2015.3.21 ON AIR

GBRでミンククジラの唄を聴く

世界最大のサンゴ礁の海、オーストラリアのグレートバリアリーフ。
そこに、もうすぐやってくるのが、ミンククジラ。
ひと眼、そのミンククジラに会いに行こうと、
1年前からツアーの予約が入るほどの人気者!

GBR:グレートバリアリーフのダイビングショップ、
ダイブセブンシーズの濱岡ゲンさんに、お話を伺いました。

Q:ゲンさん! ミンククジラって、どんなクジラなんですか?
A:体長がだいたい7メートルくらい。性格はおとなしいですね。
すごく好奇心が強くて、1メートル近くまで寄ってくることがあります。
毎年6月の中旬ころ、南氷洋からグレートバリアリーフの北部に向けて、
やってきます。ジェームスクック大学というところが、
GPS発信機をつけて追跡調査を行っている、
まだまだ謎の多いクジラなんですね。

オーストラリア大陸から30キロから40キロ離れた、
リボンリーフというあたりを通るそうです。

ツアーは、6月中旬から、7月中旬までの1か月間。
毎週月曜日にケアンズを出発して3泊4日。船の中で過ごします。
毎日3本のダイビング、もしくはシュノーケリングをして、 
木曜日の朝に、ケアンズに帰ってきます。

そして、この、ミンククジラツアー。ゲンさんのダイブセブンシーズを
はじめ、幾つかの会社が参入しているんですが、
実際にツアーに使われる船は、全部で3隻だけ。
1隻あたり数十人しか乗れないので、
ミンククジラのツアーシーズン中、全部で200人ほどしか
観ることができない、貴重なツアーなんです!!

●基本的にはシュノーケリングで見ることができます。
●船から流されたロープにつかまって、
ミンクさんを刺激しないように、自分も海面を漂いながら、
ミンクさんが近寄ってくるのを待ちます

はじめてミンククジラに出会った時の感動を、
ダイブセブンシーズのゲンさんは、こんな風に教えてくれました。

「僕がGBRに来て、初めてミンククジラに会った時、
やっぱり眼が凄く可愛かったんですね。それが一番印象的でした。
その次に、鳴き声ですね。SF映画の銃を撃つような音で、
チュンチュン鳴くんですけども、その声もとてもかわいいです。
一度みなさんに是非見ていただきたいな、と思っているので、
たくさんの方がGBRに訪れてくれるのを楽しみにしています。」


逢いたくなります!ミンククジラ!

LINK

BACKNUMBER