TOKYO REAL-EYES blog
 
 
TOKYO REAL-ETES SATURDAY 24:30-27:00
∞???∫‰????°??…
TOKYO DEEP
LIVE SUPERNOVA
PHOTO GALLERY
MESSAGE & REQUEST
TOKYO REAL-EYES blog
ラーメンロック2013
SPEAK OUT blog
facebook
Twitter
 
LIVE INFO

TRY TRY NIICHE(アコースティック編成)

TRY TRY NIICHE(アコースティック編成)

金曜日の深夜にラジオのロックフェスをテーマに2時間半にわたって生放送しているTOKYO REAL-EYESの番組ライブイベント
”LIVE SUPERNOVA 〜SUMMER SPECIAL”が、
夏限定ということで、今週水曜日、7月26日に、
鎌倉由比ヶ浜にあるOTODAMA SEA STUDIOで行われた。
当日のラインナップは、すでに発表になっていたTRY TRY NIICHE、Yeti、蒼山幸子(ねごと)、荒井岳史(the band apart)に加え、
番組で発表したla la larks aco-duoの5組で行われた。
会場は海岸に位置する海の家兼ライブハウス、
ということもあり、足元は砂浜、目の前が海という
ロケーションもあり、出演アーティストは普段の
ライブハウスの演奏とは違うアコースティック編成でのライブとなった。最初に登場したのはフレッシュなアーティスト、
TRY TRY NIICHE。先日全国発売の音源をリリースしたばかりの
ピアノポップバンドである。
本人たち曰く、初めての野外でのライブ体験、
もちろん海でライブをするのも初めてで、
とても楽しみにしてきたという。ピアノの音にアコースティック
ギター、カホンのリズムが合わさり、ピアノボーカルのヲクヤマの
繊細で素直な声と混ざり合い、柔らかくも鮮やかな世界観を
描き出していた。初となるOTODAMAでの
番組ライブイベントのスタートを、爽やかな雰囲気で盛り上げた。



Yeti(アコースティック編成)

Yeti(アコースティック編成)

続いて登場したのはYeti。4人組のロックバンドは
レコーディング明けの久しぶりのライブを、
憧れていたOTODAMA SEA STUDIOのステージでできたことを
光栄に思うと語り、キレの良いロック曲を
アコースティックギターとカホンでアレンジし、
スピード感は残しつつも、小気味良いドライな
アコギサウンドで高揚感を醸し出していた。
レコーディングしていた新作からいち早く演奏された
ミディアムチューンは、アコースティック編成により、
一層生々しくエモーショナルに迫ってくるような気持ちになった。



la la larks aco-duo

la la larks aco-duo

3バンド目に登場したのは5人組バンドから、
アコースティックデュオとして登場のla la larks aco-duo。
内村友美と三井律郎の二人は、それぞれミニキーボードと
アコースティックギターで登場。番組でお馴染みの
エンディングテーマでもある「28時」や、
他の緻密で複雑なバンドアレンジが、
シンプルな歌とギターの音色に変わることで、
音の表情の違いを楽しめたり、メッセージが
浮き彫りになるようなボーカルが印象的だった。



蒼山幸子(ねごと)

蒼山幸子(ねごと)

4番目に登場したのは、ねごとのピアノボーカルの蒼山幸子、
黒いノースリーブのワンピース姿で登場し、
当日唯一の一人での弾き語りをスタート。
ピアノのシンプルな調べと繊細なボーカルで、
日頃見ているバンドとは違う、
シンプルかつゆったりとした雰囲気を作り出していた。
荒井由実のカバー「海を見ていた午後」七尾旅人のカバー
「サーカスナイト」など、独自のセレクトで歌われる曲もまた
彼女のソロならではの、繊細かつ優しい歌声に
会場が聞き入っているのが印象的だった。



荒井岳史(the band apart)

荒井岳史(the band apart)

最後に登場したのは、the band apartの荒井岳史。
弾き語りではなく、ソロ名義で行う時のバンドを率いて登場した。
サポートのメンバーは、口ロロの村田シゲ、三浦康嗣がベース、
キーボードで、ドラムにはアスパラガス、
MONOEYESの一瀬正和が務めた。
豪華メンバーでのライブは、時に優しく、時に強く音を発し、
本体のバンドとは違う華やかさを帯びたアコースティックの
世界がラストの登場にふさわしく、軽妙な荒井のMCも会場の
雰囲気を楽しくしていた。実は毎年OTODAMA SEA STUDIOに
出ているという荒井は、地元も近いということもあり、
終始リラックスした表情で歌っていたのが印象的だった。

海で開催されていることもあり、終了時間は19時30分と早めで、
時間の経過とともに明るさが変わっていって、
ライブイベント全体の表情のようなものが変化していくのが
とても独特であった。
さざなみの音とアコースティックの響きが
とても心地よいスペシャルな1日となった。

text by J-WAVE TOKYO REAL-EYESナビゲーター藤田琢己



 
PREV NEXT
 
J-WAVE HOME J-WAVE 81.3FM