SOCIAL EVENT & MOVIE TIPS

「WONDER VISION」オススメのソーシャルイベント&ムービーセレクション!

2017.3.5 on air
『バイシクルライド2017イン東京』    

今朝、ご紹介したのは、4月16日(日)におこなわれる
「バイシクルライド2017イン東京」。
参加の申し込みの締め切りは3月10日までとなっています。


この「バイシクルライド」は、
日比谷公園をスタートし、東京都内28キロを自転車で巡る
チャリティ・ライドイベントで
参加費の半分が、難病の子供の夢を叶える基金に寄付されます。


今年で15回目になるんですが、
毎年少しずつコースが変更されていて、
2017年は、日比谷公園をスタートして、虎ノ門ヒルズ、
東京環状2号線の自転車道路からお台場のバイクレーン、
そして、豊洲、墨田川・・・と、
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて
整備されている、自転車専用道路を取り入れた
コースになっています。


ただ、普段、あまり自転車を乗ってない方からすると、
“28キロ”ってかなりの距離に感じますよね。

自転車に乗り慣れていない人でも大丈夫なんでしょうか?
<バイシクルライド2017イン東京>実行委員会の
広報ご担当、【井上 ゆきえ】さんに伺いました。

『28キロの距離っていのは、
だいたいこのイベントだと皆さん
3時間4時間かけて走るんですね。
それっていうのは、時速に直すと
すごくゆっくりなペースなんですけど、
休憩も自由ですし、寄り道も自由ですから、
どっか築地で早いお昼を食べたりとか、
朝ご飯食べたりって言う方もいらっしゃいますし、
休憩しながらだと走れてしまうんですね。
ですから、初心者の方でも、
「え?30キロも走ったことない」という方でも
わりと走れちゃったんだなって人が多いですね。

で、「こことここの場所がつながっている」っていう、
点と点が繋がるっていうんですかね、
それがすごくわかると思うんです。
で、実際に銀座から築地も近いですし、
東京タワーを見ながら走ったりですとか、
普段、地下鉄で移動していると、駅で降りて、
地上に上がるっていう形で方向もわからないんですけど、
東京はかなり短い距離で名所が密接してますので、
今回の28キロの中でも、
たくさんの今まで知らなかった名所とか、
東京のポイントがわかると思います。』


「バイシクルライド」は、ゼッケンも、タイム測定もないので、
スタートしたら、あとは自由!途中で解散しても良いそうです!

また、自転車もロードバイクのようなものでなくても、
普通のお買い物用自転車や、
車輪の小さな自転車、電動アシストの自転車でもOK!

さらに!自転車を持っていない方は、
事前申し込みで、レンタサイクルもありますので、
手ぶらで、イベントに参加できます!

『バイシクルライド2017イン東京』は、 
4月16日(日)に開催。
参加料は、おとな6000円 こども1000円です。

バイシクルライド2017イン東京

『ラ・ラ・ランド』 

アメリカのアカデミー賞では13部門14ノミネート。
結果的に、作品賞は逃したものの、
監督賞、そして、主演女優賞を含む最多6部門で受賞しました。


監督は、デイミアン・チャゼル。
実は、監督をつとめるのは、まだ3作目。
前作の『セッション』で大きな注目を集め、
そして、今回、ずっと夢だったオリジナルのミュージカル作品に
挑戦しました。

夢を追いかける若者が集まるロサンゼルスを舞台に、
ライアン・ゴズリングが演じる売れない
ジャズピアニストの男性と、
エマ・ストーンが演じる女優を目指す女性の“恋”、
そして、ふたりの‘夢’の行方を描いた作品になっています。

日本で公開されるや否や、たった3日間で、40万人を動員!!
すでにご覧になった!という方も、きっと、
たくさんいらっしゃると思いますが、
もう一度見たくなる、映画『ラ・ラ・ランド』の
注目ポイントを、宣伝ご担当、川口菜生子さんに伺いました。

『アカデミー賞でも監督賞を受賞した
デイミアン・チャゼル監督は、いわゆる映画オタクで、
彼自身が好きなミュージカル映画のオマージュが
捧げられているシーンがたくさんあります。
たとえば『パリのアメリカ人』とか
『シェルブールの雨傘』とか、
1950年代のミュージカルがすごくいっぱい作られていたときの
作品のオマージュが、各シーンに散りばめられていて、
普段、映画を観慣れていない方が、この映画を観たら、
これから映画好きになってもらえる、
いいきっかけになるような作品だと思います。

そして、一度観ただけでなく、二度、三度、観ていただくと、
もっと面白い発見ができるような映画になっています。
たとえば、主演のセバスチャンを演じるライアン・ゴズリングは
ジャズピアニストの役ですが、
ピアノの練習をした期間がたった3ヶ月で、代役を立てずに、
すべて手元のアップとかもライアン自身が演じていて、
本当に演奏が素晴らしいんですね。
で、ミュージシャンのジョン・レジェンドが
出演しているんですが、ライアンの腕前に、
正直、やきもちを焼いたほど素晴らしい腕前だと讃えていて、
ピアノの演奏にも注目して頂ければと思います。

また、衣装にも注目してもらいたくて、
じつは、主役二人あわせて、
100回も衣装チェンジしているんですね。
この衣装も現代的ではありつつも、
ちょっとレトロな衣装がすごくかわいくて、
注目して頂きたいなと思っています。』

映画『ラ・ラ・ランド』。
全国の映画館で2月24日から公開中です。

映画『ラ・ラ・ランド』公式サイト