話題のカードゲーム「ひらがなポーカー」の誕生秘話にフォーカス!

今週は…『ギフト、それはこうして生まれた!心温まる企業・商品の舞台裏に迫る4日間』。

3日目の今日は、去年から今年にかけて大ブレイクした知る人ぞ知るカードゲーム、「ひらがなポーカー」の誕生秘話に迫りました。ひらがなポーカーとは、平仮名を一文字ずつ書いたカードを、ポーカーと同じように1人5枚ずつ配り、“一番面白い言葉”を作った人が勝ちというシンプルなゲームなんですが、これが「奥が深くて面白い!」とSNSで話題を集め、現在も生産が追いつかないほどの大人気に!しかもこの「ひらがなポーカー」の誕生の裏には、アナログゲームだからこそ生まれた、心温まるエピソードがあるんだとか…。そこで今朝は、ひらがなポーカーの販売を手がける吉本圭美さんにお話を伺いました。

ひらがなポーカーの遊び方、ルールは?これまでに、吉本さんが特に笑った「5文字」にはどんな言葉が?そんな「ひらがなポーカー」誕生のきっかけは、あるひとつのツイートだった?そのツイートを見て、吉本さんは「ひらがなポーカー」のクラウドファンディング・プロジェクトを始めたそうですが、その理由は?クラウドファンディングに協力してくれた方や実際にひらがなポーカーを購入された方などからは、どんな声が届いている?震災時に人々に笑顔をもたらした、という、ひらがなポーカーの持つパワー、魅力とは?

★ハートウォーム・ポイント★
今日の話題、「ひらがなポーカー」の裏側に秘められていたのは…『誰もが楽しめるゲームによって、熊本地震の被災地に笑顔を生んだ』エピソードにありました!

選んでください。