2013年04月07日の放送にいらしたゲストの方々です。

Guest : スガシカオ


★[Photo GALLERY]ボタンをクリックするとその他の写真が見れます。


メジャーにウェルカムバック!約2年ぶりのニューシングルをCDリリースするスガシカオが登場!

クリス:久々にメジャーに帰って来てどうですか?
スガ:メジャーっていいなあ、って思いました(笑)。
クリス:1人でやるのとどこが違いますか?
スガ:インディーでやっていると番組に出るのも難しいですし、曲も配信しかやってなかったですからね。メジャーだと話も通してくれてチャートもガンガン上がるし、渋谷歩いていても俺の曲ガンガン流れているしでメジャーってすげぇな!って(笑)。
クリス:インディーズで自分で配信してた時はインパクトなかったですか?
スガ:プロモーションが基本ゼロなので、僕のことを追っかけてくれている人の所に曲がいくだけという印象が強かったです。
クリス:電話も自分で受けてたんでしょ?!
スガ:マネージャーも居なかったんで(笑)。
クリス:アーティストとしてクリエイティブな部分に専念できるのもメジャーの強みでしょうか。
スガ:そういう実感はありますね。
クリス:今回スピードスターレコーズとタッグを組んだ訳ですが、どういう歩み寄りだったんですか?
スガ:スピードスターさんが僕のライブにずっと来てくれてたんです。「アイタイ」を作るってなった時、大きいタイアップが決まったので、メジャーからの発信の方が良いんじゃないかなという提案もあり、スピードスターさんがうちでやろうかと言って下さったんです。

クリス:4月10日リリースされるニューシングル「アイタイ」なんですが、ダブル・ミーニングはあるんですか?
スガ:歌の中で“アイタイ”が“あー痛い”に聞こえるところがあるみたいですけど、正直そこまでは考えてなかったです。ただ、Aメロから“い”で韻を踏むのに気を使って作ってますので、注目して聴いて下さい。
クリス:この曲はWOWOWのCLAMPドラマ「ホリックxxxHOLiC」の主題歌ですね。スガさん原作のファンなんですか?
スガ:そうです。それに、一番最初に劇場版として映画化した時から、全部の主題歌をやらせて頂いてます。
クリス:じゃあ書き下ろしな訳ですね?
スガ:もちろんです。
クリス:オープニングのコーラスの部分が「攻殻機動隊」とか「AKIRA」の雰囲ですね。
スガ:「攻殻機動隊」とかよく知ってますね(笑)!でも、そういう劇伴っぽい感じはどうしても欲しかったんです。知らない世界の宗教観みたいなのが入るものが欲しくて、サンプリングを探したんですけど全然なかったので、自分たちでメロディーを作りました。

クリス:CDジャケットの写真は蜷川実花さんが担当されてますが、スガさんの世界観と蜷川さんの感性が凄く共通している感じがして、ドンピシャだと思います。
スガ:曲が出来た時から僕の中では蜷川さんしかいませんでした。
クリス:スガさんの曲はグルービーでポップな部分もあるけど、詞の世界が良い意味で屈折してたり、普通じゃない関係を描くことが多いじゃないですか。そのあたりも、ぴったりですよね。
スガ:自分でもびっくりするぐらいはまりました。

クリス:次にやってみたい事は何ですか?
スガ:調子に乗りたいです。
クリス:いいですね、ぶっこいて下さい。夏は何か予定ありますか?
スガ:調子ぶっこく予定ですね。
クリス:OKです。
スガ:(笑)。

番組恒例★ピンポンボックス

◎ 10年後の自分はどこで何をしていますか?
スガ:パスポート書き換えてますね(笑)。
クリス:10年後だとパスポートもICチップになってたりして。
スガ:でも、まだミュージシャンやれてればいいと思います。と言いますか、これしかできないのでミュージシャンやってますね。
クリス:東京にまだ住んでますか?
スガ:東京出身なんで、やっぱり離れたくないです。

◎ 前々からやりたかったけど先延ばしにしていることは?
スガ:ロンドンでのライブです。インディーズになってから資金不足で止まっちゃったので、続けたいと思っているのに先延ばしになってます。
クリス:何回続けてやったんですか?
スガ:2回やりました。2回目からはお客さんも増えてきて、もう一発いきたいってとこで1人になっちゃったので。
クリス:バスキングはどうですか?
スガ:お金もらうと出入国が厳しいんですよ。タダでやるなら全然大丈夫なんですけどね。
クリス:イギリスにこだわる理由は何ですか?
スガ:一番最初に行った場所であり、2回続けて見に来てくれたお客さんとかもいるので、そのお客さんを大事にしたいなというのはあります。

