TOKYO SOCIAL MAP

人と人が行き交いコミュニケーションを図っている東京のお勧め<ソーシャル・スポット>をマッピング

2017.1.15 on air

永田龍太郎さん:渋谷区「渋谷男女平等・ダイバーシティセンター〈アイリス〉」

今朝のレコメンダーは、
東京・渋谷区の「男女平等・ダイバーシティ推進担当課」で
課長を勤められている永田龍太郎さん。

性的少数者の「LGBT」として、
自らがゲイであることを公表されているんですが、
LGBT当事者の視点を活かして、
“新しい街づくり”に取り組まれています。

==========

今回私がオススメしたい場所は、
渋谷区 男女平等・ダイバーシティセンター<アイリス>です。
渋谷区には昔から、「女性センター<アイリス>」として
数十年の歴史を持っていましたが、
2年前に新たな人権条例が制定されまして、
その中で女性の人権だけではなく、
LGBTの人権についても取り組むということになりまして、
ダイバーシティセンター<アイリス>として
新たな名前で出発しました。

性的少数者の方々に出来る支援活動のひとつとして、
安心して交流していただける場所、
安心して情報を得ていただける場所を
提供するのが大事なことではないか、と考えまして、
月一回、
『コミュニティースペース”#渋谷にかける虹”』
という名前でLGBT当事者の方々が安心して集まって、
交流して頂けるスペースを開催しています。

「LGBT」といっても、それぞれのL G B Tの間に
「スラッシュ」が入っているくらい、
実は多様性に富んでいます。
今後もこのコミュニティースペースでは
月ごとにテーマを変えながら
様々なLGBT当事者の方により多く集まっていただける、
参加していただける機会を提供したいと思っています。

どうしても月一回の頻度で開催されているものなので、
毎日のように当事者の方が来ていただいて、
そこで何かしらの支援が受けられるという形では
まだまだ無いので、まずはたくさんのNPOの方々と一緒に
このスペースを開催することで、
そういった団体さんを知って頂く、
つながって頂く機会を、
ぜひこのコミュニティースペースで
提供できたらと考えています。

渋谷区

ダイバーシティセンター〈アイリス〉
“LGBTの方々ためのコミュニティースペース“
「#渋谷にかける虹」。

渋谷区が立ち上げたイベントなんですが、
“できるだけたくさんの情報を発信して
 また、つながりを持てるように”
という想いから、NPOとパートナーを組んで、
自治体と民間が、一緒になって、
企画と運営を行っています。

NPO法人「東京レインボープライド」共同代表
杉山文野さんにお話を伺いました。

==========
杉山さん:
2016年の11月からなので
まだ回数は少ないんですけど、
まず最初に、渋谷区で多様性条例が出来た経緯、
それがシステム的な話ではなくて、
どういった人たちがどういった想いで関わって
出来たのかということを話す、
トークショーを最初のイベントでやりまして、
そのときには渋谷区町の長谷部健さんや、
条例制定に関わった弁護士の方たちと
トークショーを行ったのが、一番最初でした。

その時に、同時に、若者の団体ReBitさん、
「ありのままの自分で大人になれるように」と
掲げている団体で、そこと
「どういったコミュニティースペースがあったら良いか」
というアイデア出しを色んな方から意見を頂いて。
その時に、世界のLGBTのコミュニティーセンターは
どういった物なのかのご紹介を
僕がプレゼン的にやらせていただいたのがスタートでした。

で、もう一度、第一回のコミュニティースペースとしては
「どういったコミュニティースペースを作っていこうか」
と、一般の方にいらしていただいて
「こういうのが良い」「ああいうのが良い」
「こういう事に困っている」という意見出しをして頂いて、
お茶なんかを飲みながら
ワイワイとアイデア出しをしたのが、一番最初でした。

今まで参加されたのは中学生の子から
年配の方まで幅広いんですね。
セクシャリティも様々で。
僕は今そういった、LGBTに関する活動は
個人としても団体としても
色々なところでやっていて、当事者の友達も
非常に多いんですけど、やっぱりまだまだ、
場所を必要としている方たちが多いんだなと
スタートしてみて実感しているところで。

「初めてこういったところに来ました、
 今まで誰にも言ったことがありません、
 友達にも一人もそういう人が居なくて、
 今回初めてここに来ました、
っていう方も結構いらっしゃって、
こういった場所の必要性を
改めて感じることができたのはありましたね。

みんなでちゃんと考えて、
それぞれの声を形にしていくのが
大事なのかなと思っていますので、
誰でも集える場所、、、
でも後々は、最終的にはLGBTなんて言葉が無くなって、
そういった場所の必要性が無くなって、
社会全体としてそういったことが受け入れられる、
当たり前のように生活できるような社会に
なっていくというスタートとしては
大事な場所なのかなと思っています。

杉山文野

TOKYO RAINBOW PRIDE

Listeners Activity コメント