2012年04月22日の放送にいらしたゲストの方々です。

Guest : Perfume


★[Photo GALLERY]ボタンをクリックするとその他の写真が見れます。


日本から世界へはばたく”なでしこテクノポップユニット”Perfumeが登場!

クリス:自己紹介をお願いします。
かしゆか:はい。かしゆかです。
のっち:のっちです。
あ〜ちゃん:あ〜ちゃんです。
三人:三人合わせてPerfumeです。よろしくお願いします。
クリス:あー、本物だ(笑)。番組には2年ぶりの登場ということになりますが、この2年間、Perfumeはすごかったですね!2010年11月には東京ドームでライブ、そして昨年は結成10周年。そして今年は海外進出のニュースも話題になっていますよね。そして、ディズニー映画「カーズ2」にPerfumeの楽曲『ポリリズム』が挿入歌として起用されましたけども、ディズニーの映画で自分たちの曲が流れてくるっていうのはどんな気持ちでした?
かしゆか:信じられなかったですね。私たちから「使ってください」ってお願いした訳ではなくてピクサーさんの方からお話を頂いて、「日本のシーンを象徴する曲を探していたんだ。日本の代表は君たちだ。」って言っていただいて、とても嬉しかったですね。しかも新曲ではなく4年前にリリースされていた曲を起用していただいたっていうことがすごく嬉しくて、実際にロサンゼルスに行った時も『ポリリズム』が収録されているサントラCDを見たりして、それでもなかなか実感が湧かなかったですね。
クリス:その映画でレッドカーペットも歩いたんだよね?
のっち:歩きました!ハリウッドで。
かしゆか:チャイニーズシアターがある所です。
あ〜ちゃん:レッドカーペットも歩いたらおしまいかと思っていたら、ちょっと歩いたら取材を受けて、そしたら今度は逆の方向にまた歩いて、そしたら今度は「ここでそのまま5分間休憩です」ってレッドカーペットの上で立ったままだったり、不思議な感じでしたね(笑)。その間も写真は撮られてるので笑顔のまま、なるべく口を動かさない様に「どうする、どうする?」って会話したり(笑)。
クリス:他にはどんな人が歩いてたの?
のっち:ルイス・ハミルトンさんがいらっしゃいました。声もかけてくださって「今から映画見るけど、その時に曲を聴くのを楽しみにしてるよ!」って言ってくださりして。
あ〜ちゃん:「君たちがPerfumeか。」みたいな(笑)。「うわ〜、私らのこと知っとる!!」みたいな(笑)。「あなたレーサーの人でしょ?」みたいな(笑)。びっくりしました。
クリス:ニコール・シャージンガーは来てました?
三人:?
クリス:ハミルトンの彼女。
三人:あ〜、来てました!一緒に。
かしゆか:ピンクの着物をイメージしたようなドレスを着てました。ハミルトンが「彼女も歌をやってるんだよ」って紹介してくれて「一緒に仕事ができると良いね」って言ってくれたんですよ。
クリス:ハミルトンはナイスガイだった?
かしゆか:ナイスガイでした〜。冗談でも嬉しい(笑)。
クリス:でも本当にセレブの仲間入りだね。
のっち:いやいやいや、日本人丸出しで行ってきました(笑)。

