下町情緒を感じられる宿泊施設「SHIBAMATA FU-TEN Bed and Local」が柴又にオープン!

下町情緒を感じられる宿泊施設「SHIBAMATA FU-TEN Bed and Local」が柴又にオープン!

国民的映画『男はつらいよ』シリーズでおなじみ、フーテンの寅さんの故郷・葛飾柴又に、国内外の旅行者がリーズナブルに利用できる宿泊施設が3月18日から誕生しました!

寅さんの故郷に気軽に宿泊してみよう

葛飾柴又といえば、東京の中でも下町情緒が色濃く残る、なんとも懐かしい昭和風情を感じられる町です。映画『男はつらいよ』シリーズや漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の舞台でもあり、誰もが一度は訪れてみたい場所ではないでしょうか。

そんな葛飾柴又に、極めてリーズナブルな料金で宿泊できる施設が誕生しました。

「SHIBAMATA FU-TEN Bed and Local」と名付けられたこの施設は、旧葛飾区柴又寮を回収したリノベーション物件。いわば最初から柴又という町に溶け込んでいる、柴又の情緒を目的としてやってきた方々にとって実に嬉しいつくりです。

全室が個室となっており、宿泊料金4000円から。下町を存分に味わいたいなら、活用しない手はありませんよ!

170317jwave_free_shibamata02.jpg

各地で眠る不動産を再活用するプロジェクト

「SHIBAMATA FU-TEN Bed and Local」を手がけたのは、日本で増え続けている未活用不動産を再利用し、国内外から新たなお客さんたちを集めることによって地域を再活性化するプロジェクトに挑む『株式会社R.project』。

昨年11月でスタートから10周年を迎え、未活用となっていた不動産それぞれの特色を生かしてスポーツ向きの合宿施設やアウトドア体験ができるキャンプ場、さらには運行廃止となった寝台列車「北斗星」を宿泊施設として復活させるなど、アイデアにあふれた活動をおこなっています。

「SHIBAMATA FU-TEN Bed and Local」はその最新のものとなり、これまでと同様に地域とも連携しながら、各地から訪れた方々に地元の魅力を幅広く伝えてくれるはず。ちょっとでも興味があったなら、直接出向いて伝えてもらっちゃいましょう!

170317jwave_free_shibamata03.jpg

【関連サイト】

SHIBAMATA FU-TEN Bed and Local

株式会社R.project