2007年04月01日の放送にいらしたゲストの方々です。

Guest : スガシカオ


★[Photo GALLERY]ボタンをクリックするとその他の写真が見れます。


第12回 TOKIO HOT 100 AWARD ベスト男性アーティストのスガシカオさんが登場!
欠席だったAWARD授賞式を、六本木ヒルズ33階J-WAVEスタジオにて改めて行います


TOKI HO 100 AWARDから一ヶ月半。緊急欠席の「ベスト・メール・アーティスト」が
ついにスタジオにやってきた!

クリス:クリス・ペプラーがお届けしております、J-WAVE サッポロビールTOKIO HOT 100。突然ですがここで第12回サッポロビールTOKIO HOT 100 アウォード、授賞式を開催したいと思います。さる2月23日(金) その日のパーティーでご本人に直接渡しそびれた『ベスト男性部門』のウィナーの発表です。栄えある栄冠に輝いたのは………スガシカオさんです!
ということで、スガさんがここにいらっしゃっております。
ス ガ:ありがとうございます。身に余る光栄であります。
クリス:それでは受賞スピーチをお願いします。
ス ガ:2月23日の当日は、申し訳ないんですが私、インフルエンザでぶっ倒れておりまして、立つこともままならない状態でやむなく欠席させて頂きました。なので今日、改めてトロフィーを頂いて、やっと受賞出来たんだな的な嬉しさがこみ上げてきております!
クリス:はい、おめでとうございます。実は第5回のときもベスト男性アーティストを受賞していて、6年ぶりなんですね。ところでこのトロフィーはどの辺に置いておくんですか?
ス ガ:僕のCDケースの一番上がトロフィーの場所になっていて、数は少ないんですけど一番前に置かせて頂きます。
クリス:ありがとうございます。でも授賞式直後の武道館のワンマンライブが大成功だったのは良かったですね。
ス ガ:ありがとうございます。それでお詫びといいますか、謝罪の感じで「さくらパイ」を持ってきました。
クリス:ありがとうございます。でも随分安い....(笑)嘘です、嘘です、そんなことはないですよね。ちなみに今回のアウォード部門の中で、スガさんが最高投票数で5441票。2位がJOHN LEGEND、3位が森山直太朗です。応募がひしめく中、ダントツの投票数でした。
ス ガ:うおー、スゲー!
クリス:でも本当に妥当な判断ですよ。アウォードよりも武道館!
ス ガ:いやいや、そういう事じゃないですよ。そりゃある程度は覚悟してきましたけど(笑)。
クリス:10周年で、武道館で、ベスト盤も売れてて、それでアウォード受賞。本当にキャリヤ10年目の節目の年となって、ずいぶん盛り上がりましたね。
ス ガ:そうですね。最後のピークといいますか、ろうそくが消える前にひと際明るくなる的な。
クリス:何を言っているんですか。でも頑張り過ぎたんだと思いますよ。スガさんの性格はけっこう真面目だから、テレビの露出とかすごかったじゃないですか。だからね、自分にムチを打ち過ぎたんだと思いますよ。
ス ガ:う〜ん、そうですね。
クリス:プレッシャーとか責任感とかいろいろあったんだと思いますよ。でも見事、武道館は大成功でしたね。
ス ガ:ありがとうございます。