クリス:移籍第一弾、通算15枚目となるニューシングルがリリースとなりました。タイトルは?
三人:『Spring of Life』です。
クリス:直訳すると”人生の春”というタイトルですが、どういう思いで付けたんですか?
あ〜ちゃん:作曲してくれた中田ヤスタカさんが付けてくださったんですが「人生の春はいつだって自分次第で迎えられるんだよ」って言う前向きな歌ですね。時期とかサプライズが来るのを待っているんじゃなくて、自分から動いていこうっていう曲です。
クリス:今回の振り付けは激しかった?
かしゆか:今までで一番激しかったかもしれないですね。PVでアンドロイドを演じているんですが、ダンサーばりに踊ってますね。
のっち:グルーヴ感、グルーヴ感で(笑)。
クリス:撮影はどのくらいかかったの?
あ〜ちゃん:長くかかったよね?最長時間だよね?
のっち:27時間?
クリス:じゃあ、ずっとスタジオにこもってたんだ?
あ〜ちゃん:そうなんですよ。しかも、アンドロイドなんでプラグが背中にずっと繋がってるんですけど、座れないし寝られないしで、最後はむくんじゃって顔がパンパンになっちゃって(笑)。
かしゆか: 衣装も脱げないから間にストレッチとかも出来ないし、リラックスできなくって。
のっち:終わったあと、お風呂入ったみたいになっちゃって、顔がパーンッみたいな。プクーッって(笑)。
クリス:でもこの曲は全世界50ヶ国で同時リリースされたんですよね?どうですか、反響は?
あ〜ちゃん:なんかいい感じに聴いてもらってるみたいで(笑)。まだライブとかで直接聴いてくれた人たちに会いに行ったワケではないので私たちも確認できてないんですけど、良い話はたくさん聞くよね。
二人:うん。
クリス:でも海外のイベントやフェスからのオファーもそろそろ入ってきそうじゃないの?
あ〜ちゃん:いやー、どうなんですかね(笑)?
のっち:あったら、もう、ぜひ行きたい!
かしゆか:誘われるなら何でも行きます(笑)。
クリス:前にきゃりーぱみゅぱみゅがゲストに来てくれた時に言ってたけど、彼女は海外のファンからのTwitterのコメントとかを翻訳ソフトとかで意味を調べて見てるって言ってたけど、これからどんどん海外に出ていくなら英語とか勉強したほうがいいんじゃないの?
あ〜ちゃん:まずい!(笑)
のっち:ギクッ(笑)
かしゆか:もうずーっと思ってはいるんですけど、踏み出せずにいるよね。
あ〜ちゃん:トークとかもうバリバリ広島弁で喋ろうって気持ちになっちゃってます、今(笑)。
のっち:ははは、開き直り(笑)?
クリス:もう、それがいいんじゃない(笑)?ちなみにきゃりーとはお友達なんですか?
かしゆか:この間も収録一緒で、楽屋が隣だったりして楽しかったです。
クリス:彼女の方が若い?
かしゆか:若い!19歳だから4つ下ですね。
クリス:じゃあ、妹みたいな感じだ?
あ〜ちゃん:そうですねー。
かしゆか:若い!言葉遣いとかも、キャッキャッしてるのがとても若いと思います。
クリス:あんたたちだって若いでしょ(笑)?今、23歳でしょ?それでもやっぱり19歳とはギャップがあるんだ?
あ〜ちゃん:違いますね。身に着けてるものとか、持ってるものも違いますし。
クリス:付けまつ毛は、みなさん”つけま”って言います?
三人:付けまつ毛(笑)!
クリス:そうだよね?でも、今は”つけま”なんだよね。
のっち:ワンピースのことも、私たちはワンピって言わないんですよ。そういう略語はあんまり使ってないですね。結構、地味に育ってきてるんで(笑)。

番組恒例★ピンポンボックス

◎有名無名問わず、ジャンルレスで今一番気になる人は?
あ〜ちゃん:上戸彩さんですね。
クリス:なぜですか?
あ〜ちゃん:この間、テレビで力道山さんの映画がやってたんですよ。結構スゴい話で、”ぐあっ”とか、”だぁっ”とかなって血とかも流れてるようなのを”うぉ〜っ”って顔で見てた後に、上戸彩さんがCMで”プルンっ”って出てきて、カワイ〜〜と思って、そのキレイさと可愛さにキュンとやられてしまいまして。

◎ライブ前に行うゲン担ぎは?
かしゆか:ゲン担ぎというわけじゃないんですけど、みんなで気持ちを一つにするために手を重ねて、お互いに「今日のライブはこういうライブで!」って喋りながら「頑張るぞ!」「オーっ!!」っていう気合い入れは必ずします。
クリス:それはみんなそれぞれやるの?
かしゆか:そうです。一人一人「今日はこういうライブにしようね!」「頑張るぞ!」「オーっ!!」「頑張るぞ!」「オーっ!!」「頑張るぞ!」「オーっ!!」って。
クリス:なるほど、そうやるワケですね。今もう、うちの”ヘイ!野村”が大喜びしてますよ(笑)。
:なんかもうちょっとカッコイイ言葉で出来たら良かったんだけど、若い時に決めちゃったもんだから(笑)。
クリス:いやいや、でもそれで成功してる訳じゃないですか。
:でも確かに、これをやる気持ちがスッとステージに向かうので、絶対にやるべきだなと思ってます。
クリス:ステージに上がる時に緊張はするの?
:ステージに立ってみると二人を見ると安心するっていうのは凄くあります。やっぱり三人で一つなんだなって感じますね。
クリス:名言ですね。

◎一番始めに観に行ったライブは?
のっち:なんだろう?SPEEDさんかな?SPEEDさんか、安室奈美恵さんのどっちかだと思います。広島のホールで。
クリス:それはいくつのとき?
のっち:中一か小六かな?
:中一の時はもうSPEEDさんは解散しとるけぇ。
のっち:ホント?じゃあ、もっと前だ。小五かな。SPEEDさんはスゴく憧れて、SPEEDさんに憧れて歌手になりたいって思ったので、スゴい感動でしたね。
クリス:それは誰と観に行ったの?
のっち:お父さんがいた記憶があります。ってことはお母さんもいたのかな?
クリス:その頃ってPerfumeとしての活動が始まるか始まらないかくらい?
のっち:いや、全然。アクターズスクールに入ったか入ってないかくらいですね。全然、まだPerfumeではなかったです。

Perfumeの最新情報は、オフィシャルサイトでチェック!



