自分の名前がついた農場が持てるサービス「FARMFES」

自分の名前がついた農場が持てるサービス「FARMFES」

時間や場所にとらわれず、ウェブ上に自分の農場を持てるサービス「FARMFES」が本格始動しました。

全国にある農場のひと区画に、自分好みの名前を付け、そこで育つ作物の成長や収穫など、さまざまな農業体験ができる新しいサービスに注目が集まっています。


消費者と農家をつなげる"プラットフォーム"

「FARMFES」は、全国40カ所の契約農場から選んだ"ひと区画"に、自分の好きな名前が付けられるサービス。

一月ワンコイン(500円)から利用可能で名前つけた農場で育つ農作物を、1年通してWEBで観察したり、現地へ行って農家さんと一緒に収穫したり、農家さんに収穫してもらって家に送ってもらうことができます。

このサービスによって、いろいろな人が繋がってほしいという思いが「FARMFES」にはあり、活動の目的は、農家と消費者がともに"収穫の歓び"を共有することです。

その体験から生まれる感謝の気持ちが、日本の農業の活性化に繋がっていきます。そのため、ぜひ現地に行って、農家の方や、土と触れ合ってみてください。

PINUP_170313_FARMFES_02.png

「FARMFES」は教育にも力を入れているので、学校単位の契約もしているそうです。

新しい農業ムーブメントを、スタッフや農家さんと一緒につくっていくような楽しみも味わえるかもしれません。

皆さんもぜひ、自分の農場を持ってみてください!

【関連サイト】

FARMFES│FARMFES