CLOSE

Back Number

2018.1.20 Sat.

第95回 女優:木乃江祐希さん

女優:木乃江祐希さんをお迎えしました。

木乃江 祐希 (@yukigohan) | Twitter

コノエノ! (@konoeno) | Twitter

木乃江さんは、劇団『NYLON100℃』に所属されながら、
ご自身でも劇団『コノエノ!』を主宰されていらっしゃいます。

「もともと、演劇を始めたのは、脚本と演出を中学生でできる
 ワークショップに参加したことなんです。
 私は、脚本と演出をするのが舞台だって、習ってきたし、
 脚本家になろうと思っていたし。
 でも、自分が今所属している劇団のファンだったので、
 オーディションがあったから受けてみたら受かったので、
 役者を本格的にするようになりました。」


所属する劇団『NYLON100℃』では、
”くだらない事が永遠に続く”ようなストーリーに
いつも魅了されている、という木乃江さん。

舞台初心者だというマリエに、
目の前で見る事ができる演劇、の魅力を語ってくださいました。

「ラジオもだと思うんですけど、演劇も、大きな神の手がスイッチを押したら
 完成するじゃなくて、手作りなものだなって思うんです。
 演劇は、それが伝わりやすいかな、と思いますね。
 それに、演劇って、面白くてもつまらなくても、
 その場の空気は全部、お客さんのものになっちゃうんですよ。
 責任感じてしまったら悲しくなるし、消えたくなっちゃうんですけど....
 でも面白かったら、その空気は、全部、お客さん1人1人のものなんです。」


劇団『NYLON100℃』は大きな劇団のため、
1人の役者であることを全うしているそう。
その一方、主宰する劇団『コノエノ!』では、なんでもする主宰です。
多くの仲間に支えられ、作品を完成させていきます。

「私、やりたい事があったのに、10年間も、もじもじしてたし、
 結婚しようと思っていた人に2股かけられて、ふられたし、
 所属する劇団でも色々あったし、、、、
 その負のストーリー、エネルギーを芝居にぶつけよう!って思って、
 自分の出来事を使って、”主人公がハゲていく”話を作りましたね!
 誰にも頼まれてないのに、自分が勝手に面白いと思う事をやっているんですよね」


この作品を作り上げる事で、あまりの忙しさ、大変さもあり、
辛かった出来事を、見事消化する事ができたのだそう。
元恋人にも、見せる事ができたのだとか。
劇団『コノエノ!』の舞台では、舞台セットや衣装、
たくさんのこだわりが詰まっています。

そんな木乃江さんの、”明日を美しくするヒント”は...
「冒険家だって言い聞かせて暮らしています。
 小さい頃、そう思って暮らしていたのに、
 ニュージーランドに留学するまで忘れてたんです。
 生活していれば嫌な事も、困難な事にも出会うんですけど、
 ”冒険家だから仕方ないのです” "この困難も楽しむのです"って。
 冒険家だから、宝物を探すのです。今日の宝はマリエさんです!」


素敵なお時間、ありがとうございました!