Guest : NICKI MINAJ


★[Photo GALLERY]ボタンをクリックするとその他の写真が見れます。


現代のNo.1女性ラッパー、ニッキー・ミナージュへのスペシャルインタビュー

クリス:一番影響を受けたものは何?
ニッキー:デビュー前にもミックステープで原宿カルチャーをフィーチャーしてきたし、3年前から自分のことを「原宿バービー」と呼んできた私にとって原宿はとても大きな影響を受けた場所よ。私は何も書かれていないキャンパスにはなりたくないの。いつもカラフルで面白いものを見ていたい。ファッションはランウェイだけじゃなく、ストリートから影響を受けているわ。そういう意味でも原宿はとても刺激的な街よ。
クリス:子供の頃からそうだったの?
ニッキー:そうね。 小さい頃から派手な色が好きで、シンディ・ローパーが髪の片側だけを剃ったり、カラフルな髪型をしているのを見てとても惹かれたわ。そんな彼女がとても勇気のある女性に見えたし、私も同じ様に目立ちたかった。それを今、やっているのよ。今もまだまだ、いろんなことを試している段階なのよ。
クリス:ラップの練習とかはするの?
ニッキー: 私もクイーン・ラティファやモニーラブ、MCライト、ソルトン・ペッパなんかを聴いてリリックを書き出して覚えて練習したりしたこともあるわ。今はリリックは書くけど、フローは現場まかせ。スタジオに入って音を聴けばフローが生まれる。スキルを向上させるよりも、大事なのはアティチュードよ。
クリス:セカンドアルバム『Roman Reloaded』が世界中で大ヒットしているけど、前作との違いは?
ニッキー:今回の方がより自信に満ちていると思うわ。前作の時は、「人にどう思われるか」ということをかなり気にしていて、リリックもかなり書き直したりしたけど、結局一番良いもの、パーフェクトなものは、自分が今一番やりたい様にやった時に生まれるのよ。だから今回は自分らしさに徹すれば良かったし、前作が私の”痛み”を伴った作品だとしたら、今回は私の”喜び”という感情が溢れた作品よ。
クリス:人気プロデューサーのレッド・ワンとのコラボ曲『Starship』は、曲を聴いてパッと歌詞が頭に浮かんだそうですが、普段リリックを書く状況、または大事にしていることはある?
ニッキー:素晴らしいアイディアが浮かんでくるのは朝早くに起きた時ね。夜よりも朝の方が頭がスッキリしているし、世界と私だけ、っていう気分に浸れるから。ストレスを感じている時は逆に何も書けなくなるし、スランプになるの。だから基本的にはハッピーな時の方が書きやすいわね。あとは旅行も良いと思う。日本に来る様に、旅先で新しい刺激や未体験のものに触れることによって、良いインスピレーションが生まれてくるのよ。
クリス:ニッキーは色んな人とコラボしているよね。マライア・キャリー、カニエ・ウェスト、ウィル・アイ・アム、リアーナ、ブリトニー・スピアーズ、そして最近ではマドンナの新曲にも参加してるけど、マドンナと一緒に仕事をしてみてどうだった?怖かったでしょ?
ニッキー:マドンナには威圧感、プレッシャーを感じたわ(笑)。彼女がスタジオに来てくれて、私は書き上げた曲を聴いてもらったの。そうしたら「なかなかいいじゃない。でも、こことここと、あとここも変えてね。」って言ってきたのよ。今までそんなことを言ってきた人はいなかったし「あなたがラップの何を知ってるって言うの?」って思いながらも、彼女が指摘してくれた部分を直してまた聴かせたら「すごくいいじゃない!」って言ってくれたのよ。そしてその後、彼女はエンジニアの横に座って、音に関してもいろいろと注文を付け始めたの。それを見て思ったのよ。「女性はこうじゃなくちゃ!」って。マドンナと一緒に仕事をして、ただアイコンとしてではなく、ちゃんと仕事にこだわる姿勢を学ぶことができたわ。

番組恒例★ピンポンボックス

◎タイムマシーンがあったら行ってみたい場所、会ってみたい人は?
ニッキー:マリリン・モンローに会いたいわ。彼女とはとてもコネクションを感じるの。あれだけ有名になって成功したのに、同時に不幸というかどこかアンハッピーじゃない。
クリス:君も同じような気分になるの?
ニッキー:時々ね。

◎この世で一番怖いものは?
ニッキー:犬は好きなんだけど、彼らに触れられるのが怖いの。引っ掻かれたり、噛み付かれたり。
クリス:でも動物は好きなんだ?
ニッキー:好きよ。でも猫はあんまり好きじゃないわ(笑)。

NICKI MINAJの最新情報は、オフィシャルサイトでチェック!



Photo Gallery