◎ 家の中で一番落ち着く場所は?
スガ:トイレです。
クリス:どれくらい入ってますか?
スガ:iPadとかコーヒーもって入るので・・・。
クリス:コーヒー持っていくの(笑)!!!!まあ、お通じには良い気もしますけど。
スガ:いやそういうことじゃなくって(笑)。落ち着きたいんです。
クリス:私も、たまにiPhone持って入るとゲームしちゃったりします。でもやっぱり、俺の中のスガさんのイメージは完璧だな。
スガ:何が(笑)?!
クリス:返ってくる答えがスガさんのイメージ通りなんだよね。
スガ:この答えに“お風呂”とか言わないとことか。
クリス:そうそう。俺はスガさんに関するアンケートなら埋めることが出来ると思う!
スガ:あんまり嬉しくない・・・(笑)。
クリス:そうですか、すみません(笑)。

スガシカオの最新情報は、オフィシャルサイトでチェック!



Guest : THE D.O.T.


★[Photo GALLERY]ボタンをクリックするとその他の写真が見れます。


元 The Musicのフロントマン、ロブ・ハーヴェイのニュープロジェクト、The D.O.T.が登場!

クリス:The D.O.T.からThe Musicのフロントマンだった、ロブ・ハーヴェイさんにお越し頂きました。この番組には、The Musicがデビューしたての2002年と2004年の2回出て頂いています。2002年の頃はまだティーンエイジャーだったかな?
ロブ:高校卒業して半年しか経ってなかったから、18歳だね。
クリス:10年あっという間だな〜(笑)。日本はいつ以来?
ロブ:2011年に、The Musicとして最後のライブをして、去年はフジロックにThe D.O.T.として出演したよ。
クリス:フジロックがThe D.O.T.としての本格的なライブだった?
ロブ:ロンドンの小さなハコで何回かライブはやっていたんだけど、大きなステージはフジが最初だったから正直怖かった(笑)。
クリス:何で怖かったの?
ロブ:音楽的にThe Musicと随分違うし、The Musicとして知られて来たからThe D.O.T.がどのように日本のオーディエンスに響くか気になったんだ。
クリス:サマソニでライブするために来日したのに、1週間前乗りしてフジを見に行ったこともあったんでしょ?
ロブ:そうだよ(笑)。
クリス:フジが好きなんだ?
ロブ:大好きだね。過去に演奏もしたし客としても行ったけど、とにかく良い思い出ばっかりなんだ。また行けたらと思うよ。

クリス:The Streetsのマイク・スキナーとのThe D.O.T.結成のきっかけは?
ロブ:10年来の友人だったし、マネージメントも同じだったんだ。2003年に、The Streetsがフジで演奏しているところに僕は客として見にいってたんだけど、そこでも意気投合した。最後のThe Streetsのアルバムのレコーディングにボーカリストとして招いてくれたりもして、もの凄くそりが合ったんだよね。周りに組んだ方が良いんじゃないかと言われて、自然な成り行きで今に至ってる。
クリス:The D.O.T.はどういう意味?
ロブ:それは言えないな。
クリス:企業秘密?
ロブ:スピリチュアルな秘密かな。

クリス:4月24日にデビューアルバムをリリースしますが、タイトルを教えて。
ロブ:『Diary』。
クリス:アルバムに何かテーマはあった?
ロブ:特にテーマはなかったんだけど、自分たちの中で強力だと思える曲を集めたアルバムにはなってる。オンラインでは、実験的な音源をあげていたんだけど、アルバムではノイズ系のものより歌に重きを置いたりもしているしね。
クリス:凄くUKを感じさせる音だよね。ミック・ハックネルとかピーター・ガブリエルとかの70年代プログレっぽい部分もあれば、今時のダンスミュージックの要素もある。ロブの声は凄く特徴的だし、The D.O.T.のオケの部分の音色が非常に独特で、個性が光っているなと思ったよ。

クリス:The D.O.T.として目指すサウンドの方向性とかはマイクと話すの?
ロブ:曲を書く時はその場のノリで書くけど、方向性はあると思う。今回のアルバムでは歌を重視していて、テクノアルバムを作ろう!とは思っていなかったから。今後そういった方向性も必要になってくるかもしれないけどね。

番組恒例★ピンポンボックス

◎ミュージシャンでなかったら何になっていた?
ロブ:庭師かな。クリエイティブなことをしていたと思うんだ。数学や科学は苦手だからね(笑)。

◎親孝行した思い出を教えて!
ロブ:一年前にロンドンに引っ越したんだけど、親に内緒でリーズまでに会いに行ったんだ。何も言ってなかったから、帰った時は喜んでくれたよ。

The D.O.T.の最新情報は、オフィシャルサイトでチェック!



Photo Gallery