"ソーシャライジング"をテーマにした食のプログラム「social eating」

5月中旬に神宮前に開業する『TRUNKホテル』。ここでオープンに先駆けてホテルのコンセプトである"ソーシャライジング"をテーマにした食のプログラム「social eating」が開催されています。

自然や社会環境、地域問題などに、無理せず、等身大で取り組める食のアクションに参加してみてはいかがでしょうか?


社会貢献に繋がるライフスタイルをホテルから発信

「social eating」は、5月中旬に神宮前にオープンする『TRUNKホテル』が開催している食のイベントです。表参道に設けられた、ホテルの開業準備内にあるキッチンが会場になり、食にまつわるものづくり体験など、実習形式のワークショップがおこなわれます。さらに、第2金曜日のランチタイムは、"食材を使い切る""無駄をなくす"をテーマにした1時間で完結する料理教室も。

料理教室はデモンストレーション形式ですが、説明を受けるだけではなく、最後に実際に食べることができるので、会場がある表参道付近の会社に勤める方たちが、ランチタイムを利用して参加するケースも多いです。

pinup_170204_03.jpeg

2月13日(月)の夜7時半から開催されるのは、味噌づくりのワークショップ。実際に味噌をつくってみて味噌がどのようにできているかを知り、普段の料理や買い物に直結するような内容を聞くことができます。

ほかにも、2月10日(金)の12時10分からおこなわれるランチタイムの料理教室は、"山芋"を無駄なく使いきるレッスンです。

場所は、表参道駅そばの『TRUNKホテル』開業準備室内キッチン。参加申し込みは「social eating」の公式サイトやFacebookページからできます。

食を通して気軽に社会に貢献する、食のプログラムに参加してみてはいかがでしょうか?


【関連サイト】

「social eating」公式サイト

「social eating」Facebookページ