Saraya Enjoy Natural Style

野村友里



「SLOW&NATURAL」の紹介を中心に進行するフリーコラム。

2016.7.24 on air

「雑貨食堂 六貨」の店主、竹内由紀さん

今朝のゲストは、西荻窪にある台所雑貨屋さん「雑貨食堂 六貨」の店主、竹内由紀さん。
竹内さんは会社勤めを10年続け、30台前半で転職を思い立ちます。そこで発想は進み「自分でお店が出来るかも」とも考えるように。ただし、どんなお店を開こうか、、、具体的なビジョンが見えず、基準にしたのは“西荻窪の空気”だったそう。「どんなお店があれば、街の役に立つだろう」と、行き着いたのが、台所用具屋さんでした。
よく聞く百貨店ではなく、名前はこだわりを持って雑貨食堂 『六貨』に。「衣・食・住に、3つ好きなモノを追加するくらいが丁度良いかもって。」生活で本当に役に立つ雑貨を・・・寄り添う雑貨を。そんな想いは、街の空気にピッタリ合いました。
永く愛される商品は変わらない。だからこそ、商品は、都内の問屋さんから仕入れます。お店を訪れる女子大生には「おばあちゃん家の台所の引き出しにあった」と言われるくらい、クラシックなものもあるけれど、便利な商品が並びます。
雑貨のセレクトショップとしてのこだわりは「親切に説明し過ぎないこと」。商品をそのまま、等身大の商品を見てもらうために説明書きは全て剥がし、手にとった感覚を尊重しているんだとか。使わないモノは長い目で見るともったいない。だからこそ、自分が毎日使うモノにこだわることが大事なんだとか。
そんな竹内さんがおすすめする雑貨は、2つ。まずひとつは、自宅・職場でも利用されているという海外製のスチールの引き出し、「ビスレー」。オフィスで書類等を入れるための雑貨ですが、台所用品の収納場所としても使い勝手が良いんだそう。そして二つ目は、台拭き。毎日使うからこそ、マイクロファイバーを選択。汚れが取れて、かつ目立たず生活空間がシャープに見える黒色を使用するのが竹内流です。
吉祥寺の隣にある西荻窪は、個性的なお店がたくさん!お客さんの「あれ欲しい」に答え、お店が成長を続けています。下町のような空気で顔が見える販売者が直接やり取りしてくれる。時間ができたら、旅行も良いけど西荻も。あなたの生活を彩る“無駄のない雑貨”が、西荻窪にあるかもしれません。

六貨日誌
『SARAYA ENJOY! NATURAL STYLE』
番組オリジナルデザイン「サラヤ ヤシノミ洗剤」を
毎週5名様にプレゼント!
番組の感想やメッセージを添えて「サラヤ ヤシノミ洗剤希望」と明記してご応募ください。
「WONDER VISION」サイトのトップにある「Message」から、
またはメールwonder@j-wave.co.jp からどうぞ。
*当選者の発表はプレゼントの発送をもって代えさせて頂きます。

Listeners Activity コメント