2012年05月20日の放送にいらしたゲストの方々です。
Guest : 赤い公園


★写真をクリックすると、大きいサイズのものが表示されます。
★[Photo GALLERY]ボタンをクリックするとその他の写真が見れます。


Photo Gallery


噂のガールズバンド、赤い公園の佐藤千明さん(Vo/Key)、津野米咲さん(Gt/Cho)、藤本ひかりさん(Ba)、歌川菜穂さん(Dr/Cho)が登場!

クリス:歌川さんが一番小さいんだね?
歌川:そうなんです(笑)。
クリス:ドラムって大体、ガタイのいい人がやるじゃない?
歌川:そうですね。ドラムセットによく隠れちゃいますね。でも、座ってるんで逆に身長がバレないんですよ(笑)。

クリス:高校の軽音楽部の先輩・後輩同士で、2010年1月にバンドを結成されたということで、まだ結成から2年ちょっとなんですね?
佐藤:そうですね。
クリス:でも、その前にも高校でコピーバンドを組んでたんですよね。それはどんなバンドだったんですか?
歌川:ベース(藤本)とドラム(歌川)が昔からずっと一緒なんですけど。
クリス:それもめずらしいね。
歌川:そうですね。それで、女性ボーカルのチャットモンチーさんとか東京事変さんとかを、よくコピーしてました。
藤本:その後に、ボーカル(佐藤)が入って、最後に津野先輩(Gt)が入って、津野先輩に乗っ取られた感じですね。
クリス:乗っ取られた!?
津野:乗っ取りました。
クリス:まあ、確かに、聞く所によると津野さんがプロデュースとか作曲をしてるんだよね?
津野:そうですね。簡単に乗っ取れました(笑)。
クリス:どうやって簡単に乗っ取ったの?
津野:もう、(他の3人が)全然練習しないし、遅刻するし、「お主ら、私に意見できる立場ではなかろう。」ということで(笑)。
クリス:じゃあ、3人が津野さんに叩き直された訳ですね(笑)?
佐藤:今も、叩き直されてる最中ですね(笑)。
クリス:じゃあ、やっぱり津野さんのおかげでここまでこれたっていうのはみんな思っているの?
3人:みんなそう思ってますよ。みんな津野さんのおかげです。ありがとうございます。
津野:なんか、私だけ嫌なやつみたいになってない(笑)?

クリス:今年2月に黒盤というミニアルバム『透明なのか黒なのか』でメジャーデビューを果たしたということなんですけれども、バンド名の”赤い公園”って最初みんなビックリしません?
全員:良く言われますね。
クリス:フォークバンドみたいって言われたりしない?
津野:あー、良く言われます。タクシーに乗ったときに運転手さんに「フォークやってんの?」って言われましたね(笑)。
クリス:でもなんでそのバンド名になったの?
津野:”公園”って言う言葉を入れたくて、ネットで色々検索してみたら結構色んなバンドとか、お芝居のグループとかが出てきて、かぶらないものをって考えてた時に、友達に相談したらその友達が付けてくれました(笑)。
クリス:さっき歌川さんが言ってたけど、最初は東京事変とかチャットモンチーのコピーバンドをやっていたということでしたけれども、他のお二人はどんな音楽を聴いてたんですか?
津野:私もそういう音楽を聴いていましたね。ボーカルがちょっと違いますけど。
クリス:え、佐藤さんはどんな音楽を聴いてたの?
佐藤:私はディズニーを愛してやまなかったですね(笑)。
クリス:なに、それはエレクトリカルパレードの曲とか聴いてたの?
佐藤:着メロでした(笑)。
クリス:じゃあ、ロックとかは聴いてなかったの?
佐藤:そうですね。高校に入って始めてマキシマムザホルモンさんを聴いて、「こういう声になる機械があるんだ!」と思って(笑)。
クリス:機械??
佐藤:デスボイスって言うのを、人間が出せると思ってなくて(笑)。
クリス:なるほどね(笑)。佐藤さんは出来るの?
佐藤:無理です(笑)。
クリス:でも全員マキシマムザホルモンが好きなんでしょ?
全員:大好きです。
クリス:何が好きですか、あいつらの?
津野:頭の良さ(笑)。曲がすごくいいです。真似しようと思っても出来ないですもんね。

