J-WAVE OUT LINE
J-WAVE概要
事業案内
MESSAGE
国民保護業務計画

STATEMENT

UNE INTO THE FUTURE

J-WAVEはリスナーとともに東京で生活する人たちの新しいビジョンをつくりたい。新しい音楽の楽しみ方、新しい暮らしのアイデア、新しい人と人のつながり。 未来をつくるのはJ-WAVEとあなたの想像力。ナビゲーターが伝える感性と今、流れる音楽から新しい東京がはじまる。 TUNE INTO THE FUTURE。J‐WAVEは未来をつくる音楽放送局です。

PROGRAMING CONCEPT

TUNE INTO THE FUTURE
〜未来をつくる音楽放送局

J-WAVEは、都市生活者のよりよい暮らし、よりよい未来のために、新鮮でオリジナリティ溢れる良質なコンテンツを届けることで
文化創造に貢献するメディアです。
そのコンテンツの核となるのは音楽。
音楽を媒介とし、多様なコミュニティと感性で繋がっていく
ミュージック・ステーションです。
リスナーとのコミュニケーション・キーワードは
「GOOD DESIGN」。
この価値基準に照らして、すべての番組を編成していきます。
J-WAVEは常にリスナーのために、未来を見つめて、良質な音楽、
良質なコンテンツを届けていきます。

東京の未来に向けた文化発信の核となる良質な音楽
「GOOD MUSIC DESIGN」

J-WAVEは「量的な価値観」ではなく
「質的な価値観」を大切にしています。
良質なもの、良質な音楽にこだわった選曲を通じて、
東京の文化発信の一翼を担います。
流行を追いかけるのではなく、世界中の多様な音楽を独自の
デザイン力でキュレーションすることで、リスナーに新しい
価値を提供していきます。
音楽を音楽そのものとして並べるのではなく、メッセージや
意思をそこに込めます。
それは未来に向けた提案です。発見や出会いに満ちたオンエア。
その発信力こそ、J-WAVEらしさの根本です。
J-WAVEは、音楽発信メディアです。

より良い未来のための情報の届け方
「GOOD COMMUNICATION DESIGN」

数値化できない「センス」こそJ-WAVEの得意とする分野です。
J-WAVEはリスナーを年齢や性別などの属性でカテゴライズすることはありません。
「センス」を共有できるすべての方々がリスナーです。
多様なリスナー、多様なコミュニティと感性で繋がっています。
そんなリスナーに、一方的に情報を届けるのではなく、
ともに考え、ともに行動することで、番組を、
そして未来を共創していきます。
J-WAVEは感性でリスナーと繋がる共創メディアです。

東京の未来を見据えた視点
「SOCIAL GOOD DESIGN」

より良い社会のためのソーシャル・デザインの考え方は、
J-WAVEのプログラミングの大きな柱の一つです。
東京という街のGOOD DESIGNこそが
J-WAVEが目指すビジョンです。
「LOHAS」「SMART LIFE」をはじめとする環境メッセージ、
東日本大震災直後より継続的に行っている被災地支援プロジェクト
「HEART TO HEART」の活動など、社会的ベネフィットとなる様々な提案をしていきます。
また、グローバルな視点で東京を見つめていくのも
J-WAVEの役割です。
世界市民としての東京人のあり方を
リスナーとともに考えていきます。
さらに、東京で暮らし、学び、働く方々をサポートするリアルタイムの情報、災害発生時には、東京都の行政、ライフライン各社と連携を図った情報など市民生活に有益なきめ細かい情報を
届けていくことで、メディアとしての社会貢献を果たします。
J-WAVEは東京という街に根差したソーシャル・メディアです。

LISTENERS PROFILE

J-WAVEのメディアとしての最大の強みはリスナーです。
我々とセンスを共有するリスナーたちは、好奇心旺盛で
アクティブに生活を楽しんでいます。
情報リテラシーが高くひとりひとりがメディアとも言える
発信力のある高感度人間。
彼らとの創造的なコミュニティを持つからこそ、
J-WAVEのオリジナリティがあるのです。
都市を豊かにするのは、そこに暮らす人々です。
そんなリスナーとともに、東京の未来を創っていくのが
J-WAVEの使命です。

COVERAGE AREA

J-WAVEの番組は六本木のスタジオで制作され、
東京スカイツリーから81.3MhzのFM電波として
放送されています。
首都圏に広がるそのオンエア・エリアは、世界最大の人口と
規模を誇る経済圏であり、日本の人口の30%以上を
カバーしています。
そのエリアに向けて放送する事業者としての責任を果たしていくこと。地域との密接なリンケージによる社会貢献は、J-WAVEの
果たすべき役割です。
また、J-WAVEはradiko.jp、LISMO WAVE、USEN、コミュニティFMなどを通じ、全国の様々なエリアに再送信されています。
東京のカルチャーの発信。
それもJ-WAVEの責務のひとつです。

J-WAVE概要 事業案内 MESSAGE




HOME
J-WAVE
Copyright(c) J-WAVE, Inc. All rights reserved.