SUNRISE FUNRISE SUNDAY 6:00am-9:00am RADIO PROGRAM NAVIGATOR レイチェル・チャン

SUNRISE FUNRISE SUNDAY 6:00am-9:00am RADIO PROGRAM NAVIGATOR レイチェル・チャン

SARAYA ENJOY! NATURAL STYLE

SLOW&NATURALの紹介を中心に進行するフリーコラム

2018.01.22

グラフィック・デザイナー 田中義久さん

★野村友里のオススメレシピ★
1月20日は大寒でした。
暦上、1年で一番寒い日季節を迎えました!
そんな寒い時期、野村友里がおすすめするのは、、、「湯豆腐」!
最近は1人用鍋に昆布を敷いて、お水を張って、
お豆腐と柚子の皮一欠、小さく切った大根を入れるだけ!
すぐに作れて、温かい♪あなたもぜひ試してみて♪


今朝のゲストは、グラフィック・デザイナーの田中義久さん。
グラッフィク・デザイナーの仕事は、
CMや本の制作、お店のロゴ等のデザインなど、多岐にわたります。
仕事への関わり方も、デザイナーさんによって様々だそうですが、
田中さんは生活文化誌「疾駆/chic」のグラフィック・デザインなどを手がけるほか、
12月に出版された野村友里の『春夏秋冬 おいしい手帖』の
アート・ディレクションも担当されました。

「デザインは社会にどう貢献するか、ということなので、
その貢献の仕方を自分で考えていくなかで
新しい価値観や結びつきが生まれていくことを期待して
自主的におこなっている仕事もありますよ」

というように、東京都写真美術館のリニューアルでロゴ、サイン等の
デザインもご担当されました。

「グラッフィク・デザイナー」といえば、
おしゃれなイメージがありますが、、、
実は、とっても地味なサービスだという田中さん。

「デザインはデザイナーが勝手に好きなことをやっているわけじゃなくて、
(例えば)友里さんの考えていることをいかに紙媒体で伝えるかを
注力するんです。僕なりに努力したんですよ(笑)
デザイナーはサービス業ですよ!」

だからこそ、人を思いやり、主役を大切にするのが大切なんだと語ります。

彫刻家の飯田竜太さんとのアーティストデュオ
「Nerhol」としても活動中の田中さん。
2018年4月には、六本木の「Yutaka Kikutake Gallery」と
恵比寿にある「MA2」で展示会開催が決定しています。

2018年も、田中さんの社会をつくるデザインから
目が離せませんね♪

chic

nerhol

『SARAYA ENJOY! NATURAL STYLE』
番組オリジナルデザイン「サラヤ ヤシノミ洗剤」を
毎週5名様にプレゼント!
番組の感想やメッセージを添えて「サラヤ ヤシノミ洗剤希望」と明記してご応募ください。
「SUNRISE FUNRISE」サイトのトップにある「Message」 からどうぞ。
*当選者の発表はプレゼントの発送をもって代えさせて頂きます。