クリス:今月の初めに2枚目のミニアルバムで白盤「ランドリーで漂白を」をリリースされましたが、白盤というだけあって、前作の黒盤とは2つセットの作品なの?
津野:ゆるりとそういう感じです。私たち元々、曲がいっきょくいっきょく全然違う感じの曲が多くて、それを一枚にまとめるのはちょっと大変だし、かといって、ある程度曲数も入れないといけない。しかも一枚目のアルバムでフルアルバムの値段でみんな買ってくれるかな、という不安もあり、黒っぽい曲と、白っぽい曲に分けたって言う感じですね。
クリス:その辺りはちゃんと計算してるんですね。
津野:そうですね。やっぱ売れたいです(笑)。
クリス:津野さんはやっぱりしっかりしてますね(笑)。
3人:そうですね。
クリス:その明るめ(白っぽい)の曲と、暗め(黒っぽい)の曲って言うのは作り分けるの?それとも作ってみて後から聴き比べてみると、どっちかに属するって言う感じ?
津野:最初暗かった曲が、アレンジで明るくなったりすることもあるんですけど、アルバムに収録されている『ランドリー』は、明るい方に出世できた曲ですね(笑)

クリス:元々、藤本さんと歌川さんでバンドを組んでたんだよね?二人はどういうきっかけでバンドを組んだの?
藤本:共通の友達がいたんだよね?
歌川:その子が元ボーカルなんですけど、軽音楽部に入って同い年同士でバンド組もうかって話になって、そこで始めて会ったんです。
クリス:担当する楽器もそのとき決まってたの?
藤本:私はなんか、あまりもので(笑)、私がベースを選べばバンドが組めるって言う様になって、じゃあ、ベースやろうって(笑)。
クリス:大体ベースが余っちゃうんですよね(笑)。

番組恒例★ピンポンボックス

◎カラオケで歌う曲は?
佐藤:十八番は、ディズニーのアリエルってキャラクターが歌っている『Part of Your World』です。
クリス:洋楽専門なの?
佐藤:邦楽よりは洋楽を聴きますね。
クリス:他にはどんな曲を聴くの?
佐藤:アヴリル・ラヴィーンさんとか、ディズニーのハンナ・モンタナさんとか、ティーンの人が聴いてるような曲が好きですね(笑)。

◎有名無名問わず、ジャンルレスで今一番気になっている人は?
津野:この間対バンしてCDをいただいたんですけど、Hello Sleepwalkersというバンドが気になってますね。
クリス:どんな音なの?
津野:沖縄の方なんですけど、色んなジャンルが混ざってて、こんなの今まで聴いたことないって言うような音なんですよ。ミックスジュース的な(笑)。
クリス:若いの?
津野:私たちと同世代くらいですね。まあでも、会社も違うので戦わなきゃいけない相手なんですけど(笑)、同じ時代を生き抜いていきたいと思っております。
クリス:津野さん、本当にすごいね(笑)。

◎子供の頃の夢は?
藤本:マッサージ師でした。
クリス:なんで?
藤本:子供の頃、よく仕事から帰ってきた母に「マッサージして」って言われて、よくやってて、「上手だねー」っていつも褒めてもらって、「あ、じゃあマッサージ師になろう!」って(笑)。
クリス:なんか藤本さんって典型的なベーシスト体質だよね。なんか、心がベースって感じがする。
藤本:本当ですか(笑)?
クリス:私もベース弾くから分かるんですよ。
藤本:仲間ですね。
クリス:仲間ですね(笑)。

◎自分の性格で直したい所は?
歌川:卑屈な所です(笑)。
クリス:卑屈なの?
歌川:すぐ「どうせ」とか言っちゃうんですよ(笑)。ちょっとひねくれてるんです。
クリス:他のお三方、どうですか?
津野:うーん、まあ、でも暗い(笑)。
クリス:暗い!?
歌川:結構、ネクラですね(笑)。今年の目標は、それを直すことです。