クリス:ということで完全復帰のスガさんがいらっしゃっていますが、でも本当にお疲れ様でした。今だから語れますけど、武道館当日は結構フラフラだったんでしょ?
ス ガ:そうですね。その日の朝までは絶対安静で寝てて、それから「よし!ステージだ!」みたいな状態だったんで、気を抜くとフラフラと倒れちゃうようなな感じでしたね。体調は良かったんですけど、体が戻ってない感じでしたね。
クリス:お客さんは結構心配してたよね?
ス ガ:うん、最初に出ていったときは、大丈夫?的な感じが武道館中に充満してたんですけど。
クリス:ぶっ倒れちゃえば良かったのに、途中で(笑)。
ス ガ:いやいやいや(笑)。でもそれが二日目とか特にそうだったんですけど、「大丈夫?」的な空気が盛り上がりに結びついちゃって、すごい盛り上がりになっちゃったんですよ。終わってからもお客さんが全然帰らなくて、病気なのにもの凄い盛り上がりのライブになったことが逆に良かったかなって。
クリス:でも体調的には二日目の方が良くなったんでしょ?
ス ガ:実はね、一日目、おふくろが来てたんですよ。
クリス:いいじゃないですか。
ス ガ:いやいやいやいやいや。
クリス:なんでなんですか?
ス ガ:ボクの歌、激しくセクシーなものとかあるじゃないですか。あと意地キタイナイのとか。で、武道館ってお客さんの顔が近くて、油断すると母親の顔が見えるんですね。
クリス:わかる。それわかります。
ス ガ:(笑)でしょ?それなのに、「縛る」とか「目隠し」とかの歌、歌えないじゃないですか。
クリス:なるほど。
ス ガ:それで一日目は尻込みしちゃったんですけどね。
クリス:じゃあ、一日目と二日目のソングリスト(演奏曲)は違うんですか?
ス ガ:いや、同じなんですけど、下品な言葉がちょっと言えなくて遠慮気味に。
クリス:なるほどね。それでスガトークが炸裂しなかったと。そのわりには「座薬」の話で盛り上がったそうで。
ス ガ:(笑)
クリス:座薬の話ばかりだったそうじゃないですか。
ス ガ:まあそうですね。珍しいですよね。10周年の武道館ライブで、座薬の話で終始終わるって。
クリス:節目の10年、座薬かよ!と。
ス ガ:MCずっと座薬だもん(笑)。
クリス:そのときも座薬をぶち込んでたんでしょ?
ス ガ:もういちばんホットな話題でしたから(笑)。
クリス:座薬愛好家ということで。
ス ガ:(笑)愛好家じゃないよ!「うまく入らない」とかそういうネタをいってただけだよ(笑)。
クリス:で、お母さんはどうでした?やっぱ心配だったのかなぁ。
ス ガ:普段はあんまり観にこないんですよ。今まで2回か3回しか観たことがなかったんですけど、10周年の記念だから親戚のおばさんと行くわよ。
クリス:いや、でも嬉しいじゃないですか。

クリス:舞台演出もかなりお金がかかっていて、炎のキャットウォーク、ビッグ・スクリーン、一流のミュージシャン、ストリングスも入って、「午後のパレード」ではお馴染みのダンサーズの皆さんが、たくさん登場して、結構気合いはいってましたね。
ス ガ:お祭り的に見えたらいいかなぁと思って、できる限りのことをやってみたんですけど。
クリス:でもこれだけの規模だと、死んでも立つって感じになるよね。
ス ガ:そうですね。
クリス:スガさんだけじゃなくて、周りもスタッフもみんなヒヤヒヤ状態だったわけですね。
ス ガ:そうですね。で、一曲目が花道の先のに突然出てきて弾き語りをするっていうものだったんですけど、お客さんはどうしてそこに急に現れたのか不思議がってましたが、実は15分ぐらい前からその下の箱の中に隠れてたんですよ。
クリス:病み上がりなのに?
ス ガ:そう。で、隠れてる間に、お客さんの声がすごく聞こえるんですよ。ようするに客席の真ん中に隠れていたようなものですから。で、そこにいると「早くハジマンネェかな?」とかすごく聞こえるの?
クリス:心の声が聞こえてよかったですね。
ス ガ:イヤでしたよ、恐くて(笑)。

クリス:今年まだ半分以上あるんですが、なにか企んでませんか?
ス ガ:やりますよ!
クリス:なにをですか?
ス ガ:行けるところまで行きますよ。
クリス:つまり?
ス ガ:なんでもやります(笑)。
クリス:(笑)答えになってないよ!
ス ガ:(笑)やれるところまでやります。
クリス:例えば、アルバムは出るんですか?
ス ガ:アルバム……は、今年は間に合うかなぁ……?
クリス:スガさんていい意味でどこかずっこけるところありますよね。ニュース番組の曲が間に合わなかったり、デッドラインが守れないのは当たり前。
ス ガ:それはずっこけてるんじゃなくて、深刻な問題なんで(笑)。
クリス:今回の武道館も10周年だって言うのに風邪ひいて…、そういうところすごく好きですよ(笑)。
ス ガ:狙ってるわけじゃないんですけどね。なんかずっこけちゃうんですよね。


スガシカオさんの最新情報はオフィシャルサイトで



Photo Gallery