日本国内で作られたブラジル食材をお届け「BRASIL KICHEN」

日本国内で作られたブラジル食材をお届け「BRASIL KICHEN」

群馬県太田市や静岡県浜松市など、日系のブラジル人が多く暮らす「ブラジルタウン」と呼ばれている地域では、普段私たちがなかなか出会うことができない、珍しいブラジル食材が生産されています。

そんな地域に住む日本在住のブラジル人たちが、品質にこだわって手づくりしているオリジナル商品を揃えて販売しているのが「BRASIL KICHEN(ブラジル キッチン)」です。

日本国内のブラジルコミュニティー内だけで生産、消費されているブラジル食材を、日本人の皆さんにお届けします!

各地域で食べられているブラジル食材をお届け!

こちらで販売されているのは、「ビーツとリンゴのコンフィチュール」や「ジャンブーの佃煮」など。

「ビーツとリンゴのコンフィチュール」は、ビーツの優しい甘さとゴロゴロした食感で、低糖度のたっぷり果肉が魅力。クリームチーズと一緒にベーグルにのせたり、冷凍庫で冷やしてシャーベットとして、ソーダなどで割ってサワーとしてもおいしくいただけます。真っ赤なビーツは食卓を思い切り華やかにしてくれますよ!

beats03.JPG

「ジャンブーの佃煮」は、日本でアマゾンの食材が生育してることにも驚かれるかもしれませんが群馬県で育てている国産のジャンブー(舌が痺れるアマゾンのハーブ)を佃煮にしました。おにぎりにしてもよし、おつまみにしてもよし、刺激的なおいしさです。

jamb02.JPG

人気商品のため現在SOLD OUTとなっていますが、間もなく入荷を予定しているそうです。

予約販売も受け付けているので、気になった方はお問い合わせしてみてください。

そして、これから温かい季節になると採れるお野菜も豊富になり、ラインアップも増えていくそうですので、魅惑のブラジル食材をぜひチェックしてみてください!


【関連サイト】

「BRASIL KICHEN」