審査員(2010)
上智大学文学部新聞学科非常勤講師(2010)
共著『未来型サバイバル音楽論』(中央公論新社)発売(2010)
共著『日本人が知らないウィキリークス』(洋泉社)発売(2011)
武蔵大学社会学部メディア社会学科非常勤講師(2011)

CLOSE

田端信太郎

1975年10月25日生まれ。石川県出身
NTTデータを経てリクルートへ。フリーマガジン「R25」を立ち上げ、R25創刊後は広告営業の責任者を務める。その後、ライブドアに入社し、livedoorニュースを統括。ライブドア事件後には執行役員メディア事業部長に就任し経営再生をリード。さらに新規メディアとして、BLOGOSなどを立ち上げる。2010年春からコンデナスト・デジタルへ。VOGUE、GQ JAPAN、WIREDなどのWebサイトとデジタルマガジンの収益化を推進。2012年6月 NHN Japan株式会社(現:LINE株式会社) 執行役員広告事業グループ長に就任。livedoor、NAVERまとめ、LINEなどの広告営業を担当。

CLOSE

佐藤尚之

コミュニケーション・ディレクター/クリエイティブ・ディレクター
株式会社ツナグ代表 公益社団法人「助けあいジャパン」会長
内閣官房政策参与。学習院大学非常勤講師。上智大学非常勤講師。
朝日広告賞審査委員。佐治敬三賞審査委員。

1961 年東京生まれ。1985 年電通入社。コピーライター、CM プランナーを長くつとめた後、ウェブ・プランナーを経て、クリエイティブ・ディレクター。 その後、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体の構築をする領域を開拓し、ソーシャルメディア領域も含めたコミュニケーションを扱うコミュニケーション・ディレクターとして活躍。 2011 年 4月に電通を退社し、次世代ソリューションを提供する( 株) ツナグを設立。広告の枠にはまらない、様々な仕事を手掛けている。 東日本大震災後、民と官の連携プロジェクト「助けあいジャパン」を立ち上げ、情報支援活動に従事。 活動が認められ、1年後異例の早さで公益社団法人の認可を受ける。現在は代表を若手に譲り会長として動いている。内閣府・復興庁との連携で、復興庁政策参与に。 1995年より個人サイト「www.さとなお.com」(http://www.satonao.com/)を運営。約4700万アクセス(13年春現在)。ツイッターは「satonao310」フォロワー約7万人。フェイスブックは「satonao」フォロワー約17000人。 近著は「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(共にアスキー新書)。

CLOSE

亀田誠治

‘64年、アメリカ、ニューヨーク生まれ。辰年。
‘89年、音楽プロデューサー、ベースプレイヤーとして活動を始める。

これまでに椎名林檎、平井堅、スピッツをはじめ Do As Infinity、スガ シカオ、アンジェラ・アキ、JUJU、秦基博、チャットモンチー、エレファントカシマシ、WEAVER、植村花菜、ハナエ、MIYAVI VS KREVAなど 数多くのアーティストのプロデュース、アレンジを手がける。

‘04年夏から椎名林檎らと東京事変を結成。 ‘12年閏日に惜しまれつつも解散。
‘07年、第49回日本レコード大賞、編曲賞を受賞。
‘09年には自身初の主催イベント「亀の恩返し」を武道館にて開催した。

CLOSE

水野学

クリエイティブディレクター/good design company 代表取締役/慶應義塾大学特別招聘准教授
1972年東京生まれ。1996年多摩美術大学卒業。1998年good design company 設立。
ロゴ、商品企画、パッケージ、インテリアデザイン、ブランディングまでトータルにディレクションを行う。主な仕事に、NTTドコモ「iD」、「農林水産省」CI、宇多田ヒカル 「SINGLE COLLECTION VOL.2」「桜流し」、台湾セブンイレブン「7-SELECT」リブランディング、熊本県キャラクター「くまモン」、「中川政七商店」ほか。世界三大広告賞のOne Show で金賞ほか受賞歴多数。近著に『アウトプットのスイッチ』(朝日新聞出版)

CLOSE

ジョン・カビラ

1988年J-WAVE開局時よりナビゲーターとして出演。 現在は毎週金曜午前6時から11時半放送のワイド番組「JK RADIO〜TOKYO UNITED〜」を担当。 第42回ギャラクシー賞「DJパーソナリティ賞」、第47回ギャラクシー賞「ラジオ部門大賞」、第6回放送文化大賞「ラジオ部門 準グランプリ」受賞。 TVのサッカー番組やグラミー賞/アカデミー賞授賞式生中継番組の司会、ゲームのウイニングイレブンの実況、東京国際映画祭などの司会でもおなじみ。 趣味はサッカー・料理・旅行・インテリアチェック。俳優の川平慈英(1962年生まれ)は実弟。

