五反田にNEWオープン!おいしいケニア料理BEST3

五反田にNEWオープン!おいしいケニア料理BEST3

今日ご紹介するのは、なかなか知ることのできない、味わうことのできないアフリカのケニアの料理! 五反田にオープンした「Masyuko's Buffalo Cafe」をピックアップしました。「マシューコウズ」というのは、大使館にお勤めの【フローレンス・スワ・マシューコ】さんの名前から来ているのですが、アフリカがどのような場所なのか? どのようなものを食べているのか? 気になりますよね。

ケニアの中には、とても大きな『キクユ族』、次に『ルオ族』など、主要な部族が42もあり、フリーレンスさんは『カンバ族』のご出身。その部族の住む街まで行かないと食べられないものがほとんどですが、共通してとうもろこしや豆をよく食べているそう。みなさん農業をされていて、その日食べるものを食べる分だけ収穫して、食べきるという冷蔵庫を使わない生活なので、とにかく新鮮さが命。食べ物を大事にして、無駄は出さないという、私達日本人が見習わなくてはいけない文化がああります。心をこめて作ってくれるフローレンスさんの手料理ベスト3を伺ってみました。

0210MissFlorence.jpg

ーーーーーーーーーーーーーー

<モゾコイ>

カンバ族の主食の1つ。とうもろこしの表皮を除いて、お米のようになったものを青い豆と一緒に煮ます。そのあと、お肉とオニオン、トマトと一緒にソテーし、スパイスで味をつけて完成。意外とパンチのある味で、素材の味がそれぞれ引き立て合っているような料理です。

0210seven.mocozoi.jpg

ーーーーーーーーーーーーーー

<ティラピア>

白身の川魚です。まず、マリネをしたティラピアを1晩冷蔵庫で寝かせて、フライにし、ピーナッツバターを加え、野菜を煮込んだスープでフィッシュスープのようにしていただきます。使う香辛料は塩とこしょうのみで、とてもシンプルながら野菜や魚から出るうまみを感じる味わいです。

0210sevenTilapia.jpg

ーーーーーーーーーーーーーー

<イリオ>

日本語で言うところの「ご馳走」。とうもろこし、ポテト、グリンピースココナッツなどを合わせてマッシュし、こんもり盛りつけた上からココナッツをまぶし、雪山のように盛り付けます。その周りにはにんにくの効いたほうれん草、またはケールのソテーを添えて、一緒に食べます。イリオはお肉屋煮込み料理の付け合せなど、色々なものと合わせて食べますが、ケニア人にとっては「ソウルフード」のような存在なのだとか。しっとり癒し系のマッシュポテトとにんにくが効いたほうれん草のソテーがとてもいいマッチングでした。

0210irio02.jpg

ーーーーーーーーーーーーーー

どれも、食材をとても大切に扱っていて、そして、栄養バランスも良く、噛みしめるごとに「ありがたい」と感じ入ってしまうような心にしみるお料理ばかりでした。お店では無駄が出ないようメニュー数をしぼって提供しているので、あれこれ食べてみたいという方は、ぜひ前もって電話で予約をしてから訪れてみてください。

ーーーーーーーーーーーーーー

Masyuko's Buffalo Cafe

品川区西五反田2-31-10-103
03-6431-8324

0210.uji.morokosi.jpg0210toumorokosi.CONE.jpg