サンシャイン水族館に

サンシャイン水族館に"危険生物"が再び!「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展・痛(もうどく展2)」

池袋のサンシャイン水族館で、3月16日から6月25日まで、「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展・痛(もうどく展2)」が開催されます。こちらは2014年に約20万人を動員した毒を持つ生き物およそ25種を展示する大人気の特別展。

見た目からかなり危険な雰囲気が漂う怪しい生物たちを、見て、触れて、聞いて、嗅いで、食べることもできる!?

0316pinup-moudoku-hakogame.JPG0316pinup-porukadotsutingrei.jpg
猛毒注意!さまざまな"毒をもつ生きもの"

前回、約20万人を動員するほどの人気で話題となった「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展」。今回は、すべての生物を一新し、パワーアップして帰ってきました。

展示ゾーンは三つに分かれており、暗く鬱蒼した室内にヤスデやムカデ、カエルなどの見た目から毒々しい生きものが集まった「魔女の毒薬調合室〜防御するための毒をもつ生物〜」、使われなくなった研究室に毒ヒレや毒牙など利用するさまざまな生きものが集まった「マッドサイエンティストの研究室〜毒を利活用する生物〜」、触れるだけでも危険な最強クラスの毒をもち、人を死に至らしめた前例がある生きものが集まった「レッドゾーン〜死亡例のある生物〜」となっています。

会場内では、その生物がもつ毒の特徴について詳しく解説されており、毒の強さを「微弱毒、弱毒、毒、強毒、猛毒」の5つに分類しています。

たとえば、敵に襲われた瞬間に肛門付近から刺激臭を噴出させ、それによってときには人間を失明させることもある"シマスカンク"は強毒、鋭い牙に神経毒を秘めた"コバルトブルータランチュラ"は弱毒など、その生物がどれだけの危険性をもっているの教えてくれるのです。

0316pinup-modoku-simasukanku.jpg
危険生物の猛毒を"五感で感じる"

今回の「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展・痛(もうどく展2)」は、"五感で毒を感じる』がテーマとなっており、シマスカンクの刺激臭を再現した匂いを嗅いだり、毒々しい色のポップコーンや毒々しい色のフルーツを使った"毒フード"もを味わうことができます。

さまざまなアプローチで"毒"を体感することができる、この「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展・痛(もうどく展2)」。

その不気味な世界に、ぜひ飛び込んでみてはいかがでしょうか?

0316pinup-modoku-pop.jpg


【関連サイト】

毒毒毒毒毒毒毒毒毒展・痛(もうどく展2) - サンシャインシティ