2012年08月26日の放送にいらしたゲストの方々です。

Guest : スガシカオ


★[Photo GALLERY]ボタンをクリックするとその他の写真が見れます。


独立してインディーズから再始動したスガシカオが登場!

クリス:スーパーお久しぶりですが、体がだいぶ絞れましたね。
スガ:ありがとうございます。結構時間かかるんで、ジムに通いまくってます。

クリス:昨年10月に所属事務所から独立し、インディーズになりましたが、キッカケは何だったんですか?
スガ:メジャーレーベルに15年もいて、全体的にオートメーションになっちゃってるのが嫌だったんですね。
クリス:オートメーションというと?
スガ:たとえばライブでも、チケットを売ったりだとか、プロモーションしたりとかって全部スタッフがやってくれて、ステージの上のものも全部スタッフが整備してくれてて、僕は体一つで会場に行ってステージに立つだけでいつもと同じ音が鳴ってて。これで昔と同じように音楽と向き合えてるのかなって思ってしまう時が凄くあって。もう少し自分の音楽に向き合いたいって言うのが大きくありましたね。
クリス:一つのスタイルっていうか、プロセスが出来上がってしまっていたんでしょうね。独立はいつ頃から考えてたんですか?
スガ:結構前ですね。4年くらい前かな。
クリス:独立して気付いたことはあります?
スガ:割と色んなことを簡単に考えていたんですけど、例えばこうやって番組に出たりすることもそうですし、自分で全部やらないといけないんで、めちゃくちゃ大変ですね、ミュージシャン活動って(笑)。色んな所で色んな契約を交わしたりしなければいけなくて、それだけで心折れそうになりましたね。今年の始め頃までは、ライブに出るのも自分でブッキングしてたんですよ。とりあえずまず、信用してもらえないんですよね(笑)。
クリス:そりゃ、いきなり電話かかってきて「スガシカオですけど」って言われても、何言ってんだ君は?ってなっちゃいますよね(笑)。
スガ:(笑)それに信用してもらえたとしても、当日、僕がバックレちゃう可能性もあるじゃないですか。もちろんそんなことはしないですけど、そうなると「すいませんが当日のライブハウスの使用料など諸々、前金で全部貰えますか?」って言われるんですよね。200万円とかそんな額を、先に払わないといけないの!?って(笑)。

クリス:インディーズとして新たに2曲がリリースされています。タイトルは?
スガ:「Re:you / 傷口」です。
クリス:”人生二度目のデビュー曲”とおっしゃっているそうですが、やっぱりそういう気分なんですか?
スガ:やっぱりそういう気持ちで、一からまたやっていくぞっていうつもりで書きました。演奏も全部自分でやって。
クリス:そうなんだ。演奏も全部自分でやっているけど、タイトルだけは一般募集したんですよね?
スガ:そうなんですよね。ブログに「Re:you」の歌詞をアップして、TwitterとかFacebookで「タイトルつけてよ」って軽い気持ちで呼びかけたら、大騒ぎになっちゃって(笑)。14,000とか応募が集まっちゃったんですけど、その中にはすごいカッコイイタイトルだったり、刺激的な言葉が多くて、勉強になっちゃいましたね。世の中の言葉ってこんなに面白いんだ、って。
クリス:やっぱり自分で演奏も全部やるとなると、時間もかなりかかりました?
スガ:かかりましたね。鍵盤はそんなに流暢に弾けないですし、打ち込みも時間かかりましたね。
クリス:「傷口」も一人で全部演奏してるんですよね?
スガ:一回全部自分でアレンジして演奏したものを、コンピュータにコピーさせて、ウチ込みで全部作りました。生楽器は一つも入ってないです。
クリス;そうなんだ!なんでそういうスタイルにしたんですか?
スガ:熱が入っちゃうんですね。歌詞に釣られて盛り上がったり、サビにくると熱が入っちゃったり、そういう揺れが今っぽくなくて、感情の無い何かにずっと淡々と演奏して欲しかったんですね。人間だとやっぱりそれは無理なので。歌入れの時も、自分の仕事場だと天井がある程度高さがあるので、音が響いてしまうので、毛布を被ってギターとか歌をレコーディングしなくちゃならなくて、途中で毛布が崩れてきてマイクごとつぶれたりして、イライラしたりして大変でしたね(笑)。
クリス:そんなことしてたんだ(笑)。このプロセスを次回も続けるなら絶対にメイキング撮ったほうがいいですよ(笑)。「スガシカオ、こんなことやってるんだ!?」って。

番組恒例★ピンポンボックス

◎カラオケに行ったら歌う曲は?
スガ:友達の歌を歌いますね。ウルフルズ、斉藤和義、ミスチルとか。
クリス:それはその友達がその場にいなくても。
スガ:そうですね。一度セッションしてるんで、ハモリとかも含めその曲を覚えてしまっているんで、歌いやすいんですよね。
クリス:大人数で行くんですか?
スガ:前に、以前所属していたレコード会社の連中と40人くらいで行ったことありますね。俺が精算することになったんですけど、カラオケ代とは思えないような金額を払わされましたね(笑)。
クリス:なんでスガさんが払ったんですか?
スガ:なんか僕の為に開いてくれた会だったんで。一次会はみんながごちそうしてくれたんで、じゃあ二次会のカラオケは俺が払う!って。ちょっとしたライブでしたよ(笑)。

◎一番最初に行ったライブは?
スガ:THE JAYWALKですね。高校生の時に、渋谷のエッグマンに観に行きました。本当に失礼なんですけど、あんなに大きな音を聴いたのが初めてだったんで、終盤、ぐっすり寝てしまいましたね(笑)。スピーカーの前だったんですよ。
クリス:音が大きいと寝ちゃうの?
スガ:大きい音を聴き続けると眠くなるんですよ。俺のライブでも、時々寝てる人いますよ。特に、ホールとかでやると。
クリス:低音のズシーンとした感じが眠りを誘うんですかね。

スガシカオの最新情報は、オフィシャルサイトでチェック!



