壁に貼って楽しむ花瓶「Kaki」で、冬のお部屋を彩ろう!

壁に貼って楽しむ花瓶「Kaki」で、冬のお部屋を彩ろう!

本格的に寒〜くなって辛い季節ですが、実は、冬こそがお花を飾るにはうってつけの季節!
暖かさに応じて花を開かせて、やがて散ってしまうお花を長く楽しむには、寒い季節が最適。また、出回る品種も圧倒的に多く、冬にお花を楽しまないなんてもったいない!というほど。

ガラスなどに貼って、簡単にかわいくお花を飾れる「+d Kaki Flower Vase」で、空間にお花を生けて楽しんでみませんか?

Kaki_04.jpg

Kakiは、PVCという軽くて薄く、柔らかい素材でできた『貼る花器』です。
粘着テープいらずで、透明感溢れる花器をガラスや鏡・タイルなどの平らでつるつるした面に貼ることができます。

Kaki_01.jpg

透明なので、お水の残りもひと目で分かります。
洗面所やキッチンに貼っていたら、お水のお世話もとっても手軽そう。

ある程度お部屋の上の空間に貼れば、お子さんや猫ちゃんのいるお宅でも、花瓶が倒れる危険性がなくお花を飾れて便利!
アイデア次第、使い方次第で、思った以上に嬉しい要素がたくさんあるかもしれませんね。

Kaki_02.jpg

Kakiのデザイナー「TODO」の岡庭茂樹さん、豊崎雄二郎さんらは「窓から空を眺めていた時に、その空間に花が浮かんでいると、和める空間が生まれるのではないかと思い、デザインしました」と語っています。

カラーはシンプルな「クリア」、インテリア性抜群の「ブルー」、ナチュラルな「ブラウン」の3種類。

お部屋の中にお花があると、たとえ1輪だけだったとしてもその空間がぱっと明るくなるもの。
室内に季節感を取り入れて、洗面所や窓辺のデッドスペースに、ぺたりとお花を飾ってみるなんておしゃれですね。
寒い冬だからこそ、おうちの空間を存分に楽しみましょう!

◆参照元
KONCENT

女子クリエイターのためのライフスタイルつくりマガジン「箱庭」では、より詳しくご紹介しています!


▼「箱庭」の記事はこちらから
http://www.haconiwa-mag.com/