赤い公園の最新情報は、オフィシャルサイトでチェック!
Photo Gallery


Guest : NICO Touches the Walls


★写真をクリックすると、大きいサイズのものが表示されます。
★[Photo GALLERY]ボタンをクリックするとその他の写真が見れます。


Photo Gallery


話題沸騰中!NICO Touches the Wallsから光村龍哉さん(Vo)と、古村大介さん(Gt)が登場

クリス:番組初登場ですね!2004年にバンドを結成して、2007年にメジャーデビュー、そして2010年に早くも日本武道館ワンマンライブを敢行!昨年は『PASSENGER』と『HUMANIA』の2枚のフルアルバムをリリースされていますが、一年で2枚のフルアルバムってすごいよね!?
光村:前の年にアルバムを出せていなかったんで、頑張りました!
クリス:NICO Touches the Wallsみたいに長い名前だと、結構、短縮名で呼ばれること多いけど、なんて呼ばれてます?
光村:NICOって呼んでもらえれば嬉しいですね。

クリス:もともと出会いは高校の軽音楽部ということですけれども、みんな同じ高校なの?
光村:ベースの坂倉だけ高校違うんですけど、個人的に僕が一緒にバンドをやってて、ギターの古村君と、ドラムの対馬は僕の高校の一つ上の先輩ですね。
クリス:どういういきさつで結成に至ったんですか?
光村:高校を卒業する時に、軽音楽部の卒業記念イベントをライブハウスを貸し切ってやってたんですけど、その時に始めて古村君とちゃんと話をして、その翌月くらいに古村君から一緒にバンドやらないかって誘われて組んだんで、実際に今のバンドを組んだのは高校を卒業してからなんですよ。
クリス:じゃあ、高校生の頃から卒業したら就職や大学進学とかではなくて、バンドをやろうって考えてたの?
光村:ベースの坂倉とは、高校を卒業したらバンドで食っていける様になるまで頑張ろうね、っていう話はしてたんですけど、大学4年までに芽がでなかったら、潔く辞めような、っていう約束もちゃんとしてたんですよ(笑)。
古村:かっこいい(笑)。
光村:でも、その板倉は大学に行ってたんですけど、2年生くらいの時にやっとインディーズでCDを出せて、っていう感じですね。
クリス:なるほど。古村君は高校の頃からプロを目指そうって思ってたんですか?
古村:俺は高校でギターを始めて、卒業してギターの専門学校に行ったんですよ。ただ、バンドをずっとやりたかったんで、卒業してから光っちゃん(光村)たちの代の卒業ライブを見て、カッコいいなと思って声をかけたんですよ。
光村:でも高校の時はお互いに話したことは無かったんですよ。
クリス:そうなの?なんで?
古村:なんでだろうね?それに、なんでその当時、連絡先を知ってたのかもよくわからないんですよ(笑)。
光村:突然、僕の携帯に連絡が来たんですよ。でも、連絡先を教えた記憶がなくて(笑)。
古村:俺も聞いた記憶が無いんですよ(笑)。
クリス:謎の第三者がいたんだね(笑)。全く関係ない話なんですけど、僕の寝室にある日突然、全く実の覚えのない猿のぬいぐるみがいたんですよ(笑)。それがかれこれ、10年くらいずっと寝室にあるんですよ。未だに、どこからきたのか分からないんですよ(笑)。
光村:つながりが分からないと、逆に忘れないですからね(笑)。大事ですよね。

クリス:先日、ニューシングルをリリースされましたがタイトルは?
光村:『夏の大三角形』です。
クリス:これはどういう曲ですか?
光村:もともと夏の曲が少なかったんですけど、僕らなりに夏っぽい爽やかな曲を書いてみました。
クリス:ドストレートなラブソングなんですよね?
光村:そうですね。ラブソング自体、ほとんど書いたことなかったんですけど、夏っぽい全力なラブソングを書いてみたいなと思って。
クリス:この『夏の大三角形』っていうタイトルだと、一見、男女の三角関係のもつれを歌った曲なのかなって思っちゃうけど、そういうことじゃないんでしょ?
光村:そうですね。ちらっとはそんな話もバンド内でも出てきたんですけど。タイトルが先に決まってたので。
クリス:なんでこのタイトルになったんですか?
光村:僕ら全員インドア派で、夏は出来ればエアコンの下にいたい方なんですけど(笑)、そんな僕らから「夏と言えば!」ということで、「NICO内夏あるある」みたいな山手線ゲームをやってたんですよ(笑)。そこで夏の大三角形って言うキーワードが出てきて、「あ、これだったらまだ俺等っぽい!」ってことで、もう、”太陽”とか”砂浜”とかは全部却下されましたね(笑)。
古村:似合わないって(笑)。

