MORNING CLASSIC

クラシックミュージックによる上質な時間

村上作品に登場したクラシック!

田中 泰

「日本クラシックソムリエ協会」 代表理事。 1988年にぴあ株式会社入社以来、一貫してクラシック畑を歩む。 クラシック音楽の素晴らしさや魅力を広く伝授し、クラシック音楽ファンを更に拡大する目的で創設された、 一般財団法人「日本クラシックソムリエ協会」代表理事を務める。 年間150以上のクラシックコンサートに通うクラシックのソムリエにして、クラシックマスター。

瀬戸内寂聴

作家、僧侶。徳島県出身。本名・晴美。1973年得度。法名・寂聴となる。2006年、文化勲章受章。2011年に数え90歳を迎えても尚、執筆、法話、講演会など精力的に活動している。
ほほえみ倶楽部
瀬戸内寂聴さんの情報満載!
「ほほえみ倶楽部」は、コチラ!

今週は、24日金曜日に発売される村上春樹さんの新作「騎士団長殺し」を前に、これまでの村上春樹さんの作品の中に登場したクラシックの名曲を振り返る4日間♪

2日目の今日は、2002年の作品「海辺のカフカ」に登場する、ベートーヴェンのピアノ三重奏曲第7番「大公」です。
15歳の誕生日に、行き先を四国に決めて旅に出た少年田村カフカ君の不思議な体験を描いたこの小説には、音楽が満載。
中でもベートーヴェンの「大公トリオ」は一際印象的な扱いです。この作品を読んで「大公トリオ」を聴きたくなった方もたくさんいるのではないでしょうか。

♪本日は、
「ベートーヴェンのピアノ三重奏曲第7番変ロ長調作品97「大公」の第1楽章/ アルトゥール・ルービンシュタインのピアノ、ヤッシャ・ハイフェッツのヴァイオリン、エマニュエル・フォイアマンのチェロ」をお送りいたしました。 





★瀬戸内寂聴さんのコトバはこちら!
『自分の生活を変革するチカラはなくとも、自分の思想や人生を変えたり、鍛えなおしたりすることは、いくつになっても可能です。』

「寂聴日めくり暦」
発行:株式会社 日本音声保存 発売:株式会社 エニー


  • Message to Studio
  • Twitter
  • Facebook
パソコン・スマートフォンでJ-WAVEが聴ける!! Powerd by radiko.jp