Photo Gallery

Guest : Superfly


★[Photo GALLERY]ボタンをクリックするとその他の写真が見れます。


デビュー5周年!Superflyの志帆ちゃんが登場

クリス:デビュー5周年おめでとうございます!
志帆:ありがとうございます。
クリス:今年の夏は充実してました?
志帆:してますね。フェスもたくさん出させていただいたし、自分のライブ以外にも先輩達とコラボさせてもらったりしているので、刺激的な夏ですね。
クリス:誰とコラボしたの?
志帆:中村達也さんとかCHABOさんたちがやってるTHE DAYってバンドがあるんですけど、ライジングがデビューだったらしいんですけど、他には蔦谷好位置さん、KenKenさん、そしてゲストにサックスで武田真治さんが参加してて、一緒にRC サクセションの「スローバラード」を歌いました。気持ちよかったですね。
クリス:他にもフェスとか出たんですか?
志帆:スピッツさんが主催している「ロックのほそ道」ってイベントに出させてもらいました。以前、スピッツさんの「楓」を秦基博さんとデュエットしたことがあるんですけど、今回、スピッツさんと歌わせてもらいました。
クリス:あとトータス松本さんともコラボしましたね。MVも拝見させてもらいましたけど、二人とも「タァーッ」って感じでいいですね(笑)。
志帆:二人とも声がデカイんで(笑)。

クリス:デビューから5年ということで、自分ではどこが一番変わったと思います?
志帆:どこでしょうね?デビュー当時は、何をするにも怯えてましたけど、今は少しだけ怯え知らずになったような気がします(笑)。
クリス:何に怯えてたんですか?
志帆:常に緊張して、常に気を張ってたって感じでしたね。ちょっとだけ楽しむことができるようになりましたね。
クリス:あと、色白くなりましたよね。
志帆:突然ですね(笑)。
クリス:私、思うんですけど、アーティストさんでも女優さんでも、売れるとどんどん奇麗になってくんですよね。まず基礎化粧品がすごくいいものになっていくという(笑)。
志帆:その辺は適当にやってます(笑)。
クリス:でも夏フェスとかに出ると、女性としては日焼けとか気にする?
志帆:でも最近、割と夜目に出ることが多いので、直接はあんまり日に当たってないですね。
クリス:ああ、夜に出るっていうのも出世街道まっしぐらですね(笑)。デビューしたての人たちは、だいたい早い時間に出ますもんね。
志帆:そういえば、お客さん達に「おはよう!」って言ってたこともありましたね(笑)。
クリス:でも、こうやってステージに立っていて何万人っていう人たちから反応が返ってくるって、どうですか?
志帆:ド迫力ですよね。負けちゃならんと思ってやってます(笑)。

クリス:最新シングルがリリースとなりましたが、タイトルは?
志帆:「輝く月のように」です。
クリス:ドラマ「サマーレスキュー〜天空の診療所〜」の主題歌になっていますが、書き下ろしなんですよね?
志帆:そうですね。ドラマの脚本を読ませていただいて。
クリス:この曲を書く時はどんな気持ちが強かったんですか?
志帆:感謝の気持ちを伝えられる曲になればいいなと思ってて、そんな時にこの脚本を読ませていただいたら、話の中でも人と人が触れ合って、人が人を救っていって、と、テーマがどこか似ていたので、そんな曲を作りました。
クリス:王道の志帆ちゃん節だけど、Superflyって激しい曲もあればバラードもありって感じだけど、この曲はそのちょうど間を行くような曲ですよね?
志帆:バラードにならないように、メロディアスな曲を歌うというのが、目指したい所でしたね。
クリス:MVの中では、馬に乗ってますけど、すごいじゃないですか!
志帆:結構大変でした(笑)。
クリス:初めてだったんですか?
志帆:ハイ。でも最近、乗馬をずっとやってみたいと思ってて。なので夢が叶った!と思ってたんですけど、結構大変なんですね。
クリス:生き物ですからね。
志帆:メリーちゃんって言う子だったんですけど、心優しい大人なお馬さんだったと思うんですけど、私がちょっとビビっちゃって(笑)、それに感づいちゃって最初はなかなかいうことを聞いてくれなかったんですけど、鼻とか撫でまくってたら最終的には心を開いてくれて、タッタカターと走ってくれましたね。

番組恒例★ピンポンボックス

◎初対面の異性で思わず見てしまう所は?
志帆:髪型かな。
クリス:どんな髪型が好きですか?
志帆:ボサボサッとした感じが好きですね。ちょっと抜けてる感じで。
クリス:じゃあ、ミュージシャンの中では誰が好きですか?
志帆:ミック・ジャガーですね。
クリス:ミック!見たことはあるんですか?
志帆:ライブに行って遠目からですけど。シルエットが変わらないですよね。キュンとしました。

◎タイムマシーンがあったら、行ってみたい場所、時代、会ってみたい人は?
志帆:20年後くらいに行ってみたいですね。
クリス:何をしたいんですか?
志帆:自分に会って、「あんた、何してんのよ」って問いかけてみたいですね(笑)。

Superflyの最新情報は、オフィシャルサイトでチェック!



Photo Gallery