クリス:そもそもNICO Touches the Wallsってバンド名はどうやってついたんですか?
光村:これはもう完全に僕の思いつきで、バンド名を決めようと話し合ってた池袋のスタジオがあったんですけど、そのスタジオのトイレがすごく狭くて、入った瞬間に壁に激突して、その時壁に触れたって言う”Touches the Walls”っていうのをバンド名にそのままつけました(笑)。
クリス:なるほど(笑)。NICOはどこから来たんですか?
光村:NICOは、なんか女の人の名前をバンド名につけたいなって思いつきで思ってて。
クリス:The Velvet Undergroundのニコですか?
光村:そうやって良く言われるんですけど、僕はヴェルヴェットにはそこまで影響を受けていなくて、あくまで思いつきです。
クリス:結構、曲のタイトルにしてもバンド名にしても思いつきで決めるんだね?
光村:それこそそういう出所の分からないものって言うのを、大事にしてます(笑)。多分、僕ら70不思議くらいありますよ(笑)。
クリス:そういうミステリーというか、言葉で説明できない部分が大きいバンドほど、大成するもんですよ。
光村:じゃあ、次のアルバムのタイトル『NICOの70不思議』にしようか(笑)?

クリス:先日、代々木公園でフリーライブを行った所、7000人の人が集まったんですよね?
光村:発表したのが一週間前とかで、平日に本当に人が来てくれるのかなって心配してたんですけど、ふたを開けてみたらすごい人が集まってくれて嬉しかったですね。

クリス:今作の2曲目の『夕立マーチ』は、ギターの古村さんの初の作詞作曲による曲なんですよね?どうでした?
古村:すごく不思議な感じでしたね。自分が書いた曲が出来上がっていく過程とかも分からないし、それをバンドでみんなに演奏してもらって歌ってもらう、みたいなその感覚もすごく不思議で。この間、ラジオを聞いていたらたまたま流れていて、それも初めての感覚で、本当に初めてだらけですね。
光村:その時も、「これ、誰の曲か分かる?」って聞いたら「え、分かんない。」って一瞬分からなかったんですよ、自分の曲なのに(笑)。
古村:本当に分からなくて(笑)。

番組恒例★ピンポンボックス

◎親孝行した思いでは?
光村:テレビを買ってあげましたね。
クリス:それはいつ頃?
光村:3年前くらいですかね。家のテレビを買い替えるって言う話になって、ちょうど、僕も印税が入り始めた頃で(笑)。
クリス:ステキな響きですね、印税(笑)。
光村:それで、「ここは俺が出すよ!」って(笑)。
クリス:光村さんはデビューする前は実家の千葉から都内まで自転車で通ってたって聞いたんですけど?
光村:いや、さすがに都内までは無理ですけど(笑)。最寄り駅までは自転車で通ってましたね。今は都内に引っ越してきましたけど、自転車の方が色んな所に行けるじゃないですか。だから最近はもっぱら電車よりも自転車移動ですね。

◎タイムマシーンがあったら、行ってみたい場所店時代は?会ってみたい人は?
古村:これは迷いますね。でも、未来ですよね、きっと。未来で、将来自分が誰と結婚してるかをちょっと見に行きたいですね(笑)。
クリス:それはどうかな(笑)?なんで見たいの?
古村:今、27歳なんですけど、10年後くらいになったらさすがに結婚してるんじゃないかなって思うじゃないですか?
光村:え、それは自分じゃなくて俺等だったり、他の周りの人のってこと?
古村:いや、自分も含めて。この間、たまたまドラえもんを見た時に、そういう話をやってて、「俺も」ってふと思って(笑)。
クリス:なんか、我々、ブースの中にいますけど、ブースの外のスタッフがやたら大笑いして、盛り上がってるんですけど(笑)。
古村:なんなんだ(怒)!真面目な話ですよ(笑)。

NICO Touches the Wallsの最新情報は、オフィシャルサイトでチェック!
Photo Gallery