CLOSE

DJ TARO

98年の長野オリンピック白馬ジャンプ会場の総合アナウンスを経て、同年の4月にJ-WAVEナビゲーターとしてラジオ界にデビュー。 ブラジル人の母を持つ情熱的かつバイタリティーあふれるキャラクターで、スポーツ全般、バラエティーからドキュメンタリー、情報系まであらゆるジャンルでその才覚を披露している。 またターンテーブリストとしてのDJの才能は折り紙つきだが、近年はサウンドプロデューサーとして、ダンスミュージックを基本に数多くのアーティストの楽曲制作、リミックスワーク等を精力的におこなっている。

謂わばDJというジャンルの持つあらゆるスタンスを確立している数少ないDJである。
さらに彼の持つ音楽、IT関連、特にデジタル機器に関するその知識量は圧巻である。

CLOSE

馬場康夫

ホイチョイ・プロダクションズ代表。
ホイチョイ・プロダクションズは、J-WAVEでは2001年〜2012年3月まで『東京コンシェルジュ』をプロデュース。
その他、多くのテレビ・ラジオ番組、広告、舞台等の企画プロデュースの他、雑誌等での連載も多数。
近著には『年金ロックンローラー内沢裕吉』『戦略おべっか』『新 東京いい店やれる店』などがある。
映画監督としても、『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』『波の数だけ抱きしめて』
『彼女が水着にきがえたら』『私をスキーに連れてって』など数々の作品を監督。

CLOSE

佐藤輝夫

1949年6月6月 兵庫県神戸市生まれ
日本大学芸術学部放送学科卒

大学在学中にニッポン放送で制作アルバイトをはじめ、
大学卒業後フリー・ディレクターとなる。
1988年3月 株式会社シャ・ラ・ラ・カンパニーを設立。
1996年6月 株式会社インディーズ・ハウス設立。現在に至る。

<シャ・ラ・ラ・カンパニー>
放送番組制作会社。1988年3月設立。
J-WAVE「TOKIO HOT 100」、「ANA WORLD AIR CURRENT」他、
多数番組の制作を担当。

CLOSE

中曽根勇一郎

1969年9月20月 東京都生まれ
早稲田大学文学部卒業
株式会社シャ・ラ・ラ・カンパニー代表取締役

<シャ・ラ・ラ・カンパニー>
放送番組制作会社。1988年3月設立。
J-WAVE「TOKIO HOT 100」、「ANA WORLD AIR CURRENT」他、
多数番組の制作を担当。

CLOSE

久保野永靖

J-WAVE (81.3FM)編成局編成局長
神奈川県出身。
日本大学芸術学部卒業後、広告代理店を経て、1994年 J-WAVEに入社。
渋谷プラネタリウムイベント「SLOW LIFEGALLERY」、
六本木ヒルズ移転キャンペーン「J-WAVE SINGING TOWER」
編成キャペーン「Are you UNIQUE?」「UNIVERSAL LOVE」、
「SMART LIFE」ゴーヤの種まきキャンペーン
「GROW GREEN PROJECT」などを手がける。
2006年から続ける環境系特番「BLUE PLANET」では世界各地を取材、
今季26作品目をプロデュース。

CLOSE

J-WAVE MEDIA CREATORS ACADEMY 講座内容

J-WAVE MEDIA CREATORS ACADEMY 概要

実施内容 週1回 全10回の講座 メディアの第一線で活躍するクリエイターによる講座
募集人数 定員30名
会場 J-WAVE(六本木ヒルズ)
開催日時 2014年1月8日(水)より毎週水曜日に実施。19時〜20時30分
受講料 30000円(全10回・税込み)
受講条件 18歳〜29歳の方
募集方法 下記の受講エントリーシートよりエントリーしてください。
選考方法 エントリーシートによる一次選考後、面接を実施させていただきます。
応募締切 12/13(金)正午
お問い合せ 事務局 03-5760-8055 (平日10:00〜19:00)

注意事項

※ 一次選考の結果は12月16日にメールでご連絡させていただく予定です。
※ 一次選考通過後の面接の日程などについて、お電話でご連絡する場合があります。
※ 止むを得ない理由により、上記の講義内容が変更となる場合がございます。
※ 交通費などはご自身のご負担となります。

ポスター画像

エントリーは締め切りました。